2021/09/26 更新

写真a

ナイトウ ヒサシ
内藤 久資
NAITO, Hisashi
所属
大学院多元数理科学研究科 多元数理科学専攻 自然数理 准教授
大学院担当
大学院多元数理科学研究科
学部担当
理学部
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 理学博士 ( 1991年6月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 離散幾何解析

  2. 多様体上の非線形偏微分方程式

  3. 変分問題

研究分野 5

  1. 自然科学一般 / 幾何学  / 離散幾何解析

  2. 自然科学一般 / 幾何学  / 微分幾何学

  3. 自然科学一般 / 数理解析学  / 非線形偏微分方程式

  4. 自然科学一般 / 数学基礎  / 数値解析

  5. 情報通信 / 情報ネットワーク  / コンピュータネットワークの認証システム

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 離散幾何解析

  2. 幾何学的変分問題

経歴 6

  1. 情報基盤センター(兼任)

    2009年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   情報基盤センター

    2009年4月 - 2010年3月

  3. 名古屋大学情報連携統括本部情報戦略室(兼任)

    2006年10月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学   情報連携統轄本部情報戦略室

    2006年7月 - 2009年3月

  5. 名古屋大学大学院多元数理科学研究科助教授

    1993年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学理学部助手

    1987年11月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   理学研究科   数学専攻

    1987年4月 - 1988年10月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   理学研究科   数学専攻

    1985年4月 - 1987年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 大阪大学   理学部   数学科

    1981年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本数学会   評議員

    2016年3月 - 2017年2月

  2. 日本数学会   オンラインシステム委員会委員

    2014年6月 - 現在

  3. 日本数学会   情報システム委員会・運営委員

    2012年7月 - 2016年6月

 

論文 80

  1. Geometric model of 3D curved graphene with chemical dopants 査読有り 国際誌

    Dechant Andreas, Ohto Tatsuhiko, Ito Yoshikazu, Makarova Marina V, Kawabe Yusuke, Agari Tatsufumi, Kumai Hikaru, Takahashi Yasufumi, Naito Hisashi, Kotani Motoko

    CARBON   182 巻   頁: 223 - 232   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.carbon.2021.06.004

    Web of Science

  2. Construction of continuum from a discrete surface by its iterated subdivisions 査読有り

    Motoko Kotani, Hisashi Naito, Chen Tao

    Tohoku Mathematical Journal     頁: To appear   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. A nitrogen-doped nanotube molecule with atom vacancy defects 査読有り

    Koki Ikemoto, Seungmin Yang, Hisashi Naito, Motoko Kotani, Sota Sato, Hiroyuki Isobe

    Nature Communications   11 巻   頁: 1807   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-020-15662-6

  4. A short lecture on topological crystallography and a discrete surface theory 招待有り

    Hisashi NAITO

    Anam Lecture Notes in Mathematics   2 巻   頁: 83-147   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  5. Eigenvalues of Laplacian on the Goldberg-Coxeter construction for 3- and 4-valent graphs 査読有り

    Toshiaki Omori, Hisashi Naito, Tatsuya Tate

    Electronic Journal of Combinatorics   26 巻 ( 3 ) 頁: P3.7   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. A discrete surface theory 査読有り

    Motoko Kotani, Hisashi Naito, Toshiaki Omori

    Computer Aided Geometric Design   58 巻   頁: 24-54   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cagd.2017.09.002

  7. Construction of negatively curved cubic carbon crystals via standard realizations 招待有り 査読有り

    Hisashi Naito

    Springer Proceedings in Mathematics and Statistics   166 巻   頁: 83-100   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-4-431-56104-0_5

  8. Numerical studies of the optimization of the first eigenvalue of the heat diffusion in inhomogenoues media 査読有り

    Kaname Matsue, Hisashi Naito

    Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics   32 巻 ( 2 ) 頁: 489-512   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13160-015-0177-5

  9. 化学と幾何学〜離散幾何学と炭素構造 招待有り

    内藤久資

    数理科学   624 巻   頁: 42-47   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 42-47

  10. Optimization of the first eigenvalues of the heat diffusion in inhomogeneous media: Global well-posedness of the viscous approximation problems 査読有り

    RIMS Kokyuroku Bessatsu   B54 巻   頁: 025-048   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. 結晶格子の標準実現と炭素結晶 招待有り

    内藤久資

    応用数理学会2014年年会アブストラクト     頁: 2014-04-1   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 2014-04-1

  12. Negatively curved cubic carbon crystals with octahedral symmetry 査読有り

    Makoto Tagami, Yunye Liang, Hisashi Naito, Yoshiyuki Kawazoe, Motoko Kotani

    Carbon   76 巻   頁: 266-274   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.carbon.2014.04.077

  13. Geometric measures of finite carbon nanotube molecules: A proposal for length index and filling indexes 招待有り 査読有り

    Taisuke Matsuno, Hisashi Naito, Shunpei Hitotsugi, Sota Sato, Motoko Kotani, Hiroyuki Isobe

    Pure and Applied Chemistry   86 巻 ( 4 ) 頁: 489-495   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1515/pac-2014-5006

  14. Conformal change of Riemannian metrics and biharmonic maps 査読有り

    Hisashi NAITO, Hajime URAKAWA

    Indiana University Mathematics Journal   63 巻 ( 6 ) 頁: 1631-1657   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1512/iumj.2014.63.5424

  15. 二値の熱伝導率を持つ領域の第一固有値に対する最適配置 招待有り 査読有り

    松江要, 内藤久資

    応用数理   23 巻 ( 4 ) 頁: 10-15   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10-15

  16. 大学における生涯IDのための名寄せ手法 査読有り

    太田芳博、梶田将司、田島嘉則、田島尚徳、平野靖、内藤久資、間瀬健二

    情報処理学会論文誌   51 巻 ( 3 ) 頁: 965-973   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. New Metallic Carbon Crystal 査読有り

    Masahiro Itoh, Motoko Kotani, Hisashi Naito, Toshikazu Sunada, Yoshiyuki Kawazoe, Tadafumi Adschiri

    Physical Review Letters   102 巻   頁: 055703   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.102.055703

  18. 高等教育機関における生涯IDによる人生ワイドな情報サービスの検討

    梶田将司・太田芳博・田島嘉則・田島尚徳・平野 靖・内藤久資・間瀬健二

    電子情報通信学会技術報告   108 巻 ( 409 ) 頁: 83-88   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  19. Visualization of Standard Realized Crystal Lattices 査読有り

    Hisashi NAITO

    Comtemporary Mathematics   484 巻   頁: 153-164   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1090/conm/484/09472

  20. 統合サーバの構築と運用 査読有り

    内藤久資, 山口由紀子

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   7 巻 ( 2 ) 頁: 168-184   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  21. 名古屋大学の全学認証基盤について. 招待有り

    内藤 久資

    情報システム環境研究   11 巻   頁: 12-46   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  22. IC カード職員証・学生証の導入 査読有り

    内藤久資, 久保仁, 平野靖, 葛生和人

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   7 巻 ( 2 ) 頁: 146-156   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  23. 全学メールサービスの概要 査読有り

    内藤久資, 山口由紀子

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   7 巻 ( 2 ) 頁: 157-167   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  24. 名古屋大学における統合サーバの構築と運用

    内藤久資, 山口由紀子, 梶田将司, 平野靖, 間瀬健二

    電子情報通信学会技術報告   108 巻 ( 24 ) 頁: 47-52   2008年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  25. ICカード職員証および学生証の発行と氏名表記問題について

    久保仁、内藤久資

    情報処理学会研究グループ報告   ( 45 ) 頁: 13-18   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  26. 生涯利用可能な名古屋大学IDの新規発行における名寄せ方法に関する検討

    太田芳博, 梶田将司, 田島嘉則, 田島尚徳, 平野靖, 内藤久資. 間瀬健二

    電子情報通信学会技術報告   108 巻 ( 24 ) 頁: 109-114   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  27. 生涯利用可能な名古屋大学IDの導入に伴う名寄せ問題とその解決法

    梶田将司,太田芳博,田島嘉則,田島尚徳,平野 靖,内藤久資,間瀬健二

    情報処理学会研究報告(2008-DSM-48)   2008 巻 ( 23 ) 頁: 73-78   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  28. UPKI イニシアチブ「サーバ証明書発行・導入における啓発・評価研究プロジェクト」と名古屋大学における事例

    平野靖、内藤久資

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   6 巻 ( 4 ) 頁: 379-390   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  29. 名古屋大学における CAS^2 を核としたアイデンティティマネジメントの現状と課題 査読有り

    内藤久資、梶田将司、平野靖、間瀬健二

    インターネットコンファレンス 2007 論文集     頁: 31-40   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  30. 名古屋大学ポータルによる情報サービスの統合と課題 査読有り

    梶田将司, 内藤久資, 平野靖, 瀬川午直, 小尻智子, 間瀬健二

    電子情報通信学会技術報告   107 巻 ( 151 ) 頁: 1-6   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  31. Multiple-tiered Security Hierarchy for Web Applications Using Central Authentication and Authorization Service 査読有り

    Hisashi Naito, Shoji Kajita, Yasushi Hirano, Kenji Mase

    Proceedings of Middleware Workshop on IEEE International Symposium on Applications and the Internet (SAINTW 2007)     頁: 7   2007年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. 大学における統一認証基盤としてのCASとその拡張 査読有り

    内藤久資、梶田将司、小尻智子、平野靖、間瀬健二

    情報処理学会論文誌   47 巻 ( 4 ) 頁: 1127-1135   2006年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論文は、ウェブアプリケーションに対する統一的な認証および権限管理機構を提供するシステムの研究をまとめたものであり、この研究をもとに開発されたソフトウェアは、現在名古屋大学で広く用いられている名。
    この研究は、情報連携基盤センター間瀬研究室との共同研究である。

  33. 結晶格子の標準実現とその物質科学への応用 招待有り

    内藤久資

    結晶の界面・転位・構造の先進解析, マス・フォア・インダストリ研究   15 巻   頁: 37-65   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  34. 名古屋大学のユーザ認証基盤の現状 招待有り

    平野靖、内藤久資、梶田将司、小尻智子、間瀬健二

    平成18年度国立情報学研究所オープンハウスシンポジウムー最先端学術情報基盤(CSI)の構築に向けて     頁: 41-45   2006年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  35. Mac OS X -コマンドラインシステム管理入門- 招待有り

    内藤久資

    九州大学情報基盤センター広報(学内版)   6 巻 ( 1 ) 頁: 11-32   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  36. Mac OS X -コマンドラインシステム管理入門- 招待有り

    内藤久資

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   5 巻 ( 1 ) 頁: 16-38   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  37. CAS によるセキュアな全学認証基盤の構築

    梶田将司、内藤久資、小尻智子、平野靖、間瀬健二

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   4 巻   頁: 179-187   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  38. Central Authentication and Authorization Service -Web Application のための新しい認証システムの試み- 招待有り

    内藤久資、梶田将司

    京都大学数理解析研究所講究録   1446 巻   頁: 14-39   2005年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  39. Mac OS X -続MacOS Xの進化論- 招待有り

    内藤久資

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   4 巻   頁: 211-236   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  40. Mac OS X -続MacOS Xの進化論- 招待有り

    内藤久資

    九州大学情報基盤センター広報(学内版)   5 巻   頁: 117-140   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  41. ネットワークのセキュリティとリテラシ 招待有り

    内藤久資

    名古屋大学理学部技術報告   15 巻   頁: 60-64   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  42. CASによるセキュアな全学認証基盤の構築 査読有り

    梶田将司、内藤久資、小尻智子、平野靖、間瀬健二

    情報処理学会DSM研究会研究会報告   2005 巻 ( 39 ) 頁: 35-40   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  43. CASによるセキュアな全学認証基盤による名古屋大学ポータルの運用

    梶田将司、内藤久資、小尻智子、平野靖、間瀬健二

    第3回WebCTコンファレンス予稿集     頁: 115-200   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  44. Mac OS X -MacOS X Serverのススメ- 招待有り

    内藤久資

    九州大学情報基盤センター広報(学内版)   5 巻 ( 2 ) 頁: 72-99   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  45. Mac OS X -MacOS X Serverのススメ- 招待有り

    内藤久資

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   3 巻   頁: 290-317   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  46. Mac OS X -MacOS X のネットワーク- 招待有り

    内藤久資

    九州大学情報基盤センター広報(学内版)   5 巻   頁: 7-46   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  47. Mac OS X -MacOS X のネットワーク- 招待有り

    内藤久資

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   3 巻   頁: 105-149   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  48. Mac OS X -MacOS X の進化論- 招待有り

    内藤久資

    九州大学情報基盤センター広報(学内版)   4 巻   頁: 155-176   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  49. Mac OS X -MacOS X の進化論- 招待有り

    内藤久資

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   3 巻   頁: 9-34   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  50. Mac OS X -あなたのMacは元気ですか?- 招待有り

    内藤久資

    九州大学情報基盤センター広報(学内版)   4 巻   頁: 93-122   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  51. Mac OS X -あなたのMacは元気ですか?- 招待有り

    内藤久資

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   2 巻   頁: 320-353   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  52. Mac OS X -先進的で直観的なオペレーティングシステム- 招待有り

    内藤久資

    九州大学情報基盤センター広報(学内版)   4 巻   頁: 9-47   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  53. Mac OS X -先進的で直観的なオペレーティングシステム- 招待有り

    内藤久資

    名古屋大学情報連携基盤センターニュース   2 巻   頁: 201-245   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  54. 常微分方程式と線形代数

    内藤久資

    数学セミナー   43 巻   2004年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  55. 書評:ユルゲン・ヨスト:ポストモダン解析学

    内藤久資

    数学   54 巻   頁: 314-317   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  56. Eigenvalues of the Laplacian on the Goldberg-Coxeter constructions for 3-and 4-valent graphs

    Omori Toshiaki, Naito Hisashi, Tate Tatsuya

    ELECTRONIC JOURNAL OF COMBINATORICS   26 巻 ( 3 ) 頁: .   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  57. A discrete surface theory

    Kotani M., Naito H., Omori T.

    COMPUTER AIDED GEOMETRIC DESIGN   58 巻   頁: 24-54   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cagd.2017.09.002

    Web of Science

  58. 高次元におけるYang-Mills heat flowの解の爆発について

    内藤久資

    京都大学数理解析研究所講究録   1117 巻   頁: 36-43   1999年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  59. 4次元多様体上のYang-Mills heat flowの小さな初期値を持つ解について

    内藤久資

    京都大学数理解析研究所講究録   1076 巻   頁: 57-64   1999年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  60. A Yang-Mills-Higgs gradient flow on R3 blowing up at infinity 査読有り

    Hisashi Naito, Hideo Kozono, Yoshiaki Maeda

    Proceedings of Japan Acardemy, Serise A   74 巻   頁: 71-73   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. On the Yang-Mills heat flow

      951 巻   頁: 12-20   1996年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  62. Global solution for the Yang-Mills gradient flow on 4-manifolds 査読有り

    Hideo Kozono, Hisashi Naito, Yoshiaki Maeda

    Nagoya Mathematical Journal   139 巻   頁: 93-128   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Finite time blowing-up for the Yang-Mills gradient flow in higher dimensions 査読有り

    Hisashi Naito

    Hokkaido Mathematical Journal   23 巻   頁: 451-464   1994年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. On a local H(]E88D8[)lder continuity for a minimizer of the exponential energy functional 査読有り

    Nagoya Journal of Mathematics   129 巻   頁: 97-113   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. On the Yang-Mills heat flow 招待有り 査読有り

    Geometry and Global Analysis, Report of the First MSJ International Research Institute, July 12-23, 1993,Tohoku University, Sendai JAPAN, (T.Kotake et al. eds.)     頁: 319-326   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  66. Recent development of the evolution of harmonic Maps 招待有り 査読有り

    Geometry and its Applications     頁: 175-193   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Exponential harmonic functionのregularityについて

    京都大学数理解析研究所講究録   780 巻   頁: 165-167   1992年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  68. On a local regularity result for a minimizer of a functional with exponential growth

      770 巻   頁: 140-147   1991年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  69. A stable manifold theorem for quasi-linear parabolic equations and geometric variational problems 招待有り 査読有り

    Hisashi Naito

    Lecture Notes in Numerical Applied Analysis   11 巻   頁: 95-114   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. On a stable manifold theorem for the harmonic map flow

      738 巻   頁: 48-52   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  71. AMS-Tex入門

    藤田博司、内藤久資、米澤佳己

    名古屋大学大型計算機センターニュース   22 巻   頁: 18-57   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  72. A stable manifold theorem for the Yang-Mills gradient flow 査読有り

    Hisashi Naito, Hideo Kozono, Yoshiaki Maeda

    Tohoku Mathematical Journal   42 巻 ( 1 ) 頁: 45-66   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. 調和写像の流れの方程式について

    内藤久資

    数学若手の会会報   45 巻   頁: 17-25   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  74. On the holomorphicity of pluriharmonic maps 査読有り

    Hisashi NAITO

    Geometry of Manifolds     頁: 419-425   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Asymptotic behavior of solutions to Eell-Sampson equations near stable harmonic maps 査読有り

    Hisashi NAITO

    Mathematiscae Zeitschrift   202 巻   頁: 383-389   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Asymptotic behavior of Yang-Mills flow 査読有り

    Hisashi Naito, Hideo Kozono, Yoshiaki Maeda

    Lecture Notes in Mathematics   1410 巻   頁: 272-285   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. A stable manifold theorem for the gradient flow of geometric variational problems associaled with quasi-linear pavabolic equations 査読有り

    Compositio Mathematica   68 巻   頁: 221-239   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. 調和写像とEells-Sampsonの方程式

    内藤久資

    第9回発展方程式若手セミナー報告集     頁: 88-92   1988年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  79. Asmptotic behavior of solutions to Eells-Sampson equation

      626 巻   頁: 96-114   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  80. 調和写像とその安定性について

    内藤久資

    数学若手の会会報   40 巻   頁: 130-137   1987年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

講演・口頭発表等 79

  1. Carbon structures and Geometry of Trivalent Discrete Surfaces 招待有り 国際会議

    Hisashi Naito

    International Conference on Discrete Geometric Analysis for Materials Design  2021年9月26日  Scientific Research on Innovative Areas, Discrete Geometric Analysis for Materials Design

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Online   国名:日本国  

  2. Topological Crystallography 招待有り

    2021年5月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  3. Carbon structures and a discrete surface theory 招待有り 国際会議

    Hisashi Naito

    Mathematical Sciences of Visualization and Deeping of Symmetry and Moduli  2021年3月26日  OCAMI, Osaka City University

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Online (Osaka City University)   国名:日本国  

  4. 周期孔を有する窒素ドープ型ナノチューブ分子

    梁承民,池本晃喜,内藤久資,小谷元子,佐藤宗太,磯部寛之

    日本化学会第101春季年会  2021年3月20日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. 3分岐離散曲面と炭素構造 招待有り

    内藤久資

    日本数学会2021年度年会(幾何学分科会)  2021年3月15日  日本数学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 離散曲面論とその材料科学への応用 招待有り

    内藤久資

    日本物理学会第76回年次大会  2021年3月14日  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. 次世代物質探索のための離散幾何学 招待有り

    内藤久資

    第14回凝縮系科学領域横断研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 周期孔を有する窒素ドープ型ナノチューブ分子

    梁承民,池本晃喜,内藤久資,小谷元子,佐藤宗太,磯部寛之

    第10回CSJ化学フェスタ2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. 離散曲面論とその材料科学への応用 招待有り

    内藤久資,小谷元子

    次世代物質・材料探索のための新たなアプローチ, 化学工学会第51回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  10. Eigenvalues of the Laplacian on the Goldberg-Coxeter constructions for 3- and 4-valente graphs 国際会議

    Toshiaki OMORI, Hisashi NAITO, and Tatsuya TATE

    Mathematical Materials Sciences, MRM 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Yokohama   国名:日本国  

  11. Carbon structures and a discrete surface theory 招待有り 国際会議

    Hisashi NAITO, Toshiaki OMORI, Chen TAO and Motoko KOTANI

    Mathematical Materials Sciences, MRM 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Yokohama   国名:日本国  

  12. 離散幾何解析 -- 離散曲面論と材料科学への応用 -- 招待有り

    内藤久資

    大阪市立大学数学研究所連続講義 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪市立大学数学研究所   国名:日本国  

  13. 結晶格子の標準実現とその物質科学への応用 招待有り

    内藤久資

    結晶の界面,転位,構造の先進数理解析 (九州大学 IMI 研究集会), 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:九州大学   国名:日本国  

  14. Crystal Structure and a Discrete Surface Theory 招待有り 国際会議

    Hisashi Naito

    International symposium of Polymers and networks via topology and entanglement 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Ochanomizu Univ. JAPAN   国名:日本国  

  15. 三分岐離散曲面の曲率と細分

    内藤 久資

    新学術領域「次世代物質探索のための離散幾何学」研究成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  16. Crystal Structure and a Discrete Surface Theory 国際会議

    Hisashi Naito

    Geometric shape generation: integrability, variational analysis and applications, ICIAM 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Valencia, Valencia, Spain   国名:スペイン  

  17. Discrete geometric analysis -- crystal structure, a discrete surface theory and its applications to physics and chemistry -- 招待有り 国際会議

    Hisashi NAITO

    Hisashi NAITO 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Korea University, Seoul, Korea   国名:大韓民国  

  18. Analysus of phase transitions using minimal surfaces 招待有り

    内藤久資

    次世代物質探索のための離散幾何学・領域会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋保温泉,仙台   国名:日本国  

  19. 炭素構造・結晶格子・離散曲面

    内藤久資

    物質と幾何セミナー(名古屋大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  20. ナノ極小曲面論による相分離過程の大域解析

    内藤久資

    次世代物質探索のための離散幾何学・班会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  21. Analysis of phase transitions using minimal surfaces 招待有り

    Hisashi NAITO

    Discrete Geometric Analysis for Materials Design 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:AIMR, Tohoku Unik. JAPAN   国名:日本国  

  22. 三分岐離散調和曲面の収束 招待有り

    内藤久資

    多様体上の微分方程式  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:金沢大学サテライトプラザ   国名:日本国  

  23. 炭素構造と離散幾何解析

    内藤久資

    幾何学を指標とする化学構造と機能物性 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  24. Carbon structures and trivalent discrete surfaces 招待有り 国際会議

    Hisashi Naito

    A3 Foresight Program Modeling and Simulation of Hierarchical and Heterogeneous Flow System with Applications to Materials Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tohoku University   国名:日本国  

  25. Carbon structures and trivalent discrete surfaces 招待有り 国際会議

    Hisashi Naito

    Geometry and Materials Sciences (GEMS 2016) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Okinawa Institute of Sciences and Techonologies   国名:日本国  

  26. 三分岐離散曲面の曲率と細分

    内藤久資

    東京工業大学幾何学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京工業大学   国名:日本国  

  27. 離散幾何解析と結晶構造

    内藤久資

    熊本大学幾何学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  28. Discrete geometric analysis and fullerene structures 国際会議

    Hisashi NAITO

    The A3 mini-workshop on soft mater 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  29. 幾何学の応用を考えるー離散幾何学から結晶構造へー

    内藤久資

    名古屋大学数学教育セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  30. 幾何学者は化学の夢を見るか?

    内藤久資

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:九州大学数理学研究院   国名:日本国  

  31. Numerical studies of the optimization of the first eigenvalue for the heat diffusion in inhomogeneous media 国際会議

    Kaname Matsue, Hisashi Naito

    AIMR International Symposium 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. 結晶格子の標準実現と炭素結晶

    内藤久資

    応用数理学会、数学協働プログラム:数理科学の物質・材料科学への応用 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:政策研究大学院大学、東京   国名:日本国  

  33. Negatively curved carbon crystal 国際会議

    Hisashi Naito

    Mathematical Challenge to New Phase of Material Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  34. Negatively curved carbon networks 国際会議

    Hisashi Naito

    Pattern Formation -Mathematics & Materials- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:オーストラリア連邦  

  35. Negatively curved carbon crystals with 8-fold symmetry

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. 冗長多関節手術ロボットの制御手法

    馬場祐太朗, 加藤大香士, 内藤久資, 社本英二, 林衆治

    SICE関西支部・ISCIE若手研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪工業大学   国名:日本国  

  37. Mackay like crystals with 8-fold symmetry -a joint building block of a CNT jungle gym-

    Makoto Tagami, Y. Y. Liang, Hisashi Naito, Yoshiyuki Kawazoe and Motoko Kotani

    The 8th General Meeting of ACCMS-VO (Asian Consortiumn on Computational Materials Science - Virttual Organization) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. 非等質媒質に対するラプラシアンの第一固有値に関する形状最適化

    内藤久資

    研究集会:スペクトル幾何学とその周辺 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)   国名:日本国  

  39. Optimal Shape of Inhomogeneous Media for the First Eigenvalue of Heat Diffusion

    Kaname Matsue, Hisashi Naito, Motoko Kotani

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. 結晶格子の数理

    内藤久資

    名古屋大学数学教育セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  41. 数学で結晶格子を探そう

    名古屋大学第20回理学懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  42. CAS・Shibboleth による学内シングルサインオンと ID フェデレーションの連携統合

    梶田将司・平野 靖・内藤久資・間瀬健二

    電子情報通信学会2010年総合大会、(東北大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. CASによるシングルサインオン

    内藤久資

    クラウド時代の学術シングルサインオン---高品質足回りネットワークの確保と課題--- (JGN2Plus 四国連絡協議会セミナーin徳島) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  44. 結晶格子の標準実現と新しい炭素結晶

    内藤久資

    名古屋大学多元数理科学研究科談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    結晶格子の標準実現とは, 自然界に存在する結晶格子を幾何学的視点に基づいて再構成したものであり, 与えられた有限グラフの Abel 被覆として得られる無限グラフの中でエネルギー最小のものとして定義される (Kotani-Sunada). この定義を用いて, 4 点からなる完全グラフ (K4 グラフ) から, 数学的に良い性質を持つ結晶格子 (K4 結晶格子) が構成された (Sunada).
    一方, 近年では第一原理計算と呼ばれる, 量子力学に基づく大規模数値計算により, 種々の物質の物性値を数値的に計算し予測することが可能となっている. この第一原理計算に

  45. 結晶格子の視覚化と炭素結晶

    内藤久資

    第10回応用数学連携フォーラム兼東北大学CRESTセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    本講演では, Kotani-Sunada による結晶格子の標準実現を3Dコンピュータグラッフィクスを用いて視覚化する手法を紹介する. また, 結晶格子の標準実現の中でも K4 結晶格子と呼ばれる数学的に良い性質を持つものついて, 第一原理計算による数値計算の結果にも言及する.

  46. 結晶格子の視覚化

    研究集会「多様体上の微分方程式」(富山) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. 新しい炭素結晶

    伊藤正寛小谷元子内藤久資砂田利一川添良幸阿尻雅文

    ナノ学会第7回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. 高等教育機関における生涯IDによる人生ワイドな情報サービスの検討

    梶田将司・太田芳博・田島嘉則・田島尚徳・平野 靖・内藤久資・間瀬健二

    電子通信学会インターネットアーキテクチャ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    名古屋大学IDは,名古屋大学における情報サービスの利用において「生涯利
    用可能なユーザID」である.しかしながら,名古屋大学IDを「一人あたり生
    涯一つのID」とするためには,新規発行時に重複発行しないように適切に
    「名寄せ」されなければならない.本報告では,これまでの「名寄せ」に関
    する取り組みをまとめて述べる.

  49. 生涯利用可能な名古屋大学IDの導入に伴う名寄せ問題とその解決法

    梶田 将司, 太田 芳博, 田島 嘉則, 田島 尚徳, 平野 靖, 内藤 久資, 間瀬 健二

    情報教育研究集会2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. 結晶格子の視覚化

    東京理科大学理工学部数学教室談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  51. 結晶格子の視覚化

    数学ソフトウェアとフリードキュメント VII 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  52. ICカード職員証および学生証の発行と氏名表記問題について

    久保仁、内藤久資

    情報処理学会第8回CMS研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. 名古屋大学におけるアイデンティティ管理– 生涯IDとしての名古屋大学ID –

    第23回インターネット技術第163委員会研究会 (ITRC -meet23-) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  54. 生涯利用可能な名古屋大学IDの新規発行における名寄せ方法に関する検討

    太田芳博・梶田将司・田島嘉則・田島尚徳・平野 靖・内藤久資・間瀬健二

    情報処理学会第1回IOT研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. 名古屋大学における統合サーバの構築と運用

    内藤久資・山口由紀子・梶田将司・平野 靖・間瀬健二

    情報処理学会第1回IOT研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. 生涯利用可能な名古屋大学IDの導入に伴う名寄せ問題とその解決法

    梶田将司,太田芳博,田島嘉則,田島尚徳,平野 靖,内藤久資,間瀬健二

    情報処理学会第48回分散システム/インターネット運用技術・第26回高品質インターネット合同研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. 生涯利用可能な名古屋大学IDの導入に伴う名寄せ問題とその解決法

    梶田将司,太田芳博,田島嘉則,田島尚徳,平野 靖,内藤久資,間瀬健二

    情報処理学会第48回分散システム/インターネット運用技術・第26回高品質インターネット合同研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. 名古屋大学のユーザ認証基盤

    平野靖、梶田将司、内藤久資、間瀬健二

    統合認証シンポジウム(佐賀大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  59. 名古屋大学全学認証基盤について

    内藤久資、梶田将司、平野靖、間瀬健二

    国公立大学センター情報システム研究会 (IS) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  60. 名古屋大学における CAS^2 を核としたアンデンティティマネジメントの現状と課題

    内藤久資、梶田将司、平野靖、間瀬健二

    インターネットコンファレンス2007 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  61. UPKI サーバ証明書発行プロジェクト - 名古屋大学の例 -

    第4回東海地区CSI事業報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  62. ネットワーク社会における電子証明書の重要性

    2007年名古屋大学技術職員研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  63. 名古屋大学ポータルによる情報サービスの統合と課題

    梶田将司、内藤久資、平野靖、瀬川午直、小尻智子、間瀬健二

    電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. CAS2 を利用した Single Sign On と権限管理

    藤 久資、梶田 将司、平野 靖、間瀬 健二

    第21回インターネット技術第163委員会研究会 -ITRC meet21-CIS-INI 合同分科会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  65. CAS^2 を利用した SSO と Authorization 環境

    京都大学学術メディアセンターセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  66. Multiple-tiered Security Hierarchy for Web Applications Using Central Authentication and Authorization Service 国際会議

    Middleware Workshop on IEEE International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2007), Hiroshima 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. Web Application のための Single Sign On と Authorization 環境 -- Central Authentication and Authorization Service --

    第1回東海地区 CSI 事業報告会「大学における電子認証基盤」 大学の目指すべき電子認証基盤とは 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  68. 名古屋大学の電子認証基盤の現状紹介

    平野靖、梶田将司、内藤久資、小尻智子、間瀬健二

    平成18年度国立情報学研究所オープンハウスシンポジウム-最先端学術情報基盤(CSI)の構築に向けて- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  69. CASによる統一認証基盤

    科研費基盤研究A「地域学術コンソーシアムにおけるe-Learning地域ハブに関する研究」成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. Single Sign On and Authorization Infrastructure using CAS^2 国際会議

    Middleware Session, APAN (Asia-Pacific Advanced Network) 21st Meeting (Akihabara, Tokyo) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  71. 名古屋大学の電子認証基盤の現状紹介

    平野靖、梶田将司、内藤久資、小尻智子、間瀬健二

    2005年度第2回 Scientific System 研究会システム技術分科会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  72. CASを利用したSingle Sign On環境の構築

    国立情報学研究所認証研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  73. CASを利用したSingle Sign On環境の構築

    国立情報学研究所認証作業部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  74. CAS as an Institution-wide Authentication and Authorization Infrastructure 国際会議

    10th Semiannual JA-SIG Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  75. CASによるセキュアな全学認証基盤の構築

    梶田将司、内藤久資、小尻智子、平野靖、間瀬健二

    第3回WebCTユーザカンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. CASによるセキュアな全学認証基盤の構築

    梶田将司、内藤久資、小尻智子、平野靖、間瀬健二

    第37回情報処理学会分散システム/インターネット運用技術研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  77. Central Authentication System-Web Application のための新しい認証システムの試み-

    京都大学数理解析研究所電子情報交換に関する最近の話題 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. 新教務システムの概要について

    名古屋大学情報セキュリティ講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  79. ネットワークのセキュリティとリテラシ

    第19回理学部技術研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 13

  1. ナノ極小曲面論による相分離過程の大域解析

    2017年6月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 次世代材料探索のための離散幾何解析推進

    2017年7月 - 2022年3月

    科学研究費補助金 

    小谷元子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. 幾何学的変分問題と離散幾何学の数値解析を援用した研究

    2014年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 離散幾何解析学の進展

    2015年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    砂田利一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. 幾何学的変分問題とその幾何学的視覚化の研究

    2010年11月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C) 課題番号 22540075

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 幾何学的変分問題に関連する非線形偏微分方程式

    2004年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C),課題番号:16540188

    内藤久資

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 仮想コンピューティング実験室によるクラウド型専門教育実習環境とその応用

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B) 課題番号 10002588

    梶田将司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 数値計算とコンピュータグラフィックスを援用した離散幾何解析の研究

    研究課題/研究課題番号:19K03488  2019年4月 - 2024年3月

    内藤 久資

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究では, 数値計算およびコンピュータグラフィックスを利用して, 離散幾何解析の研究を行う. 特に, 離散幾何解析の中でも, 三分岐離散曲面の解析に重点をおく.
    本研究では, 三分岐離散曲面の「細分」を適切に定義し, その収束理論を展開する. 応募者がこれまで に行ってきた研究では, 三分岐離散曲面に対する曲率の定義を行い, Mackay 型結晶(Schwarz P 曲面 の「離散化」と考えられる三分岐曲面)の細分を考察した. そこで, より一般の三分岐離散曲面を対象 として, 収束理論を展開して, そこであらわれる特異点と材料科学的な性質との関連を明らかにしたい.
    グラフのラプラシアンの固有値は,グラフの解析において重要な役割を果たしている.また,材料科学においては,種々の対象を表すためにグラフが用いられている. 我々は3分岐および4分岐グラフに対して定義することができるゴールドバーグ・コクセター構成によるグラフの細分に対して,そのラプラシアンの固有値がどのように変化するかを解析した.
    3分岐または4分岐グラフのゴールドバーグ・コクセター細分列の固有値は,その小さな固有値と大きな固有値は,細分列の添字 n に対して n^2 のオーダーで,許容される最小値及び最大値に収束することを証明した. この研究は,楯氏(東北大学)および大森氏(当時東京理科大学)との共同研究である.
    近年,欠陥を持つフラーレン・窒素などをドービングしたフラーレンに関する研究が活発になされているが,これに関して,磯部研究室(東京大学)が合成した窒素ドーピングされた欠陥をもつカーボンナノチューブに関して,その欠陥位置及び炭素以外の原子位置を幾何学的に一意に指定する方法を提案した.これは,フラーレン分子中で特徴的な構造を一意的に指定する方法であるため,多くの提案がなされている欠陥やドープド原子をもつフラーレン分子を区別するために有用な方法である.
    これ以外の現在実施中の研究では,3分岐および4分岐グラフの実現と領域のラプラシアンの固有値の近似について中間的な成果が得られているが,研究発表前であるため,詳細を記載するのは避ける.
    グラフ固有値は,離散幾何解析において重要な役割を果たしているが,従来考えて来られなかった「細分列」を考察し,その固有値の漸近挙動を調べたことは,非常に大きな成果であると考えている.
    種々の3分岐または4分岐グラフに対して,その細分列の極限においての固有値密度分布に関する研究を行う.
    また,グラフを使って表すことができる結晶構造のみならず,幾何解析の手法を用いたアプローチで準結晶構造の幾何学を考察する.

  9. 次世代材料探索のための離散幾何解析推進

    研究課題/研究課題番号:17H06460  2017年6月 - 2022年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    小谷 元子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本領域は、数学と物質・材料科学の連携により、「次世代物質探索のための離散幾何解析学」を創成することを目指すものである。
    原子・分子のようなミクロ構造やナノ粒子などのメゾ構造(これらを階層的ネットワークと理解)と、物質・材料のマクロな性質つまり物性・機能の関係を幾何学的に記述し解析することで、物質のミクロ・メゾ構造とマクロな物性・機能の関係を解明し(順問題)、求められる物性・機能を持つミクロ・メゾ構造の予見(逆問題)、更に構造を生成する動的構造形成の制御(最適化・制御)を行うことを目指し数理モデルの構築、シミュレーションと理論による検証を踏まえた最適構造の提案とそれに基づく物質合成を計画している。
    総括班は、このような異分野融合研究を効率よく行うための議論の場の提供、チュートリアル的な勉強会の企画・運営、領域全体に資する国際研究集会の運営、成果発信のためのニュースレターの発行などを行った。また、研究班でカバーできない研究課題を分析し、新手法の提案・提起に柔軟に対応するため公募計画を策定し、領域会議において計画研究、および公募研究の間の情報交換と議論を行った。異なる分野、班の間をつなぐためのインターフェースとなる若手研究者を配置した。彼らは領域内の項目間の融合を促進するための勉強会やワークショップの企画、ニュースレターの作成を行うとともに、彼ら自身も連携研究を行い、論文および国際研究集会等において成果を発表した。
    公募研究をより有効に連結させ相乗効果を上げるために、チームを超えた連携研究を奨励するための連携研究支援を行い論文として発表することができた。
    領域代表者は特に本領域研究に関していくつかの重要な国際会議でプレナリー講演やサーベイ講演を行い、領域の確立に向けて情報発信を積極的に行った。
    本領域は、数学、理論・計算、物質・材料科学実験、情報・データ科学の研究者による高度に異分野の集結した挑戦的な研究を行っている。従来の研究手法を超え、次世代の材料探索の新手法を開発するとともに、物質の機能・構造・プロセスの相関に関する深い理解、およびそれに刺激を受けた数学の新展開を目指している。このことは言葉や理解の壁を取り払うことで初めて進むものであるが、総括班ではこれを実現するための様々な仕掛けを行った。特に総括班に配置された若手のインターフェース研究者は、項目や班を超えた勉強会やワークショップを企画することで領域内の連携を活性化すると同時に、領域内で行われている研究を全般的に理解した結果、彼ら自身も研究を進め発表することができた。連携促進のための奨励費や共通機器・ソフトウェアの提供も有益であった。
    これまでに構築した異分野融合のための仕組みを更に推進し、領域間の活発なインタラクションを形成する。そのために領域会議(非公開)、研究発表会(公開)、国際研究集会を開催する。若手研究者を戦略的国際パートナー機関や、研究集会に積極的に派遣し、情報収集と情報発信に努める。効果のあった連携促進支援のための奨励費を継続し、また項目ごとの勉強会やチュートリアル(公開)を行う。特に、これまで各チームで進めてきた研究成果を多重的に組み合わせることで、新展開ができると期待しており、そのための議論の場を提供する。

  10. ナノ極小曲面論による相分離過程の大域解析

    研究課題/研究課題番号:17H06466  2017年6月 - 2022年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    内藤 久資

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:52130000円 ( 直接経費:40100000円 、 間接経費:12030000円 )

    三分岐離散曲面の細分列の収束についての研究を行った. この研究では,すでに定義した負曲率三分岐離散曲面の抽象的な細分の実現方法として,従来とは異なる方法を用いた. その結果として,細分列が連続曲面にC0収束(ハウスドルフ収束)することを示すことができた. また,必ずしも「曲面」に見えないような三分岐離散曲面に対しても,細分列を定義した.
    一方,multi-phase Allen-Cahn 方程式の安定な数値計算の手法を考察し,適切な条件の下での安定な数値計算ができることを確認した. この方法を用いて分岐曲面を解とするプラトー問題の数値解析の研究を継続している.
    当初の計画通り,三分岐離散曲面の収束理論に対してある程度の結果を得ることができた. また,プラトー問題の数値解析に対しても,最終的な結果を得ているわけではないが,順調に進んでいると考える.
    Multi-phase Allen-Cahn 方程式の安定な数値計算方法を用いて,プラトー問題の数値計算を(平面の場合も含めて)実際に計算を行い,解の安定性について,数値的な側面から考察を行う.

  11. 離散幾何解析学の進展

    研究課題/研究課題番号:15H02055  2015年4月 - 2019年3月

    砂田 利一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、数学的結晶理論のトピック、中でも最近の系統的結晶デザインの発展に触発されて、「標準的結晶モデル」、「タイト枠」、「グラスマン多様体の有理点」、「2次の不定方程式系」の間の興味深い関係について探求した。核となる対象は、結晶的タイト枠であり、これはルート系の一般化である。さらに、最近発展しつつあるtropical geometryとの関連を調べ、結晶の標準モデルがアーベル・ヤコビの写像の離散類似として説明されることを見出した。 これに加えて、準結晶の理論にも踏み込み、一般化されたリーマン和を定式化することにより算術的に定義されたいくつかおの離散集合は準結晶となっていることを確かめた。
    本研究は、物質科学に密接に関連しており、特に結晶と準結晶の数学的理論を通して、結晶デザインの系統的方法を与えることにより、現実の社会に貢献している。

  12. 離散曲面論の構築による物質の機能ー構造相関の幾何学的記述

    研究課題/研究課題番号:15K13432  2015年4月 - 2018年3月

    小谷 元子

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    与えられた滑らかな曲面を離散化し、離散的なデータを用いて幾何学的量を計算する研究が最近活発に行われている。本研究では、前提となる滑らかな曲面がない場合、すなわち2次元・3次元空間のなかにグラフが与えられたときに、直接に「曲面」の幾何学量をとりだすための、曲面論の離散版にあたる「離散曲面論」を構築し研究した。特にガウス写像に注目することで面積の変分公式を求めた。これにより、「離散極小曲面」「離散平均曲率一定曲面」を定義した。これらの幾何学量と実際の物質の内的歪みや外的歪みとの相関、スペクトル量と電子状態の相関などを、比較する手法を開発しこれらを論文にまとめた。

  13. 幾何学的変分問題と離散幾何学の数値解析を援用した研究

    研究課題/研究課題番号:26400067  2014年4月 - 2020年3月

    内藤 久資

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3250000円 ( 直接経費:2500000円 、 間接経費:750000円 )

    三分岐離散曲面に関する幾何学の研究を行った. 特に,3次元ユークリッド空間内の三分岐離散曲面に対して,その頂点ごとの曲率を定義した。その中では、カーボン・ナノチューブ、フラーレン、マッカイ結晶などを例としてあげ、 材料科学及び有機化学で「負曲率炭素構造」と呼ばれているマッカイ結晶が、実際に負曲率を持つことを示した。さらに,三分岐離散曲面に対して,複数の種類の細分を定義し, 極小エネルギーによる細分列の場合には,標準実現三分岐離散曲面が連続曲面にハウスドルフ収束することを証明した
    従来の離散曲面論は,連続曲面の離散化として離散曲面を定義していた. この研究では,分子構造・結晶構造をモデルとした,本質的に離散な曲面を対象とし,その幾何学を展開したことに重要な意義がある. しかも,単純に曲率を定義するだけではなく,離散曲面の細分を定義することにより,収束理論への道を開いた. 一般に,分子構造・決s高構造のミクロな解析では離散的なオブジェクトとしてそれらを扱うが,収束理論を通じて,マクロな連続的なオブジェクトを扱うことができる可能性を示した.

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 幾何学Ⅳ

    2020

  2. 計算数学基礎

    2020

  3. 幾何学概論Ⅵ

    2020

  4. 数理解析・計算機数学3

    2010

 

社会貢献活動 5

  1. 河合塾EX特別講座

    2016年8月

     詳細を見る

    講演「数学は何を語るのか」を行った

  2. 2011年度数学アゴラ秋期連続コース

    2011年10月 - 2011年11月

     詳細を見る

    名古屋大学多元数理科学研究科公開講座において、
    3次元コンピュータグラフックスの解説を行った

  3. 2011年度数学アゴラ夏季集中コース

    2011年8月

     詳細を見る

    名古屋大学多元数理科学研究科の公開講座数学アゴラで、
    Google ページラングの回折を行った。

  4. SSHでの講演(彦根東高校)

    2006年12月

     詳細を見る

    滋賀県立彦根東高校SSHでの講演を行った
    内容は「球面の幾何」

  5. NHK文化センター「数学の玉手箱」他講師

    2008年11月 - 2012年11月

     詳細を見る

    2008/11:「インターネットで使われる数学」
    2009/06:「アルゴリズム」
    2009/11:「円周率を計算する」
    2012/06: 「形を作る数学」
    2012/11: 「位取り記数法」