2022/04/12 更新

写真a

マツシタ ミチオ
松下 未知雄
MATSUSHITA, Michio m.
所属
大学院理学研究科 理学専攻 化学 准教授
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(学術) ( 1997年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 可塑性をもつ分子システム

  2. 有機スピントロニクス

研究分野 2

  1. ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 分子磁性

  2. ナノテク・材料 / 有機機能材料  / 分子エレクトロニクス

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 有機磁性ー導電性共存系

  2. 可塑性をもつ有機導電性結晶

経歴 7

  1. 名古屋大学   大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)   准教授

    2008年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 東京大学   大学院総合文化研究科広域科学専攻相関基礎科学系   助教

    2007年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 東京大学   大学院総合文化研究科 広域科学専攻 相関基礎科学系   助手

    2000年11月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 科学技術振興事業団さきがけ研究21「状態と変革」   研究員

    1999年10月 - 2002年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 東京都立大学   大学院工学研究科応用化学専攻   助手

    1998年4月 - 2000年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 東京都立大学   大学院工学研究科工業化学専攻   助手

    1997年7月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 日本学術振興会特別研究員

    1997年4月 - 1997年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 東京大学   総合文化研究科   広域科学専攻 相関基礎科学系

    1994年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   理学系研究科   相関理化学専攻

    1992年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 千葉大学   理学部   化学科

    1988年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本化学会

  2. 高分子学会

  3. 光化学協会

  4. 分子科学会

  5. 日本物理学会

  6. 有機結晶部会

  7. 分子アーキテクトニクス研究会

▼全件表示

受賞 1

  1. 平成20年度分子科学会奨励賞

    2008年9月   分子科学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    受賞研究題目:有機ラジカルのスピンに基づく磁性-導電性共存系の構築

 

論文 58

  1. Stabilization of Interfacial Polarization and Induction of Polarization Hysteresis in Organic MISIM Devices

    Yokokura Seiya, Tomimatsu Akihiro, Ishiguro Jun, Harada Jun, Takahashi Haruka, Takahashi Yukihiro, Nakamura Yuto, Kishida Hideo, Suizu Rie, Matsushita Michio M., Awaga Kunio

    ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   13 巻 ( 27 ) 頁: 31928 - 31933   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1021/acsami.1c08417

    Web of Science

  2. Electric and Thermosalient Properties of a Charge-Transfer Complex Exhibiting a Minor Valence Instability Transition

    Takahashi Yukihiro, Kondo Tsubasa, Yokokura Seiya, Takehisa Mika, Harada Jun, Inabe Tamotsu, Matsushita Michio M., Awaga Kunio

    CRYSTAL GROWTH & DESIGN   20 巻 ( 7 ) 頁: 4758 - 4763   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1021/acs.cgd.0c00516

    Web of Science

  3. Chemical potentials of electric double layers at metal-electrolyte interfaces: dependence on electrolyte concentration and electrode materials, and application to field-effect transistors

    Nanjo Chihiro, Yokogawa Daisuke, Matsushita Michio M., Awaga Kunio

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   22 巻 ( 22 ) 頁: 12395 - 12402   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1039/d0cp00423e

    Web of Science

  4. High Ambipolar Mobility in a Neutral Radical Gold Dithiolene Complex

    Mizuno Asato, Benjamin Helen, Shimizu Yasuhiro, Shuku Yoshiaki, Matsushita Michio M., Robertson Neil, Awaga Kunio

    ADVANCED FUNCTIONAL MATERIALS   29 巻 ( 42 )   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/adfm.201904181

    Web of Science

  5. Ionic liquid thin layer-induced memory effects in organic field-effect transistors

    Eguchi Keitaro, Matsushita Michio M., Awaga Kunio

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   21 巻 ( 35 ) 頁: 18823 - 18829   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1039/c9cp01647c

    Web of Science

  6. Rate-determining process in MISIM photocells for optoelectronic conversion using photo-induced pure polarization current without carrier transfer across interfaces

    Tomimatsu Akihiro, Yokokura Seiya, Reissig Louisa, Dalgleish Simon, Matsushita Michio M., Awaga Kunio

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   21 巻 ( 25 ) 頁: 13440 - 13445   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1039/c9cp01221d

    Web of Science

  7. Electron Highways into Nanochannels of Covalent Organic Frameworks for High Electrical Conductivity and Energy Storage

    Wu Yang, Yan Dongwan, Zhang Zhongyue, Matsushita Michio M., Awaga Kunio

    ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   11 巻 ( 8 ) 頁: 7661-7665   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsami.8b21696

    Web of Science

  8. In Situ Real-Time Measurements for Ambipolar Channel Formation Processes in Organic Double-Layer Field-Effect Transistors of CuPc and F16CuPc

    Eguchi Keitaro, Matsushita Michio M., Awaga Kunio

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   122 巻 ( 45 ) 頁: 26054-26060   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.8b08744

    Web of Science

  9. Multifunctional Dithiadiazolyl Radicals: Fluorescence, Electroluminescence, and Photoconducting Behavior in Pyren-1 '-yl-dithiadiazolyl

    Beldjoudi Yassine, Nascimento Mitchell A., Cho Yong Joo, Yu Hyeonghwa, Aziz Hany, Tonouchi Daiki, Eguchi Keitaro, Matsushita Michio M., Awaga Kunio, Osorio-Roman Igor, Constantinides Christos P., Rawson Jeremy M.

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   140 巻 ( 20 ) 頁: 6260-6270   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.7b12592

    Web of Science

  10. Influence of Air Exposure on Photocarrier Generation in Amorphous and Phase II Thin Films of Titanyl Phthalocyanine

    Eguchi Keitaro, Imai Yoshiaki, Matsushita Michio M., Awaga Kunio

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   122 巻 ( 14 ) 頁: 7731-7736   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.8b00290

    Web of Science

  11. Giant negative magnetoresistance in Ni(quinoline-8-selenoate)(2)

    Black Nicholas, Daiki Tonouchi, Matsushita Michio M., Woollins J. Derek, Awaga Kunio, Robertson Neil

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   20 巻 ( 1 ) 頁: 514-519   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7cp06273g

    Web of Science

  12. 3D Spin-Liquid State in an Organic Hyperkagome Lattice of Mott Dimers

    Mizuno Asato, Shuku Yoshiaki, Matsushita Michio M., Tsuchiizu Masahisa, Hara Yuuki, Wada Nobuo, Shimizu Yasuhiro, Awaga Kunio

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   119 巻 ( 5 )   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.119.057201

    Web of Science

  13. Negative differential resistance in the Peierls insulating phases of TTF-TCNQ

    Tonouchi Daiki, Matsushita Michio M., Awaga Kunio

    PHYSICAL REVIEW B   96 巻 ( 4 )   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevB.96.045116

    Web of Science

  14. Fluorination induced electronic effects on a Pt(II) square-planar complex of the o-phenylenediimine ligand

    Pilia L., Matsushita M. M., Awagac K., Robertson N.

    NEW JOURNAL OF CHEMISTRY   41 巻 ( 13 ) 頁: 5487-5492   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7nj00394c

    Web of Science

  15. Molecular and thin film properties of cobalt half-sandwich compounds for optoelectronic application

    Reinhardt Maxwell, Dalgleish Simon, Shuku Yoshiaki, Reissig Louisa, Matsushita Michio M., Crain Jason, Awaga Kunio, Robertson Neil

    PHYSICAL CHEMISTRY CHEMICAL PHYSICS   19 巻 ( 9 ) 頁: 6768-6776   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c6cp08685c

    Web of Science

  16. Cycle of charge carrier states with formation and extinction of a floating gate in an ambipolar tetracyanoquaterthienoquinoid-based field-effect transistor

    Itoh Takuro, Toyota Taro, Higuchi Hiroyuki, Matsushita Michio M., Suzuki Kentaro, Sugawara Tadashi

    CHEMICAL PHYSICS LETTERS   671 巻   頁: 71-77   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cplett.2017.01.018

    Web of Science

  17. A perovskite based plug and play AC photovoltaic device with ionic liquid induced transient opto-electronic conversion 査読有り

    S. Karak, C. Nanjo, M. Odaka, K. Yuyama, G. Masuda, M. M. Matsushita, K. Awaga

    Journal of Materials Chemistry A   4 巻   頁: 9019-9028   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Energy levels of metal porphyrins upon molecular alignment during layer-by-layer electrostatic assembly: scanning tunneling spectroscopy vis-´a-vis optical spectroscopy 査読有り

    B. Kundu, S. Chakrabarti, M. M. Matsushita, A. J. Pal

    RSC Advances   6 巻   頁: 47410-47417   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Electrochemical deposition of highly-conducting metal dithiolene films 査読有り

    E. Allwright, G. Silber, J. Crain, M. M. Matsushita, K. Awaga, N. Robertson

    Dalton Transactions   45h 巻   頁: 9363-9368   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Transport characteristics of the organic field-effect transistors based on charge transfer complex as semiconductors 査読有り

    S. Yokokura, Y. Takahashi, H. Hasegawa, J. Harada, T. Inabe, M. M. Matsushita, K. Awaga

    Journal of Nanoscience and Nanotechnology   16 巻   頁: 3355-3359   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Discovery of the K4 Structure Formed by a Triangular π Radical Anion 査読有り

    A. Mizuno, Y. Shuku, R. Suizu, M. M. Matsushita, M. Tsuchiizu, D. M. Reta, F. Illas, V. Robert, K. Awaga

    J. Am. Chem. Soc.   137 巻   頁: 7612-7615   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Photocurrent Generation in Organic Photodetectors with Tailor-Made Active Layers Fabricated by Layer-by-Layer Deposition

    B. Vonhoeren, S. Dalgleish,L. Hu, M. M. Matsushita, K. Awaga, B. J. Ravoo

    ACS Appl. Mater. Interfaces   7 巻   頁: 7049-7053   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Organic optoelectronic interfaces with anomalous transient photocurrent 査読有り

    L. Hu, X. Liu, S. Dalgleish, M. M. Matsushita, H. Yoshikawa, K. Awaga

    J. Mater. Chem. C.   3 巻   頁: 5122-5135   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Factors Affecting the Stability and Performance of Ionic Liquid-Based Planar Transient Photodetectors

    S. Dalgleish, L. Reissig, L. Hu, M. M. Matsushita, Y, Sudo, K. Awaga

    Langmuir   31 巻   頁: 5235-5243   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Switching of Transfer Characteristics of an Organic Field-Effect Transistor by Phase Transitions: Sensitive Response to Molecular Dynamics and Charge Fluctuation 査読有り

    S. Yokokura, Y. Takahashi, H. Nonaka, H. Hasegawa, J. Harada, T. Inabe, R. Kumai, H. Okamoto, M. M. Matsushita, K. Awaga

    Chem. Mater.   27 巻   頁: 4441-4449   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. A new metal-organic hybrid material with intrinsic resistance-based bistability: monitoring in situ room temperature switching behavior 査読有り

    Zhongyue Zhang, Hanhua Zhao, Michio M. Matsushita, Kunio Awaga, and Kim R Dunbar

    J. Mater. Chem. C   2 巻   頁: 399-404   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Giant Magnetoresistance in a Molecular Thin Film as an Intrinsic Property 査読有り

    Luca Pilia, Michele Serri, Michio M. Matsushita, Kunio Awaga, Sandrine Heutz, and Neil Robertson

    Adv. Func. Mater.   24 巻   頁: 2383-2388   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Storage of an electric field for photocurrent generation in ferroelectric-functionalized organic devices 査読有り

    Laigui Hu, Simon Dalgleish, Michio M. Matsushita, Hirofumi Yoshikawa, and Kunio Awaga

    Nature Commun.   5 巻   頁: 4279/1-4279/8   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Electron-transfer processes in highly-correlated electron systems of thiazyl radicals 査読有り

    Kunio Awaga, Kenji Nomura, Hideo Kishida, Wataru Fujita, Hirofumi Yoshikawa, Michio M. Matsushita, Laigui Hu, Yoshiaki Shuku, and Rie Suizu

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   87 巻   頁: 234-249   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Thiadiazole dioxide-fused picene: acceptor ability, anion radical formation, and n-type charge transport characteristics 査読有り

    Yongfa Xie, Yoshiaki Shuku, Michio M. Matsushita, and Kunio Awaga

    Chem. Commun.   50 巻   頁: 4178-4180   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Chemical control of the monovalent-divalent electron-transfer phase transition in biferrocenium-TCNQ salts 査読有り

    Tomoyuki Mochida, Yusuke Funasako, Kousuke Takazawa, Masashi Takahashi, Michio M. Matsushita, and Tadashi Sugawara

    Chem. Commun.   50 巻   頁: 5473-5475   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Ambipolar Transport in Phase-Separated Thin Films of p- and n-Type Vanadylporphyrazines with Two-Dimensional Percolation 査読有り

    Chihiro Nanjo, Takuya Fujimoto, Michio M. Matsushita, and Kunio Awaga

    J. Phys. Chem. C   118 巻   頁: 14142-14149   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Synthesis, optical properties and charge transport characteristics of a series of novel thiophene-fused phenazine derivatives 査読有り

    Y. Xie, T. Fujimoto, S. Dalgleish, Y. Shuku, M. M. Matsushita, and K. Awaga

    J. Mater. Chem. C   1 巻   頁: 3467-3481   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Ambipolar Carrier Injections Governed by Electrochemical Potentials of Ionic Liquids in Electric-Double-Layer Thin-Film Transistors of Lead- and Titanyl-Phthalocyanine 査読有り

    T. Fujimoto, M. M. Matsushita, and K. Awaga

    J. Phys. Chem. C   117 巻   頁: 5552-5557   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Electric double layers allow for opaque electrodes in high performance organic optoelectronic devices 査読有り

    B. Li, S. Dalgleish, Y. Miyoshi, H. Yoshikawa, M. M. Matsushita, and K. Awaga

    Appl. Phys. Lett.   101 巻   頁: 173302/1-173302/5   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Planar Ni(II), Cu(II) and Co(II) tetraaza[14]annulenes. Structural, electronic and magnetic properties and application to field effect transistors 査読有り

    A. M. Whyte, Y. Shuku, G. S. Nichol, M. M. Matsushita, K. Awaga, and N. Robertson

    J. Mater. Chem.   22 巻   頁: 17967-17975   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Crystal Structure, Spin Polarization, Solid-State Electrochemistry, and High n-Type Carrier Mobility of a Paramagnetic Semiconductor: Vanadyl Tetrakis(thiadiazole)porphyrazine

    Y. Miyoshi, K. Takahashi, T. Fujimoto, H. Yoshikawa, M. M. Matsushita, Y. Ouchi, M. Kepenekian, V. Robert, M. P. Donzello, C. Ercolani, and K. Awaga

    Inorg. Chem.   51 巻   頁: 456-462   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Ionic liquid component dependence of carrier injection and mobility for electric double layer organic thin film transistors for electronic device 査読有り

    T. Fujimoto, M. M. Matsushita, and K. Awaga

    J. Phys. Chem. C   116 巻   頁: 5240-5245   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Highly efficient organic optoelectronic conversion induced by electric double layers in ionic liquids 査読有り

    B. Li, Y. Noda, L. Hu, H. Yoshikawa, M. M. Matsushita, and K. Awaga

    Appl. Phys. Lett.   100 巻   頁: 163304/1-163304/4   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Utilizing Photocurrent Transients for Dithiolene-Based Photodetection: Stepwise Improvements at Communications Relevant Wavelengths 査読有り

    S. Dalgleish, M. M. Matsushita, L. Hu, B. Li, H. Yoshikawa, and K. Awaga

    J. Am. Chem. Soc.   134 巻   頁: 12742-12750   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Photoconductivity and FET performance of an n-type porphyrazine semiconductor, tetrakis(thiadiazole)porphyrazine 査読有り

    Y. Miyoshi, T. Fujimoto, H. Yoshikawa, M. M. Matsushita, K. Awaga, T. Yamada, and H. Ito

    Org. Electronics   12 巻   頁: 239-243   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Electrodeposition as a superior route to a thin film molecular semiconductor 査読有り

    S. Dalgleish, H. Yoshikawa, M. M. Matsushita, K. Awaga, and N. Robertson

    Chem. Sci   2 巻   頁: 316-320   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Superperiodic conductance in a molecularly wired double-dot system self-assembled in a nanogap electrode 査読有り

    Y. Noguchi, T. Terui, Takuya Katayama, M. M. Matsushita, and T. Sugawara

    J. Appl. Phys.   108 巻   頁: 094313   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. Dual-gate field-effect transistors of octathio[8]circulene thin-films with ionic liquid and SiO2 gate dielectrics 査読有り

    T. Fujimoto, M. M. Matsushita, and K. Awaga

    Appl. Phys. Lett.   97 巻   頁: 123303/1-123303/3   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. Influence of Magnetic Field upon the Conductance of a Unicomponent Crystal of a Tetrathiafulvalene-Based Nitronyl Nitroxide 査読有り

    H. Komatsu, M. M. Matsushita, S. Yamamura, Y. Sugawara, K. Suzuki and T. Sugawara

    J. Am. Chem. Soc.   132 巻   頁: 4528–4529   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Electrochemical field-effect transistors of octathio[8]circulene robust thin films with ionic liquids 査読有り

    Fujimoto, Takuya; Matsushita, Michio M.; Awaga, Kunio

    Chemical Physics Letters   483 巻   頁: 81-83   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Synthesis and properties of TSF-based spin-polarized donor 査読有り

    Komatsu, Hideji; Mogi, Ryoji; Matsushita, Michio M.; Miyagi, Tadashi; Kawada, Yuzo; Sugawara, Tadashi

    Polyhedron   28 巻   頁: 1996-2000   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Spintronics in organic p-electronic systems 査読有り

    Tadashi Sugawara and Michio M. Matsushita

    Journal of Materials Chemistry   19 巻   頁: 1738-1753   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Electrochemical and Electrochromic Properties of Octathio[8]circulene Thin Films in Ionic Liquids 査読有り

    Takuya Fujimoto, Michio M. Matsushita, Hirofumi Yoshikawa, and Kunio Awaga

    Journal of The American Chemical Society   32 巻   頁: 17590-17591   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Association-mediated Chromism of Amphiphilic Triphenyl-6-oxoverdazyl 査読有り

    Kentaro Suzuki, Michio M. Matsushita, Hiroyuki Hayashi, Noboru Koga, and Tadashi Sugawara

    New Journal of Chemistry   32 巻   頁: 2201-2208   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Generation of a triplet diradical from a donor–acceptor cross conjugate upon acid-induced electron transfer 査読有り

    Mats O. Sandberg, Osami Nagao, Zhikun Wu, Michio M. Matsushita and Tadashi Sugawara

    Chemical Communications     頁: 3738-3740   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Cotunneling Current Affected by Spin-Polarized Wire Molecules in Networked Gold Nanoparticles 査読有り

    T. Sugawara, M. Minamoto, M. M. Matsushita, P. Nickels, S. Komiyama

    Physical Review B   77 巻   頁: 235316   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. *Molecule-based system with coexisting conductivity and magnetism and without magnetic inorganic ions 査読有り

    M. M. Matsushita, H. Kawakami, T. Sugawara, M. Ogata

    Physical Review B   77 巻   頁: 195208   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Controlling Co-tunneling Currents in Nanoparticle Networks Using Spin-Polarized Wire Molecules 査読有り

    P. Nickels, M. M. Matsushita, M. Minamoto, S. Komiyama, and T. Sugawara

    small   4 巻   頁: 471-475   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. *Negative Magneto-resistance Observed on an Ion-radical salt of a TTF-based Spin-polarized Donor 査読有り

    Michio M. Matsushita, Hironori Kawakami, Yuzo Kawada, and Tadashi Sugawara

    Chemistry Letters   36 巻   頁: 110-111   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. *Current-Induced Low-Resistance State and Its Crystal Structure of a TTF-Based Dimeric Donor Salt 査読有り

    Michio M. Matsushita and Tadashi Sugawara

    Journal of The American Chemical Society   127 巻   頁: 12450-12451   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. *Formation of self-assembled monolayer of phenylthiol carrying nitronyl nitroxide on gold surface 査読有り

    Michio M. Matsushita, Naoto Ozaki, Tadashi Sugawara, Fumio Nakamura, and Masahiko Hara

    Chemistry Letters     頁: 596-597   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. *Hydrogen-Bonded Organic Ferromagnet 査読有り

    Michio M. Matsushita, Akira Izuoka, Tadashi Sugawara, Tatsuya Kobayashi, Nobuo Wada, Naoya Takeda, and Masayasu Ishikawa

    Journal of The American Chemical Society   119 巻   頁: 4369-4379   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 化学便覧 基礎編 改訂第6版

    松下未知雄、阿波賀邦夫( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第14章 電気・磁気・光学的性質 14.4 磁性)

    日本化学会 編, 丸善出版  2021年1月  ( ISBN:978-4-621-30521-8

     詳細を見る

    総ページ数:1534   記述言語:日本語

講演・口頭発表等 1

  1. 有機ラジカルをスピン源とするスピントロニクス材料の開発 招待有り

    松下未知雄

    新潟大学コアステーション 「ユビキタスグリーンケミカル エネルギー連携教育研究センター」第11 回研究シンポジウム  2021年3月15日  新潟大学ユビキタスグリーンケミカルエネルギー連携教育研究センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:新潟大学(オンライン)   国名:日本国  

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 分子スピンに基づく有機薄膜磁気抵抗素子の開発

    2009年4月

科研費 7

  1. トポロジカル励起スピン制御によるπラジカル材料のエレクトロニクス素子への展開

    研究課題/研究課題番号:20H02715  2020年4月 - 2023年3月

    手木 芳男

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    広いπ電子系を有する有機半導体材料は、光に対して脆弱であるという課題が存在する。本研究では、申請代表者らがこれまでに蓄積したπラジカルの励起状態の知見をもとに、分子内のπ電子軌道のつながり方を利用して励起状態のダイナミクスをスピン状態で制御することにより上記の課題を克服し、高い光耐久性と機能性を有する革新的π電子材料を創生する。先端的スピン計測により励起状態ダイナミクスとキャリアダイナミクスの解明も行い、励起状態スピン制御に関する学術的知見をえる。更に、それらのπラジカル材料を有機エレクトロニクス素子へ展開する目的で電界効果トランジスタ素子を作成し、半導体材料としての基本特性を明らかにする。

  2. 有機ラジカルのスピンに基づく単一分子スピントロニクス

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究「分子アーキテクトニクス」

    松下未知雄

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    近年代表者らが世界で初めて実現した、スピン源と伝導電子の両方が有機分子の π 共役系に起因する有機磁性-導電性共存系を分子接合系へと拡張し、単分子スピントロニクスの実現を目指す。

  3. 有機ラジカルのスピンに基づく単分子スピントロニクス素子の開発

    研究課題/研究課題番号:16H00962  2016年4月 - 2018年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    松下 未知雄

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5720000円 ( 直接経費:4400000円 、 間接経費:1320000円 )

    分子コンピューターのモデルとして利用可能な分子系について、さらなる検討を行った。
    (1)これまでの研究で、最も有名な分子性導体のひとつであるTTF-TCNQが、パイエルス転移温度以下の絶縁相において負性抵抗を示すことを見出している。この負性抵抗の温度依存性をさらに詳細に検討したところ、TTF-TCNQに見られる3つの相転移が、温度だけでなく、印加する電流密度によっても現れることを見出した。さらに、これら3つの相転移点が、温度・電流密度が異なる場合でも同じ電導度で現れることが明らかとなった。この系における、負性抵抗を含む非線形導電現象と相転移が、電流印加により誘起されたキャリヤー密度に依存する現象であることが明らかとなった。
    (2)高い対称性をもつシクロファン型のドナー分子のイオンラジカル結晶において、低温で正方晶系から単斜晶系へ対称性が低下する構造相転移を示すことを利用して、格子変形の方向を印加電流によって制御することを試み、実際に直交する軸方向で一方に大電流を印加すると電流を印加した軸の抵抗が減少し、もう一方の軸の抵抗が上昇する現象を見出している。この系では格子変形の方向が異なる小さなドメインがモザイク状に分布していると考えられ、大電流の印加により一時的に転移温度を超えることで、徐々に電流印加方向に抵抗が低い構造に変化するものと考えられる。しかしながら、これまでの実験では2つの軸方向に交互に電流を印加して測定を行っていたため、電流印加中の変化の様子は必ずしも明確でなかった。本年度、交流電導度測定法を組み合わせることにより、一方の軸に直流の大電流を印加しながらもう一方の軸の電導度の変化を同時に測定したところ、大電流の印加によって実際に構造相転移が生じていることを示す抵抗変化が観察された。分子集積回路のモデルの一つとして興味深い系である。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。
    29年度が最終年度であるため、記入しない。

  4. 有機ラジカルのスピンに基づく単一分子スピントロニクス

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究「分子アーキテクトニクス」

    松下未知雄

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    近年代表者らが世界で初めて実現した、スピン源と伝導電子の両方が有機分子の π 共役系に起因する有機磁性-導電性共存系を分子接合系へと拡張し、単分子スピントロニクスの実現を目指す。

  5. 分子スピンに基づく有機薄膜磁気抵抗素子の開発

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 有機局在スピン-伝導電子共存系におけるスピン流の解明

    2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

    松下 未知雄

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 学習する分子ワイヤーネットワーク

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究,課題番号:19655066

    松下 未知雄

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 基礎セミナーA

    2015

  2. 物性化学II

    2014

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 有機ラジカルの材料化学

    2021年11月 京都大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目