2024/04/03 更新

写真a

テラカワ トシコ
寺川 寿子
TERAKAWA Toshiko
所属
大学院環境学研究科 附属地震火山研究センター 准教授
大学院担当
大学院環境学研究科
学部担当
理学部 地球惑星科学科
職名
准教授

学位 2

  1. 博士(理学) ( 2006年3月   東京大学 ) 

  2. 修士(理学) ( 2003年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 地震

  2. 地殻応力

  3. 間隙流体

  4. 逆解析

  5. 地震火山相互作用

経歴 5

  1. 名古屋大学 大学院環境学研究科附属地震火山研究センター   准教授

    2018年8月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学 大学院環境学研究科 附属地震火山研究センター    講師

    2015年10月 - 2018年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学 大学院環境学研究科 附属地震火山防災研究センター     助教

    2010年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. ボン大学・シュタインマン研究所   研究員

    2009年4月 - 2010年3月

  5. 東京大学・理学部・産学官連携研究員   研究員

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 東京大学   理学系研究科   地球惑星科学

    2003年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   理学系研究科   地球惑星科学

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 早稲田大学   教育学部   理学科・数学専修

    1987年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本地震学会   代議員

    2014年4月 - 現在

  2. 米国地球物理学会

  3. 日本地球惑星科学連合

委員歴 6

  1. 日本地震学会   IASPEI委員会  

    2024年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 内閣府   首都直下地震・被害想定手法検討会  

    2024年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  3. 内閣府   南海トラフ巨大地震モデル・被害想定手法検討会委員  

    2023年2月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  4. 文部科学省科学技術学術審議会測地学分科会   臨時委員  

    2021年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  5. 文部科学省科学技術学術審議会測地学分科会地震火山観測研究計画部会   専門委員  

    2017年2月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  6. 日本地震学会   夏の学校委員会委員長  

    2013年6月 - 2014年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 3

  1. 第38回猿橋賞

    2018年4月   女性科学者に明るい未来をの会  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  2. 2018 EPS Excellent Paper Award

    2019年5月   Earth, Planets and Space   Preparatory and precursory processes leading up to the 2014 phreatic eruption of Mount Ontake, Japan

    Aitaro Kato, Toshiko Terakawa, Yoshiko Yamanaka, Yuta Maeda, Shinichiro Horikawa, Kenjiro Matsuhiro and Takashi Okuda

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  3. 2016年 日本火山学会論文賞

    2016年5月   日本火山学会  

    加藤愛太郎・寺川寿子・山中佳子・前田裕太・堀川信一郎・松廣健二郎・奥田隆

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 38

  1. Monitoring eruption activity using temporal stress changes at Mount Ontake volcano 査読有り

    Toshiko Terakawa, Aitaro Kato, Yoshiko Yamanaka, Yuta Maeda, Shinichiro Horikawa, Kenjiro Matsuhiro, Takashi Okuda

    Nature Communications     2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms10797

  2. Evolution of pore fluid pressures in a stimulated geothermal reservoir inferred from earthquake focal mechanisms 査読有り

    Toshiko Terakawa

    Geophysical Research Letters   41 巻 ( 21 ) 頁: 7468-7476   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Changes in Seismic Activity Following the 2011 Tohoku-oki Earthquake: Effects of Pore Fluid Pressure 査読有り

    Toshiko Terakawa, Chihiro Hashimoto, and Mitsuhiro Matsu'ura

    Earth and Planetary Science Letters   365 巻 ( 1 ) 頁: 17-24   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. 3-D tectonic stress fields in and around Japan inverted from CMT data of seismic events 査読有り

    Toshiko Terakawa and Mitsuhiro Matsu'ura

    Tectonics   00 巻 ( 00 ) 頁: 00   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. High pressure fluid at hypo-central depths in the L'Aquila region inferred from earthquake focal mechanisms 査読有り 国際共著

    Toshiko Terakawa, Anna Zoporowski, Boris Galvan, and Stephen A. Miller

    Geology   38 巻 ( 11 ) 頁: 995-998   2010年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Pore fluid pressure in St. Gallen geothermal field (Switzerland) based on earthquake focal mechanisms 査読有り 国際共著

    De Matteis, R., B. Massa, G.M. Adinolfi, O. Amoroso, T. Terakawa and V. Convertito

    Geophysical Research Letters     2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  7. Seasonal modulation of crustal seismicity in northeastern Japan driven by snow load 査読有り 国際共著

    Ueda, T., A. Kato, C.W. Johnson and T. Terakawa

    Journal of Geophysical Research     2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Can the regional 3D stress field according to the Wallace-Bott hypothesis predict fault slip directions of future large earthquakes?

    Ishibe, T; Terakawa, T; Hashima, A; Mochizuki, M; Matsu'ura, RS

    EARTH PLANETS AND SPACE   76 巻 ( 1 )   2024年2月

  9. Tectonic stress fields inferred from long-term CMT data ranging over different periods 査読有り

    Terakawa, T; Matsu'ura, M

    GEOPHYSICAL JOURNAL INTERNATIONAL   233 巻 ( 1 ) 頁: 162 - 181   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/gji/ggac449

    Web of Science

  10. Hidden pressurized fluids prior to the 2014 phreatic eruption at Mt Ontake 査読有り 国際共著

    Caudron, C; Aoki, Y; Lecocq, T; De Plaen, R; Soubestre, J; Mordret, A; Seydoux, L; Terakawa, T

    NATURE COMMUNICATIONS   13 巻 ( 1 )   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-022-32252-w

    Web of Science

    PubMed

  11. Pore Fluid Pressure Imaging of the Mt. Pollino Region (Southern Italy) From Earthquake Focal Mechanisms 査読有り

    De Matteis, R; Convertito, V; Napolitano, F; Amoroso, O; Terakawa, T; Capuano, P

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   48 巻 ( 22 )   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2021GL094552

    Web of Science

  12. Decomposition of elastic potential energy and a rational metric for aftershock generation 査読有り

    Matsu'ura, M; Terakawa, T

    GEOPHYSICAL JOURNAL INTERNATIONAL   227 巻 ( 1 ) 頁: 162 - 168   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/gji/ggab206

    Web of Science

  13. Stress and pore fluid pressure control of seismicity rate changes following the 2016 Kumamoto earthquake, Japan (vol 73, pg 11, 2021) 査読有り

    Nakagomi, K; Terakawa, T; Matsumoto, S; Horikawa, S

    EARTH PLANETS AND SPACE   73 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1186/s40623-021-01358-8

    Web of Science

  14. Stress and pore fluid pressure control of seismicity rate changes following the 2016 Kumamoto earthquake, Japan Version 2021125 査読有り

    Nakagomi, K; Terakawa, T; Matsumoto, S; Horikawa, S

    EARTH PLANETS AND SPACE   73 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-020-01329-5

    Web of Science

  15. Focal mechanisms and the stress field in the aftershock area of the 2018 Hokkaido Eastern Iburi earthquake (<i>M</i><sub>JMA</sub>=6.7) 査読有り

    Susukida, Y; Katsumata, K; Ichiyanagi, M; Ohzono, M; Aoyama, H; Tanaka, R; Takada, M; Yamaguchi, T; Okada, K; Takahashi, H; Sakai, S; Matsumoto, S; Okada, T; Matsuzawa, T; Miyamachi, H; Hirano, S; Yamanaka, Y; Horikawa, S; Kosuga, M; Katao, H; Iio, Y; Nagaoka, A; Tsumura, N; Ueno, T; Miyakawa, K; Tanaka, S; Ando, M; Uchida, N; Azuma, R; Takagi, R; Yoshida, K; Nakayama, T; Hirahara, S; Terakawa, T; Maeda, Y; Miyamachi, H; Yakiwara, H

    EARTH PLANETS AND SPACE   73 巻 ( 1 )   2021年1月

  16. Three-Dimensional Pore Fluid Pressures in Source Region of 2017 Pohang Earthquake Inferred From Earthquake Focal Mechanisms 査読有り 国際共著

    Terakawa, T; Seo, W; Kim, KH; Ree, JH

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   47 巻 ( 9 )   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2019GL085964

    Web of Science

  17. Elastic strain energy and pore-fluid pressure control of aftershocks 査読有り

    Terakawa, T; Matsu'ura, M; Noda, A

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   535 巻   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.epsl.2020.116103

    Web of Science

  18. The advancement of research on inland earthquake generation 2014-2018 査読有り

    Matsu'moto S., T. Okada, T. Terakawa, M. Uyeshima, and Y. Iio

    Journal of Disaster Research   15 巻 ( 2 ) 頁: 96-105   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. The 3-D Spatial Distribution of Shear Strain Energy Changes Associated With the 2016 Kumamoto Earthquake Sequence, Southwest Japan 査読有り

    Noda, A; Saito, T; Fukuyama, E; Terakawa, T; Tanaka, S; Matsu'ura, M

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   47 巻 ( 3 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2019GL086369

    Web of Science

  20. 2016年熊本地震合同地震観測データ ―地震学的解析の基礎的資料として― 査読有り

    志藤あずさ・光岡郁穂・松本聡・松島健・相澤広記・清水洋・内田和也・神薗めぐみ・手操佳子・中元真美・宮町凛太郎・一柳昌義・大園真子・岡田和見・勝俣啓・高田真秀・高橋浩晃・谷岡勇市郎・山口照寛・小菅正裕・東龍介・内田直希・江本賢太郎・太田雄策・岡田知己・海田俊輝・小園誠史・鈴木秀市・高木涼太・出町知嗣・中原恒・中山貴史・平原聡・松澤暢・三浦哲・山本希・今西和俊・内出崇彦・吉見雅行・青井真・浅野陽一・上野友岳・藤田英輔・阿部英二・飯高隆・岩崎貴哉・加藤愛太郎・蔵下英司・酒井慎一・椎名高裕・芹澤正人・田中伸一・中川茂樹・平田直・増田正孝・宮川幸治・八木健夫・渡邉篤志・後藤和彦・伊藤武男・奥田隆・寺川寿子・堀川信一郎・前田裕太・松廣健二郎・山中佳子・渡辺俊樹・飯尾能久・片尾浩・加納靖之・津田寛大・三浦勉・村本智也・山下裕亮・大久保慎人・山品匡史・ 大倉敬宏・中尾茂・平野舟一郎・宮町宏樹・八木原寛

    地震 第2輯   73 巻   頁: 149 - 157   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Physical interpretation of moment tensor and the energetics of shear faulting 査読有り

    Matsu'ura, M; Noda, A; Terakawa, T

    TECTONOPHYSICS   771 巻   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tecto.2019.228228

    Web of Science

  22. The 2018 Hokkaido Eastern Iburi earthquake (M<sub>JMA</sub>=6.7) was triggered by a strike-slip faulting in a stepover segment: insights from the aftershock distribution and the focal mechanism solution of the main shock

    Katsumata, K; Ichiyanagi, M; Ohzono, M; Aoyama, H; Tanaka, R; Takada, M; Yamaguchi, T; Okada, K; Takahashi, H; Sakai, S; Matsumoto, S; Okada, T; Matsuzawa, T; Hirano, S; Terakawa, T; Horikawa, S; Kosuga, M; Katao, H; Iio, Y; Nagaoka, A; Tsumura, N; Ueno, T; Miyakawa, K; Tanaka, S; Ando, M; Uchida, N; Azuma, R; Takagi, R; Yoshida, K; Nakayama, T; Hirahara, S; Yamanaka, Y; Maeda, Y; Hirano, S; Miyamachi, H; Yakiwara, H; Maeda, T; Shimazaki, M; Asano, Y

    EARTH PLANETS AND SPACE   71 巻   2019年5月

  23. Stress data inversion to estimate collision rate distribution and its application to the Izu Peninsula, Japan 査読有り

    Hashimoto, C; Terakawa, T

    TECTONOPHYSICS   744 巻   頁: 47 - 57   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tecto.2018.06.001

    Web of Science

  24. Absolute Stress Fields in the Source Region of the 1992 Landers Earthquake 査読有り 国際共著

    Terakawa, T; Hauksson, E

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH   123 巻 ( 10 ) 頁: 8874 - 8890   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2018JB015765

    Web of Science

  25. Prestate of Stress and Fault Behavior During the 2016 Kumamoto Earthquake (<i>M</i>7.3) 査読有り

    Matsumoto, S; Yamashita, Y; Nakamoto, M; Miyazaki, M; Sakai, S; Iio, Y; Shimizu, H; Goto, K; Okada, T; Ohzono, M; Terakawa, T; Kosuga, M; Yoshimi, M; Asano, Y

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   45 巻 ( 2 ) 頁: 637 - 645   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2017GL075725

    Web of Science

  26. Overpressurized fluids drive microseismic swarm activity around Mt. Ontake volcano, Japan

    Terakawa, T

    EARTH PLANETS AND SPACE   69 巻   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-017-0671-x

    Web of Science

  27. Source mechanism of a VLP event immediately before the 2014 eruption of Mt. Ontake, Japan 査読有り

    Maeda Y., Kato A., Terakawa T., Yamanaka Y., Horikawa S., Matsuhiro K., Okuda T.

    Earth, Planets and Space   67 巻 ( 187 )   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-015-0358-0

  28. Migration of earthquakes with a small stress drop in the Tanzawa Mountains, Japan 査読有り

    Yamada, T., Yukutake, Y., Terakawa, T., Arai, R.

    Earth, Planets and Space   0 巻 ( 0 ) 頁: 0   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Preparatory and precursory processes leading up to the 2014 phreatic eruption of Mount Ontake, Japan 招待有り 査読有り

    Kato, A., T. Terakawa, Y. Yamanaka, Y. Maeda, S. Horikawa, K. Matsuhiro, and T. Okuda

    Earth, Planets and Space   67 巻   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-015-0288-x

  30. Hypocenter migration and crustal seismic velocity distribution observed for the inland earthquake swarms induced by the 2011 Tohoku-Oki earthquake in NE Japan: implications for crustal fluid distribution and crustal permeability 査読有り

    Okada, T., T. Matsuzawa, N. Umino, K. Yoshida, A. Hasegawa, H. Takahashi, T. Yamada, M. Kosuga, T. Takeda, A. Kato, T. Igarashi, K. Obara, S. Sakai, A. Saiga, T. Iidaka, T. Iwasaki, N. Hirata, N. Tsumura, Y. Yamanaka, T. Terakawa, H. Nakamichi, T. Okuda, S. Horikawa, H. Katao, T. Miura, A. kubo, T. Matsushima, K. Goto, H. Miyamachi

    Geofluids   15 巻 ( 1-2 ) 頁: 293-309   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/gfl.12112

  31. Effects of pore fluid pressure and tectonic stress on diverse seismic activities around the Mt. Ontake volcano, central Japan 査読有り

    Terakawa, T., Y. Yamanaka, H. Nakamichi, T. Watanabe, F. Yamazaki, S. Horikawa, T. Okuda

    Tectonophysics   608 巻   頁: 138-148   2013年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Imaging the source regions of normal faulting sequences induced by the 2011 M9.0 Tohoku-Oki earthquake 査読有り

    Kato, A., T. Igarashi, K. Obara, S. Sakai, T. Takeda, A. Saiga, T. Iidaka, T. Iwasaki, N. Hirata, K. Goto, H. Miyamachi, T. Matsushima, A. Kubo, H. Katao, Y. Yamanaka, T. Terakawa, H.Nakamichi, T. Okuda, S. Horikawa, N. Tsumura, N. Umino, T. Okada, M. Kosuga, H. Takahashi and T. Yamada

    Geophysical Research Letters   40 巻 ( 0 ) 頁: 1-6   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1002/grl.50104

  33. Continuous long-term array analysis of seismic records observed during the 2011 Shinmoedake eruption activity of Kirishima volcano, southwest Japan 査読有り

    Nakamichi, H., Y. Yamanaka, T. Terakawa, S. Horikawa, and T. Okuda

    Earth, Planets and Space   0 巻 ( 0 ) 頁: 0   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. High fluid pressure and triggered earthquakes in the enhanced geothermal system in Basel, Switzerland 査読有り 国際共著

    Journal of Geophysical Research   117 巻 ( B7 ) 頁: 0-0   2012年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Strength of the San Andreas Fault inferred from tectonic loading simulation and CMT data inversion 査読有り

    Terakawa, T. and M. Matsu'ura

    Geophysical Journal International   178 巻   頁: 1663-1676   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. 地震学における応力インバージョンの新展開:CMTデータインバージョン法による応力場の推定 招待有り 査読有り

    寺川寿子・松浦充宏

    地震第2輯60周年記念特集号   61 巻   頁: 339-346   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. CMT data inversion using a Bayesian information criterion to estimate seismogenic stress fields 査読有り

    Terakawa, T. and M. Matsu'ura

    Geophysical Journal International   172 巻   頁: 674-685   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Development of 3-D basement structure in Taiwan deduced from past plate motion: Consistency with the present seismicity 査読有り

    1. Takada, Y., Y. Fukahata, A. Hashima, T. Terakawa, K. Fukui, T. Yanagisawa, Y. Ikeda, G. Kimura, and M. Matsu'ura

    Tectonics   26 巻 ( 3 ) 頁: TC3004   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2006TC001957

▼全件表示

書籍等出版物 4

  1. 科研費パンフレット2021

    寺川寿子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 地震の発生における応力と間隙流体圧の役割)

    日本学術振興会  2021年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:p35  

  2. 私の科学者ライフ

    猿橋賞第21~40回受賞者( 担当: 分担執筆)

    日本評論社  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  3. 新入社員に贈る言葉

    ( 担当: 分担執筆)

    経団連出版  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 図説 地球科学の事典/ 6.2節地震のメカニズムと応力分布

    寺川寿子( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2018年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:236   記述言語:日本語

MISC 1

  1. 地震の発生における応力と流体の役割 招待有り

    寺川寿子  

    地震予知連絡会会報100 巻   頁: 414-415   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

講演・口頭発表等 97

  1. Estimating the background stress field in the source region of the 2016 Kumamoto earthquake based on changes in shear strain energies and coseismic stress rotation 国際会議

    ToshikoTERAKAWA, Kimiyuki ASANO

    AGU Fall Meeting 2023  2023年12月11日  American Geophysical Union

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA   国名:アメリカ合衆国  

  2. 剪断歪エネルギーと応力場の時間変化から推定した2016年熊本地震震源域の絶対応力場

    寺川寿子・浅野公之・浦田優美

    日本地震学会秋季大会2023年  2023年11月1日  日本地震学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月 - 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市  

  3. Estimating the background stress fields in the source region of the 2016 Kumamoto earthquake based on shear strain energy 国際会議

    Toshiko Terakawa, Kimiyuki Asano, Yumi Urata

    IUGG 2023  2023年7月13日  IUGG

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Berlin   国名:ドイツ連邦共和国  

  4. Estimating the background stress fields in the source region of the 2016 Kumamoto earthquake based on shear strain energy 国際会議

    The 6th Japan-Taiwan Workshop on Crustal Dynamics  2023年6月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. 剪断歪エネルギーに基づく2016年熊本地震震源域の背景応力場の推定

    寺川寿子・浅野公之・浦田優美

    日本地球惑星連合大会2023  2023年5月25日  日本地球惑星連合

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  6. 広域応力場からWallace‐Bott 仮説を用いて断層すべ り角を推定する手法の検証

    石辺岳男・寺川寿子・橋間昭徳・望月将志・松浦律子

    日本地震学会秋季大会2022  2022年10月  日本地震学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道・札幌  

  7. CMTデータインバージョン法による長期間地震データによるテクトニック応力場の推定

    寺川寿子・松浦充宏

    日本地球惑星科学連合大会2022  2022年5月27日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉・幕張  

  8. Seasonal modulation in crustal seismicity driven by snow load 国際共著

    JpGU 2022  2022年5月25日  JpGU

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語  

  9. 直接的先験情報を考慮した長期間地震データによるテクトニック応力場の推定

    寺川寿子・松浦充宏

    日本地震学会2021年度秋季大会  2021年10月14日  日本地震学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. 地殻内地震活動とGNSS変位から推定される表層荷重の季節変動性 国際共著

    上田拓・加藤愛太郎・Johnson Christopher・寺川寿子

    日本地震学会2021年度秋季大会  2021年10月14日  日本地震学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  11. 直接的先験情報を取り入れた長期間地震データによる3次元テクトニック応力場の推定

    寺川寿子

    日本地球惑星連合2021年大会  2021年6月3日  日本地球惑星科学連合

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月 - 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  12. 広域三次元応力場ならびに Wallace-Bott 仮説を用いた断層すべり角推定手 法の検証~主要活断層帯を対象として~

    石辺岳男・寺川寿子・橋間昭徳・望月将志・松浦律子

    日本活断層学会 2020 年度秋季学術大会  2020年11月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  13. Investigation on physical mechanisms of the 2017 Pohang earthquake, South Korea 招待有り 国際会議

    Toshiko Terakawa

    2020 International Forum on Pohang Earthquake 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  14. 地殻の絶対応力場の推定を目指して 招待有り

    寺川寿子

    研究集会「The World of Mathematical Physics」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  15. 2017年韓国浦項地震の発生メカニズムの考察

    寺川寿子,Wooseok Seo,Kwang-Hee Kim,Jin-Han Ree

    日本地震学会2020年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  16. 広域三次元応力場ならびに Wallace-Bott 仮説を 用いた断層すべり角推定手法の検証

    石辺 岳男、寺川 寿子、橋間 昭徳、望月 将志、松 浦 律子

    日本地震学会2020年秋季大会  2020年10月31日  日本地震学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  17. 2016年熊本地震による地殻内せん断歪みエネルギー変化の定量評価:余震活 動との関係

    野田 朱美、齊藤 竜彦、福山 英一, 寺川 寿子、田中 佐千子、松浦 充宏

    日本地震学会2020年秋季大会  2020年10月29日  日本地震学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  18. 2016年熊本地震の余震発生における間隙流体圧の影響

    寺川 寿子、中込 広大、松本 聡、堀川 信一郎、熊本地震 合同地震観測グループ

    JpGU-AGU Joint Meeting 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  19. 弾性ポテンシャルエネルギーの分解とエネルギー論的考察に基づく破壊応力規準の意味 国際会議

    松浦充宏・寺川寿子

    JpGU-AGU Joint Meeting 2020  2020年7月13日  JpGU-AGU

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催   国名:日本国  

  20. Validating the Method Estimating Fault Slip Angles by Using the Wallace-Bott Hypothesis and Regional 3D Stress Field

    石辺岳男、松浦 律子、寺川 寿子、橋間 昭徳、望月 将志

    JpGU-AGU Joint Meeting 2020  2020年7月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  21. Elastic strain energy and pore-fluid pressure controling aftershocks 国際会議

    Terakawa, T., M. Matsu'ura, and A. Noda

    AGU Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco., USA   国名:アメリカ合衆国  

  22. 3D pore fluid pressures in the source region of he 2017 Pohang earthquake inferred from earthquake focal mechanisms 招待有り 国際会議

    Terakawa, T.

    International Symposium on Pohang Earthquake 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Seoul, South Korea   国名:大韓民国  

  23. 剪断破壊のエネルギー論的考察に基づく余震発生の評価規準量

    松浦充宏・寺川寿子・野田朱美

    日本地震学会2019年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  24. 弾性歪エネルギーに基づく地震破壊規準による余震の評価 国際会議

    寺川寿子・松浦充宏・野田朱美

    日本地震学会2019年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  25. 2016年熊本地震の余震発生における間隙流体圧の役割

    中込広大・寺川寿子・松本聡・大倉敬宏・今西和俊・吉見雅行・内出崇彦・2016年 熊本地震合同地震観測グループ

    日本地震学会2019年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都   国名:日本国  

  26. Statistical data analysis for earthquake physics 招待有り 国際会議

    Terakawa, T.

    Statsei11 pre-workshop tutorials by the Community Online Resource of Statistical Seismicity Analysis (CORSSA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Hakone, Japan   国名:日本国  

  27. The change in the elastic strain energy due to the 1992 Landers earthquake and triggering mechanisms of aftershock activity 国際会議

    Terakawa, T., M. Matsu'ura, and A. Noda

    11th International Workshop on Statistical Seismology (StatSei11) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hakone, Japan   国名:日本国  

  28. 1992年ランダース地震による弾性歪エネルギーの変化と余震の評価

    寺川寿子・松浦充宏・野田朱美

    日本地球惑星連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ,千葉   国名:日本国  

  29. 波形相関処理を用いた2007年御嶽山噴火日推定の試み

    西嶋就平・寺川寿子・堀川信一郎

    日本地球惑星連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ,千葉   国名:日本国  

  30. Modeling and Estimating the 3D Absolute Stress Field Using Earthquake Focal Mechanism Solutions 国際会議

    Terakawa, T., and E. Hauksson

    The Second International Symposium on Crustal Dynamics (ISCD-2)-Toward integrated view of island arc seismogenesis 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto University   国名:日本国  

  31. 3D Absolute Stress Fields in the Source Region of the 1992 Landers Earthquake 国際会議

    Terakawa, T., and E. Hauksson

    AGU Fall Meeting 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington D.C. USA   国名:アメリカ合衆国  

  32. 地震の発生における応力と間隙流体圧の役割

    寺川寿子

    名古屋大学多元数理研究科談話会  2018年11月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語  

  33. ウォレスーボット仮説の理論的背景

    松浦充宏・野田朱美・寺川寿子

    日本地震学会2018年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. 1992年ランダース地震震源域の絶対応力場

    寺川寿子・Egill Hauksson

    日本地震学会2018年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:郡山   国名:日本国  

  35. 弾性・非弾性歪み解析を用いた地震間の応力蓄積・解放の推定:別府ー島原地溝帯周辺域への適用

    野田朱美・齊藤竜彦・福山英一・寺川寿子・松浦充宏

    日本地震学会2018年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:郡山   国名:日本国  

  36. 間隙流体圧をパラメータとした絶対応力場のモデル化と推定 招待有り 国際会議

    寺川寿子

    東濃地震科学研究所・平成30年度第1回地殻活動研究委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:瑞浪   国名:日本国  

  37. Roles of tectonic stress and pore fluid pressure in earthquake generation 招待有り 国際会議

    Toshiko Terakawa

    2nd Asia-Pacific Workshop on Lithosphere and Mantle Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Yokohama, Japan   国名:日本国  

  38. 地震の発生における応力と間隙流体圧の役割

    寺川寿子

    名古屋大学大学院環境学研究科主催・猿橋賞記念講演会  2018年7月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語  

  39. 3D tectonic stress stress field in and around Japan inferred from CMT data inversion 招待有り 国際会議

    Toshiko Terakawa

    AOGS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Hawaii   国名:アメリカ合衆国  

  40. モーメントテンソル再考:二つの異なる表現とその物理的意味 国際会議

    松浦充宏・野田朱美・寺川寿子

    日本地球惑星連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  41. 1992年ランダース地震震源域の絶対応力場 国際会議

    寺川寿子・Egill Hauksson

    日本地球惑星連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  42. CMTデータインバージョン法による応力場の推定と誤差評価:東北地方太平洋沖地震前後の応力場の解析例

    寺川寿子

    日本地震学会2017年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市   国名:日本国  

  43. 小型軽量地震テレメータ装置の開発−長 野県南部の地震の余震観測での活用−

    堀川信一郎, 山中佳子, 寺川寿子・, 前田裕太, 奥田隆, 荻原宏 之, 柏渕和信, 山口充孝, 五十嵐竜也, 木村高志

    日本地震学会2017年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市   国名:日本国  

  44. Monitoring eruption activity using temporal stress changes at Mount Ontake volcano 国際会議

    Terakawa, T., Y. Yamanaka, Y. Maeda, S. Horikawa, and T. Okuda

    IASPEI 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  45. 御嶽山周辺の群発地震発生域の間隙流体圧分布の再評価

    寺川寿子

    日本地球惑星科学連合2017年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉市   国名:日本国  

  46. プレート沈み込み帯のテクトニック応力場:基本的考え方 国際会議

    松浦充宏・野田朱美・寺川寿子・深畑幸俊

    日本地球惑星科学連合2017年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. 応力場の時間変化に基づく御獄火山のモニタリング

    寺川寿子・山中佳子・前田裕太・堀川信一郎・松廣健二郎・奥田隆

    日本地震学会2016秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. Temporal stress changes at Mt. Ontake volcano

    Terakawa, T.

    Crustal Dynamics 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. 傾斜波形解析から示唆される御嶽山2014年噴火の浸透率増大モデル

    前田裕太・加藤愛太郎・寺川寿子・山中佳子・堀川信一郎・松廣健二郎・奥田隆

    日本地球惑星連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張   国名:日本国  

  50. 応力場の時間変化に基づく御獄火山のモニタリング

    寺川寿子・加藤愛太郎・前田裕太・山中佳子・堀川信一郎・松廣健二郎・奥田隆

    日本地球惑星連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張   国名:日本国  

  51. 応力場の時間変化に基づく御獄火山のモニタリング

    寺川寿子・加藤愛太郎・山中佳子・前田裕太・堀川信一郎・松廣健二郎・奥田隆

    平成27年度「災害軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」成果報告シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  52. Monitoring eruption activity from temporal stress changes at Mt. Ontake volcano, Japan 国際会議

    Terakawa T., A. Kato, Y. Yamanaka, Y. Maeda, S. Horikawa, K. Matsuhiro, and T. Okuda

    AGU 2015 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  53. 応力場の時間変化に基づく御獄火山のモニタリング

    寺川寿子

    (公財)地震予知総合研究振興会・東濃地震科学研究所・平成27年度第2回地殻活動研究委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:瑞浪   国名:日本国  

  54. 応力データインバージョンにより推定した伊豆半島域のプレート間衝突率

    橋本千尋・寺川寿子

    日本地震学会2015年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  55. 応力場の時間変化に基づく御獄火山のモニタリング

    寺川寿子・加藤愛太郎・山中佳子・前田裕太・堀川信一郎・松廣健二郎・奥田隆

    日本地震学会2015年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  56. 地震・傾斜波形解析から推定される御嶽山2014年水蒸気噴火の初期過程

    前田裕太・加藤愛太郎・寺川寿子・山中佳子・古本宗充・山岡耕春・堀川信一郎・松廣健二郎・奥田隆

    日本火山学会2015年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月 - 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山   国名:日本国  

  57. Evolution of pore fluid pressures in the Basel EGS inferred from earthquake focal mechanisms 国際会議

    Terakawa, T., N. Deichmann, and S. A. Miller

    26th IUGG General Assembly 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月 - 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:チェコ共和国  

  58. 2014年御獄山噴火に伴う地震活動の時空間発展

    加藤愛太郎・寺川寿子・山中佳子・前田裕太・堀川信一郎・松廣健二郎・奥田隆

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  59. 間隙流体圧場の時間発展解析に基づく地震発生メカニズムの考察

    寺川寿子・Nicholas Deichmann

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  60. 低応力降下量と震源の移動が示唆する2012年丹沢山地クラスター地震活動の原因

    山田卓司・行竹洋平・寺川寿子・新井隆太

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  61. 2014年御獄山噴火に伴う地震メカニズム解の時間変化

    寺川寿子・加藤愛太郎・山中佳子・前田裕太・堀川信一郎・松廣健二郎・奥田隆

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  62. Evolution of pore fluid pressures in a stimulated geothermal reservoir inferred from earthquake focal mechanisms 国際会議

    Terakawa, T., N. Deichmann, and S. A. Miller

    AGIS Workshop on Induced Seismicity 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スイス連邦  

  63. 2014年御獄山噴火に伴う地震メカニズムの時間変化

    寺川寿子・加藤愛太郎・山中佳子・前田裕太・堀川信一郎・松廣健二郎・奥田隆

    御嶽山2014年噴火 科学研究費研究集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  64. Evolution of pore fluid pressures in a stimulated geothermal reservoir inferred from earthquake focal mechanisms 国際会議

    Terakawa, T., and N. Deichmann

    AGU 2014 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  65. 地震メカニズムトモグラフィー法によるバーゼル地熱貯留層での間隙流体圧分布の時間発展解析

    寺川寿子・Nicholas Deichmann

    日本地震学会2014年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  66. 応力データインバージョンによる収束型プレート境界に於ける衝突率の推定

    橋本千尋・寺川寿子

    日本地震学会2014年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  67. 2014年御嶽山噴火に伴う地震活動および地震波の解析結果序報

    48. 前田裕太・寺川寿子・加藤愛太郎・山中佳子・古本宗充・山岡耕春・堀川信一郎・松廣健二郎・奥田隆

    日本火山学会2014年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  68. プレート境界の摩擦強度が支配する沈み込み帯のテクトニック応力場

    松浦充宏・野田朱美・寺川寿子・深畑幸俊

    日本地球惑星科学連合2014年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. Effects of pore fluid pressure and tectonic stress on diverse seismic activities around the Mt. Ontake volcano, central Japan 国際会議

    Terakawa, T., Y. Yamanaka, H. Nakamichi, T. Watanabe, F. Yamazaki, S. Horikawa, T. Okuda

    AGU Fall Meeting 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  70. 地震メカニズムトモグラフィー法によるバーゼル地熱貯留層での間隙流体圧分布の時間発展解析

    寺川寿子・Stephen A. Miller

    日本地震学会2013年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川県民ホール(横浜市)   国名:日本国  

  71. 沈み込み帯のプレート境界強度とテクトニック応力場

    松浦充宏・野田朱美・寺川寿子

    日本地震学会2013年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. Changes in Seismic Activity Following the 2011 Tohoku-oki Earthquake: Effects of Pore Fluid Pressure 国際会議

    Terakawa, T., C. Hashimoto, M. Matsu'ura

    Knowledge for the future IAHS-IAPOSO-IASPEI IUGG 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:スウェーデン王国  

  73. 地震の発生における応力と流体の役割:2011年東北地方太平洋沖地震による誘発地震の発生を例に

    寺川寿子

    日本地球惑星科学連合2013年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  74. 地震メカニズムトモグラフィー法によるバーゼル地熱貯留槽での間隙流体圧分布の推定

    寺川寿子, Stephen A. MILLER, Nicholas DEICHMANN

    日本地球惑星連合2013年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉,幕張   国名:日本国  

  75. High fluid pressure and triggered earthquakes in the enhanced geothermal system in Basel, Switzerland

    15. Terakawa, T., Miller, S. A., and Deichmann

    10th International Workshop on Water Dynamics & ICDP Japan Beyond-Brittle Project 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tohoku University   国名:日本国  

  76. Changes in Seismic Activity Following the 2011 Tohoku-oki Earthquake: Effects of Pore Fluid Pressure 国際会議

    Terakawa, T., C. Hashimoto, M. Matsu'ura

    CORSSA (the Community Online Resource for Statistical Seismicity Analysis) 2.0 Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The Institude of Statistical Mathematics   国名:日本国  

  77. 地震メカニズムトモグラフィー法による御嶽山周辺域の3D間隙流体圧分布

    寺川寿子

    (公財)地震予知総合研究振興会・東濃地震科学研究所・平成24年度第2回地殻活動委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:(公財)地震予知総合研究振興会・東濃地震科学研究所   国名:日本国  

  78. Changes in Seismic Activity Following the 2011 Tohoku-oki Earthquake: Effects of Pore Fluid Pressure 国際会議

    Terakawa, T., C. Hashimoto, M. Matsu’ura

    AGU 2012 Fall Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA   国名:日本国  

  79. Changes in Seismic Activity Following the 2011 Tohoku-oki Earthquake: Effects of Pore Fluid Pressure 国際会議

    Terakawa, T., C. Hashimoto, M. Matsu’ura

    The 8th ACES International Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Maui, USA   国名:日本国  

  80. 2011年東北地方太平洋沖地震による余震・誘発地震発生メカニズムの多様性

    寺川寿子

    日本地球惑星科学連合2012年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:千葉,幕張メッセ   国名:日本国  

  81. 山頂を挟む東西地震計アレイでみた2011年新燃岳噴火活動

    37. 山中佳子・中道治久・寺川寿子・奥田隆・堀川信一郎・山崎文人・松本聡・清水洋

    日本地球惑星科学連合2012年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉,幕張メッセ   国名:日本国  

  82. High fluid pressure and triggered earthquakes in the enhanced geothermal system in Basel, Switzerland

    International Symposium on Statistical Modeling and Real-time Probability Forecasting for Earthquakes 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:統計数理研究所   国名:日本国  

  83. 東北地方太平洋沖地震による誘発地震の発生メカニズム

    寺川寿子

    連動性研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  84. L’Aquila地震の特徴

    寺川寿子

    貯留層から発生する微小地震に関するWS 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学工学部・機械知能研究棟   国名:日本国  

  85. High fluid pressure and triggered earthquakes in the enhanced geothermal system in Basel, Switzerland 国際会議

    Terakawa, T., S.A. Miller, N. Deichmann

    AGU Fall meeting 2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, USA   国名:アメリカ合衆国  

  86. 地震のCMTデータから推定される日本列島域の3次元テクトニック応力場

    寺川寿子

    日本地震学会2011年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:静岡県コンベンションツアーセンター グランシップ   国名:日本国  

  87. 島弧地殻の非弾性変形と内陸地震の発生:背景としてのテクトニック応力場

    松浦充宏・野田朱美・寺川寿子・橋本千尋・尾形良彦

    日本地震学会2011年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡県コンベンションツアーセンター グランシップ   国名:日本国  

  88. 東北地方太平洋沖地震による誘発地震の発生メカニズム

    寺川寿子・橋本千尋・尾形良彦・松浦充宏

    日本地震学会2011年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡県コンベンションツアーセンター グランシップ   国名:日本国  

  89. 地震のCMTデータから推定される日本列島域の3次元テクトニック応力場

    寺川寿子

    京都大学防災研究所,地震予知センター,地震・火山研究グループ研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学防災研究所   国名:日本国  

  90. 地震計・傾斜計で見た2011年新燃岳噴火活動

    中道治久, 寺川寿子, 山中佳子, 吉本昌弘, 上田英樹, 河野裕希, 棚田俊收, 松島 健, 松澤孝紀, 山崎文人,奥田 隆, 堀川信一郎

    日本地球惑星連合2011年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  91. Roles of tectonic stress and pore fluid pressure in earthquake generation 国際会議

    Toshiko Terakawa

    NU-NCKU-IES Joint Workshop on Crustal Dynamics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  92. 日本列島域のプレート間カップリング,地殻応力,及び造構造運動

    松浦充宏・橋本千尋・寺川寿子・野田朱美

    日本地震学会2010秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  93. 地震の発生に果たすテクトニック応力と間隙水圧の役割

    寺川寿子・Stephen Miller・松浦充宏

    日本地震学会2010秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島   国名:日本国  

  94. Interplate coupling, crustal stress pattern, and present-day tectonic motion in Japan 国際会議

    Matsu'ura, M., Hashimoto, C., Terakawa, T., and Noda, A.

    7th ACES International Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  95. Roles of tectonic stress and pore fluid pressure for earthquake generation 国際会議

    Terakawa, T., Miller, S. A., and Matsu'ura, M.

    7th ACES International Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  96. 地震の発生における応力と水の役割

    22. 寺川寿子

    研究集会・新たな地殻活動観測の展開 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学地震研究所   国名:日本国  

  97. 地震メカニズムトモグラフィーによる2009年ラクイラ地震・震源域の3次元流体圧分布

    寺川 寿子, Anna Zoporowski, Boris Galvan1, Stephen A. Miller

    日本地球惑星科学連合2010年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 長期間地震データによる日本列島域のテクトニック応力場の推定

    2023年12月 - 2024年11月

    地震研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:1000000円

科研費 7

  1. 地震活動の統計解析に基づく絶対応力場の推定

    研究課題/研究課題番号:24K07173   2024年4月 - 2029年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤C

    寺川寿子・浦田優美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

  2. 島弧地殻の変形特性解明によるテクトニクスの総合理解

    研究課題/研究課題番号:23H01270  2023年4月 - 2028年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    鷺谷 威, 寺川 寿子, 松多 信尚, MenesesーGutierrezAngelaDelValle

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    活動的なプレート境界である日本列島では顕著な地殻変動が生じる。地殻変動データは完全弾性体を仮定して解釈されてきたが、近年の研究により島弧地殻が非弾性的な振る舞いをすることが明らかとなった。本研究では、島弧変形の理解を深めるため、地殻変形の構成関係(応力とひずみの関係)を推定するとともに、地殻変動に加えて地震学的な応力場および長期変形データを考慮した新手法により、非弾性変形と弾性変形を分離し、その空間的な分布を推定する。多様な時空間スケールの変形場および応力場との関係を考慮した地殻変動の解釈を通して、日本列島のテクトニクスの総合的な理解と新たな地殻変動学の構築を目指す。

  3. 平成30年北海道胆振東部地震とその災害に関する総合調査

    研究課題/研究課題番号:18K19952  2018年10月 - 2019年3月

    高橋 浩晃

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    平成30年北海道胆振東部地震とその災害に関する総合調査を実施した。大きな人的被害を出した厚真町の同時多発斜面崩壊では、周辺火山の噴火により厚く堆積した火砕降下物の底面に粘土化したすべり面が確認された。震源近くでは距離減衰式より大きな速度加速度が観測され、むかわ町の建物被害は地盤構造による地震動の増幅が影響しいる可能性が示された。札幌市内の住宅地で発生した液状化は、密度の小さな火山灰での谷埋め盛土と高い地下水位が関与している可能性が示された。道内全域停電が社会インフラや社会経済活動に与えた実態が明らかにされた。住民も対象とした成果報告会を開催し研究成果の社会還元を行った。
    災害は複合的な要因が複雑に相互作用して発生する。今回の地震では、同時多発斜面崩壊により大きな人的被害が出た。崩壊の可能性がある地質や地形が事前に把握できれば、災害リスクの評価が一定程度行える可能性が示された。住宅地の液状化については、盛土材料と地下水位が発生に大きく関与している可能性が示された。降下火砕物が表層に堆積した地域が広範囲にあり、また、盛土地盤も多く存在する。今回の研究で明らかになった特性は、広く一般的に活用できる知見であり、地震による地盤災害の軽減に向けて貢献できる成果であると考える。また、住民も対象とした成果報告会には150名の参加があり研究成果の社会還元を行うことが出来た。

  4. 日本列島域の三次元絶対応力場の推定

    2018年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    寺川寿子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 理論と観測に基づく東北日本弧・プレート境界面の絶対強度の推定

    2014年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    東北日本弧沈み込み帯での応力蓄積モデルの構築とそれに基づく絶対応力場の数値計算と地震のデータ解析を通じて,プレート境界面の摩擦係数と断層強度を推定することを目指す.

  6. 巨大海台衝突に伴う北部琉球弧のプレート間固着の研究

    2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    古本宗充

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  7. 地震メカニズムトモグラフィーによる地殻内三次元間隙流体圧場の時間発展解析

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 33

  1. 地球惑星科学セミナー I

    2023

     詳細を見る

    理学部地球惑星科学科3年生の授業で,英語のテキストの輪講と英語教材の発表を指導する.

  2. 地球ダイナミクス

    2022

  3. 地球惑星物理学実験法及び実験I

    2022

  4. 地球惑星ダイナミクスセミナー2F

    2021

  5. 地球惑星ダイナミクスセミナー1F

    2021

  6. 地球惑星ダイナミクスセミナー2D

    2021

  7. 地球惑星ダイナミクスセミナー1B

    2021

  8. 地球惑星ダイナミクスセミナー2B

    2021

  9. 地球惑星ダイナミクスセミナー1A

    2021

  10. 地球ダイナミクス

    2021

  11. 地球惑星物理学実験法および実験I

    2021

  12. 地球ダイナミクス

    2020

  13. 地球惑星科学概論

    2020

  14. 地球惑星ダイナミクスセミナー2

    2020

  15. 地球惑星ダイナミクスセミナー1

    2020

  16. 地球惑星物理学実験I

    2019

  17. 地球ダイナミクス

    2019

  18. 基礎セミナーA

    2019

     詳細を見る

    ジオパークを楽しむオリジナル旅を企画しよう!

  19. 地球惑星物理学実験Ⅰ

    2018

  20. 地球ダイナミクス

    2018

  21. 地球惑星科学概論

    2018

  22. 地球ダイナミクス

    2017

  23. 地球惑星科学概論

    2017

  24. 地球惑星物理学実験Ⅱ

    2017

  25. 地球惑星科学セミナーⅠ

    2016

  26. 地球惑星科学概論

    2016

  27. 地球惑星科学実験Ⅱ

    2016

  28. 地球惑星物理学実験Ⅱ

    2015

     詳細を見る

    地震波形の解析を通じて御獄山周辺域の地震活動とその発生メカニズムについて理解することを目指した実験.

  29. 地球惑星物理学実験Ⅱ

    2014

     詳細を見る

    地震波形の解析を通じて桜島マグマを探る実験.

  30. 地球惑星物理学実験Ⅱ

    2013

  31. 地球惑星物理学実験Ⅱ

    2012

  32. 地球惑星物理学実験Ⅱ

    2011

  33. 地球惑星物理学実験Ⅰ

    2010

▼全件表示

 

社会貢献活動 10

  1. 大阪倶楽部定例午餐会

    役割:講師

    大阪倶楽部  2018年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

  2. 科学技術振興機構「Science Window」カガクのめばえ

    役割:情報提供

    科学技術振興機構  「Science Window」カガクのめばえ  2018年8月 - 2018年10月

  3. 教育情報誌『ドリームナビ』巻頭インタビュー

    教育情報誌『ドリームナビ』  2018年7月 - 2018年8月

  4. 名古屋大学理学部広報誌「理」巻頭エッセイ執筆

    役割:寄稿

    名古屋大学理学部  「理」巻頭エッセイ  2018年6月

  5. 名古屋大学サイエンスカフェ「地震データから御嶽火山の声を聴く」

    役割:講師

    名古屋大学環境学研究科地球環境科学専攻主催  サイエンスカフェ  2016年6月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

  6. 愛知県立豊田西高等学校「豊西総合大学」講師

    2015年11月

     詳細を見る

    環境学講座「地震発生のメカニズム」

  7. 地震学夏の学校

    2013年9月

  8. 愛知県防災会議地震部会・報告書「地震と水」執筆

    2011年3月

  9. 平成22年度岩盤応力に関する研究委員会

    2010年12月

     詳細を見る

    講演

  10. せいれい高等学校 2010年度土曜セミナー

    2010年10月

▼全件表示

メディア報道 13

  1. 優れた女性科学者を表彰する猿橋賞を受賞した地震学者 新聞・雑誌

    共同通信社  岐阜新聞,徳島新聞,神戸新聞,岩手新聞,南日本新聞,東奥日報,秋田さきがけ,京都新聞,沖縄タイムス,長崎新聞,山陰中央新聞,西日本新聞,信濃毎日,佐賀新聞,山形新聞,北國新聞,北日本新聞,茨城新聞,静岡新聞  2018年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  2. 第38回猿橋賞を受賞した名古屋大講師 新聞・雑誌

    毎日新聞  ひと  2018年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  3. 女性科学者に贈られる「猿橋賞」受賞 新聞・雑誌

    読売新聞  顔  2018年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  4. 地震の一因となる地下水の圧力推定で猿橋賞を受ける 新聞・雑誌

    朝日新聞  ひと  2018年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  5. 猿橋賞 名大講師寺川さん 新聞・雑誌

    朝日新聞  社会面  2018年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  6. 猿橋賞に名大・寺川寿子講師 新聞・雑誌

    毎日新聞  社会面  2018年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  7. 猿橋賞に名古屋大の寺川寿子さん 新聞・雑誌

    産経新聞  社会面  2018年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  8. 地震と水の関係分析 新聞・雑誌

    日本経済新聞  社会面  2018年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  9. 御獄山噴火,水蒸気噴火予知に光 名大チーム 新聞・雑誌

    毎日新聞  2016年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  10. 御獄山噴火前の地震 特徴判明 名古屋大 新聞・雑誌

    中日新聞  2016年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  11. 御獄山の噴火前直前,地盤伸びる方向の火山性地震が増加 新聞・雑誌

    朝日新聞  2016年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  12. 獄山 噴火後 地盤への力変化 名大発表 新聞・雑誌

    読売新聞  2016年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  13. 地震分析で猿橋賞の名大講師 新聞・雑誌

    中日新聞,東京新聞  この人 

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

▼全件表示

学術貢献活動 1

  1. 科研費審査員

    役割:審査・評価

    日本学術振興会  2019年4月 - 2021年12月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言