2021/11/01 更新

写真a

オオヒラ ヒデキ
大平 英樹
OHIRA, Hideki
所属
大学院情報学研究科 心理・認知科学専攻 心理学 教授
大学院担当
大学院環境学研究科
大学院情報学研究科
学部担当
文学部
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2001年10月   岐阜大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 生理的反応

  2. ストレス

  3. 意思決定

  4. 認知

  5. 感情

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 実験心理学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 感情とストレスに伴う脳と免疫系機能の関連

  2. 感情処理と感情制御の神経・生理的基盤

  3. 感情的意思決定の神経基盤

学歴 2

  1. 東京大学   社会学研究科   社会心理学

    1986年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   文学部   社会心理学

    1980年4月 - 1984年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本心理学会   編集委員

  2. 日本感情心理学会   常任理事

  3. 日本生理心理学会   編集委員、評議員

 

論文 148

  1. A learning mechanism shaping risk preferences and a preliminary test of its relationship with psychopathic traits 査読有り

    Takeyuki Oba, Kentaro Katahira, Hideki Ohira

    Scientific reports   11 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 11   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Role of the Orbitofrontal Cortex in the Computation of Relationship Value 査読有り

    Yohsuke Ohtsubo, Masahiro Matsunaga, Toshiyuki Himichi, Kohta Suzuki, Eiji Shibata, Reiko Hori, Tomohiro Umemura, Hideki Ohira

    Social Neuroscience   15 巻 ( 5 ) 頁: 1 - 13   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. The neural network basis of altered decision making in patients with amyotrophic lateral sclerosis 査読有り

    Kazunori Imai, Michihito Masuda, Hirohisa Watanabe, Aya Ogura, Reiko Ohdake, Yasuhiro Tanaka, Toshiyasu Kato, Kazuya Kawabata, Yuichi Riku, Kazuhiro Hara, Ryoichi Nakamura, Naoki Atsuta, Epifanio Bagarinao, Kentaro Katahira, Hideki Ohira, Masahisa Katsuno, Gen Sobue

    Annals of clinical and translational neurology   7 巻 ( 11 ) 頁: 2115 - 2126   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/acn3.51185

  4. Costly group apology communicates a group's sincere "intention" 査読有り

    Y Ohtsubo, M Matsunaga, T Himichi, K Suzuki, E Shibata, R Hori, T Umemura, H Ohira

    Social neuroscience   2019Nov29 巻   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/17470919.2019.1697745

  5. Prediction of 11-year incidence of psychophysically dependent status or death among community-dwelling younger elderlies: from an age-specified community-based cohort study 査読有り

    S Okabayashi, T Kawamura, H Nomura, K Wakai, M Ando, K Tsushita, H Ohira, S Ukawa, A Tamakoshi

      26 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 9   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Reliability of online surveys in investigating perceptions and impressions of faces 招待有り 査読有り

    Naoyasu Hirao, Koyo Koizumi, Hanako Ikeda, Hideki Ohira

    Frontiers in Psychology   12 巻   頁: 1 - 7   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

  7. 感情と意思決定を創発する予測的処理 査読有り

    大平 英樹

    人工知能   36 巻 ( 1 ) 頁: 21 - 27   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: doi.org/10.11517/jjsai.36.1_21

  8. Food group intakes and all-cause mortality among a young older Japanese poputation of the same age; the New Integrates Suburban Seniority Investigation Project 査読有り

    T Sasakabe, K Wakai, S Ukawa, M Ando, T Kawamura, S Okabayashi, K Tsushita, H Ohira, A Tamakoshi

    Nagoya Journal of Medical Science   83 巻 ( 1 ) 頁: 169 - 182   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.83.1.169

  9. Predictive Processing of Interoception, Decision-Making, and Allostasis: A Computational Framework and Implications for Emotional Intelligence 査読有り

    Hideki Ohira

    Psychological Topics   29 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 16   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. 特集「歴史と感情」巻頭言

    大平 英樹

    エモーション・スタディーズ   5 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 3   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: doi.org/10.20797/ems.5.1_1

  11. 意味と感情の予測的処理:中山論文へのコメント

    大平 英樹

    心理学評論   63 巻 ( 1 ) 頁: 44 - 54   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  12. 文化と歴史における感情の共構成 査読有り

    大平 英樹

    エモーション・スタディーズ   5 巻 ( 1 ) 頁: 4 - 15   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.20797/ems.5.1_4

  13. ソマティック・マーカー

    大平 英樹

    臨床心理学   20 巻   頁: 249 - 253   2020年

  14. Cardiac interaction between mother and infant: enhancement of heart rate variability 査読有り

    A Suga, M Uraguchi, A Tange, H Ishikawa, H Ohira

    Scientific Reports   9 巻 ( 1 )   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-56204-5

  15. 脳と身体の予測的符号化とその不全:ー守谷・国里・杉浦論文へのコメントー 査読有り

    大平英樹

    心理学評論   62 巻 ( 1 ) 頁: 132-141   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. The Effect of Reduced Learning Ability on Avoidance in Psychopathy: A Computational Approach 査読有り

    T Oba, K Katahira, H Ohira

    Frontiers in Psychology   10 巻   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpsyg.2019.02432

  17. Biases in estimation the balance between model-free and model-based learning systems due to model misspecification 査読有り

    A Toyama, K Katahira, H Ohira

    Journal of Mathematical Psychology   91 巻   頁: 88-102   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jmp.2019.03.007

  18. Can Morality Be Ascribed to Robot ?

    S Nagataki, H Ohira, T Kashiwabata, T Konno, T Hashimoto, T Miura, M Shibata, S Kubota

    Proceedings of the XX International Conference on Human Computer Interaction,     2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1145/3335595.3335643

  19. Lifestyle and psychosocial factors and a decline in competence in daily living among Japanese early elderly people: from an age-specified community-based cohort study (NISSIN project) 査読有り

    A Okabayashi, T Kawamura, K wakai, M Ando, K Tsushita, H Ohira, S Ukawa, A Tamakoshi

    Environmental health and preventive medicine   24 巻 ( 1 ) 頁: 28   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12199-019-0787-7

  20. Reinforcement learning with parsimonious computation and a forgetting process 査読有り

    A Toyama, K Katahira, H Ohira

    Frontiers in Human Neuroscience   13 巻   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2019.00153

  21. On the robot as a moral agent 査読有り

    S Nagataki, M Shibata, T Hashimoto, T Kashiwabata, T Konno, H Ohira, T Miura, S Kubota

    Interaccion   24 巻   頁: 1-24   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Reward-Driven Arousal Impacts Preparation to Perform a Task via Amygdala-Caudate Mechanisms 査読有り

    N Watanabe, JP Bhanji, H Ohira, MR Delgado

    Cerebral Cortex     2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1093/cercor/bhy166

  23. Group size Effects on inter-blink interval as an indicator of antipredator vigilance in wild baboons 査読有り

    A Matsumoto-Oda, K Okamoto, K Takahashi, H Ohira

    Scientific reports   8 巻 ( 1 )   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-28174-7

  24. Costly apologies communicate conciliatory intention: an fMRI study on forgiveness in response to costly apologies 査読有り

    Y Ohtsubo, M Matsunaga, H Tanaka, K Suzuki, F Kobayashi, E Shibata, R Hori, T Umemura, H Ohira

    Evolution and Human Behavior   39 巻 ( 2 ) 頁: 249-256   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Emotional arousal at memory encoding enhanced P300 in the Concealed Information Test 査読有り

    Osugi, A., & Ohira, H.

    Frontiers in Psychology   8 巻   頁: 2334   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpsyg.2017.02334

  26. Regulation of functions of the brain and body by the principle of predictive coding: Implications for impairments of the brain-gut axis 査読有り

    H Ohira

    Psychological topics   27 巻 ( 1 ) 頁: 1-15   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Neural and genetic correlates of the social sharing of happiness 査読有り

    Matsunaga, M., Kawamichi, H., Umemura, T., Hori, R., Shibata, E., Kobayashi, F., Suzuki, K., Ishii, K., Ohtsubo, Y., Noguchi, Y., Ochi, M., Yamasue, H., & Ohira, H.

    Frontiers in Neuroscience   11 巻   頁: 718   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnins.2017.00718

  28. Association of oxytocin and parental prefrontal activation during reunion with infant: An fNIRS study 査読有り

    Ito, J., Fujiwara, T., Monden, Y., Yamagata, T., & Ohira, H.

      5 巻   頁: 271   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fped.2017.00271

  29. Selective fair behavior as a function of psychopathic traits in a subclinical population 査読有り

    Osumi, T., & Ohira, H.

    Frontiers in Psychology   8 巻   頁: 1604   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpsyg.2017.01604

  30. High emotional arousal enables subliminal detection of concealed information 査読有り

    Osugi, A., & Ohira H.,

    Psychology   8 巻   頁: 1482-1500   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/psych.2017.810098

  31. 内受容感覚に基づく行動の制御 査読有り

    大平 英樹

    BRAIN and NERVE   69 巻 ( 4 ) 頁: 383-395   2017年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. おむつ形状の違いによる母子のおむつ交換負荷の差異ー心拍変動性と行動コーディングによる評価ー 査読有り

    菅 文美、丹下明子、石川浩樹、浦口真喜、大平英樹

    日本感性工学会論文誌   16 巻 ( 2 ) 頁: 197-203   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5057/jske.TJSKE-D-16-00092

  33. 脳活動の同期を導くメカニズムー定藤論文へのコメントー 査読有り

    大平英樹

    心理学評論   59 巻 ( 3 ) 頁: 283-291   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. A Simple Computational Algorithm of Model-based Choice Preference 査読有り

    Asako Toyama, Kentaro Katahira, & Hideki Ohira

    Cognitive, Affective, and Behavioral Neuroscience     2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3758/s13415-017-0511-2

  35. Involvement of the ventrolateral prefrontal cortex in learning others' bad reputations and indelible distrust. 査読有り

    Suzuki, A., Ito Y., Kiyama, S., Kunimi, M., Ohira, H., Kawaguchi, J., Tanabe, H.C., & Nakai, T.

    Frontiers in Human Neuroscience   10 巻 ( 28 )   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2016.00028

  36. Prolonged effects of acute stress on decision-making under risk : A human psychophysiological study 査読有り

    Yamakawa, K., Matsunaga, M., Ohira, H. & Isowa, T.

    Frontiers in Human Neuroscience   10 巻   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10:3389/fnhum.2016.00444

  37. Serotonin transporter gene polymorphism modulates inflammatory cytokine responses during acute stress. 査読有り

    Kaori Yamakawa, Masahiro Matsunaga, Tokiko Isowa & Hideki Ohira

    Scientific Reports   5 巻   頁: 10.1038/srep13852   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep13852

  38. Insular neural system controls decision-making in healthy and methamphetamine-treated rats. 査読有り

        2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: www,pnas.org/cgi/doi/10.1073/pnas.1418014112

  39. Valence-separated representation of reward prediction error in feedback-related negativity and positivity. 査読有り

    Bai, Y., Katahira, K., & Ohira, H.

    Neuroreport   26 巻 ( 3 ) 頁: 157-162   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. 内受容感覚と意思決定 査読有り

    大平英樹

    日本神経精神薬理学雑誌   35 巻   頁: 11-18   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. ストレスと認知機能:脳と身体の機能的相関 査読有り

    大平英樹

    ストレス科学   29 巻   頁: 13-23   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Analysis of skin conductance response during evaluation of preferences for cosmetic products. 査読有り

    Ohira, H., & Hirao, N.

    Frontiers in Psychology   6 巻   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/5psyg.2015.00103

  43. Neural and sympathetic activity associated with exploration in decision-making:Further evidence for involvement of insula. 査読有り

    Ohira, H., Ichikawa, N., Kimura, K., Fukuyama, S., Shinoda, J., & Yamada, J.

    Frontiers in Behavioral Neuroscience   8 巻 ( 381 )   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnbeh.2014.00381

  44. Dual learning processes underlying human decision-making in reversal learning tasks: functional significance and evidence from the model fit to human behavior.

    Yu Bai, Kentaro Katahira and Hideki Ohira

    Frontiers in Psychology   5 巻 ( 871 )   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpsyg.2014.00871

  45. Effects of emotional context during encoding: An advantage for negative context in immediate recognition and positive context in delayed recognition. 査読有り

    Toyama,A., Katsuhara,M., Sakurai,Y., & Ohira,H.

    Psychology   5 巻 ( 9 ) 頁: 994-1000   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. 感情的意思決定を支える脳と身体の機能的関連 査読有り

    大平英樹

    心理学評論   57 巻   頁: 94-119   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Genetic variations in the Human Cannabinoid Receptor Gene Are Associated with Happiness. 査読有り

    Masahiro Matsunaga, Tokiko Isowa, Kaori Yamakawa, Seisuke Fukuyama, Jun Shinoda, Jitsuhiro Yamada, Hideki Ohira

    PLOS ONE     2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0093771

  48. 島の機能と自己感 査読有り

    大平英樹

    Brain and Nerve   66 巻   頁: 417-427   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. 意思決定と島の機能 査読有り

    大平英樹

    神経心理学   30 巻   頁: 11-18   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Neural mechanisms mediating association of sympathetic activity and exploration in decision-making. 査読有り

    Neuroscience   ( 246 ) 頁: 362-374   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Vagal nerve activity as a moderator of brain-immune relationships. 査読有り

    Ohira,H., Matsunaga,M., Osumi,T., Fukuyama,S., Shinoda,J., Yamada,J., &Gidron,Y.

    Journal of Neuroimmunology   ( 260 ) 頁: 28-36   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. 慢性ストレスと意思決定 査読有り

    大平英樹

    ストレス科学研究   28 巻   頁: 8-15   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Pro-inflammatory cytokine predicts reduced rejection of unfair financial offers. 査読有り

    Ohira,H., Osumi,T., Matsunaga,M., & Yamakawa,K.

    Neuroendocrinology Letters   ( 34 ) 頁: 47-51   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Brain-Immune Interaction Accompanying Odor-evoked Autobiographic Memory. 査読有り

    Matsunaga, M., Bai, Y., Yamakawa, K., Toyama, A., Kashiwagi, M., Fukuda, K., Oshida, A., Sanada, K., Fukuyama, S., Shinoda, J., Yamada, J., Sadato, N., & Ohira, H.

    PLoS ONE   8 巻 ( 8 ) 頁: e72523   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Eye-Blink Behaviors in 71 Species of Primates. 査読有り

    Tada, H., Omori, Y., Hirokawa, K., Ohira, H., & Tomonaga, M.

    PLoS ONE   8 巻   頁: e66018   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Modulation of Emotion by Cognitive Activity. 査読有り

    Iida, S., Tanabe, C, H., Nakao, T., & Ohira, H.

    Psychological Topics   22 巻 ( 2 ) 頁: 205-219   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. The Structure of Mindful Brain 査読有り

    Murakami, H., Nakao, T., Matsunaga, M., Kasuya, Y., Shinoda, J., Yamada, J., & Ohira, H.

    PLoS ONE   7 巻 ( 9 ) 頁: e46377   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Chronic stress modulates neural and cardiovascular responses during reversal learning. 査読有り

    Ohira, H., Matsunaga, M., Kimura, K., Murakami, H., Osumi, T., Isowa, T., Fukuyama, S., Shinoda, J., & Yamada, J.

    Neuroscience.   193 巻   頁: 193–204   2011年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Unintentional temporal-context-based prediction of emotional faces: An electrophysiological study.

    Kimura, M., Kondo, H., Ohira, H., & Schroger, E.

    Cerebral Cortex     2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093

  60. Modulation of stress reactivity in brain and body by serotonin transporter promoter polymorphism. Japanese Psychological Research. 査読有り

    Ohira Hideki

    Japanese Psychological Research.   53 巻 ( 2 ) 頁: 193–210   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Functional Association Between the Brain and Physiological Responses Accompanying Negative and Positive Emotions and Its Regulation by Genetic Factors 査読有り

    Ohira Hideki

    Primatology Monographs   0 巻   頁: 367-387   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Genetic variations in the serotonin transporter gene-linked polymorphic region influence attraction for a favorite person and the associated interactions between the central nervous and immune systems. 査読有り

    Matsunaga M, Murakami H, Yamakawa K, Isowa T, Kasugai K, Yoneda M, Kaneko H, Fukuyama S, Shinoda J, Yamada J, Ohira H.

    Neuroscience Letters     頁: 211-215   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Brain and autonomic association accompanying stochastic decision-making. 査読有り

    Ohira, H., Ichikawa, N., Nomura, M., Isowa, T., Kimura, K., Kanayama, N.,Fukuyama, S., Shinoda, J., & Yamada, J.

    NeuroImage   49 巻   頁: 1024-1037   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. The positive side of psychopathy: Emotional detachment in psychopathy and rational decision-making in the ultimatum game. 査読有り

    Osumi, T., & Ohira, H.

    Personality and Individual Differences   49 巻   頁: 451-456   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. The somatic marker revisited: brain and body in emotional decision making. 査読有り

    Ohira, H.

    Emotion Review   2 巻   頁: 245-249   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Self-knowledge reduces conflict by biasing one of plural possible answers. 査読有り

    Nakao, T., Mitsumoto, M., Nashiwa,H., Takamura,M., Tokunaga, S.,Miyatani,M., Ohira, H., Katayama, K., Okamoto, A., & Watanabe, Y.

    Personality and Social Psychology Bulletin   36 巻   頁: 455-469   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. EEG Evidence of Face-specific Visual Self-Representation. 査読有り

    Miyakoshi, M., Kanayama, N., Iidaka, T., Ohira, H.

    NeuroImage   50 巻   頁: 1666-1675   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Medial prefrontal cortex - dorsal anterior cingulate cortex connectivity during behavior selection without an objective correct answer. 査読有り

    Nakao, T., Osumi, T., Ohira, H., Kasuya, Y., Shinoda, J., Yamada, J., & Northoff, G.

    Neuroscience Letters   ( 482 ) 頁: 220-224   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Reduced recollective memory about negative items in high trait anxiety individuals: an ERP study. 査読有り

    Inaba M, Ohira H.

    International Journal of Psychophysiology   74 巻 ( 2 ) 頁: 106-113   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Cardiac responses predict decisions: an investigation of the relation between orienting response and decisions in the ultimatum game 査読有り

    Osumi T, Ohira H.

    International Journal of Psychophysiology   74 巻 ( 1 ) 頁: 74-79   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Profiling of serum proteins influenced by warm partner contact in healthy couples 査読有り

    Matsunaga M, Sato S, Isowa T, Tsuboi H, Konagaya T, Kaneko H, Ohira H.

    Neuro Endocrinol Lett   30 巻 ( 2 ) 頁: 227-236   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. *Polymorphism of the serotonin transporter gene modulates brain and physiological responses to acute stress in Japanese men 査読有り

    Ohira H, Matsunaga M, Isowa T, Nomura M, Ichikawa N, Kimura K, Kanayama N, Murakami H, Osumi T, Konagaya T, Nogimori T, Fukuyama S, Shinoda J, Yamada J.

    Stress   in press. 巻   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Neural bases of behavior selection without an objective correct answer. 査読有り

    Nakao T, Osumi T, Ohira H, Kasuya Y, Shinoda J, Yamada J.

    Neuroscience Letters   459 巻 ( 1 ) 頁: 30-34   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. *Brain and autonomic association accompanying stochastic decision-making 査読有り

    Ohira H, Ichikawa N, Nomura M, Isowa T, Kimura K, Kanayama N, Fukuyama S, Shinoda J, Yamada J.

    Neuroimage   49 巻 ( 1 ) 頁: 1024-1037   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Human Visual System Automatically Encodes Sequential Regularities of Discrete Events 査読有り

    Kimura M, Schröger E, Czigler I, Ohira H.

    Journal of Cognitive Neuroscience   in press. 巻   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. *Regulation of natural killer cell redistribution by prefrontal cortex during stochastic learning. 査読有り

    Ohira H, Fukuyama S, Kimura K, Nomura M, Isowa T, Ichikawa N, Matsunaga M, Shinoda J, Yamada J.

    Neuroimage   47 巻 ( 3 ) 頁: 897-907   2009年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Transient responses of inflammatory cytokines in acute stress. 査読有り

    Yamakawa K, Matsunaga M, Isowa T, Kimura K, Kasugai K, Yoneda M, Kaneko H, Ohira H.

    Biological Psychology   82 巻   頁: 25-32   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Influence of attention to somatic information on emotional and autonomic responses 査読有り

    Murakami H, Ohira H, Matsunaga M, Kimura K.

    Percepteptual and Motor Skills   108 巻 ( 2 ) 頁: 531-539   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Visual mismatch negativity: new evidence from the equiprobable paradigm. 査読有り

    Kimura M, Katayama J, Ohira H, Schröger E.

    Psychophysiology   46 巻 ( 2 ) 頁: 402-409   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Association of polymorphism in the human mu-opioid receptor OPRM1 gene with proinflammatory cytokine levels and health perception. 査読有り

    Matsunaga M, Isowa T, Murakami H, Kasugai K, Yoneda M, Kaneko H, Ohira H.

    Brain, Behavior, and Immunity   23 巻 ( 7 ) 頁: 931-935   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Associations among positive mood, brain, and cardiovascular activities in an affectively positive situation. 査読有り

    Matsunaga M, Isowa T, Kimura K, Miyakoshi M, Kanayama N, Murakami H, Fukuyama S, Shinoda J, Yamada J, Konagaya T, Kaneko H, Ohira H.

    Brain Research   1263 巻   頁: 93-103   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Association of serotonin transporter gene polymorphism and emotion regulation. 査読有り

    Murakami H, Matsunaga M, Ohira H.

    Neuroreport   20 巻 ( 4 ) 頁: 414-418   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. The role of gamma band oscillations and synchrony on rubber hand illusion and crossmodal integration. 査読有り

    Kanayama N, Sato A, Ohira H.

    Brain and Cognition   69 巻 ( 1 ) 頁: 19-29   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Multisensory processing and neural oscillatory responses: separation of visuotactile congruency effect and corresponding electroencephalogram activities. 査読有り

    Kanayama N, Ohira H.

    Neuroreport   20 巻 ( 3 ) 頁: 289-293   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Cardiac responses predict decisions: An investigation of the relation between orienting response and decisions in the ultimatum game. 査読有り

    Osumi, T., & Ohira, H.

    International Journal of Psychophysiology   74 巻   頁: 74-79.   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Editorial for the Special Issue: Neuroscience on Emotion. 査読有り

    Ohira, H.

    Psychologia   52 巻   頁: 91-92   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Medial prefrontalcortex and cognitive regulation. 査読有り

    Nakao, T., Takezawa, T., Miyatani, M., & Ohira, H.

    Psychologia   52 巻   頁: 93-109   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Event-related brain potential evidence for implicit change detection: a replication of Fernandez-Duque et al. (2003). 査読有り

    Kimura M, Katayama J, Ohira H.

    Neuroscience Letters   448 巻 ( 3 ) 頁: 236-239   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. The temporal redistribution pattern of NK cells under acute stress based on CD62L adhesion molecule expression. 査読有り

      70 巻 ( 1 ) 頁: 63-69   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. ERP study of viewpoint-independence in familiar-face recognition. 査読有り

    Miyakoshi M, Kanayama N, Nomura M, Iidaka T, Ohira H.

    International Journal of Psychophysiology   69 巻 ( 2 ) 頁: 119-126   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. *Imaging brain and immune association accompanying cognitive appraisal of an acute stressor. 査読有り

    Ohira, H., Isowa, T., Nomura, M., Ichikawa, N., Kimura, K., Miyakoshi, M., Iidaka, T., Fukuyama, S., Nakajima, T., Yamada, J.

    Neuroimage   22 巻 ( 3 ) 頁: 408-417   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Activities of brain, cardiovascular, endocrine, and immune systems were measured simultaneously and their functional association was examined during an acute stress task where controllability of the stressor was manipulated experimentally. Results revealed that neural network in the orbitofrontal and medial prefrontal cortices is involved in evaluation of controllability and top down modulation over peripheral physiological responses.

  92. 感情鈍磨現象の2様態 : 離人症状とサイコパシーにおける感情鈍磨現象の検討 査読有り

    金山 範明 , 大隅 尚広 , 飯村 里沙 , 余語 真夫 , 大平 英樹

    パーソナリティ研究   17 巻 ( 1 ) 頁: 104-107   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Associations among central nervous, endocrine, and immune activities when positive emotions are elicited by looking at a favorite person. 査読有り

    Matsunaga, M., Isowa, T., Kimura, K., Miyakoshi, M., Kanayama, N., Murakami, H., Sato, S., Konagaya, T., Nogimori, T., Fukuyama, S., Shinoda, J., Yamada, J., & Ohira, H.

    Brain Behavior and Immunity   ( 22 ) 頁: 408-417   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Psychological and physiological responses accompanying positive emotions elicited on seeing favorite persons. 査読有り

    Matsunaga, M., Yamauchi, T., Nogimori, T., Konagaya, T., & Ohira, H.

    The Journal of Positive Psychology   ( 3 ) 頁: 192-201   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Regulation of lymphocytes redistribution via autonomic nervous activity during stochastic learning. 査読有り

    Kimura K., Ohira H., Isowa T., Matsunaga M., Murashima S.

    Brain, Behavior, and Immunity   21 巻   頁: 921-934   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Innate immune cells such as natural killer increase and acquired immune cells such as T cells decrease accompanying cognitive and physical load (redistribution of lymphocytes). This study clarified that such redistribution is regulated in a top-down fashion by the brain by using a stochastic learning task.

  96. 日本語版一次性・二次性サイコパシー尺度の信頼性と妥当性の検討 査読有り

    大隅尚広・金山範明・杉浦義典・大平英樹

    パーソナリティ研究   16 巻   頁: 117-120   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. 生物学的ポジティブ科学の構想 招待有り

    大平英樹

    ストレス科学研究   22 巻   頁: 8-15   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  98. 脳研究を正しく評価するために 査読有り

    大平英樹

    朝日総研リポート   210 巻   頁: 40‐63   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. 過敏性腸症候群における脳腸相関に関する研究 愛知医科大学医学会雑誌 査読有り

    金澤太茂・小長谷敏浩・今村祐志・金山範明・松永昌宏・大平英樹・福山誠介・篠田淳・野村理朗・野木森剛・金子宏・各務伸一

    愛知医科大学医学会雑誌   35 巻   頁: 59-70   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Influence of attention manipulation on emotion and autonomic responses. 査読有り

    Hiroaki Murakami & Hideki Ohira

    Perceptual and Motor Skills   ( 105 ) 頁: 299-308   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Psychopathic traits and cardiovascular responses to emotional stimuli. 査読有り

    Osumi, T., Shimazaki, H., Imai, A., Sugiura, Y., & Ohira, H.

    Personality and Individual Differences   ( 42 ) 頁: 1391-1402   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. An ERP study on self-relevant object recognition. 査読有り

    Miyakoshi, Nomura, & Ohira

    Brain & Cognition   ( 63 ) 頁: 182-189   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Crossmodal effect with rubber hand illusion and gamma band activity. 査読有り

    Noriaki Kanayama, Atsushi Sato, Hideki Ohira

    Psychophysiology   ( 44 ) 頁: 392-402   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Imaging brain and immune association accompanying cognitive appraisal of an acute stressor. 査読有り

    Ohira, H., Isowa, T., Nomura, M., Ichikawa, N., Kimura, K., Miyakoshi, M., Iidaka, T., Fukuyama, S., Nakajima, T., Yamada, J.

    Neuroimage   ( 39 ) 頁: 500-514   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Differences in relaxation by means of guided imagery in a healthy community sample. 査読有り

    Watanabe, E., Fukuda, S., Hara, H., Maeda, Y., Ohira, H., Shirakawa, T.

    Alternative Thetapies in Health and Medicine   12 巻   頁: 60-66   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. *Association of neural and physiological responses during voluntary emotion suppression. 査読有り

    Ohira H, Nomura M, Ichikawa N, Isowa T, Iidaka T, Sato A, Fukuyama S, Nakajima T, Yamada J.

    Neuroimage   29 巻   頁: 721-733   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Functional association of brain, autonomic, and endocrine activities accompanying experience of emotions and self regulation of emotions were examined by simultaneous recording. As results, activation of the amygdale was found during emotion experiences, and further the degree of activation in the amygdale could predict levels if skin conductance responses (sympathetic activity) and secretion of ACTH (endocrine activity). On the other hand, the lateral prefrontal and orbitofrontal cortices were involved in emotion regulation, and those parts of the brain could suppress activation of the amygdala.

  107. 現実世界からの逃走 ―離人症状の分類と回避傾向の関連について― 査読有り

    金山範明・大隅尚広・大平英樹

    パーソナリティ研究   15 巻   頁: 361-364   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. 外的手がかりが閾下提示された顔表情の判断に及ぼす影響 査読有り

    野村理朗・宮腰誠・金山範明・大平英樹

    人間環境学研究   3 巻   頁: 1-5   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. 社会的認知とストレス 招待有り

    大平英樹

    ストレス科学   19 巻   頁: 38-48   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  110. Immune, endocrine and cardiovascular responses to controllable and uncontrollable acute stress. 査読有り

    Isowa T, Ohira H, Murashima M.

    Biological Psychology   71 巻   頁: 202-213   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Innate immune cells such as natural killer increase and acquired immune cells such as T cells decrease accompanying acute stress (redistribution of lymphocytes). This study examined effects of controllability of an acute stressor on the redistribution of lymphocytes. It was clarified that redistribution is suppressed in an uncontrollable situation. We further clarified mediating mechanisms of the phenomena and discussed significance of the phenomena in adaptation.

  111. Effects of value and reward magnitude on feedback negativity and P300. 査読有り

    Sato, A., Yasuda, A., Ohira, H., Miyawaki, K., Nishikawa, M., Kumano, H., Kuboki, T.

    Neuroreport   16 巻   頁: 407-411   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Dissociation of conscious and unconscious repetition priming effects on event-related potentials. 査読有り

    Matsumoto, A., Iidaka, T., Nomura, M., Ohira H.

    Neuropsychologia   43 巻   頁: 1168-1176   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Neural evidence of effects of emotional valence on word recognition. 査読有り

    Inaba, M., Nomura, M., Ohira, H.

    International Journal of Psychophysiology   57 巻   頁: 165-173   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Temporal variation of acute stress responses in sympathetic nervous and immune systems. 査読有り

    Kimura, K., Isowa, T., Ohira, H.

    Biological psychology   70 巻   頁: 131-139   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. 生物の学習・機械の学習・脳の学習-吉田・石井論文へのコメント- 招待有り

    大平英樹

    心理学評論   47 巻   頁: 165-169   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  116. 音楽聴取が日本の大学生の免疫,ホルモン,感情反応に与える影響 査読有り

    廣川恵理・大平英樹

    音楽心理学音楽療法研究年報   33 巻   頁: 21-29   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Functional association of the amygdala and ventral prefrontal cortex during cognitive evaluation of facial expressions primed by masked angry faces: An event related fMRI study. 査読有り

    Nomura, M., Ohira, H., Haneda, K., Iidaka, T., Sadato, N., Okada, T., Yonekura, Y.

    Neuroimage   21 巻   頁: 352-363   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The amygdala in the brain can detect emotional stimuli and can evoke emotional responses to the stimuli. This study clarified, by using fMRI, that the human amugdala can detect emotional stimuli even without conscious awareness, its activation is under inhibitory control of the right ventrolateral prefrontal cortex, and its activation can predict emotional responses for the stimuli.

  118. Reactivity of immune, cardiovascular parameters to active and passive stress. 査読有り

    Isowa, T., Ohira, H., & Murashima, S.

    Biological Psychology   65 巻   頁: 101-120   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Eyeblink activity as an index of cognitive process: eyeblink reflects expectancy in semantic priming. 査読有り

    Ichikawa, N., Ohira, H.

    Perceptual and Motor Skills   98 巻   頁: 131-140   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  120. Social support and salivary secretory immunoglobulin A response in women to stress of making a public speech. 査読有り

    Ohira H.

    Perceptual and Motor Skills   98 巻   頁: 1241-1250   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  121. Effects of expression and inhibition of negative emotions on health, mood states, and salivary secretory immunoglobulin A in Japanese mildly depressed undergraduates. 査読有り

    Takagi, S., Ohira, H.

    Perceptual and Motor Skills   98 巻   頁: 1187-1198   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. 特集「感情の神経科学」によせて 招待有り

    大平英樹

    心理学評論   47 巻   頁: 93-118   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  123. 感情制御の神経基盤 -腹側前頭前野による扁桃体活動のコントロール- 招待有り

    大平英樹

    心理学評論   47 巻   頁: 93-118   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  124. The effects of music listening after a stressful task on immune functions, neuroendocrine responses, and emotional states in college students. 査読有り

    Hirokawa, E., & Ohira, H.

    Journal of Music Therapy   40 巻   頁: 189-211   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Interaction of prime and target in the subliminal affective priming effect. 査読有り

    Haneda, K., Nomura, M., Iidaka, T., Ohira, H.

    Perceptual and Motor Skills   96 巻   頁: 695-702   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. 情動的刺激に対する選択的注意が高不安者の再認記憶に及ぼす影響 査読有り

    稲葉緑・大平英樹

    心理学研究   74 巻   頁: 320-326   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. 学習性無力感事態における特性的自己効力感と免疫機能の変動 査読有り

    久野真由美・矢澤久史・大平英樹

    心理学研究   73 巻   頁: 472-479   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. Effect of negative air ions on computer operation, anxiety and salivary chromogranin A-like immunoreactivity. 査読有り

    Nakane, H., Asami, O., Yamada, Y., & Ohira, H.

    International Journal of Psychophysiology   46 巻   頁: 85-89   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. 閾下感情プライミングにおける脳の神経的応答 感情心理学研究 査読有り

    野村理朗・大平英樹・羽田薫子

    感情心理学研究   9 巻   頁: 87-97   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. 曖昧表情の認知過程における事象関連電位(ERP)の応答 査読有り

    野村理朗・大平英樹・松本敦・筧一彦

    感情心理学研究   9 巻   頁: 77-86   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Controllability of aversive stimuli unconsciously determines volume of secretory immunoglobulin A in saliva. 査読有り

    Ohira H.

    Japanese Journal of Behavioral Medicine   6 巻   頁: 30-37   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. エラー,コンフリクト,前部帯状皮質 査読有り

    佐藤徳・大平英樹

    心理学評論   44 巻   頁: 378-421   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  133. 表情認識の自動性を実現する神経機構-池上論文に対するコメント- 招待有り

    大平英樹

    心理学評論   43 巻   頁: 332-334   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  134. 職業性ストレス-生理心理学による脳内プロセスの解明- 招待有り

    大平英樹

    産業精神保健   8 巻   頁: 243-248   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  135. The Type A Behavior Pattern and immune reactivity to brief stress: Change of volume of secretory immunoglobulin A in saliva. 査読有り

    Ohira, H., Watanabe, Y., Kobayashi, K., & Kawai. M.

    Perceptual and Motor Skills   89 巻   頁: 423-430   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  136. 乳児のjoint attentionと表情理解 査読有り

    村上久美子・大平英樹

    電子情報通信学会技術研究報告(ヒューマンコミュニケーション基礎)   99 巻   頁: 15-18   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Effects of stimulus valence on recognition memory and endogenous eyeblink: Further evidence for positive-negative asymmetry. Personality and Social Psychology Bulletin 査読有り

    Ohira, H., Winton, W. M., & Oyama, M.

    Personality and Social Psychology Bulletin   24 巻   頁: 986-993   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. イメージが運動動作に及ぼす影響―重心動揺を指標にした競技スキーにおけるフォームの検討―

    増井香織・大平英樹

    東海女子大学紀要   18 巻   頁: 97-110   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  139. 攻撃の衝動性と自動性 招待有り

    大平英樹

    犯罪心理学研究   36 巻   頁: 142-145   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  140. 再認における過程分離手続きの処理メカニズム―反応潜時および瞬目による検討と3過程モデル― 査読有り

    大平英樹

    心理学研究   69 巻   頁: 449-458   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. 介護状況と介護者のストレスに関する研究 査読有り

    後藤真澄・大平英樹・畑佐紘子

    保健の科学   40 巻   頁: 433-438   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Effects of stimulus valence on two processes of recognition: Analysis of memory and eyeblink. 査読有り

    Ohira, H.

    Progress in Asian Social Psychology   1 巻   頁: 205-216   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. Processing mechanism underlying the Process-Dissociation Procedure: Analysis of memory, response latency, and eyeblink.

    Ohira, H.

      17 巻   頁: 143-158   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  144. Spontaneous eyeblink as a measure of cognitive processes. 査読有り

    Ohira, H.

    Psychophysiology in Ergonomics   1 巻   頁: 51-52   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. Eyeblink activity in a word-naming task as a function of semantic priming and cognitive load. 査読有り

    Ohira, H.

    Perceptual and Motor Skills   82 巻   頁: 835-842   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. Analysis of eyeblink activity during self-referent information processing in mild depression. 査読有り

    Ohira, H.

    Perceptual and Motor Skills   81 巻   頁: 1219-1229   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. Facial feedback effects on impression formation. 査読有り

    Ohira, H., Kurono, K.

    Perceptual and Motor Skills   77 巻   頁: 1251-1258   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Facial feedback effects on affect-related memory and interpersonal perception. 査読有り

    Ohira, H.

    International Journal of Psychology   27 巻   頁: 191   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 37

  1. 『マインドフルネスー基礎と実践ー』 内受容感覚とマインドフルネス

    貝谷久宣,熊野宏昭,越川房子(編)( 担当: 共著)

    日本評論社  2016年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 『行動医学テキスト』 行動と脳

    野村 忍,堤 明純,島津明人,中尾睦宏,吉内一浩(編)( 担当: 共著)

    中外医学社  2015年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 『虚構の形而上学-「あること」と「ないこと」のあいだで』 意思決定という虚構

    中村靖子(編)( 担当: 単著)

    春風社  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. "Social Neuroscience and Public Health : Foundation for the Science of Chronic Disease Prevention." Brain Functions Modulating Redistribution of Natural Killer Cells Accompanying Cognitive Appraisal of Acute Stress.

    Hall,P.(Ed.)( 担当: 単著)

    Springer  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5.  『経済学に脳と心は必要か?』  脳と身体の機能が意思決定を規定する-生理心理学と認知神経科学の立場から 

    川越敏司(編)( 担当: 単著)

    河出書房新社  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 『心理学研究法3 学習・動機・情動』  情動の制御 

    廣中直行(編)( 担当: 単著)

    誠信書房  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 『ミラーニューロンと<心の理論>』  脳の中の2枚の鏡-「運動‐感覚」と「内受容感覚‐感情」のミラー機能-

    子安増生・大平英樹(編)( 担当: 単著)

    新曜社  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 『感情心理学・入門』

    大平英樹(編)( 担当: 単著)

    有斐閣  2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 『交響するコスモス』下巻  感情と身体-ジェイムズ、スピノザ、ダマジオ-

    中村靖子(編)( 担当: 単著)

    松籟社  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 『交響するコスモス』下巻  序 環境と意識

    中村靖子(編)( 担当: 単著)

    松籟社  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 『児童心理学の進歩』  感情と意思決定-ソマティックマーカーの脳・身体基盤-

    平木典子ら編( 担当: 単著)

    金子書房  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. Clinical Neuroscience, Vol.28 2  恋愛と免疫  

    大平英樹 他( 担当: 単著)

    中外医学社  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. 『臨床に活かす基礎心理学』  神経-生理心理学を活かす

    坂本真士・杉山崇・伊藤絵美(編)( 担当: 単著)

    東京大学出版会  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 『感情の心理学』  感情の神経心理学

    高橋恵子・河合優年・仲真紀子(編)( 担当: 単著)

    放送大学教育振興会  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. 『心理学研究法の新しいかたち』  生理心理学・神経科学的方法の利用

    吉田寿夫(編)( 担当: 共著)

    ナカニシヤ出版  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. 『キーワードコレクション パーソナリティ心理学』

    二宮克美・子安増生(編)( 担当: 共著)

    新曜社  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. 『抑うつの臨床心理学』  抑うつと情報処理

    坂本真士・丹野義彦・大野裕(編)( 担当: 単著)

    東京大学出版会  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. 『筆記療法』  情動の表出と健康の変容:生物学的影響経路は同定できるか? 

    余語真夫、佐藤健二、河野和明、大平英樹、湯川進太郎 (監訳)( 担当: 単著)

    北大路書房  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. 『現代のエスプリ』  健康支援のための精神神経免疫学的アプローチ

    大平英樹、他( 担当: 単著)

    至文堂  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. 『社会的認知研究のパースペクティブ』  社会的認知の神経基盤

    岡隆(編)( 担当: 単著)

    培風館  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  21. 『攻撃性の行動科学』  攻撃性の神経生理

    島井哲志・山崎勝之(編)( 担当: 単著)

    ナカニシヤ出版  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  22. 『感情と心理学』  感情の生理的指標

    高橋雅信・谷口高士(編)( 担当: 単著)

    北大路書房  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  23. 『社会認知ハンドブック』

    山本真理子ら(編)( 担当: 共著)

    北大路書房  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  24. 『社会的認知の心理学-社会を描く心のはたらき』  社会的認知研究の方法論

    唐沢穣、池上知子、唐沢かおり、大平英樹( 担当: 単著)

    ナカニシヤ出版  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  25. 『社会的認知の心理学-社会を描く心のはたらき-』  認知的機構としての自己

    唐沢穣、池上知子、唐沢かおり、大平英樹( 担当: 単著)

    ナカニシヤ出版  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  26. 『ウソ発見-犯人と記憶のかけらを探して-』  ウソ発見から記憶研究への広がり

    平伸二・中山誠・桐生正幸・足立浩平(編)( 担当: 単著)

    北大路書房  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  27. 『発達研究の技法』  免疫指標を用いたストレス反応の研究

    田島信元・西野康広(編)( 担当: 単著)

    福村出版  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  28. 『家族心理学事典』

    岡堂哲雄、国谷誠朗、長谷川浩、花沢成一、平木典子、亀口憲治、大熊保彦、大平英樹、他( 担当: 共著)

    金子書房  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  29. 『これだけは知っておこう-キャンパスライフの健康管理-』  メンタルヘルス

    岐阜県大学保健管理研究会(編)( 担当: 単著)

    岐阜新聞社  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  30. 『新 生理心理学 3巻 -新しい生理心理学の展望-』  感情と認知の生理心理学

    山崎勝男・藤澤清・柿木昇治(編)( 担当: 共著)

    北大路書房  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  31. 『シリーズ医療の行動科学I -医療行動科学のためのミニマム・サイコロジー-』  社会心理学

    山田冨美雄(編)( 担当: 共著)

    北大路書房  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  32. 『「温かい認知」の心理学 -認知と感情の融接現象の不思議-』  認知と感情の融接現象を考える枠組み

    海保博之(編)( 担当: 単著)

    サイエンス社  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  33. 『シリーズ医療の行動科学I -医療行動科学のためのミニマム・サイコロジー』  感情

    山田冨美雄(編)( 担当: 単著)

    北大路書房  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  34. 『人間科学計測ハンドブック』  反応時間

    日本生理人類学会計測研究部会(編)( 担当: 単著)

    技報堂出版  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  35. 『感情と行動・認知・生理 -感情の社会心理学-』  抑うつにおける感情と認知 -情報処理的モデルと生理的指標の導入-

    土田昭司・竹村和久(編)( 担当: 単著)

    誠信書房  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  36. "Biobehavioral self-regulation : Eastern and western perspectives" Effects of odors on Fm θ rhythm during mental tasks

    In T.Kikuchi, H.Sakuma, I.Saito, & K. Tsuboi (Eds.)( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  37. 『家族とコミュニケーション』  うつと家族システム

    日本家族心理学会(編)( 担当: 単著)

    金子書房  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 22

  1. 進化ジェンダー学研究集会:進化生物学による女性間の関係の理解ー持続可能なジェンダーパリティにむけて 招待有り 国際共著 国際会議

    大平英樹(企画・司会)  松本晶子、小田亮、大槻久、Melissa Emery Thompson、平井真洋、坂口菊恵(講演・討論)

    名古屋大学ジェンダー・リサーチ・ライブラリ(オンライン)  2021年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語  

  2. 内受容感覚と意味概念による高次感情の創発 招待有り

    大平 英樹

    感情とAI 冬のワークショップ ~身体、社会、そして創造へ~  2020年12月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  3. 感情の合理性とその障害 招待有り

    大平 英樹

    精神医学の哲学研究会(オンライン)  2020年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  4. 計算論的精神医学と内受容感覚 招待有り

    大平 英樹

    第20回日本認知療法学会・認知行動療法学会(オンライン)  2020年11月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  5. 内受容感覚と意味概念に基づく社会的感情の創発 招待有り

    大平 英樹

    第10回社会神経科学研究会「社会性の創発・発達、その多様な軌跡」(オンライン)  2020年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  6. 内受容感覚の予測的処理と感情及び意思決定の創発 招待有り

    大平 英樹

    電子情報技術産業協会第5回感性のセンシング・フィードバック技術分科会(オンライン)  2020年11月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  7. Slow EEG fluctuation reflecting behavioral changes by cognitive load. 国際会議

    Sazuka, N., Katsumata, K., Komoriya, Y., Ezaki, T., & Ohira, H.

    42nd Annual International Conferences of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (online)  2020年7月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  8. 内受容感覚の予測的処理と感情と意思決定の創発 招待有り

    大平 英樹

    第34回人工知能学会全国大会オーガナイズド・セッション Affective Computing(1)(オンライン)  2020年6月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  9. 脳・身体・心は常に動く 招待有り

    大平 英樹

    日本生理心理学会シンポジウム自発的な生理・認知活動から心を捉える(オンライン)  2020年5月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語  

  10. Effects of increased interoceptive awareness on postpartum depression and emotional states: An experience sampling study using smartphone photoplethysmography. 国際共著 国際会議

    Suga, A., Naruto, Y., Venie Viktoria Rondang Maulina, Uraguchi, M., Sasaki, T., Ozaki, Y., & Ohira, H.

    2020 Annual conference of the Society for Affective Science (online)  2020年4月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  11. Human affective-states estimation by a model of meta-level patterns of EEG. 国際会議

    Sazuka, N., Komoriya, Y., Ezaki, T., Oba, T., & Ohira, H.

    2020 Annual conference of the Society for Affective Science (online)  2020年4月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  12. Functional association of brain and body accompanying decision-making 国際会議

    Ohira, H.

    Stanford University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  13. Modulation of cognitive flexibility and brain-physiological reactivity by chronic stress and vagal tone 国際会議

    Ohira, H.

    Free University of Brussel 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ベルギー王国  

  14. Functional association of brain and body in affective decision making 国際会議

    Ohira, H.

    Northeastern University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  15. Reduction of cognitive flexibility and brain-physiological reactivity by chronic stress 国際会議

    Ohira, H.

    Zurich University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スイス連邦  

  16. Functional association of brain and body underlying decision making 国際会議

    Ohira, H.

    Rijeka Conference of Psychological Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:クロアチア共和国  

  17. Beneficial roles of emotion in decision making: Functional association of brain and body 国際会議

    Ohira, H.

    3rd International congress of Emotional Intelligence 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:クロアチア共和国  

  18. Functional association of brain and body in emotional decision making 国際会議

    Ohira, H.

    University of Cambridge 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  19. Reduction of cognitive flexibility and brain-physiological reactivity by chronic stress 国際会議

    Ohira, H.

    University College London 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  20. Brain and immune association in responses to acute stress 国際会議

    Ohira, H.

    University of Rijeka 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:クロアチア共和国  

  21. Functional association of brain and body in emotional decision making 国際会議

    Ohira, H.

    4th annual meetion of the Social & Affective Neuroscience Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  22. Bidirectional association of brain and immune functions: Modulation by psychological and biological factors 国際会議

    Ohira, H.

    University of Birmingham 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

▼全件表示

科研費 10

  1. 内受容感覚の予測的処理を基盤とした感情と意思決定の創発メカニズムの探求

    研究課題/研究課題番号:21375683  2021年4月 - 2025年3月

    文部科学省  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    大平英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 予測的符号化に基づく計算論的心身医学ー過敏性腸症候群を対象とした基礎的検討ー 国際共著

    研究課題/研究課題番号:19208472  2019年4月 - 2024年3月

    文部科学省  科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    大平英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. 予測的符号化の原理による心性の創発と共有-認知科学・人文学・情報学の統合的研究-

    2017年10月 - 2023年3月

    独立行政法人日本学術振興会  課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業  領域開拓プログラム

    大平英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  4. 関係価値と和解のミクロ・マクロ・ダイナミックスに関する研究

    研究課題/研究課題番号:21416960  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    大平英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. 道徳的行為者のロボット的構築による<道徳の起源と未来>に関する学際的探究

    研究課題/研究課題番号:19122847  2019年4月 - 2024年3月

    文部科学省  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    大平英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  6. 予測を生み出す推論装置―文学・数学・美術史・科学哲学史・認知科学からの展望

    研究課題/研究課題番号:19112538  2019年4月 - 2023年3月

    文部科学省  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    大平英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  7. トラウマ筆記による心身健康・認知機能増進:マインドフルネスと感情神経科学的接近

    研究課題/研究課題番号:19162927  2019年4月 - 2022年3月

    文部科学省  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    大平英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  8. 言説を動かす情動とファシズムの変貌:テキストマイニングによる独伊仏日の資料分析

    研究課題/研究課題番号:19115000  2019年4月 - 2022年3月

    文部科学省  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    大平英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  9. 意思決定を支える脳と身体の機能的関連                      

    2008年

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:20330148

    大平 英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. サイコパシ-の利己性・衝動性・合理性

    2007年

    科学研究費補助金  萌芽研究,課題番号:19653075

    大平 英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 心理学Ⅰ

    2011

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 神経心理学・生理心理学

    2019年4月 - 2021年3月 東海学院大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  2. 生理心理学

    2010年4月 - 2018年3月 東海学院大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  3. 健康医療心理学

    2008年4月 - 2009年3月 東海学院大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

 

学術貢献活動 2

  1. 日本学術会議連携会員 国際学術貢献

    日本学術会議  2021年4月 - 2024年3月

  2. 日本学術会議連携会員 国際学術貢献

    日本学術会議  2018年4月 - 2021年3月