2021/03/18 更新

写真a

タカオカ ユキカズ
竹岡 敬和
TAKEOKA, Yukikazu
所属
名古屋大学 大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 高分子化学 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 工学博士 ( 上智大学 ) 

研究分野 13

  1. その他 / その他  / ゲル、コロイド、液晶

  2. その他 / その他  / 高分子・繊維材料

  3. その他 / その他  / 高分子物性

  4. ナノテク・材料 / 生体化学

  5. ナノテク・材料 / 基礎物理化学

  6. ナノテク・材料 / 無機物質、無機材料化学

  7. ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

  8. ナノテク・材料 / グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学

  9. ナノテク・材料 / 高分子化学

  10. ナノテク・材料 / 機能物性化学

  11. ナノテク・材料 / 高分子材料

  12. ナノテク・材料 / 有機機能材料

  13. ナノテク・材料 / エネルギー化学

▼全件表示

現在の研究課題とSDGs 1

  1. ソフトマテリアルの機能化

経歴 3

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 高分子化学   准教授

    2017年4月 - 現在

  2. 横浜国立大学大学院工学研究院助手

    1998年7月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. マサチューセッツ工科大学博士研究員

    1996年4月 - 1998年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 上智大学   文化学研究科

    - 1996年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 上智大学   理工学研究科

    - 1996年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 上智大学   理工学部   応用化学科

    - 1991年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本化学会

  2. 高分子学会

  3. 日本化学会

受賞 12

  1. 市村学術賞功績賞

    2016年   市村財団   白色と黒色の材料から作る様々な色の色材の開発

    竹岡敬和

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  2. 市村学術賞功績賞

    2016年   市村財団   白色と黒色の材料から作る様々な色の色材の開発

    竹岡敬和

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  3. 高分子学会三菱化学賞

    2015年9月   高分子学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. 永井科学技術財団学術賞

    2014年3月   永井科学技術財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 花王研究奨励賞

    2009年6月   花王芸術財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. 平成19年度 コニカミノルタ画像科学奨励賞

    2007年   コニカミノルタ画像科学振興財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  7. 第55回コロイドおよび界面化学討論会ポスター賞

    2002年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. 財団法人「手島工業教育資金団」手島記念研究賞(手島工業技術研究賞)

    2001年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  9. Award for Encouragement of Research in Materials Science;  The Materials Research Society of Japan (2001)

    2001年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  10. Award for Encouragement of Research in Materials Science;  The Materials Research Society of Japan (2000)

    2000年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  11. 上原生命科学記念財団ポストドクトラルフェロー

    1996年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  12. 米国薬物送達学会、 最優秀論文賞

    1995年  

▼全件表示

 

論文 176

  1. Stimuli-Responsive Structural Colored Gel That Exhibits the Three Primary Colors of Light by Using Multiple Photonic Band Gaps Acquired from Photonic Balls

    Ohtsuka Yumiko, Sakai Miki, Seki Takahiro, Ohnuki Ryosuke, Yoshioka Shinya, Takeoka Yukikazu

    ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   12 巻 ( 48 ) 頁: 54127 - 54137   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Applied Materials and Interfaces  

    DOI: 10.1021/acsami.0c17687

    Web of Science

    Scopus

  2. Tough and Three-Dimensional-Printable Poly(2-methoxyethyl acrylate)-Silica Composite Elastomer with Antiplatelet Adhesion Property 査読有り 国際誌

    Asai Fumio, Seki Takahiro, Sugawara-Narutaki Ayae, Sato Kazuhide, Odent Jeremy, Coulembier Olivier, Raquez Jean-Marie, Takeoka Yukikazu

    ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   12 巻 ( 41 ) 頁: 46621 - 46628   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS applied materials & interfaces  

    DOI: 10.1021/acsami.0c11416

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Composite Elastomer Exhibiting a Stress-Dependent Color Change and High Toughness Prepared by Self-Assembly of Silica Particles in a Polymer Network 査読有り 国際誌

    Miwa Eiji, Watanabe Kenta, Asai Fumio, Seki Takahiro, Urayama Kenji, Odent Jeremy, Raquez Jean-Marie, Takeoka Yukikazu

    ACS APPLIED POLYMER MATERIALS   2 巻 ( 9 ) 頁: 4078 - 4089   2020年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsapm.0c00703

    Web of Science

  4. Robust structurally colored coatings composed of colloidal arrays prepared by the cathodic electrophoretic deposition method with metal cation additives 査読有り 国際誌

    Katagiri K.

    ACS Applied Materials and Interfaces   12 巻 ( 36 ) 頁: 40768 - 40777   2020年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Applied Materials and Interfaces  

    DOI: 10.1021/acsami.0c10588

    Scopus

  5. Monodisperse Silica Nanoparticle-Carbon Black Composite Microspheres as Photonic Pigments 査読有り 国際誌

    Sakai Miki, Kim Hyunji, Arai Yusuke, Teratani Takuya, Kawai Youhei, Kuwahara Yuichi, Abe Keisuke, Kuwana Yasuhiro, Ikeda Katsuji, Yamada Kazuhiko, Takeoka Yukikazu

    ACS APPLIED NANO MATERIALS   3 巻 ( 7 ) 頁: 7047 - 7056   2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Applied Nano Materials  

    DOI: 10.1021/acsanm.0c01366

    Web of Science

    Scopus

  6. Optical Characterization of the Photonic Ball as a Structurally Colored Pigment 査読有り 国際誌

    Ohnuki R.

    Langmuir   36 巻 ( 20 ) 頁: 5579 - 5587   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Langmuir  

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.0c00736

    Web of Science

    Scopus

  7. Highly Transparent and Tough Filler Composite Elastomer Inspired by the Cornea 査読有り 国際誌

    Watanabe Kenta, Miwa Eiji, Asai Fumio, Seki Takahiro, Urayama Kenji, Nakatani Tomotaka, Fujinami So, Hoshino Taiki, Takata Masaki, Liu Chang, Mayumi Koichi, Ito Kohzo, Takeoka Yukikazu

    ACS MATERIALS LETTERS   2 巻 ( 4 ) 頁: 325 - 330   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Materials Letters  

    DOI: 10.1021/acsmaterialslett.9b00520

    Web of Science

    Scopus

  8. Improvement of mechanical properties of elastic materials by chemical methods 査読有り 国際誌

    Takeoka Yukikazu, Liu Sizhe, Asai Fumio

    SCIENCE AND TECHNOLOGY OF ADVANCED MATERIALS   21 巻 ( 1 ) 頁: 817 - 833   2020年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Science and Technology of Advanced Materials  

    DOI: 10.1080/14686996.2020.1849931

    Web of Science

    Scopus

  9. Precise Synthesis of a Homogeneous Thermoresponsive Polymer Network Composed of Four-Branched Star Polymers with a Narrow Molecular Weight Distribution 査読有り 国際誌

    Okaya Yuumi, Jochi Yuto, Seki Takahiro, Satoh Kotaro, Kamigaito Masami, Hoshino Taiki, Nakatani Tomotaka, Fujinami So, Takata Masaki, Takeoka Yukikazu

    MACROMOLECULES   53 巻 ( 1 ) 頁: 374 - 386   2020年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.9b01616

    Web of Science

    Scopus

  10. Characterization of Colloidal Amorphous Arrays Prepared by Uniaxial Pressure Application 査読有り 国際誌

    Naoi Yui, Seki Takahiro, Ohnuki Ryosuke, Yoshioka Shinya, Takeoka Yukikazu

    LANGMUIR   35 巻 ( 43 ) 頁: 13983 - 13990   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Langmuir  

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.9b02622

    Web of Science

    Scopus

  11. Colorful Photonic Pigments Prepared by Using Safe Black and White Materials 査読有り 国際誌

    Sakai Miki, Seki Takahiro, Takeoka Yukikazu

    ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING   7 巻 ( 17 ) 頁: 14933 - 14940   2019年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Sustainable Chemistry and Engineering  

    DOI: 10.1021/acssuschemeng.9b03165

    Web of Science

    Scopus

  12. Development of angle-independent color material using colloidal amorphous array 査読有り 国際誌

    Naoi Yui, Seki Takahiro, Yoshioka Shinya, Takeoka Yukikazu

    MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS   688 巻 ( 1 ) 頁: 105 - 113   2019年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular Crystals and Liquid Crystals  

    DOI: 10.1080/15421406.2019.1651075

    Web of Science

    Scopus

  13. Grating Diffraction or Bragg Diffraction? Coloration Mechanisms of the Photonic Ball 査読有り 国際誌

    Ohnuki Ryosuke, Isoda Shinji, Sakai Miki, Takeoka Yukikazu, Yoshioka Shinya

    ADVANCED OPTICAL MATERIALS   7 巻 ( 13 )   2019年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advanced Optical Materials  

    DOI: 10.1002/adom.201900227

    Web of Science

    Scopus

  14. Optically transparent, high-toughness elastomer using a polyrotaxane cross-linker as a molecular pulley 査読有り

    Gotoh Hiroaki, Liu Chang, Bin Imran Abu, Hara Mitsuo, Seki Takahiro, Mayumi Koichi, Ito Kohzo, Takeoka Yukikazu

    SCIENCE ADVANCES   4 巻 ( 10 ) 頁: eaat7629   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Science Advances  

    DOI: 10.1126/sciadv.aat7629

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Spontaneous synthesis of a homogeneous thermoresponsive polymer network composed of polymers with a narrow molecular weight distribution

    Jochi Yuto, Seki Takahiro, Soejima Takamasa, Satoh Kotaro, Kamigaito Masami, Takeoka Yukikazu

    NPG ASIA MATERIALS   10 巻   頁: 840-848   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41427-018-0074-x

    Web of Science

  16. Bioinspired Color Materials Combining Structural, Dye, and Background Colors

    Sakai Miki, Seki Takahiro, Takeoka Yukikazu

    SMALL   14 巻 ( 30 )   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/smll.201800817

    Web of Science

  17. Spontaneous Preparation of Monodispersed, Structural Colored, Spherical Particles by Rotational Stirring

    Teshima Midori, Suzuki Motoki, Seki Takahiro, Takeoka Yukikazu

    CHEMNANOMAT   4 巻 ( 7 ) 頁: 621-625   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cnma.201800102

    Web of Science

  18. Environment and human friendly colored materials prepared using black and white components

    Takeoka Yukikazu

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   54 巻 ( 39 ) 頁: 4905-4914   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cc01894d

    Web of Science

  19. Structural Coloration of a Colloidal Amorphous Array is Intensified by Carbon Nanolayers

    Takeoka Yukikazu, Iwata Masanori, Seki Takahiro, Nueangnoraj Khanin, Nishihara Hirotomo, Yoshioka Shinya

    LANGMUIR   34 巻 ( 14 ) 頁: 4282-4288   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.8b00242

    Web of Science

  20. Angle-independent structural colored materials by black and white components

    Takeoka Yukikazu

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   255 巻   頁: .   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. Preparation of angle-independent color materials by applying Mie resonances

    Naoi Yui, Takeoka Yukikazu, Seki Takahiro

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   255 巻   頁: .   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  22. Simple preparation of magnetic field-responsive structural colored Janus particles

    Teshima Midori, Seki Takahiro, Takeoka Yukikazu

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   54 巻 ( 21 ) 頁: 2607-2610   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7cc09464g

    Web of Science

  23. Angle-independent structural colored materials by black and white components 査読有り

    Yukikazu Takeoka

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   255 巻   頁: .   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

  24. Preparation of angle-independent color materials by applying Mie resonances 査読有り

    Yui Naoi, Yukikazu Takeoka, Takahiro Seki

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   255 巻   頁: .   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

  25. Structurally colored coating films with tunable iridescence fabricated via cathodic electrophoretic deposition of silica particles 査読有り

    Kiyofumi Katagiri, Kensuke Uemura, Ryo Uesugi, Kei Inumaru, Takahiro Seki, Yukikazu Takeoka

    RSC ADVANCES   8 巻 ( 20 ) 頁: 10776 - 10784   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    In recent years, colloidal arrays of submicrometer-sized monodisperse particles used as structurally colored coatings have drawn great attention due to their non-bleaching properties and low impact on human health and the environment. In this paper, structurally colored coating films were fabricated using monodisperse SiO2 particles via the cathodic electrophoretic deposition (EPD) technique. The addition of a strong polycation, poly(diallyldimethylammonium chloride) (PDDA), enables the cathodic EPD of SiO2 particles and carbon black (CB) additives. Optimizing the quantities of PDDA and CB results in the appearance of vivid structural color from the coating films. The arrangement of the particle array is controllable by varying the pH of the water added to the coating sols for EPD. Structurally colored coating films with and without iridescence, i.e., angular dependence, can be fabricated on demand by a simple operation of the EPD process. In addition, the coating film prepared by cathodic EPD displayed high abrasion resistance because PDDA acts not only as a charge control agent but also as a binder.

    DOI: 10.1039/c8ra01215f

    Web of Science

    Scopus

  26. Angle-independent colored materials based on the Christiansen effect using phase-separated polymer membranes

    Takeoka Yukikazu

    POLYMER JOURNAL   49 巻 ( 3 ) 頁: 301-308   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/pj.2016.117

    Web of Science

  27. Photo-tunable Christiansen Colour Filter Using Photoisomerization of Stilbene 査読有り

    Ogawa, K., Hara, M., Nagano, S., Seki, T., Takeoka, Y.

    Chem. Lett.   46 巻   頁: 1386-1389   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.170603

  28. Highly Responsive Hydrogel out of Poly(N-isopropyl acryalamide) Grafted Polyrotaxane as Building Block Designed by Living Radical polymerization and Click Chemistry 査読有り

    Yasumoto, A., Gotoh, H., Gotoh, Y., Imran, A. B., Seki, T., Sakai, Y., Ito, K., Takeoka, Y.

    Macromolecules   50 巻   頁: 364-374   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.macromol.6b01955

  29. Structural color coating films composed of an amorphous array of colloidal particles via electrophoretic deposition 査読有り

    Katagiri, K.,* Tanaka, Y., Uemura K., Inumaru, K., Seki, T., Takeoka, Y.

    NPG Asia Materials   9 巻   頁: e355   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/am.2017.13

  30. Bio-inspired Bright Structurally Coloured Colored Colloidal Amorphous Array Enhanced by Controlling Thickness and Black Background 査読有り

    Ogawa, K., Hara, M., Nagano, S., Seki, T., Takeoka, Y.

    Advanced Materials   29 巻   頁: 1605050(1-8)   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/adma.201605050

  31. 白と黒の微粒子で多彩な色を生み出す構造色顔料

    竹岡 敬和

    色材協会誌   90 巻 ( 11 ) 頁: 393-397   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>環境や人への安全性が重んじられる中,安全で安価な非退色性の色素が求められている。本総説では,光の波長サイズの微細構造と黒色物質の利用によって,鮮やかな構造色を示す材料の調製方法について解説する。</p>

    DOI: 10.4011/shikizai.90.393

    CiNii Article

  32. 白と黒の材料から作られるカラフルな色材:—鮮やかな構造色の発現には,微細構造と黒色物質の存在が重要—

    竹岡 敬和

    化学と教育   65 巻 ( 12 ) 頁: 640-643   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>自然界には,大きく分けて二種類の発色方法がある。染料や顔料を用いた発色と,光の波長サイズの微細構造を利用した発色である。人類は,多くの染料や顔料を自然界から集め,それを人工的に作る方法を身につけてきた。そのおかげで,現在の我々の生活は様々な色にあふれた豊かな環境にある。しかし,21世紀になってからは,人間や環境に対して,より負荷の低い安全な素材を用いた,高耐久性,高機能性を有する色材が求められるようになり,微細構造を利用した発色材料,つまり,構造発色性材料が注目されている。本稿では,自然にある構造発色性材料を取り上げ,これまでにあまり理解されていなかった構造発色性について説明する。</p>

    DOI: 10.20665/kakyoshi.65.12_640

    CiNii Article

  33. Molecular Weight Dependency of Polyrotaxane-cross-linked Polymer Gel Extensibility 査読有り

    Ohmori, K., Imran, A. B., Seki, T., Liu, C., Mayumi, K., Ito, K., Takeoka, Y.

    Chemical Communications   52 巻   頁: 13757-13759   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. 機能性黒色物質を利用した構造発色性材料の構築

    竹岡 敬和

    ホソカワ粉体工学振興財団年報   24 巻 ( 0 ) 頁: 66-69   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>一般には,構造発色性材料は,光を照射する方向や見る方向によって,その色相を変えるというイメージがある.研究代表者は,角度依存性のない様々な色相の構造発色性材料を白と黒の材料から調製できることを世界に先駆けて見出した.材料としては,シリカ,酸化チタン,マグネタイト,高分子などが使用できる.環境や人にやさしい安価な材料を利用できるので,従来用いられていた環境や人にリスクの高いと思われる色素や顔料に変わって,毒性が少なく,かつ,非退色性の色材を低コストで調製することが可能になるだろう.また,黒色の材料には,導電性,磁性,光応答性など,様々な機能を示す材料が多いことから,これらの機能を利用した機能性色材が得られるかもしれない.</p>

    DOI: 10.14356/hptf.14110

    CiNii Article

  35. Stimulus-Responsive Colored Materials for Sensing and Display Devices

    Takeoka Yukikazu

    PHOTONIC MATERIALS FOR SENSING, BIOSENSING AND DISPLAY DEVICES   229 巻   頁: 33 - 50   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer Series in Materials Science  

    DOI: 10.1007/978-3-319-24990-2_2

    Web of Science

    Scopus

  36. Molecular weight dependency of polyrotaxane-cross-linked polymer gel extensibility 査読有り

    Ohmori Kana, Abu Bin Imran, Seki Takahiro, Liu Chang, Mayumi Koichi, Ito Kohzo, Takeoka Yukikazu

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   52 巻 ( 95 ) 頁: 13757 - 13759   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Communications  

    DOI: 10.1039/c6cc07641f

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  37. Thermally Tunable Hydrogels Displaying Angle-Independent Structural Colors 査読有り

    Ohtsuka Yumiko, Seki Takahiro, Takeoka Yukikazu

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   54 巻 ( 51 ) 頁: 15368 - 15373   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Angewandte Chemie - International Edition  

    DOI: 10.1002/anie.201507503

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  38. Thermally Tunable Angle-independent Structurally Coloured Hydrogels 査読有り

    Ohtsuka, Y., Seki, T., Takeoka, Y

    Angew. Chem. Int. Ed.     頁: in press   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Thermally Tunable Angle-independent Structurally Coloured Hydrogels 査読有り

    Ohtsuka, Y, Seki, T, Takeoka, Y

    Angew. Chem. Int. Ed.     頁: in press   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Making colors from black and white

    Takeoka Yukikazu

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   250 巻   頁: .   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  41. Making colors from black and white 査読有り

    Yukikazu Takeoka

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   250 巻   頁: .   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Web of Science

  42. Fusion materials for biomimetic structurally colored materials 査読有り

    Takeoka Yukikazu

    POLYMER JOURNAL   47 巻 ( 2 ) 頁: 106 - 113   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Polymer Journal  

    DOI: 10.1038/pj.2014.125

    Web of Science

    Scopus

  43. Fusion Materials for Biomimetic Structurally Colored Materials 招待有り 査読有り

    Y. Takeoka

    Polymer Journal   47 巻   頁: 106-113   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Preparation of Structurally Colored, Monodisperse Spherical Assemblies Composed of Black and White Colloidal Particles using a Micro Flow-Focusing Device 査読有り

    Midori Teshima, Takahiro Seki, Ryuji Kawano, Shoji Takeuchi, Shinya Yoshioka, Yukikazu Takeoka

    J. Materials Chemistry C,   3 巻   頁: 769-777   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Facile morphological control of fluorescent nano/microstructures via self-assembly and phase separation of trigonal azobenzenes showing aggregation-induced emission enhancement in polymer matrices 査読有り

    Han, M., Takeoka, Y., Seki, T.

    J. Materials Chemistry C,   3 巻   頁: 4093-4098   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C5TC00462D

  46. Facile morphological control of fluorescent nano/microstructures via self-assembly and phase separation of trigonal azobenzenes showing aggregation-induced emission enhancement in polymer matrices

    Han Mina, Takeoka Yukikazu, Seki Takahiro

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY C   3 巻 ( 16 ) 頁: 4093-4098   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c5tc00462d

    Web of Science

    Scopus

  47. Preparation of structurally colored, monodisperse spherical assemblies composed of black and white colloidal particles using a micro-flow-focusing device 査読有り

    Teshima Midori, Seki Takahiro, Kawano Ryuji, Takeuchi Shoji, Yoshioka Shinya, Takeoka Yukikazu

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY C   3 巻 ( 4 ) 頁: 769 - 777   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Materials Chemistry C  

    DOI: 10.1039/c4tc01929f

    Web of Science

    Scopus

  48. Extremely stretchable thermosensitive hydrogels by introducing slide-ring polyrotaxane cross-linkers and ionic groups into the polymer network 査読有り 国際誌

    Bin Imran Abu, Esaki Kenta, Gotoh Hiroaki, Seki Takahiro, Ito Kohzo, Sakai Yasuhiro, Takeoka Yukikazu

    NATURE COMMUNICATIONS   5 巻   頁: 5124   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Communications  

    DOI: 10.1038/ncomms6124

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  49. Production of Colourful Pigments Consisting of Amorphous Arrays of Silica Particles 査読有り 国際誌

    Yoshioka Shinya, Takeoka Yukikazu

    CHEMPHYSCHEM   15 巻 ( 11 ) 頁: 2209 - 2215   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ChemPhysChem  

    DOI: 10.1002/cphc.201402095

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  50. Colorful-pigment production with amorphous arrays of silica particles 招待有り 査読有り

    S. Yoshioka, Y. Takeoka

    ChemPhysChem     2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1002/cphc.201402095

  51. Light-induced Saturation Change in the Angle-independent Structural Coloration of Colloidal Amorphous Arrays 査読有り

    Hirashima, R., Seki, T., Katagiri, K., Akuzawa, Y., Torimoto, T., Takeoka, Y.

    J. Materials Chemistry C,   2 巻   頁: 344-348   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Extremely stretchable thermosensitive hydrogels prepared by introducing polyrotaxane-based slide-ring cross-linkers and ionic groups into the polymer network 査読有り

    Abu Bin Imran, Kenta Esaki, Hiroaki Gotoh, Takahiro Seki, Kohzo Ito, Yasuhiro Sakai, Yukikazu Takeoka

    Nature Communications   5 巻   頁: 5124:1-8   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. 青い色を示す鳥の羽を模倣した角度依存性のない構造発色性材料

    竹岡 敬和

    日本ゴム協会誌   87 巻 ( 6 ) 頁: 226-230   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this review, I introduce the microstructures and optical properties of angle-independent structurally coloured barbs of blue birds, then describe the fabrication and the optical nature of the artificially prepared imitations of such biological systems.

    DOI: 10.2324/gomu.87.226

    CiNii Article

  54. Light-induced saturation change in the angle-independent structural coloration of colloidal amorphous arrays 査読有り

    Hirashima Ryoko, Seki Takahiro, Katagiri Kiyofumi, Akuzawa Yuki, Torimotoa Tsukasa, Takeoka Yukikazu

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY C   2 巻 ( 2 ) 頁: 344 - 348   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Materials Chemistry C  

    DOI: 10.1039/c3tc31438c

    Web of Science

    Scopus

  55. Structurally coloured secondary particles composed of black and white colloidal particles 査読有り 国際誌

    Takeoka Y.

    Scientific Reports   3 巻   頁: 2371   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/srep02371

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  56. Production of Colored Pigments with Amorphous Arrays of Black and White Colloidal Particles 査読有り

    Takeoka Yukikazu, Yoshioka Shinya, Takano Atsushi, Arai Shigeo, Nueangnoraj Khanin, Nishihara Hirotomo, Teshima Midori, Ohtsuka Yumiko, Seki Takahiro

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   52 巻 ( 28 ) 頁: 7261 - 7265   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Angewandte Chemie - International Edition  

    DOI: 10.1002/anie.201301321

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  57. 角度依存性のない構造発色材料 (有機エレクトロニクス)

    竹岡 敬和

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112 巻 ( 410 ) 頁: 1-5   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  58. 角度依存性のない構造発色材料

    竹岡 敬和

    電気学会研究会資料. DEI, 誘電・絶縁材料研究会   2013 巻 ( 1 ) 頁: 1-5   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  59. Stimuli-Responsive Opals: Colloidal Crystals and Colloidal Amorphous Arrays for Use in Functional Structurally Colored Materials 招待有り 査読有り

    Takeoka, Y.

    J. Materials Chemistry C,   1 巻   頁: 6059-6074   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Producing Coloured Pigments with Amorphous Arrays of Black and White Colloidal Particles 査読有り

    Takeoka, Y., Yoshioka, S., Takano, A., Arai, S., Khanin, N., Nishihara, H., Teshima, M., Ohtsuka, Y., Seki, T.

    Angew. Chem. Int. Ed.   52 巻   頁: 7261-7265   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Structurally Coloured Secondary Particles Composed of Black and White Colloidal Particles 査読有り

    Takeoka, Y., Yoshioka, S., Teshima, M., Takano, A., Harun-Ur-Rashid, M., Seki, T.

    Sci. Rep.   3 巻   頁: 2371-1-7   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Producing Coloured Pigments with Amorphous Arrays of Black and White Colloidal Particles 査読有り

    Takeoka, Y, Yoshioka, S, Takano, A, Arai, S, Khanin, N, Nishihara, H, Teshima, M, Ohtsuka, Y, Seki, T

    Angew. Chem. Int. Ed.   52 巻   頁: 7261-7265   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Applications of Stimuli-Sensitive Inverse Opal Gels

    Takeoka Yukikazu

    RESPONSIVE PHOTONIC NANOSTRUCTURES: SMART NANOSCALE OPTICAL MATERIALS   ( 5 ) 頁: 150 - 189   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/9781849737760-00150

    Web of Science

  64. Stimuli-responsive opals: colloidal crystals and colloidal amorphous arrays for use in functional structurally colored materials 査読有り

    Takeoka Yukikazu

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY C   1 巻 ( 38 ) 頁: 6059 - 6074   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Materials Chemistry C  

    DOI: 10.1039/c3tc30885e

    Web of Science

    Scopus

  65. Angle-independent structural coloured amorphous arrays 査読有り

    Takeoka Yukikazu

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY   22 巻 ( 44 ) 頁: 23299 - 23309   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Materials Chemistry  

    DOI: 10.1039/c2jm33643j

    Web of Science

    Scopus

  66. An amorphous array of poly(N-isopropylacrylamide) brush-coated silica particles for thermally tunable angle-independent photonic band gap materials 査読有り 国際誌

    Gotoh Yoshie, Suzuki Hiromasa, Kumano Naomi, Seki Takahiro, Katagiri Kiyofumi, Takeoka Yukikazu

    NEW JOURNAL OF CHEMISTRY   36 巻 ( 11 ) 頁: 2171 - 2175   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:New Journal of Chemistry  

    DOI: 10.1039/c2nj40368d

    Web of Science

    Scopus

  67. Photoinduced Volume Transition in Liquid Crystalline Polymer Gels Swollen by a Nematic Solvent 査読有り

    Hayata Yuki, Nagano Shusaku, Takeoka Yukikazu, Seki Takahiro

    ACS MACRO LETTERS   1 巻 ( 11 ) 頁: 1357 - 1361   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Macro Letters  

    DOI: 10.1021/mz300447j

    Web of Science

    Scopus

  68. Angle-independent Structural Coloured Amorphous Arrays

    Y. Takeoka

    J. Materials Chemistry   22 巻   頁: 23299-23309   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Angle-independent Structural Coloured Amorphous Arrays

    Y. Takeoka

    J. Materials Chemistry   22 巻   頁: 23299-23309   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Fabrication of mono-dispersed spherical assemblies and these structural colors by using microflow device 国際誌

    Midori Teshima, Yukikazu Takeoka, Takahiro Seki, Ryuji Kawano, Shinya Yoshioka, Shoji Takeuchi

    Proceedings of the 16th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2012     頁: 644 - 646   2012年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of the 16th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2012  

    Structural colors are caused by the interaction of visible light with micro structures of the substances, on a length scale comparable to optical wavelength. We pay marked attention to the structural colored materials because of these less fading and low environment burden compared with the colored materials using dyes. This report shows that we fabricated monodispersed spherical assembly (MDSA) composed of submicron silica particles as a structural color material by using a micro flow focusing device (MFFD). Moreover, we will introduce the improvement for the coloration of the spherical assembly by magnetic particles.

    Scopus

  71. Amorphous Array of Poly(N-isopropylacrylamide) Brush-Coated Silica Particles for Thermally Tunable Angle-Independent Photonic Band Gap Materials

    Gotoh, Y., Suzuki, H., Kumano, N., Seki, T., Katagiri, K., Takeoka, Y.

    New Journal of Chemistry   36 巻   頁: 2171-2175   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Versatile self-assembled hybrid systems with exotic structures and unique functions 査読有り

    Nakanishi Takashi, Naito Masanobu, Takeoka Yukikazu, Matsuura Kazunori

    CURRENT OPINION IN COLLOID & INTERFACE SCIENCE   16 巻 ( 6 ) 頁: 482 - 490   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Current Opinion in Colloid and Interface Science  

    DOI: 10.1016/j.cocis.2011.08.003

    Web of Science

    Scopus

  73. Multicolor Polymer-Dispersed Liquid Crystals 査読有り 国際誌

    Kumano Naomi, Seki Takahiro, Ishii Masahiko, Nakamura Hiroshi, Umemura Tomonari, Takeoka Yukikazu

    ADVANCED MATERIALS   23 巻 ( 7 ) 頁: 884 - +   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advanced Materials  

    DOI: 10.1002/adma.201003660

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  74. Versatile Self-Assembled Hybrid Systems with Exotic Structures and Unique Functions 招待有り 査読有り

    Nakanishi, T., Naito, M., Takeoka, Y., Matsuura, K.

    Current Opinion in Colloid and Interface Science   16 巻   頁: 482-490   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Multi-Colour Polymer Dispersed Liquid Crystal 査読有り

    Kumano, N., Seki, T., Ishii, M., Nakamura, H., Umemura, T., Takeoka, Y.

    Adv. Mater.   23 巻   頁: 884-888   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Tunable Angle-Independent Structural Colour from Phase Separated Porous Gel 査読有り

    Kumano, N., Seki, T., Ishii, M., Nakamura, H., Takeoka, Y.

      50 巻   頁: 4012-4015   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Tunable Angle-Independent Structural Color from a Phase-Separated Porous Gel 査読有り 国際誌

    Kumano Naomi, Seki Takahiro, Ishii Masahiko, Nakamura Hiroshi, Takeoka Yukikazu

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   50 巻 ( 17 ) 頁: 4012 - 4015   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Angewandte Chemie - International Edition  

    DOI: 10.1002/anie.201008182

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  78. Precise Synthesis and Physicochemical Properties of High-Density Polymer Brushes designed with Poly(N-isopropylacrylamide) 査読有り

    Suzuki Hiromasa, Nurul Huda Muhammad, Seki Takahiro, Kawamoto Taisuke, Haga Hisashi, Kawabata Kazushige, Takeoka Yukikazu

    MACROMOLECULES   43 巻 ( 23 ) 頁: 9945 - 9956   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    DOI: 10.1021/ma101439f

    Web of Science

    Scopus

  79. Recent advances in hydrogels in terms of fast stimuli responsiveness and superior mechanical performance

    Imran Abu Bin, Seki Takahiro, Takeoka Yukikazu

    Polymer journal   42 巻 ( 11 ) 頁: 839-851   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  80. Recent advances in hydrogels in terms of fast stimuli responsiveness and superior mechanical performance

    Bin Imran Abu, Seki Takahiro, Takeoka Yukikazu

    POLYMER JOURNAL   42 巻 ( 11 ) 頁: 839-851   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/pj.2010.87

    Web of Science

    Scopus

  81. Poly(N-isopropylacrylamide) Gel Prepared Using a Hydrophilic Polyrotaxane-Based Movable Cross-Linker 査読有り

    Bin Imran Abu, Seki Takahiro, Ito Kohzo, Takeoka Yukikazu

    MACROMOLECULES   43 巻 ( 4 ) 頁: 1975 - 1980   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    DOI: 10.1021/ma902349j

    Web of Science

    Scopus

  82. Angle-Independent Structural Color in Colloidal Amorphous Arrays 査読有り

    Harun-Ur-Rashid Mohammad, Bin Imran Abu, Seki Takahiro, Ishi Masahiko, Nakamura Hiroshi, Takeoka Yukikazu

    CHEMPHYSCHEM   11 巻 ( 3 ) 頁: 579 - 583   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cphc.200900869

    Web of Science

    PubMed

  83. Angle-Independent Structural Color in Colloidal Amorphous Arrays 査読有り

    Harun-Ur-Rashid, M., Imran, A. B., Seki, T., Ishii, M., Nakamura, H., Takeoka, Y.

    ChemPhysChem.   11 巻   頁: 579-583   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. Characteristics of disperse poly(N-isopropylacrylamide) brushes on silicon surfaces by Atom transfer radical polymerization

    Huda, M.N., Seki, T., Suzuki, H., Kabir, A.N.M.H., Rashid, H.U., Takeoka, Y.

    Transactions of the Materials Research Society Japan   in press. 巻   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Hydrophobic and hydrophilic polyrotaxane based movable cross-linkers for thermo-sensitive poly(N-isopropylacrylamide) gels 査読有り

    Imran, A. B., Seki, T., Ito, K., Takeoka, Y.

    Transactions of the Materials Research Society Japan   in press. 巻   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Facile synthesis of sliding poly(NIPA) gels using a vinyl modified polyrotaxane as a Cross-linker 査読有り

      in press. 巻   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Poly(N-isopropylacrylamide) gel prepared using a hydrophilic polyrotaxane-based movable cross-linker 査読有り

    Imran, A. B., Seki, T., Ito, K., Takeoka, Y.

    Macromolecules   43 巻   頁: 1975-1980   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Characteristics of High-Density Poly(<i>N</i>-isopropylacrylamide) (PNIPA) Brushes on Silicon Surface by Atom Transfer Radical Polymerization

    Huda M.Nurul, Seki Takahiro, Suzuki Hiromasa, Kabir A.N.M Hamidul, Rashid M. Harunur, Takeoka Yukikazu

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   35 巻 ( 4 ) 頁: 845-848   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    High-density poly(&lt;i&gt;N&lt;/i&gt;-isopropylacrylamide) (PNIPA) brushes were synthesized on silicon surfaces by surface initiated ATRP at various polymerization conditions. Polymerization was achieved using CuCl/tris(2-(dimethylamino)ethyl)amine (Me&lt;sub&gt;6&lt;/sub&gt;TREN) as a catalytic system in DMSO at 20℃. The linear evolution of number average molecular weight (&lt;i&gt;M&lt;/i&gt;&lt;sub&gt;n&lt;/sub&gt;) versus monomer conversion, the increase in layer thickness with polymerization time and relatively low molecular weight distribution (~ 1.2) indicate a well-controlled manner of polymerization. The average value of grafting density of PNIPA brushes was around 0.48 chain/nm&lt;sup&gt;2&lt;/sup&gt;: We obtained high-density PNIPA brushes. During the measurement of air bubble contact angle under the surface of the PNIPA brushes in water, the surface property of PNIPA brushes shows an interesting phenomenon, which is antithetic to that of typical PNIPA gel. With the increase of temperature from 10℃, the surfaces of the PNIPA brushes gradually change to more hydrophobic natures. But as temperature approaches the LCST, the brush surfaces turned back to hydrophilic state. This might be the effect of the change in the surface

    DOI: 10.14723/tmrsj.35.845

    CiNii Article

  89. Facile synthesis of sliding poly(NIPA) gels using a vinyl modified polyrotaxane as a cross-linker

    Bin Imran Abu, Seki Takahiro, Ito Kohzo, Takeoka Yukikazu

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   35 巻 ( 4 ) 頁: 841-844   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A unique hydrogel has been synthesized using supramolecular polyrotaxane as the starting material. Sparsely dispersed α-cyclodextrins threaded into long polyethylene glycol axle (Mw=35000) trapped with a stable capping agent, 1-adamantanamine of polyrotaxane (PR) unit was used for this purpose. The modification of the hydroxyl groups of α-CDs of the PR by a vinyl monomer containing an active isocyanate group at one end resulted in the formation of a stable carbamate bond with hydroxyl groups to give the modified polyrotaxane based cross-linker (MPR). Polymer gels were designed using MPR as a cross-linker and N-isopropylacrylamide, NIPA as a monomer and transparent, very soft, flexible, fast responsive and mechanically improved polymer gels could be obtained. The polymer chains can slide and rotate about the movable cross-linker in the gel network, which potentially improves the properties of the gels over conventional chemically cross-linked polymer gel.

    DOI: 10.14723/tmrsj.35.841

    CiNii Article

  90. Hydrophobic and hydrophilic polyrotaxane based movable cross-linkers for thermo-sensitive poly(<i>N</i>-isopropylacrylamide) gels

    Imran Abu Bin, Seki Takahiro, Ito Kohzo, Takeoka Yukikazu

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   35 巻 ( 2 ) 頁: 291-297   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A novel hydrogel has been fabricated using vinyl modified polyrotaxane as a cross-linker. A sparsely dispersed propylene oxide modified α-cyclodextrins which were threaded into the long polyethylene glycol (Mw = 35000) and were trapped by bulky 1-adamantanamine molecules was used as a hydrophilic polyrotaxane, HPR. HPR was modified by a small amount 2-acryloyloxyethylisocyanate monomer to obtain a water soluble polyrotaxane-based movable cross-linker, MHPR. Polymer gels, prepared by free radical polymerization of thermo-sensitive monomer &lt;i&gt;N&lt;/i&gt;-isopropylacrylamide (NIPA) in presence of MHPR cross-linker, gave transparent, soft and flexible, mechanically strong and fast thermo-sensitive gels. The gel changes its volume isotropically and reaches rapidly to the equilibrium shrunken state after a temperature jump. The hydrophilicity of the cross-linker retains the homogeneity in the gel network and restricts the formation of aggregated globules, which permits the poly(NIPA) chains along with macrocycles to move or rotate freely inside the gel networks under deformation. The movability of the cross-links can strongly minimize their localized stress during deformation. The fascinating

    DOI: 10.14723/tmrsj.35.291

    CiNii Article

  91. Characteristics of disperse poly(N-isopropylacrylamide) brushes on silicon surfaces by Atom transfer radical polymerization

    Huda, M.N, Seki, T, Suzuki, H, Kabir, A.N.M.H, Rashid, H.U, Takeoka, Y

    Transactions of the Materials Research Society Japan   in press. 巻   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Hydrophobic and hydrophilic polyrotaxane based movable cross-linkers for thermo-sensitive poly(N-isopropylacrylamide) gels 査読有り

    Imran, A. B, Seki, T, Ito, K, Takeoka, Y

    Transactions of the Materials Research Society Japan   in press. 巻   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Facile synthesis of sliding poly(NIPA) gels using a vinyl modified polyrotaxane as a Cross-linker 査読有り

    Imran, A. B, Seki, T, Ito, K, Takeoka, Y

    Transactions of the Materials Research Society Japan   in press. 巻   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. Confined Stimuli-Responsive Polymer Gel in Inverse Opal Polymer Membrane for Colorimetric Glucose Sensor 査読有り

    Honda Masaki, Kataoka Kazunori, Seki Takahiro, Takeoka Yukikazu

    LANGMUIR   25 巻 ( 14 ) 頁: 8349 - 8356   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Langmuir  

    DOI: 10.1021/la804262b

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  95. Dual tuning of the photonic band-gap structure in soft photonic crystals 査読有り 国際誌

    Takeoka Y.

    Advanced Materials   21 巻 ( 18 ) 頁: 1801 - 1804   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advanced Materials  

    DOI: 10.1002/adma.200801258

    Web of Science

    Scopus

  96. Structural Colored Liquid Membrane without Angle Dependence 査読有り 国際誌

    Takeoka Yukikazu, Honda Masaki, Seki Takahiro, Ishii Masahiko, Nakamura Hiroshi

    ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   1 巻 ( 5 ) 頁: 982 - 986   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Applied Materials and Interfaces  

    DOI: 10.1021/am900074v

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  97. Structural Colored Gels for Tunable Soft Photonic Crystals 招待有り 査読有り

    Rashid, H.-u., Seki, T., Takeoka, Y.

    The Chemical Record   9 巻   頁: 87-105   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Structural Colored Gel 招待有り 査読有り

    Takeoka, Y.

    J. Photopolymer Sci. & Tech.   22 巻   頁: 123 - 132   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Electrochromism based on structural clour changes in a polyelectrolyte gel 査読有り

    Ueno, K., Sakamoto, J., Takeoka, Y. Watanabe, M.

    J. Mater. Chem.   1 巻   頁: 4778-4783   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Structural Coloured Liquid Membrane without Angle-Dependence 査読有り

    Takeoka, Y. Honda, M., Seki, T., Ishii, M., Nakamura, H.

    ACS Applied Materials & Interfaces   1 巻   頁: 982-986   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. Template Synthesis for Stimuli-Responsive Angle Independent Structural ColoredSmart Materials 査読有り

    Harun-Ur-Rashid, M., Imran, A. B., Seki, T., Ishii, M., Nakamura, H., Takeoka, Y.

    Transactions of the Materials Research Society Japan   in press 巻   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Confined Stimuli-Responsive Polymer Gel in Inverse Opal Polymer Membrane for Colorimetric Glucose sensor 査読有り

    Honda, M., Kataoka, K., Seki, T., Takeoka, Y.

    Langmuir   25 巻   頁: 8349-8356   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. *Dual Tuning of Photonic Band Gap Structure in Soft Photonic Crystal 査読有り

    Honda, M., Seki, T., Takeoka, Y.

    Adv. Mater.   21 巻   頁: 1801-1804   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. コロイド微粒子が形成する集合状態と構造発色性材料への応用(<特集>複合高分子により形成される疑似結晶構造の最前線)

    竹岡 敬和

    日本結晶成長学会誌   36 巻 ( 1 ) 頁: 49-54   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本稿では,最近筆者が興味を持っているコロイド粒子集合体とその光学特性について,主に構造発色性材料としての観点から紹介する.特に,最後に説明するコロイド準結晶は,ごく最近,その存在が明らかになったばかりであり,構造発色性材料としての性質を示す系はまだ見つかってはいない.筆者も最近取り組み始めた研究であり,今後の展開が楽しみな対象である.

    DOI: 10.19009/jjacg.36.1_49

    CiNii Article

  105. Electrochromism based on structural colour changes in a polyelectrolyte gel 査読有り 国際誌

    Ueno Kazuhide, Sakamoto Junji, Takeoka Yukikazu, Watanabe Masayoshi

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY   19 巻 ( 27 ) 頁: 4778 - 4783   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Materials Chemistry  

    DOI: 10.1039/b900261h

    Web of Science

    Scopus

  106. Structural Colored Gel

    Takeoka Yukikazu

    JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY   22 巻 ( 2 ) 頁: 123-132   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  107. Structural colored gel 査読有り

    Takeoka Y.

    Journal of Photopolymer Science and Technology   22 巻 ( 2 ) 頁: 123 - 132   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Photopolymer Science and Technology  

    A periodically ordered interconnecting porous structure can be embodied in a chemical gel by using a closest-packed colloidal crystal as a template. The interconnecting porosity not only provides a quick response but also endows the porous gel with structural color arising from coherent Bragg optical diffraction. The structural color revealed by porous gels can be regulated by several techniques, and thus it is feasible to obtain desirable, smart, soft materials. The swelling parameter of the polymer chains in the polymer network in response to the environment may be recognized through the variation in the color of the structural colored gel by using the fine colloidal crystal. The role of the volume interactions between the polymer chains in the gel can be estimated by simply measuring the length of the gel, based on the assumption that the subchains in the polymer network under the preparation conditions behave as unperturbed Gaussian coils. This means that it is possible to determine the change at the molecular level in the gel such as the swelling parameter of the polymer chains in the polymer network in response to the environment with the naked eye only when the gel is fabricated from specific a pre-gel solution and a colloidal crystal. The linear expansion factor of the subchains was assessed by comparing the positions of the diffraction peak (&lamda;<sub>max</sub>) in a given situation and the Gaussian state at temperatures lower than the LCST of the porous gel. The periodically ordered structure with a size corresponding to the wavelength of optical light allows us to detect the behavior of polymer chains through the structural color. This review focuses on the synthesis of the structural colored porous gel and on the visualizing conformations of subchains by creating optical wavelength-sized periodically ordered structure in hydrogel. The main portion of this article was previously published in Langmuir.

    DOI: 10.2494/photopolymer.22.123

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  108. Structural Colored Gels for Tunable Soft Photonic Crystals 査読有り

    Harun-Ur-Rashid Mohammad, Seki Takahiro, Takeoka Yukikazu

    CHEMICAL RECORD   9 巻 ( 2 ) 頁: 87 - 105   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Record  

    DOI: 10.1002/tcr.20169

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  109. Template Synthesis for Stimuli-Responsive Angle Independent Structural Colored Smart Materials

    Harun-Ur-Rashid Mohammad, Imran Abu Bin, Seki Takahiro, Takeoka Yukikazu, Ishii Masahiko, Nakamura Hiroshi

    Transactions of the Materials Research Society of Japan   34 巻 ( 2 ) 頁: 333-337   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Like other conventional smart materials, structural color showing smart materials inherit physical and chemical characteristics imposed by the templates. Smart Material such as structural colored gel made of photonic crystal (PC) as template, exhibits angle dependent structural color because the color arises from the Bragg optical diffraction of light from crystal planes. But angle independent or low angle dependent structural color is required for devising of display with a wide viewing angle. To meet this purpose we prepared photonic glass (PG) from silica colloidal spheres. This PG is able to exhibit structural color, which is stable against the change of the angle of view and the angle of illumination. The transmittance spectrum evidences the angle independence of the structural color of PG. The Fast Fourier Transformation and the autocorrelation function prove that we prepared an amorphous material. The existence of short range order helps PG to exhibit angle independent structural color.

    DOI: 10.14723/tmrsj.34.333

    CiNii Article

  110. Template Synthesis for Stimuli-Responsive Angle Independent Structural ColoredSmart Materials 査読有り

    Harun-Ur-Rashid, M, Imran, A. B, Seki, T, Ishii, M, Nakamura, H, Takeoka, Y

    Transactions of the Materials Research Society Japan   in press 巻   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Chromic slide-ring gel based on reflection from photonic bandgap 査読有り

    Murayama Harumi, Bin Imran Abu, Nagano Shusaku, Seki Takahiro, Kidowaki Masatoshi, Ito Kohzo, Takeoka Yukikazu

    MACROMOLECULES   41 巻 ( 5 ) 頁: 1808 - 1814   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    DOI: 10.1021/ma0715627

    Web of Science

    Scopus

  112. Chromic Slide-Ring Gel based on Reflection from Photonic Bandgap 査読有り

    Murayama, H., Imran, A. B., Nagano, S., Seki, T., Kidowaki, M., Ito, K., Takeoka, Y.

    Macromolecules   41 巻   頁: 1808-1814   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. *Photoregulated Worm-like Motion of Gel 査読有り

    Shinohara, S., Seki, T., Sakai, T., R. Yoshida, Takeoka, Y.

    Angew. Chem. Int. Ed.   97 巻   頁: 9039-9043   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. *Fabrication of Mechanically Improved Hydrogels Using Movable Cross-linker Based on Vinyl Modified Polyrotaxane 査読有り

    Imran, A. B., Seki, T., Kataoka, T., Kidowaki, M., Ito, K., Takeoka, Y.

    Chemical Communications     頁: 5227-5229   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Chemical and Optical Control of Peristaltic Actuator Based on Self-Oscillating Porous Gel 査読有り

    Shinohara, S., Seki, T., Sakai, T., R. Yoshida, Takeoka, Y.

    Chemical Communications   4735-4737 巻   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Chemical and optical control of peristaltic actuator based on self-oscillating porous gel 査読有り

    Shinohara Shu-ichi, Seki Takahiro, Sakai Takamasa, Yoshida Ryo, Takeoka Yukikazu

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   4735-4737 巻 ( 39 ) 頁: 4735 - 4737   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Communications  

    DOI: 10.1039/b808427k

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  117. Fabrication of mechanically improved hydrogels using a movable cross-linker based on vinyl modified polyrotaxane 査読有り 国際誌

    Imran A.B.

    Chemical Communications   ( 41 ) 頁: 5227 - 5229   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Communications  

    DOI: 10.1039/b810290b

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  118. Photoregulated Wormlike Motion of a Gel 査読有り 国際誌

    Shinohara Shu-ichi, Seki Takahiro, Sakai Takamasa, Yoshida Ryo, Takeoka Yukikazu

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   47 巻 ( 47 ) 頁: 9039 - 9043   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Angewandte Chemie - International Edition  

    DOI: 10.1002/anie.200803046

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  119. Photoregulated wormlike motion of a gel 査読有り

    Shinohara Shu-ichi, Seki Takahiro, Sakai Takamasa, Yoshida Ryo, Takeoka Yukikazu

    Angewandte Chemie   120 巻 ( 47 ) 頁: 9179   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-VCH Verlag  

  120. An electro- and thermochromic hydrogel as a full-color indicator 査読有り 国際誌

    Ueno Kazuhide, Matsubara Kazuki, Watanabe Masayoshi, Takeoka Yukikazu

    ADVANCED MATERIALS   19 巻 ( 19 ) 頁: 2807 - +   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advanced Materials  

    DOI: 10.1002/adma.200700159

    Web of Science

    Scopus

  121. フォトクロミックゲル

    竹岡 敬和

    光化学 = Photochemistry   38 巻 ( 2 ) 頁: 126-129   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  122. Organized monolayer of thermosensitive microgel beads prepared by double-template polymerization 査読有り

    Sakai Takamasa, Takeoka Yukikazu, Seki Takahiro, Yoshida Ryo

    LANGMUIR   23 巻 ( 17 ) 頁: 8651 - 8654   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Langmuir  

    DOI: 10.1021/la700448t

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  123. Photoresponsive slide-ring gel 査読有り

    Sakai Taiga, Murayama Harumi, Nagano Shusaku, Takeoka Yukikazu, Kidowaki Masatoshi, Ito Kohzo, Seki Takahiro

    ADVANCED MATERIALS   19 巻 ( 15 ) 頁: 2023 - +   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Advanced Materials  

    DOI: 10.1002/adma.200700457

    Web of Science

    Scopus

  124. Biform structural colored hydrogel for observation of subchain conformations 査読有り

    Takeoka Yukikazu, Seki Takahiro

    MACROMOLECULES   40 巻 ( 15 ) 頁: 5513 - 5518   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Macromolecules  

    DOI: 10.1021/ma0701078

    Web of Science

    Scopus

  125. 二段階鋳型重合法を用いた温度応答型ゲル微粒子単層組織化膜の作製

    酒井 崇匡, 竹岡 敬和, 関 隆広, 吉田 亮

    高分子論文集   64 巻 ( 1 ) 頁: 45-49   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  126. ゲルの体積相転移(1978年 : 田中豊一)

    永山 國昭, 竹岡 敬和

    高分子   56 巻 ( 1 ) 頁: 26-27   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1295/kobunshi.56.26

    CiNii Article

  127. *Thermally-Adjustable Multicolor Photochromic Hydrogel 査読有り

    Matsubara, K., Watanabe, M., Takeoka, Y.

    Angew. Chem. Int. Ed.   46 巻   頁: 1688-1692   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  128. *Electro- and Thermo- chromic Hydrogel as Full-color Indicator 査読有り

    Ueno, K., Matsubara, K., Watanabe, M., Takeoka, Y.

    Adv. Mater.   19 巻   頁: 2807-2812   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. 二段階鋳型重合法を用いた温度応答型ゲル微粒子単層組織化膜の作製 査読有り

    酒井崇匡、竹岡敬和、関 隆広、吉田 亮

    高分子論文集   64 巻   頁: 45-49   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Organized monolayer of thermosensitive microgel beads prepared bydouble template polymerization 査読有り

    Sakai, T., Takeoka, Y., Seki, T., Yoshida, R.

    Langmuir   23 巻   頁: 8651-8654   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Photoresponsive Slide-Ring Gel 査読有り

    Sakai, T. Murayama, H., Nagano, S., Takeoka, Y., Kidowaki, M., Ito, K., Seki, T.

    Adv. Mater.   23 巻   頁: 8651-8654   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Biform Structural Colored Hydrogel For Observation of Subchain Conformations 査読有り

    Takeoka, Y., Seki, T.

    Macromolecules   40 巻   頁: 5513-5518   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Organized thermosensitive microgel bead monolayer prepared by double template polymerization 査読有り

    Sakai T.

    Kobunshi Ronbunshu   64 巻 ( 1 ) 頁: 45 - 49   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kobunshi Ronbunshu  

    二段階鋳型重合法を応用した新規な方法により 10 &mu;m 程度のゲル微粒子を二次元配列させることに成功した.第一に,粒径 10 &mu;m のシリカ微粒子のコロイド結晶を溶媒蒸発法によって作製した.この際 O リングを用いることによって,単層で不整の少ない結晶を得ることができた.このコロイド結晶は多孔質ポリスチレンフィルムを作製するための第一の鋳型として用いられた.結晶構造を型取ったポリマーフィルムを第二の鋳型として用い,その孔内においてゲルを作製した.その後,周りのポリマーフィルムを溶かすことによって温度応答性ゲル微粒子の二次元コロイド結晶が得られた.この新規な微粒子集積体作製法はさまざまな種類の微粒子集積体を作製することができる画期的な方法である.この方法によって作製されたゲル微粒子二次元コロイド結晶は機能性表面として光学分野,バイオマテリアル分野などへのさまざまな応用が期待される.<br>

    DOI: 10.1295/koron.64.45

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  134. A thermally adjustable multicolor photochromic hydrogel

    Matsubara Kazuki, Watanabe Masayoshi, Takeoka Yukikazu

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   46 巻 ( 10 ) 頁: 1688-1692   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200603554

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  135. A thermally adjustable multicolor photochromic hydrogel

    Matsubara Kazuki, Watanabe Masayoshi, Takeoka Yukikazu

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   46 巻 ( 10 ) 頁: 1688-1692   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200603554

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  136. A thermally adjustable multicolor photochromic hydrogel

    Matsubara Kazuki, Watanabe Masayoshi, Takeoka Yukikazu

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   46 巻 ( 10 ) 頁: 1688-1692   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200603554

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  137. Organized thermosensitive microgel bead monolayer prepared by double template polymerization

    Sakai Takamasa, Takeoka Yukikazu, Seki Takahiro, Yoshida Ryo

    KOBUNSHI RONBUNSHU   64 巻 ( 1 ) 頁: 45-49   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  138. 二段階鋳型重合法を用いた温度応答型ゲル微粒子単層組織化膜の作製 査読有り

    酒井崇匡, 竹岡敬和, 関 隆広, 吉田 亮

    高分子論文集   64 巻   頁: 45-49   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. Visualizing conformations of subchains by creating optical wavelength-sized periodically ordered structure in hydrogel 査読有り 国際誌

    Takeoka Yukikazu, Seki Takahiro

    LANGMUIR   22 巻 ( 24 ) 頁: 10223 - 10232   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Langmuir  

    DOI: 10.1021/la061945i

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  140. 構造色を示すゲルによる高分子鎖の振る舞いの観察

    竹岡 敬和

    膜   31 巻 ( 6 ) 頁: 296-301   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5360/membrane.31.296

    CiNii Article

  141. Preparations and optical properties of. ordered arrays of submicron gel particles: Interconnected state and trapped state 査読有り 国際誌

    Kumoda M, Watanabe M, Takeoka Y

    LANGMUIR   22 巻 ( 9 ) 頁: 4403 - 4407   2006年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Langmuir  

    DOI: 10.1021/la060224g

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  142. Visualizing Conformations of Subchains by Creating Optical Wavelength-Sized Periodically Ordered Structure in Hydrogel 査読有り

    Takeoka, Y. and Seki, T.

    Langmuir   22 巻   頁: 10223-10232   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. Preparations and optical properties of ordered arrays of submicron gel particles: Interconnected state and trapped state 査読有り

    Kumoda, M., Watanabe, M., Takeoka, Y.

    Langmuir   22 巻   頁: 4403-4407   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. アゾベンゼン液晶ゲルの液晶溶媒中におけるフォトメカニカル効果

    早田 祐貴, 永野 修作, 竹岡 敬和, 関 隆広

    日本液晶学会討論会講演予稿集   2006 巻 ( 0 ) 頁: 175-175   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アゾベンゼン部位をもつ液晶ゲルの薄膜を合成し、低分子液晶溶媒(5CB)中にてアゾベンゼンの光異性化による体積変化を観察した。この光応答性液晶ゲルは、紫外光照射下、液晶溶媒の等方点付近 (36℃)では収縮、液晶ゲルの相転移点以下近傍 (46℃)では膨潤を示した。また、液晶ゲル中のアゾベンゼン含有量を3%と少なくすることで照射光が全体に透過し、液晶ゲル全体の変化を誘起できた。

    DOI: 10.11538/ekitou.2006.0.175.0

    CiNii Article

  145. 構造色ゲル

    竹岡 敬和

    高分子   54 巻 ( 4 ) 頁: 258-263   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  146. Ionic conductivity and thermal stability of room temperature molten salts perfluorosulfonic acid membranes for fuel cell application 査読有り

    S Mitsushima, R. Sakamoto, K. Kudo, Y. Takeoka, N. Kamiya, and Ken-ichi Ota

    J. New Materials for Electrochem. Sys.   1 巻   頁: 77-84   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. 高分子科学最近の進歩 構造色ゲル

    竹岡 敬和

    高分子   54 巻 ( 4 ) 頁: 258-263   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1295/kobunshi.54.258

    CiNii Article

  148. Surface activity and redox behavior of a non-ionic surfactant containing a phenothiazine group.

    Susan MA, Ishibashi A, Takeoka Y, Watanabe M

    Colloids and surfaces. B, Biointerfaces   38 巻 ( 3-4 ) 頁: 167-73   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.colsurfb.2004.01.016

    PubMed

  149. 構造色ゲル

    竹岡 敬和, 渡邉 正義

    日本ゴム協會誌   77 巻 ( 5 ) 頁: 155-158   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A periodically ordered interconnecting porous structure could be imprinted in hydrogels by using closest packing silica colloidal crystals as mesoscopically sized templates. The interconnecting porous structure provides fast response to an infinitesimal change of environment for reversible swelling and shrinking of the hydrogels, while the periodically ordered mesoscopical structure endows a structural color in the gel. The structural color with different optical behaviors can be tuned by simply changing the amount of the cross-linker in the pre-gel solutions. The structural color imprinted in the gel is quickly synchronized with the change in the volume of the gels. The newly invented porous hydrogels possess optical properties as environmentally sensitive smart gels.

    DOI: 10.2324/gomu.77.155

    CiNii Article

  150. Surface activity and redox behavior of a non-ionic surfactant containing a phenothiazine group 査読有り

    Susan, M.A.B.H., Ishibashi, A., Takeoka, Y. and Watanabe, M.

    Colloids and Surfaces B-Biointerfaces   38 巻   頁: 167-173   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. Self-sustaining peristaltic motion on the surface of a porous gel.

    Takeoka Y, Watanabe M, Yoshida R

    Journal of the American Chemical Society   125 巻 ( 44 ) 頁: 13320-1   2003年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja036904c

    PubMed

  152. Simple and precise preparation of a porous gel for a colorimetric glucose sensor by a templating technique.

    Nakayama D, Takeoka Y, Watanabe M, Kataoka K

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   42 巻 ( 35 ) 頁: 4197-200   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200351746

    PubMed

  153. Simple and precision design of porous gel as a visible indicator for ionic species and concentration.

    Saito H, Takeoka Y, Watanabe M

    Chemical communications (Cambridge, England)   ( 17 ) 頁: 2126-7   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  154. Self-Sustaining Peristaltic Motion on the Surface of a Porous Gel 査読有り

    Takeoka, Y., Watanabe, M., and Yoshida, R.

    J. Am. Chem. Soc   125 巻   頁: 13320   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Many materials in living organisms exhibit self-sustaining
    oscillations of chemical and/or physical organization,
    for example,the peristaltic motion of the intestinal tract.
    Some artificial materials have similar properties and thus the
    potential for mimicking biological functions.Now researchers in
    Japan have developed a polymer-gel system that undergoes
    colour changes such that the oscillations can be observed on the
    surface of the gel for the first time (Takeoka,Y.,Watanabe,M.&
    Yoshida,R.Journal of the American Chemical Society 125,
    13320.V13321; 2003).The gel consists of two monomers,
    N-isopopylacrylamide,which controls the swelling and collapse
    of the gel in response to temperature,and a Ru-complex.
    Under certain chemical conditions,the Ru-complex ion
    catalyses a specific reaction (BZ) in which the ion is alternately
    oxidized and reduced as the reaction propagates,resulting in
    colour changes.When the gel is simultaneously subjected to
    changes in temperature,the swelling response of the gel
    occurs in parallel with the BZ reaction,resulting in waves of colour
    changes concomitant with the peristaltic motion.The colour
    tunability of these gels have the potential for use in devices used
    for determining oscillations in nonlinear chemical reactions.

  155. Polymer Gels that Memorize Structures of Mesoscopically Sized Templates 査読有り

    Takeoka, Y. and Watanabe, M.

    Langmuir   18 巻   頁: 5977-5980   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  156. Template synthesis of poly(N-isopropylacrylamide) minigels using interconnecting macroporous polystyrene 査読有り

    Kumoda, M., Takeoka, Y. and Watanabe, M.

    Langmuir   19 巻   頁: 525-528   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Template synthesis and optical properties of chameleonic poly(N-isopropylacrylamide)gels using closest-packed self-assembled colloidal silica crystals 査読有り

    Takeoka, Y. and Watanabe, M.

    Adv. Mater,   15 巻   頁: 199-201   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. Simple and Precision Preparation of Porous Gel for Colorimetric Chemical Sensor by Templating Technique 査読有り

    Nakayama, D., Takeoka, Y., Watanabe, M., Kataoka, K.

    Angew. Chem. Int. Ed.   42 巻   頁: 4197-4200   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. Tuning Structural Color Changes of Porous Thermo-sensitive Gels Through Quantitative Adjustment of The Cross-linker in Pre-gel Solutions 査読有り

    Takeoka, Y. and Watanabe, M.

    Langmuir   19 巻   頁: 9104-9106   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. Simple and precision design of porous gel as a visible indicator for ionic species and concentration 査読有り

    Saito, H., Takeoka, Y. and Watanabe, M.

    Chem. Commun.     頁: 2126-2127   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. Controlled Multi-Structural-Color of a Gel Membrane 査読有り

    Takeoka, Y. and Watanabe, M.

    Langmuir   19 巻   頁: 9554-9557   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. Reversible adsorption of calcium ions by imprinted temperature sensitive gels 査読有り

    Carmen Alvarez-Lorenzo, Orhan Guney, Taro Oya, Yasuzo Sakai, Masatoshi Kobayashi, Takashi Enoki, Yukikazu Takeoka, Toru Ishibashi, Kenichi Kuroda, Kazunori 8Tanaka, Guoqiang Wang, Alexander Yu. Grosberg, Satoru Masamune, and Toyoichi Tanaka

    J. Chem. Phys.   114 巻 ( 6 ) 頁: 2812-2816   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. Frustrations in polymer conformation in gels and their minimization through molecular imprinting 査読有り

    Takashi Enoki, Kazunori Tanaka, Tsuyoshi Watanabe, Taro Oya, Takaharu Sakiyama, Yukikazu Takeoka, Kenji Ito, Guoqiang Wang, Masahiko Annaka, Kazuhiro Hara, Rose Du, Jeffrey Chuang, Kevin Wasserman, Alexander Yu. Grosberg, Satoru Masamune, and Toyoichi Tanaka

    Phys. Rev. Lett.   85 巻   頁: 5000-5003   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  164. A study to correlate the electrochemical responses of a non-ionic surfactant containing an anthraquinine group with the dissolved states 査読有り

    Susan, M.A.B.H., Begum, M., Takeoka, Y. and Watanabe, M.

    Langmuir   16 巻   頁: 3509-3516   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. Effect of pH and the extent of micellization on the redox behavior of non-ionic surfactants containing an anthraquinone group 査読有り

    Susan, M.A.B.H., Begum, M., Takeoka, Y. and Watanabe, M.

    J. Electroanal. Chem.   481 巻   頁: 192-199   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. Polymer Gels That Memorize Elements of Molecular Conformation 査読有り

    Alvarez-Lorenzo, Carmen; Guney, Orhan; Oya, Taro; Sakai, Yasuzo; Kobayashi, Masatoshi; Enoki, Takashi; Takeoka, Yukikazu; Ishibashi, Toru; Kuroda, Kenichi, Alexander Grosberg, and Toyoichi Tanaka

    Macromolecules   33 巻   頁: 8693-8697   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. Gel catalysts that switch on and off 査読有り

    Guoqiang Wang, Kenichi Kuroda, Takashi Enoki, Alexander Grosberg, Satoru Masamune, Taro Oya, Yukikazu Takeoka, and Toyoichi Tanaka

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   97 巻   頁: 9861-9864   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. First Order Phase Transition and Evidence for Frustrations in Polyampholyte Gels 査読有り

    Yukikazu Takeoka, A. Nihat Berker, Rose Du, Takashi Enoki, Alexander Grosberg, Mehran Kardar, Taro Oya, Kazunori Tanaka, Guoqiang Wang, Xiaohong Yu, Toyoichi Tanaka

    Phys. Rev. Lett.   82 巻   頁: 4863-4865   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. Reversible Molecular Adsorption Based on Multiple-Point Interaction by Shrinkable Gels 査読有り

    Taro Oya, Takashi Enoki, Alexander Yu. Grosberg, Satoru Masamune, Takaharu Sakiyama, Yukikazu Takeoka, Kazunori Tanaka, Guoqiang Wang, Yasar Yilmaz, Michael S. Feld, Ramachandra Dasari, and Toyoichi Tanaka

    Science   286 巻   頁: 1543-1545   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. Reversible molecular adsorption as a tool to observe freezing and to perform design of heteropolymer gels 査読有り

    Tanaka, Toyoichi; Enoki, Takashi; Grosberg, Alexander Y.; Masamune, Satoru; Oya, Taro; Takaoka, Yukikazu; Tanaka, Kazunori; Wang, Changnan; Wang, Guoqiang.

    Ber. Bunsen-Ges.   102 巻 ( 11 ) 頁: 1529-1533   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  171. Cyclic voltammetric study of redox-active surfactant by gel-modified electrode 査読有り

    Yukikazu Takeoka, Takashi Aoki, Kohei Sanui, Naoya Ogata, Masayoshi Watanabe

    Polymer Gels and Networks   5 巻   頁: 369-383   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  172. Effect of supporting electrolyte concentration on the electrochemical reaction of redox-active surfactant micelles in aqueous solutions 査読有り

    Yukikazu Takeoka, Takashi Aoki, Kohei Sanui, Naoya Ogata, Masayoshi Watanabe

    J.Electroanal.Chem.   438 巻   頁: 153-158   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. Electrochemical Studies of a Redox-active Surfactants. Correlation between Electrochemical Responses and Dissolved States 査読有り

    Yukikazu Takeoka, Takashi Aoki, Kohei Sanui, Naoya Ogata, Masayoshi Watanabe

    Langmuir   12 巻   頁: 487-493   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. Electrochemical control of drug release from redox-active micelles 査読有り

    Yukikazu Takeoka, Takashi Aoki, Kohei Sanui, Naoya Ogata, Masayuki Yokoyama, Teruo Okano, Yasuhisa Sakurai, Masayoshi Watanabe

    J. Controlled Release   33 巻   頁: 79-87   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. Interaction between redox-active non-ionic surfactant micelle and poly(acrylic acid) 査読有り

    Yukikazu Takeoka, Takashi Aoki, Kohei Sanui, Naoya Ogata, Masayoshi Watanabe

    Kobunsi Ronbunshu   52 巻   頁: 642-647   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  176. Relationships between Vascular Bundles of Panicle Neck Internode and Characters of Head under Different Planting Densities and Nitrogen Fertilizers Applied in Oryza sativa L.

    Cui H.

    Japanese Journal of Crop Science   64 巻 ( 2 ) 頁: 216-220   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1626/jcs.64.216

    Scopus

▼全件表示

書籍等出版物 30

  1. 自己組織化マテリアルのフロンティア : 次代を担う研究者による提案 : 未来を創るエキゾチック自己組織化戦略

    「エキゾチック自己組織化材料」研究グループ, 中西 尚志, 松浦 和則, 矢貝 史樹, 角五 彰, 岸村 顕広, 佐伯 昭紀, 竹岡 敬和, 内藤 昌信, 舟橋 正浩( 担当: 単著)

    フロンティア出版  2015年  ( ISBN:9784902410266

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  2. 有機機能材料 : 基礎から応用まで

    松浦 和則, 角五 彰, 岸村 顕広, 佐伯 昭紀, 竹岡 敬和, 内藤 昌信, 中西 尚志, 舟橋 正浩, 矢貝 史樹( 担当: 単著)

    講談社  2014年  ( ISBN:9784061568020

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  3. Applications of Stimuli-Sensitive Inverse Opal Gels

    Takeoka, Y.( 担当: 単著)

    RSC Publishing  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. アクチュエータ〜研究開発の最前線

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 構造発色性ゲル

    ( 担当: 単著)

    2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 論文にみる最重要概念と革新実験データ

    ( 担当: 単著)

    2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 呈色・変色ゲル

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    超分子サイエンス&テクノロジー~基礎からイノベーションまで~、NTS  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. コロイドアモルファスアレイが示す角度依存性のない構造性発色

    竹岡敬和( 担当: 単著)

    2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. ゲル コントロール~ゲルの上手な作り方とゲル化の抑制~

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    情報機構  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. “コロイド微粒子が形成する集合状態と構造発色性材料への応用”日本結晶成長学会誌

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 非侵襲的血糖値測定~構造色ゲルを利用したグルコースセンサー~”バイオ健康&医療用デバイス

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. “呈色・変色ゲル”超分子サイエンス~基礎から材料への展開~

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    NTS  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. “ コロイド結晶を利用した構造色センサー”ナノ粒子の創製と応用展開

    本多正樹、竹岡敬和、関隆広( 担当: 共著)

    フロンティア出版  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. “フォトクロミック色素を導入したポーラスゲル”多孔体の精密制御と機能・物性評価

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    サイエンス&テクノロジー  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. “高分子ゲルの階層的構造制御による機能化”ゲル・イノベーション、ポリマーフロンティア21シリーズ、高分子学会編

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    NTS  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  16. “構造色を示すソフトマテリアル”「光と界面がおりなす新しい化学の世界」講演収録集

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    クバプロ  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. “構造色ゲルを利用したグルコースセンサーへの展開”医療用ゲルの最新技術と開発ーバイオミメティックゲルの応用

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. “フォトクロミックゲル”光化学協会誌

    竹岡敬和( 担当: 単著)

    2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. “Structural Colored Gel”in “Bottom-up Nanofabrication: Supramolecules, Self-Assemblies, and Organized Films”

    Takeoka, Y.( 担当: 単著)

    American Scientific Publisheres  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  20. 2.2 構造(形)-機能相関の科学”自然に学ぶ材料プロセッシング

    竹岡敬和( 担当: 共著)

    三共出版  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  21. “ゲルの体積相転移”高分子高分子

    永山國昭、竹岡敬和( 担当: 共著)

    2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  22. “ゲルを用いて光を操る-構造色ゲル”

    竹岡敬和( 担当: 単著)

    機能材料  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  23. “コロイド結晶をテンプレートとした構造色ゲルの作成とセンサーデバイスへの応用”ナノ微粒子合成とフォトニクスへの展開、ポリマーフロンティア21シリーズ、高分子学会編

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    NTS  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  24. “構造色を示すゲルによる高分子鎖の振る舞いの観察”

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    膜  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  25. “構造色を示すゲル~鋳型を用いたゲルの機能化~”現代化学

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    東京化学同人  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  26. “光で光を操るやわらかい材料”図解高分子新素材のすべて

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    工業調査会  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  27. “クロミックゲル”、新規クロミック材料の最新技術

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  28. “構造色ゲル ”

    竹岡 敬和( 担当: 単著)

    高分子  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  29. “ソフトマテリアルによる構造の記憶と機能の発現”ソフトマテリアルの新展開

    竹岡敬和( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  30. “光学・構造色ゲル”高分子ゲルの最新動向

    竹岡敬和( 担当: 単著)

    シーエムシー出版  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 18

  1. Fabrication of mono-dispersed spherical assemblies and these structural colors by using microflow device

    Teshima M.

    Proceedings of the 16th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  2. Selective surface modification of PNIPA gel surface by imprinting method

    Ueda A.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  3. Preparation and optical properties of ordered arrays of glucose-responsible submicrogel particles trapped in inverse opal polystyrene

    Honda M.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  4. Photomechanical effect of azobenzene liquid crystalline gel impregnated with low molecular weight liquid crystals

    Hayata Y.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  5. Design of novel microactuator made of self-oscillating gel by assembling the microbeads and controlling their crosslinking structures

    Sakai T.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  6. Patterning of NIPA gel surface by surface imprinting method

    Ueda A.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  7. Preparation of crosslinked azobenzene liquid crystalline polymer films and their direct evaluation by UV-Vis absorption spectrum

    Hayata Y.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  8. Preparation and optical properties of ordered arrays of glucose-responsible nanogel particles trapped in inverse opal polystyrene

    Honda M.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  9. Swelling behavior of polyrotaxane gels exhibiting structural colors

    Murayama H.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  10. Design of functional surface by arraying self-oscillationg nano-gel beads

    Sakai T.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  11. Proposal of multicolor electrochromic polymer gels

    Ueno K.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  12. Photo-control of spatio-temporal oscillation in a gel system with light-sensitive Belousov-Zhabotinsky reaction

    Shinohara S.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  13. Structural colored gel

    Takeoka Y.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  14. Surface modification of gel by molecularly imprinting method

    Ueda A.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  15. Synthesis of photo-responsive porous poly(NIPA) gel and evaluation of its optical properties

    Matsubara K.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  16. Design of nano-oscillation using self-oscillating polymer and the analysis of cooperative effects

    Sakai T.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  17. Electrically induced structural color change in periodically ordered porous gels having ionized groups

    Ueno K.

    Polymer Preprints, Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  18. Fabrication of mono-dispersed spherical assemblies and these structural colors by using microflow device 国際会議

    Teshima M

    Proceedings of the 16th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2012  2012年  Proceedings of the 16th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, MicroTAS 2012

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 12

  1. 分子結合制御の新手法開発プロジェクト

    2015年4月 - 2019年

    ImPACT 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. “環境応答型メタマテリアル”の創成

    2010年

    (財)村田学術振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 角度依存性のない構造色発現機能を示すコロイドアモルファスの構築とその応用

    2010年

    日本板硝子材料工学助成会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. コロイド準結晶を利用した新規光学材料の創製

    2010年

    (財)東海産業技術振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 準周期性構造を有する角度依存性のないフォトニックバンドギャップを示す材料の創製

    2009年8月

    財団法人 立松財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 準周期性構造を有する角度依存性のないフォトニックバンドギャップを示す材料の創製

    2009年4月

    (財)池谷科学技術振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. モルフォ蝶などの生物に学ぶ角度依存性のないフォトニックバンドを           示すアクティブフォトニック結晶の創製

    2009年1月 - 2012年12月

  8. コロイド準結晶を利用した角度依存性のない構造色を示す光学材料の創製

    2008年9月

    積水化学 自然に学ぶものづくり 研究助成プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 角度依存性のない構造色を示すソフトフォトニック結晶の構築

    2008年4月

    学内共同研究 

  10. 新規アクティブフォトニック結晶の創製

    2008年

    徳 山 科 学 技 術 振 興 財 団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. 光学材料および医療材料に適用可能な高機能性ソフトマテリアルに関する研究

    2007年 - 2008年

    小笠原科学技術振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. 非観血性装着型簡易グルコースセンサーの開発

    2006年

    稲盛財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 22

  1. 白色と黒色の微粒子の混合分散液の泳動電着による構造色コーティング法の開発

    研究課題/研究課題番号:16K14388  2016年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    片桐 清文, 竹岡 敬和

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    本研究課題では、白色のシリカ粒子と黒色のカーボン粒子の混合分散液を用い、泳動電着法によって微粒子集積型構造色材料をコーティング膜とする手法の開発し、その機能化を図ること目的とした。最初にアノード型の泳動電着で構造色コーティングを試み、均一な製膜が迅速に可能であり、複雑なな形状の表面にも適用可能であることを明らかにした。次にカチオン性高分子電解質を用いてカソード型泳動電着による構造色コーティングを試みた。ここでは分散媒のpHの違いでコーティング膜における粒子集積状態を制御することができ、角度依存性のある構造色膜と角度依存性の小さい構造色膜を作り分けることができることを明らかにした。

  2. 角膜から学ぶ光学的および力学的に高機能な材料の開発

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 角膜から学ぶ光学的および力学的に高機能な材料の開発

    研究課題/研究課題番号:15H02200  2015年4月 - 2018年3月

    竹岡 敬和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:43030000円 ( 直接経費:33100000円 、 間接経費:9930000円 )

    エラストマー中へのシリカ微粒子の秩序構造形成に伴い透明化と強靱化を行うことに取り組んだ。粒径の揃ったシリカ微粒子をモノマーに分散させ、その状態で重合を行うことで秩序構造を有する複合エラストマーを調製した。モノマーはdiethylene glycol methyl ether methacrylate(MEO2)を用いた。得られた複合エラストマーに対し、破断するまで引っ張り-応力試験を行ったところ、純粋なMEO2エラストマーと比較してシリカ微粒子を複合することで弾性率とともに伸張率が上昇しており、透明かつタフネスな複合材料の開発に成功した。

  4. コロイドアモルファス集積体をベースとした構造色材料の革新的機能化

    研究課題/研究課題番号:26630320  2014年4月 - 2016年3月

    片桐 清文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究課題では、角度依存性の小さい構造色材料をサブミクロンサイズの単分散無機微粒子のアモルファス状集積体をベースに構築し、その機能化を図ること目的とした。コロイドアモルファス集積体による構造色発色では「黒色添加物」が鍵であることに着目し、光で繰り返し着色・消色を制御できるフォトクロミズム特性を構造色材料に付与するための基礎検討を行った。さらにコロイドアモルファス集積体をコーティング膜として、簡便に「塗装」する技術の開拓について電気泳動電着法を応用することで検討した。

  5. 極微な領域規制に基づくメソ薄膜の形態発現と光応答系の創成

    研究課題/研究課題番号:23225003  2011年4月 - 2016年3月

    関 隆広

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    約30年前に研究が創始された液晶配向プロセスは、すでに液晶ディスプレイの製造にも応用され産業的にも重要であるが、その現象の基礎的理解には未解明な部分が多い。本研究では、これまで扱われてこなかった、高分子液晶物質が微小な構造をもつ場合や、凹凸形成を伴う膜を対象として、その挙動を解明することを目的とした。具体的には、ブロック共重合体のミクロ相分離構造の光配向、インクジェット塗布した際の微小領域での相分離挙動、光応答リンクル形成等を対象とし、光配向プロセスにおける新たな展開と理解の深化を進めた。また、研究途上での予期せぬ展開として、高分子液晶膜の配向を空気側から制御する新たな光配向手法も提案した。

  6. コロイドアモルファス集合体の構造発色メカニズムの解明と簡易調製手法の確立

    研究課題/研究課題番号:23245047  2011年4月 - 2014年3月

    竹岡 敬和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:49790000円 ( 直接経費:38300000円 、 間接経費:11490000円 )

    豊かな生活には、鮮やかな色を示す退色しない顔料の存在は欠かせない。また、低毒性、低環境負荷性を備えた顔料が安価で大量に得られれば、我々の暮らしが永続的に発展可能になるだろう。そのためには、自然界に豊富に存在し、環境負荷性が低い自然調和性に優れた化合物を利用した顔料作りが求められる。本研究では、サブミクロンサイズのシリカ微粒子は生体毒性も見られないので、そのアモルファス集合体を、簡単な方法で再現よく調製することに成功した。さらに、アモルファス集合体に生じる可視光領域の散乱を抑えるため、黒色微粒子を添加したところ、シリカ微粒子の粒径や黒色微粒子の量に応じて様々な鮮やかな色を示すことを発見した。

  7. 有機ゲルおよび高分子を用いる融合マテリアルの動的機能の開拓

    2010年6月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 融合マテリアル:分子制御による材料創成と機能開拓の総括研究

    研究課題/研究課題番号:22107001  2010年4月 - 2016年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    加藤 隆史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本領域の目的である、分子が材料合成プロセスを精密に制御する「分子制御」およびプロセッシングに立脚し地球上にありふれた材料を用いて、温和な条件における「自然調和型構造材料」および「動的融合機能材料」の開発を展開することに対し、H22~H26年度に「融合マテリアル」として取り組んだ研究成果をとりまとめ、領域内外に広く発信するために、以下の取り組みを行った。
    ①公開シンポジウムの開催:H27年10月13日~15日の日程で行われた(公益社団法人)日本化学会主催の第5回CSJ化学フェスタ内コラボレーション企画として、融合マテリアルの特別企画シンポジウムを行い、公開でこれまでに得られた研究成果の研究報告を行った。特別企画シンポジウムの開催にむけては、総括班会議を行い総括班全員で協力して準備を行った。
    ②業績リストおよび成果報告書の作成:班長会議や、総括班会議を開催し、平成22年度から平成26年度までの研究成果のまとめ作業をおこなった。計画班をはじめ、公募班全員の業績リスト、特許、研究成果をまとめた。また、総括研究のまとめとして、若手研究者育成の取り組み、およびアウトリーチ活動の取り組み、これまでに発行したニュースレターのとりまとめを行った。そして、これら取りまとめた内容を研究成果報告書として、冊子にまとめた。
    ③領域ホームページの管理運営:研究期間は終了したが、領域ホームページを引き続き管理し、これまでの研究で得た成果、および、「融合マテリアル」に関係する研究成果および業績をホームページに掲載し公開した。
    27年度が最終年度であるため、記入しない。
    27年度が最終年度であるため、記入しない。

  9. 有機ゲルおよび高分子を用いる融合マテリアルの動的機能の開拓

    研究課題/研究課題番号:22107012  2010年4月 - 2015年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    竹岡 敬和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:57720000円 ( 直接経費:44400000円 、 間接経費:13320000円 )

    本研究では、有機ゲルの環境応答性および動的機能と様々な無機微粒子の光学機能および力学的性質を融合させることで、新しい光学的物性もしくは力学的物性を有する新材料の構築を目差した。これまでの成果から、環境に応じて角度依存性のない構造色が変わる構造発色性材料を開発することができた。その他にも、生物の組織を模倣して作成した構造発色性材料が生物では見られないような環境応答性を示すことを明らかにした。人工の系をナノサイズのレベルで組み合わせることで、生物の機能を凌駕するような機能材料が得られる可能性が分かってきた。

  10. 角度依存性のない構造色を示すソフトフォトニック結晶の構築

    研究課題/研究課題番号:20350105  2008年 - 2010年

    竹岡 敬和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18590000円 ( 直接経費:14300000円 、 間接経費:4290000円 )

    コロイド粒子からなるアモルファス集合体が角度依存性の低い構造発色性材料となることを見出した。この発見は、従来の屈折率の周期的な構造の存在がフォトニックバンドギャップを生じさせ、それが構造色の起源になっているという常識を覆すことである。このような光学物性を示す材料は構造色に角度依存性があることで応用に適さないような現状(例えば視野角の広いディスプレイへの利用などにおいて)を打破できるようになる。

  11. 2次元の分子自己集合に基づく光メカニカル機能発現と応用

    研究課題/研究課題番号:19050005  2007年 - 2010年

    関 隆広

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    2次元系を対象とした知見の蓄積は、ナノ構造制御に立脚した精緻で階層構造を持つ3次元的メカニカル材料創出へ向かう立場からも重要なアプローチであると考えられる。2次元系での光配向、光物質移動、光形態変化に焦点をあて、光メカニカル応答現象を主軸に、関連する新たな光プロセスと機能の探索を進めることを目的として研究を進めた。具体的には、単分子膜系の光メカニカル効果に基づく、ブロック共重合体の二次元相分離構造の光制御、液晶性ブロック共重合体高分子薄膜における光配向制御とそのリアルタイム観測手法の開発、液晶系アゾベンゼン薄膜の光物質移動現象における移動メカニズムの詳細と無機系も含めた広範な材料系の開発を行なった。

  12. 特異分子配向特性を持つ高分子薄膜による光応答表面の創成

    研究課題/研究課題番号:19350056  2007年 - 2009年

    関 隆広

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    高分子薄膜において分子配向はその特性や機能に大きな影響を及ぼす。本研究では、アゾベンゼン液晶高分子を基板表面から高密度に重合させる手法を開発し、液晶性高分子薄膜としては従来にない分子配向と液晶構造を持つ薄膜を作成した。このアゾベンゼンメソゲンは基板に平行な分子配向に、一方、スメクチック層構造は基板に対して垂直に配向した。その特異な配向性から、光反応は効率よく進行し、直線偏光による面内配向は従来のスピンコート膜では得られない高いレベルを達成した。

  13. 周期構造を有するゲルの特異的光反射挙動の解明と新規フォトニックデバイスの構築

    研究課題/研究課題番号:17685023  2005年 - 2007年

    竹岡 敬和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:29120000円 ( 直接経費:22400000円 、 間接経費:6720000円 )

    申請者は、"構造刷り込み法"を利用したゲルの調製により、従来に見られない性質や機能をゲルに導入することに取り組んできた。その結果、1)構造色を発現するゲルの構築手法の確立、および、2)構造色変化から分子レベルの挙動を解析する手法の開発、という二つの成果が得られた。各年度で行った研究内容を以下に示す。
    平成17年度
    与えられた環境で望みの構造色を示す構造発色性ゲルの調製が可能となった。
    平成18年度
    特定の物質の添加に応じて色が変わるセンサーとしての利用の道を切り開いた。
    平成19年度
    光の照射、電場の印可などによって色が変わるディスプレイ用デバイスとしての利用を検討した。
    今後は、このようなモルフォ蝶の翅の構造発色性を参考にして、角度依存性のない構造発色性ゲルを構築する手法を開発する。この研究により、"構造色は光の波長オーダーの周期的な構造によって生じており、構造色は角度依存性があるもの"だという従来のイメージを払拭し、不規則性や色素の導入などの新たな効果を施すことで、"構造色にも多様性がある"ことを具現化できると考えている。さらに、このような構造色の多様性を、我々がこれまでに研究してきた環境応答型構造発色性ゲルに付与すれば、全反射型のディスプレイや簡易型センサーなど、光学デバイス開発へと展開できる。

  14. ソフトマテリアルを用いた自律応答型アクチュエーターの開発

    研究課題/研究課題番号:17040019  2005年 - 2006年

    竹岡 敬和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6100000円 ( 直接経費:6100000円 )

    本研究では、シリカコロイド結晶を鋳型に用いて得られる構造色を示すゲルにルテニウム錯体を導入したゲルを調製し、BZ反応という非線形化学反応に連動して蠕動運動するソフトマテリアルの周期や蠕動運動時の膜厚変化を分光学的に調査できるシステムの開発に取り組んできた。最近の研究結果から、BZ反応に連動して蠕動運動をしているゲルに特定の波長の光を照射すると、その光量に応じて蠕動運動の振幅や周期が変化することが分かった。また、光の照射形状によって、蠕動運動のする部分め形状や蠕動運動の方向も制御できることが分かってきた。
    平成17年度
    BZ反応という非線形化学反応に連動して蠕動運動するソフトマテリアルの開発に成功した。また、本ソフトマテリアルは温度変化に応じて、その蠕動運動の周期を変化させることがわかった。
    本内容は、Nature Materials誌の紹介記事に取り上げられた。
    平成18年度
    平成17年度までに開発した"BZ反応に連動して蠕動運動するソフトマテリアル"の動きを光の照射によって、その周期性、運動の方向、運動部位などを制御することに成功した。精置状況下では、ランダムな動きを示すBZ反応に連動したゲルの動きを、BZ反応の触媒として働くルテニウム錯体が強く吸収する光(450nm)を照射することで、その反応の抑制とともに、ゲルの動きにも影響を与えられることを明らかにした。本ゲルは、BZ反応以外の非線形化学反応とも連動した系を調製できるのでその応用範囲は広い。

  15. フォトニックバンドギャップを有するソフトマテリアルの構築とそのセンサーデバイスへ

    研究課題/研究課題番号:17029031  2005年 - 2006年

    竹岡 敬和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2800000円 ( 直接経費:2800000円 )

    従来の研究では、ゲルの長さを測定することで、網目を構成する高分子鎖の拡がり具合を評価できることがわかっていた。本研究では、コロイド結晶を鋳型に用いて構造色を示すポーラスゲルを作ることで、光の波長ほどの周期で屈折率が変化する構造をゲル内に導入すると、分子レベルの挙動を色の変化として観測できるようになることを明らかにした。本研究において確立した構造色を示すゲルを作る方法は、光応答性ゲル、電場応答性ゲル、分子認識ゲルなど、様々なゲルに対して適用することができる。光応答性を示す性質を付与した構造色ゲルは、光の照射に伴って構造色の二状態変化を示すようになった。この特性を利用すると、フォトマスクで光を照射したところのみ色が変化するフォトクロミックゲルが得られるようになる。最近では、環動ゲルというこれまでのゲルと比べて機械的強度が改良されたゲルにも構造色を発現させることができた。環動ゲルを用いることで、ゲルの機械的強度も強くなることから、構造色変化の繰り返し変化能の向上が実現できると思われる。また、モノマー組成や架橋剤の量などを予め調節すれば、同じ種類のゲルでも異なる色を示すようになる。このようなゲルは、環境センサーや化学センサーなどへの応用が期待できるだろう。
    さらに、ポーラスな構造を導入したことで、一枚のゲル膜中に異なる膨潤度が共存可能になるため、本構造色ゲルでは複数の色が一枚のゲル上に表現できるようになった。このゲルは、迅速な色変化を引き起こすことが可能なことから、様々な刺激に応答して構造色の迅速な二状態スイッチングを示す系が得られる。

  16. 階層構造を持つ光誘起物質移動システムの構築とコンベア型描画法の開発

    研究課題/研究課題番号:16205019  2004年 - 2006年

    関 隆広

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    当研究課題において、以下の成果を得た。
    1)アゾベンゼンを有するモノマーとヘキシルメタクリレートとの共重合体を系統的に合成し、熱物性とレリーフ形成能との相関を得たところ、光照射温度にてトランス体でスメクチック液晶状態をとる物質が適することを確認した。関連して、加温条件下、紫外光照射にて光に膜が集まりレリーフが形成される現象も見出した。
    2)ポリスチレンやポリエチレンオキシドと液晶性アゾベンゼン高分子からなるジブロック共重合体において、光誘起レリーフを形成した際のミクロ相分離構造(ナノシリンダー型相分離)の配向等を評価した。ナノシリンダーは膜厚と照射した偏光方向に依存した制御が可能であることがわかった。
    3)光誘起物質移動により形成されるレリーフ構造を、光導波路や液晶配向膜などへの応用に対しては、アゾベンゼンは強い光吸収を有するので不利な要因となる。そこで、レリーフ構造形成後にアゾベンゼン部位を容易に取り除く新たなシステムの開発に着手した。具体的にはアゾベンゼン側鎖を水素結合によって高分子と結合させる様式で、レリーフ形成後に膜を化学架橋し、溶媒洗浄にてアゾベンゼンを完全に取り除けることが分かった。
    4)ゲル表面のみに水酸基のような化学反応を行わせることのできる官能基を導入するために、乾燥ゲル表面に平成18年度購入の真空チェンバーを用い真空紫外光露光を行なった。この操作により、ゲル材料表面が酸化され、アゾベンゼン誘導体を表面のみに共有結合させうることが分かった。

  17. フォトニックバンドギャップを有するアドバンスソフトマテリアルの創製とその光学特性

    研究課題/研究課題番号:15033226  2003年 - 2004年

    竹岡 敬和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5000000円 ( 直接経費:5000000円 )

    これまで、粒径の揃ったサブマイクロメーターの球状シリカ球から形成される最密充填型コロイド結晶(以下コロイド結晶とする)を鋳型に用いてゲルを調製し、その後、シリカ成分をエッチングすると、コロイド結晶の構造を象った周期的に繋がった細孔を有するゲルが得られることを報告してきた。そのゲルは、従来のゲルに比べて、膨潤収縮の体積変化速度が千倍以上速い高速応答を示すことがわかった。また、屈折率が可視光のスケールで周期的に変化することから、特定の波長の可視光を反射するため、その構造に基づく発色(構造色)が観測されることを明らかにしてきた。さらに、ゲルの膨潤度の変化に伴って、その周期性も変わることから、構造色にも変化を来すことを見出した。その後、特定のアルカリイオンやグルコースの濃度を検知して、任意の構造色を示すゲルについても開発することができた。例えば、グルコース応答性ゲルは、そのモノマー濃度、架橋剤濃度などをゲル化溶液の段階で調節することで、特定のグルコース濃度にて望みの膨潤度を示すゲルを作ることができる。そこで、糖尿病の診断基準となる濃度に沿って、低濃度(健康な状態)では緑色、境界領域(血中濃度で7.8mM〜11mMが境界領域)で黄色、危険領域(糖尿病)で赤色を示す信号型グルコースセンサーゲルの開発に成功した。その他にも、特定のイオンや光、電場などの物理的にも応答して構造色を変化させるセンサーの構築にも成功している。

  18. ソフトマテリアルへのメソスコピックな立体規則構造の付与とその光学的性質の評価

    研究課題/研究課題番号:14750707  2002年 - 2003年

    竹岡 敬和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3100000円 ( 直接経費:3100000円 )

    本研究は感温性モノマーと電解質モノマーの共重合により温度、pH、イオン強度などの外部刺激に応答する感温性高分子電解質ゲルを、最密充填型シリカコロイド結晶を鋳型に用いて合成し、様々な外部環境変化に応じて構造色変化応答を示すようなソフトマテリアルを創製することを目的とした。
    二年間の研究を通して、サブマイクロスケールオーダーの単分散性シリカ微粒子からなる最密充填型シリカコロイド結晶を鋳型として得られる多孔質ゲルが鋳型の構造を保持することで構造色を示し、さらに、ゲルの体積変化に伴いその色調を変化させることを明らかにした。また、感温性モノマーと電解質モノママーの共重合により得られた多孔質ゲルのバッファー中における反射スペクトル測定より、ゲルの体積変化に伴う最大反射波長λ_<max>の変化および色調の変化が観測された。さらに、この、λ_<max>の変化量はゲル網目中の固定イオン基含有量の増加に伴い大きくなることがわかった。同様に、温度、イオン強度変化による多孔質ゲルから観測されるλ_<max>のシフトも確認できた。
    以上より、ゲルにシリカコロイド結晶の持つ微細な規則構造を保持させることで温度、pH、イオン強度といった外部刺激に応答し、構造色を変化させるゲルを得ることに成功した。

  19. 構造色発現現象により水素結合形成を検知するソフトマテリアルの創製

    研究課題/研究課題番号:14045227  2002年 - 2003年

    竹岡 敬和

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

    これまでの研究において、環境に応じて大きさや形が変化するソフトマテリアル(ゲル)に構造色発現機能を付与することを試みてきた。高分子鎖が化学的に架橋された三次元網目構造の隙問に溶媒を蓄えた状態にあるゲルを用いると、環境に応じたゲルの大きさの変化(長さ、体積、重さ)を観測することで、ゲルを構成する一本一本の高分子の溶液中での振る舞い(広がり方)を解析できる。従来、非常に困難であった溶液中における高分子鎖の振る舞いを観測することが、ゲルとして扱うことで非常に容易になったのである。つまり、ゲルはフラスコ内で生じている分子レベルの挙動を肉眼で観測できるようにする材料であると考えている。この考えをさらに発展させるために、光の波長レベルの微細周期構造を刻み込むことで、体積の変化を構造色の変化としで捕らえられることを見出した。長さ、体積、重さを測定する場合は環境に伴って生じるゲル内の変化の平均を観測していたが、構造色を示すゲルを観測することでゲルの微細な部分における変化がより詳細に観測できるようになった。このような変化に伴う情報量の増大は、フラスコ内の環境変化に対応した情報をダイナミックに伝えてくれる。"フラスコ内で生じている分子レベルの挙動を、ゲルという材料を通して肉眼で見ることで理解できるようにしたい"という哲学が、本研究提案の根底にある。
    本研究では、"様々な構造色を付与したゲルの研究"を通して分かった知見を基に、特定分子との間に、水素結合、双極子-イオン結合、共有結合を形成することで膨潤度を変化させるゲルを構築し、その構造色変化として捕らえることのできるバイオ・ケミカルセンサーの構築を遂行した。その結果、特定のイオンおよびグルコースを検知して、構造色を変化させるゲルを構築することができた。本センサーに利用する構造色変化を利用した光学的検知方式は、従来のセンサーのようなデバイスに大きな電圧を負荷する電気化学的方法や強い光源を利用した方式とは異なり、デバイスにおけるエネルギーのやりとりがほとんどないことから、省電力で材質安定性の高いシステムの開発が可能となる。

  20. イオン伝導性高分子を電子移動反応場に用いた機能界面の形成と高効率固体電池

    研究課題/研究課題番号:11118229  1999年

    特定領域研究(A)

    今林 慎一郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    安全性とエネルギー・環境問題の点から、イオン伝導性高分子を電解質として用いた固体リチウム二次電池の実現が期待されている。この実現のためには高分子固体電解質(SPE)のイオン導電率向上と共にSPE/電極活物質間の迅速な電子移動反応の達成が必要であるが、SPEは電極物質に対する濡れ性、浸透性が著しく低いために迅速な電子移動反応を可能とする機能界面の形成が難しい。本研究では電極/SPE間の迅速な電子移動反応を可能とする機能界面の構築を目的として、エチレンオキシドとプロピレンオキシドの共重合体のトリアクリレートをUV硬化して形成したSPEマトリックス中でピロールを定電流電解重合してポリピロール(PPy)からSPEへ組成が連続的に変化した傾斜複合膜を作成し、その電気化学的特性を検討した。XPS分析によってPPyが傾斜構造を有してSPE中に生成していることが確認された。100℃において、対極・参照極にLiを用いて測定した複合膜のサイクリックボルタモグラムは、ClO_4のドープ・脱ドープに伴う酸化・還元ピークが観測され、PPy/SPE界面で迅速なClO_4^-の移動が起きていることが分かった。PPyの電位をLi極に対して変化させて行った複素インピーダンス測定は、PPy/SPE界面の抵抗値[R_<ct>]がPPyの電位が正になるほど小さくなることを示した。PPyがほぼドープされた状態にある3.1VにおいてはSPE|Li界面のR_<ct>の約半分であり、PPy/SPE界面で迅速な電荷移動が起こっていることが裏付けられた。これは複合膜中に両高分子が相互に混合した良好な機能界面が形成されていることを示している。電解重合中、SPE中のLi^+がLiとしてカソード表面に析出することが観察され、PPy/SPE|Liで構成される固体電池は充放電特性を持つことを確認した。この結果は、本方法により固体電池を一段階の電解重合によって形成できる可能性を示す。

  21. ポリマーネットワークの分子シンクロナイゼーションを利用した化学エネルギー情報変換

    研究課題/研究課題番号:11167234  1998年 - 2002年

    渡辺 正義

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    弱い相互作用のバランスでその構造が規定されているソフトなポリマーネットワークでは、一部の機能団の受けた外部刺激による微弱な摂動が質的に変換され、この弱い相互作用の分子ネットワークを通して時間的・空間的にシンクロナイズして伝達されるという現象がしばしば見られる。すなわちこの弱い相互作用のネットワークは、構造を形成するネットワークであると同時に、情報やエネルギーの伝達や変換を司るネットワークとして機能し得る。本研究は、このポリマーネットワークの分子シンクロナイゼーション現象を分子レベルで明らかにし、化学エネルギー・情報変換系創製のための新しい方法論として提案したものである。具体的には以下の3項目に関し研究を進めた。
    (1)イオン液体中での1in-situ重合によるイオンゲルの創製と化学エネルギー変換
    イオン液体というイオンのみからなる液体を含有した高分子ゲルを用いた化学エネルギー変換系の構築を進めた。プロトン伝導性イオン液体およびそのイオンゲルは水素酸化・酸素還元反応活性を示し100℃以上の温度かつ非水条件下で作動する燃料電池として機能することを先駆的に発見した。
    (2)グルコース酸化酵素(GOx)ハイブリッドの迅速電子移動反応と化学情報変換
    フェノチアジン修飾酵素(GOxハイブリッド)はレッドクス活性となり、基質であるグルコース在下では酵素反応を高効率に電流変換可能となった。その結果、このハイブリッド酵素は系中の酸素濃度に依存しない新しいグルコースセンサーの構築を可能にした。
    (3)最密充填コロイド結晶を鋳型に用いた構造色ゲルの創製と化学情報変換
    最密充填シリカコロイド結晶を鋳型にハイドロゲルを合成し、その後これを溶解除去すると、ゲル中にコロイド結晶のネガ構造が保持され、構造色を呈することを見出した。ゲルの膨潤・収縮過程にシンクロナイズしてこの構造色を変化させることを利用して、フェニルボロン酸をゲル構造中に導入することにより、グルコース濃度変化を構造色変化として取り出す化学情報変換系の構築に成功した。

  22. 高分岐ポリエーテルマクロモノマーの合成とその重合体のイオン伝導特性

    研究課題/研究課題番号:10650878  1998年 - 1999年

    渡辺 正義

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、高分岐ポリエーテルマクロモノマー、およびこの重合体の合成法を確立し、これまでに無い高いイオン導電率、電気化学的安定性、さらに薄膜成形が可能な高分子固体電解質(イオン伝導性高分子)を創製することにある。イオン伝導性高分子は、一種の固体溶媒であり、この中に電解質を溶解することにより、イオン伝導性が発現する。さらに固体膜として機能するために、固体電解質としての応用が可能になる。ポリエチレンオキシドに代表されるイオン伝導性高分子中では、高分子中の極性基とイオンの相互作用によりキャリヤーイオンが生成し、高分子鎖のセグメント運動によってその移動が起こる。そのため、これまでのイオン伝導性高分子の分子設計指針としては、ポリエーテルのようなイオン解離能を有する高分子のガラス転移温度(Tg)を下げることに、主に力点がおかれ、研究が続けられてきた。本研究では、短い側鎖の速い分子運動による高速イオン移動という新しい概念を導入して分岐型イオン伝導性高分子を設計し、それに電解質塩を溶解した高分子固体電解質のイオン伝導特性を検討した。その結果、工学的に充分に意味のある高分子固体電解質を実現した。具体的には、昨年度までに合成法を確立した、(1)樹枝状側鎖を持つポリエーテルマクロモノマーの重合体、(2)デンドリマー型ポリエーテルマクロモノマーの重合体、など自由末端鎖を高密度に有するポリエーテル架橋体を用いることにより、本研究で提示してきた、自由末端側鎖の速い分子運動とイオン移動の共役という、高速イオン移動が可能な高分子固体電解質を得るための新しい機能設計の概念の妥当性を検証した。さらにこの高速イオン移動を可能にする分子設計指針は、電極活物質との間の電子移動速度の高速化にまで拡張できる可能性を見出した。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 9

  1. 構造・電気化学

    2016

  2. 分子組織工学特論

    2015

  3. 構造・電気化学

    2015

  4. 構造・電気化学

    2014

  5. 分子組織工学特論

    2013

  6. 構造・電気化学

    2013

  7. 構造・電気化学

    2012

  8. 基礎セミナーA

    2011

  9. 分子組織工学特論

    2011

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 分子組織工学特論

    名古屋大学)