2024/04/04 更新

写真a

コバヤシ ヨシアキ
小林 義明
KOBAYASHI, Yoshiaki
所属
大学院理学研究科 理学専攻 物理学第一 准教授
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1994年3月   学習院大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 核磁気共鳴

  2. 強相関電子系

  3. 超伝導

  4. 磁性体

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 物性Ⅱ

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 鉄系超伝導体の 鉄面内異方性

  2. FeAs系超伝導体の超伝導対称性

  3. 層状コバルト酸化物NaxCoO2・yH2Oの超伝導状態とその母物質NaxCoO2の電子状態

  4. Cu一次元鎖をもつLiCu2O2の磁気構造と誘電特性

  5. 一次元鎖を持つ銅酸化物Li2ZrCuO4の磁気秩序状態

経歴 3

  1. 名古屋大学   大学院理学研究科 理学専攻 物理学第一   准教授

    2022年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   理学部

    2022年4月 - 現在

  3. 名古屋大学   大学院理学研究科

    2022年4月 - 現在

学歴 2

  1. 学習院大学   自然科学研究科

    1991年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 学習院大学   自然科学研究科

    1989年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本物理学会   会員

  2. 日本中性子科学会   会員

    2013年11月 - 現在

委員歴 1

  1. 極低温実験室運営委員会 委員長  

    2021年4月 - 現在   

 

論文 153

  1. 75As Nuclear Spin–Spin Relaxation Measurement in Iron-Pnictide Superconductor Ba0.66K0.34Fe2As2 査読有り

    Yoshihiko Ota, Taku Matsushita, Shigeyuki Ishida, Akira Iyo, Hiroshi Eisaki, and Yoshiaki Kobayashi

    Journal of the Physical Society of Japan   93 巻   頁: 044711-1 - 044711-7   2024年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.7566/JPSJ.93.044711

  2. Spin Dynamics Studied by 77Se Nuclear Spin-Echo Decay Measurements in FeSe 査読有り

    Yoshihiko Ota, Taku Matsushita, Hiromasa Kobayashi, and Yoshiaki Kobayashi

    Journal of the Physical Society of Japan   93 巻   頁: 033701-1 - 033701-4   2024年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.7566/JPSJ.93.033701

  3. Multipole Fluctuation of Iron Pnictide Superconductor Ba(Fe1−xCox)2As2 査読有り

    Haruyasu Sato, Mitsuhiro Akatsu, Yuichi Nemoto, Terutaka Goto, Ryosuke Kurihara, Keisuke Mitsumoto, Yoshiaki Kobayashi, and Masatoshi Sato

    JPS Conference Proceedings   30 巻   頁: 011052-1 - 011052-6   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSCP.30.011052

  4. In-plane anisotropy of the electric field gradient in Ba(Fe1-xCox)(2)As-2 observed by As-75 NMR

    Toyoda Masayuki, Ichikawa Akihiro, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi, Itoh Masayuki

    PHYSICAL REVIEW B   97 巻 ( 17 )   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.97.174507

    Web of Science

  5. X-ray diffraction study of spontaneous strain in the iron-based superconductor Sr4V2Fe2As2O6-delta 査読有り

    Saito Masahiro, Fujishita Hideshi, Okamoto Hiroyuki, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    PHYSICA C-SUPERCONDUCTIVITY AND ITS APPLICATIONS   519 巻   頁: 142 - 146   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physc.2015.08.014

    Web of Science

  6. X-ray diffraction study of spontaneous strain in Fe-pnictide superconductor, NdFeAsO0.89F0.11

    Fujishita H., Hayashi Y., Saito M., Unno H., Kaneko H., Okamoto H., Ohashi M., Kobayashi Y., Sato M.

    EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL B   85 巻 ( 2 )   2012年2月

  7. V-51-NMR studies on the spin dynamics of S=1/2 zig-zag chains of VO5 pyramids

    Kobayashi Y, Fukamachi T, Kanada M, Harashina H, Tanaka S, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   68 巻 ( 1 ) 頁: 273 - 278   1999年1月

     詳細を見る

  8. Observation of Ferro-Quadrupole Quantum Criticality in Iron Pnictide Superconductor Ba(Fe1−xCox)2As2 招待有り 査読有り

    Haruyasu Sato, Mitsuhiro Akatsu, Ryosuke Kurihara, Yoshiaki Kobayashi, and Yuichi Nemoto

    Journal of the Physical Society of Japan   92 巻 ( 12 ) 頁: 124710-1 - 124710-12   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.7566/JPSJ.92.124710

  9. NMR Evidence for Majorana Gap in the Kitaev Quantum Spin Liquid 査読有り

    Junya Yamamoto, Yuya Nagai, Takaaki Jinno, Yasuhiro Shimizu, Taku Matsushita,Yoshiaki Kobayashi, Masayuki Itoh, Joji Nasu, Yukitoshi Motome

    JPS Conf. Proc.   38 巻   頁: 011130-1 - 011130-5   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: doi.org/10.7566/JPSCP.38.011130

  10. Tailoring a new oxyhydride, CaVO3-xHx, with ordered hydride anions 招待有り 査読有り

    Yutaka Ueda, Yoshiaki Kobayashi, Masayuki Itoh

    Journal of Solid State Chemistry   24 巻   頁: 122685   2021年10月

     詳細を見る

  11. Ultralow-energy magnon anomaly in yttrium iron garnet 査読有り

    Shamoto Shin-ichi, Yasui Yukio, Matsuura Masato, Akatsu Mitsuhiro, Kobayashi Yoshiaki, Nemoto Yuichi, Ieda Jun'ichi

    PHYSICAL REVIEW RESEARCH   2 巻 ( 3 )   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevResearch.2.033235

    Web of Science

  12. Successive magnetic transitions and spin structure in the two-leg ladder compound CsFe2Se3 observed by Cs-133 and Se-77 NMR 査読有り

    Murase Mina, Okada Kaoru, Kobayashi Yoshiaki, Hirata Yasuyuki, Hashizume Kazuki, Aoyama Takuya, Ohgushi Kenya, Itoh Masayuki

    PHYSICAL REVIEW B   102 巻 ( 1 )   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.102.014433

    Web of Science

  13. Observation of a Novel Phase Transition in Sr(7)Re(4)O19 査読有り

    Ueda Yutaka, Murase Mina, Kobayashi Yoshiaki, Itoh Masayuki, Yajima Takeshi, Yamaguchi Tomoki, Takahashi Ryo, Sugimoto Koudai, Ohta Yukinori

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   89 巻 ( 5 )   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7566/JPSJ.89.054703

    Web of Science

  14. Local structure study of the iron-based systems of BaFe2As2 and LiFeAs by X-ray PDF and XAFS analyses

    Li S., Toyoda M., Kobayashi Y., Itoh M., Ikeuchi K., Yoneda Y., Otani A., Matsumura D., Asano S., Mizuki J., Sato M.

    PHYSICA C-SUPERCONDUCTIVITY AND ITS APPLICATIONS   555 巻   頁: 45 - 53   2018年12月

  15. Magnetic excitation and local magnetic susceptibility of the excitonic insulator Ta2NiSe5 investigated by Se-77 NMR

    Li Shang, Kawai Shunsuke, Kobayashi Yoshiaki, Itoh Masayuki

    PHYSICAL REVIEW B   97 巻 ( 16 )   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.97.165127

    Web of Science

  16. Nematic fluctuations in iron arsenides NaFeAs and LiFeAs probed by As-75 NMR

    Toyoda Masayuki, Kobayashi Yoshiaki, Itoh Masayuki

    PHYSICAL REVIEW B   97 巻 ( 9 )   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.97.094515

    Web of Science

  17. Critical Slowing Down of Quadrupole and Hexadecapole Orderings in Iron Pnictide Superconductor

    Kurihara Ryosuke, Mitsumoto Keisuke, Akatsu Mitsuhiro, Nemoto Yuichi, Goto Terutaka, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   86 巻 ( 6 )   2017年6月

  18. Fast recovery of the stripe magnetic order by Mn/Fe substitution in F-doped LaFeAsO superconductors 査読有り

    Moroni M., Carretta P., Allodi G., De Renzi R., Gastiasoro M. N., Andersen B. M., Materne P., Klauss H. -H., Kobayashi Y., Sato M., Sanna S.

    PHYSICAL REVIEW B   95 巻 ( 18 ) 頁: 180501   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.95.180501

    Web of Science

  19. Metal-insulator transition and magnetic fluctuations in polycrystalline Ru1-xRhxP investigated by P-31 NMR 査読有り

    Li Shang, Kobayashi Yoshiaki, Itoh Masayuki, Hirai Daigorou, Takagi Hidenori

    PHYSICAL REVIEW B   95 巻 ( 15 ) 頁: 155137   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.95.155137

    Web of Science

  20. Local electronic state in the half-metallic ferromagnet CrO2 investigated by site-selective 53Cr NMR measurements 査読有り

    Hikaru Takeda, Yasuhiro Shimizu, Yoshiaki Kobayashi, Masayuki Itoh, Takaaki Jin-no, Masahiko Isobe, Yutaka Ueda, Sho Yoshida, Yuji Muraoka, Takayoshi Yokoya

    PHYSICAL REVIEW B   93 巻 ( 23 ) 頁: 235129   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have made 53Cr NMR measurements on polycrystalline and single-crystalline film samples to study the local electronic state of a half-metallic ferromagnet CrO2 which has the rutile structure with one crystallographically equivalent Cr site. We observe two kinds of
    53Cr NMR spectra in the ferromagnetic state of both the samples. An analysis on the hyperfine field shows the presence of two Cr sites with different orbital occupancies, suggesting that a local orbital order takes place with breaking the local symmetry in the rutile structure. This may be ascribed to the negative charge transfer between chromium and oxygen ions.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.93.235129

  21. Phonons of Fe-based superconductor Ca10Pt4As8(Fe1-xPtxAs)10 査読有り

    K. keuchi, Y. Kobayashi, K. Suzuki, M. Itoh, R. Kajimoto, P. Bourges, A. D. Christianson, H. Nakamura, M. Machida, M. Sato

    JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER   27 巻 ( 46 ) 頁: 465701   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0953-8984/27/46/465701

  22. Enhancement of low-frequency fluctuations and superconductivity breakdown in Mn-doped La1-yYyFeAsO0.89F0.11 superconductors 査読有り

    F. Hammerath, M. Moroni, L. Bossoni, S. Sanna, R. Kappenberger, S. Wurmehl, A. U. B. Wolter, M. A. Afrassa, Y. Kobayashi, M. Sato, B. Buchner, P. Carretta

    PHYSICAL REVIEW B   92 巻 ( 2 ) 頁: 020505   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.92.020505

  23. Identification of Various Coexisting Phases in Superconducting and Non-superconducting Samples of RbxFe2-ySe2

    Kobayashi Yoshiaki, Kototani Shohei, Ohishi Kazuki, Itoh Masayuki, Hoshikawa Akinori, Ishigaki Toru, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   84 巻 ( 4 )   2015年4月

  24. Detailed Study of the Phase Diagram of Fe-based Superconductor Ba (Fe1-x Co x) 2As2 by Super High-Resolution Neutron Diffraction Measurements 招待有り 査読有り

    K Ikeuchi, M Sato, S Li, M Toyoda, Y Kobayashi, M Itoh, P Miao, S Torii, Y Ishikawa, T Kamiyama

    Journal of Physics: Conference Series   592 巻 ( 1 ) 頁: 012071_1 - 012071_5   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/592/1/012071

  25. Identification of Various Coexisting Phases in Superconducting and Non-superconducting Samples of RbxFe2-ySe2 査読有り

    Yoshiaki Kobayashi, Shohei Kototani, Kazuki Ohishi, Masayuki Itoh, Akinori Hoshikawa, Toru Ishigaki, Masatoshi Sato

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   84 巻 ( 4 ) 頁: 044710   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Phonons and Spin Excitations in Fe-Based Superconductor Ca10Pt4As8(Fe1-xPtxAs)10 (x~0.2) 査読有り

    K. Ikeuchi, M. Sato, R. Kajimoto, Y. Kobayashi, K. Suzuki, M. Itoh, P. Bourges, A. D. Christianson, H. Nakamura, and M. Machida

    JPS Conf. Proc.   3 巻   頁: 015043-(1-6)   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. On the Superconducting Symmetry of Fe-Based Systems -Impurity Effects and Microscopic Magnetic Behavior- 査読有り

    M. Sato, K. Ikeuchi, R. Kajimoto, Y. Kobayashi, Y. Yasui, K. Suzuki, M. Itoh, M. Nakamura, Y. Inamura, M. Arai, P. Bourges, A. D. Christianson, H. Nakamura, and M. Machida

    JPS Conf. Proc.   1 巻   頁: 014007-(1-12)   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Poisoning effect of Mn in LaFe1-xMnxAsO0.89F0.11: Unveiling a quantum critical point in the phase diagram of iron-based superconductors 査読有り

    F. Hammerath, P. Bonfa, S. Sanna, G. Prando, R. D. Renzi, Y. Kobayashi, M. Sato, and P. Carretta

    Phys. Rev. B   89 巻   頁: 134503   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Spin disorder in an Ising honeycomb chain cobaltate

    Igarashi Hirokazu, Shimizu Yasuhiro, Kobayashi Yoshiaki, Itoh Masayuki

    PHYSICAL REVIEW B   89 巻 ( 5 )   2014年2月

  30. Spin disorder in an Ising honeycomb chain cobaltate 査読有り

    Hirokazu Igarashi, Yasuhiro Shimizu, Yoshiaki Kobayashi, and Masayuki Itoh

    Phys. Rev. B   89 巻   頁: 054431-(1-5)   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. 75As NQR and NMR Studies on the Superconducting State of Ca10Pt4As8(Fe1-xPtxAs)10 査読有り

    Y. Kobayashi, T. Iida, K. Suzuki, T. Kawamata, M. Itoh, and M. Sato

    J. Phys. Soc. Jpn.   83 巻 ( 1 ) 頁: 014712-(1-6)   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Phase Separation of Antiferromagnetism and Superconductivity in RbxFe2-ySe2 Observed by using Rb NMR 査読有り

    Y. Kobayashi, S. Saiki, S. Kototani, M. Itoh, and M. Sato

    Journal of the Korean Physical Society   63 巻   頁: 448-452   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. In-plane Anisotropy of the Magnetic and the Electric Properties of the Fe Pnictide Ba(Fe1-xCox)2As2

    Y. Kobayashi, A. Ichikawa, M. Toyoda, M. Itoh, and M. Sato

    Journal of the Korean Physical Society   63 巻   頁: 481-485   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Magnetism and superconductivity in Rb (x) Fe2-y Se-2

    Ohishi Kazuki, Sato Masatoshi, Kototani Shouhei, Saiki Shunsuke, Kobayashi Yoshiaki, Itoh Masayuki

    JOURNAL OF THE KOREAN PHYSICAL SOCIETY   62 巻 ( 12 ) 頁: 1994 - 1996   2013年7月

  35. Magnetism and superconductivity in RbxFe2-ySe2 査読有り

    Kazuki Ohishi, Masatoshi Sato, Shouhei Kototani, Shunsuke Saiki, Yoshiaki Kobayashi, Masayuki Itoh

    Journal of the Korean Physical Society   62 巻 ( 12 ) 頁: 1994-1996   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. On the superconducting symmetry of Fe-based systems - Impurity effect studies and neutron scattering measurements 査読有り

    Masatoshi Sato, Yoshiaki Kobayashi, Takayuki Kawamata, Yukio Yasui, Kazunori Suzuki, Masayuki Itoh,. Ryoichi Kajimoto, Kazuhiko Ikeuchi, Masatoshi Arai, Phillipe Bourges

    Journal of the Korean Physical Society   62 巻 ( 12 ) 頁: 1726-1733   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Onset of magnetism in optimally electron-doped LFe1-xRuxAsO1-yFy (L = La, Nd, or Sm) superconductors around x=1/4,

    S. Sanna, P. Carretta, R. De Renzi, G. Prando, P. Bonfà, M. Mazzani, G. Lamura, T. Shiroka, Y. Kobayashi, and M. Sato

    Phys. Rev. B   87 巻   頁: 134518-(1-6)   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. On the superconducting pairing mechanism of Fe-based systems-Is it new or well-known? 査読有り

    M. Sato and Y. Kobayashi

    Solid State Communications   152 巻 ( 8 ) 頁: 688–694   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. X-ray diffraction study of spontaneous strain in Fe-pnictide superconductor, NdFeAsO0.89F0.11 査読有り

    H. Fujishita, Y. Hayashi, M. Saito, H. Unno, H. Kaneko, H. Okamoto, M. Ohashi, Y. Kobayashi, M. Sato

    European Physical Journal B   85 巻 ( 2 ) 頁: 52   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Study of magnetic excitation spectra of several Fe-pnictide systems 査読有り

    M Sato, T Kawamata, Y Kobayashi, Y Yasui, T Iida, K Suzuki, M Itoh, T Moyoshi, K Motoya, R Kajimoto, M Nakamura, Y Inamura and M Arai

    Journal of Physics: Conference Series   400 巻   頁: 022105   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Impurity effects on the superconducting transition temperatures of Fe pnictides and superconducting symmetry of the order parameter 査読有り

    M. Sato, Y. Kobayashi, S. Satomi, T. Kawamata and M. Itoh

    Journal of Physics: Conference Series   400 巻   頁: 022104   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. NMR Studies on Iron Pnictide Superconductors of LaFeAsO0.89F0.11 and Ca-Fe-Pt-As 査読有り

    Y. Kobayashi, T. Iida, K. Suzuki, E. Satomi, T. Kawamata, M. Itoh, and M. Sato

    Journal of Physics: Conference Series   400 巻   頁: 022056   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Absence of Magnetic Order in Ising Honeycomb-Lattice Ba3Co2O6(CO3)(0.7)

    Igarashi Kazuhiro, Shimizu Yasuhiro, Satomi Erika, Kobayashi Yoshiaki, Takami Tsuyoshi, Itoh Masayuki

    26TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON LOW TEMPERATURE PHYSICS (LT26), PTS 1-5   400 巻   2012年

  44. NMR Studies on Iron Pnictide Superconductors of LaFeAsO0.89F0.11 and Ca-Fe-Pt-As

    Kobayashi Y., Iida T., Suzuki K., Satomi E., Kawamata T., Itoh M., Sato M.

    26TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON LOW TEMPERATURE PHYSICS (LT26), PTS 1-5   400 巻   2012年

  45. Magnetic Excitation Spectra of Superconducting Ca-Fe-Pt-As System 査読有り

    M. Sato, T. Kawamata, Y. Kobayashi, Y. Yasui, Takefumi Iida, Kazunori Suzuki, Masayuki Itoh, Taketo Moyoshi, Kiyoichiro Motoya, Ryoichi Kajimoto, Mitsutaka Nakamura, Yasuhiro Inamura, and Masatoshi Arai

    Journal of the Physical Society of Japan   80 巻   頁: 093709-(1-4)   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Crystal Structure of New Pt-Doped Fe Pnictide Superconductors 査読有り

      80 巻   頁: 073710-(1-3)   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Study of Ni-Doping Effect of Specific Heat and Transport Properties for LaFe1-yNiyAsO0.89F0.11 査読有り

    T. Kawamata, E. Satomi, Y. Kobayashi, M. Itoh, and M. Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   80 巻   頁: 084720-(1-5)   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Magnetic Ordering in V-Layers of the Superconducting System of Sr2VFeAsO3 査読有り

    S. Tatematsu, E. Satomi, Y. Kobayashi, and M. Sato

    J. Phys. Soc. Jpn.   79 巻 ( 12 ) 頁: 123712-(1-4)   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Distinct physical behaviors of LaFe1-yCoyAsO0.89F0.11 between the superconducting and nonsuperconducting metallic regions of y divided by y similar to 0.05

    Sato M., Kobayashi Y., Lee S. C., Takahashi H., Moyoshi T.

    PHYSICA C-SUPERCONDUCTIVITY AND ITS APPLICATIONS   470 巻   頁: S475 - S477   2010年12月

  50. NMR studies on the superconducting symmetry of iron pnictide systems

    Kobayashi Yoshiaki, Lee Sang Chul, Takahashi Hidefumi, Moyoshi Taketo, Sato Masatoshi

    PHYSICA C-SUPERCONDUCTIVITY AND ITS APPLICATIONS   470 巻   頁: S472 - S474   2010年12月

  51. Magnetic excitations of superconducting LaFeAsO0.89F0.11

    Moyoshi T., Lee S. C., Tatematsu S., Yasui Y., Kobayashi Y., Sato M., Kakurai K.

    PHYSICA C-SUPERCONDUCTIVITY AND ITS APPLICATIONS   470 巻   頁: S470 - S471   2010年12月

  52. On the non-superconducting state in the phase diagram of NaxCoO2 center dot yH(2)O

    Sato Masatoshi, Kobayashi Yoshiaki, Moyoshi Taketo

    PHYSICA C-SUPERCONDUCTIVITY AND ITS APPLICATIONS   470 巻   頁: S752 - S754   2010年12月

  53. Studies on the superconducting state of NaxCoO2 center dot yH(2)O - Overview

    Sato Masatoshi, Kobayashi Yoshiaki, Moyoshi Taketo

    PHYSICA C-SUPERCONDUCTIVITY AND ITS APPLICATIONS   470 巻   頁: S673 - S677   2010年12月

  54. 75As-NMR Studies of LaFeAsO1-xFx for Various x Values 査読有り

    Yoshiaki Kobayashi, Erika Satomi, Sang Chul Lee, and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   79 巻 ( 9 ) 頁: 093709-(1-4)   2010年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Results of 75As NMR and NQR measurements are reported for superconducting samples of LaFeAsO1-xFRx with various x values. The x dependent widths of the superconducting transition and those of the NQR spectra indicate that the optimally doped LaFeAsO1-xFx sample with the superconducting transition temperature Tc=28 K has the smallest width or smallest inhomogeneity of the superconducting order parameter Δ. In the analyses of the temperature (T) dependence of the NMR longitudinal relaxation rate 1/T1, we have tried to use a simple relation 1/T1~Tn to see how fast 1/T1 decreases when the superconducting order parameter grows. The relation holds rather well in the T region of ~0.3Tc<T=<Tc, and n varies from 2.5-6 with varying x, having the maximum value 5-6 at the optimal x. These results indicate that the x dependence of n originates from the spatial distribution of Δ, and that the T5-6 behavior is considered to be intrinsic to this system.

    DOI: 10.1143/JPSJ.79.093709

  55. Superconducting Transition Temperatures and Transport Properties of LaFe1-yRuyAsO0.89F0.11 and LaFeAsO0.89-xF0.11+x 査読有り

    Satomi Erika, Lee Sang Chul, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   79 巻 ( 9 ) 頁: 094702 (6 pages)   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.79.094702

    Web of Science

  56. High-Temperature Multiferroic State of RBaCuFeO5 (R = Y, Lu, and Tm)

    Kawamura Yuji, Kai Takahiro, Satomi Erika, Yasui Yukio, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi, Kakurai Kazuhisa

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   79 巻 ( 7 )   2010年7月

  57. Superconducting transition temperature and the thickness of CoO2 planes of NaxCoO2 center dot yH(2)O

    Moyoshi Taketo, Kobayashi Yoshiaki, Yasui Yukio, Sato Masatoshi, Kakurai Kazuhisa

    SOLID STATE SCIENCES   12 巻 ( 5 ) 頁: 656 - 659   2010年5月

  58. Effects of Ru Doping on the Transport Behavior and Superconducting Transition Temperature of NdFeAsO0.89F0.11 査読有り

    Lee Sang Chul, Satomi Erika, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   79 巻 ( 2 ) 頁: 023702-(1-4)   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.79.023702

    Web of Science

  59. Studies on Effects of Impurity Doping and NMR Measurements of La 1111 and/or Nd 1111 Fe-Pnictide Superconductors 査読有り

    Sato Masatoshi, Kobayashi Yoshiaki, Lee Sang Chul, Takahashi Hidefumi, Satomi Erika, Miura Yoko

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   79 巻 ( 1 ) 頁: 014710-(1-10)   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JPSJ.79.014710

    Web of Science

  60. NMR studies on the superconducting symmetry of iron pnictide systems 査読有り

    Y. Kobayashi, S.C. Lee, H. Takahashi, T. Moyoshi, M. Sato

    Physica C: Superconductivity   470 巻   頁: S472-S474   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Studies on Effects of Impurity Doping and NMR Measurements of La 1111 and/or Nd 1111 Fe-Pnictide Superconductors 査読有り

    Masatoshi Sato, Yoshiaki Kobayashi, Sang Chul Lee, Hidefumi Takahashi, Erika Satomi, and Yoko Miura

    Journal of the Physical Society of Japan   79 巻 ( 1 ) 頁: 014710   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Measurements of the electrical resistivity rho, Hall coefficient RH, thermoelectric power S, and the electronic specific heat coefficient gamma have been carried out for samples of LnFe1-yMyAsO1-xFx (Ln=La, Nd; M=Co, Mn; x=0.11) obtained by doping M atoms into the superconducting LnFeAsO1-xFx (Ln 1111) system. The NMR longitudinal relaxation rate 1/T1 has also been measured for samples of LaFe1-yCoyAsO1-xFx with various x values. Co atoms doped into the superconducting LnFeAsO1-xFx are nonmagnetic, and the rate of Tc-suppression absolute value of dTc/dx by Co atoms has been found to be too small to be explained by the pair-breaking effect expected for the S+- superconducting symmetry proposed as the most probable symmetry for the system. This result throws a serious doubt on whether the symmetry is realized in the system. Instead of the pair breaking, two mechanisms of Tc suppression by the doped impurities have been found: One is the electron localization, which appears when the sheet resistance r/sheet exceeds h/4e2=6.45 k-ohme, and the other is the disappearance (or reduction in the area) of the hole Fermi surfaces around the Gamma point in the reciprocal space. The latter mechanism has been observed when the number of electrons increases with increasing Co doping level and the system changes from an anomalous metal to an ordinary one. Regarding the two distinct T dependences of the NMR longitudinal relaxation rate 1/T1 of LaFeAsO1-xFx, we discuss the origin of such a difference, and show that, at least, the T2.5-3.0-like dependence of 1/T1 cannot be considered as the experimental evidence for the S+- symmetry of Delta.

    DOI: 10.1143/JPSJ.79.014719/

  62. Studies of Multiferroic System LiCu2O2: I. Sample Characterization and Relationship between Magnetic Properties and Multiferroic Nature 査読有り

    Yukio Yasui, Kenji Sato, Yoshiaki Kobayashi, and Masatoshi Sato

    J. Phys. Soc. Jpn.   78 巻 ( 8 ) 頁: 084720-(1-5)   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. *Studies of Multiferroic System of LiCu2O2: II. Magnetic Structures of Two Ordered Phases with Incommensurate Modulations 査読有り

    Yoshiaki Kobayashi, Kenji Sato, Yukio Yasui, Taketo Moyoshi, Masatoshi Sato, and Kazuhisa Kakurai

    Journal of the Physical Society of Japan   78 巻 ( 8 ) 頁: 084721-(1-5)   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Neutron diffraction and 7Li-NMR have been applied to determine the three dimensional magnetic structures of the multiferroic system LiCu2O2, which has four chains (ribbon chains) of edge-sharing CuO4 square planes in a unit cell. First, we have confirmed that there are successive magnetic transitions at TN1 = 24.5 K and TN2 = 22.8 K. In the T region between TN1 and TN2, the quasi one-dimensional spins (S = 1/2) of Cu2+ ions within a chain have a collinear and sinusoidally modulated structure with Cu-moments parallel to the c-axis and with the modulation vector along the b-axis. At T < TN2, an ellipsoidal helical spin structure with the incommensurate modulation has been found. We present detailed parameters, describing the modulation amplitudes, helical axis vectors as well as the relative phases of the modulations of four ribbon chains, which can well reproduce both the NMR and neutron results, in the two magnetically ordered phases. This finding of the rather precise magnetic structures enables us to discuss the relationship between the magnetic structure and the multiferroic nature of the present system in zero magnetic field, as presented in our companion paper (paper I), and open a way how to understand the reported electric polarization under the finite magnetic field.

  64. Studies of Multiferroic System LiCu2O2: I. Sample Characterization and Relationship between Magnetic Properties and Multiferroic Nature

    Yasui Yukio, Sato Kenji, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   78 巻 ( 8 )   2009年8月

  65. Studies of Multiferroic System of LiCu2O2: II. Magnetic Structures of Two Ordered Phases with Incommensurate Modulations

    Kobayashi Yoshiaki, Sato Kenji, Yasui Yukio, Moyoshi Taketo, Sato Masatoshi, Kakurai Kazuhisa

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   78 巻 ( 8 )   2009年8月

  66. *Studies on Superconducting LaFe1-yCoyAsO1-xFx (x=0.11) - for the Understanding of the Superconducting Symmetry of Fe-Pnictides - 査読有り

    Yoshiaki Kobayashi, Ayaka Kawabata, Sang Chul Lee, Taketo Moyoshi, and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   78 巻 ( 7 ) 頁: 073704-(1-4)   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Studies on Superconducting LaFe1-yCoyAsO1-xFx (x=0.11) -For the Understanding of the Superconducting Symmetry of Fe-Pnictides-

    Kobayashi Yoshiaki, Kawabata Ayaka, Lee Sang Chul, Moyoshi Taketo, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   78 巻 ( 7 )   2009年7月

  68. Distinct Transport Behaviors of LaFe1-yCoyAsO1-xFx (x=0.11) between the Superconducting and Nonsuperconducting Metallic y Regions Divided by y~0.05 査読有り

    Sang Chul Lee, Ayaka Kawabata, Taketo Moyoshi, Yoshiaki Kobayashi, and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   78 巻 ( 4 ) 頁: 043703-(1-4)   2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Distinct Transport Behaviors of LaFe1-yCoyAsO1-xFx (x=0.11) between the Superconducting and Nonsuperconducting Metallic y Regions Divided by y similar to 0.05

    Lee Sang Chul, Kawabata Ayaka, Moyoshi Taketo, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   78 巻 ( 4 )   2009年4月

  70. Studies of the superconductivity of LaFe1-yCoyAsO1-xFx (x=0.11) -impurity effect and NMR Knight shift-

    Kawabata Ayaka, Lee Sang Chul, Moyoshi Taketo, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   77 巻   頁: 147 - 148   2008年11月

     詳細を見る

  71. Studies of the Superconductivity of LaFe1-yCoyAsO1-xFx 査読有り

    Ayaka Kawabata, Sang Chul Lee, Taketo Moyoshi, Yoshiaki Kobayashi, and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   77 巻 ( 10 ) 頁: 103704-(1-4)   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have prepared the superconducting system LaFe1-yCoyAsO1-xFx (x=0.11) and carried out measurements of their electrical resistivity ρ and superconducting diamagnetism. 75As- and 135La-NMR studies have also been carried out. The Knight shift observed for 75As has been found to be suppressed by the superconductivity; for 135La, the shift is almost insensitive to the superconductivity. This result presents rather strong experimental evidence for singlet pairing. The Co doping effect on the superconducting transition temperature Tc is not so significant as expected for superconductors with nodes, suggesting that the potential scattering does not seem to primarily suppress the superconductivity. Even for superconductors without nodes, it may not be so trivial to expect this small effect, if there are two different (disconnected) Fermi surfaces whose order parameters have opposite signs. As a possible explanation of the observed Tc suppression, which is found to be small, seems to be related with the loss of the itinerant nature of the electrons.

  72. Superconductivity of LaFe1-yCoyAsO1-xFx

    Kawabata Ayaka, Lee Sang Chul, Moyoshi Taketo, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   77 巻 ( 10 )   2008年10月

  73. Isotope Effect on Superconducting Transition Temperature of NaxCoO2&middot;yH2O 査読有り

    Mai Yokoi, Yoshiaki Kobayashi, Masatoshi Sato, and Shunji Sugai

    Journal of the Physical Society of Japan   77 巻 ( 9 ) 頁: 094713-(1-4)   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Studies of the Superconductivity of LaFe1-yCoyAsO1-xFx (x=0.11) -Impurity Effect and NMR Knight Shift- 査読有り

    Ayaka Kawabata, Sang Chul Lee, Taketo Moyoshi, Yoshiaki Kobayashi, and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of JapanSupplement C   77 巻   頁: 147-148   2008年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    LaFe1-yCoyAsO1-xFx (x=0.11) with various y values were prepared and their electrical resistivities, superconducting diamagnetisms and Hall coefficients have been measured. 75As- and 135La-NMR studies have also been carried out In spite of the successful Co-doping, we have not found any meaningful correlation of Tc with y, which indicates that the Tc-suppression by Co-doping is considered not to be so significant as expected for superconductors with nodes. Even for superconductors without nodes, it may not be easy to expect this small effect on Tc, if there are two different (disconnected) Fermi surfaces whose order parameters have opposite signs. The data of the NMR Knight shift indicate that the Cooper pairs are in the singlet state and the spin susceptibility is almost fully suppressed at low temperature.

  75. Isotope effect on superconducting transition temperature of NaxCoO2 center dot yH(2)O

    Yokoi Mai, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi, Sugai Shunji

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   77 巻 ( 9 )   2008年9月

  76. Magnetic Excitations of NaxCoO2&middot;yD2O -Neutron Scattering- 査読有り

    Taketo Moyoshi, Yukio Yasui, Yoshiaki Kobayashi, Masatoshi Sato, and Kazuhisa Kakurai

    Journal of the Physical Society of Japan   77 巻 ( 7 ) 頁: 073709-(1-4)   2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. NMR Studies of Successive Phase Transitions in Na0.5CoO2 and K0.5CoO2 査読有り

    Mai Yokoi, Yoshiaki Kobayashi, Taketo Moyoshi, and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   77 巻 ( 7 ) 頁: 074704-(1-4)   2008年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Magnetic excitations of NaxCoO2 center dot yD(2)O - Neutron scattering

    Moyoshi Taketo, Yasui Yukio, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi, Kakurai Kazuhisa

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   77 巻 ( 7 )   2008年7月

  79. NMR studies of successive phase transitions in Na0.5CoO2 and K0.5CoO2

    Yokoi Mai, Kobayashi Yoshiaki, Moyoshi Taketo, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   77 巻 ( 7 )   2008年7月

  80. Co-NMR Knight Shift of NaxCoO2&middot;yH2O Studied in Both Superconducting Regions of the Tc-νQ3 Phase Diagram Divided by the Nonsuperconducting Phase 査読有り

    Yoshiaki Kobayashi, Taketo Moyoshi, Mai Yokoi, and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   77 巻 ( 6 ) 頁: 063703-(1-4)   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Co-NMR knight shift of NaxCoO2 center dot yH(2)O studied in both superconducting regions of the T-c-nu(Q3) phase diagram divided by the nonsuperconducting phase

    Kobayashi Yoshiaki, Moyoshi Taketo, Yokoi Mai, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   77 巻 ( 6 )   2008年6月

  82. On the Magnetic Structure of Quasi One Dimensional Spin 1/2 System of Li2ZrCuO4 査読有り

    Yasuko Tarui, Yoshiaki Kobayashi, and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   77 巻 ( 4 ) 頁: 043703-(1-4)   2008年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. On the magnetic structure of quasi one dimensional spin 1/2 system of Li2ZrCuO4

    Tarui Yasuko, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   77 巻 ( 4 )   2008年4月

  84. T-3nQ Phase Diagram of Hydrated Cobait Oxides NaxCoO2.yH2O 査読有り

    Yoshiaki Kobayashi, Mai Yokoi, Taketo Moyosi and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   76 巻 ( 10 ) 頁: 103705-(1-5)   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The superconducting transition temperatures Tc of NaxCoO2.yH2O prepared by various methods have been found to exhibit the systematic dependence on the nuclear quadrupole frequency nQ. In the Tc-3nQ Phase Diagram, the superconducting region is divied into two regions by the nonsuperconducting phase. We have investigated the origin of the nonsuperconducting phase by NMR measurements, the results indicate that the nonsuperconducting phase is possibly in the charge disproportionate state.

  85. T-3v(Q) phase diagram of hydrated cobalt oxides Na(x)CoO(2 center dot)yH(2)O

    Kobayashi Yoshiaki, Yokoi Mai, Moyoshi Taketo, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   76 巻 ( 10 )   2007年10月

  86. Magnetic Behavior of Spin-1/2 Frustrated System Hg2Cu2F6S 査読有り

    Shohei Kawabata, Yukio Yasui, Yoshiaki Kobayashi and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   76 巻 ( 8 ) 頁: 084705-(1-5)   2007年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Magnetic Behavior of spin-1/2 frustrated system Hg2Cu2F6S

    Kawabata Shohei, Yasui Yukio, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   76 巻 ( 8 )   2007年8月

  88. NMR studies of successive transition in Na0.5CoO2

    Kobayashi Y., Yokoi M., Moyoshi T., Watanabe H., Sato M.

    JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS   310 巻 ( 2 ) 頁: 675 - 677   2007年3月

  89. NMR and neutron scattering studies on NaxCoO2 center dot yH(2)O

    Sato M., Kobayashi Y., Moyoshi T., Yokoi M., Watanabe H., Mori Y., Kakurai K.

    JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS   310 巻 ( 2 ) 頁: 666 - 668   2007年3月

  90. Magnetic and thermal properties of Co3V2O8 and Ni3V2O8

    Kobayashi Yusuke, Yasui Yukio, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS   310 巻 ( 2 ) 頁: 1160 - 1161   2007年3月

  91. Spin-gap behavior of distorted honeycomb lattice system Na3Cu2SbO6

    Miura Yoko, Hirai Riu, Fujita Toshiaki, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS   310 巻 ( 2 ) 頁: E389 - E391   2007年3月

  92. Studies of successive transitions in K0.5CoO2

    Yokoi Mai, Mori Yoshihiko, Moyoshi Taketo, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS   310 巻 ( 2 ) 頁: 672 - 674   2007年3月

  93. Ferroelectric transition induced by the incommensurate magnetic ordering in LiCuVO4

    Naito Yutaka, Sato Kenji, Yasui Yukio, Kobayashi Yusuke, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   76 巻 ( 2 )   2007年2月

  94. Structural studies of pyrochlore-related spin-1/2 system Ag2Cu2O3

    Uematsu Daisuke, Soda Minoru, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi, Igawa Naoki, Kakurai Kazuhisa

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   75 巻 ( 12 )   2006年12月

  95. Existence of Co3+ low-spin state in TbBaCo2O5.5

    Soda Minoru, Yasui Yukio, Kobayashi Yoshiaki, Fujita Toshiaki, sato Mashi Sato, Kakurai Kazuhisa

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   75 巻 ( 10 )   2006年10月

  96. Spin-Gap Behavior of Na3Cu2SbO6 with Distorted Honeycomb Structure 査読有り

    Yoko Miura, Riu Hirai, Yoshiaki Kobayashi and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   75 巻 ( 8 ) 頁: 084707-(1-6)   2006年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Spin-gap behavior of Na3Cu2SbO6 with distorted honeycomb structure

    Miura Yoko, Hirai Riu, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   75 巻 ( 8 )   2006年8月

  98. Magnetic properties of Superconducitng Cobait Oxides NaxCoO2.yH2O 査読有り

    Yoshiaki Kobayshi, taketo Moyoshi, Hidekazu Watanabe Mai Yokoi and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   75 巻 ( 7 ) 頁: 074717-(1-6)   2006年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Search for Magnetic Excitation Spectra of NaxCoO2.yD2O -Neutron Scattering- 査読有り

    Taketo Moyoshi, Yukio Yasui, Minoru Soda, Yoshiaki Kobayashi, Masatoshi Sato and Kazuhisa Kakurai

    Journal of the Physical Society of Japan   75 巻 ( 7 ) 頁: 074705-(1-6)   2006年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Magnetic properties of superconducting cobalt oxides NaxCoO2 center dot yH(2)O

    Kobayashi Yoshiaki, Moyoshi Taketo, Watanabe Hidekazu, Yokoi Mai, sato Mashi Sato

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   75 巻 ( 7 )   2006年7月

  101. Search for magnetic excitation spectra of NaxCoO2 center dot yD(2)O - Neutron scattering

    Moyoshi Taketo, Yasui Yukio, Soda Minoru, Kobayashi Yoshiaki, Sato Masatoshi, Kakurai Kazuhisa

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   75 巻 ( 7 )   2006年7月

  102. Magnetic and metal-insulator transitions in beta-Na0.5CoO2 and gamma-K0.5CoO2 - NMR and neutron diffraction studies

    Watanabe H, Mori Y, Yokoi M, Moyoshi T, Soda M, Yasui Y, Kobayashi Y, Sato M, Igawa N, Kakurai K

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   75 巻 ( 3 )   2006年3月

  103. *Magnetic correlation of NaxCoO2 and Successive Phase Transitions of Na0.5CoO2 -NMR and Neutron Diffraction Studies- 査読有り

    Mai Yokoi, Taketo Moyoshi, Yoshiaki Kobayashi, Munoru Soda, Yukio Yasui, Masatoshi Sato and Kazushi Kakurai

    Journal of the Physical Society of Japan   74 巻 ( 11 ) 頁: 3046-3056   2005年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Co-59-NMR Knight shift of superconducting three-layer NaxCoO2 center dot yH(2)O

    Watanabe H, Kobayashi Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   74 巻 ( 9 ) 頁: 2563 - 2567   2005年9月

  105. 59Co-NMR Knight shift of Aligned Crystal and Polycrystalline Samples of Superconducting Na0.3CoO2.1.3H2O 査読有り

    Yoshiaki Kobayashi, Hidekazu Watanabe, Mai Yokoi, Taketo Moyoshi, Yoshihiko Mori and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   74 巻 ( 6 ) 頁: 1800-1805   2005年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Co-59-NMR knight shift of aligned crystals and polycrystalline samples of superconducting Na0.3CoO2 center dot 1.3H(2)O

    Kobayashi Y, Watanabe H, Yokoi M, Moyoshi T, Mori Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   74 巻 ( 6 ) 頁: 1800 - 1805   2005年6月

  107. ESR studies on quasi one-dimensional spin system TiOBr

    Kato C, Kobayashi Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   74 巻 ( 1 ) 頁: 473 - 477   2005年1月

     詳細を見る

  108. Magnetic structure of a spinel system Cu0.3Zn0.7Cr2Se4

    Iikubo S, Yasui Y, Kobayashi Y, Ohno Y, Ito M, Soda M, Sato M, Kakurai K

    JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS   272 巻   頁: 473 - 474   2004年5月

  109. Impurity effects on the superconducting transition temperature of NazCoO2 center dot yH(2)O

    Yokoi M, Watanabe H, Mori Y, Moyoshi T, Kobayashi Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   73 巻 ( 5 ) 頁: 1297 - 1302   2004年5月

  110. Ru-NMR studies and specific heat measurements of Bi3Ru3O11 and La4Ru6O19

    Tsuchida K, Kato C, Fujita T, Kobayashi Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   73 巻 ( 3 ) 頁: 698 - 702   2004年3月

     詳細を見る

  111. Co-59-NMR knight shift of superconducting NaxCoO2 center dot yH(2)O

    Kobayashi Y, Yokoi M, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   72 巻 ( 10 ) 頁: 2453 - 2455   2003年10月

  112. Co-59 NQR study on superconducting NaxCoO2 center dot yH(2)O

    Kobayashi Y, Yokoi M, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   72 巻 ( 9 ) 頁: 2161 - 2164   2003年9月

  113. NMR studies of Co-oxides with large thermoelectric performance

    Kobayashi Y, Masuda H, Miyashita T, Sato M, Itoh M, Terasaki I

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   329 巻   頁: 926 - 927   2003年5月

  114. Spin-glass-like transition and Hall resistivity of Y2-xBixIr2O7

    Aito N, Soda M, Kobayashi Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   72 巻 ( 5 ) 頁: 1226 - 1230   2003年5月

  115. Transport, thermal and magnetic properties of pyrochlore oxides Y2-xBixIr2O7

    Soda M, Aito N, Kurahashi Y, Kobayashi Y, Sato M

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   329 巻   頁: 1071 - 1073   2003年5月

  116. Transport, thermal and magnetic properties of Bi3Os3O11 and Bi3Ru3O11

    Fujita T, Tsuchida K, Yasui Y, Kobayashi Y, Sato M

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   329 巻   頁: 743 - 744   2003年5月

  117. Spin-state change of co atoms of La4Co3O10+delta

    Miyashita T, Kobayashi Y, Fukamachi T, Masuda H, Sato M

    PHYSICA B-CONDENSED MATTER   329 巻   頁: 740 - 742   2003年5月

  118. Transport and magnetic properties of R(1-x)A(x)CoO(3) (R = La, Pr and Nd; A = Ba, Sr and Ca)

    Masuda H, Fujita T, Miyashita T, Soda M, Yasui Y, Kobayashi Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   72 巻 ( 4 ) 頁: 873 - 878   2003年4月

     詳細を見る

  119. *59Co-NMR Knight Shift of Superconducting NaxCoO2&middot;yH2O 査読有り

    Yoshiaki Kobayashi, Mai Yokoi and Masatoshi Sato

    Journal of the Physical Society of Japan   72 巻   頁: 2453-2455   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Layered Co oxide NaxCoO2&middot;yH2O with the superconducting transition temperature Tc=4.5 K has been studied by 59Co-NMR. The Knight shift K estimated from the observed spectra of a powder sample exhibits almost temperature (T)-independent behavior above Tc and decreases with decreasing T below Tc. This result and the existence of the coherence peak in the spin–lattice relaxation rate versus T curve reported by the present authors indicate, naively speaking, that the singlet order parameter with s-wave symmetry is realized in NaxCoO2&middot;yH2O. Differences in the observed behaviors between the spectra of a nonaligned sample and those of an aligned sample embedded in epoxy adhesive by applying an external magnetic field are discussed.

  120. Co-59-NMR studies on La4Co3O10+delta

    Miyashita T, Kobayashi Y, Fukamachi T, Masuda H, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   71 巻 ( 12 ) 頁: 3043 - 3046   2002年12月

  121. Magnetic structure and the Hall resistivity of Cu1-xZnxCr2Se4

    Iikubo S, Yasui Y, Oda K, Ohno Y, Kobayashi Y, Sato M, Kakurai K

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   71 巻 ( 11 ) 頁: 2792 - 2799   2002年11月

  122. Transport and NQR studies of Nd1.6-xCexSr0.4CuO4 with T* structure

    Ambai M, Kobayashi Y, Iikubo S, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   71 巻 ( 2 ) 頁: 538 - 542   2002年2月

     詳細を見る

  123. Unusual anomalous Hall resistivities of CuCr2S4, Cu0.5Zn0.5Cr2Se4 and Cr3Te4

    Oda K, Yoshii S, Yasui Y, Ito M, Ido T, Ohno Y, Kobayashi Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻 ( 10 ) 頁: 2999 - 3005   2001年10月

     詳細を見る

  124. Studies on successive electronic state changes in systems with NiO2 planes-La-139-NMR/NQR-

    Fukamachi T, Oda K, Kobayashi Y, Miyashita T, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻 ( 9 ) 頁: 2757 - 2764   2001年9月

     詳細を見る

  125. Cu NQR study on the "wipeout" phenomenon in YBa2Cu3Oy

    Kobayashi Y, Miyashita T, Ambai M, Fukamachi T, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   70 巻 ( 4 ) 頁: 1133 - 1136   2001年4月

     詳細を見る

  126. La-139 NMR studies of layered perovskite systems La3Ni2O7-delta and La4Ni3O10

    Fukamachi T, Kobayashi Y, Miyashita T, Sato M

    JOURNAL OF PHYSICS AND CHEMISTRY OF SOLIDS   62 巻 ( 1-2 ) 頁: 195 - 198   2001年

     詳細を見る

  127. NMR studies of Ga in magnetically frustrated pyrochlore system R2GaSbO7 (R = rare earth elements)

    Kobayashi Y, Miyashita T, Fukamachi T, Sato M

    JOURNAL OF PHYSICS AND CHEMISTRY OF SOLIDS   62 巻 ( 1-2 ) 頁: 347 - 350   2001年

     詳細を見る

  128. Absence of the "wipeout" phenomenon in the NQR spectra of YBa2Cu3O6.61

    Kobayashi Y, Miyashita T, Ambai M, Fukamachi T, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   69 巻 ( 8 ) 頁: 2435 - 2438   2000年8月

     詳細を見る

  129. On the anomalous oxygen-number dependence of the superconducting transition temperature of R1-xPrxBa2Cu3O6+y (R=Y and Sm)

    Ambai M, Yasui Y, Takeda J, Kobayashi Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   69 巻 ( 1 ) 頁: 170 - 177   2000年1月

     詳細を見る

  130. Magnetization measurements and Rb-87-NMR on Rb2M3S4 (M=Ni and Pd) with the Kagome lattice

    Fukamachi T, Kobayashi Y, Nakamura A, Harashina H, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   68 巻 ( 11 ) 頁: 3668 - 3672   1999年11月

     詳細を見る

  131. Effects of short range spin correlation on ESR lines of low-dimensional antiferromagnetic and spin-gapped systems

    Taniguchi S, Kato M, Kodama K, Kobayashi Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   68 巻 ( 6 ) 頁: 2118 - 2127   1999年6月

     詳細を見る

  132. Thermal conductivity of BaCo1-xNixS2

    Takeda J, Sakurai J, Nakamura A, Kato M, Kobayashi Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   68 巻 ( 5 ) 頁: 1602 - 1606   1999年5月

     詳細を見る

  133. On the magnetic properties of systems with low dimensional linkage of VO5 pyramids

    Kanada M, Harashina H, Tanaka S, Fukamachi T, Kobayashi Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   67 巻 ( 8 ) 頁: 2904 - 2909   1998年8月

     詳細を見る

  134. NMR studies on spin-gap behavior of monoclinic CuNb2O6

    Fukamachi T, Kobayashi Y, Kanada M, Kasai M, Yasui Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   67 巻 ( 6 ) 頁: 2107 - 2111   1998年6月

     詳細を見る

  135. Spin-gap behavior of CuNb2O6

    Kodama K, Fukamachi T, Harashina H, Kanada M, Kobayashi Y, Kasai M, Sasaki H, Sato M, Kakurai K

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   67 巻 ( 1 ) 頁: 57 - 60   1998年1月

     詳細を見る

  136. V-51-NMR study of the misfit layer compounds La1.17-xSrxVS3.17

    Kobayashi Y, Kasai M, Yasui Y, Nishikawa T, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   66 巻 ( 12 ) 頁: 4027 - 4030   1997年12月

     詳細を見る

  137. ESR studies on CaV4O9 and CaV3O7

    Taniguchi S, Kobayashi Y, Kasai M, Kodama K, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   66 巻 ( 11 ) 頁: 3660 - 3664   1997年11月

     詳細を見る

  138. Electron- and photon-thermal conductivity of high-T-c systems from the underdoped insulating to the nonsuperconducting metallic phase

    Kamijo H, Takeda J, Hayashi F, Ueda E, Fujiwara K, Kobayashi Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   66 巻 ( 8 ) 頁: 2466 - 2472   1997年8月

     詳細を見る

  139. Structural studies on the phase transition of La3Ni2O6.92 at about 550 K

    Sasaki H, Harashina H, Taniguchi S, Kasai M, Kobayashi Y, Sato M, Kobayashi T, Ikeda T, Takata M, Sakata M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   66 巻 ( 6 ) 頁: 1693 - 1697   1997年6月

     詳細を見る

  140. Study of spin-gap formation in quasi-two-dimensional S=1/2 system CaV4O9: Neutron scattering and NMR

    Kodama K, Harashina H, Sasaki H, Kobayashi Y, Kasai M, Taniguchi S, Yasui Y, Sato M, Kakurai K, Mori T, Nishi M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   66 巻 ( 3 ) 頁: 793 - 802   1997年3月

     詳細を見る

  141. Transport and magnetic properties of La3Ni2O7-delta and La4Ni3O10-delta

    Kobayashi Y, Taniguchi S, Kasai M, Sato M, Nishioka T, Kontani M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   65 巻 ( 12 ) 頁: 3978 - 3982   1996年12月

     詳細を見る

  142. Strong pressure effect on the electrical resistivity of BaCo1-xNixS2

    Yasui Y, Kobayashi Y, Takeda J, Shamoto S, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   65 巻 ( 9 ) 頁: 2757 - 2760   1996年9月

     詳細を見る

  143. Thermal properties of two dimensional Mott system La-1.17-xSrxVS3.17

    Nishikawa T, Yasui Y, Kobayashi Y, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   65 巻 ( 8 ) 頁: 2543 - 2547   1996年8月

     詳細を見る

  144. Electron and magnon contributions to the thermal conductivity of YBa2Cu3Oy (6.1<=y<=6.9) at low temperatures

    Kamijo H, Kobayashi Y, Ueda E, Sato M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   65 巻 ( 6 ) 頁: 1551 - 1554   1996年6月

     詳細を見る

  145. Studies of the metal-insulator transition of misfit-layer compounds La1.17-xSrVS3.17

    Nishikawa T, Yasui Y, Kobayashi Y, Sato M

    PHYSICA C   263 巻 ( 1-4 ) 頁: 554 - 557   1996年5月

     詳細を見る

  146. EFFECTS OF CARRIER DOPING INTO THE MISFIT-LAYER COMPOUNDS (LA(1-Y)R(Y)S)(1+ALPHA)VS2 (R=SR AND PB) - TRANSPORT AND MAGNETIC STUDIES

    YASUI Y, NISHIKAWA T, KOBAYASHI Y, SATO M, NISHIOKA T, KONTANI M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   64 巻 ( 10 ) 頁: 3890 - 3896   1995年10月

     詳細を見る

  147. SPIN GAP BEHAVIOR OF S=1/2 QUASI-2-DIMENSIONAL SYSTEM CAV4O9

    TANIGUCHI S, NISHIKAWA T, YASUI Y, KOBAYASHI Y, SATO M, NISHIOKA T, KONTANI M, SANO K

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   64 巻 ( 8 ) 頁: 2758 - 2761   1995年8月

     詳細を見る

  148. TRANSPORT, MAGNETIC AND THERMAL-PROPERTIES OF BACO1-XNIXS2

    TAKEDA J, KOBAYASHI Y, KODAMA K, HARASHINA H, SATO M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   64 巻 ( 7 ) 頁: 2550 - 2557   1995年7月

     詳細を見る

  149. TRANSPORT, MAGNETIC AND THERMAL-PROPERTIES OF LA3NI2O7-DELTA

    TANIGUCHI S, NISHIKAWA T, YASUI Y, KOBAYASHI Y, TAKEDA J, SHAMOTO S, SATO M

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   64 巻 ( 5 ) 頁: 1644 - 1650   1995年5月

     詳細を見る

  150. 1H-NMR investigation of the SDW wave-number in (TMTTF)2Br 査読有り

    T. Nakamura, T. Nobutoki, Y. Kobayashi, T. Takahashi, G. Saito

    Synthetic Metals(Elsevier)   70 巻 ( 1-3 ) 頁: 1293 - 1294   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. Magnetic properties of the insulating state of the organic superconductor, β-[(CH3)4N][Pd(dmit)2]2 査読有り

    Synthetic Metals (Elsevier)   70 巻 ( 1-3 ) 頁: 1043 - 1044   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0379-6779(94)02749-O

  152. Observation of the coherence peak of 1H-NMR relaxation rate in the superconducting state of (MDT-TTF)2Aul2 査読有り

    Y. Kobayashi, T. Nakamura, T. Takahashi, K. Kanoda, B. Hilti, J. S. Zambounis

    Synthetic Metals(Elsevier)   70 巻 ( 1-3 ) 頁: 871 - 872   1995年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0379-6779(94)02684-Q

  153. Symmetry of the order parameter in organic superconductors:(MDT-TTF) 2Aul2 vs.(TMTSF) 2ClO4 招待有り 査読有り

    T Takahashi, Y Kobayashi, T Nakamura, K Kamoda, B Hilti, JS Zambounis

    Physica C: Superconductivity (North-Holland)   7 巻 ( 3 ) 頁: 636 - 666   1994年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0921-4534(94)92451-1

▼全件表示

講演・口頭発表等 1

  1. 75As NMR studies on the nematic state in the iron pnictide NaFeAs 国際会議

    Masayuki Toyoda, Yoshiaki Kobayashi, Masayuki Itoh

    International conference on Strongly correlated electron systems 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hangzhou, China   国名:中華人民共和国  

科研費 11

  1. 多軌道電子系を持つ量子物質で発現する新奇物性の探究

    研究課題/研究課題番号:19H01837  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    伊藤 正行, 小林 義明, 清水 康弘, 松下 琢

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    強い電子間相互作用を持つ強相関電子系などの量子物質は、新奇物性が現れる宝庫である。中でも、多軌道電子系を持つ遷移金属酸化物や化合物およびそれらの関連物質では、スピン軌道相互作用、軌道間相互作用および電子ホール相互作用が重要な役割を果たす新奇物性が見つかってきている。本研究では、私たちが開発を進めて来た先進的な核磁気共鳴法を駆使して、そのような量子物質の新奇物性の発現機構を解明することを目指した研究を行う。
    本研究では、多軌道強相関電子系を持つ量子物質を主たる対象として、電子間相互作用、スピン軌道相互作用、電子ホール相互作用などが重要な役割を果たす量子物性について、その発現機構の解明を目指した研究を行っている。また、多軌道強相関電子系のみならず、関連する量子物性を発現する物質も積極的に取りあげている。本年度は、主に、以下の研究成果を得た。(1)励起子絶縁体候補物質Ta2NiSe5の不純物効果を調べた。励起子絶縁体の不純物効果の研究は、励起子凝縮を理解する上で有益な情報を与えることが期待できる。Ta2NiSe5にCoとVをドープした系のSe核の核磁気共鳴(NMR)実験を行った。NMRスペクトルと核スピン格子緩和率の測定から、励起子凝縮相のスピンギャップ温度に対する不純物効果などを調べた。Coは、励起子凝縮に対して、磁性不純物として働き、Vは非磁性不純物として働く可能性が大きいことが分かった。(2)ワイル半金属WTe2の局所磁化率を調べるために、Te核のNMR実験を行った。核スピン格子緩和率は、ワイルフェルミオンに特徴的な温度変化を示すこと、また、弱相関金属で現れる修正コリンハ則に従うことなどを見出した。(3)キタエフスピン液体の有力な候補物質として、α-RuCl3が知られており、その関連物質であるRuBr3とRuI3についても興味がもたれる。核四重極共鳴実験から、RuBr3は34Kで反強磁性秩序を起こし、RuI3はパウリ常磁性を示す結果を得た。(4)金属有機構造体の一つであるCu-CAT-1は、Cuイオンがカゴメ格子を形成する量子スピン系である。この系の磁気的な基底状態を解明するために、H核のNMR、磁化率、比熱の測定を超低温度域まで行った。磁場温度相図を決定し、量子スピン液体相と量子臨界相が存在することを見出した。
    本年度の当初計画にあげた不純物をドープした励起子絶縁体や金属有機構造体で形成されたハニカム格子量子スピン系などの量子物質の研究はおおむね順調に進んだ。また、関連する量子物質の研究も行われ、本研究課題で目指している新奇物性の発現機構の理解が進んだ。得られた研究結果を日本物理学会や原著論文などで発表した。このように、研究はおおむね順調に進展している。
    本研究課題を実施する上で、研究代表者と研究分担者の役割分担は上手く機能している。また、研究課題の選択についても、広範囲の物質をターゲットに新奇な量子物性を探索して成果を出している。現状の推進方策は有効であり、今後もこの方策を維持しながら本研究課題を遂行する予定である。しかし、本年度は、研究代表者が定年退職した一年目であり、研究分担者との連携が若干疎になる傾向があった。今後、連携体制を一層密にしながら、本研究を推進する。

  2. 多軌道電子系における遍歴と局在の狭間に現れる新奇量子相の探究

    研究課題/研究課題番号:16H04012  2016年4月 - 2019年3月

    伊藤 正行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    遍歴と局在の狭間の多軌道強相関d電子系は、多軌道効果によって新奇な量子物性を発現する。本研究では、私たちが開発を進めて来た軌道分解核磁気共鳴(NMR)法などのNMR法を駆使して、遍歴と局在の狭間で現れる多軌道電子系の新奇量子相の物性発現機構の解明を目的とする研究を行った。その結果、新規超伝導体の電子相図、一次元導体導体の電荷秩序、スピン・クロスオーバー物質の電子状態、鉄系超伝導体の軌道ネマティック揺らぎと秩序、スピン軌道相互作用が重要な軌道縮退系における隠れた秩序、キタエフ・スピン液体候補物質の磁気励起、励起子絶縁体候補物質の高圧物性などについて重要な知見が得られた。
    固体物理学の分野では、物性開拓と物質探索が分野の発展を牽引してきた。その中で、新奇物性の発現機構を解明することが、新たな発展には重要である。本研究では、新奇物性が数多く現れる物質群である多軌道強相関電子系を対象にし、従来理解されていなかった物性発現機構に対して光をあてることができた。本研究で得られた成果は、この分野の進展に寄与するとともに、将来、応用分野の基礎研究としても生かさられる可能性を持っている。

  3. 鉄系超伝導体における局所軌道状態の観測と電子物性への役割の解明

    研究課題/研究課題番号:15K05167  2015年4月 - 2018年3月

    小林 義明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    鉄系超伝導体Ba(Fe1-xCox)2As2、NaFeAs、LiFeAsに対して、75As核の核磁気共鳴NMRより、ネマチックゆらぎを調べた。As核の電場勾配のFe面内異方性etaの温度変化やx依存性から、ラマン散乱から得られる電気ネマチックゆらぎをモニターできることがわかった。キュリーワイス的温度変化を示すetaのワイス温度T_etaは、ゼロでないネマチック秩序をもつx<0.05の時、おおよそ~Ts-50 (K)の値を取る。T_etaは、ラマン散乱の結果と同様にCo濃度x ~0.055で、x>0.055では、Tetaは負を取り、反強的な軌道ゆらぎや秩序が存在すること示すことがわかった。

  4. 複合自由度が競合・協調した多軌道強相関電子系における新奇な軌道物性の探究

    研究課題/研究課題番号:24340080  2012年4月 - 2015年3月

    伊藤 正行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    電子間に強いクーロン相互作用が働く強相関3d電子系では、3d電子が持つ軌道の自由度とスピン、電荷、格子の自由度が競合あるいは協調して新奇な軌道物性が現れる。本研究では、遍歴と局在の狭間の3d金属絶縁体転移近傍に位置する多軌道系で発現するそのような物性の発現機構の解明を目指した。具体的には、遷移金属酸化物・化合物を対象に、重い電子系、軌道秩序、フラストレーション、鉄系超伝導などの物理を明らかにした。

  5. 励起子絶縁体の検証と探索

    研究課題/研究課題番号:16K13835  2016年4月 - 2018年3月

    伊藤 正行

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    励起子絶縁体とは、励起子凝縮による新奇な絶縁体である。本研究では、励起子絶縁体転移に伴う励起子凝縮を検証することを目的に、核磁気共鳴法を用いた実験的研究を行った。その結果、有力な励起子絶縁体候補物質であるTa2NiSe5に対して、励起子凝縮に起因すると考えられる特徴的なSe核の核スピン格子緩和率と局所帯磁率の温度変化を観測した。この結果は、核磁気共鳴法が、励起子凝縮を研究する上で有効なプローブであることを示している。

  6. コバルト酸化物の超伝導相を分断する非超伝導相の起源

    研究課題/研究課題番号:20540354  2008年 - 2010年

    小林 義明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    層状コバルト酸化物の超伝導はc軸長や、コバルトサイトの核電気四重極共鳴周波数v_Qをパラメーターとした相図上に現れ、特定のv_Q(c軸長)の狭い領域に存在する非超伝導相により、その超伝導相は2つに分断される。測定した様々な物理量全ての振舞いは、この非超伝導相が磁気秩序相でなく電荷不均一相であることで矛盾なく説明できる。c軸長(v_Q値)が増大するにつれて、超伝導相、非超伝導相、超伝導相が次々を現れる様を、これまで観測されているa_<1g>バンド以外に、e_g'バンドもフェルミ面を構成するとして、説明しようという理論が提出されたが、フェルミ面の変化に敏感である電子比熱、NMRナイトシフトや中性子散乱実験の結果から、これが起こっていないことがわかった。この系の超伝導は電子フォノン相互作用を主たる機構した電子対形成で理解できること、電荷不均一相への転移でフェルミエネルギーレベルの状態密度が減少し、これにより超伝導が強く抑制されることが明瞭となった。
    さらにこの系との比較研究としてCo以外の遷移金属をベースとした超伝導体である、鉄とヒ素化合物の研究を行った。これはコバルト酸化物と比べ、T_cが1桁高く、様々な物理量の相違点からコバルト酸化物の超伝導の特徴がより明瞭となると考えられる。鉄系でのT_cへの不純物効果は、コバルト酸化物と同様に、とても弱く、どちらも磁気ゆらぎによる超伝導形成とは考えづらい。よって、鉄ヒ素系がコバルト酸化物の超伝導と比較すべき格好の系であることがわかった。

  7. スピン1/2パイロクロア格子化合物の磁気フラストレーション

    研究課題/研究課題番号:18540346  2006年 - 2007年

    安井 幸夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    磁気的にフラストレートした3次元量子スピン系の基底状態がどのようなものか、また、低温での磁気的振舞いがどのようなものかは、理論・実験のどの面からも未だ手が届いていない基本的な問題である。申請者らが取り上げたHg_2Cu_2F_6SはCu^<2+>の量子スピン(1/2スピン)が頂点共有した正四面体の3次元ネットワーク(パイロクロア格子)を形成し、また、そのスピン間に反強磁性的な相互作用(磁化率から見積もったワイス温度θw〜150K)が働いていることから、この問題に対する初のモデル物質と考えられた。磁化率と比熱の測定や粉末中性子回折実験を行った結果、2Kまでは磁気相転移が見られないことがわかり、低温まで磁気フラストレーションが残っていると考えられる。磁気的挙動を詳しく知るために19F-NMR測定を行った。ナイトシフトは十分高温から100K付近まではキュリーワイス的な振舞を示すが、80K付近でブロードなピークをもち、それより低温では降温とともに急激に減少する振舞を示した。ただし、30K以下の温度域ではスペクトル幅に急激な増大が見られ、絶対零度に向かってナイトシフト(スピン磁化率)がゼロに向かっているのかどうかの判断はつかなかった。核スピン-格子緩和率1/T1の温度依存性の測定結果とCanalsらの理論的提案を考えあわせて磁気相関長を見積もったところ、降温とともに磁気相関長は少しずつ成長していくものの、十分低温においてもCuの原子間距離程度しか磁気相関長が成長しないことがわかった。これらの結果は磁気フラストレートレーションを持つスピン系の特徴と考えられ非常に興味深い。低温域で見られるNMRスペクトル幅の増大は格子欠陥等による乱れの影響と考えられ、低温でのintrinsicな磁気的挙動を知るには、さらなる純良試料の作成が重要である。ただし、わずかな乱れによりスピン系が大きく影響を受けてしまうのは磁気フラストレーション系の特徴であるとも考えられ、この影響を取り除くのは容易ではないと思われる。

  8. 二次元コバルト酸化物の超伝導相近傍にある金属-絶縁体転移

    研究課題/研究課題番号:17540323  2005年 - 2006年

    小林 義明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3300000円 ( 直接経費:3300000円 )

    1.(1)水和コバルト酸化物Na_xCoO_2・yH_2Oの超伝導状態におけるスピン磁化率の異方性に関して確固たるデータを提供した。(2)Na_xCoO_2・yH_2Oにおいて温度Tとコバルト核電気四重極共鳴周波数v_Qによる相図を完成させ、相図中の超伝導相に隣接する非超伝導相の性質を明らかにした。2.超伝導体の母物質Na_xCoO_2(x=0.3〜0.7)においてその磁気特性を明らかにした。これらはコバルト酸化物の超伝導電子対形成の議論に関わる極めて重要なデータとなっている。
    1.Na_xCoO_2・yH_2Oの単結晶試料を用いて、超伝導状態におけるCo核NMRナイトシフトの測定を行った。CoO_2面に対して磁場を平行、垂直の両方向において曖昧さのないデータを得て、超伝導電子対がスピンシングレット状態にあることを明らかにした。また超伝導体の超伝導転移温度T_cはCo核電気四重極共鳴周波数v_Qに対して系統的な依存性を示し、T-v_Q相図上で超伝導相はv_Q=4.02から4.32MHzの広い範囲にあり、これを二つに分けるように4.20MHz近傍で非超伝導相が存在することがわかった。この非超伝導相が電荷秩序相であることを実験的に明らかにし、この電荷秩序相近傍のv_Q領域でT_cは高くなることから、超伝導が磁気秩序相近くで発生している可能性を否定した。
    2.Na_xCoO_2でx=0.5は87K(T_<cl>)と53K(T_<c2>)で相転移を示す。Co-NMR、中性子散乱実験からT_<cl>より低温の反強磁性相の特異な磁気構造を決定した。金属-絶縁体転移であるT_<cl>でCo核磁気緩和率1/T_1がピークを形成することから、T_<cl>で磁気秩序状態に変化があると考えられる。そこで磁気モーメントに大きな変化が見えないことを結論付けた。また、様々なxをもつNa_xCoO_2に対するCo核1/T_<cl>や磁化率の温度変化からx<0.6領域の磁性は炉0.5と同様であることがわかった。

  9. コバルト酸化物の電子状態制御と新規超伝導研究

    研究課題/研究課題番号:16204025  2004年 - 2007年

    佐藤 正俊

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    強相関電子系の開拓的研究を、銅酸化物超伝導体研究で累積された知識をガイドラインにして、物質の作成・評価から、巨視的物性量の測定、さらには中性子散乱や核磁気共鳴(NMR)等の微視的手法を適用して進めた。数多くの物質の開発を旨としたが、微視的研究に至ったものの多くについては単結晶試料を作成し手実験に用い、信頼性の高いデータを発表することが出来た。成果が得られた主な課題は、(1)高温超伝導体に残っていた問題のほか、(2)Na_xCoO_2yH_2O(y〜1.3)の超伝導機構、(3)nontrivialな磁気構造を持つ系の特異な異常ホール効果、(4)パイロクロア型化合物Hg_2Cu_2F_6Sが有する量子スピン系のスピン液体状態、(5)Co酸化物のスピン状態制御、(6)擬ハニカム格子系のスピンギャップ現象や新型相転移、(7)一次元量子スピン系で初めてのmultiferroic物質(磁気転移と強誘電転移が同時に生じる物質)LiVCuO_4の発見と類似系の研究、等々があるが、多くの場合、物質開拓と新規物性現象の発見が表裏一体となっている。さらに具体的に例示すれば、(2)に関して、Coの三角格子が示す超伝導が、singlet Cooper対を持つことを示し多くの主張をくつがえしたこと、転移温度T_c-ν_Qの相図(ν_Q:NMR四重極周波数)を完成したこと、中性子磁気非弾性散乱によって磁気特性を理解するキー情報を得たこと、(3)に関して、長い間未解決の問題であった異常ホール効果の発現機構にスピンカイラリティがどう関与しているか、Nd_2Mo_2O_7やスピングラス系を用いて精密で本質的情報を提供したこと、(7)スピンs=1/2multiferroic系LiVCuO_4の発見をもとにした一連の研究で、その微視的研究の一方の糸口を開いたこと、などである。

  10. ペロブスカイト型コバルト酸化物の圧力誘起金属・絶緑体転移

    研究課題/研究課題番号:15540336  2003年 - 2004年

    小林 義明

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3700000円 ( 直接経費:3700000円 )

    CoO_6八面体で構成された様々なコバルト酸化物では強磁性、反強磁性、超伝導が現れる。それらの電子状態の研究を通してCoの電子状態の制御の手法を探ることが大きなテーマである。(1)ペロブスカイト型コバルト酸化物Pr_<1-x>Ca_xCoO_3における圧力誘起金属-絶縁体転移のメカニズムを調べる研究を行った。(2)CoとO(酸素)の2次元三角格子を持つ超伝導体Na_xCoO_<2-y>H_2Oの超伝導電子対の対称性に関する研究を行った。
    (1)(Pr_<1-y>R_y)_<1-x>Ca_xCoO_3(R=希土類元素,Y)に対して常圧、圧力下両方で構造解析と磁気輸送特性を調べ、金属-絶縁体転移の主な原因がCoO_6八面体の傾き角の増大によるCo間transfer energyの減少であることを明らかにした。R=Smの系ではyを1に(あるいはxを0)近づけると、金属-絶縁体の相転移がクロスオーバー的になり、これはスピンS=1状態にあるCoイオンの数の減少と関連付けられることを示した。
    (2)Co核のナイトシフトKは超伝導転移温度T_cを挟んで降温時にT_c以下で減少するが、その温度変化から超伝導電子対がsinglet状態(s, d, g, i等の対称性をもつ状態)にあることがわかった。T_cへの不純物効果はs波の等方的超伝導の可能性を示唆するが、Co核磁気緩和率の温度変化にT_c直下でコヒーレンスピークが見られないことは非s波の異方的超伝導の可能性を示し、2つが矛盾しているように見える。しかし超伝導状態で準粒子の寿命を考慮すると、等方的超伝導体としてCo核磁気緩和率の温度変化も説明されることがわかり、この系の超伝導対称性がs波である可能性が強い。また、超伝導体の母物質、Na_xCoO_2の研究からxが0.6より小さい領域ではCo間に2次元反強磁性的磁気相関をもつことがわかった。これは水和物の超伝導状態がsinglet対であることを支持する。

  11. フラストレーションとスピンカイラリティがもたらす強相関電子系の異常物性

    研究課題/研究課題番号:14340103  2002年 - 2003年

    佐藤 正俊

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    幾何学的にフラストレートした系の物性を研究した。第一には、磁気構造がnon-trivialな強磁性体でしばしば見られるホール抵抗pHの特異な振舞いと、スピンカイラリティX(3個のスピンS_1,S_2,S_3を用いてX≡S_1・(S_2×S_3)と定義される)の秩序との関連、パイロクロア型酸化物等が持つフラストレートしたスピン系の基底状態の問題、等である。第二は、2次元三角格子のCoO_2面を持つ新超伝導体Na_xCoO_2・yH_2Oの超伝導対称性に関する核磁気共鳴(NMR)を中心にした研究である。第一の問題については、Nd_2Mo_2O_7ついて、そのpHの振舞いがカイラリティのモデルでは説明されえないことを明瞭にし、さらに、スピネル系のホール抵抗の振舞いを理解するための中性子散乱実験を進めた。また、スピングラス相や、温度の下降とともに強磁性相から移行するリエントラントスピングラス相において、MとXとの結合で誘起される一様カイラリティのpHの寄与の存在を示した。パイロクロア系の基底状態については、スピン系のanisotropyと基底状態の関係があきらかになった。
    第二の問題では、Coの持つ磁気フラストレーションが超伝導の発現に対して、銅酸化物の場合と同様、重要な意味を持つのか、Coのスピン状態変化(軌道励起)が寄与するか等、特異な超伝導の可能性を確かめるため、NMRナイトシフト、核磁気縦緩和率、超伝導転移温度へのCoサイト不純物ドーピング効果を調べた。その結果、この超伝導がsingletのクーパー対を持つこと、さらには、核磁気縦緩和率のいわゆるコヒーレンスピークがないか、もしくは極めて小さい事、等がわかった。これは、偶パリティの特異な(異方的)超伝導の可能性を示唆するが、転移温度T_cへの不純物効果は依然s-波の等方的超伝導の可能性をも示唆している。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 31

  1. 物性物理学Ⅲ

    2015

     詳細を見る

    超伝導発現機構の基本的な考え方を知る。

  2. 電磁気学 I

    2015

     詳細を見る

    電磁気学の基礎を習得するための講義である。真空中の電磁気現象及びそれを支配する法則の習得を通じて「真空」や「場」の基礎概念、物理学における数学的取り扱いの基礎を学ぶとともに、電磁気現象の豊かさに触れる。

  3. 電磁気学 II

    2016

     詳細を見る

    1年後期の「電磁気学I」に引続き、電磁気学の基礎を習得するための講義である。真空中、物質中の電磁気現象及びそれを支配する法則の習得を通じて「真空」や「場」の基礎概念、物理学における数学的取り扱いの基礎を学ぶとともに、電磁気現象の豊かさに触れる。

  4. 電磁気学Ⅰ

    2022

     詳細を見る

    電磁気学の基礎を習得するための講義である。真空中の電磁気現象及びそれを支配する法則の習得を通じて「真空」や「場」の基礎概念、物理学における数学的取り扱いの基礎を学ぶとともに、電磁気現象の豊かさに触れる。

  5. [G30] 物性物理学特論3

    2022

  6. 物性物理学特論3

    2022

     詳細を見る

    超伝導発現機構の基本的な考え方を知る。

  7. 物性物理学Ⅴ

    2022

     詳細を見る

    超伝導発現機構の基本的な考え方を知る。

  8. 物質と科学

    2021

     詳細を見る

    "現代物理学を切り拓いた物質" 後半担当:小林義明
    量子力学の発見以降、様々な新物質が発見され、我々の自然観は大きく変革された。なかでも超伝導は物質が示す最も劇的な現象であり、超伝導を中心に20世紀以降の物質と科学の関わりを解説する。"

  9. 物性生物物理学特別講義

    2022

     詳細を見る

    物性物理と生物物理の研究室の研究課題、および それに関連する話題について基本事項を含めて、講義される。講義中に与えられる話のポイントを掴む能力を培う。

  10. 物性生物物理学特別講義

    2022

     詳細を見る

    物性物理と生物物理の研究室の研究課題、および それに関連する話題について基本事項を含めて、講義される。講義中に与えられる話のポイントを掴む能力を培う。

  11. 物理学実験

    2022

     詳細を見る

    さまざまな物理量の測定や物理現象の観察を通して,その背景にある法則を理解し,基本的な測定原理や実験技術を習得する. 演習を通して,測定データの記録と処理,表現の方法について習得する.

  12. 物性生物物理学特別講義

    2021

     詳細を見る

    物性物理と生物物理の研究室の研究課題、および それに関連する話題について基本事項を含めて、講義される。講義中に与えられる話のポイントを掴む能力を培う。

  13. 物理学セミナー第Ⅶの2

    2021

     詳細を見る

    物性物理学の基本的な内容について、教科書を輪講しながら学び、同時に、発表方法、議論の進め方を身につけることを目的とする。これまで学んできた電磁気学、量子力学、熱統計力学などが固体物性の問題にいかに適用されるかを知り、広い視野を育成する。

  14. 電磁気学Ⅱ

    2020

     詳細を見る

    1年後期の「電磁気学I」に引続き、電磁気学の基礎を習得するための講義である。真空中、物質中の電磁気現象及びそれを支配する法則の習得を通じて「真空」や「場」の基礎概念、物理学における数学的取り扱いの基礎を学ぶとともに、電磁気現象の豊かさに触れる。

  15. 物理学演習Ⅰ

    2020

     詳細を見る

    電磁気学の内容を問題に適用して、その適用法を学ぶことで電磁気学の理解を深める。

  16. 物質と科学

    2020

     詳細を見る

    "現代物理学を切り拓いた物質 担当:小林義明
    量子力学の発見以降、様々な新物質が発見され、我々の自然観は大きく変革された。なかでも超伝導は物質が示す最も劇的な現象であり、超伝導を中心に20世紀以降の物質と科学の関わりを解説する。"

  17. 物性生物物理学特別講義

    2020

     詳細を見る

    物性物理と生物物理の研究室の研究課題、および それに関連する話題について基本事項を含めて、講義される。講義中に与えられる話のポイントを掴む能力を培う。

  18. 電磁気学II

    2019

     詳細を見る

    1年後期の「電磁気学I」に引続き、電磁気学の基礎を習得するための講義である。真空中、物質中の電磁気現象及びそれを支配する法則の習得を通じて「真空」や「場」の基礎概念、物理学における数学的取り扱いの基礎を学ぶとともに、電磁気現象の豊かさに触れる。

  19. 電磁気学Ⅰ

    2019

     詳細を見る

    電磁気学の基礎を習得するための講義である。真空中の電磁気現象及びそれを支配する法則の習得を通じて「真空」や「場」の基礎概念、物理学における数学的取り扱いの基礎を学ぶとともに、電磁気現象の豊かさに触れる。

  20. 物性生物物理学特別講義

    2019

     詳細を見る

    物性物理と生物物理の研究室の研究課題、および それに関連する話題について基本事項を含めて、講義される。講義中に与えられる話のポイントを掴む能力を培う。

  21. 電磁気学 II

    2018

     詳細を見る

    1年後期の「電磁気学I」に引続き、電磁気学の基礎を習得するための講義である。真空中、物質中の電磁気現象及びそれを支配する法則の習得を通じて「真空」や「場」の基礎概念、物理学における数学的取り扱いの基礎を学ぶとともに、電磁気現象の豊かさに触れる。

  22. 電磁気学 II

    2017

     詳細を見る

    1年後期の「電磁気学I」に引続き、電磁気学の基礎を習得するための講義である。真空中、物質中の電磁気現象及びそれを支配する法則の習得を通じて「真空」や「場」の基礎概念、物理学における数学的取り扱いの基礎を学ぶとともに、電磁気現象の豊かさに触れる。

  23. 電磁気学Ⅰ

    2017

     詳細を見る

    1年後期の「電磁気学I」に引続き、電磁気学の基礎を習得するための講義である。真空中、物質中の電磁気現象及びそれを支配する法則の習得を通じて「真空」や「場」の基礎概念、物理学における数学的取り扱いの基礎を学ぶとともに、電磁気現象の豊かさに触れる。

  24. 電磁気学Ⅰ

    2016

     詳細を見る

    電磁気学の基礎を習得するための講義である。真空中の電磁気現象及びそれを支配する法則の習得を通じて「真空」や「場」の基礎概念、物理学における数学的取り扱いの基礎を学ぶとともに、電磁気現象の豊かさに触れる。

  25. 物理学演習Ⅳ

    2012

     詳細を見る

    統計物理学演習。量子統計を学ぶ。

  26. 基礎セミナーA

    2012

     詳細を見る

    理系としての発表の方法や表現の仕方を学び、説得力のある話ができるようにする。

  27. 基礎セミナーA

    2011

  28. 物理学実験Ⅱ

    2008

     詳細を見る

    超伝導の作成やその評価を学び、物性物理実験を体感する。

  29. 物理学実験Ⅰ

    2008

  30. 総合演習

    2007

     詳細を見る

    超伝導実験の体験と理論を学ぶことを含めて、固体物理学に触れることでその深い理解を目指す。

  31. 物理学実験

    2007

     詳細を見る

    銅酸化物高温超伝導体の作成とその超伝導転移温度の評価を行うことで、物性物理を体験し、さらに超伝導の理論について深く学んでいく。

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 物理学特論IV

    2019年8月 新潟大学)

 

社会貢献活動 3

  1. 日本物理学会Jrセッション審査委員

    役割:運営参加・支援

    日本物理学会  日本物理学会Jrセッション  日本物理学会2023年年会  2022年4月 - 2023年3月

  2. 日本物理学会Jrセッション審査委員

    役割:調査担当

    日本物理学会  2021年4月 - 2022年3月

  3. 日本物理学会第75回年次大会(2020年)運営委員

    役割:運営参加・支援

    一般社団法人 日本物理学会  2020年3月