2021/03/24 更新

写真a

キタムラ マサト
北村 雅人
KITAMURA, Masato
所属
大学院創薬科学研究科 基盤創薬学専攻 創薬有機化学 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 農学博士

  2. 農学修士

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 生物有機化学

  2. その他 / その他  / 有機化学

  3. その他 / その他  / 合成化学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 触媒機構の研究

  2. 有用生理活性物貭の合成研究

  3. 不斉触媒反応の研究

経歴 3

  1. 教授

    1998年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 助教授

    1990年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 助手

    1983年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   農学研究科   食品工業化学

    - 1983年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   農学部   食品工業化学

    - 1978年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 有機合成化学協会   有機合成協会東海支部長

    2007年4月 - 2009年3月

  2. 近畿化学協会   評議員

    2007年4月 - 2008年3月

  3. 東海化学工業会   幹事

    2006年4月 - 2007年3月

  4. 日本化学会   常任幹事

    1999年4月 - 2001年3月

  5. アメリカ化学会

  6. 日本薬学会

  7. 日本農芸化学会   代議員

  8. ペプチド学会

▼全件表示

委員歴 6

  1. 日本学術振興会特別推進研究 追跡評価委員   評価委員  

    2013年5月 - 現在   

  2. 有機合成化学協会第一三共・創薬有機科学賞   審査委員  

    2013年5月 - 現在   

  3. ISHHC-16組織委員   組織委員  

    2013年4月 - 現在   

  4. 有機合成化学協会野依賞選考委員   選考委員  

    2013年4月 - 現在   

  5. テトラへドロンレポート編集委員   編集委員  

    2013年4月 - 現在   

  6. 住友財団「基礎科学研究助成事業」選考委員   委員  

    2013年4月 - 現在   

▼全件表示

受賞 2

  1. 有機合成化学協会賞

    2013年2月   公益法人有機合成化学協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本化学会進歩賞

    1989年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 129

  1. Synthesis of the core structure of phalarine

    Douki Kazuya, Shimokawa Jun, Kitamura Masato

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   17 巻 ( 7 ) 頁: 1727-1730   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8ob02320d

    Web of Science

    PubMed

  2. Bisamidine-Cu(I)-catalyzed C-Allylation of 1,3-Dicarbonyl Compounds with Simple Cyclic Alkenes Using Di-tert-butyl Peroxide

    Tanaka Shinji, Ramachandran Gunasekar, Hori Yohei, Kitamura Masato

    CHEMISTRY LETTERS   47 巻 ( 12 ) 頁: 1486-1489   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.180741

    Web of Science

  3. Mechanistic Study of the Ru-Catalyzed Asymmetric Hydrogenation of Nonchelatable and Chelatable tert-Alkyl Ketones Using the Linear Tridentate sp(3)P/sp(3)NH/sp(2)N-Combined Ligand PN(H)N: RuNH- and RuNK-Involved Dual Catalytic Cycle

    Nakane Satoshi, Yamamura Tomoya, Manna Sudipta Kumar, Tanaka Shinji, Kitamura Masato

    ACS CATALYSIS   8 巻 ( 12 ) 頁: 11059-11075   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acscatal.8b02671

    Web of Science

  4. Revisiting the Cu-ll-Catalyzed Asymmetric Friedel-Crafts Reaction of Indole with Trifluoropyruvate

    Thien Phuc Le, Higashita Kazuruki, Tanaka Shinji, Yoshimura Masahiro, Kitamura Masato

    ORGANIC LETTERS   20 巻 ( 22 ) 頁: 7149-7153   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.8b03086

    Web of Science

    PubMed

  5. Donor-Acceptor Bifunctional Catalyst -From DAIB-Zn to Ruthenium/Bronsted Acid Hybrid Catalysts-

    Kitamura Masato

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   76 巻 ( 10 ) 頁: 1114-1117   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  6. Synthesis of fluspidine via asymmetric NaBH4 reduction of silicon enolates of beta-keto esters

    Nakane Satoshi, Yoshinaka Sho, Iwase Shoutaro, Shuto Yoshihiro, Bunse Paul, Wuensch Bernhard, Tanaka Shinji, Kitamura Masato

    TETRAHEDRON   74 巻 ( 38 ) 頁: 5069-5084   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tet.2018.04.005

    Web of Science

  7. Synthetic Study toward Total Synthesis of (±)-Germine: Synthesis of (±)-4-Methylenegermine.

    Stork G, Yamashita A, Hanson RM, Phan L, Phillips E, Dubé D, Bos PH, Clark AJ, Gough M, Greenlee ML, Jiang Y, Jones K, Kitamura M, Leonard J, Liu T, Parsons PJ, Venkatesan AM

      19 巻 ( 19 ) 頁: 5150-5153   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.7b02434

    PubMed

  8. pi-Allyl Donicity Switch in Catalytic Asymmetric Allylation: Usability of a Robust and Feasible Allyl Methyl Ether

    Suzuki Yusuke, Iwase Shoutaro, Hashimoto Kazuki, Tanaka Shinji, Kitamura Masato

    CHEMISTRY LETTERS   46 巻 ( 9 ) 頁: 1308-1310   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.170533

    Web of Science

  9. Synthetic analogs of a protozoan glycolipid designed to combat intracellular Leishmania infection 査読有り

    S. L. Choy, H. Bernin, T. Aiba, E. Bifeld, S. C. Lender, M. Mühlenpfordt, J. Noll, J. Eick, C. Marggra, H. Niss, N. G. Roldán, S. Tanaka, M. Kitamura, K. Fukase, J. Clos, E. Tannich, Y. Fujimoto, H. Lotter*

    Sci. Rep.   7 巻   頁: 9472   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-09894-8

  10. Synthesis and biological evaluation of chemokine receptor ligands with 2-benzazepine scaffold 査読有り

    S. Thum, A. K. Kokornaczyk, T. Seki, M. D. Maria, N. V. O. Zacarias, H. Vries, C. Weiss, M. Koch, D. Schepmann, M. Kitamura, N. Tschammer, L. H. Heitman, A. Junker, B. Wünsch*

    Eur. J. Med. Chem.   135 巻   頁: 401–413   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Synthesis and biological evaluation of chemokine receptor ligands with 2-benzazepine scaffold

    Thum Simone, Kokornaczyk Artur K., Seki Tomoaki, De Maria Monica, Zacarias Natalia V. Ortiz, de Vries Henk, Weiss Christina, Koch Michael, Schepmann Dirk, Kitamura Masato, Tschammer Nuska, Heitman Laura H., Junker Anna, Wuensch Bernhard

    EUROPEAN JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY   135 巻   頁: 401-413   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejmech.2017.04.046

    Web of Science

    PubMed

  12. Modular Construction of Protected 1,2/1,3-Diols, -Amino Alcohols, and -Diamines via Catalytic Asymmetric Dehydrative Allylation: An Application to Synthesis of Sphingosine 査読有り

    S. Tanaka, R. Gunasekar, T. Tanaka, Y. Iyoda, Y. Suzuki, M. Kitamura

    J. Org. Chem.   82 巻   頁: 9160–9170   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.joc.7b01181

  13. π-Allyl Donicity Switch in Catalytic Asymmetric Allylation: Usability of a Robust and Feasible Allyl Methyl Ether, 査読有り

    Y. Suzuki, S. Iwase, K. Hashimoto, S. Tanaka, M. Kitamura

    Chem. Lett.   46 巻   頁: 1308–1310   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Do GluN2B subunit containing NMDA receptors tolerate a fluorine atom in the phenylalkyl side chain?

    Shuto Yoshihiro, Thum Simone, Temme Louisa, Schepmann Dirk, Kitamura Masato, Wuensch Bernhard

    MEDCHEMCOMM   8 巻 ( 5 ) 頁: 975-981   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c6md00621c

    Web of Science

    PubMed

  15. Do GluN2B subunit containing NMDA receptors tolerate a fluorine atom in the phenylalkyl side chain? 査読有り

    Y. Shuto, S. Thum, L. Temme, D. Schepmann, M. Kitamura, B. Wünsch

    Med. Chem. Commun.,   8 巻   頁: 975–981   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C6MD00621C

  16. Enantio- and Diastereoselective Dehydrative "One-Step" Construction of Spirocarbocycles via a Ru/H+-Catalyzed Tsuji-Trost Approach

    Suzuki Yusuke, Vatmurge Namdev, Tanaka Shinji, Kitamura Masato

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   12 巻 ( 6 ) 頁: 633-637   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201700013

    Web of Science

    PubMed

  17. Enantio- and Diastereoselective Dehydrative ''One-Step'' Construction of Spirocarbocycles via a Ru/H+-Catalyzed Tsuji-Trost Approach 査読有り

    Y. Suzuki, N. Vatmurge, S. Tanaka, M. Kitamura

    Chem. Asian J.   12 巻   頁: 633–637   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Enantioselective Total Synthesis of (+)-Hinckdentine A via a Catalytic Dearomatization Approach 査読有り

    K.Douki, H.Ono, T.Taniguchi, J.Shimokawa, M.Kitamura, T.Fukuyama

    J.Am.Chem.Soc.   138 巻 ( 44 ) 頁: 14578-14581   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.6b10237

  19. Development of a Divergent Synthetic Route to the Erythrina Alkaloids: Asymmetric Syntheses of 8-Oxo-erythrinine, Crystamidine, 8-Oxo-erythraline, and Erythraline 査読有り

    H.Umihara, T.Yoshino, J.Shimokawa, M.Kitamura, T.Fukuyama,

    Angew.Chem.Int.Ed.   55 巻   頁: 6915-6918   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201602650

  20. Development of an axially chiral sp#U3P/sp#U3NH/sp#U2N-combined linear trident ate ligand-fac-selective formation of Ru(II) complexes and application to ketone hydrogenation 査読有り

    T.Yamamura, S.Nakane, Y.Nomura, S.Tanaka, M.Kitamura

    Tetrahedron Lett.   72 巻 ( 26 ) 頁: 3781-3789   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tet.2016.02.007

  21. Intramolecular Tsuji-Trost-type Allylation of Carboxylic Acids: Asymmetric Synthesis of Highly p-Allyl Donative Lactones 査読有り

    Suzuki, Y.; Seki, T.; Tanaka, S.; Kitamura, M.

    J. Am. Chem. Soc.   ( 137 ) 頁: 9539–9542   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Catalytic Dehydrogenative N-((Triisopropylsilyl)oxy)carbonyl (Tsoc) Protection of Amines Using iPr3SiH and CO2 査読有り

    Tanaka, S.; Yamamura, T.; Nakane, S.; Kitamura, M.

    Chem. Commun.   ( 51 ) 頁: 13110–13112   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Mechanism of Asymmetric Hydrogenation of Aromatic Ketones Catalyzed by a Combined System of Ru(π-CH2C(CH3)CH2)2(cod) and the Chiral sp2N/sp3NH Hybrid Linear N4 Ligand Ph-BINAN-H-Py 査読有り

    Nakatsuka, H.; Yamamura, T.; Shuto, Y.; Tanaka, S.; Yoshimura, M.; Kitamura, M.

    J. Am. Chem. Soc.   ( 137 ) 頁: 8138–8149.   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Soft Ruthenium and Hard Brønsted Acid Combined Catalyst for Efficient Cleavage of Allyloxy Bonds. Application to Protecting Group Chemistry 査読有り

    Tanaka, S.; Suzuki, Y.; Saburi, H.; Kitamura, M.

    Tetrahedron   ( 71 ) 頁: 6559–6568.   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Donor-Acceptor Bifunctional Molecular Catalyst: Its Development, Application, and Analysis 査読有り

    Kitamura, M.; Tanaka, S.; Yoshimura, M.

    J. Synth. Org. Chem., Jpn.   ( 137 ) 頁: 690-700   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Asymmetric NaBH4 1,4-Reduction of C(3)-Disubstituted 2-Propenoates Catalyzed by a Diamidine Cobalt Complex 査読有り

    Shuto, Y.; Yamamura, T.; Tanaka, S.; Yoshimura, M.; Kitamura, M

    ChemCatChem   ( 7 ) 頁: 1547-1550   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Recent Topics in Catalytic Asymmetric Hydrogenation of Ketones 査読有り

    Yoshimura, M.; Tanaka, S.; Kitamura, M.

    Tetrahedron Lett.   ( 55 ) 頁: 3635–3640   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Asymmetric Hydrogenation of tert-Alkyl Ketones: DMSO Effect in Unification of Stereoisomeric Ruthenium Complexes 査読有り

    Yamamura, T.; Nakatsuka, H.; Tanaka, S.; Kitamura, M.

    Angew. Chem. Int. Ed.   52 巻 ( 35 ) 頁: 9313-9315   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201304408

  29. CpRu-catalyzed asymmetric dehydrative allylation 査読有り

    Masato Kitamura1*, Kengo Miyata2, Tomoaki Seki3, Namdev Vatmurge2 and Shinji Tanaka2

    Pure Appl. Chem.,   ( 85 ) 頁: 1121-1132   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 2013-04-15

  30. Enantioselective Synthesis of Pyrrolidine-, Piperidine-, and Azepane-Type N-Heterocycles with α-Alkenyl Substitution: The CpRu-Catalyzed Dehydrative Intramolecular N-Allylation Approach 査読有り

    Seki, T.; Tanaka, S.; Kitamura, M

    Org. Lett   14 巻   頁: 608–611   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Asymmetric Dehydrative C-, N-, and O-Allylation Using Naph-diPIM-dioxo-i-Pr-CpRu/p-TsOH Combined Catalyst 査読有り

    Miyata, K.; Kitamura, M.

    Synthesis   44 巻   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0031-1290301

  32. Reaction of Frustrated Lewis Pairs with Ketones and Esters 査読有り

    Xu, B-H.; Yanez, R. A. A.; Nakatsuka, H.; Kitamura, M.; Fröhlich, R.; Kehr, G.; Erker, G.

    Chem. Asian J     2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201100960

  33. Double Arylation of Acetylenedicarboxylate with B(C6F5)3 査読有り

    Nakatsuka, H.; Fröhlich, R.; Kitamura, M.; Kehr, G.; Erker, G

    Eur. J. Inorg. Chem     頁: 1163–1166   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Mechanistic Insight into NOYORI Asymmetric Hydrogenations 査読有り

    Kitamura, M.; Nakatsuka, H.

    Chem. Commun.   47 巻   頁: 842–846   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. A Chiral Bidentate sp2-N Ligand, Naph-diPIM: Application to CpRu-Catalyzed Asymmetric Dehydrative C-, N-, and O-Allylation 査読有り

    Miyata, K.; Kawakami, S.; Kitamura, M.

    Angew, Chem. Int. Ed.   50 巻   頁: 4649–4653   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Desymmetric Hydrogenation of a meso-cyclic Acid Anhydride Toward Biotin Synthesis 査読有り

      67 巻   頁: 10006–10010   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Catalytic Dehydrative S-Allylation of Cysteine-Containing Peptides in Aqueous Media toward Lipopeptide Chemistry 査読有り

    Jaisankar, P.; Tanaka, S.; Kitamura, M

    J. Org. Chem.   76 巻   頁: 1894–1897   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Highly Efficient Catalytic Dehydrative S-Allylation of Thiols and Thioic S-Acids 査読有り

    S. Tanaka, P. K. Pradhan, Y. Maegawa, and M. Kitamura

    Chem. Commun.   46 巻   頁: 3996-3998   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Mechanistic Insight into NOYORI Asymmetric Hydrogenations 招待有り 査読有り

    M. Kitamura and H. Nakatsuka

    Chem. Commun.     頁: DOI: 10.1039/C0CC01390K , Highlight   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. (9H-Fluoren-9-yl)methanesulfonyl (Fms): An Amino Protecting Group Complementary to Fmoc 査読有り

    Y. Ishibashi, K. Miyata, and M. Kitamura

    Eur. J. Org. Chem.     頁: 4201-4204   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Synthesis of 3,3'-Diaryl-substituted 2,2'-diamino-1,1'-binaphthyl (diAr-BINAN) and Its Derivatives 査読有り

    M. Yoshimura, T. Maruoka, H. Nakatsuka, H. Huang, and M. Kitamura

    J. Org. Chem.   75 巻   頁: 4315-4318   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Dehydrative allylation of alcohols and deallylation of allyl ethers catalyzed by [CpRu(CH3CN)3]PF6 and 2-pyridinecarboxylic acid derivatives. Effect of p-accepting ability and COOH acidity of ligand on reactivity 査読有り

    S. Tanaka, H. Saburi, T. Hirakawa, T. Seki, and M. Kitamura

    Chem. Lett.   38 巻   頁: 188-189   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. *Asymmetric Dehydrative Cyclization of ω-Hydroxy Allyl Alcohols Catalyzed by Ruthenium Complexes 査読有り

    S. Tanaka, T. Seki, and M. Kitamura

    Angew. Chem. Int. Ed.   48 巻   頁: 8948–8951   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. A magnetically separable heterogeneous deallylation catalyst: [CpRu(h3-C3H5)(2-pyridinecarboxylato)]PF6 complex supported on a ferromagnetic microsize particle Fe3O4@SiO2 査読有り

    Eur. J. Org. Chem.   6 巻   頁: 789-792   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. 不斉水素化と医薬品合成

    吉村正宏,北村雅人

    綜合臨床   57 巻   頁: 125-131   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. A new, efficient and direct preparation of TlTp and related complexes with TlBH4 査読有り

    M. Kitamura, Y. Takenaka, T. Okuno, R. Holl, and B. Wüensh

    Eur. J. Inorg. Chem.     頁: 1188–1192   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Synthesis of 2,5-Diazabicyclo[2.2.2]octanes by Dieckmann Analogous Cyclization 査読有り

    R. Holl, M. Dykstra, M. Schneiders, R. Froehlich, M. Kitamura, E. U. Wuerthwein, and B. Wünsch

    Aust. J. Chem.   61 巻   頁: 914-919   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Solvent-free one-pot synthesis of thallium complexes of Tp [BH(Pz)3]– (Pz = pyrazolate) and its derivatives 査読有り

      49 巻   頁: 2990–2993   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Highly Reactive and Chemoselective Cleavage of Allyl Esters Using an Air- and Moisture-Stable [CpRu(IV)(π-C3H5)(2-quinolinecarboxylato)]PF6 Catalyst 査読有り

    Shinji Tanaka, Hajime Saburi, Takanori Murase, Yoshitaka Ishibashi, and Masato Kitamura

    J. Organomet. Chem.   692 巻   頁: 295-298   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Enantiomeric Products Formed via Different Mechanisms: Asymmetric Hydrogenation of an α,β-Unsaturated Carboxylic acid Involving a Ru(CH3COO)2[(R)-binap] Catalyst 査読有り

    M. Yoshimura, Y. Ishibashi, K. Miyata, Y. Bessho, M. Tsukamoto, and M. Kitamura

    Tetrahedron   63 巻   頁: 11399–11409   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. アルドール化合物の構造化学 査読有り

    北村雅人, 中野啓二

    有機合成化学協会誌   65 巻   頁: 552-562   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. A new synthetic route to oligoribonucleotides based on CpRu-catalyzed deallylation 査読有り

    M. Kitamura, S. Tanaka, T. Hirakawa, K. Ooishi, and Y. Hayakawa

    Tetrahedron Lett.   48 巻   頁: 7320-7322   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. [CpRu(IV)(p-C3H5)(2-quinolinecarboxylato)]PF6 Complex. A Robust Catalyst for the Cleavage and Formation of Allyl Ethers 査読有り

    Shinji Tanaka, Hajime Saburi, and Masato Kitamura,

    Adv. Synth. Catal   348 巻   頁: 375-378   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Mechanism of catalytic asymmetric hydrogenation of 2-formyl-1-methylene-1,2,3,4-tetrahydroisoquinoline using Ru(CH3COO) 2[(S)-binap] 査読有り

    M. Tsukamoto, M. Yoshimura, K. Tsuda and M. Kitamura

    Tetrahedron   62 巻   頁: 5448-5453   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. *Enantioselective Hydrogenation of Aromatic Ketones Catalyzed by Ru Complexes of Goodwin-Lions-type sp2N/sp3N Hybrid Ligands R-BINAN-R'-Py 査読有り

    H. Huang, T. Okuno, K. Tsuda, M. Yoshimura, and M. Kitamura

    J. Am. Chem. Soc.   128 巻   頁: 8716-8717   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Catalytic Removal of N-Allyloxycarxbonyl Groups Using the [CpRu(IV)(p-C3H5)(2-quinolinecarboxylato)]PF6 Complex. A New Efficient Deprotecting Method in Peptide Synthesis 査読有り

    S. Tanaka, H. Saburi, T. Murase, M. Yoshimura, and M. Kitamura,

    J. Org. Chem   71 巻   頁: 4682-4684   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. *Catalytic Dehydrative Allylation of Alcohols 査読有り

    H. Saburi, S. Tanaka, and M. Kitamura.

    Angew. Chem. Int. Ed   44 巻   頁: 1730-1732   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Ten Years of Research on NOBIN Chemistry 査読有り

    K. Ding, X. Li, B. Ji, H. Guo, and M. Kitamura

    Current Organic Synthesis   24 巻   頁: 499-545   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. *Origin of the Minor Enantiomeric Product in a Noyori Asymmetric Hydrogenation: Evidence for Pathways Different to the Major Mechanism 査読有り

    Y. Ishibashi, Y. Bessho, M. Yoshimura, M.Tsukamoto, and M. Kitamura

    Angew. Chem. Int. Ed   44 巻   頁: 7287-7290   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Recent Advances of Mechanistic Studies on Asymmetric Hydrogenation of Dehydroamino Acid Derivatives Catalyzed by Diphosphine-Rh and -Ru Complexes 査読有り

    M. Tsukamoto and M. Kitamura

    J. Synth. Org. Chem. Jpn   63 巻   頁: 899-910   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. *Toward Efficient Asymmetric Hydrogenation: Architectural and Functional Engineering of Chiral Molecular Catalysts 査読有り

    R. Noyori, M. Kitamura, and T. Ohkuma

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA.   101 巻   頁: 5356-5362   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Catalytic Enantioselective Addition of Dialkylzincs to Aldehydes Using (2S)-(-)-3-exo-(Dimethylamino)Isoborneol [(2S)-DAIB]: (S)-1-Phenyl-Propanpl 査読有り

    M. Kitamura, H. Oka, S. Suga, K. Nakano, and R. Noyori

    Org. Synth   79 巻   頁: 635-369   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. CpRuIIPF6/Quinaldic Acid-Catalyzed Chemoselective Allyl Ether Cleavage. A Simple and Practical Method for Hydroxyl Deprotection 査読有り

    S. Tanaka, H. Saburi, Y. Ishibasi, and M. Kitamura

    Org. Lett.   6 巻   頁: 1873-1875   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Cycloalkanone-Based Threo and Erythro Aldols as Supramolecular Synthons in Crystal Engineering 査読有り

    M. Kitamura and K. Nakano

    Crystal Growth & Design   3 巻   頁: 25-34   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. 1,4-Addition of Diethylzinc to Cyclohexenone Catalyzed by CuOTf-Sulfonamide Combined System. Evidence Supporting a Concerted Mechanism 査読有り

    K. Nakano, Y. Bessho, and M. Kitamura

    Chem. Lett.   32 巻   頁: 224-225   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Catalytic Enantioselective Addition of Dialkylzincs to Aldehydes Using (2S)-(-)-3-exo-(Dimethylamino)Isoborneol [(2S)-DAIB]. 査読有り

    M. Kitamura, H. Oka, S. Suga, and R. Noyori

    Org. Synth.   79 巻   頁: 139-141   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Pressure-dependent Enantioselectivity in the Organozinc Addition to Aldehydes in Supercritical Fluids 査読有り

    P. G. Jessop, R. A. Brown, M. Yamakawa, J. Xiao, T. Ikariya, M. Kitamura, S. C. Tucker, and R. Noyori, J. Supercrit. Fluids

      24 巻   頁: 161-172   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Catalytic Leuckart-Wallach-type Reductive Amination of Ketones 査読有り

    M. Kitamura, D. Lee, S. Hayashi, S. Tanaka, and M. Yoshimura

    J. Org. Chem.   67 巻   頁: 8685-8687   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. (P(C6H5)3)CpRu+-Catalyzed Deprotection of Allyl Carboxylic Esters 査読有り

    M. Kitamura, S. Tanaka, and M. Yoshimura

    J. Org. Chem.   67 巻   頁: 4975-4977   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Mechanism of Asymmetric Hydrogenation of a-(Acylamino)acrylic Esters Catalyzed by BINAP-Ruthenium(II) Diacetate 査読有り

    M. Kitamura, M. Tsukamoto, Y. Bessho, M. Yoshimura, U. Kobs, M. Widhalm, and R. Noyori

    J. Am. Chem. Soc.   124 巻   頁: 6649-6667   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Self and Nonself Recognition of Chiral Catalysts: The Origin of Nonlinear Effects in the Amino-Alcohol Catalyzed Asymmetric Addition of Diorganozincs to Aldehydes.

    R. Noyori, S. Suga, H. Oka and M. Kitamura

    The Chemical Record   1 巻   頁: 85-100   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Stereochemistry of Aldols: Configuration and Conformation of Aldols Derived from Cycloalkanones and Aldehydes. 査読有り

    M. Kitamura, K. Nakano, T. Miki, M. Okada, and R. Noyori

    J. Am. Chem. Soc.   123 巻   頁: 8939-8950   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Ryoji Noyori: Pioneer of Asymmetric Molecular Catalysis

    Chirality   12 巻   頁: 295-298   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  74. 1,4-Addition of Diorganozincs to a,b-Unsaturated Ketones Catalyzed by a Copper(I)-Sulfonamide Combined System. 査読有り

    M. Kitamura, T. Miki, K. Nakano and R. Noyori

    Bull. Chem. Soc. Jpn   73 巻   頁: 999-1014   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Catalytic Asymmetric Synthesis", 2nd Ed.

    I. Ojima, Ed., Wiley-VCH

    New York, Chapter 1   1 巻   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  76. 有機合成化学の新潮流、数値解析支援による触媒機構の定量的考察

    北村雅人

    日本化学会編 化学総説、学会出版センター   55 巻   頁: 66-67   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  77. 数値解析支援による不斉触媒反応における非線形現象の定量的解析

    北村雅人、岡宏昌

    化学、化学同人   55 巻   頁: 66-67   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  78. Palladium-Catalyzed Cross-Coupling of 3-Iodobut-3-enoic Acid with Organometallic Reagents. Synthesis of 3-Substituted But-3-enoic Acids. 査読有り

    . M. Abarbri, J. Parrain, M. Kitamura, R. Noyori, and A. Duche^ne

    J. Org. Chem.   65 巻   頁: 7475-7478   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. キラルなアミノアルコールを用いるジアルキル亜鉛のベルズアルデヒドへの不斉付加における単量体機構の証拠

      55 巻   頁: 3605-3614   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  80. BINAP-Ru水素化法によるβ-ヒドロキシスルホン酸の不斉合成

      55 巻   頁: 8769-8785   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  81. 有機亜鉛化合物を用いるアルデヒド類の触媒的アルキル化反応における不斉増幅現象の定量的解析 査読有り

      120 巻   頁: 9800-9809   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Asymmetric Synthesis of a- and b-Amino Acids

    Kodansha     頁: 3   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  83. Asymmetric Hydrogenation of Allylic and Homoallylic Alcohols

    Kodansha     頁: 11   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  84. 銅スルフォンアミド混合系触媒を用いる有機亜鉛化合物のα,β-不飽和エノン類への共役付加

      37 巻 ( 29 ) 頁: 5141-5144   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  85. 不斉水素化に基づくα-アミノホスホン酸の合成

      1 巻   頁: 281-303   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  86. A Conformational Study on 2-Acyl-1-alkylidene-1,2,3,4-tetrahydroisoquinolines

    Bull.Chem.Soc.Jpn.   69 巻 ( 6 ) 頁: 1695-1700   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  87. Homochiral and Heterochiral Dimers of the Methylzinc Alkoxide Formed from Dimethylzinc and Enantiomeric 3-exo-(Dimethylamino)isoborneol-Origin of the Distinct Differences in Solution-Phase Behavior and the Crystal Structures

    Chemistry-A European Journal   2 巻 ( 9 ) 頁: 1173-1181   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  88. β-ケトホスホン酸類の触媒的不斉水素化.ホスホマイシンの実用的合成

      117 巻   頁: 2931-2932   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  89. 不斉触媒の自己・非自己認識.アルデヒド類へのジアルキル亜鉛の触媒的不斉付加反応における非線形現象

      117 巻   頁: 4832-4842   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  90. Effect of the Terminal Branching Structure of Some Liquid-crystalline Biphenyl Carboxylates on the Stability of the Antiferroelectric Phase

    J.Mater.Chem.   5 巻 ( 12 ) 頁: 2297-2304   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  91. Asymmetric Synthesis of α-Amino β-Hydroxy Phosphonic Acids via BINAP-Ruthenium Catalyzed Hydrogenation

    Tetrahedron Lett.   36 巻   頁: 5769-5772   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  92. イソキノリンアルカロイド類の一般不斉合成。BINAP-Ru錯体触媒を用いるエナミド類のエナンチオ選択的水素化。

      59 巻   頁: 297-310   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  93. BINAP-Ru錯体を用いるアリルアルコール類の触媒的不斉水素化

      72 巻   頁: 74-85   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  94. 不斉触媒のエナンチオマー相互認識.ホモキラルニ量体とヘテロキラルニ量体の熱力学的性質

      98 巻   頁: 12776-12781   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  95. モレキュラー・キラリティー:発生、誘導、識別および体内の動態を追う、不斉触媒の自己・非自己認識

    化学増刊化学同人   123 巻   頁: 35-42   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  96. Practical Synthesis of Chiral Secondary Alcohols for the Preparation of Ferroelectric Liquid Crystals, R. Noyori and M. Kitamura, New Functionality Materials, Volume C, Synthetic Process and Control of Functionality Materials

    Elsevier Science Publishers     頁: 389-392   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  97. Mathematical Treatment of Kinetic Resolution of Chirally Labile Substrates

    Tetrahedron   49 巻   頁: 1853-1860   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  98. 光学的に不安定なエナンチオマーの動的速度論分割の定量的表示。BINAP-ルテニウム(II)錯体による2位置換3-オキソカルボン酸エステルの立体選択的水素化

      115 巻   頁: 144-152   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  99. Asymmetric Hydrogenation of 3-Oxo Carboxylates Using BINAP-Ruthenium Complexes : (R)-(-)-Methyl 3-Hydroxybutanoate

    Org. Synth.   71 巻   頁: 1-13   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  100. 金属反応剤を用いる不斉化学合成、ルテニウム-光学活性ルテニウム錯体を用いる不斉触媒反応およびその応用-

    化学総説、学会出版センター   19 巻   頁: 77-89   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  101. Practical Synthesis of BINAP-Ruthenium(II) Dicarboxylate Complexes

    J. Org. Chem.   57 巻   頁: 4053-4054   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  102. Enantioselective Synthesis of β-Amino Acids Based on BINAP-Ruthenium(II) Catalyzed Hydrogenation

    Tetrahedron : Asymmetry   2 巻   頁: 543-554   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  103. *カルボニル化合物への有機金属反応剤のエナンチオ選択的付加 査読有り

      30 巻   頁: 49-69   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Convenient Preparation of BINAP-Ruthenium(II) Complexes Catalyzing Asymmetric Hydrogenation of Functionalized Ketones

    Tetrahedron Lett.   32 巻   頁: 4163-4166   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  105. Enantioselective Synthesis of 4-Substituted γ-Lactones

    Tetrahedron Lett.   31 巻   頁: 5509-5512   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  106. Enantioselective Addition of Diorganozincs to Aldehydes Catalyzed by β-Amino Alcohols

    J. Organomet. Chem.   382 巻   頁: 19-37   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  107. Dynamic Kinetic Resolution in BINAP-Ruthenium(II) Catalyzed Hydrogenation of 2-Substituted 3-Oxo Carboxylic Esters

    Tetrahedron Asymmetry   1 巻   頁: 1-4   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  108. 立体選択的水素化に基づく動的速度論分割

      111 巻   頁: 9134-9135   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  109. 光学活性アミノアルコールを用いるアルデヒド類の触媒的不斉アルキル化

      111 巻   頁: 4028-4036   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  110. 官能基化されたケトン類の触媒的不斉水素化 査読有り

      110 巻   頁: 629-631   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. A Practical Asymmetric Synthesis of Carnitine

    Tetrahedron Lett.   29 巻   頁: 1555-1556   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  112. Kinetic Resolution of Racemic Allylic Alcohols by BINAP-Ruthenium(II)-Catalyzed Hydrogenation

    J. Org. Chem.   53 巻   頁: 708-710   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  113. *Asymmetric Hydrogenation of b-Keto Carboxylic Esters. A Practical, Purely Chemical Access to b-Hydroxy Esters in High Enantiomeric Purity 査読有り

    J. Am. Chem. Soc.   109 巻   頁: 5856-5858   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Asymmetric Hydrogenation of Unsaturated Carboxylic Acids Catalyzed by BINAP-Ruthenium(II) Complexes

    J. Org. Chem.   52 巻   頁: 3174-3176   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  115. General Asymmetric Synthesis of Benzomorphans and Morphinans via Enantioselective Hydrogenation

    Tetrahedron Lett.   28 巻   頁: 4829-4832   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  116. Kinetic Resolution of 4-Hydroxy-2-cyclopentenone by Rhodium-Catalyzed Asymmetric Isomerization

    Tetrahedron Lett.   28 巻   頁: 4719-4720   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  117. 均一系触媒によるイソキノリンアルカロイドの不斉合成

      108 巻   頁: 7117-7119   1986年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  118. Catalytic Asymmetric Induction. Highly Enantioselective Addition of Dialkylzincs to Aldehydes 査読有り

    J. Am. Chem. Soc.   108 巻   頁: 6071-6072   1986年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Synthesis of Maytansinoid. A General Approach via Heteroconjugate Addition Strategy and the Total Synthesis of (±)-Maysine and (±)-N-Methylmaysenine.

    J. Org. Chem.   49 巻   頁: 3517-3527   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  120. メイタンシノールの立体選択的合成

      106 巻   頁: 3252-3257   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  121. Selectivity in Epoxidation: Acyclic Diastereo- and Enantio-selection with Peroxide Mediated by Titanium(IV) and with Peracid.

    Tetrahedron Lett.   23 巻   頁: 221-224   1982年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  122. Stereocontrolled Total Synthesis of (±)-Maytansinol.

    J. Am. Chem. Soc.   104 巻   頁: 4997-4999   1982年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  123. Total Synthesis of (±)-Maysine and (±)-N-Methylmaysenine.

    Chem. Lett.     頁: 1907-1908   1982年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  124. Synthetic Studies toward Maytansinoids (2). A New Strategy Based on Asymmetric Induction by Heteroconjugate Addition of Methyllithium onto Pyranosyl Hetero-olefins.

    Tetrahedron Lett.   22 巻   頁: 239-242   1981年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  125. Synthetic Studies toward Maytansinoids. Preparation of the Optically Active Intermediates from D-Mannose.

    Chem. Lett.     頁: 457-460   1981年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  126. Heteroconjugate Addition of Lithium Alkyls to Substituted Hetero-olefins Conjugated with Sulfur and Silicon Atoms.

    Chem. Lett.     頁: 331-334   1980年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  127. Acyclic Asymmetric Induction with Carbon-carbon Bond Formation.

    Tetrahedron Lett.   21 巻   頁: 4727-4730   1980年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  128. Complete Asymmetric Induction in Heteroconjugate Addition on an Acyclic System. A New Synthetic Approach Directed toward Ansamacrolide Maytansine.

    Tetrahedron Lett.     頁: 3465-3468   1979年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  129. Substituent Effect on the Ratio of [2,3]-Sigmatropic Rearrangement vs syn-Elimination of Allylic Aryl Sulfoxides

    Chem. Lett.     頁: 541-544   1978年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 33

  1. 化学の要点シリーズ 酸化還元反応

    佐藤一彦, 北村雅人( 担当: 共著)

    共立出版  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. レアメタル便覧、還元反応

    吉村正宏、北村雅人( 担当: 共著)

    丸善  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. Ruthenium(1+), (5-2,4-Cyclopentadien-1-yl)(3-2-propen-1-yl)(2-quinolinecarboxylato-N1,O2)-, Hexafluorophosphate(1–) (1:1)

    S. Tanaka and M. Kitamura( 担当: 共著)

    Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, Wiley  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  4. Reduction by Homogenous Catalysis or Biocatalysis

    Masaki Tsukamoto and Masato Kitamura( 担当: 共著)

    Thieme  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. In Science of Synthesis, Houben-Weyl Methods of Molecular Transformations

    M. Tsukamoto and M. Kitamura( 担当: 共著)

    Georg Thieme Verlag: Stuttgart,  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. In Ligand Design for Reduction, New Frontiers in Asymmetric Catalysis

    T. Ohkuma, M. Kitamura and R. Noyori( 担当: 共著)

    John Wiley Sons: Weinheim  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  7. (R)- & (S)-2,2'-Bis(diphenylphosphino)-1,1'-binaphthyl. M. Kitamura and R. Noyori, Handbook of Reagents for Organic Synthesis

    M. Kitamura( 担当: 共著)

    John Wiley & Sons  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  8. 学問と創造

    大嶌幸一郎, 北村雅人( 担当: 共著)

    化学同人  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. Asymmetric Hydrogenation of Olefins Catalyzed by BINAP-Ru(II) Complexes. in "My Favorite Organic Synthesis", The Society of Synthetic Organic Chemistry

    M. Kitamura( 担当: 共著)

    Kagaku-Dojin Publishing Co.  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  10. これからの大学等研究施設「理想的な有機合成研究施設」

    北村雅人( 担当: 共著)

    社団法人文教施設協会, 株式会社科学新聞社  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 特集-野依良治教授化学への献身-おめでとう野依先生-歴代スタッフ師を語る

    北村雅人( 担当: 単著)

    岩波書店  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 有機薬科学実験講座、創薬化学の基礎と実験、第二部創薬化学の基礎となる不斉反応、触媒的不斉水素化

    広川書店  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 有機合成化学の新潮流、数値解析支援による触媒機構の定量的考察

    化学総説  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 数値解析支援による不斉触媒反応における非線形現象の定量的解析

    化学同人  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. 日本にもっとノーベル賞を 期待が持てるこの顔触れ分子触媒による不斉合成 創始と展開 有用な物質を高選択的に

    科学新聞  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 化学の未来へ、キラルテクノロジーの拓く世界―分子の右左を自在に操る―

    化学同人  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. Asymmetric Hydrogenation of Functionalized Ketones

    Kodansha  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  18. Asymmetric Hydrogenation of Racemic a-Substituted b-Keto Esters via Dynamic Kinetic Resolution

    Kodansha  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  19. Asymmetric Hydrogenation of 2-Acyl-1-alkylidene-1,2,3,4-tetrahydroisoquinolines

    Kodansha  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  20. Synthesis of a-Amino Phosphonic Acids by Catalytic Asymmetric Hydrogenation

    Kluwer Academic Publishers  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  21. Chirality Amplification in Asymmetric Addition of Dialkylzincs to Aldehydes Catalyzed by Amino Alcohols

    Kodansha  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  22. Asymmetric Addition of Diorganozincs to Aldehydes

    Kodansha  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  23. Asymmetric Hydrogenation of Unsaturated Carboxylic Acids

    Kodansha  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  24. Kinetic Resolution of Racemic Allylic Alcohols by Asymmetric Hydrogenation

    Kodansha  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  25. Asymmetric Synthesis of b-Hydroxy Phosphonates

    Kodansha  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  26. Asymmetric Hydrogenation of Racemic a-Substituted b-Keto Esters via Dynamic Kinetic Resolution

    Kodansha  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  27. アルコール類の触媒的不斉アシル化反応の新展開

    化学  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  28. (R)- & (S)-2,2'-Bis(diphenylphosphino)-1,1'-binaphthyl. M. Kitamura and R. Noyori, Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis

    John Wiley & Sons  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  29. 有機合成化学の新しい展望-複合系の高次制御-不斉触媒反応とエナンチオマーの相互認識

    現代化学増刊、東京化学同人  1992年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  30. 最も古い有機金属化学物から非古典的化学への展開-不斉の増殖そして増幅-

    1991年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  31. 新しい光学活性ロジウムおよびルテニウム錯体-高効率均一系不斉触媒-

    1990年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  32. 金属錯体を用いるエナンチオ選択的触媒反応の概観

    1989年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  33. 化学的不斉増殖法の開発と有用生理活性物質の合成

    化学と工業  1989年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 239

  1. Donor–Acceptor Bifunctional Catalyst: DACat 国際会議

    Inaugural Conference onMolceular & Functional Catalysis (ICMFC-1)Resort Worlds 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. Donor-Acceptor Bifunctional Catalyst (DACat) From DAIB-Zn to Ph-BINAN-H-Py-Ru and CpRuAllQA 国際会議

    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals, Seoul

  3. ドナー・アクセプター二官能性触媒―環境調和型有機合成法の開拓に向けて―

    第40回中部化学関係学協会支部連合秋季大会特別討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  4. Donor-Acceptor Bifunctional Catalyst 国際会議

    The 14th Japan-Korea Seminar on Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  5. レドックス介在型ドナー・アクセプター二官能性触媒

    日本化学会第89春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  6. Goodwin-Lions型sp2N/sp3N混合系配位子Ph-BINAN-H-Py ―ルテニウム錯体の不斉水素化機能―

    第四回物質合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  7. Goodwin-Lions型錯体触媒を用いるケトン類の不斉水素化

    特定領域研究「炭素資源の高度分子変換」第六回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  8. 磁性マイクロ球形粒子担時触媒の開発

    特定領域研究「協奏機能触媒」第四回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  9. Origin of the Minor Enantiomeric Product in NOYORI Olefin Hydrogenation 国際会議

    The 5th joint IRTG SYMPOSIUM 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:英語  

  10. メイタンシンの全合成、亜鉛、そして不斉水素化

    磯部稔先生退職記念講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  11. A New Catalytic System for Allyloxy C–O Bond Activation 国際会議

    Kansai-CMDS Meeting on OMCOS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:英語  

  12. Discovery of a New Catalytic System for Allyloxy C–O Bond Activation ―A Contribution to Protecting Group Chemistry― 国際会議

    8th Annual Conference abc Technologies 2008 Automation beyond Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語  

  13. Mechanisms of NOYORI Asymmetric Olefin Hydrogenations 国際会議

    University of Geneva 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語  

  14. Enantioselective Hydrogenation of Aromatic Ketones Catalyzed by Ru Complexes of Goodwin-Lions-type sp2N/sp3N Hybrid Ligands 国際会議

    The 13th Korea-Japan Seminar on Organic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語  

  15. Mechanisms of NOYORI Asymmetric Olefin Hydrogenation 国際会議

    Asian Core Program Lectureship Award 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語  

  16. A New Aspect of Allyl Protecting Group Chemistry 国際会議

    Asian Core Program Lectureship Award 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語  

  17. Goodwin-Lions-type N4 Ligand–An Application to Asymmetric Hydrogenation– 国際会議

    Asian Core Program Lectureship Award 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語  

  18. R-BINAN-R'-Py-Ru触媒による芳香族ケトン類の不斉水素化

    第24回有機合成化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. A Catalytic Deallylation Approach Toward Chemical Synthesis of Oligoribonucleotides 国際会議

    2nd International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  20. Enantioselective Hydrogenation of Aromatic Ketones Catalyzed by Ru Complexes of Goodwin-Lions-type N4 Ligands R-BINAN-R'-Py 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. Cyclic Ether Synthesis Based on CpRu(II)/2-Quinolinecarboxylic Acid-Catalyzed Dehydrative Allylation 国際会議

    OMCOS14 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. Naph-diPIM-Ru-Catalyzed Asymmetric Hydrogenation of Ketones

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. Deallylation Catalyst on Fe3O4@SiO2 Microsize Particles

    The Second International Conference on Joint Project of Chemical Synthesis Core Research Institutions -Development of New Synthetic Methods and Creation of Function- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. A New Protecting Group for Primary Amines ―Fluorenylmethylsulfonyl Group― 国際会議

    OMCOS14 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. レドックス介在型ドナー・アクセプター二官能性触媒 ―アリル保護基の新展開―

    日本プロセス化学会2007サマ-シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  26. 新規sp2N/sp3N混合系4座配位子R-BINAN-R’-Py 芳香族ケトン類の不斉水素化機能

    日本プロセス化学会2007サマ-シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. フルオレニルメチルスルホニル(FMS)基 ―ペプチド合成に向けた新仮保護基―

    日本プロセス化学会2007サマ-シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. R-BINAN-R'-Py-Ru-Catalyzed Asymmetric Hydrogenation of Aromatic Ketones 国際会議

    9th International Symposium on Biotechnology Metal Complexes and Catalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  29. Goodwin-Lions-type N4 Ligands R-BINAN-R'-Py -An Application to Asymmetric Hydrogenation- 国際会議

    National Organic Symposium Trust 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  30. Goodwin-Lions型N4配位子R-BINAN-R'-Py―ルテニウム錯体の不斉水素化機能―

    第91回有機合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. Metal Complexes of R-BINAN-R-Py and the Catalytic Activity 国際会議

    第三回日独共同シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  32. Molecular Catalyst Supported on Core/Shell-type Magnetic Micro Particles 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. ガラス被覆強磁性マイクロ粒子担持触媒の開発 ―脱アリル化反応への応用―

    日本化学会第87回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. 新規光学活性Tp4Bo, 3RCpenta配位子の設計と合成

    日本化学会第87回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. Goodwin-Lions型N4配位子R-BINAN-R'-Pyを有するルテニウム錯体の不斉水素化機能

    日本化学会第87回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  36. TlTpおよびその関連化合物の無溶媒一段階合成

    日本化学会第87回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. 新規sp2窒素系二座配位子Naph-diPIMの金属錯体の構造および触媒機能

    日本化学会第87回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. 分子触媒の不均一化に向けた金被覆強磁性サブマイクロ粒子

    日本化学会第87回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. 新規光学活性N4配位子R-BINAN-R'-Pyの金属錯体の構造

    日本化学会第87回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. フルオレニルメチルスルホニル(Fms)基 ―ペプチド合成に向けた新仮保護基―

    日本化学会第87回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. ビオチン合成に向けた環状酸無水物の脱水的不斉水素化

    日本化学会第87回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. CpRu/キナルジン酸を用いる触媒的アリルエーテル切断法に基づくオリゴリボヌクレオチドの合成

    日本化学会第87回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. カチオン性CpRu/2-キノリンカルボン酸触媒を用いる環状アリルエーテル合成

    日本化学会第87回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. A New Catalytic System for Allyloxy C-O Bond Cleavage-A Contribution to Protecting Group chemistry- 国際会議

    International Symposium on Chemical Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  45. 保護基の化学への新たな挑戦

    ファインケミカルズを指向する有機化学 JST研究成果活用プラザ東海研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. Goodwin-Lions型N4配位子R-BINAN-R'-Pyを有する金属錯体の構造と触媒機能

    第2回物質合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. 貴金属・シリカ被覆磁性マイクロ粒子担持触媒の開発

    第2回物質合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. Heterogeneous Catalysts Supported on Glass- or Au-coated Spherical Microsize Magnetic Particles

    The 21st Cerntry COE-RCMA International Conference on Elucidation and Creation of Molecular Runctions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. A New sp2N-Based Bidentate Ligand: Naphtho[1,2-d:7,8-d??dipyrroloimidazole (Naph-diPIM)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. Hydrogenative Desymmetrization of meso-Cyclic Anhydrides toward Biotin Synthesis

    The 21st Cerntry COE-RCMA International Conference on Elucidation and Creation of Molecular Runctions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  51. ペプチド合成に向けた新規保護基および脱保護法の開発

    第3回有機化学若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  52. 新規光学活性N4配位子R-BINAN-R’-Pyの開発とその錯体の触媒機能

    第3回有機化学若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. 貴金属・シリカ被覆磁性マイクロ粒子担持触媒の開発

    第3回有機化学若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  54. Debut of NOYORI Asymmetric Olefin Hydrogenations and their Mechanisms 国際会議

    Japan-Italy Joint Symposium on Enzyme Science and Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. Hidden Mechanism in BINAP??u-catalyzed Hydrogenation of 留,硫-Unsaturated Carboxylic Acid Derivatives 国際会議

    IKCOK-10 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  56. Mechanistic Study on Catalytic Allyl Ether Cleavage and Formation Using [CpRu(CH3CN)3]PF6 and 2-Pyridinecarboxylic Acid Derivatives 国際会議

    IKCOK-10 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  57. A New Catalytic Method for Allyl Linker Cleavage Directed toward Synthesis of α-Amino Phosphonic Acid Oligomers 国際会議

    IKCOK-10 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. A New Chiral N4 Ligand R-BINAN-R'-Py and the Transition Metal Complexes "pplication to Asymmetric Hydrogenation" 国際会議

    IKCOK-10 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. 1st International Conference of Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  60. レドックス介在型ドナー・アクセプター二官能性触媒 ?アリルオキシ基の活性化?

    大学間連携研究 若手フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. アリル系保護基の高活性・高化学選択的除去触媒の開発とその応用

    有機合成化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  62. Catalytic Dehydrative Allylation of Alcohols

    The 2nd joint IRTG SYMPOSIUM, Germany 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  63. 新規光学活性非天然ペプチド、α-アミノホスホン酸重合体の合成に向けて

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  64. SYNTHESIS OF A NEW TYPE OF UNNATURAL PEPTIDE, α-AMINO PHOSPHONIC ACID OLIGOMERS 国際会議

    IUPAC International Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  65. P(C6H5)3-CpRu-CATALYZED CLEAVAGE OF ALLYL LINKER FOR SOLID-PHASE SYNTHESIS. A NEW AND EFFICIENTE METHOD FUNCTIONING UNDER NEUTRAL CONDITION 国際会議

    IUPAC International Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  66. レドックス介在型ドナー・アクセプター二官能性触媒(RDACat)ーアリルエーテル結合の切断と形成ー

    名古屋大学21世紀COEプログラム「物質科学の拠点形成:分子機能の解明と創造」第4回成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  67. BINAP-Ru錯体を用いるN-アシルデヒドロイソキノリン類の触媒的不斉水素化の機構

    2005年度日本化学会年会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. A New Efficient Method for Preparation of TlTp and the Related Complexes Using TlBH4

    2005年度日本化学会年会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. [CpRu(IV)(p-C3H5)(2-quinolinecarboxylato)]PF6錯体. アリルエーテル結合の切断・生成に有効な頑強触媒

    2005年度日本化学会年会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. 2-キノリンカルボン酸配位CpRu(iV)πアリル錯体触媒を用いる高活性、高化学選択的アリルエステル結合切断

    2005年度日本化学会年会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. カチオン性CpRu(p-C3H5)/2-キノリンカルボン酸触媒を用いるN-アリルオキシカルボニル基の除去とペプチド合成への応用

    2005年度日本化学会年会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. カチオン性CpRu/2-キノリンカルボン酸触媒を用いるアリルエーテル結合の切断・生成の機構

    2005年度日本化学会年会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. BINAP-Ru錯体を用いる(E)-3-フェニル-2-ブテン酸の不斉水素化における副鏡像異性体の起源

    2005年度日本化学会年会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. カチオン性CpRu(II)-P(C6H5)3錯体触媒を用いる中性条件でのアリルリンカー切断

    2005年度日本化学会年会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  75. 構造多様化に向けたα-アミノホスホン酸オリゴマーの行列的合成

    2005年度日本化学会年会第86春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. Mini Symposium on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  77. Origin of the Minor Enantiomeric Products in Noyori Asymmetric Hydrogenation of Olefins

    Nagoya University 21st Century COE-RCMS International Conference -Chemistry for Life - & 2nd Yoshimasa Hirata Memorial Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  78. “Development of Dehydrative Allylation of Alcohols Based on Redox-Mediated Donor-Acceptor Bifunctional Catalyst"

    Nagoya University 21st Century COE-RCMS International Conference -Chemistry for Life - & 2nd Yoshimasa Hirata Memorial Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. Catalytic Deprotection of Allyl-related Groups from Alcohols, Carboxylic Acids, and Amines Using [CpRu(?-allyl)(2-quinolinecarboxylato)]PF6

    Nagoya University 21st Century COE-RCMS International Conference -Chemistry for Life - & 2nd Yoshimasa Hirata Memorial Lecture 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  80. Catalytic Dehydrative Allylation of Alcohols

    The First International Conference on Joint Project of Chemical Synthesis Core Research Institutions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  81. The Origin of the Minor Enantiomeric Product in a Noyori Asymmetric Hydrogenation. An Evidence for the Operation of Different Mechanisms from the Major One 国際会議

    Pacifichem2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  82. Catalytic Dehydrative Allylation of Alcohols 国際会議

    Pacifichem2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  83. Mechanistic Study on Allyl Ether Cleavage using CpRuII/Quinaldic Acid Combined Catalyst 国際会議

    Pacifichem2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  84. Highly Reactive and Chemoselective Removal of Allyloxycarbonyl (AOC) Protective Group Using Air and Moisture Stable [CpRu(IV)(π -C3H5)(2-quinoline carboxylato]PF6 Catalyst" 国際会議

    Pacifichem2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  85. Origin of the Minor Enantiomeric Product in a Noyori Asymmetric Hydrogenation 国際会議

    SICC-4 Singapore International Chemical Conference 4 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  86. 高活性・高化学選択的なアリル系保護基の触媒的除去法の開発

    第88回有機合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  87. Donor-Acceptor Bifunctional Catalyst: 1,4-Addition of Organozincs to Enones and Allyl Ether Cleavage

    IRTG Symposium in Nagoya: The 1st Joint Seminar between Mu¨enster University and Nagoya University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  88. Mechanism of Catalytic Allyl Ether Cleavage Using [CpRu(h3-C3H5)(2-quinolinecarboxylato)] PF6

    The International Symposium on Dynamic ComplexesSendai International Center 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  89. Mechanistic Study on 1,4-Addition of Diorganozincs to a,b-Unsaturated Ketones Catalyzed by a Copper(I)-Sulfonamide Combined System 国際会議

    3rd Sino-Japanese Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  90. 特異的分子プローブの創出に向けたα-アミノホスホン酸重合体の合成

    第22回有機合成化学夏季大学 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  91. アリルアルコール誘導体の新規活性化法の開発―アリル系保護基の化学の新展開―

    第22回有機合成化学夏季大学 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  92. 高活性・高化学選択的脱アリル化触媒の開発

    第38回有機金属若手の会夏の学校 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  93. 生体高分子認識能の獲得に向けたα-アミノホスホン酸重合体の合成

    第38回有機金属若手の会夏の学校 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  94. アルコール類の触媒的脱水型アリル化反応の開発

    第38回有機金属若手の会夏の学校 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  95. 高活性・高化学選択的脱アリル化触媒の開発

    名古屋大学21世紀COEプログラム「物質科学の拠点形成:分子機能の解明と創造」第3回成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  96. 生体高分子認識能の獲得に向けたa-アミノホスホン酸重合体の合成

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  97. アルコール類の触媒的脱水型アリル化反応の開発

    名古屋大学21世紀COEプログラム「物質科学の拠点形成:分子機能の解明と創造」第3回成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  98. New Catalytic Method for Deprotection of Alcohols from Allyl Ethers

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  99. Solid-phase Synthesis of A New Type of Unnatural Peptide, a-Amino Phosphonic Acid Oligomer

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  100. A New Type of Pyrazine-based Linear Coordination Polymers

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  101. Catalytic Cleavage of Allyl Ethers by Use of Cationic CpRu Complexes Coordinated by 2-Pyridinecarboxylic Acid Derivatives

    The International Symposium on Dynamic Complex 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  102. Synthesis of Pyrazine-based Linear Coordination Polymers

    The International Symposium on Dynamic Complex 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  103. The First Solid-phase Synthesis of a-AminophosphonicAcid Oligomers

    The International Symposium on Dynamic Complex 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  104. ピラジン誘導体を架橋配位子とする直線型一次元配位高分子の合成

    第3回「分子スピン」シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  105. 触媒的有機物質変換反応の定量的解析

    日本電子第14回NMRユーザーズミーティング 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  106. α-ケト酸アンモニウムのα-アミノ酸への一段階変換反応の開発

    第二回有機化学若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  107. ピラジン架橋に基づく直線配位高分子の合成

    第二回有機化学若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  108. CpRuIIPF6/キナルジン酸触媒によるアリルエーテルの化学選択的切断

    第二回有機化学若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  109. 新規光学活性ビキノリン配位子BIQ-X,Rの設計と合成

    第二回有機化学若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  110. 新規光学活性ホスファゼンTAPspiroの設計と合成

    第二回有機化学若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  111. 新規光学活性モノアニオン性三座配位子Tp4Bo,3RCpentaの設計と合成

    第二回有機化学若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  112. トリアゾールを基本とする新規光学活性L-sp2N-L型ピンサー配位子の設計と合成

    第二回有機化学若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  113. 新規α-アミノホスホン酸重合体の固相合成法の確立

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  114. アルコール類の触媒的脱水型アリル化反応

    第二回有機化学若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  115. CpRuIIPF6/キナルジン酸錯体触媒をもちいるアリル系保護基の新規触媒的除去法の開発

    有機金属討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  116. 非天然ペプチド光学活性α-アミノホスホン酸重合体の固相合成

    天然物有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  117. CpRu-Quinalidic Acid Catalyst for Allyl Protective Group Chemistry 国際会議

    1st SIOC-Nagoya Univerisity Joint Conference for Young Scientist 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  118. Catalytic Leuckart-Wallach-type reductive amination of ketones 国際会議

    1st SIOC-Nagoya Univerisity Joint Conference for Young Scientist 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  119. Solid-phase synthesis of a-amino phosphonic acid oligomers 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  120. Cycloalkanone-based threo and erythro aldols as supramolecular synthons in crystal engineering 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  121. Solid-phase synthesis of a new type of unnatural peptide, a-aamino phosphonic acid oligomers

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  122. Screening of High Reactive Catalyst for Asymmetric Hydrogenation of 硫-Keto Esters under Atmospheric Pressure 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  123. Catalytic reductive amination of ketones 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  124. A new catalytic method for removal of allylic protecting groups

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  125. Catalytic removal of allyl-type protecting groups by polymer-supported phosphine CpRu complexes 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  126. Cp*Rh(III)-Catalyzed Leuckart-Wallach-type reductive amination of ketones 国際会議

    日韓若手研究者交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  127. 12C/13C Iisotope effect in 1,4-addition of diethylzinc to cyclohexenone catalysed by CuOTf-sulfonamide combined system 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  128. Synthesis of one-dimensional coordination polymers bridged by pyrazine derivatives 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  129. CpRuPF6/キナルジン酸錯体触媒をもちいるアリルエーテル結合の切断と生成

    名古屋大学21世紀COEプログラム「物質科学の拠点形成:分子機能の解明と創造」2回成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  130. 二官能性触媒を指導原理とする遷移金属錯体触媒ライブラリー の構築と活性探索

    名古屋大学21世紀COEプログラム「物質科学の拠点形成:分子機能の解明と創造」2回成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  131. 非天然ペプチド光学活性α-アミノホスホン酸重合体の合成

    名古屋大学21世紀COEプログラム「物質科学の拠点形成:分子機能の解明と創造」2回成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  132. 触媒的有機物質変換法の開発、応用、解明

    名古屋大学21世紀COEプログラム「物質科学の拠点形成:分子機能の解明と創造」2回成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  133. 触媒的合成反応の開発・応用・機構解明

    日本RXEフォーラム、東京国際フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  134. ルテニウム錯体触媒を用いるアリル系保護基の化学

    特定領域研究「動的錯体の自在制御化学」第三回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  135. アリル系保護基の新規触媒的除去法の開発

    日本化学会第84春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  136. ピラジン誘導体による架橋構造を有する一次元配位高分子の合成

    日本化学会第84春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  137. Cp*Rh(III)-Catalyzed Leuckart-Wallach-type reductive amination of ketones 国際会議

    227th American Chemical Society National Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  138. Cp*Rh(III)-CATALYZED LEUCKART-WALLACH-TYPE REDUCTIVE AMINATION OF KETONES

    COE-RCMS conference 'Frontiers of Physical Chemistry on Moleclar Materials' 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  139. 12C/13C Isotope effect in 1,4-addition of diethylzinc to cyclohexenone catalysed by CuOTf-sulfonamide combined system

    COE-RCMS conference 'Frontiers of Physical Chemistry on Moleclar Materials' 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  140. BINAP-Ru触媒をもちいるα,β-不飽和カルボン酸類の不斉水素化機構~副エナンチオマーの起源~

    COE-RCMS conference 'Frontiers of Physical Chemistry on Moleclar Materials' 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  141. α-アミノホスホン酸重合体の固相合成

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  142. A New Catalytic Method for Removal of Allylic Protecting Groups

    COE-RCMS conference 'Frontiers of Physical Chemistry on Moleclar Materials' 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  143. Cycloalkanone-based threo and erythro aldols as supramolecular synthons in crystal engineering

    COE-RCMS conference 'Frontiers of Physical Chemistry on Moleclar Materials' 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  144. Synthesis of one-dimensional coordination polymers bridged by pyrazine derivatives

    COE-RCMS conference 'Frontiers of Physical Chemistry on Moleclar Materials' 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  145. 不斉触媒反応における副鏡像異性体の起源

    特定領域研究「動的錯体の自在制御化学」合同班会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  146. The Origin of the minor enantiomer in Asymmetric Catalysis

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  147. Cycloalkanone-Based Threo and Erythro Aldols as Supramolecular Synthons in Crystal Engineering 国際会議

    The 2nd International Conferrence on Functional Molecules 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  148. 1,4-Addition of Diorganozincs to a,b-Unsaturated Ketones Catalyzed by a Copper(I)-Sulfonamide Combined System 国際会議

    The 2nd International Conferrence on Functional Molecules 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  149. Stereochemistry of Aldols: Configuration and Conformation of Aldols Derived from Cycloalkanones and Aldehydes 国際会議

    The 2nd International Conferrence on Functional Molecules 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  150. 超分子単位としてのシクロアルカノン由来トレオ型およびエリトロ型アルドール化合物

    日本化学会第83春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  151. 銅(I)-スルホンアミド混合系触媒を用いる有機亜鉛化合物のエノン類への1,4付加反応における12C/13C同位体効果

    日本化学会第83春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  152. Cp*Rh錯体触媒を用いるケトン類のLeuckart-Wallach型還元的アミノ化

    日本化学会第83春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  153. 固相担持ホスフィンルテニウム錯体を用いるアリル系保護基の触媒的除去

    日本化学会第83春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  154. α-アミノホスホン酸重合体の固相合成法の確立

    日本化学会第83春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

  155. BINAP-Ru錯体触媒を用いるα,β-不飽和カルボン酸類の不斉水素化における副生成物の起源

    日本化学会第83春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

  156. BINAP-Rhおよび-Ru錯体を触媒に用いるカガン反応の機構

    特定領域研究「動的錯体の自在制御化学」第一回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  157. The Origin of the Minor Enantiomer in Asymmetric Catalysis 国際会議

    The Origin of the Minor Enantiomer in Asymmetric Catalysis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  158. BINAP-RhおよびRu錯体を触媒に用いるKagan反応の機構

    第44回天然有機化合物討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  159. BINAP-Rh- and Ru-Catalyzed Kagan Reaction 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  160. BINAP-Rh- and Ru-Catalyzed Kagan Reaction

    2002 The 2nd Korea CMDS-Japan RCMS Joint Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  161. アリルカルボン酸エステル類の新規触媒的脱保護法の開発

    日本化学会第81春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  162. 「キラル先端ウオッチング」不斉水素化

    日本化学会第80秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  163. 21世紀の不斉分子科学

    2001 分子研研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  164. The First Solid-phase Synthesis of & 945 -Amino Phosphonic Acid Oligomers

    Pacifichem2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  165. Asymmetric Synthesis of Noncarboxylic Amino Acids by BINAP/Ru-Catalyzed Hydrogenation

    2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  166. Mechanism of Asymmetric Hydrogenation of α-(Acylamino) acrylic Esters Catalyzed by BINAP-Ruthenium(II) Diacetate 国際会議

    2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:英語  

  167. Structial Analysis of Complexes Related to Asymmetric Hydrogenation of (Z)-Methyl α-(Acetamido) cinnamate Using Ru(CH3COO)2(binap)

    2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  168. Mechanism of Asymmetric Hydrogenation of a-(Acylamino) acrylic Esters Catalyzed by BINAP-Ruthenium(II) Diacetate: Honolulu, Hawai, U.S.A

    PACIFICHEM 2000 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  169. Asymmetric Synthesis of Noncarboxylic Amino Acids by BINAP/Ru-Catalyzed Hydrogenation: Honolulu, Hawai, U.S.A, Poster(2000.12.14)

    PACIFICHEM 2000 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  170. Structural Analysis of Complexes Related to Asymmetric Hydrogenation of (Z)-Methyl a-(Acetamido)cinnamate Using Ru(CH3COO)2(binap): Honolulu, Hawai, U.S.A,

    PACIFICHEM 2000 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  171. 1B-14シクロアルカノン由来アルドール化合物の溶液中および結晶中の構造解析

    第78回有機合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  172. Structural Analysis of Complexes Related to Asymmetric Hydrogenation of (Z)-Methyl α-(Acetamido)cinnamate Using Ru(CH3COO)2(binap)

    Japan-RCMS/Korea-CMDS Joint Seminar: Nagoya 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  173. Asymmetric Addition of Dialkylzincs to Benzaldehyde Derivatives Catalyzed by Chiral β-Amino Alcohols. Evidence for the Monomeric Alkylzinc Aminoalkoxide as Catalyst

    Japan-RCMS/Korea-CMDS Joint Seminar: Nagoya 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  174. Mechanistic Study on BINAP-Ru Catalyzed Asymmetric Hydrogenation of α,β-Unsaturated Carboxylic Acid

    Japan-RCMS/Korea-CMDS Joint Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  175. Solution-Phase Behavior of Cyclohexanone-Derived Aldols

    Japan-RCMS/Korea-CMDS Joint Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  176. Mechanism of Copper(I)-Sulfonamide Catalyzed 1,4-Addition of Diorganozincs to α,β-Unsaturated Ketones

    Japan-RCMS/Korea-CMDS Joint Seminar: Nagoya 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  177. Asymmetric Synthesis of Noncarboxylic Amino Acids by BINAP/Ru-Catalyzed Hydrogenation

    Japan-RCMS/Korea-CMDS Joint Seminar Nagoya 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  178. Quantitative Analysis of the Nonlinear Effect in the DAIB-Promoted Alkylation of Aldehydes 国際会議

    Masato Kitamura

    高麗大学 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  179. Quantitative Analysis of the Nonlinear Effect in the DAIB-Promoted Alkylation of Aldehydes: Seoul, Korea 国際会議

    Masato Kitamura

    KAIST招待講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  180. Mechanism Asymmetric Hydrogenation of a-(Acylanimo) acrylic Esterss Catalyzed by BINAP-Ruthenium(II) Diacetate: Seoul, Korea

    第85回韓国化学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  181. Ru(CH3COO)2(binap)を触媒前駆体に用いるエナミド類の水素化に関連する錯体の単離・構造解析:船橋, 日本大学船橋キャンパス

    日本化学会第 78 春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  182. シクロヘキサノン由来アルドール化合物の結晶構造におけるキラリティーの効果:船橋, 日本大学船橋キャンパス

    日本化学会第78春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語  

  183. シクロヘキサノン由来アルドール化合物の結晶構造におけるキラリティーの効果:船橋, 日本大学船橋キャンパス

    日本化学会第78春季年会: 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  184. 数値解析支援による触媒機構の定量的考察―BINAP-Ru錯体を触媒に用いるエナミド類の不斉水素化機構―:大坂(2000.1.28)

    特定領域研究「有機化学新現象-多元素協同作用に基づく炭素有用結合形成の新機軸-」公開シンポジウム: 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  185. Structural Analysis of Complexes Related to Asymmetric Hydrogenation of Enamides Using Ru(CH3COO)2(binap) 名古屋、

    名古屋COE-RCMS国際会議: 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  186. Structural Analysis of Complexes Related to Asymmetric Hydrogenation of Enamides Using Ru(CH3COO)2(binap) :名古屋:ポスター(2000.1.7)

    名古屋COE-RCMS国際会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年1月

    記述言語:英語  

  187. シクロヘキサノン由来アルドール化合物の結晶構造におけるキラリティーの効果:名古屋:ポスター(2000.1.7)

    名古屋COE-RCMS国際会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年1月

    記述言語:日本語  

  188. 銅(I)スルホンアミド混合触媒による有機亜鉛化合物のα,β-不飽和ケトン類への1,4付加反応:東京

    第76回有機合成化学シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  189. BINAP-Ruジアセタート錯体を触媒に用いるa-(アシルアミノ)アクリル酸エステル類の不斉水素化の機構:東大阪, 近畿大学

    第46回有機金属化学討論会: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:日本語  

  190. BINAP-Ru錯体触媒を用いる(Z)-a-(アセトアミド)桂皮酸メチルの不斉水素化-重水素標識、速度論、同位体効果に基づく反応経路の特定-:東京(1999.9.11)

    特定領域研究「多自由度系としての原子集団及び原子のトンネル現象」公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:日本語  

  191. 有機物質合成における方法、戦略、機構:滋賀(1999.6.21)

    草津セミナー: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年6月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  192. 触媒的不斉水素化に基づく光学活性b-ヒドロキシスルホン酸類の合成:東京

    第75回有機合成シンポジウム: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年6月

    記述言語:日本語  

  193. BINAP-Ruジアセタート錯体を用いるa-(アシルアミノ)アクリル酸エステル類の触媒的不斉水素化における速度論的同位体効果:神奈川

    日本化学会第75春季年会: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年3月

    記述言語:日本語  

  194. BINAP-Ru不斉水素化法による光学活性b-ヒドロキシスルホン酸類の合成:神奈川 (1999.3.30)

    日本化学会第75春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  195. 触媒有機反応における同位体効果:賢島(1998.12.21)

    特定領域研究「多自由度系としての原子集団及び原子のトンネル現象」公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  196. 高反応性・高選択性獲得に向けての触媒機構解明:福岡

    特定領域研究「動的立体化学制御」 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  197. BINAP-Ruジアセタト錯体を触媒に用いるデヒドロアミノ酸エステルの不斉水素化機構:札幌

    重点領域研究「多自由度系としての原子集団及び原子のトンネル現象」化学系ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年6月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  198. 触媒的不斉水素化にもとづく光学活性α-アミノホスホン酸類の合成:東京, 科学技術館サイエンスホール

    第73回有機合成シンポジウム: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年6月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  199. BINAP-Ruジアセタート錯体を触媒に用いるデヒドロアミノ酸エステル類の不斉水素化機構:京都

    日本化学会第74春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  200. Cu(I)化合物-スルホンアミド混合触媒を用いる有機亜鉛化合物のalpha, be ta-不飽和ケトン類への1,4付加の反応機構:京都

    日本化学会第74春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  201. キラルなb-アミノアルコールを用いるジアルキル亜鉛のベンズアルデヒド類縁体への触媒的不斉付加反応の機構:京都

    日本化学会第74春季年会: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  202. 触媒有機反応における同位体効果:賢島

    重点領域研究「多自由度系としての原子集団及び原子のトンネル現象」公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  203. Synthesis of a-Amino Phosphonic Acids by Asymmetric Hydrogenation: kyoto: Poster 国際会議

    1st international peptide symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  204. Synthesis of a-Amino Phosphonic Acids by catalytic Asymmetric Hydrogenation: Kyoto, Japan

    The 1st International Peptide Symposium (IPS97) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年11月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  205. Synthesis of α-Amino Phosphonic Acids by Asymmetric Hydrogenation: Kyoto, Japan(1997.11.3) 国際会議

    IKCOS 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年11月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  206. Nonlinear Effect in Asymmetric Catalysis: Nagoya

    The Nagoya COE Conference on Molecular Design of Reaction Centers 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年10月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  207. 光学活性異常アミノ酸類の合成:静岡大学浜松キャンパス

    第28回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  208. 有機反応における同位体効果―触媒的不斉水素化の反応機構―:中央大学(1997.8.1)

    重点領域研究「多自由度系としての原子集団及び原子のトンネル現象」第三回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年8月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  209. Quantitative Analysis of the Chirality Amplification in the DAIB-Promoted Asymmetric Methylation of Benzaldehyde with Dimethylzinc: Gottingen, Germany 国際会議

    9th IUPAC Symposium on Organometallic Chemistry (OMCOS9) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年7月

    記述言語:英語  

  210. Origin of the Distinct Differences between Homochiral and Heterochiral Dimers of the Methylzinc Alkoxide Formed from Dimethylzinc and DAIB: Gottingen, Germany 国際会議

    9th IUPAC Symposium on Organometallic Chemistry (OMCOS9) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年7月

    記述言語:英語  

  211. 不斉有機亜鉛錯体の分子構造:東京

    日本化学会第72春季年会: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  212. 有機反応における同位体効果ー触媒的不斉水素化の反応機構ー:鳥羽(1996.12.21)

    重点領域研究「多自由度系としての原子集団及び原子のトンネル現象」第二回研究会: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年12月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  213. 触媒的不斉水素化に基づく光学活性α-アミノホスホン酸類の合成:福岡

    日本化学会第71秋季年会: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  214. BINAP-Ru錯体を用いるデヒドロアミノ酸類の不斉水素化機構:福岡

    日本化学会第71秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  215. シクロアルカノン由来アルドール化合物の溶液と結晶中における構造:福岡

    日本化学会第71秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  216. 不斉有機亜鉛錯体の動的挙動と非線形現象発現:福岡

    日本化学会第71秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  217. 不斉触媒反応における非線形現象:大阪科学技術センター

    有機合成夏期セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  218. Mixing-Induced Antiferroelectric Structure in Binary Smectic C Liquid Crystal syntrms: Ohio, USA 国際会議

    16th International Liquid Crystal Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  219. Synthesis of Amino Acids by Catalytic Asymmetric Hydrogenation: Hawaii, USA 国際会議

    1995 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  220. 触媒的不斉水素化に基づくアミノ酸類の合成:名古屋

    有機合成化学総合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  221. Asymmetric Hydrogenation of b-Keto Phosphonates: A Practical Way to Fosfomycin: Fess Parker's Red Lion Resort in Sant Barbara, California 国際会議

    8th International Symposium on Organometallic Chemistry Directed towards Organic Synthesis 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年8月

    記述言語:英語  

  222. "Chemistry of Supramolecules and Assemblies": New England College, USA 国際会議

    Gordon Research Conferences 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年7月

    記述言語:英語  

  223. Effect of Configuration of the Branching Terminal Group on the Stability of Antiferroelectric Liquid Crystals: University of Cambridge, Cambridge, England 国際会議

    5th Internatinal Conference on Ferroelectric Liquid Crystals 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年7月

    記述言語:英語  

  224. 不斉有機亜鉛錯体の溶液中での動的挙動, 京都

    日本化学会第69春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  225. 動的速度論分割に基づく光学活性α-アミノ-β-ヒドロキシホスホン酸類の立体選択的合成:京都

    日本化学会第69春季年会: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  226. 有機亜鉛化合物のα,β-不飽和カルボニル化合物への触媒的1,4付加反応:京都

    日本化学会第69春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  227. BINAP-Ru錯体触媒を用いるエナミド類の不斉水素化機構:京都

    日本化学会第69春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  228. キラルおよびアキラルな有機亜鉛錯体の自己および非自己認識:京都

    日本化学会第69春季年会: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  229. 反強誘電性液晶:名古屋

    日本化学会第68秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  230. 不斉増幅現象の定量的解析:名古屋

    日本化学会第68秋季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  231. BINAP-Ru水素化法に基づく生理活性物質の合成:東京

    早稲田大学シンポジウム・国際会議場: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  232. BINAP-Ru錯体を触媒に用いるエナミド類の不斉水素化:東京

    重点領域研究「有機電気化学」第2回公開シンポジウム: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  233. 動的速度論分割の定量的解析

    重点領域研究「キラル分子の不斉合成」第2回公開シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年6月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  234. 動的速度論分割に基づく立体選択的水素化反応:京都教育文化センター

    シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年5月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  235. BINAP-Ru錯体を触媒に用いるエナミド類の不斉水素化:高槻

    住友化学工業(株)有機合成研究所発足5周年記念シンポジウム: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  236. Mathematical Treatment of Kinetic Resolution of Chirally Labile Substrates: Kobe 国際会議

    OMCOS 7(Seventh IUPAC Symposium on Organo-metallic Chemistry Directed toward Organic Synthesis: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  237. 触媒的不斉アルキル化反応における非線形現象の定量的解析:東京

    日本化学会第67春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  238. 光学活性ヒドロキシアルキルホスホン酸類の不斉合成:東京

    日本化学会第67春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  239. 2-アシル-1-アルキリデン-1,2,3,4-テトラヒドロイソキノリン類の立体配座解析:東京

    日本化学会第67春季年会: 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 22

  1. 触媒的不斉水素化による光学活性β-ヒドロキシスルホン酸類の合成

    1999年

  2. 光学活性ヒドロキシアルキルホスホン酸類の製造方法

    1995年

  3. ホスホマイシンの製造法

    1994年

  4. 光学活性ジアルキルβ-ヒドロキシアルキルホスホネート及びその製造法

    1993年

  5. ルテニウム-ホスフィン錯体およびその製造中間体

    1991年

  6. ルテニウム-ホスフィン錯体およびその製造中間体

    1990年

  7. 光学活性γ-ブチロラクトン誘導体の製造方法

    1990年

  8. 光学活性などビナフチル誘導体およびその製造法

    1990年

  9. カルニチンの合成(特許)

    1989年

  10. 光学活性アルコールおよびその誘導体の製造方法

    1989年

  11. L-スレオ-DOPSの製造法

    1989年

  12. 5-アミノ-4-ヒドロキシ吉草酸誘導体の立体選択的合成法

    1989年

  13. 光学活性アリルアルコール類の製法

    1988年

  14. β-ラクタム化合物の製造法(特許)

    1987年

  15. 光学活性4-置換-2-シクロペンテノン類の製造法

    1987年

  16. (+)-N-アミノ-1-(4-メトキシフェニルメチル)-1,2,3,4,5,6,7,8-オクタヒドロイソキノリンの製造法

    1987年

  17. 2,2'-ビス[ジ-(p-メトキシフェニル)ホスフィノ]-1,1'-ビナフチルの合成

    1987年

  18. 光学活性アルコールの製法

    1987年

  19. 触媒的不斉水素化に基づくb-メチルチエナマイシンの合成

    1987年

  20. 触媒的不斉水素化に基づくアリルアルコール類の速度論的分割

    1987年

  21. イソキノリンアルカロイドの合成

    1986年

  22. 触媒的不斉1,3水素移動に基づく速度論分割による(R)-4-ヒドロキシ-2-シクロペンテノンの合成

    1986年

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. オレフィン類の触媒的不斉水素化の機構解明

    2007年4月 - 2008年3月

    三菱財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. アリル系保護基の新規触媒的除去法の開発

    2005年4月 - 2006年3月

    山田財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 生理活性物質創製に向けた非天然α-アミノホスホン酸 重合体の固相合成法の開発

    2003年4月 - 2004年3月

    上原財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 4

  1. 非ホスフィン系N4配位子を用いるケトン類の触媒的不斉水素化

    2009年 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:21350053

    北村 雅人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 貴金属・シリカ被覆磁性マイクロ粒子担持触媒の開発

    2008年

    科学研究費補助金  特定領域研究,課題番号:20037028

    北村 雅人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 貴金属・シリカ被覆磁性マイクロ粒子担持触媒の開発

    2007年

    科学研究費補助金  特定領域研究(公募,A03),課題番号:19028024

    北村 雅人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 新規光学活性N4配位子R-BINAN-R’-Pyの開発とその錯体の触媒機能

    2007年

    科学研究費補助金  特定領域研究(公募,A01),課題番号:19020023

    北村 雅人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

産業財産権 15

  1. 2-アルケニルアミン化合物の製造方法

    北村雅人、石橋圭孝 、福本直也

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学

    出願番号:特願2011-188769  出願日:2011年8月

    出願国:国内  

  2. 新規光学活性sp2窒素系二座配位子Naph-diPIMのルテニウム錯体を触媒に用いる脱水的不斉アリル化

    特願2011-068664

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学

    出願番号:特願2011-068664  出願日:2011年3月

    出願国:国内  

  3. チオール類およびチオイック-S-アシッド類の触媒的脱水型アリル化

    北村雅人、田中慎二

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学

    出願番号:特願2010-104529  出願日:2010年4月

    出願国:国内  

  4. 不斉合成触媒用配位子及びそれを用いたα-アルケニル環状エーテル類の製造方法

    北村雅人、田中慎二

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学

    出願番号:特願2009-233813  出願日:2009年10月

    出願国:国内  

  5. Prepartion of 5-amino-6-hydroxy-2-phenyl-4(1H)-pyrimidines and oxidative hair dye composition containing them.

     詳細を見る

    出願番号:JP 2007-051098  出願日:2007年3月

    特許番号/登録番号:CAN 146:274389 AN 2007:220395  登録日:2007年 

    出願国:外国  

  6. 不斉触媒作用用キラル四座配位子並びにその使用

    北村雅人

     詳細を見る

    出願番号:特願2006-128709  出願日:2006年5月

    出願国:国内  

  7. アミノピリジン誘導体及びそれを含有する染毛剤組成物

    北村雅人、神田尚希

     詳細を見る

    出願番号:2005-237737  出願日:2005年8月

    出願国:国内  

  8. Preparation of Optically pure N-acyltetrahydroisoquinolines as pharmaceutical intermediates

     詳細を見る

    公開番号:EP-245960 

    登録日:1987年11月 

    出願国:外国  

  9. 新規な一次元配位高分子錯体

    北村雅人、中野啓二

     詳細を見る

    出願番号:特願 2004-068218 

    公開番号:EP-1574542 

    登録日:2005年9月 

    出願国:外国  

  10. 新規なルテニウム錯体を用いたアリル系保護基の除去方法及びアリルエーテル類の製造方法

    北村雅人、田中慎二、佐分 元

     詳細を見る

    公開番号:US-2005203317 

    登録日:2005年9月 

    出願国:国内  

  11. Method of Producing an Optically Active Beta-hydroxy Sulfronic Acid Compound by Catalytic Asymmetric Hydrogenation

     詳細を見る

    公開番号:canadian patent 2310302 

    登録日:2005年2月 

    出願国:外国  

  12. 溶媒蒸留装置

    Kitamura, Masato; Noyori, Ryoji; Noda, Toshiaki

     詳細を見る

    公開番号:US-202050499 

    登録日:2002年5月 

    出願国:外国  

  13. 真空排気兼不活性ガス導入装置

    野田敏昭、香月真澄、夏目秀子、北村雅人

     詳細を見る

    出願番号:特開2002-130124 

    登録日:2002年 

    出願国:国内  

  14. Process for producing optically active gamma-butyrolactone derivatives

     詳細を見る

    公開番号:EP478147 

    登録日:1992年4月 

    出願国:外国  

  15. Process for producing optically active threo-dihydroxyphenylserine derivatives

     詳細を見る

    公開番号:EP-375554 

    登録日:1990年6月 

    出願国:外国  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 13

  1. 創薬精密科学

    2013

  2. 先端有機化学

    2013

  3. 基盤創薬概論

    2013

  4. 化学講究

    2013

  5. 化学基礎II

    2013

  6. 有機化学特論II

    2013

  7. 化学基礎II

    2012

  8. 創薬精密科学

    2012

  9. 先端有機化学

    2012

  10. 基盤創薬概論

    2012

  11. 化学講究

    2012

  12. 有機化学特論

    2012

  13. 化学基礎Ⅱ

    2011

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. 2006年4月 - 2007年3月

  2. 2006年4月 - 2007年3月

  3. 2005年4月 - 2006年3月

  4. 2005年4月 - 2006年3月

 

社会貢献活動 2

  1. 非常勤講師

    役割:講師

    愛知工業大学  大学院の講義  愛知工業大学  2018年4月 - 2018年9月

     詳細を見る

    対象: 大学院生

    種別:出前授業

    有機合成・反応化学特論の講義を期間中月曜日に行った

  2. フールドワーク(訪問学習)

    2013年5月

     詳細を見る

    名古屋大学附属高校「総合人間科目訪問学習指導」の一環で「生き方を探る」という「テーマ」で自分の人生を自覚的に選択できる力を養うための学習