2021/12/05 更新

写真a

カドワキ セイジ
門脇 誠二
KADOWAKI, Seiji
所属
博物館 講師
大学院担当
大学院環境学研究科
大学院人文学研究科
職名
講師
連絡先
メールアドレス

学位 3

  1. 博士号 ( 2007年11月   トロント大学 ) 

  2. 修士(文学) ( 2002年5月   タルサ大学 ) 

  3. 修士(文学) ( 1999年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 先史学

  2. 西アジア

  3. 旧石器時代

  4. 新石器時代

  5. 石器

  6. 考古学

  7. 初期農耕

  8. 人類進化

研究分野 1

  1. 人文・社会 / 考古学  / 考古学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 資源利用行動から探る新人社会の基盤形成史:レヴァント地方乾燥域の考古科学研究

  2. 西アジア初期農耕社会の考古学:世帯と日常活動からのアプローチ

経歴 5

  1. 名古屋大学   博物館   講師

    2016年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   博物館   助教

    2010年10月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 東京大学   総合研究博物館   特任助教

    2009年10月 - 2010年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 東京大学   総合研究博物館   研究員

    2008年4月 - 2009年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 東京大学   総合研究博物館   研究員

    2007年7月 - 2008年3月

学歴 5

  1. トロント大学   人類学科

    2002年9月 - 2007年11月

      詳細を見る

    国名: カナダ

  2. タルサ大学   人類学科

    2000年8月 - 2002年5月

      詳細を見る

    国名: アメリカ合衆国

  3. 東京大学   人文社会科学研究科

    1999年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  4. 東京大学   人文社会科学研究科

    1997年4月 - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  5. 東京大学   文学部   歴史文化学科

    1993年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 8

  1. 日本西アジア考古学会   役員、企画委員

    1997年 - 現在

  2. 日本旧石器学会   幹事、会誌委員長

    2008年4月 - 現在

  3. オリエント学会   編集委員

    2008年 - 現在

  4. 日本第四紀学会

    2009年 - 現在

  5. 日本考古学協会

    2011年 - 現在

  6. 日本人類学会

    2013年 - 現在

  7. 物質文化研究会   編集委員

    2012年 - 現在

  8. 日本博物科学会

    2011年 - 現在

▼全件表示

委員歴 4

  1. 日本旧石器学会   幹事、会誌委員長  

    2020年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本西アジア考古学会   役員、企画委員  

    2019年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 日本オリエント学会   編集委員  

    2018年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  4. 物質文化研究会   編集委員  

    2012年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 2

  1. 日本オリエント学会奨励賞

    2010年11月   社団法人 日本オリエント学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. The Dr. Ranbir Singh Khanna OGS award in the Environment

    2003年5月   Government of Ontario, Ontario Graduate Scholarship, Canada  

     詳細を見る

    受賞国:カナダ

 

論文 74

  1. Frequency and production technology of bladelets in Late Middle Paleolithic, Initial Upper Paleolithic, and Early Upper Paleolithic (Ahmarian) assemblages in Jebel Qalkha, Southern Jordan 査読有り 国際共著 国際誌

    Seiji Kadowaki, Eiki Suga, and Donald O. Henry

    Quaternary International   596 巻   頁: 4 - 21   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.quaint.2021.03.012

  2. Application of the ecocultural range expansion model to modern human dispersals in Asia 査読有り 国際誌

    Wakano, J.Y. and S. Kadowaki

    Quaternary International   596 巻   頁: 171 - 184   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.quaint.2020.12.019

  3. Lithic technology, chronology, and marine shells from Wadi Aghar, southern Jordan, and Initial Upper Paleolithic behaviors in the southern inland Levant 査読有り 国際共著 国際誌

    Seiji Kadowaki, Toru Tamura, Katsuhiro Sano, Taiji Kurozumi, Lisa A. Maher, Joe Yuichiro Wakano, Takayuki Omori, Risako Kida, Masato Hirose, Sate Massadeh, Donald O. Henry

    Journal of Human Evolution   135 巻   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.jhevol.2019.102646

    Web of Science

  4. Mitochondrial DNA Analysis of Ancient Domestic Goats in the Southern Caucasus: A Preliminary Result from Neolithic Settlements at Göytepe and Hacı Elamxanlı Tepe 査読有り 国際共著 国際誌

    Seiji Kadowaki, Keiko Ohnishi, Saiji Arai, Farhad Guliyev, Yoshihiro Nishiaki

    International Journal of Osteoarchaeology   27 巻 ( 2 ) 頁: 245 - 260   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/oa.2534

    Web of Science

  5. Geoarchaeological and palaeobotanical evidence for prehistoric cereal storage in the southern Caucasus: The Neolithic settlement of Göytepe (mid 8th millennium BP) 査読有り 国際共著 国際誌

    Kadowaki S, Maher L, Portillo M, Albert R.M, Akashi C, Guliyev F, Nishiaki Y

    Journal of Archaeological Science   53 巻   頁: 408 - 425   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.jas.2014.10.021

  6. Investigating early husbandry strategies in the southern Caucasus: intra-tooth sequential carbon and oxygen isotope analysis of Neolithic goats, sheep, and cattle from Göytepe and Hacı Elamxanlı Tepe 査読有り 国際共著 国際誌

    Hirose, M., Y. I. Naito, S. Kadowaki, S. Arai, F. Guliyev, and Y. Nishiaki

    Journal of Archaeological Science: Reports   36 巻   頁: 102869   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.jasrep.2021.102869

  7. ホモ・サピエンスの拡散・定着期における文化動態:南ヨルダン、カルハ山の旧石器遺跡調査(近年の動向) 国際共著

    門脇誠二・廣瀬允人・須賀永帰・大澤桃子・S. マサデ・ D. ヘンリー

    西アジア発掘調査報告会報告集   28 巻   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  8. Syngenetic rapid growth of ellipsoidal silica concretions with bitumen cores 査読有り 国際共著 国際誌

    Yoshida, H,, R Kuma, H. Hasegawa, N. Katsuta, S. Sirono, M. Minami, S. Nishimoto, N. Takagi, S. Kadowaki, and R. Metcalfe

    Scientific Reports   11 巻   頁: 4230   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature  

    DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-021-83651-w

  9. ホモ・サピエンスの拡散・定着期における文化動態―南ヨルダン、カルハ山の旧石器遺跡調査(2019年)― 国際共著

    門脇誠二、廣瀬允人、須賀永帰、サタ・マサデ、ドナルド・ヘンリー

    西アジア発掘調査報告会報告集   27 巻   頁: 26 - 30   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  10. アゼルバイジャンにおけるヨモギ属(Artemisia spp.)利用史 査読有り 国際共著

    赤司千恵, 門脇誠二, ファルハド=キリエフ, 西秋良宏

    植生史研究   28 巻 ( 2 ) 頁: 59 - 70   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Marine shells from Tor Fawaz, southern Jordan, and their implications for behavioral changes from the Middle to Upper Palaeolithic in the Levant 査読有り 国際共著 国際誌

    Kadowaki et al.

    Learning Among Neanderthals and Palaeolithic Modern Humans     頁: 161 - 178   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: 10.1007/978-981-13-8980-1_11

  12. ホモ・サピエンスの拡散・定着期における文化動態―南ヨルダン、カルハ山の旧石器遺跡調査(2018年)― 国際共著

    門脇誠二、ドナルド・ヘンリー、サタ・マサデ、廣瀬允人

    西アジア発掘調査報告会報告集   26 巻   頁: 24 - 28   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  13. Renewed investigation of the Middle and Upper Paleolithic sites in the Jebel Qalkha area, Southern Jordan 国際共著 国際誌

    Kadowaki, S., Henry, D. O.

    Decades in Deserts: Essays on Near Eastern Archaeology in honour of Sumio Fujii     頁: 23 - 41   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  14. 博物館における考古学の学際研究 招待有り

    門脇誠二

    考古学ジャーナル   720 巻   頁: 9 - 22   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Morphometric and refitting analyses of flaked stone artifacts from Tabaqat al-Buma and al-Basatin, northern Jordan: Sickle elements and core-reduction technology in the Late Neolithic (6th millennium BCE) in the southern Levant 査読有り 国際共著 国際誌

    Kadowaki Seiji, Banning Edward B.

    JOURNAL OF ARCHAEOLOGICAL SCIENCE-REPORTS   19 巻   頁: 64 - 79   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.jasrep.2018.02.014

    Web of Science

  16. Neolithic residential patterns in the southern Caucasus: Radiocarbon analysis of rebuilding cycles of mudbrick architecture at Goytepe, west Azerbaijan 査読有り 国際共著 国際誌

    Nishiaki Yoshihiro, Guliyev Farhad, Kadowaki Seiji, Omori Takayuki

    Quaternary International   474 巻   頁: 119 - 130   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.quaint.2017.09.015

    Web of Science

  17. 被熱動物骨の炭酸ヒドロキシアパタイトを用いた14C年代測定の可能性

    木田 梨沙子、門脇誠二ほか

    名古屋大学年代測定研究   2 巻   頁: 40 - 45   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. ホモ・サピエンスの拡散・定着期における文化動態―南ヨルダン、カルハ山の旧石器遺跡調査(2017年)― 国際共著

    門脇誠二、ドナルド・ヘンリー、サタ・マサデ、廣瀬允人

    西アジア発掘調査報告会報告集   25 巻   頁: 24 - 28   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  19. Ecocultural range-expansion scenarios for the replacement or assimilation of Neanderthals by modern humans 査読有り 国際共著 国際誌

    Joe Yuichiro Wakano, William Gilpin, Seiji Kadowaki, Marcus W. Feldman, Kenichi Aoki

    Theoretical Population Biology   119 巻   頁: 3 - 14   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  20. レヴァントへの新人拡散と文化動態 招待有り

    門脇誠二

    考古学ジャーナル   708 巻   頁: 6 - 10   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Ahmarian or Levantine Aurignacian? Wadi Kharar 16R and New Insights into the Upper Palaeolithic Lithic Technology in the Northeastern Levant 査読有り 国際誌

    Kadowaki Seiji

    MIDDLE AND UPPER PALEOLITHIC ARCHEOLOGY OF THE LEVANT AND BEYOND     頁: 105 - 116   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: 10.1007/978-981-10-6826-3_8

    Web of Science

  22. Ecological Niche and Least-Cost Path Analyses to Estimate Optimal Migration Routes of Initial Upper Palaeolithic Populations to Eurasia 査読有り 国際共著 国際誌

    Kondo Yasuhisa, Sano Katsuhiro, Omori Takayuki, Abe-Ouchi Ayako, Chan Wing-Le, Kadowaki Seiji, Naganuma Masaki, O'ishi Ryouta, Oguchi Takashi, Nishiaki Yoshihiro, Yoneda Minoru

    MIDDLE AND UPPER PALEOLITHIC ARCHEOLOGY OF THE LEVANT AND BEYOND     頁: 199 - 212   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: 10.1007/978-981-10-6826-3_13

    Web of Science

  23. 名古屋大学によるアフリカ考古遺跡の調査記録 : 大参義一教授の写真スライド資料 査読有り

    門脇誠二

    名古屋大学博物館報告   33 巻   頁: 1 - 14   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.18999/bulnum.033.01

  24. 現生人類の出アフリカと北廻りでのユーラシア拡散

    門脇誠二

    季刊考古学   141 巻   頁: 25 - 28   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. ホモ・サピエンスの拡散と文化動態―西アジアの上部旧石器前半期の研究 招待有り

    門脇誠二

    理論考古学の実践Ⅱー実践篇     頁: 2 - 25   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:同成社  

  26. Technology of striking platform preparation on lithic debitage from Wadi Aghar, southern Jordan, and its relevance to the Initial Upper Palaeolithic technology in the Levant 国際誌

    Kadowaki, S.

    Al-Rafidan   38 巻   頁: 23 - 32   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kokushikan University  

  27. ホモ・サピエンスの拡散・定着期における文化動態―南ヨルダン、カルハ山の旧石器遺跡調査(2016年)― 国際共著

    門脇誠二、ドナルド・ヘンリー、サタ・マサデ、廣瀬允人

    西アジア発掘調査報告会報告集   24 巻   頁: 22 - 27   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本西アジア考古学会  

  28. 揺らぐ初期ホモ・サピエンス像―出アフリカ前後のアフリカと西アジアの考古記録から 招待有り

    門脇誠二

    現代思想   44 巻 ( 10 ) 頁: 112 - 126   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:青土社  

  29. New Epipalaeolithic assemblages from the middle Euphrates and the implications for technological and settlement trends in the northeastern Levant 査読有り 国際誌

    Kadowaki, S., Nishiaki, Y.

    Quaternary International   396 巻   頁: 121 - 137   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.quaint.2015.06.014

  30. Chipped stone technology of the earliest agricultural village in the Southern Caucasus: Hacı Elamxanlı Tepe (the beginning of the 6th Millennium BC) 国際共著 国際誌

    S. Kadowaki, F. Guliyev and Y. Nishiaki

    Proceedings of the 9th International Congress of the Archaeology of the Ancient Near East   3 巻   頁: 709 - 722   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Harrassowitz Verlag  

  31. Investigating Cultural and Socioeconomic Change at the Beginning of the Pottery Neolithic in the Southern Caucasus: The 2013 Excavations at Hacı Elamxanlı Tepe, Azerbaijan 査読有り 国際共著 国際誌

    Yoshihiro Nishiaki, Farhad Guliyev, Seiji Kadowaki, Valeh Alakbarov, Takehiro Miki, Shahin Salimbayov, Chie Akashi, Saiji Arai

    Bulletin of the American Schools of Oriental Research   374 巻   頁: 1 - 28   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The American Schools of Oriental Research  

    DOI: 10.5615/bullamerschoorie.374.0001

  32. Chronological contexts of the earliest pottery neolithic in the south caucasus: Radiocarbon dates for göytepe and haci elamxanli tepe, azerbaijan 査読有り 国際共著 国際誌

    Nishiaki Y, Guliyev F, Kadowaki S

    American Journal of Archaeology   119 巻 ( 3 ) 頁: 279 - 294   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Archaeological Institute of America  

    DOI: 10.3764/aja.119.3.0279

  33. Variability in Early Ahmarian lithic technology and its implications for the model of a Levantine origin of the Protoaurignacian 査読有り 国際誌

    Kadowaki, S., Omori, T., Nishiaki, Y.

    Journal of Human Evolution   82 巻   頁: 67 - 87   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.jhevol.2015.02.017

  34. サピエンスの地理分布拡大に伴う考古文化の出現パターン:北アフリカ・西アジア・ヨーロッパの事例

    門脇誠二

    ホモ・サピエンスと旧人3―ヒトと文化の交替劇     頁: 3 - 19   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:六一書房  

  35. 南コーカサス最古の農村遺跡から採取された家畜ヤギ骨の炭素14年代

    門脇誠二, 大西敬子, 西秋良宏

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書   26 巻   頁: 33 - 38   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  36. 南コーカサス地方の新石器時代―第7次発掘調査(2014年)― 国際共著

    門脇誠二、ファルハド・キリエフ、下釜和也、仲田大人、赤司千恵、新井才二、三木健裕、西秋良宏

    西アジア発掘調査報告会報告集   22 巻   頁: 40 - 46   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本西アジア考古学会  

  37. A population-genetics basedmodel for explaining apparent cultural continuity from themiddle to upper palaeolithic in Eurasia 査読有り 国際誌

    Yutaka Kobayashi, Seiji Kadowaki, Masaki Naganuma

    Learning Strategies and Cultural Evolution During the Palaeolithic     頁: 35 - 44   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: https://doi.org/10.1007/978-4-431-55363-2_4

  38. ワディ・ハラール16R遺跡とムトングウェ遺跡―新人拡散元における技術革新の再検討

    門脇誠二

    異貌   32 巻   頁: 20 - 39   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:共同体研究会  

  39. 初期ホモ・サピエンスの学習行動―アフリカと西アジアの考古記録に基づく考察

    門脇誠二

    ホモ・サピエンスと旧人2―考古学から見た学習     頁: 3 - 18   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:六一書房  

  40. Reconstructing Early Neolithic Social and Economic Organization through Spatial Analysis at Ayn Abu Nukhayla, Southern Jordan 査読有り 国際共著 国際誌

    Donald O. Henry, Seiji Kadowaki, and Sean M. Bergin

    American Antiquity   79 巻 ( 3 ) 頁: 401 - 424   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Society for American Archaeology  

    DOI: https://doi.org/10.7183/0002-7316.79.3.401

  41. Early Neolithic household behavior at Tell Seker al-Aheimar (Upper Khabur, Syria): a comparison to ethnoarchaeological study of phytoliths and dung spherulites 査読有り 国際共著 国際誌

    Malta Portillo, Seiji Kadowaki, Yoshihiro Nishiaki, Rosa M. Albert

    Journal of Archaeological Science   42 巻 ( 1 ) 頁: 107 - 118   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.jas.2013.10.038

  42. Issues of Chronological and Geographical Distributions of Middle and Upper Palaeolithic Cultural Variability in the Levant and Implications for the Learning Behavior of Neanderthals and Homo sapiens 査読有り 国際誌

    Seiji Kadowaki

    Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans Vol. 1: Cultural Perspectives     頁: 59 - 91   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Springer Nature  

    DOI: https://doi.org/10.1007/978-4-431-54511-8_4

  43. アフリカと西アジアの旧石器文化編年からみた現代人的行動の出現パターン

    門脇誠二

    ホモ・サピエンスと旧人―旧石器考古学からみた交替劇     頁: 21 - 37   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:六一書房  

  44. Technology and space-use in the production of obsidian bladelets at Tell Seker al-Aheimar 査読有り 国際誌

    Kadowaki S, Nagai K, and Nishiaki Y

    Interpreting the Late Neolithic of Upper Mesopotamia     頁: 147 - 159   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Brepols Publishers, Belgium  

  45. Hacı Elamxanlı Tepe: Excavations of the earliest Pottery Neolithic occupations on the Middle Kura, Azerbaijan, 2012 国際共著 国際誌

    Yoshihiro Nishiaki, Farhad Guliyev, Seiji Kadowaki, Yui Arimatsu, Yuichi Hayakawa, Kazuya Shimogama, Takehiro Miki, Chie Akashi, Saiji Arai, Shahin Salimbeyov

    Archäologische Mitteilungen aus Iran und Turan   45 巻   頁: 1 - 25   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Dietrich Reimer Verlag, Berlin  

  46. A household perspective towards the Pre-Pottery Neolithic to Late Neolithic cultural transformation in the southern Levant 招待有り 査読有り 国際誌

    Kadowaki, S.

    Orient   47 巻   頁: 3 - 28   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Society for Near Eastern Studies in Japan  

    DOI: https://doi.org/10.5356/orient.47.3

  47. Network computing for archaeology: a case study from the "Replacement of Neanderthals by Modern Humans" lithic industry database project 査読有り 国際誌

    Yasuhisa Kondo, Seiji Kadowaki, Hirofumi Kato, Masaki Naganuma, Akira Ono, Katsuhiro Sano, Yoshihiro Nishiaki

    Revive the Past: Proceeding of the 39th Conference on Computer Applications and Quantitative Methods in Archaeology, Beijing, 12-16 April 2011     頁: 217 - 226   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Amsterdam University Press  

  48. ユーフラテス河中流域の先史時代―第5次調査(2011)

    門脇誠二、久米正吾、下釜和也、西秋良宏

    西アジア発掘調査報告会報告集   19 巻   頁: 16 - 21   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本西アジア考古学会  

  49. Archaeological survey around Tell Ghanem Al-‘Ali (V) 国際誌

    Nishiaki, Y., Kadowaki, S., Kume, S., Shimogama, K.

    Al-Rafidan   33 巻   頁: 1 - 6   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kokushikan University  

  50. Tracing floors and fills in early Neolithic pithouses: an example from the excavation of Ayn Abū Nukhayla, southern Jordan 査読有り 国際共著 国際誌

    Henry, D.O. Bergin, S. Kadowaki, S.

    Between sand and sea: the archaeology and human ecology of southwestern Asia     頁: 91 - 112   2011年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Kerns Verlag  

  51. Changes in Material Culture at Late Neolithic Tabaqat al-Buma, in Wadi Ziqlab, Northern Jordan 査読有り 国際共著 国際誌

    Edward B. Banning, Kevin Gibbs, and Seiji Kadowaki

    Culture, Chronology, and the Chalcolithic: Theory and Transition     頁: 36 - 60   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Oxbow Books  

  52. 南レヴァントの後期新石器集落における空間アクセスの分析と世帯間関係の考察―タバカト・アル=ブーマの遺跡構造研究から― 査読有り

    門脇 誠二

    西アジア考古学   12 巻   頁: 1 - 13   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本西アジア考古学会  

  53. 南コーカサス地方の新石器時代―ギョイテペ遺跡の第3次発掘調査(2010年) 国際共著

    門脇誠二、ファルハドキリエフ、久米正吾、下釜和也、赤司千恵、西秋良宏

    西アジア発掘調査報告会報告集   18 巻   頁: 53 - 59   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:日本西アジア考古学会  

  54. Archaeological survey around Tell Ghanem al-‘Ali (IV) 国際誌

    Nishiaki, Y. Kadowaki, S. Nakata, H. Shimogama, K. Hayakawa, Y.

    Al-Rāfidān   32 巻   頁: 125 - 133   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kokushikan University  

  55. Archaeological survey around Tell Ghanem al-‘Ali (II) 国際誌

    Nishiaki, Y. Abe, M. Kadowaki, S. Kume, S. Nakata, H.

    Al-Rāfidān   32 巻   頁: 189 - 205   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kokushikan University  

  56. 考古学におけるネットワーク・コンピューティング~「旧人・新人交替劇」遺跡データベースの取り組み~ 査読有り

    近藤康久, 門脇誠二, 西秋良宏

    情報処理学会シンポジウム論文集   15 巻   頁: 173 - 180   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:情報処理学会  

  57. 西アジア新石器時代の製粉具に関する技術研究:アイン・アブ・ネケイレ遺跡の事例 査読有り

    門脇 誠二

    論集忍路子   3 巻   頁: 1-36   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Domestic activities at Early Neolithic Tell Seker al-Aheimar (Upper Khabur, Northeastern Syria) through phytoliths and spherulites studies 査読有り 国際共著 国際誌

    Portillo, M. Albert, R. M. Kadowaki, S. Y. Nishiaki

    Des hommes et Des plantes. exploitation Du milieu et gestion Des ressources végétales De la préhistoire à nos jours     頁: 19 - 30   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:APDCA, Antibes  

  59. Excavations at al-Basatîn, a Late Neolithic and Early Bronze I Site in Wadi Ziqlab, Northern Jordan 国際共著 国際誌

    Gibbs, K., Kadowaki, S. Banning, E. B.

    Annual of the Department of Antiquities of Jordan   54 巻   頁: 461 - 476   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:Department of Antiquities of Jordan  

  60. 西アジア新石器集落の崩壊と再編成:世帯からの展望

    門脇 誠二

    農耕と都市の発生     頁: 61 - 82   2009年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:同成社  

  61. 北ヨルダン、タバカト・アル=ブーマ遺跡における後期新石器集落の構造:建築物と場の利用パターンに基づく世帯間関係の考察 査読有り

    門脇誠二

    オリエント   52 巻 ( 1 ) 頁: 27 - 62   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本オリエント学会  

    DOI: https://doi.org/10.5356/jorient.52.27

  62. トランスコーカサス地方新石器時代研究の現状と課題―シュラベリ・ショム文化を中心に

    西秋良宏・門脇誠二・有松 唯

    岡山市立オリエント美術館研究紀要   23 巻   頁: 1 - 25   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:岡山市立オリエント美術館  

  63. Archaeological survey around Tell Gahnem Al-`Ali 国際誌

    Nishiaki, Y., Kadowaki, S. and S. Kume

    Al-Rafidan   30 巻   頁: 145 - 163   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Kokushikan University  

  64. Late Neolithic Settlement in Wadi Ziqlab, Jordan: al-Basatin 査読有り 国際共著 国際誌

    Kadowaki, S., Gibbs, K., Allentuck, A. and E. B. Banning

    Paleorient   34 巻 ( 1 ) 頁: 105 - 129   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Centre national de la recherche scientifique, France  

    DOI: https://doi.org/10.3406/paleo.2008.5235

  65. Ground Stone Tools, Refuse Structure and the Life Histories of Residential Buildings at Ayn Abu Nukhayla, Southern Jordan 招待有り 査読有り 国際誌

    Kadowaki, S.

    New Approaches to Old Stones: Recent Studies of Ground Stone Artifacts     頁: 230 - 257   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Routledge  

    その他リンク: https://www.academia.edu/8553109/Ground_Stone_Tools_Refuse_Structure_and_the_Life_Histories_of_Residential_Buildings_at_Ayn_Abu_Nulkhayla_Southern_Jordan

  66. Early Bronze I Occupation at Al-Basatin, in Wadi Ziqlab, Northern Jordan 査読有り 国際共著 国際誌

    Gibbs, K., Kadowaki, S., Allentuck, A., and E. B. Banning

    Bulletin of the American Schools of Oriental Research   354 巻   頁: 1 - 20   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1086/BASOR25609333

  67. 土器新石器時代の北ヨルダン、ワディ・ジクラブにおける鎌刃の形態と製作技術 招待有り 査読有り

    門脇 誠二

    考古学ジャーナル   547 巻   頁: 20-24   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Ground-stone tools and implications for the use of space and social relations at `Ain Abū Nukhayla, a PPNB settlement in southern Jordan 招待有り 査読有り 国際誌

    Kadowaki, S.

    Domesticating Space: Construction, Community, and Cosmology in the Late Prehistoric Near East     頁: 53 - 64   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Ex oriente  

  69. El-Hemmeh: A Multi-period Pre-Pottery Neolithic Site in the Wadi el-Hasa, Jordan 査読有り 国際共著 国際誌

    Makarewicz, C., Goodale, N., Rassmann, P., White, C., Miller, H., Haroun, J., Carlson, E., Pantos, A., Kroot, M., Kadowaki, S., Casson, A., Williams, J.T., Austin A.E., Fabre, B.

    Eurasian Prehistory   4 巻 ( 1-2 ) 頁: 183 - 220   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Peabody Museum Press, Harvard University  

  70. Design and production technology of sickle-elements in Late Neolithic Wadi Ziqlab, northern Jordan 査読有り 国際誌

    Kadowaki, S.

    Paléorient   31 巻 ( 2 ) 頁: 69 - 85   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CNRS, France  

  71. Early Neolithic site of Ayn Abu Nukhayla, southern Jordan 査読有り 国際共著 国際誌

    Henry, D.O. White, J. Beaver, J. Kadowaki, S. Nowell, A. Cordova, C. Dean, R. Ekstrom, H. McCorriston, J. Scott-Cummings, L.

    Bulletin of the American Schools of Oriental Research   330 巻   頁: 1 - 30   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Schools of Oriental Research  

  72. Dhra’ excavation project, 2002: interim report 査読有り 国際共著 国際誌

    Finlayson, B. Kuijt, I. Arpin, T. Chesson, M. Dennins, S. Goodale, N. Kadowaki, S. Maher, L. Smith, S. Schurr, M. McKay, J.

    Levant   35 巻   頁: 1 - 38   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Council for British Research in the Levant  

  73. 石器製作におけるハンマー素材の推定 実験的研究と考古資料への適用 査読有り

    鈴木美保, 五十嵐彰, 大沼克彦, 門脇誠二, 国武貞克, 砂田佳弘, 西秋良宏, 山田哲, 吉田政行

    第四紀研究   41 巻 ( 6 ) 頁: 471 - 484   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本第四紀学会  

    DOI: https://doi.org/10.4116/jaqua.41.471

  74. イスラエル、アムッド洞窟B2層出土の石器群に対する剥片剥離技術の分析―レヴァント地方ムステリアンにみられる技術的多様性の説明へ向けての一考察 査読有り

    門脇誠二

    西アジア考古学   2 巻   頁: 83 - 94   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本西アジア考古学会  

▼全件表示

書籍等出版物 25

  1. ホモ・サピエンスのアジア定着期における行動様式の解明5-「パレオアジア文化史学」計画研究A02班2020年度研究報告

    門脇誠二ほか( 担当: 編集)

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学 A02班  2021年3月  ( ISBN:978-4-909148-33-9

     詳細を見る

    総ページ数:86   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  2. アフリカからアジアへ―現生人類はどう拡散したか―

    西秋良宏、門脇誠二ほか( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 現生人類の出アフリカと西アジアでの出来事)

    朝日新聞出版  2020年2月  ( ISBN:978-4022630940

     詳細を見る

    総ページ数:247   担当ページ:7-52   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  3. ホモ・サピエンスの起源とアフリカの石器時代ームトングウェ遺跡の再評価

    門脇誠二( 担当: 単著)

    名古屋大学博物館  2014年3月  ( ISBN:978-4-908211-05-8

     詳細を見る

    総ページ数:70   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  4. 最新科学で探る日本史

    ( 担当: 監修)

    宝島社  2021年3月  ( ISBN:978-4-299-01525-9

     詳細を見る

    総ページ数:96   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  5. Göytepe: Neolithic Excavations in the Middle Kura Valley, Azerbaijan

    Kadowaki, S.( 担当: 共著 ,  範囲: Neolithic ground stone typology and technology at Göytepe)

    Archaeopress Publishing Ltd  2021年2月  ( ISBN:9781789698794

     詳細を見る

    総ページ数:384   担当ページ:223-259   記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  6. Göytepe: Neolithic Excavations in the Middle Kura Valley, Azerbaijan

    Seiji Kadowaki, Lisa Maher, Marta Portillo, and Rosa M. Albert( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Geoarchaeological investigation of storage space at Göytepe: Phytolith, dung spherulite, and micromorphological analyses)

    Archaeopress Publishing Ltd  2021年2月  ( ISBN:9781789698787

     詳細を見る

    総ページ数:384   担当ページ:109-136   記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  7. Göytepe: Neolithic Excavations in the Middle Kura Valley, Azerbaijan

    Seiji Kadowaki, Yui Arimatsu, and Yoshihiro Nishiaki( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Excavation, stratigraphy, and architecture of Square 4B at Göytepe)

    Archaeopress Publishing Ltd  2021年2月  ( ISBN:9781789698787

     詳細を見る

    総ページ数:384   担当ページ:43-78   記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  8. ビーズでたどるホモ・サピエンス史 美の起源に迫る 査読有り

    池谷和信、門脇誠二ほか( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 人類最古のビーズ利用とホモ・サピエンス―世界各地の発見から)

    昭和堂  2020年3月  ( ISBN:9784812219270

     詳細を見る

    総ページ数:336   担当ページ:23-36   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  9. ホモ・サピエンスのアジア定着期における行動様式の解明4-「パレオアジア文化史学」計画研究A02班2019年度研究報告

    門脇誠二ほか( 担当: 編集)

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学 A02班  2020年3月  ( ISBN:978-4-909148-25-4

     詳細を見る

    総ページ数:56   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  10. 第7回研究大会予稿集 パレオアジア文化史学

    門脇誠二ほか( 担当: 編集)

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学  2019年5月  ( ISBN:978-4-909148-22-3

     詳細を見る

    総ページ数:88   記述言語:日本語

  11. ホモ・サピエンスのアジア定着期における行動様式の解明3-「パレオアジア文化史学」計画研究A02班2018年度研究報告

    門脇誠二ほか( 担当: 編集)

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学 A02班  2019年3月  ( ISBN:978-4-909148-18-6

     詳細を見る

    総ページ数:56   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  12. シルクロード新世紀展―ヒトが動き、モノが動く―

    門脇誠二( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ユーラシアに拡散した原人とその文化)

    岡山市立オリエント美術館・古代オリエント博物館  2018年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:230   担当ページ:14-15   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  13. ホモ・サピエンスのアジア定着期における行動様式の解明2-「パレオアジア文化史学」計画研究A02班2017年度研究報告

    門脇誠二ほか( 担当: 編集)

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学 A02班  2018年3月  ( ISBN:978-4-909148-10-0

     詳細を見る

    総ページ数:58   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  14. Beads in the world

    Kadowaki, S.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: The world's oldest beads)

    National Museum of Ethnology, Osaka  2018年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:136   担当ページ:32   記述言語:英語

  15. ホモ・サピエンスのアジア定着期における行動様式の解明1-「パレオアジア文化史学」計画研究A02班2016年度研究報告

    門脇誠二ほか( 担当: 編集)

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学 A02班  2017年3月  ( ISBN:978-4-909148-03-2

     詳細を見る

    総ページ数:67   記述言語:日本語

  16. ビーズ-つなぐ かざる みせる

    門脇誠二( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 世界最古のビーズ)

    国立民族学博物館  2017年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:136   担当ページ:32   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  17. 第2回研究大会予稿集 パレオアジア文化史学

    門脇誠二ほか( 担当: 編集)

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学  2017年2月  ( ISBN:978-4-909148-01-8

     詳細を見る

    総ページ数:78   記述言語:日本語

  18. 考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究5:「交替劇」A01班2014年度研究報告

    門脇誠二( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 交替劇と学習仮説に関わるアフリカと西アジアの考古学研究:総括と展望)

    東京大学総合研究博物館  2015年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:134   担当ページ:12–22   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  19. 考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究4:「交替劇」A01班2013年度研究報告

    門脇誠二( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ホモ・サピエンス拡散期の東アフリカにおける石器文化)

    東京大学総合研究博物館  2014年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:111   担当ページ:8-19   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  20. The Sands of Time: The Desert Neolithic Settlement at Ayn Abū Nukhayla

    Kadowaki, S.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Groundstones and grinding technology)

    Ex oriente  2014年  ( ISBN:978-3-944178-05-9

     詳細を見る

    総ページ数:374   担当ページ:259-285   記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  21. Encyclopedia of Global Archaeology

    Kadowaki, S.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: West Asia: Paleolithic)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    総ページ数:8015   担当ページ:7769–7786   記述言語:英語 著書種別:事典・辞書

  22. 考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究3:「交替劇」A01班2012年度研究報告

    門脇誠二( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 旧石器文化の時空変異から「旧人・新人交替劇」の過程と要因をさぐる:アフリカ、西アジア、ヨーロッパの統合的展望)

    東京大学総合研究博物館  2013年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:125   担当ページ:8–26   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  23. 西アジア考古学講義ノート

    門脇誠二( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 旧石器時代(1)、旧石器時代(2)、西アジア考古学の資料と研究法:石器)

    日本西アジア考古学会  2013年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:109   担当ページ:11-18, 87-88   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  24. 考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究2-『交替劇』A01班2011年度研究報告-

    門脇誠二( 担当: 分担執筆 ,  範囲: アフリカの中期・後期石器時代の編年と初期ホモ・サピエンスの文化変化に関する予備的考察)

    東京大学総合研究博物館  2012年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:110   担当ページ:7-15   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  25. 考古資料に基づく旧人・新人の学習行動の実証的研究1-『交替劇』A01班2010年度研究報告-

    門脇誠二( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 旧石器人の学習と石器製作伝統―レヴァント地方の事例研究に向けて―)

    東京大学総合研究博物館  2011年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:75   担当ページ:41-46   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

▼全件表示

MISC 26

  1. Variability in Lithic Production Technology during the Range Expansion of Paleolithic Modern Humans: Asian Perspectives 査読有り 国際誌

    Nishiaki, Y. and Kadowaki, S.  

    Quaternary International596 巻   頁: 1 - 3   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.quaint.2021.06.002

  2. レヴァント地方における旧石器時代の人類の技術と行動の通時変化 ─最近の動向と考察─(前編) 招待有り 査読有り

    門脇誠二  

    西アジア考古学22 巻   頁: 125 - 142   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本西アジア考古学会  

  3. 旧石器時代の現生人類による石器の小型化プロセスを解明

    門脇誠二  

    名古屋大学プレスリリース   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:名古屋大学  

  4. 新石器時代の西アジアで始まった家畜飼育の方法を歯の同位体分析により解明

    廣瀬允人・門脇誠二  

    名古屋大学プレスリリース   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:名古屋大学  

  5. 今号の表紙から読み解く環境学のキーワード28 招待有り

    門脇誠二  

    環KWAN40 巻   頁: 1 - 1   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:名古屋大学環境学研究科  

  6. 旧人新人の交替と旧石器文化進化を数理モデルで解析

    門脇誠二・若野友一郎  

    名古屋大学プレスリリース   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:名古屋大学  

  7. 光ルミネッセンス年代測定で明らかになる人類史 招待有り

    門脇誠二  

    名大理学同窓会報33 巻   頁: 11 - 11   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:名古屋大学理学部  

  8. 名古屋大学における教育研究の記録

    門脇誠二  

    文部科学教育通信451 巻   頁: 47 - 47   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:ジアース教育新社  

  9. 明治の博物画 ― 奈良坂源一郎『蟲魚圖譜』

    門脇誠二  

    文部科学教育通信443 巻   頁: 43 - 43   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:ジアース教育新社  

  10. アフリカの考古遺跡の調査記録ー写真スライドと石器資料

    門脇誠二  

    文部科学教育通信434 巻   頁: 39 - 39   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:ジアース教育新社  

  11. The origins of food production in the southern Caucasus: Excavations at Hacı Elamxanlı Tepe, Azerbaijan 国際共著 国際誌

    Nishiaki, Y. Guliyev, F. Kadowaki, S.  

    Antiquity89 巻 ( 348 )   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  12. ホモ・サピエンスは技術革新を伴ってヨーロッパを開拓したのか?

    門脇誠二  

    名古屋大学プレスリリース   2015年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:名古屋大学  

  13. 大地にさぐる人類史

    門脇誠二  

    フィールドプラス6 巻   頁: 18 - 19   2011年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所  

  14. Holocene book review: A Holocene prehistoric sequence in the Egyptian Red Sea area: The Tree Shelter, edited by Pierre M. Vermeersch, Leuven: Leuven University Press 国際誌

    Kadowaki, S.  

    The Holocene20 巻 ( 2 ) 頁: 304 - 305   2010年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:SAGE Publishing  

  15. 赤門、三四郎池、そして「向岡記」碑

    門脇誠二  

    文部科学教育通信244 巻   頁: 43 - 43   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:ジアース教育新社  

  16. Mid-Holocene occupations at al-Basatîn in Wadi Ziqlab, northern Jordan 国際共著 国際誌

    Gibbs, K., Kadowaki, S. Banning, E. B.  

    Antiquity   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Department of Archaeology Durham University  

  17. 書評 出穂雅実・赤井文人・高瀬克範編集 論集忍路子Ⅱ

    門脇誠二  

    第四紀研究48 巻 ( 2 ) 頁: 98 - 100   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:日本第四紀学会  

  18. ユーラシアにおける現代人の出現: OIS3考古記録の絶対年代に関して 査読有り

    オーラフ・イェリス、ダニエル・S・アドラー、マーティン・ストリート、ベルンハルト・ヴェーニンガー (翻訳:門脇誠二、工藤雄一郎)  

    旧石器研究5 巻   頁: 99 - 120   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本旧石器学会  

  19. ユーフラテス河中流域の先史遺跡―第二次、第三次踏査報告―

    西秋良宏、門脇誠二、久米正吾、安倍雅史  

    オリエント52 巻 ( 2 ) 頁: 225 - 225   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本オリエント学会  

  20. 後期新石器時代の南レヴァント地方における鎌刃のデザインと製作技術

    門脇誠二  

    オリエント52 巻 ( 2 ) 頁: 184 - 184   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本オリエント学会  

  21. 第6回国際古代西アジア考古学会議に参加して

    門脇誠二  

    西アジア考古学10 巻   頁: 77 - 82   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  22. ガーネム・アル・アリ遺跡周辺における先史時代遺跡の踏査―第5次ビシュリ現地調査より―

    門脇誠二、久米正吾、西秋良宏  

    Newsletter「セム系部族社会の形成」11 巻   頁: 3 - 6   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」、「セム系部族社会の形成 ユーフラテス河中流域ビシュリ山系の総合研究」  

  23. ユーフラテス川中流域の先史遺跡―2008年春季踏査報告―

    西秋良宏、門脇誠二、久米正吾  

    オリエント51 巻 ( 2 ) 頁: 203 - 203   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本オリエント学会  

  24. 古代オリエント

    門脇誠二  

    史学雑誌117 巻 ( 5 ) 頁: 285 - 289   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:史学会  

  25. 書評:ジョージ・オデル著、石器分析 査読有り

    門脇誠二  

    旧石器研究4 巻   頁: 155 - 166   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:日本旧石器学会  

  26. The Late Neolithic at al-Basatîn in Wadi Ziqlab, northern Jordan 国際誌

    Gibbs, K., Kadowaki, S., Banning, E. B.  

    Antiquity   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Department of Archaeology Durham University  

▼全件表示

講演・口頭発表等 156

  1. The Middle to Upper Paleolithic transition in the Jebel Qalkha area, southern Jordan 国際共著 国際会議

    Kadowaki, S., Tamura, T., Hasegawa, H., Kida, R., Hirose, M., Suga, E., Henry, D.O.

    The 10th meeting of Asian Paleolithic Association  2021年12月5日  Asian Paleolithic Association

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:China and online   国名:中華人民共和国  

  2. アジアに新人が拡散・定着した時期の遺跡調査

    門脇誠二

    パレオアジア文化史学 総括講演会「アジアの新人文化はどのように形成されたか?」  2021年12月4日  文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)2016~2020年度 パレオアジア文化史学―アジア新人文化形成プロセスの総合的研究

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. 南ヨルダンの遺跡堆積物から探る後期更新世の古環境復元とホモ・サピエンス拡大との関係性

    川村秀儀・長谷川精・門脇誠二

    日本地質学会 第21回四国支部 総会・講演会  2021年12月4日  日本地質学会 四国支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  4. 南ヨルダン、カルハ山の旧石器遺跡群近郊の水場に関する民族誌調査と地形解析

    門脇誠二、池谷和信、近藤康久

    日本オリエント学会 第63回年次大会  2021年10月31日  日本オリエント学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  5. 南ヨルダンの中部~上部旧石器時代における石器石材利用の変化

    須賀永帰・一ノ瀬菜月・束田和弘・門脇誠二

    日本旧石器学会 第19回大会  2021年6月19日  日本旧石器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  6. ホモ・サピエンスの拡散・定着期における文化動態 ―南ヨルダン、カルハ山の旧石器遺跡調査(近年の動向)― 国際共著

    門脇誠二、廣瀬允人、須賀永帰、大澤桃子、サタ・マサデ、ドナルド・ヘンリー

    第28回西アジア発掘調査報告会  2021年3月27日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. 死海地溝帯南部の後期更新世湖・河川堆積物のpIRIR年代

    田村 亨・木田梨沙子・門脇誠二

    ESR応用計測研究会、ルミネッセンス年代測定研究会、フィッション・トラック研究会 2020年度合同研究会  2021年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 死海地溝帯南部東縁の後期更新世湖・河川堆積物のOSL年代

    田村 亨・木田梨沙子・門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第10回研究大会  2020年12月20日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. Tor Hamar遺跡の旧石器時代の動物歯から抽出したコラーゲンの質量分析による動物種の判定

    中沢 隆・大澤桃子・門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第10回研究大会  2020年12月19日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. 生態文化モデルをアジアへの新人拡散に適用する見通しと問題点

    門脇誠二・若野友一郎

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究 2016–2020:パレオアジア文化史学第10回研究大会  2020年12月18日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究 2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  11. ヨルダン南部、トール・ファワズ遺跡の上部旧石器初期石器群と理化学年代 国際共著

    門脇 誠二 、 田村 亨 、大森 貴之 、廣瀬 允人 、須賀 永帰 、木田 梨沙子 、 ドナルド・ ヘンリー

    日本西アジア考古学会 第 25回大会  2020年11月21日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  12. 南ヨルダンのTor Hamar遺跡における旧石器時代の動物歯の質量分析による種同定

    大澤桃子・門脇誠二・中沢 隆

    日本生化学会第93回大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  13. 新石器時代の動物骨に残存する I型コラーゲンの質量分析によるヒツジとヤギの種 の判定

    犬塚ま子・苅野茉央・大澤桃子・門脇誠二・西秋良宏・ 中沢 隆

    日本生化学会第93回大 会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  14. Mass spectrometric identification of collagen preserved in Paleolithic animal remains 国際会議

    Nakazawa, T., M. Osawa, M. Inuzuka, K. Kawahara, S. Kadowaki, and Y. Nishiaki

    68th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics (ASMS)  2020年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月 - 2020年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. 動物の考古遺体から抽出したコラーゲンの質量分析による経年劣化状況の解析

    中沢 隆・大澤桃子・犬塚ま子・門脇誠二・西秋良宏

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第9回研究大会  2020年5月16日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  16. 北東アジアにおける現生人類拡散プロセスのいくつかの問題:最初のアメリカ人に関する研究の進展から

    出穂雅実・門脇誠二・太田博樹

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究 2016–2020:パレオアジア文化史学第9回研究大会  2020年5月16日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究 2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  17. 古代東西ユーラシア集団の南北ルート拡散仮説に対する考古学的検証の試み

    門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016– 2020:パレオアジア文化史学第9回研究大会  2020年5月16日  文 部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  18. ヨルダン・Tor Hamar遺跡における旧石器時代人の狩猟行動: 最新の分析状況について 国際共著

    内藤裕一・H. Bocherens・門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア 文化史学第9回研究大会  2020年5月16日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究 2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  19. News from the desert: Stone Age behaviors and population changes from Neanderthals to modern humans in the Levant 招待有り 国際会議

    Seiji Kadowaki

    Stone Age Science: Insights into the Deep Human Past  2020年2月14日  The Department of Anthropology at Kent State University

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Kent State University, Ohio, USA   国名:アメリカ合衆国  

  20. 新・旧石器時代の動物遺体に含まれるコラーゲンの質量分析のための新規化学処理法

    中沢 隆・大澤桃子・門脇誠二・西秋良宏

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第8回研究大会  2019年12月15日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立民族学博物館   国名:日本国  

  21. コメント:西アジアの新人定着期における資源利用行動

    門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学 第8回研究大会  2019年12月14日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立民族学博物館   国名:日本国  

  22. 南ヨルダンのカルハ山旧石器遺跡群の近郊における新たな石材産地の発見

    門脇誠二、廣瀬允人、須賀永帰、束田和弘

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学 第8回研究大会  2019年12月14日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立民族学博物館   国名:日本国  

  23. Gazelle hunting activities around Tor Hamar rock-shelter in Jordan viewed from carbon and oxygen isotopic compositions of tooth enamel and ZooMS 国際共著 国際会議

    Naito, Y.I., M. Belmaker, H. Bocherens, T. Nakazawa, M. Osawa, C. Wißing, S. Kadowaki

    International Symposium on Paleoanthropology in Commemoration of the 90th Anniversary of the Discovery of the First Skullcap of Peking Man  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Beijing, China   国名:中華人民共和国  

  24. Spatial analysis of Neolithic chipped and ground stone artifacts at Hacı Elamxanlı Tepe in the southern Caucasus 国際会議

    Seiji Kadowaki

    The 9th International Conference on the PPN Chipped and Ground Stone Industries of the Near East  2019年11月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:The University of Tokyo   国名:日本国  

  25. 質量分析による新石器時代の動物骨中のアミノ酸配列解析と動物種の同定

    犬塚ま子・伊藤優貴・苅野茉央・山田里奈・藪中 遥・門脇誠二・西秋良宏・中沢 隆

    日本生化学会第92回大会  2019年9月20日  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  26. 南ヨルダンのTor Hamar遺跡で出土した旧石器時代の動物の歯から抽出したコラーゲンの質量分析

    大澤桃子・松尾佳奈・津川加奈・門脇誠二・西秋良宏・中沢 隆

    日本生化学会第92回大会  2019年9月18日  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜   国名:日本国  

  27. Re-investigation of two Initial Upper Paleolithic sites in the Jebel Qalkha, southern Levant: Lithic technology, chronology, marine shells, and paleoenvironment 国際共著 国際会議

    Kadowaki, S., T. Tamura, H. Hasegawa, T. Kurozumi, H. Kitagawa, F. Watanabe Nara, R. Kida, M. Hirose, D.O. Henry

    20th Congress of the International Union for Quaternary Research (INQUA)  2019年7月25日  International Union for Quaternary Research (INQUA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Dublin   国名:アイルランド  

  28. ガゼルの歯の炭素・酸素同位体比からみたヨルダン・Tor Hamar遺跡における旧石器時代人の狩猟活動

    内藤裕一・門脇誠二

    日本旧石器学会第17回大会  2019年6月30日  日本旧石器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大正大学   国名:日本国  

  29. レヴァント地方の中部旧石器後期~続旧石器中期における石器刃部獲得効率の変化

    門脇誠二

    日本旧石器学会第17回大会  2019年6月29日  日本旧石器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大正大学   国名:日本国  

  30. 南レヴァント内陸部における上部旧石器時代初期の新たな記録:ヨルダン、ワディ・アガル遺跡の研究

    門脇誠二、田村亨、佐野勝宏、黒住耐二、廣瀬允人、木田梨沙子

    日本西アジア考古学会第24回大会  2019年6月15日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学   国名:日本国  

  31. Identification of animal species by Mass Spectrometry of collagen extracted from Neolithic and Paleolithic bones and teeth 国際会議

    Nakazawa, T., M. Osawa, K. Matsuo, M. Inuzuka, Y. Ito, K. Kawahara, Y. Naito, S. Kadowaki, Y. Nishiaki

    67th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics (ASMS)  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Atlanta, USA   国名:アメリカ合衆国  

  32. ガゼルの歯の酸素同位体比からみたTor Hamarにおける狩猟活動(第3報) 国際共著

    内藤裕一・M. Belmaker・H. Bocherence・門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第7回研究大会  2019年5月12日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  33. OSL年代によるヨルダンJebel Qalkha旧石器遺跡の複合層序

    田村亨・木田梨沙子・門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第7回研究大会  2019年5月12日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  34. 西アジアにおける小石刃技術の出現プロセス:多様性のモデル化と要因の検討に向けて

    門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第7回研究大会  2019年5月11日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  35. 上部旧石器の起源地が新人の起源地とは異なる場合の生態文化的分布拡大モデル

    若野友一郎・門脇誠二・青木健一

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第7回研究大会  2019年5月11日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  36. Modern human adaptability to hot and dry environments: The faunal evidence from Tor Hamar F, Southern Jordan 国際共著 国際会議

    Belmaker, M., T. Tamura, S. Kadowaki

    2019 annual meeting of Paleoanthropology Society  2019年4月9日  Paleoanthropology Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Albuquerque, New Mexico, USA   国名:アメリカ合衆国  

  37. Paleoenvironmental studies Tor Hamar, Southern Jordan: Early modern human behavioral adaptability during MIS 3 国際共著 国際会議

    2019年3月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  38. ホモ・サピエンスの拡散・定着期における文化動態―南ヨルダン、カルハ山の旧石器遺跡調査(2018年)― 国際共著

    門脇誠二、D. ヘンリー、S. マサデ、廣瀬允人

    第26回西アジア発掘調査報告会  2019年3月23日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:池袋サンシャインシティ文化会館   国名:日本国  

  39. Ecocultural range-expansion models of modern humans with ecological competition with Neanderthals 国際共著 国際会議

    Wakano, J. Y., W. Gilpin, S. Kadowaki, M. W. Feldman, K. Aoki

    The International Workshop, Cultural History of PaleoAsia  2018年12月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto   国名:日本国  

  40. Discussion toward further application of the ecocultural range-expansion model to the PaleoAsia cultural diversity 国際会議

    Kadowaki, S.

    The International Workshop, Cultural History of PaleoAsia  2018年12月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto   国名:日本国  

  41. Optically-stimulated luminescence (OSL) dating of Paleolithic sediments in Jebel Qalkha, southern Jordan 国際会議

    Tamura, T. S., Kadowaki

    The International Workshop, Cultural History of PaleoAsia  2018年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto   国名:日本国  

  42. Gazelle hunting activities around Tor Hamar rock-shelter in Jordan viewed from carbon and oxygen isotopic compositions of tooth enamel 国際共著 国際会議

    Naito, Y. I. M. Belmaker H. Bocherens C. Wißing S. Kadowaki

    The International Workshop, Cultural History of PaleoAsia  2018年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto   国名:日本国  

  43. Identification of animal species by mass spectrometry of collagen preserved in Neolithic and Paleolithic bone specimens 国際会議

    Nakazawa, T., M. Osawa, K. Matsuo, M. Inuzuka, Y. Ito, S. Kadowaki, Y. Nishiaki

    The International Workshop, Cultural History of PaleoAsia  2018年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto   国名:日本国  

  44. 南ヨルダン遺跡堆積物を用いた旧石器時代古気候復元

    奈良郁子・長谷川精・田村 亨・門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第6回研究大会  2018年11月18日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  45. 中央・西アジア旧石器時代遺跡のOSL特性の多様性

    田村 亨・西秋良宏・門脇誠二・国武貞克

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第6回研究大会  2018年11月18日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  46. アゼルバイジャンから出土した新石器時代のヤギおよびヒツジの骨に含まれるコラーゲンの 質量分析

    中沢 隆・門脇誠二・西秋良宏

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第6回研究大会  2018年11月18日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  47. 中部旧石器時代から上部旧石器時代にかけての狩猟具の小型化の行動論的考察:民族誌からの予察

    野林厚志・門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第6回研究大会  2018年11月17日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  48. 中部旧石器時代から上部旧石器時代への居住移動行動の変遷:南ヨルダン、カルハ山域の資源利用に注目して

    門脇誠二・池谷和信

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第6回研究大会  2018年11月17日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  49. Issues on the appearance of anatomically modern humans in Mongolia: a perspective from the PaleoAsia project 国際会議

    Kadowaki, S.

    Commemorative Seminar for the 10th Anniversary of Field Research Center  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Mongolian University of Science and Technology, Ulaanbaatar   国名:モンゴル国  

  50. Amino acid sequencing of collagen extracted from archaeological samples for the identification of animal species by mass spectrometry 国際会議

    Inuzuka, M., Y. Ito, M. Osawa, K. Matsuo, M. Karino, S. Kadowaki, Y. Nishiaki, T. Nakazawa

    The 91st Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society  2018年9月  Japanese Biochemical Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto International Conference Center, Kyoto   国名:日本国  

  51. Gazelle hunting activities around Tor Hamar rock-shelter in Jordan viewed from carbon and oxygen isotopic compositions of tooth enamel 国際共著 国際会議

    Naito, Y. I., M. Belmaker, H. Bocherens, C. Wißing, S. Kadowaki

    IsoEcol2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月 - 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Viña del Mar   国名:チリ共和国  

  52. Mass spectrometry of collagen preserved in Neolithic animal bones for the identification of species 国際共著 国際会議

    Nakazawa, T., M. Karino, S. Arai, K. Ohnishi, K. Kawahara, Y. Taniguchi, A. Tsuneki, S. Kadowaki, Y. Nishiaki

    66th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics  2018年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego Convention Center, San Diego   国名:アメリカ合衆国  

  53. ガゼルの歯の酸素同位体比からみたTor Hamarにおける狩猟活動(続報) 国際共著

    内藤裕一・M. Belmaker・H. Bocherens・門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会  2018年5月13日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  54. 南ヨルダンの中部・上部・終末期旧石器時代遺跡堆積物からの古環境復元の試みと西アジアの古気候記録との比較

    長谷川精・門脇誠二・田村 亨・奈良郁子

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会  2018年5月13日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  55. 南ヨルダンJebel Qalkha旧石器時代遺跡堆積物の光ルミネッセンス(OSL)特性

    田村亨・門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会  2018年5月13日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  56. 南ヨルダン旧石器時代遺跡堆積物を用いた鉱物学的アプローチからの古環境復元

    奈良郁子・門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会  2018年5月13日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  57. 上部旧石器のはじまりと石器刃部獲得効率の関係

    門脇誠二・若野友一郎

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第5回研究大会  2018年5月12日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  58. 南ヨルダンの中部・上部・終末期旧石器時代遺跡堆積物からの古環境復元の試み(予察)

    長谷川精・門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会  2017年12月10日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  59. ガゼルの歯の酸素同位体比からみたTor Hamarにおける狩猟活動:定量化の試みと制約 国際共著

    内藤裕一・Hervé Bocherens・門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会  2017年12月9日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  60. 新人の分布拡大における2種類の進行波モデルと新人の文化動態

    若野友一郎・門脇誠二・青木健一

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会  2017年12月9日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  61. Mass spectrometry of collagen in 8,000-year-old animal bones to characterize deterioration 国際会議

    Karino, M., Y. Ito, M. Inuzuka, S. Kadowaki, Y. Nishiaki, T. Nakazawa

    ConBio2017 (Consortium of Biological Sciences 2017) 90th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society  2017年12月  Japanese Biochemical Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kobe, Hyogo   国名:日本国  

  62. Space-time distributions and behavioral changes of Neanderthals and modern humans in west Asia: archaeological records on the Middle-to-Upper Paleolithic transition. International workshop “Cultural History of PaleoAsia” (Organized by B02) 国際会議

    Kadowaki, S.

    Theoretical Models of Cultural Evolution during Modern Human Dispersals  2017年11月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Meiji University Nakano Campus, Tokyo   国名:日本国  

  63. Emergence of bladelets in the Levant and its behavioral meanings 国際会議

    Kadowaki, S.

    International Workshop: Across the Movius Line: Cultural Geography of South and Southeast Asia in the Late Pleistocene  2017年11月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The University Museum, The University of Tokyo   国名:日本国  

  64. Dating cultural dynamics during the dispersals of anatomically modern humans and agriculture in western Eurasia 招待有り 国際会議

    Kadowaki, S., Y. Nishiaki

    14th International Conference on Accelerator Mass Spectrometry  2017年8月  Accelerator Mass Spectrometry

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Ottawa, Ottawa   国名:カナダ  

  65. 射的具か石材節約か?:レヴァント上部旧石器時代における小石刃の発生と行動的説明

    門脇誠二

    日本西アジア考古学会第22回大会  2017年7月2日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:天理大学   国名:日本国  

  66. Characterization of degradation profile of collagen in archaeological specimens by mass spectrometry 国際会議

    Karino, M., K. Kawahara, S. Kadowaki, Y. Taniguchi, A. Tsuneki, M. Moini, T. Nakazawa

    The 64th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics  2017年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Indianapolis, Indiana, USA   国名:アメリカ合衆国  

  67. モビウス・ライン西側における新人文化の発生と多様性-小石刃を用いる行動と社会の考察-

    門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会  2017年5月14日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立民族学博物館   国名:日本国  

  68. ホモ・サピエンスの拡散・定着期における文化動態―南ヨルダン、カルハ山の旧石器遺跡調査(2016年)―

    門脇誠二・D. ヘンリー・S. マサデ・廣瀬允人

    第24回西アジア発掘調査報告会  2017年3月25日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:池袋サンシャインシティ文化会館   国名:日本国  

  69. 資源開発と技術革新の昔ばなし:人類史から学ぶ生存戦略 招待有り

    門脇誠二

    名古屋大学オープンレクチャー2017  2017年3月20日  名古屋大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  70. Space-time distributions and behavioral changes of Neanderthals and modern humans in west Asia: archaeological records on the Middle-to-Upper Palaeolithic transition 招待有り 国際会議

    Kadowaki, S.

    Human Evolution in Eurasia Elucidated through Genetics, Archeology, and Linguistics  2017年3月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:National Institute of Genetics, Shizuoka   国名:日本国  

  71. 南ヨルダン、カルハ山における上部旧石器時代遺跡の調査:目的と2016年度の成果 国際会議

    門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会  2017年2月12日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  72. ヨルダンTor HamarサイトのOSL年 代測定:予察報告 国際会議

    田村 亨・門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会  2017年2月12日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  73. 西アジアの中部・上部旧石器時代移行におけるヒトと文化の変化:石器技術と居住行動からの展望 国際会議

    門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会  2017年2月11日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  74. 西アジアの遺跡調査からさぐる人類史―人類の進化と農業の起源― 招待有り

    門脇誠二

    日本西アジア考古学会主催 第1回西アジア考古学トップランナーズセミナー  2017年2月5日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京国立博物館黒田記念館   国名:日本国  

  75. ホモ・サピエンスのアジア定着期における行動様式の解明:目的と方法

    門脇誠二

    文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会  2016年11月5日  文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学小柴ホール   国名:日本国  

  76. 石の道具が語る人類の進化―日本でここだけ!原人、旧人、新人の道具を見比べよう 招待有り

    門脇誠二

    大学博物館が語る、地球と人類のヒストリー  2016年10月29日  南山大学人類学博物館・名古屋大学博物館

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:南山大学   国名:日本国  

  77. 名古屋大学によるシリア、ユーフラテス河流域の調査

    門脇誠二

    スポット展 ユーフラテスの春 特別講演会  2016年10月7日  名古屋大学博物館

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学博物館   国名:日本国  

  78. ホモ・サピエンスの出現・拡散とビーズに関する考古記録 招待有り

    門脇誠二

    平成28年度国立民族学博物館共同研究会:世界のビーズをめぐる人類学的研究  2016年10月10日  国立民族学博物館

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:国立民族学博物館   国名:日本国  

  79. ネアンデルタールと私たちホモ・サピエンス~交替劇の真実~ 招待有り

    門脇誠二

    平成28年度 大河講座 ひとの大学  2016年7月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:NHK文化センター名古屋教室   国名:日本国  

  80. 文化の進展と進化し続ける人類 招待有り

    門脇誠二

    人類はどのように進化してきたのかーヒトの体と文化の関係  2016年6月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:中日文化センター   国名:日本国  

  81. アフリカで生まれた人類が日本人になるまで 招待有り

    門脇誠二

    東浦町 サイエンス講座  2016年6月5日  東浦町

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東浦町文化センター   国名:日本国  

  82. ホモ・サピエンスの拡散と西アジアにおける上部旧石器文化のはじまり

    門脇誠二

    日本考古学協会第82回総会   2016年5月  日本考古学協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京学芸大学   国名:日本国  

  83. アフリカで生まれた人類が日本人になるまで 招待有り

    門脇誠二

    坂本塾 講演会  2016年5月20日  坂本塾

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋東急ホテル   国名:日本国  

  84. 日本人の起源 招待有り

    門脇誠二

    人類はどのように進化してきたのかーヒトの体と文化の関係  2016年5月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:中日文化センター   国名:日本国  

  85. 私たちホモ・サピエンスは特別か? 招待有り

    門脇誠二

    人類はどのように進化してきたのかーヒトの体と文化の関係  2016年4月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:中日文化センター   国名:日本国  

  86. 南コーカサス地方の新石器時代―第 8 次発掘調査(2015 年)― 国際共著

    下釜和也・ファルハド キリエフ・門脇誠二・仲田大人・赤司千恵・新井才二・西秋良宏

    平成27年度 考古学が語る古代オリエント 第23回 西アジア発掘調査報告会  2016年3月26日  日本西アジア考古学会、古代オリエント博物館

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:サンシャインシティ文化会館   国名:日本国  

  87. Early Upper Palaeolithic lithic technology in the Syrian Desert and its implications for the dispersal of Homo sapiens 国際会議

    Kadowaki, S.

    19th Congress of the International Union for Quaternary Research (INQUA)  2015年7月29日  International Union for Quaternary Research (INQUA)

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月 - 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The Nagoya Congress Center, Japan   国名:日本国  

  88. ネアンデルタール人の消滅と新人サピエンスの拡散

    門脇誠二

    第四紀年代学、古気候学、考古学が解き明かす人類進化史の真相―ネアンデルタールの消滅とホモ・サピエンスの拡散  2015年7月26日  日本第四紀学会、名古屋大学博物館

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋大学野依記念学術交流館   国名:日本国  

  89. 考古学から見た学習仮説—新人と旧人の文化格差はいつ生じたか

    門脇誠二

    なぜネアンデルタール人はいなくなったのか-学習仮説からの展望  2015年7月5日  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  90. 新人は技術革新に促進されて西アジアからヨーロッパへ拡散したのか?:石器技術からの展望

    門脇誠二、大森貴之、西秋良宏

    日本西アジア考古学会第20回総会・大会  2015年6月13日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学野依記念学術交流館   国名:日本国  

  91. 新石器時代ヤギのDNA系統解析:家畜ヤギの西アジア起源説への示唆

    門脇誠二、大西敬子、西秋良宏

    日本西アジア考古学会第20回総会・大会  2015年6月13日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学野依記念学術交流館   国名:日本国  

  92. 交替劇関連遺跡・石器製作伝統デー タベースNeander DB構築のまとめ

    近藤康久・佐野勝宏・門脇誠二・長沼正樹・西秋良宏

    『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会  2015年3月8日  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高知会館   国名:日本国  

  93. イノベーションと人類史

    門脇誠二

    『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第10回研究大会  2015年3月7日  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知会館   国名:日本国  

  94. Diffusion or progressive integration? : Re-considering the widespread distributions of early UP/LSA bladelet technologies from west Asia to south Europe and from east Africa to south Asia 国際会議

    Kadowaki, S.

    RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning  2014年12月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月 - 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. A population-genetics based model for explaining apparent cultural continuity from the Middle to Upper Palaeolithic in Eurasia 国際会議

    Kobayashi, Y., S. Kadowaki, and M. Naganuma

    RNMH2014 -The Second International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning  2014年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月 - 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  96. 南コーカサスにおける新石器時代の打製石器技術:ハッジ・エラムハンル遺跡の事例

    門脇誠二

    日本西アジア考古学会第19回大会  2014年6月  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川:鎌倉女子大学   国名:日本国  

  97. Tracing the origins of early agricultural settlements in the southern Caucasus: New evidence from Hacı Elamxanlı Tepe (Azerbaijan) in the 2012 and 2013 seasons 国際会議

    Kadowaki, S., Y. Nishiaki, and F. Guliyev

    The 9th International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East  2014年6月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Basel, Switzerland   国名:スイス連邦  

  98. 新人拡散期の石器伝統の変化: アフリカ,西アジア,ヨーロッパ

    門脇誠二

    『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第9回研究大会  2014年5月11日  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  99. Assessing environmental factors to the replacement of Neanderthals by Modern Humans in terms of ecocultural niche modelling 国際会議

    Kondo, Y., K. Sano, S. Kadowaki, M. Naganuma, T. Omori, M. Yoneda, and Y. Nishiaki

    European Geosciences Union General Assembly 2014, SSP4.2 Always Look on the Bright Side -Environmental Constrains of Early Human Expansions  2014年5月2日  European Geosciences Union

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Vienna, Austria   国名:オーストリア共和国  

  100. Middle Epipalaeolithic technological variability in the northern Levant: New data from the middle Euphrates 国際会議

    Kadowaki, S. and Y. Nishiaki

    The Society for American Archaeology 79th Annual Meeting  2014年4月26日  Society for American Archaeology

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Austin, USA   国名:アメリカ合衆国  

  101. 新人拡散期の西アジアとアフリカの石器文化

    門脇誠二

    石器文化からさぐる新人・旧人交替劇の真相  2014年3月15日  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」・名古屋大学博物館

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  102. 西アジアの旧石器時代

    門脇誠二

    西アジア考古学連続講義 -発掘現場からのメッセージ  2014年2月1日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:京都:龍谷大学   国名:日本国  

  103. 西アジアの旧石器時代

    門脇誠二

    西アジア考古学連続講義 -発掘現場からのメッセージ  2013年11月9日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  104. 西アジアからヨーロッパへの現生人類拡散と移行期文化

    門脇誠二

    第67回日本人類学会大会  2013年11月2日  日本人類学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:茨城:国立科学博物館   国名:日本国  

  105. 新石器時代農耕民による穀物貯蔵の地考古学的研究:ギョイテペ遺跡の事例(南コーカサス)

    門脇誠二・赤司千恵・西秋良宏

    日本オリエント学会第55回大会  2013年10月27日  日本オリエント学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都外国語大学   国名:日本国  

  106. 初期ホモ・サピエンスの文化進化:アフリカ、西アジア、ヨーロッパの旧石器文化編年からの展望

    門脇誠二

    『ホモ・サピエンスと旧人2 -考古学から見た学習』科学研究費補助金「新学術領域研究」A01公開シンポジウム  2013年7月6日  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  107. 南コーカサスにおける新石器化:ハッジ・エラムハンル遺跡からの展望

    門脇誠二

    日本西アジア考古学会第18回大会  2013年6月1日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  108. シリア内陸部における上部旧石器時代前半の石器文化変遷

    門脇誠二

    日本西アジア考古学会第18回大会  2013年6月  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  109. レヴァントの旧石器文化からさぐるヨーロッパへの新人拡散

    門脇誠二

    『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第7回研究大会  2013年5月12日  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  110. 黒曜石を知るヒト、知らないヒト 招待有り

    門脇誠二

    『人間と黒曜石―ナイフになったマグマ』蒲郡市生命の海科学館市民講演会  2013年1月14日  蒲郡市生命の海科学館

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:蒲郡市生命の海科学館   国名:日本国  

  111. アフリカにおける初期ホモ・サピエンスの文化多様性と「交替劇」への新たな展望

    門脇誠二

    『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会  2013年1月13日  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  112. グローバルでより正確な「新人・旧人交替劇」の理解に向けて:アフリカ、西アジア、ヨーロッパ、の考古記録の統合

    門脇誠二

    『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第6回研究大会  2013年1月  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  113. 墓前儀礼としての石器づくり? ユーフラテス河中流域における青銅器時代墓地と石器散布の空間関係

    門脇誠二

    メソポタミア青銅器時代の葬制、日本西アジア考古学会2012年度ワークショップ  2012年12月8日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国士舘大学   国名:日本国  

  114. レヴァント地方上部旧石器文化の多様性:ユーフラテス川中流域の新資料から

    門脇誠二

    日本オリエント学会第54回大会  2012年11月25日  日本オリエント学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学湘南キャンパス   国名:日本国  

  115. From the Beginning: Tracing the Patterns of Cultural Changes of Early Homo Sapiens in Africa, West Asia, and Europe 国際会議

    Kadowaki, S. and K. Sano

    RNMH2012 -The First International Conference on the Replacement of Neanderthals by Modern Humans: Testing Evolutionary Models of Learning  2012年11月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo: National Center of Science Building   国名:日本国  

  116. 石の観測知―岩石からみる石器文化

    門脇誠二

    Hands On 3:観測知にふれるハンズオン・ギャラリー(第4回)  2012年10月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋大学博物館   国名:日本国  

  117. 石の観測知―岩石からみる石器文化

    門脇誠二

    Hands On 3:観測知にふれるハンズオン・ギャラリー(第1回)  2012年7月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京大学総合研究博物館   国名:日本国  

  118. アフリカの中・後期石器時代とレヴァントの中・後期旧石器時代の編年と現代人的行動の出現に関する予備的考察

    門脇誠二

    日本旧石器学会第10回大会  2012年6月24日  日本旧石器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:奈良文化財研究所   国名:日本国  

  119. アフリカと西アジアの旧石器文化編年からみた現代人的行動の出現パターン

    門脇誠二

    『ホモ・サピエンスと旧人 -旧石器考古学から見た交替劇』科学研究費補助金「新学術領域研究」A01公開シンポジウム  2012年6月16日  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  120. Does speed matter? Reexamining patterns of cultural changes in the Middle and Upper Palaeolithic of the Levant 国際会議

    Kadowaki, S. and Nishiaki, Y.

    Colloque UISPP 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ベルギー王国  

  121. 北海道オホーツク海沿岸の縄文時代貝塚の年代

    新美倫子・乾 茂年・大谷茂之・門脇誠二

    日本考古学協会第78回総会  2012年5月  日本考古学協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京:立正大学   国名:日本国  

  122. 進化からみるヒトのからだ

    門脇誠二

    『達人とはなそう -ヒトとからだ』名古屋市生涯学習推進センター連携講座  2012年5月26日  名古屋市生涯学習推進センター、名古屋大学博物館

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋大学博物館   国名:日本国  

  123. 進化しつづける「交替劇」遺跡データベース 国際会議

    近藤康久・門脇誠二・西秋良宏

    『日本地球惑星科学連合2012年大会』セッションBPT-24「人類進化と気候変動」  2012年5月24日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉:幕張メッセ   国名:日本国  

  124. アフリカの中期石器時代における現代人的行動の時空分布

    門脇誠二

    『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第5回研究大会  2012年4月14日  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京:学術総合センター   国名:日本国  

  125. ユーフラテス河中流域の先史時代—第5次調査(2011)

    門脇誠二・久米正吾・下釜和也・西秋良宏

    『古代オリエント世界を掘る―第19回西アジア発掘調査報告会』日本西アジア考古学会  2012年3月24日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京:サンシャインシティ文化会館   国名:日本国  

  126. 南コーカサス地方の新石器時代―ギョイテペ遺跡の第4次発掘調査 国際共著

    西秋良宏・ファルハド キリエフ・門脇誠二・下釜和也・小高敬寛・有松 唯・赤司千恵

    第19回西アジア発掘調査報告会  2012年3月24日  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京:池袋サンシャイン文化会館   国名:日本国  

  127. 乾燥地における先史居住民の通時的検討:ユーフラテス川中流域の考古学調査から

    門脇誠二

    ユーラシア乾燥地域の農耕民と牧畜民:考古学、民族学、文献史学の視点から  2012年3月4日  日本私立学校振興・共済事業団平成 23 年度学術研究振興資金/国士舘大学助成研究事業 「ユーフラテス河中流域における遊牧社会の発生と展開」

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国士舘大学   国名:日本国  

  128. 考古標本から暮らしの変化を探る

    門脇誠二

    Hands On 2:進化にふれるハンズオン・ギャラリー(第2回)  2011年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋大学博物館   国名:日本国  

  129. アフリカにおける初期ホモ・サピエンスの石器製作伝統:その時空分布の研究動向

    門脇誠二

    『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第4回研究大会  2011年12月11日  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡崎コンファレンスセンター   国名:日本国  

  130. ユーフラテス川中流域の先史遺跡:第五次踏査報告

    門脇誠二・久米正吾・下釜和也・西秋良宏

    日本オリエント学会第53回大会  2011年11月20日  日本オリエント学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山:ノートルダム清心女子大学   国名:日本国  

  131. 北レヴァント地方における終末期旧石器時代中葉の石器製作伝統

    門脇誠二

    日本オリエント学会第53回大会  2011年11月20日  日本オリエント学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山:ノートルダム清心女子大学   国名:日本国  

  132. 考古標本から暮らしの変化を探る

    門脇誠二

    Hands On 2:進化にふれるハンズオン・ギャラリー(第1回)  2011年7月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京大学総合研究博物館   国名:日本国  

  133. 南コーカサス地方の新石器時代 -ギョイテペ遺跡の第3次発掘調査(2010年) 国際共著

    門脇誠二・F. Guliyev・久米正吾・下釜和也・赤司知恵・西秋良宏

    日本西アジア考古学会第16回総会・大会  2011年6月  日本西アジア考古学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡:筑紫女学園大学   国名:日本国  

  134. 石器製作伝統の消長パターンからさぐる旧石器人の学習行動

    門脇誠二・近藤康久

    旧人・新人の石器製作学習行動を探る、日本考古学協会第77回総会研究発表セッション5  2011年5月29日  日本考古学協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:國學院大學   国名:日本国  

  135. Lithic Technology in the Wadi Rabah Period: A Perspective from Wadi Ziqlab 国際会議

    Kadowaki, S.

    International Symposium on Perspectives from the Periphery: Galilee in the Cultural Changes through Ages  2011年5月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Rikkyo University, Tokyo   国名:日本国  

  136. 交替劇の舞台としてのザクロス地方とアラビア半島:石器製作伝統の視点から

    門脇誠二

    『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第3回研究大会  2011年4月24日  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京:学術総合センター   国名:日本国  

  137. レヴァント地方における中期・後期旧石器インダストリーの消長パターン

    門脇誠二・近藤康久

    『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第2回研究大会  2011年2月19日  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸学院大学   国名:日本国  

  138. 南レヴァント地方、後期新石器時代の石器インダストリーと石刃製作:アル=バサティン遺跡の接合資料から

    門脇誠二

    日本オリエント学会第52回大会  2010年11月7日  日本オリエント学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国士舘大学   国名:日本国  

  139. ユーフラテス河中流域の先史時代 -第四次踏査報告

    西秋良宏・門脇誠二・下釜和也

    日本オリエント学会第52回大会  2010年11月7日  日本オリエント学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:国士舘大学   国名:日本国  

  140. 旧人・新人に関わる石器製作伝統のデータベース化:その目的と方法

    門脇誠二・近藤康久

    『ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 -学習能力の進化に基づく実証的研究』科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」第1回研究大会  2010年10月  科学研究費補助金新学術領域研究「交替劇」

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京:学術総合センター   国名:日本国  

  141. 製粉具と居住形態に関する一考察:アイン・アブ・ネケイレ遺跡の事例

    門脇 誠二

    日本西アジア考古学会第15回総会・大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  142. セム系部族社会の景観をさぐる―テル・ガーネム・アル=アリ周辺の遺跡踏査―

    門脇 誠二

    若手研究者が挑むセム系部族社会の形成 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  143. Consumption and discard of obsidian chipped-stones at Neolithic settlements of Seker al-Aheimar, northeastern Syria 国際会議

    7th International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  144. Excavations at al-Basatin, a Late Neolithic and EBI site in northern Jordan 国際会議

    7th International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)  

  145. ユーフラテス河中流域の先史時代―第2次、第3次調査(2009)

    門脇誠二・久米正吾・安倍雅史・仲田大人・西秋良宏

    平成21年度 考古学が語る古代オリエント:第17回西アジア発掘調査報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:池袋サンシャイン文化会館   国名:日本国  

  146. Early Neolithic domestic activities at Tell Seker al-Aheimar (Upper Khabur, NE Syria) through phytoliths and faecal spherulites studies 国際会議

    30th International Symposium of Antibes in Archeology and History 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:フランス共和国  

  147. ユーフラテス川中流域の先史遺跡 ―第二次、第三次踏査報告

    西秋良宏・門脇誠二・久米正吾・安倍雅史

    日本オリエント学会第51回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  148. 後期新石器時代の南レヴァント地方における鎌刃のデザインと製作技術

    門脇 誠二

    日本オリエント学会第51回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  149. The organization of obsidian blade-tool production at Tell Seker al-Aheimar 国際会議

    Interpreting the Late Neolithic of Upper Mesopotamia 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オランダ王国  

  150. 南レヴァント地方における初期農耕村落の社会と世帯の変化:ジクラブ渓谷の研究事例

    門脇誠二

    オリエント学会第50回大会  2008年11月2日  日本オリエント学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:筑波大学   国名:日本国  

  151. Blade production in the Late Neolithic in the southern Levant: A view from Wadi Ziqlab, northern Jordan 国際会議

    Kadowaki, S.

    6th International Congress on the Archaeology of the Ancient Near East  2008年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地: Rome   国名:イタリア共和国  

  152. Groundstone tools and food preparation activities at Ayn Abū Nukhayla 国際会議

    Kadowaki, S.

    Annual conference of Society for American Archaeology  2007年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Austin   国名:アメリカ合衆国  

  153. Household as social contexts of lithic production: spatial analyses of lithic production activities at a Late Neolithic farmstead in Wadi Ziqlab, northern Jordan 招待有り

    Kadowaki, S.

    Public Lecture of the Ontario Archaeological Society  2006年4月19日  Ontario Archaeological Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:University of Toronro   国名:カナダ  

  154. Household as social contexts of lithic production: spatial analyses of lithic production activities at a Late Neolithic farmstead in Wadi Ziqlab, northern Jordan 国際会議

    Kadowaki, S.

    The Archaeology of Household  2006年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Barcelona   国名:スペイン  

  155. Use of abandoned buildings as outdoor activity areas at Ayn Abū Nukhayla, southern Jordan 国際会議

    Kadowaki, S.

    Annual conference of Society for American Archaeology  2004年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月 - 2004年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Montreal   国名:カナダ  

  156. An examination of floor assemblages and the use of interior space at Ain Abu Nekheileh, Jordan 国際会議

    Kadowaki, S.

    Domesticating Space: Landscape and Site Structure in the Prehistoric Near East  2002年11月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Toronto   国名:カナダ  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. ネアンデルタール人の消滅と新人拡散のプロセスに関する考古学研究

    2018年9月 - 2019年9月

    三菱財団 人文科学研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. ネアンデルタール人消滅と新人拡散のプロセスに関する考古学研究:ヨルダンの旧石器遺跡調査

    2018年4月 - 2019年3月

    伊藤忠兵衛基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 世界最古の農業伝播プロセスの考古学研究:南コーカサス新石器時代の穀物管理技術と古代ヤギDNA

    2014年10月 - 2015年9月

    三菱財団助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 南コーカサス地方への農業伝播プロセス:新石器時代の穀物管理技術と古代ヤギDNAに関する研究

    2014年4月 - 2015年3月

    伊藤忠兵衛基金学術助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. 西アジア初期農耕社会の多様性をさぐる:ヨルダン、シリア、アゼルバイジャンでの考古学調査

    2011年4月 - 2012年3月

    高梨学術奨励基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 西アジア先史農耕社会の考古学:社会史構築へ向けての基礎研究

    2010年4月 - 2011年3月

    財団法人高梨学術奨励基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. EARLY AGRICULTURAL SOCIETIES IN UPPER MESOPOTAMIA:ARCHAEOLOGY OF HOUSEHOLDS AND DOMESTIC ACTIVITIES

    2007年7月 - 2008年3月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 9

  1. 資源利用行動から探る新人社会の基盤形成史:レヴァント地方乾燥域の考古科学研究 国際共著

    研究課題/研究課題番号:20H00026  2020年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    門脇 誠二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:44330000円 ( 直接経費:34100000円 、 間接経費:10230000円 )

    レヴァント地方では、ホモ・サピエンス(新人)の拡散や農耕牧畜の発生など新人社会の基盤形成に大きく寄与した歴史事象が早くから進行したが、当地は乾燥気候が卓越し人類の生存にとって最適な環境とはいえない。
    本研究は、限られた資源の有効利用が新人社会の基盤形成を支えた根本要因だったのではないかという仮説を掲げ、新人が旧人と共存していた約7万年前から農耕牧畜が発生し始めた約1万年前までを対象に、レヴァント乾燥域における人類の資源利用行動を明らかにする。
    水資源と石器石材の分布を、考古学・文化人類学・地理学・地球科学の方法により記録・分析し、遺跡の分布や石器石材の産地同定、石材の利用効率などの分析を行う。

  2. ホモ・サピエンスのアジア定着期における行動様式の解明 国際共著

    研究課題/研究課題番号:16H06409  2016年6月 - 現在

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

    門脇 誠二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:113620000円 ( 直接経費:87400000円 、 間接経費:26220000円 )

    【遺跡調査】 ヨルダン、モンゴル、インドネシア、北海道における遺跡調査を予定通りに行い、研究課題に直接関わるオリジナルの考古記録の収集を行うことができた。ヨルダンとモンゴルに共通して採取されたInitial Upper Paleolithicの記録は、ヨルダンではホモ・サピエンスの定着(旧人の絶滅)、モンゴルでは拡散初期に相当する貴重なものである。インドネシアでも3万年前近くに遡る記録が得られた。今年度も調査現場において異分野連携を推進し、B01班の文化人類学者がヨルダンの遺跡調査に参加した。
    【海外研究】 連携研究者2名が海外研究を行い資料調査や試料分析を行った。中国黒竜江省ハルビン市と大慶市大慶博物館の訪問では、後期更新世後半から最終氷期最盛期(LGM)にかけての動物骨標本を観察した。また国際活動支援予算により、ドイツ、テュービンゲン大学の地球科学分野の研究室において遺跡出土動物遺存体の同位体分析を行った。
    【試料分析】 遺跡調査で得られた標本は、班内外の研究者との連携を通して分析が進められた。公募研究として進められているタンパク質分析による動物種の同定は、1万年前よりも新しい標本(新石器時代)については安定した結果が蓄積したため、今年度は3万年前に遡る標本(上部旧石器時代)の分析を開始した。
    【成果発信】 ホモ・サピエンスの拡散と定着プロセスに直接関わる考古記録の1つであるInitial Upper Paleolithicの特集号(Archaeological Research in Asia)が分担者の出穂雅実を主体として編集された。また、2018年12月に京都で国際研究会を開催した。
    【若手育成】 遺跡調査やシンポジウムへの大学院生の参加、および資料分析を通した学士・修士・博士研究の指導を行った。
    海外調査の実施は現地の状況にも左右されるが、今年度も予定通りに遺跡調査を継続し、アジアに新人が拡散・定着した時期の考古記録の蓄積を行うことができた。また今年度は、連携研究者2名も海外(中国とドイツ)において資料調査および分析を行ったのが新たな進展である。それにより、遺跡調査から得られた標本の分析および解釈を促進する成果が得られた。
    新学術領域研究において鍵となる異分野連携についても進展することができた。遺跡調査においては、ヨルダンの調査にB01班の文化人類学者が参加した。考古民族学的調査を行うことによって、旧石器時代の居住民の水利用や鳥罠猟に関する知見が得られた。
    文化変容に関するモデル化についても、数理モデルの検討を進め、12月の国際研究大会において海外研究者からの意見を仰ぐと共に、モデル改善をめざした議論を行うことができた。
    成果発表においても、国際学術誌や国際学会での公表を引き続き行うことができた。そして、これらの成果をまとめた年次報告書の冊子を、新学術領域の出版シリーズ(PaleoAsia Project Series)の一部として今年度も刊行した。
    今年度は領域全体の中間評価があり、これまでの進捗状況について総括的な報告を行ったが、その評価はAであった。
    以上の点から、研究活動から成果発信まで順調に進展していると思われる。
    【遺跡情報の収集】
    2016年度から継続しているヨルダン、モンゴル、インドネシア、北海道における調査を今年度も実施する。これまで収集した資料の分析の結果に基づき、確認すべき点や新たな問題点を明確にした上で調査にのぞみ、効率的・戦略的な調査を行う。文献探査についても継続する。その活用としては、遺跡調査によって得られたオリジナル資料の比較対象として用い、論文や学会発表の際に利用する。
    【考古記録の解析と成果発表】
    これまでと同様に、遺跡調査と文献探査で収集する記録から、(1)道具製作(石器と骨器)、(2)資源利用(陸生・水生資源)、(3)居住・移動(遺跡の立地や分布など)、(4)社会関係(墓・炉・象徴品)の行動に関わるデータを扱い、アジア各地における行動変遷パタンを明らかにする。 これらの行動を復元するための分析はプロジェクト内外の研究者と共同で進める。特に今年度は、第7回研究大会において連携シンポジウム「新人文化の形成過程における石器技術とそのモデル化」を予定しており、特に道具製作行動の変遷パタンをアジア広域で比較すると共に、それを新人拡散と旧人消滅の人口動態と関連づけるモデル化を進める。これまで、アジア各地の遺跡調査を通して採取した考古資料の分析を通して、行動様式の推定や年代測定、古環境との対応などについて研究を進めてきたが、ある程度成果がまとまってきたので、今年度は論文や学会などでの成果発表をより進める。また、これまでと同様、今年度の活動成果をまとめた報告書を作成する。
    【成果発表など】
    これまでと同様、領域全体の研究大会(年2回)に参加するほか、班会議を開いて収集情報の共有化と研究進行の打ち合わせを随時行う。また、今年度は国際第四紀学連合(於:アイルランド)において、幾つかの成果発表を予定している。博士研究員の雇用や本研究課題の研究を通した若手教育・学生指導も継続する。

  3. コーカサス地方における初期家畜の由来と飼育行動を探る考古科学研究 国際共著

    研究課題/研究課題番号:17H04534  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金   基盤研究(B)

    門脇 誠二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:12350000円 ( 直接経費:9500000円 、 間接経費:2850000円 )

    本研究は、コーカサス地方へ農業が普及した歴史プロセスの一端を明らかにするために、新石器時代の初期家畜の由来と飼育行動に関する分析を行った。家畜の由来に関しては古代ミトコンドリアDNAの系統解析を行い、初期家畜ヤギが外来である可能性を示した。家畜の飼育行動に関しては、酸素・炭素安定同位体分析を行い、家畜ヤギやヒツジ、ウシの一部が高地と低地のあいだを季節的に移牧していた可能性を示した。また、農村内の空間利用に関する分析を行った結果、農民でも時代と地域によって空間利用が多様であることが明らかになり、それは居住形態や習慣に関わると考えられる。
    現代の食料生産を支える農業の発生と普及は、人類史における社会経済上の画期であり、考古学・歴史学上の大きな研究テーマである。その中でも主要な穀物(ムギやマメ類)や家畜(ウシ、ブタ、ヤギ、ヒツジ)の栽培家畜化が発生した地域が西アジアであり、世界各国の研究者が西アジアにおける農耕の発生と拡散に関する研究を行っている。本研究は、肥沃な三日月地帯で発生した西アジア型農業が、周辺のコーカサス地域へ普及した過程の解明に、古代DNAや同位体分析、タンパク質分析といった複数の理化学的手法を取り入れたのが特色である。国際的な研究テーマを学際的方法によって実施し、日本の人文科学の国際化と学際化の推進を目指した。

  4. パレオアジア文化史学の国際活動支援 国際共著

    研究課題/研究課題番号:16K21721  2016年6月 - 現在

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

    西秋 良宏

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    本研究の目的は、広大なアジア諸国において領域メンバーが展開する国際的な研究活動を効率的に支援し、パレオアジア文化史学の推進に貢献することにある。本年度は、計画研究各班が実施する野外調査を支援したほか、総括班と共同で国内における国際会議を開催、さらには国外においても複数の領域の特別セッションを主催するなどもおこなった。おもな実績は次のとおりである。
    (1)日本人海外学術情報の集積と発信。領域内研究者が実施しているアジア関連現地調査情報を収集、整理し、ホームページにてそれらを発信した。
    (2)国際的共同研究体制の推進。領域各分野で総計海外約10数機関に所属する研究者との共同研究を進めた。ウズベキスタン、アゼルバイジャン、パキスタンなどへは研究者を派遣し、計画研究の野外調査を支援した。
    (3)研究者コミュニティへの発信。領域の成果のビジビリティを高め、新たな現地共同研究を開拓するため、関係する海外機関、研究者全36ヶ国、約400件を搭載するデータベースを作成した。
    (4)研究者の相互交流。若手研究者をドイツに2ヶ月派遣し、有機質遺物の同位体分析の分析手法についての共同研究を実施させた。その成果は領域で収集した遺物分析に活用される。
    (5)ロシア、オーストラリアなどの海外研究者を招聘した国際会議を主催した。また、マベトナムで開催されたインド太平洋考古学会議、およびマレーシアで開催された世界狩猟民会議において領域のセッションを主催した。
    理由
    国際連携研究の基盤形成は整っており、実質的な共同研究、成果発表、領域主催の国際会議を複数開催するなどの段階にいたっているため。
    研究成果、実施状況の国際発信は随時、メイル、ホームページなどでおこなってきたが、初年度の計画研究各班の報告書がでそろう4月以降、海外連絡網を用いてさらに発信を続ける。

  5. 西アジア北端の農耕起源をさぐる:穀物加工と貯蔵の考古資料の通時的分析 国際共著

    研究課題/研究課題番号:26770265  2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    門脇誠二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

  6. 縄文文化の北方フロンティア―北海道東部地域―の環境変化と縄文人の生業戦略

    研究課題/研究課題番号:23320169  2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    新美倫子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  7. 西アジア先史農耕社会の考古学:社会史構築へ向けての比較研究 国際共著

    研究課題/研究課題番号:23720382  2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    門脇誠二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

  8. ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究 国際共著

    研究課題/研究課題番号:22101002  2010年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  9. 西アジア初期農耕村落の日常活動:技術と空間利用の社会生態学的研究 国際共著

    研究課題/研究課題番号:08J00005  2008年4月 - 2009年9月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    門脇 誠二

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6000000円 ( 直接経費:6000000円 )

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 15

  1. 地球史学セミナー

    2020

  2. 博物館資料保存論

    2020

  3. 博物館概論

    2020

  4. 考古学購読

    2016

  5. 博物館概論

    2016

  6. 博物館資料保存論

    2016

  7. 考古学実習

    2016

  8. 博物館実習2

    2016

  9. 自然誌学1

    2016

  10. 地球史学セミナー

    2016

  11. 考古学特殊研究

    2016

  12. 基礎セミナーA

    2016

  13. 考古学特殊研究 西アジア考古学の諸問題2

    2014

  14. 地球惑星科学セミナーⅠ

    2014

  15. 考古学特殊研究 西アジア考古学の諸問題1

    2013

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 地域の文化と歴史(西アジア)

    2011年9月 - 現在 南山大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

 

社会貢献活動 10

  1. 展示 名古屋大学博物館 第26回特別展

    役割:企画

    名古屋大学博物館  アフリカから東山キャンパスまで 名古屋大学による遺跡調査からみる人類史  名古屋大学博物館  2020年3月 - 2021年4月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般

    種別:施設一般公開

  2. 一般講演会 名古屋大学・南山大学連携

    役割:司会, 講師, 企画, 運営参加・支援

    名古屋大学博物館、南山大学人類学博物館  連携博物館講座 大学博物館が語る、地球と人類のヒストリー  2021年10月 - 2021年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般

    種別:講演会

  3. 一般講演会「最古のビーズとホモ・サピエンス」

    役割:講師

    南山大学人類学博物館・名古屋大学博物館  大学博物館が語る地球と人類のヒストリー  オンライン  2021年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 社会人・一般

    種別:講演会

  4. 一般講演会「ホモ・サピエンスの起源とヨルダン砂漠の岩陰遺跡」

    役割:講師

    南山大学人類学博物館  オンライン博物館講座  オンライン  2021年6月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 社会人・一般

    種別:講演会

  5. 一般講演会 西アジア考古学会

    役割:司会, 企画

    西アジア考古学会  第3回パイオニア・セミナー:西アジア考古学を切り開いてきた開拓者たち  オンライン  2021年3月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般

    種別:講演会

  6. 展示 古代オリエント博物館

    役割:運営参加・支援, 寄稿

    古代オリエント博物館  ヨルダン川の彼方の考古学:ヨルダン考古学最新事情  古代オリエント博物館  2021年2月 - 2021年3月

  7. 一般講演会(4回) 名古屋大学博物館

    役割:司会, 講師, 企画

    名古屋大学博物館、名古屋市教育委員会  オンラインキャンパス講座  名古屋大学博物館  2020年10月 - 2021年2月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般

    種別:講演会

  8. 一般講演会 名古屋大学・南山大学連携

    役割:企画, 運営参加・支援

    名古屋大学博物館、南山大学人類学博物館  連携博物館講座 大学博物館が語る、地球と人類のヒストリー  2020年10月 - 2020年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般

    種別:講演会

  9. 会誌編集 日本旧石器学会

    役割:編集長

    日本旧石器学会  旧石器研究  2020年6月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 研究者

    種別:会誌・広報誌

  10. 動画配信 西アジア考古学会

    役割:講師

    西アジア考古学会  西アジア考古学オンライン講義  オンライン  2020年5月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般

    種別:インターネット

▼全件表示

メディア報道 12

  1. Science Japan 研究紹介 インターネットメディア

    JST  Science Japan  Featured Stories  2021年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. JSTサイエンスポータル 研究紹介 インターネットメディア

    科学技術振興機構JST  サイエンスポータル  サイエンスクリップ「牧畜の世界への普及、最初期から多彩だった 同位体分析で解明」  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  3. Ancient DNA analysis explains spread of domestic goats from Fertile Crescent into Caucasus インターネットメディア

    American Association for the Advancement of Science  EurekAlert  2016年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  4. Were humans really more inventive than Neanderthals? インターネットメディア

    Elsevier  Elsevier Connect  2015年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  5. 過去の自然と人との相互関係 ―アプローチと教訓― 会誌・広報誌

    名古屋大学環境学研究科  環KWAN 40号  エコラボトーク  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  6. 名大など、数学と考古学を融合させた新分野で人類進化史の説明に成功 インターネットメディア

    TECH+  マイナビニュース  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  7. 展示紹介 第26回博物館特別展 新聞・雑誌

    春夏秋冬叢書  そう  酒呑ジュリンナ遺跡  2020年12月

  8. 朝日新聞「複弁六弁蓮華文軒丸瓦 名古屋大学博物館」 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞  美博ノート  2020年12月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  9. 朝日新聞「東山61号窯の須恵器 名古屋大学博物館」 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞  美博ノート  2020年12月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  10. 朝日新聞「石器と貝殻のビーズ 名古屋大学博物館」 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞  美博ノート  2020年11月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  11. Seashells found inland in Jordan hint at why Neanderthals disappeared and modern humans survived インターネットメディア

    Nagoya University  Research Achievements  2020年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  12. 人類進化史を更新―石器に見る「技術革新」にヒント― インターネットメディア

    名古屋大学学術研究・産学官連携推進本部  NU Research ハイライト論文  2015年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

▼全件表示

学術貢献活動 7

  1. 運営 第29回 西アジア発掘調査報告会 実行委員

    役割:企画立案・運営等

    日本西アジア考古学会  ( オンライン ) 2022年3月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  2. 運営 第28回 西アジア発掘調査報告会 実行委員

    役割:企画立案・運営等

    日本西アジア考古学会  ( オンライン ) 2021年3月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  3. 運営 日本オリエント学会 第62回大会 実行委員

    役割:企画立案・運営等

    日本オリエント学会  ( オンライン ) 2020年12月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  4. 査読 国際会議プロシーディングス 国際学術貢献

    役割:査読

    2020年10月 - 2021年3月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  5. 査読 学術誌Journal of Anthropological Archaeology 国際学術貢献

    役割:査読

    Elsevier社のJournal of Anthropological Archaeology誌  2020年7月 - 2021年3月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  6. 査読 学術出版Archaeopress Publishing 国際学術貢献

    役割:査読

    Archaeopress Publishing Ltd  2020年7月 - 2020年8月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  7. 査読 学術誌Quaternary International 国際学術貢献

    役割:査読

    Elsevier社のQuaternary International誌  2020年2月 - 2020年9月

     詳細を見る

    種別:査読等 

▼全件表示