2022/11/30 更新

写真a

ヤマモト ユウジ
山本 裕二
YAMAMOTO Yuji
所属
総合保健体育科学センター 体育科学部 教授
大学院担当
大学院教育発達科学研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
ホームページ

学位 2

  1. 博士(体育科学) ( 筑波大学 ) 

  2. 体育学修士

研究キーワード 3

  1. ダイナミカルシステムアプローチ

  2. 複雑系

  3. 運動学習

研究分野 7

  1. ライフサイエンス / スポーツ科学  / 対人・集団ダイナミクス

  2. ライフサイエンス / 体育、身体教育学  / 身体運動の非線形ダイナミクス

  3. ライフサイエンス / 体育、身体教育学  / 運動の制御と運動技能学習

  4. ライフサイエンス / スポーツ科学  / ボールゲームへのネットワーク理論の適用

  5. ライフサイエンス / 体育、身体教育学  / トップアスリートのメンタルトレーニング

  6. ライフサイエンス / 体育、身体教育学

  7. ライフサイエンス / スポーツ科学

▼全件表示

現在の研究課題とSDGs 5

  1. 対人運動技能のダイナミクスを探る

  2. 力学系理論に基づく運動学習科学の構築

  3. 運動イメージの可視化と運動学習支援

  4. 打球動作の非線形ダイナミクス

  5. 競創ダイナミクスの統合的理解

経歴 1

  1. 名古屋大学   教育発達科学研究科協力講座教授

    2004年4月

学歴 2

  1. 筑波大学   体育研究科   コーチ学

    - 1982年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 広島大学   教育学部   高等学校教員養成課程・体育科専攻

    - 1980年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本スポーツ心理学会   会長

    2019年11月 - 現在

  2. 日本体育学会   理事

    2021年4月 - 現在

  3. 日本心理学会

  4. 日本認知科学会

  5. International Society of Sport Psychology

 

論文 75

  1. Team coordination: dynamics and acquisition 査読有り

    Yamamoto Yuji

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SPORT AND EXERCISE PSYCHOLOGY   19 巻   頁: S199 - S200   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  2. How Training Tools Physically Linking Soccer Players Improve Interpersonal Coordination 査読有り 国際誌

    Yokoyama Keiko, Tabuchi Noriyuki, Araujo Duarte, Yamamoto Yuji

    JOURNAL OF SPORTS SCIENCE AND MEDICINE   19 巻 ( 2 ) 頁: 245 - 255   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  3. Joint action syntax in Japanese martial arts 査読有り

    Yamamoto Y., Yokoyama K., Okumura M., Kijima A., Kadota K., Gohara K.

    PLoS ONE   8 巻 ( 9 ) 頁: e72436   2013年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0072436

  4. Common and Unique Network Dynamics in Football Games 査読有り

    Yuji Yamamoto and Keiko Yokoyama

    PLoS ONE   6 巻 ( 12 ) 頁: e29638   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1371/journal.pone.0029638

  5. Three people can synchronize as coupled oscillators during sports activities 査読有り

    Keiko Yokoyama and Yuji Yamamoto

    PLoS Computational Biology   7 巻 ( 9 ) 頁: 10.1371/journal.pcbi.1002181   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We experimentally investigated the synchronized patterns of three people during sports activities and found that the activity corresponded to spatiotemporal patterns in rings of coupled biological oscillators derived from symmetric Hopf bifurcation theory, which is based on group theory. This theory can provide catalogs of possible generic spatiotemporal patterns irrespective of their internal models. Instead, they are simply based on the geometrical symmetries of the systems. We predicted the synchronization patterns of rings of three coupled oscillators as trajectories on the phase plane. The interactions among three people during a 3 vs. 1 ball possession task were plotted on the phase plane. We then demonstrated that two patterns conformed to two of the three patterns predicted by the theory. One of these patterns was a rotation pattern (R) in which phase differences between adjacent oscillators were almost 2pi/3. The other was a partial anti-phase pattern (PA) in which the two oscillators were anti-phase and the third oscillator frequency was dead. These results suggested that symmetric Hopf bifurcation theory could be used to understand synchronization phenomena among three people who communicate via perceptual information, not just physically connected systems such as slime molds, chemical reactions, and animal gaits. In addition, the skill level in human synchronization may play the role of the bifurcation parameter.

    DOI: 10.1371/journal.pcbi.1002181

  6. *Continuous hitting movement modeled from the perspective from dynamical systems with temporal input 査読有り

    Yuji Yamamoto, Kazutoshi Gohara

    Human Movement Science   19 巻   頁: 341-371   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. The Influence of Shared Intentions With Others in Physical and Cognitive Tasks That Require Collaborative Solving in Elementary School 査読有り

    Kano Takahiro, Yokoyama Keiko, Yamamoto Yuji

    FRONTIERS IN EDUCATION   7 巻   頁: 863267   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: Kano22_FrontierEducation.pdf

    DOI: 10.3389/feduc.2022.863267

    Web of Science

  8. State transitions among groups of cyclists in cycling points races 査読有り 国際誌

    Okumura Fumihiro, Yokoyama Keiko, Yamamoto Yuji

    EUROPEAN JOURNAL OF SPORT SCIENCE   22 巻 ( 6 ) 頁: 790 - 798   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: F_Okumura_EJSS_210418.pdf

    DOI: 10.1080/17461391.2021.1905077

    Web of Science

  9. Hitting movement patterns organized by different pitching movement speeds as advanced kinematic information 査読有り

    Takamido Ryota, Yokoyama Keiko, Yamamoto Yuji

    HUMAN MOVEMENT SCIENCE   81 巻   頁: 102908   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: Takamido_HMS21.pdf

    DOI: 10.1016/j.humov.2021.102908

    Web of Science

  10. Spatial Accuracy of Predictive Saccades Determines the Performance of Continuous Visuomotor Action 査読有り

    Aoyama Chisa, Goya Ryoma, Suematsu Naofumi, Kadota Koji, Yamamoto Yuji, Shimegi Satoshi

    FRONTIERS IN SPORTS AND ACTIVE LIVING   3 巻   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: Aoyama22_FrontierSportsActiveLiving.pdf

    DOI: 10.3389/fspor.2021.775478

    Web of Science

    Scopus

  11. Effect of Manipulating Advanced Kinematic Information on Hitting Movement Prediction, Perception, and Action 査読有り 国際誌

    Takamido Ryota, Yokoyama Keiko, Yamamoto Yuji

    RESEARCH QUARTERLY FOR EXERCISE AND SPORT   92 巻 ( 4 ) 頁: 747 - 759   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: Takamido20_RQES.pdf

    DOI: 10.1080/02701367.2020.1773375

    Web of Science

    PubMed

  12. Development of sport psychology in Japan 査読有り

    Yuji Yamamoto, Shiro Nakagomi

    Asian Journal of Sport and Exercise Psychology   1 巻 ( 1 ) 頁: 30 - 35   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    添付ファイル: AJSEP21_Development.pdf

    DOI: 10.1016/j.ajsep.2021.03.004

  13. 運動技能の制御・学習への力学系理論からの接近 招待有り

    山本裕二

    スポーツ健康科学研究   43 巻   頁: 1 - 14   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. 小学校1年生児童の学習場面における注意行動-視線の逸れと姿勢の崩れから- 査読有り

    加納岳拓, 山本裕二

    学校教育研究   35 巻   頁: 70 - 83   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. 中学生の運動部活動における主体性

    大畑美喜子, 山本裕二

    総合保健体育科学   43 巻   頁: 43 - 49   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    添付ファイル: kiyo20_Ohata.pdf

  16. 連携技能に関わる練習道具のトレーニング効果を検証する 査読有り

    横山慶子,田渕規之,山本裕二

    スポーツパフォーマンス研究   12 巻   頁: 193-208   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    三者連携に有効となると考えられる練習道具を開発し,2つのタイプ(3本版と1本版)の有効性を,大学生を対象として,そのトレーニング効果を検討した.その結果,どちらのタイプも三者連携技能の獲得には有効であるこ,2つのタイプの違いによって使用時の感想は異なることが明らかになった.

  17. 他者への共感の育成に向けた体育授業の可能性-小学校1年生の教室授業と体育授業における行動の分析- 査読有り

    加納岳拓,山本裕二

    スポーツ心理学研究   47 巻 ( 1 ) 頁: 13-28   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    小学1年生の教室授業における他者への傾聴・共感を姿勢と視線から評定しするとともに,体育授業での3対2の鬼ごっこにおける二人の動きの分析を行い,教室での共感が高い生徒同士の組は,鬼ごっこでの失点も少なく,鬼ごっこにおいて他者との連携を伴う動きができていることを明らかにした.

    DOI: 10.4146/jjspopsy.2019-1907

  18. 切替混合力学系はテニスの試合に履歴現象を見出せるか

    山本 裕二, 横山 慶子, 郷原 一寿

    総合保健体育科学   43 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 8   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:名古屋大学総合保健体育科学センター  

    添付ファイル: kiyo20_HDS_tennis.pdf

    CiNii Books

  19. Flexibility and Optimality in the Sensorimotor Control of Whole-body Movement in Post-stroke Hemiparetic Individuals 査読有り 国際誌

    Yuko Kuramatsu, Yuji Yamamoto, Shin-Ichi Izumi

    Motor Control   24 巻 ( 1 ) 頁: 150 - 167   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    脳卒中患者の立ち上がり動作の特徴を,開眼時と閉眼時を比較し明らかにした.

    DOI: 10.1123/mc.2018-0098

    Web of Science

    PubMed

  20. Task constraints and stepping movement of fast-pitch softball hitting 査読有り

    Ryota Takamido, Keiko Yokoyama, Yuji Yamamoto

    PLoS ONE   14 巻   頁: e0212997   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0212997

  21. A Switching Hybrid Dynamical System: Toward Understanding Complex Interpersonal Behavior 査読有り

    Yamamoto Yuji, Kijima Akifumi, Okumura Motoki, Yokoyama Keiko, Gohara Kazutoshi

    APPLIED SCIENCES-BASEL   9 巻 ( 1 ) 頁: 39   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    力学系理論(ダイナミカルシステム)から対人・集団スポーツにおける協調や競争を検討した.そこでは,自励系としての振動子ダイナミクスを剣道の攻防に適用した例と,非自励系としての切替ダイナミクスをテニスの打動作に適用した例を示した.そして,離散系ダイナミクスと連続系ダイナミクスをフィードバックループでつないだ切替混合力学系を提案した.

    添付ファイル: applsci-09-00039-v2.pdf

    DOI: 10.3390/app9010039

    Web of Science

  22. Motor control of practice and actual strokes by professional and amateur golfers differ but feature a distance-dependent control strategy 査読有り 国際誌

    Hasegawa Yumiko, Fujii Keisuke, Miura Akito, Yokoyama Keiko, Yamamoto Yuji

    EUROPEAN JOURNAL OF SPORT SCIENCE   19 巻 ( 9 ) 頁: 1204 - 1213   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ゴルフパッティングにおける素振りと実打の特徴について,プロゴルファーとアマチュアゴルファーを対象に検討した.その結果,素振りは3つの方略で5つのタイプに分類された.そして素振りでのスイングが小さい人の実打の正確性が高かった.しかしながら,熟練差は見られなかった.

    DOI: 10.1080/17461391.2019.1595159

    Web of Science

    PubMed

  23. 階層クラスタリングでクラスタ数を決定するためのRプログラム

    山本 裕二, 高御堂 良太, 千鳥 司浩, 横山 慶子, YAMAMOTO Yuji, TAKAMIDO Ryota, CHIDORI Kazuhiro, YOKOYAMA Keiko

    総合保健体育科学   42 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 6   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:名古屋大学総合保健体育科学センター  

    We developed programming codes using R language to determine the optimal number of clusters in the hierarchical clustering method, which were "Upper tail method" and "Jain-Dubes method". The developed R codes were applied to actual data sets, and we confirmed the programming codes and argued these methods to determine the number of clusters.

    添付ファイル: kiyo19_clusterR.pdf

    DOI: 10.18999/njhpfs.42.1.1

    CiNii Books

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2237/00030614

  24. 自転車競技ポイントレースにおける集団サイズと推定発揮パワー

    奥村 文浩, 横山 慶子, 山本 裕二, OKUMURA Fumihiro, YOKOYAMA Keiko, YAMAMOTO Yuji

    総合保健体育科学   42 巻 ( 1 ) 頁: 21 - 24   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:名古屋大学総合保健体育科学センター  

    In massed start bicycle races, riding in a group to avoid air resistance is profitable for racing cyclist to save their energy consumption. In this study, we estimated cyclists' power output and analyzed the relationship to the group size in a national championship of track cycling points race. The results show that the average velocity of the group increased as the number of riders in a group increased to some extent, but the average velocity of the large group decresed as the size of the group increased. These results suggest that the small groups are formed by cyclists intended to raise the pace and, on the other hand, the large groups are formed to save energy cunsumption by cyclists intended not to raise the pace.

    添付ファイル: OkumuraF19_Kiyo.pdf

    DOI: 10.18999/njhpfs.42.1.21

    CiNii Books

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2237/00030616

  25. Social forces for team coordination in ball possession game 査読有り

    Yokoyama Keiko, Shima Hiroyuki, Fujii Keisuke, Tabuchi Noriyuki, Yamamoto Yuji

    PHYSICAL REVIEW E   97 巻 ( 2 ) 頁: 022410   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    社会行動の数理モデルを用いて,サッカーの3対1ボール保持課題における3者の連携した動きを再現した.そして洗練されたチームワークを発揮するためには、個人が「空間力」「回避力」「協調力」という3種類の「見えない力」を察知して動く必要があることを明らかにした.さらに,「協調力」の一部を物理的に再現する道具として、プレイヤー間をゴムバンドで繋ぐ練習道具を開発した.

    添付ファイル: Yokoyama_PhysRevE.97.022410.pdf

    DOI: 10.1103/PhysRevE.97.022410

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  26. サッカーゲームにおける最小到達時間を用いた優勢地形

    山本 裕二, 横山 慶子, 木島 章文

    総合保健体育科学   41 巻 ( 1 ) 頁: 5 - 13   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:名古屋大学総合保健体育科学センター  

    We developed a new method to clarify the local characteristics of football games using a dominant landscape. The idea is founded on a Voronoi diagram; however, it is calculated using distance between generators. The new method is based on the temporal aspect, and the calculated minimum arrival times to all regions of the football field divided by a square meter for each player. We considered the velocity of the players in each frame by referring to previous research. Then, we calculated the dominant values, which showed how long it would take for each of the six players on the two teams to reach the ball position in every frame. In a successful offensive play, the dominant value of the offensive team was larger than that of the defensive team. This finding implies that momentum, that is, the velocities of offensive players, could be evaluated using this new method.

    添付ファイル: kiyo18_voronoi.pdf

    DOI: 10.18999/njhpfs.41.1.5

    CiNii Books

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2237/00028365

  27. Inverse proportional relationship between switching-time length and fractal-like structure for continuous tracking movement 査読有り

    Takehito Hirakawa, Hiroo Suzuki, Kazutoshi Gohara, & Yuji Yamamoto

    International Journal of Bifurcation and Chaos   27 巻   頁: 1730040   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0218127417300403

  28. Effects of the lateral amplitude and regularity of upper body fluctuation on step time variability evaluated using return map analysis 査読有り

    Kazuhiro Chidori & Yuji Yamamoto

    PLoS ONE   12 巻 ( 7 ) 頁: e0180898   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0180898

  29. Switching adaptability in human-inspired sidesteps: A minimal model 査読有り

    Keisuke Fujii, Yuki Yoshihara, Hiroko Tanabe, & Yuji Yamamoto

    Frontier in Human Neuroscience   11 巻   頁: 298   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fnhum.2017.00298

  30. ソフトテニス女子ダブルスにおけるゲーム分析 : 競技レベル・勝敗別の違いから検討

    篠原 秀典, 山本 裕二, 工藤 敏巳, Hidenori Shinohara, Yuji Yamamoto, Toshimi Kudo

    宮城学院女子大学研究論文集   ( 124 ) 頁: 11 - 22   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:宮城学院女子大学紀要編集委員会  

    DOI: 10.20641/00000369

    CiNii Books

    その他リンク: http://id.nii.ac.jp/1502/00000369/

  31. Effects of agent-environment symmetry on the coordination dynamics of triadic jumping 査読有り

    Kijima Akifumi, Shima Hiroyuki, Okumura Motoki, Yamamoto Yuji, Richardson Michael J.

    FRONTIERS IN PSYCHOLOGY   8 巻   頁: 3   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    三者の協調行動における場の対称性の影響を検討するために,三者同時ジャンプ課題を開発し,場の対称性を操作して検討した.その結果,場の対称性が高い場合には三者がほぼ同時にジャンプし,三者ともがリーダー(最初に飛び出す人)になりうるが,場の対称性が低い場合には,その非対称性に拘束され,特定の位置にいる人がリーダーになりやすいことが明らかになった.

    添付ファイル: kijima17_frontier.pdf

    DOI: 10.3389/fpsyg.2017.00003

    Web of Science

  32. Perception of affordance for striking regulates interpersonal distance maneuvers of intermediate and expert players in kendo matches 査読有り

    Motoki Okumura, Akifumi Kijima & Yuji Yamamoto

    Ecological Psychology   29 巻   頁: 1-22   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10407413.2017.1270147

  33. Resolution of low-velocity control in golf putting differentiates professionals from amateurs 査読有り

    Hasegawa Yumiko, Fujii Keisuke, Miura Akito, Yamamoto Yuji

    JOURNAL OF SPORTS SCIENCES   35 巻 ( 13 ) 頁: 1239 - 1246   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    熟練者のゴルフパッティングにおける微細な調整能力を検討するために,10名のプロ選手と10名のある程度熟練したアマチュア選手を対象に,0.6mから3.3mまでの0.3mごとのパッティング動作を分析した.その結果,プロ選手のほうがアマチュア選手よりもインパクト時の速度が距離に依存して変化しており,より微細な調節をしていることが示唆された.

    DOI: 10.1080/02640414.2016.1218037

    Web of Science

    PubMed

  34. 身体運動相談:ひきこもり学生支援の新たな試み

    横山 慶子, 古橋 忠晃, 山本 裕二

    名古屋大学学生相談総合センター紀要   17 巻   頁: 36-41   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. テニスシングルスゲームにおける打球・待球位置と状況判断 査読有り

    工藤 璃子, 横山 慶子, 工藤 敏巳, 山本 裕二, KUDO Riko, YOKOYAMA Keiko, KUDO Toshimi, YAMAMOTO Yuji

    総合保健体育科学   40 巻 ( 1 ) 頁: 45 - 54   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:名古屋大学総合保健体育科学センター  

    The purpose of this study was to examine how individual decision-making is affected by the waiting and hitting positions during singles tennis. The ideal waiting position for the receiver was defined by the hitting position of the opponent, which depended on the depth and width of the hitter's position. The definition was applied to three international men's singles matches, and the constant errors between ideal and actual waiting positions and between ideal waiting positions and the direction of the shots in each rally were determined, as receivers' and hitters' decisionmaking, respectively. The results showed that the number of rallies on the advantage side was more than that on the deuce side, and more crosscourt shots occurred from the advantage side than down-the-line shots; however, shots from the deuce side were directed to both sides. The distribution of the waiting positions for receivers was unimodal; however, the directions of the shots showed a bimodal distribution. These results suggest that the receiver makes a decision depending on the perception of the hitting position of the hitter, and the hitter makes a decision depending on the perception of the receiver's waiting position.

    DOI: 10.18999/njhpfs.40.1.45

    CiNii Books

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2237/26901

  36. テニスサービス打球音にみられる特徴 : 世界のトップ選手を対象として 査読有り

    張 点雨, 横山 慶子, 山本 裕二, ZHANG Dianyu, YOKOYAMA Keiko, YAMAMOTO Yuji

    総合保健体育科学   40 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 43   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:名古屋大学総合保健体育科学センター  

    The purpose of this study was to identify the characteristics of impact sounds in tennis service and to clarify the common and unique characteristics among 8 top-level tennis players. The sound data was obtained from the matches in The Championships, Wimbledon 2016, and the waveforms of impact sounds in service for 8 male top-level players were collected. The results showed that impact sounds in service had common characteristics of waveforms, which were eight peaks, three clusters in the eight peaks, and the same inter-peaks intervals between both court sides among 8 players, regardless of speed of service, ball direction or other factors which may affect the audio components. Also each player showed his own unique characteristics on the amplitude and duration of the impact sounds.

    DOI: 10.18999/njhpfs.40.1.37

    CiNii Books

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2237/26900

  37. サッカーの攻防に潜む連成振動

    山本 裕二, 横山 慶子, 木島 章文, 島 弘幸, YAMAMOTO Yuji, YOKOYAMA Keiko, KIJIMA Akifumi, SHIMA Hiroyuki

    総合保健体育科学   40 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 14   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:名古屋大学総合保健体育科学センター  

    This study considered the movements of the defense lines and the ball during a football game as a three-coupled oscillation. Each defense line of two opposing teams oscillated with in-phase synchronization, and the length between each defense line and the ball oscillated with anti-phase synchronization. We introduced a three-coupled oscillation model to understand these synchronizations. First, we considered the case in which three masses, m, and four spring constants, k, were equal in a three-coupled oscillation. We calculated the eigenvectors and eigenvalues based on the equation of motion, and we obtained three modes of oscillation as three angular frequencies in the equation. We obtained key parameters when we defined the initial state of the system, which allowed us to solve the equation of motion for three-coupled oscillation. Next, we considered cases in which three masses and four spring constants differed. To confirm the validity of the three-coupled oscillation model, we calculated the distribution of the relative phase between two outer masses, m1 and m3, as defense lines and the length between two outer masses and the middle mass, m2, as each defense line and the ball. The three-coupled oscillations showed similar distributions of the relative phase. However, the periodogram showed distinct periodicity. Thus, a more sophisticated model is needed to understand the behavior of the defense lines and the ball during football games.

    添付ファイル: Kiyo17_coupledOscillation.pdf

    DOI: 10.18999/njhpfs.40.1.1

    CiNii Books

    その他リンク: http://hdl.handle.net/2237/26896

  38. Switching dynamics between two movement patterns varies according to time interval 査読有り

    Takehito Hirakawa, Hiroo Suzuki, Motoki Okumura, Kazutoshi Gohara, & Yuji Yamamoto

    International Journal of Bifurcation and Chaos   26 巻   頁: 1630026   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0218127416300263

  39. Resilient help to switch and overlap multi-subsystem in a small human group 査読有り

    Keisuke Fujii, Keiko Yokoyama, Takeshi Koyama, Akira Rikukawa, Hiroshi Yamada, Yuji Yamamoto

    Scientific Reports   6 巻   頁: 23911   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep23911

  40. Mutual and asynchronous anticipation and action in sports as globally competitive and locally coordinative dynamics 査読有り

    Keisuke Fujii, Tadao Isaka, Motoki Kouzaki, Yuji Yamamoto

    Scientific Reports   5 巻   頁: 16140   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep16140

  41. Constrained paths based on the Farey sequence in learning to juggle 査読有り

    Kota Yamamoto, Seijiro Tsusui, & Yuji Yamamoto

    Human Movement Science   44 巻   頁: 102-110   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.humov.2015.08.008

  42. Robustness to temporal constraint explains expertise in ball-over-net sports 査読有り

    Suzuki, H. and Yamamoto, Y.

      41 巻   頁: 193-206   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.humov.2015.02.009

  43. Motor control of rhythmic dance from a dynamical systems perspective: A review 査読有り

    Akito Miura, Shinya Fujii, Yuji Yamamoto, Kazutoshi Kudo

    Journal of Dance Medicine & Science   19 巻   頁: 11-21   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12678/1089-313X.19.1.11

  44. Emergence of the self-similarity in football dynamics 査読有り

    A. Kijima, K. Yokoyama, H. Shima, Y. Yamamoto

    European Physical Journal B   87 巻   頁: 10.1140/epjb/e2014-40987-5   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1140/epjb/e2014-40987-5

  45. フラクタル次元からみた切替打球動作の巧みさ 査読有り

    鈴木啓央・山本裕二

    スポーツ心理学研究   40 巻 ( 2 ) 頁: 91-108   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. A critical interpersonal distance switches between two coordination modes in kendo matches 査読有り

    Motoki Okumura, Akifumi Kijima, Koji Kadota, Keiko Yokoyama, Hiroo Suzuki, & Yuji Yamamoto

    PLoS ONE   7 巻 ( 12 ) 頁: e51877   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0051877

  47. Switching dynamics in an interpersonal competition brings about `deadlock' synchronization of players 査読有り

    Akifumi Kijima, Koji Kadota, Keiko Yokoyama, Motoki Okumura, Hiroo Suzuki, Richard C. Schmidt, & Yuji Yamamoto

    PLoS ONE   7 巻 ( 11 ) 頁: e47911   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0047911

  48. 身体の動きからヒトを知る 招待有り

    山本裕二

    精神療法   38 巻 ( 5 ) 頁: 626-633   2012年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  49. 関係論的アプローチによる体育の授業デザイン 査読有り

    岡野昇・山本裕二

    学校教育研究   27 巻   頁: 80-92   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. ボールゲームにおけるチーム内連携のダイナミクス-6人制フィールドホッケーによる検証- 査読有り

    横山慶子・山本裕二

    認知科学   18 巻 ( 2 ) 頁: 284-298   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. *Scale-free property of the passing behaviour in a team sport 査読有り

    Yuji Yamamoto

    International Journal of Sport and Health Science   7 巻   頁: 86-95   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. *ボールゲームの質的変化とその制御要因-6人制フィールドホッケーを対象として- 査読有り

    横山慶子・山本裕二

    体育学研究   54 巻   頁: 355-365   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大学生と小学生のホッケーゲームを対象に,全選手とボールの位置を試合全体を通じて分析し,その中で攻撃が成功する場面と失敗する場面を比較した結果,成功時にはチーム間距離がある臨界点に達した時にボールと全体の相対距離の変動が大きくなり,そこが成功と失敗の分岐点になることが明らかになった.

  53. Brain responses to meaningless postures as measured by near-infrared spectroscopy 査読有り

    H. Ito, H. Saito, T. Shiraishi, H. Shimizu, and Y. Yamamoto

    Neuroreport   19 巻   頁: 1411-1415   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. 打動作における体幹回旋動作の獲得 査読有り

    山本裕二

    体育学研究   52 巻 ( 4 ) 頁: 351-360   2007年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    打動作における体幹回旋動作を,さまざまな運動を経験することによって獲得するという,これまでにない学習方法の提案とその実践的検討

  55. 姿勢間結合処理の効果:プローブ再生課題を用いた検討 査読有り

    井藤寛志・齋藤洋典・白石知子・山本裕二

    認知科学   14 巻 ( 2 ) 頁: 192-205   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. ダーツ学習過程のゆらぎ

    山本裕二・水藤弘吏・船橋孝恵・横山慶子・今井辰也・鶴原清志・岡本敦・池上康男

    総合保健体育科学   30 巻   頁: 1-6   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    ダーツの学習過程におけるゆらぎをDFAによって分析した

  57. 運動イメージの統御可能性(CMI)テスト・コンピュータグラフィックス(CG)版の妥当性と信頼性の検討

    鶴原清志・山本裕二・岡本敦・今井辰也・水藤弘吏・池上康男

    総合保健体育科学   30 巻   頁: 15-20   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    CMIテストのCG版の信頼性と妥当性を検討した

  58. CMI-CG (Controlability of Mental Imagery Computer Graphics version) の作成

    岡本敦・水藤弘吏・今井辰也・鶴原清志・池上康男・山本裕二

    総合保健体育科学   30 巻   頁: 7-14   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    CMIテストのCG版を作成した

  59. *An alternative approach to the acquisition of a complex motor skill: multiple movement training on tennis stroke 査読有り

    Yuji Yamamoto

    International Journal of Sport and Health Science   2 巻   頁: 169-179   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study examined an alternative approach for acquiring a complex motor skill using constraints. In order to determine the efficacy of two alternatives for learning tennis striking actions, forehand and backhand strokes were practiced over five successive days using two contrasting training methods. The novel, complex training method required repeating forehand and backhand strokes alternately, whereas the traditional, continuous training condition required repeating forehand or backhand strokes as separate series of events. Five subjects were randomly assigned to the two conditions. The striking actions were recorded and analyzed kinematically before and after the training sessions. There were no changes in the range of trunk rotation per se in the continuous training condition, but the center of the range shifted unfavorably in the direction opposite to where the ball was struck, for both forehand and backhand strokes. By contrast, in the complex training condition, the range of trunk rotation increased, and the center of the range shifted favorably in the direction toward which the ball was struck, for both strokes. These differences were confirmed by the trajectories in hyper-cylindrical phase space as dynamical systems. In the complex training group, the forehand and backhand clusters became close to each other after training, while in the continuous training group, the two clusters became separate after training. From a dynamical systems perspective, we argue that the complex training condition achieves its superiority by exploiting the inertia of the trunk rotation movement as a constraint produced by the preceding striking action, whether it be forehand or backhand.

  60. 連続および複合打球動作が打球成績に及ぼす影響:ダイナミカルシステムアプローチからの検討

    山本裕二

    体育学研究   47 巻 ( 3 ) 頁: 243-251   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. 新たな運動学習の地平:ダイナミカルシステムアプローチの可能性 査読有り

    山本裕二

    体育学研究   47 巻 ( 2 ) 頁: 125-140   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  62. 打球動作の運動制御と学習へのダイナミカルシステムアプローチ

    山本裕二

    体育の科学   51 巻 ( 3 ) 頁: 214-219   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  63. ヒューマン・ムーブメント・サイエンスの構築に向けて

    山本裕二

    総合保健体育科学   24 巻 ( 1 ) 頁: 29-36   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  64. Compensatory coordination of release parameters in a throwing task 査読有り

    K. Kudo, S. Tsutsui, T. Ishikura, T. Ito, & Y. Yamamoto

    Journal of Motor Behavior   32 巻 ( 4 ) 頁: 337-345   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. 打球動作の制御・学習へのダイナミカルシステムアプローチ

    山本裕二

    総合保健体育科学   22 巻 ( 1 ) 頁: 1-12   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  66. 巧みな動き-入出力の連続性と多様性- 査読有り

    山本裕二,郷原一寿

    認知科学   6 巻 ( 3 ) 頁: 332-345   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. 打球動作で何が獲得されるか-計算論とダイナミカルシステムの立場から 査読有り

    山本裕二

    東海保健体育科学   21 巻   頁: 15-30   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. テニスの技能学習で初心者には何がなぜ難しいのか?-自己評価チェックリストからの検討- 査読有り

    山本裕二,竹之内隆志

    スポーツ心理学研究   23 巻 ( 1 ) 頁: 7-15   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. 身体運動における打動作の学習に関する事例的検討 査読有り

    山本裕二

    認知科学   3 巻 ( 3 ) 頁: 87-98   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. The relation between preparatory stance and trunk rotation movements 査読有り

    Yuji Yamamoto

    Human Movement Science   15 巻   頁: 899-908   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. テニスのボレー動作におけるタイミングエラーとスペーシングエラーの分析

    山本裕二

    総合保健体育科学   17 巻 ( 1 ) 頁: 41-50   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  72. 実業団女子ソフトテニス選手へのメンタルトレーニングの事例から -選手とカウンセラーとの関係性

    鈴木壮,中込四郎,山本裕二

    岐阜大学教育学部研究報告(自然科学)   17 巻   頁: 87-103   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  73. Relationship between egostates and performance in 470 class yacht races

    Bulletin of Faculty of Education in Mie University : Nature Science   44 巻   頁: 85-91   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  74. 力量調整を伴うタイミング動作の分析

    中京大学体育学論叢   32 巻   頁: 1   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  75. 逆U字仮説に対する注意の狭小化現象からの再検討 査読有り

    山本裕二,井箟敬,工藤敏巳,中込四郎

    体育学研究   30 巻   頁: 2   1985年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 11

  1. *複雑系としての身体運動

    山本裕二( 担当: 単著)

    東京大学出版会  2005年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    身体運動を複雑系としてとらえ,打球動作を題材に,情報処理論的アプローチとダイナミカルシステムアプローチの双方から分析し,複雑に見える運動には単純な規則性があることを明らかにした.さらに,その規則性を生かした複合運動学習を提案し,その方策の有効性を立証した.

  2. Interpersonal Coordination and Performance in Social Systems

    Yuji Yamamoto, Motoki Okumura, Keiko Yokoyama, Akifumi Kijima( 担当: 分担執筆)

    Routledge   2016年9月  ( ISBN:978-1-138-90108-7

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. 整形外科医のためのスポーツ医学概論

    松本秀男( 担当: 分担執筆 ,  範囲: スポーツ心理学)

    中山書店  2021年10月  ( ISBN:978-4-521-74901-3

     詳細を見る

    総ページ数:423   担当ページ:103-108   記述言語:日本語

  4. よくわかるスポーツ心理学

    中込四郎,伊藤豊彦,山本裕二(編著)( 担当: 共著)

    ミネルヴァ書房  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. 考えて強くなるソフトテニストータルデザイン

    水野哲也・山本裕二・井箟敬・工藤敏巳・杉山貴義( 担当: 共著)

    大修館書店  2008年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. ジュニアスポーツの心理学

    市村操一・杉山佳生・山本裕二( 担当: 共著)

    大修館書店  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 体育・スポーツ指導のための動きの質的分析入門

    阿江通良・山本裕二・島田一志・榎本靖士・結城匡啓・窪康之( 担当: 共著)

    ナップ  2007年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    体育・スポーツの教師や指導者のための動きについての質的分析に関するKnudson and Morrisonの著書の翻訳

  8. スポーツ心理学:からだ・運動と心の接点

    中込四郎・山本裕二・伊藤豊彦( 担当: 共著)

    培風館  2007年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    身体運動を手がかりとした新たな人間理解を促すであろうスポーツ心理学について,多岐にわたる領域をバランスよく解説し,その全体像を描くことを目指したもの.

  9. 運動行動の学習と制御

    兄井彰,乾信之,大場渉,奥村基生,門田浩二,木島章文,工藤和俊,関矢寛史,武田守弘,筒井清次郎,樋口貴広,平川武仁,麓信義,松尾知之,村越真,森司郎,山本裕二( 担当: 共著)

    杏林書院  2006年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 安定性にもとづく動きの可能性「運動心理学の展開」

    山本裕二( 担当: 共著)

    遊戯社  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  11. スポーツ心理学の世界

    杉原隆,船越正康,工藤孝幾,中込四郎(編)( 担当: 共著)

    福村出版  2000年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

MISC 1

  1. 感覚運動制御からみた投動作の理解 招待有り

    山本 裕二, 門田 浩二, 木下 博, 木島 章文  

    デサントスポーツ科学38 巻   頁: 182 - 192   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:石本記念デサントスポーツ科学振興財団事務局  

    CiNii Books

講演・口頭発表等 12

  1. Team coordination: dynamics and acquisition 国際共著 国際会議

    Yamamoto Yuji

    International Society of Sport Psychology 15th World Congress  2021年10月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:台湾  

  2. 対人運動技能としてのテニスの返球角度系列に潜む規則性

    山本裕二・横山慶子・奥村基生・木島章文

    日本体育・スポーツ健康学会第71回大会  2021年9月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波(オンライン)   国名:日本国  

  3. 体育における共感の育成を目指した身体運動

    加納岳拓・岡野昇・横山慶子・柳瀬慶子・山本裕二

    日本学校教育学会  2021年8月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:盛岡(オンライン)   国名:日本国  

  4. Robots Dancing Waltz: Toward understanding inter-person coordination mechanism underlying ballroom dance 国際会議

    Akira Fukuhara, Takeshi Kano, Ryo Kobayashi, Yuji Yamamoto, and Akio Ishiguro

    The 9.5th international symposium on Adaptive Motion of Animals and Machines  2021年6月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Virtual  

  5. ロボットよ,ワルツを踊れ:社交ダンスに学ぶロボット間リズム協調制御メカニズム

    福原洸・加納剛史・小林亮・山本裕二・石黒章夫

    第33回自律分散システム・シンポジウム  2021年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 体育と算数の授業における他者との協調的振る舞い

    加納岳拓・横山慶子・山本裕二

    日本スポーツ心理学会第47回大会  2020年11月21日  日本スポーツ心理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月 - 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台(オンライン)   国名:日本国  

  7. スポーツ心理学とスポーツ心理学会 招待有り

    山本裕二

    日本スポーツ心理学会第47回大会  2020年11月14日  日本スポーツ心理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  8. A dynamical system approach for understanding collective behaviors in sports 招待有り 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. Understanding complex human behavior from a dynamical systems perspective 招待有り 国際会議

    Yuji Yamamoto

    14th International Society of Sports Psychology World Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Sevilla, Spain   国名:スペイン  

  10. From Laboratory to Active Fields in Motor Control and Learning Research: Dynamical System Approach 国際会議

    Yamamoto Y.

    7th Asian-South Pacific Association of Sport Psychology International Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  11. 運動発達のアフォーダンス事典:体育や身体運動の発達における,発達を促進するアフォーダンス環境について 招待有り

    山本 裕二

    日本心理学会第81回大会  2017年9月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  12. 対人・集団スポーツを組織化する情報 招待有り

    山本 裕二

    情報学シンポジウム2018  2018年12月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. ヒトと動きを協調するロボットの制御則

    研究課題番号:R02/B08  2020年4月 - 2021年3月

    東北大学電気通信研究所共同研究プロジェクト 

    加納剛史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:340000円

  2. サッカースキル獲得のための「もぐらたたき型パストレーナー」の開発

    2007年4月 - 2008年3月

    ヤマハ発動機スポーツ振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    子どもたちに,ゲーム感覚で遊びながらサッカーのパス技術を獲得できるような,遊具であり,トレーニング器具であるといった練習用具の開発を目指す.具体的には,もぐらたたき型パストレーナーの開発である.これは,正確にパス方向を判断をした上でタイミングを一致させるようにボールをける能力の向上を目指す.壁の向きを変え,ターゲットを複数設置することによってパスの角度が変わり,結果的には移動しながら左右の足でのワンタッチコントロールの技術を獲得するとともに,移動ターゲットを呈示するタイミングを可変式にすることと,Go-NoGo課題を組み合わせることによって,サッカーで重要な有効な視野の確保だけでなく,そのための良い身体の向き(good body shape)と同時に判断する能力とパス技術をも獲得することが期待される.

科研費 13

  1. 行動解析と数理モデルによる城門防御機能の定量的評価:スポーツ科学からの挑戦

    研究課題/研究課題番号:22K18487  2022年6月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    山本 裕二, 木島 章文, 横山 慶子, 島 弘幸, 奥村 基生

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    本研究は,我が国の城門の中でも特に優れた防御機能を有していたとされる枡形門の空間構造を,ヒト集団の移動動態の行動解析と社会的な見えない力の数理モデルからその機能を定量的に再評価します.具体的には,現存する枡形門を実地測量調査し,その空間構造を詳細に把握します.そして,枡形門の構造を復元し,実際のヒト集団の移動動態を実験により明らかにします.そして,社会的な見えない力を想定した数理モデルを立てて,ヒト集団の移動動態をシミュレーション実験により,定量的に評価します.さらに,枡形門を避難経路と見立てた際の安全な空間構造を数理モデルで予測し,行動実験で検証する予定です.

  2. 対人運動技能の制御・学習則の解明

    研究課題/研究課題番号:20H00572  2020年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    山本 裕二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:45370000円 ( 直接経費:34900000円 、 間接経費:10470000円 )

    本研究では,スポーツにおける対人運動技能の制御・学習則を解明する.対人運動技能とは,眼前の他者と連携や駆け引きを行う技能と,連携や駆け引きを通して互いに成長し続ける技能の両方を指す.これは様々なスポーツに共通の重要な技能であると考えられるが,従来は個の運動技能のみが扱われており,対人運動技能の制御・学習則は未知である.そこで本研究では,二者が連携や駆け引き,二者が連携して他の二者と駆け引きする対人運動技能の制御・学習過程の調査・行動実験からそこに潜む規則性を見つけ,数理モデルを構築して制御・学習の本質を理解し,ロボットに実装してその妥当性を検証する.

  3. 競創ダイナミクスの統合的理解

    研究課題/研究課題番号:24240085  2012年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. スポーツ技能の獲得・向上への力学系理論からの統合的理解

    研究課題/研究課題番号:20240060  2008年4月 - 2012年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(A)

    山本裕二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    スポーツ技能のような複雑な身体運動に対しては,従来の機械論的なとらえ方ではなく,複雑な振る舞いを要素間の相互作用に基づく自己組織的な創発現象としてとらえる力学系理論からの検討が有効であり,本研究では,スポーツ技能を力学系理論から統合的に理解し,その獲得,向上,指導に寄与することを目的とする.

  5. 集団協応の数理構造に基づく身体的社会性の仮想空間育成システム

    研究課題/研究課題番号:20H04090  2020年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    木島 章文, 山本 裕二, 横山 慶子, 島 弘幸, 郷 健太郎, 奥村 基生

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    記号やモノのつながりだけではなく,その場で息を合わせて行う行為もまたこの世界を創る重要なつながりである.与えられた場に集まる仲間の様々な(心理的)個性が,自他の(物理的)立ち位置を理解して,共通の目的に向かって協力する.我々はこの基盤をなす知性を身体的社会性と呼び,その育成を体育が取り組むべき教育課題と考える.
    この発想に基づき,仮想現実空間を用いて身体的社会性の育成環境を実現しようと考えた.具体的には,代表者らが検討してきたヒトの三者跳躍課題の幾何学環境をVR空間に構築し,実験的に個性を操作できる人工エージェントとの関わりを通して,ヒトの身体的社会性を育成する教育システムを実現する.

  6. 集団協応の数理構造に基づく身体的社会性の仮想空間育成システム

    研究課題/研究課題番号:20H04090  2020年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    木島章文

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:520000円 ( 直接経費:400000円 、 間接経費:120000円 )

  7. バイオロジカルモーションを用いた対人技能ダイナミクスの解明

    研究課題/研究課題番号:17H02152  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    山本 裕二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    本研究では,投手の投球動作に関する事前情報の操作が,打者のボール速度の予測,知覚と打動作に及ぼす影響を,実際のビデオ映像とバイオロジカルモーションで検討した.その結果,投手の事前の動きが早い,あるいは遅い場合には,ボールの速度が同じであるにもかかわらず,ボール速度を速い,あるいは遅いと予測,知覚し,行為もこれと一致するように尚早,遅延した.さらに,これはバイオロジカルモーションで両腕の情報を遮蔽した場合には生じず,ヒトは他者の,特に動きの速い身体部位の変化から他者の動きを予測,あるいは知覚している,つまり,他者の動きにダイナミクスを見出し,その情報に基づいて行為を行っていると考えられる.
    従来運動技能に関しては,個人技能の制御や学習が扱われてきた.本研究の意義は,対人技能が事前情報のダイナミクスに基づいている可能性を示唆したことである.このことは,いわゆる「阿吽の呼吸」といわれるような,他者との協働や共感がダイナミクス,すなわち時間変化,しかも実際にこれまで重要と考えられてきた情報に先立つ事前情報に含まれるダイナミクスであることを示唆している.今後,他者との共感を育むために,こうした事前情報に含まれるダイナミクスに着目する必要がある.

  8. 分岐現象としてのサッカーシュートシーンの予測

    研究課題/研究課題番号:16K12994  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    山本 裕二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    まず,両チームのディフェンス(DF)ラインとボールを3つの振動子と見立て,3連結振動子の連成振動としてモデル化を試みた.その結果,サッカーのDFライン同士は同相同期し,両チームのDFラインとボールとの距離は逆相同期し,DFラインはゴールラインとボール位置を基準に動き,両チームのDFライン間の距離はほぼ一定となることが明らかになった.
    次に,ボロノイ図を参考に,各選手の速度ベクトルを考慮して,ボール位置への各選手の最小到達時間によって求められる優勢値を求めるアルゴリズムを開発した.その結果,シュートシーンに至る起点での優勢値,すなわち初期値鋭敏性がシュートシーンを予測できる可能性が示唆された.
    学術的意義としては,複雑に見えるサッカーという集団スポーツのダイナミクスを,巨視的視点からはディフェンスラインとボールという3連結振動子の連成振動として,微視的視点からは各選手のボールまでの到達時間によって生じる優勢地形として理解することの可能性を示唆したことである.
    さらに社会的意義としては,サッカーという集団スポーツの見方を変えうる,つまり集団スポーツの本質的なおもしろさを伝えるための方法を開発したことである.通常は選手個々のプレーに目が向けられがちであるが,集団としての連携や競合といった側面を新たに呈示できれば集団スポーツの見方を変えることができる.

  9. 動きビッグデータからスキルの予測は可能か?

    研究課題/研究課題番号:15K12639  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    山際 伸一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    小型センサでとらえた人の動きのデータをヘルスケアなどへの応用する取り組みが盛んである。従来のバイオメカニクスや運動学習分野では、見た目やパフォーマンスに関連する動きの特徴点から導出した平均モデルからパラメタを選定し、個人の動きを定義する。しかし、パラメタを選定せず、個人の動きのモデルを自動的に導出できれば、健康管理やスキル特定への応用精度が格段に向上する。そこで本研究は映像やセンサデータ等の動きのビッグデータへ知的情報処理を施し、個のスキルのモデル化を試みる。

  10. スポーツに心理的距離は存在するか

    研究課題/研究課題番号:25560315  2013年4月 - 2016年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    標的照準課題(ゴルフなど)において,物理的距離と心理的距離が等価であるか否かを,運動学的変数と知覚変数から明らかにする.そこには,知覚的歪みに基づく,運動の歪みの存在を仮定するものである.

  11. 集団ダイナミクスを可視聴化により探る

    研究課題/研究課題番号:22650146  2010年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    山本 裕二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 運動イメージの可視化技術を用いた運動学習支援システムの開発

    研究課題/研究課題番号:17300206  2005年5月 - 2008年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    山本裕二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    運動イメージを可視化することによって,運動開始前に運動イメージの修正を行ったり,運動終了後に実際の遂行結果との照合を行うことによって運動学習を支援するシステムを構築することを目指す

  13. 「わかっているができない」現象の情報処理過程の解明

    2002年5月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究,課題番号:15650126

    山本裕二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    運動場面において見られる様々な「わかっているができない」現象をとらえ,その情報処理過程を解明する

▼全件表示

産業財産権 2

  1. トレーニング用具

    横山慶子, 山本裕二, 田渕規之, 鈴木大介, 上向井千佳子

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-140137  出願日:2015年7月

    公開日:2017年7月

    公表番号:特開2017-18447 

    特許番号/登録番号:特許6722905  登録日:2020年6月 

  2. トレーニング器具

    横山慶子,山本裕二,田渕規之,上向井千佳子, 鈴木大介

     詳細を見る

    出願人:美津濃株式会社, 国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2015-140137  出願日:2015年7月

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 12

  1. 健康・スポーツ科学講義

    2009

  2. 運動学習科学

    2020

  3. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(テニス)

    2011

  4. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(テニス)

    2011

  5. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(テニス)

    2011

  6. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(卓球)

    2011

  7. 健康・スポーツ科学講義

    2011

  8. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(テニス)

    2011

  9. 健康・スポーツ科学実習Ⅰ(テニス)

    2011

  10. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(アダプテッド)

    2011

  11. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(テニス)

    2011

  12. 健康・スポーツ科学実習Ⅱ(テニス)

    2011

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. スポーツ科学研究法2

    2007年4月 - 2008年3月 中京大学大学院)

  2. 体育心理学

    2007年4月 - 2008年3月 東海学園大学)

 

社会貢献活動 10

  1. スポーツ選手を育てる

    役割:講師

    山梨県ソフトテニス連盟  山梨県ソフトテニス連盟指導者講習会  2022年3月

  2. スポーツスキルの上達と発揮

    役割:講師

    犬山市民総合大学スポーツ学部  2021年10月

  3. スポーツテックによる対人・集団戦略 運動学習の最新理論による対人集団技能の解明

    役割:パネリスト

    名古屋大学  名古屋大学Mebinar  2021年7月

  4. 子どもの力を引き出すトレーニング法:スポーツ心理学から

    役割:講師

    名古屋市名東区  2021年6月

  5. スポーツ心理学とは?

    役割:講師

    日本スポーツ心理学会  市民向け公開講座  2020年2月

  6. 自分で気づけば,人生変わる!

    役割:講師

    小牧市立北里中学校  生き方講演会  2019年1月

  7. 自分で気づけば運動は上手くなる

    役割:講師

    日本スポーツ心理学会  市民向け公開講座  2018年11月

  8. (仮称)龍北総合運動場整備事業者選定審査委員

    役割:助言・指導

    岡崎市  2017年4月 - 2018年3月

  9. 名古屋市スポーツ振興審議会委員

    役割:助言・指導

    2006年5月 - 2016年5月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    名古屋市スポーツ振興審議会において,委員として名古屋市のスポーツ施策等の審議を行う

  10. 特定非営利活動法人日本総合スポーツ&セキュリティ支援協会理事

    2004年4月 - 現在

▼全件表示

メディア報道 8

  1. サッカー上手くなりたければ3人でパス練習を! 新聞・雑誌

    中日スポーツ  2012年1月

  2. サッカーにもハブ存在 ただし固定せず インターネットメディア

    サイエンスポータル編集ニュース  2012年1月

  3. 『司令塔』時間に応じ交替 新聞・雑誌

    中日新聞  2011年12月

  4. スポーツ3人連携パターン 名大など対称性理論で解明 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  2011年10月

  5. 人間関係 サッカーに学べ 新聞・雑誌

    毎日新聞夕刊  2011年10月

  6. 独りよがりは団体球技に向かない インターネットメディア

    サイエンスポータル編集ニュース  2011年10月

  7. 上級者は正三角形維持 新聞・雑誌

    中日新聞  2011年10月

  8. 名大など,スポーツで3者が互いに感じて動く連係動作を対称性の破れで証明 インターネットメディア

    マイナビニュース  2011年10月

▼全件表示