2021/04/14 更新

写真a

キタジマ ケン
北島 健
KITAJIMA, Ken
所属
糖鎖生命コア研究所 統合生命医科学糖鎖研究センター細胞・個体制御部門 教授
生物機能開発利用研究センター 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 理学博士 ( 1987年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 生殖生化学

  2. 発生生物学

  3. 分子生物学

  4. 生物化学

  5. 糖鎖生物学

  6. 生物工学

研究分野 4

  1. その他 / その他  / 糖鎖生物学

  2. その他 / その他  / 構造生物化学

  3. その他 / その他  / 応用分子細胞生物学

  4. その他 / その他  / 発生生物学

現在の研究課題とSDGs 6

  1. 非感染性疾患とくに精神疾患の診断と治療法の開発

  2. シアロ糖鎖代謝異常によるヒト疾患の病理学的研究

  3. 細胞表面糖鎖による細胞間相互作用の制御

  4. 生命情報のハードウェアを解析・構築する糖鎖生命情報科学の創出

  5. 受精および初期発生における細胞膜ミクロドメインの役割

  6. 糖鎖機能の糖鎖工学的利用

▼全件表示

経歴 11

  1. 名古屋大学 生物機能開発利用研究センター・教授

    2004年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院生命農学研究科・教授(兼任)

    2004年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学 生物機能開発利用研究センター・助教授

    2003年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学生命農学研究科・助教授(兼任)

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学高等研究院・流動教員(兼任)

    2002年2月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学 生物分子応答研究センター・助教授

    2000年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学大学院生命農学研究科 助教授

    1998年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 名古屋大学農学部 助教授

    1996年6月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 東京大学大学院理学系研究科 助手

    1994年4月 - 1996年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 東京大学理学部 助手

    1989年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 日本学術振興会 特別研究員PD

    1987年4月 - 1989年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 東京大学   理学系研究科   生物化学

    1984年4月 - 1987年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   理学系研究科   生物化学

    1982年4月 - 1984年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京大学   理学部   生物化学

    1978年4月 - 1982年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 9

  1. 日本糖質学会   理事

    2007年4月 - 現在

  2. 日本糖質学会   評議員

    1999年4月 - 現在

  3. 日本農芸化学会   中部支部会評議員

    2008年4月 - 現在

  4. 日本生化学会

  5. 日本動物学会

  6. FCCA   幹事

    2001年4月 - 2008年3月

  7. Society for Glycobiology

  8. 日本分子生物学会

  9. 日本発生生物学会

▼全件表示

受賞 1

  1. 日本糖質学会奨励賞

    1999年8月   日本糖質学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 266

  1. Evolutionary conservation of human ketodeoxynonulosonic acid production is independent of sialoglycan biosynthesis

    Kawanishi Kunio, Saha Sudeshna, Diaz Sandra, Vaill Michael, Sasmal Aniruddha, Siddiqui Shoib S., Choudhury Biswa, Sharma Kumar, Chen Xi, Schoenhofen Ian C., Sato Chihiro, Kitajima Ken, Freeze Hudson H., Munster-Kuhnel Anja, Varki Ajit

    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   131 巻 ( 5 )   2021年3月

     詳細を見る

  2. The conserved arginine residue in all siglecs is essential for Siglec-7 binding to sialic acid

    Yoshimura Atsushi, Hatanaka Rina, Tanaka Hiroshi, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   534 巻   頁: 1069 - 1075   2021年1月

  3. Exploring the Impact of Ketodeoxynonulosonic Acid in Host-Pathogen Interactions Using Uptake and Surface Display by Nontypeable Haemophilus influenzae

    Saha Sudeshna, Coady Alison, Sasmal Aniruddha, Kawanishi Kunio, Choudhury Biswa, Yu Hai, Sorensen Ricardo U., Inostroza Jaime, Schoenhofen Ian C., Chen Xi, Munster-Kuhnel Anja, Sato Chihiro, Kitajima Ken, Ram Sanjay, Nizet Victor, Varki Ajit

    MBIO   12 巻 ( 1 )   2021年

  4. The expression of sulfated sialic acids (SiaS) is dynamically regulated in mammalian cells

    Kitajima Ken, Ertunc Nursah, Sato Chihiro

    GLYCOBIOLOGY   30 巻 ( 12 ) 頁: 1066 - 1067   2020年12月

     詳細を見る

  5. Sialic acid sulfation is induced by the antibiotic treatment in mammalian cells

    Ertunc Nursah, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   84 巻 ( 11 ) 頁: 2311 - 2318   2020年11月

  6. Comparative Studies of Polysialic Acids Derived from Five Different Vertebrate Brains

    Yang Yi, Murai Ryo, Takahashi Yuka, Mori Airi, Hane Masaya, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   21 巻 ( 22 )   2020年11月

  7. Polysialylation and disease 招待有り 査読有り

    Mol Aspects Med     2020年8月

     詳細を見る

  8. Combinational Analyses with Multiple Methods Reveal the Existence of Several Forms of Polysialylated Neural Cell Adhesion Molecule in Mouse Developing Brains

    Mori Airi, Yang Yi, Takahashi Yuka, Hane Masaya, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   21 巻 ( 16 )   2020年8月

  9. ゼブラフィッシュの全組織グライコミクス 招待有り 査読有り 国際共著

    北島 健、山川 奈緒、佐藤 ちひろ、ヤン ゲラルデル

      92 巻 ( 3 ) 頁: 349 - 359   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14952/SEIKAGAKU.2020.920349

  10. Discovery of a new sialic acid binding region that regulates Siglec-7

    Yamakawa Nao, Yasuda Yu, Yoshimura Atsushi, Goshima Ami, Crocker Paul R., Vergoten Gerard, Nishiura Yuji, Takahashi Takashi, Hanashima Shinya, Matsumoto Kana, Yamaguchi Yoshiki, Tanaka Hiroshi, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 )   2020年5月

  11. Identification and characterization of a novel, versatile sialidase from a Sphingobacterium that can hydrolyze the glycosides of any sialic acid species at neutral pH

    Iwaki Yuya, Matsunaga Emiko, Takegawa Kaoru, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   523 巻 ( 2 ) 頁: 487 - 492   2020年3月

  12. Effect of expression alteration in flanking genes on phenotypes of St8sia2-deficient mice

    Ikegami Keisuke, Saigoh Kazumasa, Fujioka Atsuko, Nagano Mamoru, Kitajima Ken, Sato Chihiro, Masubuchi Satoru, Kusunoki Susumu, Shigeyoshi Yasufumi

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻   2019年9月

  13. Functional roles of ST8SIA3-mediated sialylation of striatal dopamine D-2 and adenosine A(2A) receptors

    Lin Chien-Yu, Lai Hsing-Lin, Chen Hui-Mei, Siew Jian-Jing, Hsiao Cheng-Te, Chang Hua-Chien, Liao Kuo-Shiang, Tsai Shih-Chieh, Wu Chung-Yi, Kitajima Ken, Sato Chihiro, Khoo Kay-Hooi, Chern Yijuang

    TRANSLATIONAL PSYCHIATRY   9 巻   2019年8月

  14. Acute stress-induced change in polysialic acid levels mediated by sialidase in mouse brain

    Abe Chikara, Yi Yang, Hane Masaya, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    SCIENTIFIC REPORTS   9 巻   2019年7月

  15. Structural Diversity and Evolution of Sialic Acids

    Kitajima Ken

    TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY   31 巻 ( 181 ) 頁: SE18 - SE20   2019年7月

  16. N-linked mannose glycoconjugates on shrimp thrombospondin, pmTSP-II, and their involvement in the sperm acrosome reaction

    Timklay Wauranittha, Magerd Sirilug, Sato Chihiro, Somrit Monsicha, Watthammawut Atthaboon, Senarai Thanyaporn, Weerachatyanukul Wattana, Kitajima Ken, Asuvapongpatana Somluk

    MOLECULAR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT   86 巻 ( 4 ) 頁: 440 - 449   2019年4月

     詳細を見る

  17. Sialic Acids in Neurology

    SIALIC ACIDS, PT II: BIOLOGICAL AND BIOMEDICAL ASPECTS   76 巻   頁: 1 - 64   2019年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/bs.accb.2018.09.003

    Web of Science

  18. Technologies to Elucidate Functions of Glycans

    Furukawa Koichi, Ohmi Yuhsuke, Kondo Yuji, Ohkawa Yuki, Tajima Orie, Furukawa Keiko, Honke Koichi, Inokuchi Jin-ichi, Gu Jianguo, Kadomatsu Kenji, Nadanaka Satomi, Kitagawa Hiroshi, Nishihara Shoko, Nomura Kazuya, Oka Shogo, Ito Makoto, Kitajima Ken, Natsuka Shunji, Kanagawa Motoi, Ishimizu Takeshi, Fujiyama Kazuhito, Chiba Yasunori, Osada Hiroyuki

    GLYCOSCIENCE: BASIC SCIENCE TO APPLICATIONS: INSIGHTS FROM THE JAPAN CONSORTIUM FOR GLYCOBIOLOGY AND GLYCOTECHNOLOGY (JCGG)     頁: 87 - 124   2019年

  19. Sialic Acids in Neurology 招待有り 査読有り

    Sato C, Kitajima K

    Adv Carbohydr Chem Biochem   76 巻   頁: 1 - 64   2019年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/bs.accb.2018.09.003

  20. Systems glycomics of adult zebrafish identifies organ-specific sialylation and glycosylation patterns

    Yamakawa Nao, Vanbeselaere Jorick, Chang Lan-Yi, Yu Shin-Yi, Ducrocq Lucie, Harduin-Lepers Anne, Kurata Junichi, Aoki-Kinoshita Kiyoko F., Sato Chihiro, Khoo Kay-Hooi, Kitajima Ken, Guerardel Yann

    NATURE COMMUNICATIONS   9 巻   2018年11月

  21. Positive selection on schizophrenia-associated ST8SIA2 gene in post-glacial Asia

    Fujito Naoko T., Satta Yoko, Hane Masaya, Matsui Atsushi, Yashima Kenta, Kitajima Ken, Sato Chihiro, Takahata Naoyuki, Hayakawa Toshiyuki

    PLOS ONE   13 巻 ( 7 )   2018年7月

  22. ポリシアル酸化 招待有り 査読有り

    佐藤ちひろ、北島健

    膜タンパク質; 特集 「タンパク質・核酸の分子修飾 Ⅲ. 細胞膜での分子修飾」)生体の科学   69 巻 ( 5 ) 頁: 502 - 503   2018年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Identification of KDN-Gangliosides

    Kitajima Ken

    GANGLIOSIDES: METHODS AND PROTOCOLS   1804 巻   頁: 429 - 435   2018年

  24. Different properties of polysialic acids synthesized by the polysialyltransferases ST8SIA2 and ST8SIA4

    Mori Airi, Hane Masaya, Niimi Yuki, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    GLYCOBIOLOGY   27 巻 ( 9 ) 頁: 834-846   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cwx057

    Web of Science

  25. Invisible glycoproteins with unusually high carbohydrate content in animal gametic cells

    Kitajima Ken

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   254 巻   2017年8月

     詳細を見る

  26. Chemical Synthesis and Evaluation of a Disialic Acid-Containing Dextran Polymer as an Inhibitor for the Interaction between Siglec 7 and Its Ligand

    Yamaguchi Sho, Yoshimura Atsushi, Yasuda Yu, Mori Airi, Tanaka Hiroshi, Takahashi Takashi, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    CHEMBIOCHEM   18 巻 ( 13 ) 頁: 1194-1203   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.201600694

    Web of Science

  27. Alpha-2 macroglobulin as a region-specific secretory protein in male reproductive tract, and its dynamics during sperm transit toward the female spermatheca in the blue crab

    Senarai Thanyaporn, Vanichviriyakit Rapeepun, Miyata Shinji, Sato Chihiro, Sretarugsa Prapee, Weerachatyanukul Wattana, Kitajima Ken

    MOLECULAR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT   84 巻 ( 7 ) 頁: 585-595   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/mrd.22817

    Web of Science

  28. Chlorpromazine Increases the Expression of Polysialic Acid (PolySia) in Human Neuroblastoma Cells and Mouse Prefrontal Cortex

    Abe Chikara, Nishimura Saki, Mori Airi, Niimi Yuki, Yang Yi, Hane Masaya, Kitajima Ken, Sato Chihiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   18 巻 ( 6 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms18061123

    Web of Science

  29. Altered expression of ganglioside GM3 molecular species and a potential regulatory role during myoblast differentiation

    Go Shinji, Go Shiori, Veillon Lucas, Ciampa Maria Grazia, Mauri Laura, Sato Chihiro, Kitajima Ken, Prinetti Alessandro, Sonnino Sandro, Inokuchi Jin-ichi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   292 巻 ( 17 ) 頁: 7040-7051   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M116.771253

    Web of Science

  30. Diverse subcellular localizations of the insect CMP-sialic acid synthetases

    Di Wu, Fujita Akiko, Hamaguchi Kayo, Delannoy Philippe, Sato Chihiro, Kitajima Ken

    GLYCOBIOLOGY   27 巻 ( 4 ) 頁: 329-341   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cww128

    Web of Science

  31. Synthesis of end-functionalized glycopolymers containing alpha(2,8) disialic acids via pi-allyl nickel catalyzed coordinating polymerization and their interaction with Siglec-7

    Ohira Shuichi, Yasuda Yu, Tomita Ikuyoshi, Kitajima Ken, Takahashi Takashi, Sato Chihiro, Tanaka Hiroshi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   53 巻 ( 3 ) 頁: 553-556   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c6cc07115e

    Web of Science

  32. Synthesis of End-functionalized Glycopolymers Containing α(2,8) Disialic Acids by π-Allyl Nickel Catalyzed Coordinating Polymerization and Their Interaction with Siglec-7.

    Ohira S, Yasuda Y, Tomita I, Kitajima K, Takahashi T, Sato C, Tanaka H.

      53 巻 ( 3 ) 頁: 553-556   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/C6CC07115E

  33. Altered expression of ganglioside GM3 molecular species and a potential regulatory role during myoblast differentiation.

    Go S, Go S*, Veillon L, Ciampa MG, Mauri L, Sato C, Kitajima K, Prinetti A, Sonnino S, Inokuchi JI.

    J Biol Chem.     2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M116.771253

  34. Diverse subcellular localizations of the insect CMP-sialic acid synthetases

    Wu D, Fujita A, Hamaguchi K, Delannoy P, Sato C, Kitajima K.

        頁: Epub ahead of print   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cww128

  35. Relationship between ST8SIA2, polysialic acid and its binding molecules, and psychiatric disorders.

    Sato C, Hane M, Kitajima K.

    Biochim Biophys Acta.   1860 巻 ( 8 ) 頁: 1739-1752   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2016.04.015

  36. The AMOR Arabinogalactan Sugar Chain Induces Pollen-Tube Competency to Respond to Ovular Guidance.

    Mizukami AG, Inatsugi R, Jiao J, Kotake T, Kuwata K, Ootani K, Okuda S, Sankaranarayanan S, Sato Y, Maruyama D, Iwai H, Garénaux E, Sato C, Kitajima K, Tsumuraya Y, Mori H, Yamaguchi J, Itami K, Sasaki N, Higashiyama T.

    Curr Biol.   26 巻 ( 8 ) 頁: 1091-1097   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cub.2016.02.040)

  37. Effects of intronic single nucleotide polymorphisms (iSNPs) of a polysialyltransferase, ST8SIA2 gene found in psychiatric disorders on its gene products.

    Hane M**, Kitajima K, Sato C.

    Biochem Biophys Res Commun   478 巻 ( 3 ) 頁: 1123-1129   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2016.08.079

  38. Discovery, primary and crystal structures, and capacitation-related properties of a prostate-derived heparin-binding protein WGA16 from boar sperm.

    Garénaux E, Kanagawa M, Tsuchiyama T, Hori K, Kanazawa T, Goshima A, Chiba M, Yasue H, Ikeda A, Yamaguchi Y, Sato C, and Kitajima K.

    J. Biol. Chem.   290 巻 ( 9 ) 頁: 5484-5501   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M114.635268

  39. Protective effects of polysialic acid on proteolytic cleavage of FGF2 and ProBDNF/BDNF

    Hane M*, Matsuoka S**, Ono S**, Miyata S, Kitajima K, Sato C.

      25 巻 ( 10 ) 頁: 1112-1124   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cwv049

  40. Ganglioside contained in the neuronal tissue-enriched acidic protein of 22 kDa (NAP-22) fraction prepared from the detergent-resistant membrane microdomain of rat brain inhibits the phosphatase activity of calcineurin.

    Kobayashi Y, da Silva R, Kumanogoh H, Miyata S, Sato C, Kitajima K, Nakamura S, Morita M, Hayashi F, Maekawa S.

      93 巻 ( 9 ) 頁: 1462-1470   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jnr.23599

  41. Sulfatide-Hsp70 interaction promotes Hsp70 clustering and stabilizes binding to unfolded protein.

    Harada Y**, Sato C, and Kitajima K.

      5 巻 ( 2 ) 頁: 958-973   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/biom5020958

  42. Rapid trimming of cell surface polysialic acid (polySia) by exovesicular sialidase triggers release of preexisting surface neurotrophin.

    Sumida M, Hane M, Yabe U, Shimoda Y, Pearce OM, Kiso M, Miyagi T, Sawada M, Varki A, Kitajima K, and Sato C.

    J. Biol. Chem.   290 巻 ( 21 ) 頁: 13202-13214   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M115.638759

  43. Disialic, oligosialic and polysialic acids: distribution, functions and related disease 査読有り

    Sato C, Kitajima K

    Journal of Biochemistry   154 巻 ( 2 ) 頁: 115-136   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvt057

  44. Comparison of analytical methods to detect polysialic acid. 査読有り

    Nishimura S, Hane M, Niimi Y, Miyata S, Kitajima K, and Sato C

    Journal of Glycomics and Lipidomics   4 巻 ( 2 ) 頁: 113   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4172/2153-0637.1000113

  45. Polysialic acid: Biosynthesis, novel functions and applications. 査読有り

    Colley K, Kitajima K, Sato C

    Critical Reviews in Biochemistry and Molecular Biology     頁: 1-35   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.3109/10409238.2014.976606

  46. Interaction of 70-kDa heat shock protein with glycosaminoglycans and acidc glycopolymers. 査読有り

    Harada Y, Garenaux E, Nagatsuka T, Uzawa H, Nishida Y, Sato C, Kitajima K

    Biochem Biophys Res Commun.   453 巻   頁: 229-234   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.bbrc.2014.05.137

  47. Identification of novel isoforms of vitellogenin expressed in ascidian eggs. 査読有り

    Akasaka M, Kato KH, Kitajima K, Sawada H.

    J Exp Zool Part B Mol Dev Evol.   320 巻 ( 2 ) 頁: 118-128   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Occurrence of free deaminoneuraminic acid (KDN)-containing complex-type N-glycans in human prostate cancers. 査読有り

    Yabu M, Korekane H, Takahashi H, Ohigashi H, Ishikawa O, Hatano K, Nonomura N, Sato C, Kitajima K, Miyamoto Y.

    Glycobiology   26 巻 ( 6 ) 頁: 634-642   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/glycob/cws132

  49. Novel regulation of fibroblast growth factor 2 (FGF2)-mediated cell growth by polysialic acid. 査読有り

    Ono S, Hane M, Kitajima K, Sato C.

    J Biol Chem.   287 巻 ( 6 ) 頁: 3710-3722   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Pig sperm membrane microdomains contain a highly glycosylated 15-25-kDa wheat germ agglutinin-binding protein. 査読有り

    Kasekarn W, Kanazawa T, Hori K, Tsuchiyama T, Xue L, Garénaux E, Kongmanas K, Tanphaichitr N, Yasue H, Sato C, Kitajima K.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   426 巻 ( 3 ) 頁: 356-362   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 356-362

  51. Metabolism of Vertebrate Amino Sugars with N-glycolyl Groups: Resistance of α2-8-linked N-glycolylneuraminic Acid to Enzymatic Cleavage. 査読有り

    Davies LRL, Pearce OMT, Tessier MB, Assar S, Smutova V, Pajunen M, Sumida M, Sato C, Kitajima K, Finne J, Gagneux P, Pshezhetsky A, Woods R, Varki A.

    J Biol Chem.   287 巻 ( 34 ) 頁: 28917-28931   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 28917-28931

  52. Sialidase NEU4 hydrolyzes polysialic acids of neural cell adhesion molecules and negatively regulates neurite formation by hippocampal neurons. 査読有り

    Takahashi K, Mitoma J, Hosono M, Shiozaki K, Sato C, Yamaguchi K, Kitajima K, Higashi H, Nitta K, Shima H, Miyagi T.

    J Biol Chem.   287 巻 ( 18 ) 頁: 14816-14826   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 14816-14826

  53. Structural and functional impairments of polysialic acid (polySia)-neural cell adhesion molecule (NCAM) synthesized by a mutated polysialyltransferase of a schizophrenic patient. 査読有り

    Hane M, Sumida M, Kitajima K, Sato C

    Pure Appl Chem.   84 巻 ( 9 ) 頁: 1895-1906   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 1895-1906

  54. Sialome analysis of the cephalochordate Branchiostoma belcheri, a key organism for vertebrate evolution. 査読有り

    Guérardel Y, Chang LY, Fujita A**, Coddeville B, Maes E, Sato C, Harduin-Lepers A, Kubokawa K, Kitajima K.

    Glycobiology   22 巻 ( 4 ) 頁: 479-491   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 479-491

  55. Novel regulation of fibroblast growth factor 2 (FGF2)-mediated cell growth by polysialic acid. 査読有り

    Ono, S., Hane, M., Kitajima, K., and Sato, C.

    J Biol Chem.   287 巻 ( 6 ) 頁: 3710-3722   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. ポリシアル酸の新機能と神経形成維持機構 招待有り 査読有り

    佐藤ちひろ、北島健

    生化学   83 巻 ( 3 ) 頁: 189-196   2011年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Structural and functional impairments of polysialic acid by a mutated polysialyltransferase found in schizophrenia 査読有り

    Isomura, R, Kitajima, K., and Sato, C.

    Journal of Biological Chemistry   286 巻 ( 24 ) 頁: 21535-21545   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. ポリシアル酸の新機能と統合失調症 招待有り 査読有り

    佐藤ちひろ、北島健

      23 巻 ( 133 ) 頁: 221-238   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Mechanism regulating Ca2+-dependent mechanosensory behaviour in sea urchin spermatozoa. 査読有り

    Kambara, Y., Shiba, K., Yoshida, M., Sato, C., Kitajima, K., and Shingyoji, C.

    Cell Struct Funct   36 巻 ( 1 ) 頁: 69-82   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Co-expression of two distinct polysialic acids, α2,8- and α2,9-linked polymers of N-acetylneuraminic acid, in distinct glycoproteins and glycolipids in sea urchin sperm 査読有り

    Miyata, S., Yamakawa, N., Toritama, M., Sato, C., and Kitajima, K.

    Glycobiology   21 巻 ( 12 ) 頁: 1596-1605   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Extensive enrichment of N-glycolylneuraminic acid in extracellular sialoglycoproteins abundantly synthesized and secreted by human cancer cells. 査読有り

    Sadako Inoue, Chihiro Sato., and Ken Kitajima

    Glycobiology   20 巻   頁: 752-762   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Survival signals of hepatic stellate cells in liver regeneration are regulated by glycosylation changes in rat vitronectin, especially decreased sialylation. 査読有り

    Kotone Sano, Yasunori Miyamoto, Nana Kawasaki, Noritaka Hashii, Satsuki Itoh, Misaki Murase, Kimie Date, Miki Yokoyama, Chihiro Sato, Ken Kitajima, and Haruko Ogawa

    J. Biol. Chem.   285 巻   頁: 17301-17309   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Developmental stage-dependent expression of an α2,8- trisialic acid unit on glycoproteins in mouse brain. 査読有り

    Inoko, E., Nishiura, Y., Tanaka, H., Takahashi, T., Furukawa, K., Kitajima, K., and Sato, C.

    Glycobiology   20 巻   頁: 916-928   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Human KDN (deaminated neuraminic acid) and its elevated expression in cancer cells: mechanism and significance. 査読有り

    Inoue, S., Kitajima, K., Sato, C., and Go, S.

    Adv Exp Med Biol   705 巻   頁: 669-678   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. *Membrane microdomains from early gastrula embryos of medaka, Oryzias latipes are a plat form of E-cadherin and carbohydrate-mediated cell-cell interactions during epiboly 査読有り

    Adachi T., Sato, C., Kishi, Y., Totani, K., Murata, T., Usui, T., and Kitajima, K

    Glycoconjugate J   26 巻   頁: 285-99   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Complex formation of a brain-derived neurotrophic factor and glycosaminoglycans. 査読有り

    Kanato, Y., Ono, S., Kitajima, K. and Sato, C.

    Biosci. Biotech. Biosci.   73 巻   頁: 2735-2741   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Developmental regulation of oligosialylation in zebrafish. 査読有り

    Chang LY, Harduin-Lepers A, Kitajima K, Sato C, Huang CJ, Khoo KH, Guérardel Y.

    Glycoconjugate J   26 巻   頁: 247-61   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Direct binding of polysialic acid to a brain-derived neurotrphic factor depends on the degree of polymerization. 査読有り

    Kanato, Y., Kitajima, K. Sato, C.

    Glycobiology   12 巻   頁: 1044-1053   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Identification of an inflammation-inducible serum protein recognized by anti-disialic acid antibodies as carbonic anhydrase II 査読有り

    Yasukawa, Z., Sato, C., and Kitajima, K.

    J. Biochem.   141 巻   頁: 429-441   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. *Membrane microdomain formation is crucial in epiboly during gastrulation of medaka. 査読有り

    Adachi, T., Sato, C., and Kitajima, K.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   358 巻   頁: 848-853   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Membrane microdomain (microdomain) was isolated from early gastrula embryos. The isolated microdomain was characterized by enrichment of cholesterol and sphingomyelin and by the presence of huge glycoproteins containing Lewis X structure. Importance of the microdomain in the progress of epiboly was assessed using methyl β-cyclodextrin (MBCD) and C2-ceramide that disrupt microdomains through different mechanisms. Both reagents efficiently disrupted the microdomain structure, and concomitantly impaired epiboly. Interestingly, when embryos pretreated with MBCD, a cholesterol-binding molecule, were exogenously supplemented with cholesterol, the embryos undergo not only reconstitution of the microdomain, but also complete restoration to the normal epiboly. Thus, normal or impaired development is reversibly controlled by the cholesterol-dependent formation or disruption of microdomains. The most typical phenotype of the microdomain-disrupted embryos is detachment of cells from the blastoderm, suggesting that a major contribution of microdomains to epiboly is cell adhesion of blastodermal cells.

  71. Development of sensitive chemical and immunochemical methods for detecting sulfated sialic acids and their application to glycoconjugates from sea urchin sperm and eggs 査読有り

    Yamakawa, N., Sato, C., Miyata, S., Maehashi, E., Toriyama, M, Sato, N, Furuhata, K., and Kitajima, K.

    Biochimie   89 巻   頁: 1396-1408   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. *Hypoxia-enhanced expression of free deaminoneuraminic acid in human cancer cells 査読有り

    Go, S., Sato, C., Yin, J., Kannagi, R., and Kitajima, K.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   357 巻   頁: 537-542   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. *Identification of the nuclear export signals that regulate the intracellular localization of the mouse CMP-sialic acid synthetase 査読有り

    Fujita , A., Sato, C., and Kitajima, K.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   355 巻   頁: 174-180   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Complex formation of 70-kDa heat shock protein with acidic glycolipids and phospholipids 査読有り

    Harada, Y., Sato, C., and Kitajima, K.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   353 巻   頁: 655-660   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. Glycobiology of polysialic acids on sea urchin gametes 査読有り

    Miyata, S., Sato, C., and Kitajima, K.

    Trends Glycosci. Glycotech.   19 巻   頁: 83-95   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  76. The rainbow trout CMP-sialic acid synthetase utilizes a nuclear localization signal different from that identified in the mouse enzyme. 査読有り

    Tiralongo J, Fujita A, Sato C, Kitajima K, Lehmann F, Oschlies M, Gerardy-Schahn R, Münster-Kühnel AK.

    Glycobiology   17 巻   頁: 945-954   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Oral ingestion of mannose alters the expression level of deaminoneuraminic acid (KDN) in mouse organs 査読有り

    Go, S., Sato, C., and Kitajima, K.

    Glycoconjugate J.   23 巻   頁: 409-419   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Involvement of the alpha2,8-Polysialyltransferases II/STX and IV/PST in the Biosynthesis of Polysialic Acid Chains on the O-Linked Glycoproteins in Rainbow Trout Ovary 査読有り

    Asahina, S., Sato, C., Matsuno, M., Matsuda, T., Colley, K., and Kitajima, K.

    J. Biochem.   140 巻   頁: 687-701   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. Weaning-induced expression of a milk-fat globule protein, MFG-E8, in mouse mammary glands, as demonstrated by the analyses of its mRNA, protein and phosphatidylserine-binding activity 査読有り

    Nakatani, H., Aoki, N., Nakagawa, Y., Jin-No, S., Aoyama K, Oshima, K., Ohira, S., Sato, C., Nadano, D., Matsuda, T.

    Biochem J.   395 巻   頁: 21-30   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Hypoxic culture induces expression of Sialin, a sialic acid transporter, and cancer-associated gangliosides containing non-human sialic acid on human cancer cells 査読有り

    Yin, J., Hashimoto, A., Izawa, M., Miyazaki, K., Chen G-Y., Takematsu, H., Kozutsumi, Y., Suzuki, A., Furuhata, K., Cheng, F.-L. Lin, C.-H., Sato, C., Kitajima, K., and Kannagi, R.

    Cancer Res.   66 巻   頁: 2937-2945   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. N-Linked oligosaccharides on chondroitin 6-sulfotransferase-1 are required for production of the active enzyme, golgi localization, and sulfotransferase activity toward keratan sulfate 査読有り

    Yusa, A., Kitajima, K., and Habuchi, O.

    J. Boil. Chem.   281 巻   頁: 20393-20403   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Identification of disialic acid-containing glycoproteins in mouse serum: a novel modification of immunoglobulin light chains, vitronectin, and plasminogen 査読有り

    Yasukawa, Z., Sato, C., Sano, K., Ogawa, H. and Kitajima, K.

    Glycobiology   166 巻   頁: 651-665   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. KDN (Deaminated neuraminic acid): Dreamful past and exciting future of the newest member of the sialic acid family 査読有り

    Inoue, S. and Kitajima, K.

    Glycoconjugate J.   23 巻   頁: 277-290   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  84. *Flagellasialin: a novel sulfated alpha2,9-linked polysialic acid glycoprotein of sea urchin sperm flagella 査読有り

    Miyata, S., Sato, C., Kumita, H., Toriyama, M., Vacquier, V. D., and Kitajima, K.

    Glycobology   166 巻   頁: 1229-1241   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We previously demonstrated that the sea urchin, Hemicentrotus pulcherrimus, sperm flagellum glycoprotein with a diverse molecular weight of 40-80 kDa range was modified with a new type of polysialic acid structure, HSO3→8Neu5Acα2→9(Neu5Acα2→9)n-2Neu5Acα2→6GalNAcα1→Thr (n, on average 15) (Miyata et al. (2004) Glycobiology, 14, 827-840). In this study, we have purified the 40-80 kDa glycoprotein, designated flagellasialin, and cloned its cDNA. Flagellasialin is a 96-amino acid, threonine-rich, heavily O-glycosylated (80-90% by weight) glycoprotein with a single transmembrane segment, and is specifically expressed in testis. It was found that of 12 threonine residues in the extracellular region of flagellasialin, 8 residues were O-glycosylated and 3 residues were non-glycosylated confirmed by MALDI-TOF-MS and Edman degradation. The structure of flagellasialin from different sea urchin species, Strongylocentrotus purpuratus and Strongylocentrotus franciscanus, were also determined to ascertain if there were any species-specific differences in flagellasialin. The amino acid sequences of three flagellasialin were 100% identical. However, the core glycan structures and the proportions of polyNeu5Ac-containing O-glycans were different among three species. Finally, antisera against α2,9-linked polyNeu5Ac structure, which recognize flagellasialin, inhibited sea urchin fertilization and reduced sperm motility. All these results suggest that polysialylated flagellasialin is highly concerved among sea urchin and that α2,9-linked polysialic acid is involved in sperm activity in fertilization.

  85. Development of a simple and efficient method for assaying cytidine monophosphate sialic acid synthetase activity using an enzymatic reduced nicotinamide adenine dinucleotide/oxidized nicotinamide adenine dinucleotide converting system 査読有り

    Fujita, A., Sato, C., Munster-Kuhnel, A.-K., Gerardy-Schahn, R., and Kitajima, K.

    Anal. Biochem.   337 巻   頁: 12-21   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. Inflammation-dependent changes in α2,3-, α2,6-, and α2,8-sialic acid glycotopes on serum glycoproteins in mouse 査読有り

    Yasukawa, Z., Sato, C., and Kitajima, K.

    Glycobiology   15 巻   頁: 827-837   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Distal myopathy with rimmed vaculoes: Impared O-glycan formation in muscular glycoproteins 査読有り

    Tajima, Y., Uyama, E., Go, S., Sato, C., Tao, N., Kotani, M., Hino, H., Suzuki, A., Sanai, Y., Kitajima, K., and Sakuraba, H.

    Amer. J. Pathol.   166 巻   頁: 1121-1130   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Probing a CMP-Kdn synthetase by 1H, 31P and STD NMR spectroscopy 査読有り

    Haselhorst, T., Munster-Kuhnel, A.-K., Stolz, A., Oschlies, M., Tiralongo, J., Kitajima, K., Gerardy-Schahn, R., and von Itzstein, M.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   327 巻   頁: 565-570   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. N-linked oligosaccharides are required to produce and stabilize the active form of chondroitin 4-sulfotransferase-1 査読有り

    Yusa, A., Kitajima, K., and Habuchi, O.

    Biochem. J.   388 巻   頁: 115-121   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. A major flagellum sialoglycoprotein in sea urchin sperm contains a novel polysialic acid, an α2,9-linked poly-N-acetylneuraminic acid chain, capped by an 8-O-sulfated sialic acid residue 査読有り

    Miyata, S., Sato, C., Kitamura, S., Toriyama, M.,and Kitajima, K.

    Glycobiology   141 巻   頁: 827-840   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Specificity of human trans-sialidase as probed with gangliosides. 査読有り

    Nikonova, E.Y., Tertov, V.V., Sato C, Kitajima K, and Bovin, N.V.

    Bioorg Med Chem. Lett.   141 巻   頁: 5161-5164   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Alpha-C-Mannosyltryptophan is not recognized by conventional mannose-binding lectins 査読有り

    Nishikawa T, Kajii S, Sato C, Yasukawa Z, Kitajima K, and Isobe M.

    Bioorg Med Chem.   12 巻   頁: 2343-2348   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Surface plasmon resonance study of carbohydrate-carbohydrate interaction between various gangliosides and Gg3-carrying polystyrene 査読有り

    Matsuura, K., Oda, R., Kitakouji, H., Kiso, M., Kitajima, K., and Kobayashi, K.

    Biomacromolecules   5 巻   頁: 937-941   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. A newly identified zona pellucida glycoprotein, ZPD, and domeric ZP1 of chicken egg envelope are involved in sperm activation on sperm-egg 査読有り

    Okumura, H., Khono, Y., Iwata, Y., Mori, H., Aoki, N., Sato, C., Kitajima, K., Nadano, D., and Matsuda, T.

    Biochem. J.   384 巻   頁: 191-199   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Developmental expression of a sialyltransferase responsible for sialylation of cortical alveolus glycoprotein during oogenesis in rainbow trout (Oncorhynchus mykiss) 査読有り

    Asahina, S., Sato, C., and Kitajima, K.

    J. Biochem. (Tokyo)   136 巻   頁: 189-198   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. 受精・発生と糖鎖認識の研究における最近の発展 査読有り

    北島健

    生化学   76 巻   頁: 191-200   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  97. "A 33-kDa allergen from rice (Oryza sativa L. Japonica). cDNA cloning, expression, and identification as a novel glyoxalase I."

    "Usui, Y., Nakase, M., Hotta, H., Urisu, A., Aoki, N., Kitajima, K., and Matsuda, T."

    J. Biol. Chem.   276 巻   頁: 11376-11381   2002年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Molecular cloning of a unique CMP-sialic acid synthetase which effectively utilizes both deaminoneuraminic Acid (KDN) and N-acetylneuraminic acid (Neu5Ac) as substrates.

    "Nakata, D., Munster, A.-K., Gerardy-Schahn, R., Aoki, N., Matsuda, T., and Kitajima, K."

    Glycobiology   11 巻   頁: 685-692   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Morphological and biochemical changes of isolated chicken egg-envelope during sperm penetration: Degradation of the 97 kilodalton glycoprotein is involved in sperm-driven hole formation on the egg-envelope.

    "Takeuchi, Y., Cho, R., Iwata, Y., Nishimura, K., Kato, T., Aoki, N., Kitajima, K., and Matsuda, T."

    Biology of Reproduction   64 巻   頁: 822-830   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. "Detection of di-, oligo-, and polysialic acid in glycoproteins." 招待有り

    "Sato, C., Kitajima, K."

    Recent Research Developments in Analytical Biochemistry   "Transworld Research Network Publisher, India" 巻   頁: in press   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  101. CA15. Oligosialic acid as a differentiation-associated antigen in human haemotoietic cell line HL60. Part 4 Carbohydrate and lectin. 招待有り

    "Sato, C., Matsuda, T., and Kitajima, K."

    "Leucocyte typing VII (Mason et al., eds)"     頁: in press   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  102. CA3. Carbohydrate-recognizing monoclonal antibodies as revealed by ELISA using phosphatidylethanolamine-conjugated oligosacharides as antigens. Part 4 Carbohydrate and lectin. 招待有り

    "Sato, C., Matsuda, T., and Kitajima, K."

    "Leucocyte typing VII (Mason et al., eds)"     頁: in press   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  103. "Identification and adipocyte differentiation-dependent expression of the unique disialic acid residue in an adipose tissue-specific glycoprotein, adipo Q."

    "Sato, C., Yasukawa, Z., Honda, N., Matsuda, T., and Kitajima, K."

    Journal of Biological Chemistry   276 巻   頁: 28849-28856   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Occurrence of oligosialic acids on integrin alpha-5 subunit and thier involvement in cell adhesion to fibronectin.

    "Nadanaka, S., Sato, C., Kitajima, K., Katagiri, K., Irie, S., and Yamagata, T."

    Journal of Biological Chemistry   276 巻   頁: 33657-33664   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Carbohydrate-recognizing monoclonal antibodies as revealed by ELISA using phosphatidylethanolamine-conjugated oligosacharides as antigens.

    Leucocyte typing VII (Mason et al., eds), Oxford University Press     頁: in press   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  106. Occurrence of oligosialic acids on integrin alpha-5 subunit and thier involvement in cell adhesion to fibronectin.

    J. Biol. Chem.   276 巻   頁: 33657-33664   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  107. Identification and adipocyte differentiation-dependent expression of the unique disialic acid residue in an adipose tissue-specific glycoprotein, adipo Q.

    J. Biol. Chem.   276 巻   頁: 28849-28856   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  108. Molecular cloning of a unique CMP-sialic acid synthetase which effectively utilizes both deaminoneuraminic acid (KDN) and N-acetylneuraminic acid (Neu5Ac) as substrates

    Glycobiology   11 巻   頁: 685-692   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  109. Detection of di-, oligo-, and polysialic acid in glycoproteins.

    Recent Research Developments in Analytical Biochemistry     頁: in press   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  110. Oligosialic acid as a differentiation-associated antigen in human haemotoietic cell line HL60.

    Leucocyte typing VII (Mason et al., eds), Oxford University Press     頁: in press   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  111. Morphological and biochemical changes of isolated chicken egg-envelope during sperm penetration: Degradation of the 97 kilodalton glycoprotein is involved in sperm-driven hole formation on the egg-envelope.

    Biol. Reprod.   64 巻   頁: 822-830   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  112. "Co-localization of receptor and transducer proteins in the glycosphingolipid-enriched, low density, detergent-insoluble membrane fraction of sea urchin sperm."

    "Ohta, K., Sato, C., Matsuda, T., Toriyama, M., Vacquier, V. D., Lennarz, W. J., and Kitajima, K."

    Glycoconjugate Journal   17 巻   頁: 205-214   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. "Frequent occurrence of pre-existing alpha2,8-linked disialic and oligosialic acids with chain lengths up to 7 Sia residues in mammalian brain glycoproteins. Prevalence revealed by highly sensitive chemical methods and anti-di-, oligo, and polysialic acid antibodies specific for defined chain lengths."

    "Sato, C., Fukuoka, H., Ohta, K., Matsuda, T., Koshino, R., Kobayashi, K., Troy, F. A. II,, and Kitajima, K."

    Journal of Biological Chemistry   275 巻   頁: 15422-15431   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Lipid raft on gametic cells as a functional domain for sperm-egg interaction coupled with signal transduction. 招待有り

    "Ohta, K., Sato, C., Matsuda, T., Toriyama, M., Vacquier, V. D., Hirohashi, N., Lennarz, W. J., and Kitajima, K."

    Zygote   8 (Suppliment) 巻   頁: S56   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  115. 細胞間接着における糖鎖-糖鎖相互作用 招待有り

    北島健

    "季刊「化学総説」季刊「化学総説」No. 48「糖鎖分子の設計と生理機能」日本化学会編,学会出版センター,pp.199-207"   "48「糖鎖分子の設計と生理機能」日本化学会編,学会出版センター" 巻   頁: pp.199-207   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  116. Molecular cloning and expression of the mouse N-acetylneuraminic acid 9-phosphate synthase which has not the deaminoneuraminic acid (KDN) 9-phosphate synthase activity.

    "Nakata, D., Close, B. E., Colley, K. J., Matsuda, T., and Kitajima, K."

    Biochemical and Biophysical Research Communication   273 巻   頁: 642-648   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Molecular cloning and expression of the mouse N-acetylneuraminic acid 9-phosphate synthase which has not the deaminoneuraminic acid (KDN) 9-phosphate synthase activity.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   273 巻 ( 2 ) 頁: 642-648   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  118. Lipid raft on gametic cells as a functional domain for sperm-egg interaction coupled with signal transduction.

    Zygote   8 巻   頁: S56   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  119. Co-localization of receptor and transducer proteins in the glycosphingolipid-enriched, low density, detergent-insoluble membrane fraction of sea urchin sperm.

    Glycoconjugate Journal   17 巻   頁: 205-214   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  120. Frequent occurrence of pre-existing alpha-2,8-linked disialic and oligosialic acids with chain lengths up to 7 Sia residues in mammalian brain glycoproteins: Prevalence revealed by highly sensitive chemical methods and anti-di-, oligo, and polysialic acid antibodies specific for defined chain lengths.

    J. Biol. Chem.   275 巻   頁: 15422-15431   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  121. 細胞間接着における糖鎖-糖鎖相互作用

    季刊化学総説「糖鎖分子の設計と生理機能」   48 巻   頁: 199-207   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  122. "A 42-kDa glycoprotein from chicken egg-envelope, an avian homolog of the ZPC family glycoproteins in mammalian zona pellucida. Its first identification, cDNA cloning and granulosa cell-specific expression."

    "Takeuchi, T., Nishimura, K., Aoki, N., Adachi, T., Sato, C., Kitajima, K., and Matsuda, T."

    European Journal of Biochemistry   273 巻   頁: 21526-21530   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. Glycobiology of di and oligosialyl glycotopes. 招待有り

    "Sato, C., and Kitajima, K."

    Trends in Glycoscience Glycotechnology   11 巻   頁: 371-390   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  124. Elevated expression of free deaminoneuraminic in mammalian cells cultured in mannose-rich media.

    "Angata, T., Nakata, D., Matsuda, T., and Kitajima, K."

    Biochemical and Biophysical Research Communication   261 巻   頁: 326-331   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  125. Fluorescent-assisted detection of oligosialyl units glycoconjugates.

    "Sato, C., Inoue, S., Matsuda, T., and Kitajima, K.,"

    Analytical Biochemistry   266 巻   頁: 102-109   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  126. Fluorescent-assisted detection of oligosialyl units in glycoconjugates.

    "Sato, C., Inoue, S., Matsuda, T., and Kitajima, K."

    Analytical Biochemistry   267 巻   頁: 102-109   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  127. Occurrence of a2ョ8-linked oligosialic acid residues in mammalian glycoproteins. 招待有り

    "Kitajima, K., Sato, C., Honda, N., Matsuda, T., Yokoyama, M.-H., Close, B. E., and Colley, K. J."

    Sialobiology and Other novel Form of Glycosylation   "a monograph (Inoue, Y., Lee, Y. C., and Troy, F. A., eds), , Gakushin Syuppan, Osaka, Japan" 巻   頁: pp.69-76   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  128. Identification of two discrete peptide:N-glycanases in Oryzias latipes during embryogenesis.

    "Seko, A., Kitajima, K., Iwamatsu, T., Inoue, S., and Inoue, Y."

    Glycobiology   9 巻   頁: 887-895   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. Cholesterol-dependent localization of NAP-22 on a neuronal membrane microdomain (Raft).

    "Maekawa, S., Sato, C., Kitajima, K., Kumanogoh, H., Funatsu, N., and Sokawa, Y."

    Journal of Biological Chemistry Biological   274 巻   頁: 21369-21374   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. Isolation and characterization of low density detergent-insoluble membrane (LD-DIM) fraction from sea urchin sperm.

    "Ohta, K., Sato, C., Matsuda, T., Toriyama, M., Lennarz W. J., and Kitajima, K."

    Biochemical and Biophysical Research Communication   258 巻   頁: 616-623   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  131. Lactation-dependent expression of an mRNA splice variant with an exon for a multiply O-glycosylated domain of mouse milk fat glubule glycoprotein MFG-E8.

    "Oshima, K., Aoki, N., Negi, M., Kishi, M., Kitajima, K., and Matsuda, T."

    Biochemical and Biophysical Research Communication   254 巻   頁: 522-528   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  132. Biosynthesis of KDN (2-keto-3-deoxy-D-glycero-D-galacto-nononic acid). Identification and Characterization of a KDN-9-phosphate Synthetase Activity from Trout Testis.

    "Angata, T., Nakata, D., Matsuda, T., Kitajima, K., and Troy, F. A. II"

    Journal of Biological Chemistry   274 巻   頁: 22949-22956   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  133. Biosynthesis of KDN (2-keto-3-deoxy-D-glycero-D-galacto-nononic acid). Identification and characterization of a KDN-9-phosphate synthetase activity from trout testis.

    J. Biol. Chem.   274 巻   頁: 22949-22956   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  134. Elevated expression of free deaminoneuraminic in mammalian cells cultured in mannose-rich media.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   261 巻   頁: 326-331   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  135. Identification of two discrete peptide:N-glycanases in Oryzias latipes during embryogenesis.

    Glycobiology   9 巻   頁: 887-895   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  136. Lactation-dependent expression of an mRNA splice variant with an exon for a multiply O-glycosylated domain of mouse milk fat glubule glycoprotein MFG-E8.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   254 巻   頁: 522-528   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  137. Cholesterol-dependent localization of NAP-22 on a neuronal membrane microdomain (Raft).

    J. Biol. Chem.   274 巻   頁: 21369-21374   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  138. Fluorescent-assisted detection of oligosialyl units in glycoconjugates.

    Analytical Biochemistry   266 巻   頁: 102-109   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  139. A 42-kDa glycoprotein from chicken egg-envelope, an avian homolog of the ZPC family glycoproteins in mammalian zona pellucida. Its first identification, cDNA cloning and granulosa cell-specific expression.

    Eur. J. Biochem.   273 巻   頁: 21526-21530   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  140. Glycobiology of di and oligosialyl glycotopes.

    Trends Glycosci. Glycotechnol.   11 巻   頁: 371-390   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  141. Isolation and characterization of low density detergent-insoluble membrane (LD-DIM) fraction from sea urchin sperm.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   258 巻   頁: 616-623   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  142. A method for determination of UDP-GlcNAc: GlcNAcβ1-6(GlcNAcβ1-2)Man1-R[GlcNAc to Man] β1-4N-acetylglucosaminyl transferase VI activity using a pyridylaminated tetraantennary oligosaccharide as an acceptor substrate.

    "Taguchi, T., Ogawa, T., Kitajima, K., Inoue, S., Inoue, Y., Ihara, Y., Sakamoto, Y., Nagai, K., and Taniguchi, N.,"

    Analytical Biochemistry   255 巻   頁: 155-157   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  143. "Cloning a expression of an α-2,8-polysialyltransferase (STX) from Xenopus laevis."

    "Kudo, M., Takayama, E., Tashiro, K., Fukamachi, H., Nakata, T., Tadakuma, T., Kitajima, K., Inoue, Y., and Shiokawa, K.,"

    Glycobiology   8 巻   頁: 771-777   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. Avian egg coat glycoproteins: identification and characterization of homologues of mammalian zona pellucida glycoproteins.

    "Matsuda, T., Nishimura, K., Tsuda, T., Takeuchi, Y., Adachi, T., Aoki, N., and Kitajima, K."

    Zygote   6 巻   頁: S80-S81   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  145. Peptides glycosylated in the eoplasmic reticulum of yeast are subsequently deglycosylated by a soluble peptide N-glycanase activity.

    "Suzuki, T., Park, H., Kitajima, K., and Lennarz, W. J.,"

    Jorunal of Biological Chemistry   273 巻   頁: 21526-21530   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. "Development of a highly sensitive chemical method to detect α-2,8-linked oligo/polysialic acid residues in glycoproteins blotted on the membrane."

    "Sato, C., Inoue, S., Matsuda, T., and Kitajima, K.,"

    Anal. Biochemistry   261 巻   頁: 191-197   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. Identification of oligo-N-glycolylneuraminic acid residues in mammal-derived glycoproteins by a newly developed immunochemical reagent a biochemical methods.

    "Sato, C., Kitajima, K., Inoue, S., and Inoue, Y.,"

    Jounal of Biological Chemistry   273 巻   頁: 2575-2582   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. "Synthesis of neoglycoconjugates containing deaminated neuraminic acid (KDN) using rat liver α2,6-sialyltransferase."

    "Angata, T., Matsuda, T., and Kitajima, K.,"

    Glycobiology   8 巻   頁: 277-284   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. 新しいシアル酸KDNの糖鎖科学の現状と展望 招待有り

    北島健

    バイオサイエンスとインダストリー   56 巻   頁: 659-664   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  150. "Structure and physiological activities of hyosophorin, a major cortical alveolus glycoprotein of fish eggs."

    "Kitajima, K., Taniguchi, J., Nakase, M., Kageyama, M., Matsuda, T., Sakagami, H., Inoue, S., and Inoue, Y."

    Zygote   6 巻   頁: S6-S7   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  151. "Iuction of KDNase Sm, a deaminoneuraminic acid (KDN) residue-specific sialidase from Sphingobacterium multivorum, using synthetic KDN-glycosides."

    "Fuchizawa, S., Furuhata, K., Matsuda, T., and Kitajima, K.,"

    Biochemical and Biophysical Research Communication   248 巻   頁: 505-510   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Development of an enzyme-linked immunoadsorbent assay- based method for measuring galactosyltransferase activity using a synthetic glycopolymer acceptor substrate.

    "Oubihi, M., Kitajima, K., Kobayashi, K., Adachi, T., Aoki, N., and Matsuda, T.,"

    Analytical Biochemistry   257 巻   頁: 169-175   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. Identification of oligo-N-glycolylneuraminic acid residues mammal-derived glycoproteins by a newly developed immunochemical reagent and biochemical methods.

    J. Biol. Chem   273 巻   頁: 2575-2582   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  154. 動物細胞におけるデアミノノイラミン酸(KDN)の生合成経路およびKDN複合糖質の発現の調節機構の解析

    生化学   70 巻   頁: 607   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  155. Avian egg coat glycoproteins : identification and characterzation of homologues of mammalian zona pellucida glycoproteins.

    Zygote   6 巻   頁: S80-S81   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  156. 新しいシアル酸KDNの糖鎖科学の現状と展望

    バイオサイエンスとインダストリー   56 巻   頁: 659-664   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  157. Development of an enzyme-linked immunosorbent assay(ELISA)-based method for measuring galactosyltrasferase activity using a synthetic glycopolymer acceptor substrate.

    Anal. Biochem. ,   257 巻   頁: 169-175   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  158. A method for determination of UDP-Glc NAc : GlcNAcβ1-6(GlcNAc(β1-2)Manα1-R[GlcNAc to Man]β 1-4 N-acetylglucosaminyltransferase (]G0006[) activity using a pyridylaminated tetraantennary oligosaccharide as an acceptor substrate.

    Anal. Biochem. ,   255 巻   頁: 155-157   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  159. Cloning and expression of an α2,8-polysialyltransferase(STX)from Xenopus aevis.

    Glycobiology   8 巻   頁: 771-777   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  160. Development of a highly sensitive chemical method to detect α2→8-linked oligo/polysialic acid residues in glycoproteins blotted on the membrane.

    Anal. Biochem.   261 巻   頁: 191-197   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  161. Induction of KDNase Sm, a deaminoneuraminic acid(KDN)residue-specific sialidase from Sphingobacterium multivorum, using synthetic KDN-glycosides.

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   248 巻   頁: 505-510   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  162. Synthesis of neoglycoconjugates containing deaminated neuraminic acid(KDN)using rat liver α2,6-sialytransferase.

    Glycobiology   8 巻   頁: 277-284   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  163. Peptides glycosylated in the endoplasmic reticulum of yeast are subsequently deglycosylated by a soluble peptide : N-glycanase activity.

    J. Biol. Chem. ,   273 巻   頁: 21526-21530   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  164. Structure and physiological activities of hyosophorin, a major cortical alveolus glycoprotein of fish eggs.

    Zygote   6 巻   頁: S6-S7   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  165. Activity of UDP-GlcNAc: GlcNAcβ1-6(GlcNAcβ1-2)Man1-R[GlcNAc to Man]β1-4-N-acetyl glucosaminyl transferase VI(GnT VI) from the ovaries of Oryzias latipes (Medaka fish).

    "Taguchi, T., Kitajima, K., Inoue, S., Inoue, Y., Yang, J.-M., Schachter, H., and Brockhausen, I.,"

    Biochemical and Biophysical Research Communication   230 巻   頁: 533-536   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. "Catalysis by a new sialidase, deaminoneuraminic acid residue-cleaving enzyme (KDNase Sm), initially forms a less stable α-anomer of 3-deoxy-D-glycero-D-galacto-nononic acid a is strongly inhibited by the transition state analogue, 2-deoxy-2,3-dide hydro-D-glycero-D-galacto-2-nonulosonic acid, but not by 2-deoxy-2,3-didehydro-N-acetylneuraminic acid."

    "Terada, T., Kitajima, K., Inoue, S., Wilson, J. C., Norton, A. K., Kong, D. C. M., Thomson, R. J., von Itzstein, M., and Inoue, Y.,"

    Jornal of Biological Chemistry   272 巻   頁: 5452-5456   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. "Occurrence of terminal α2,8-linked disialylated poly-N-acetyllactosamine chains with LeX a I antigenic glycotopes in tetraantennary arms of an N-linked glycoprotein isolated from rainbow trout ovarian fluid."

    "Funakoshi, Y., Taguchi, Y., Sato, C., Kitajima, K., Inoue, S., Morris, H. R., Dell, A., and Inoue, Y.,"

    Glycobiology   7 巻   頁: 195-205   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. Combined chemical a enzymatic synthesis of a C-glycopeptide a its inhibitory activity toward glycosaminidases.

    "Wang, L.-X., Tang, M., Suzuki, T., Kitajima, K., Inoue, Y., Inoue, S., Fan, J.-Q., and Lee, Y. C.,"

    Jorunal of American Chemical Society   119 巻   頁: 11137-11146   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. KDN:ユニークなシアル酸の世界(Recent Advances in KDN Glycoscience) 招待有り

    北島健

    バイオインダストリー   14 巻   頁: 11-21   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  170. 新しいシアル酸KDNの糖鎖生物学の最近の発展(Recent advances in glycobiology on KDN-containing glycoconjugates) 招待有り

    北島健、井上貞子、井上康男

    生化学   68 巻   頁: 44-51   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  171. Site-sepcific de-N-glycosylation of diglycosylated ovalbumin in hen oviduct by eogenous peptide: N-glycanase as a quality control system for newly synthesized proteins.

    "Suzuki, T., Kitajima, K., Emori, Y., Inoue, Y., and Inoue, S.,"

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   94 巻   頁: 6244-6249   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  172. "Proton NMR study of triantennary complex type N-linked glycan chains: assignment of protein chemical shifts of the β-Man residue in a basic unit of the triantennary glycan chain having a GlcNAcβ1,6Manα1,6Manβ1-sequence."

    "Taguchi, T., Muto, Y., Kitajima, K., Yokoyama, S., Inoue, S., and Inoue, Y.,"

    Glycobiology   7 巻   頁: 31-36   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. 新しいシアル酸KDNの糖鎖生物学の最近の発展

    生化学   69 巻 ( 1 ) 頁: 44-51   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  174. Proton NMR study of triantennary complex type N-linked glycan chains : assignment of proton chemical shifts of the β-Man residue in a basic unit of the triantennary glycan chain having a GlcNAc β1→6Man α1→6Man β→Sequence(共著)

    Glycobiology   7 巻 ( 1 ) 頁: 31-36   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  175. Site-specific de-N-glycosylation of diglycosylated ovalbumin in hen oviduct byendogenous PNG ase as a quality control systemfor newly synthesized proteins(共著)

    Proc. National Academy of Science   94 巻   頁: 6244-6249   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  176. Activity of UDP-GlcNAc : GlcNAcβ1→6(GlcNAcβ1→2)Man α1→R[GlcNAc to Man]β1→4N-acetylglucosaminyl-transferase Vl(GnT Vl)from The ouaries of Oryzias latibes(Medake fish)(共著)

    Biochem. Biophys. Res. Commun.   230 巻   頁: 533-536   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  177. KDN:ユニークなシアル酸の世界

    バイオインダストリー   14 巻 ( 8 ) 頁: 11-21   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  178. 糖タンパク質における新しいシアル酸含有糖鎖構造とその機能

    日本農芸化学会誌   72 巻   頁: 452   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  179. Catalysis by a new sialidase, deaminoneuraminic acid residue-cleaving enzyme(KDNase Sm), initially forms a less stable α-arromer of KDN and is strongly in kibited by the transition-state analogue, KDN2en, but not Neu5 Ac2en. (共著)

    The Journal of Biological Chemistry   272 巻 ( 9 ) 頁: 5452-5456   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  180. "Characterization of the major core structures of the α2,8-linked polysialic acid-containing glycan chains present in neural cell adhesion molecule (N-CAM) in embryonic chick brains."

    "Kudo, M., Kitajima, K., Inoue, S., Shiokawa, K., Morris, H. R., Dell, A., and Inoue, Y.,"

    Jorunal of Biological Chemistry   271 巻   頁: 326667-32677   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. Occurrence a precise structural analysis of highly sulfated multiantennary N-linked glycan chains derived from a fertilization-associated carbohydrate-rich glycoprotein in unfertilized eggs of Tribolodon hakonensis.

    "Taguchi, T., Iwasaki, M., Muto, Y., Kitajima, K., Inoue, S., Khoo, K.-H., Morris, H. R., Dell, A., and Inoue, Y.,"

    European Jornal of Biochemistry   238 巻   頁: 357-367   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. Isolation a identification of novel sulfated a nonsulfated oligosialyl glycosphingolipids from sea urchin sperm.

    "Ijuin, T., Kitajima, K., Yu, S., Kitazume, S., Inoue, A., Haslam, S. M., Morris, H. R., Dell, A., and Inoue, Y.,"

    Glycoconjugate Journal   13 巻   頁: 401-413   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  183. "The occurrence of novel 9-O-sulfated N-glycolylneuraminic acid-cappedα2,5-Oglycolyl-linked oligo/polyNeu5Gc chains in sea urchin egg cell surface glycoprotein. Identification of a new chain termination signal for polysialyltransferase."

    "Kitazume, S., Kitajima, K., Inoue, S., Haslam, S. M., Morris, H. R., Dell, A., Lennarz, W. J., and Inoue, Y.,"

    Jornal of Biological Chemistry   271 巻   頁: 6694-6701   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. "Occurrence of poly α2,8 deaminoneuraminic acid (KDN) in mammalian tissues: Widespread a developmentally-regulated but highly selective expression on glycoproteins."

    "Ziak, M., Qu, B., Zuo, X., Zuber, C., Kanamori, A., Kitajima, K., Inoue, S., Inoue, Y., and Roth, J.,"

    Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.   93 巻   頁: 2759-2763   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  185. "Iuction, localization, a purification of a novel sialidase, deaminoneuraminidase (KDNase), from Sphingobacterium multivorum."

    "Nishino, S., Kuroyanagi, H., Terada, T., Inoue, S., Inoue, Y., Troy, F. A., II, and Kitajima, K.,"

    Journal of Biological Chemistry   271 巻   頁: 2909-2913   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. Structure and function of N-glycosylated glycoprotein in fish eggs and embryos.

    "Kitajima, K."

    Nippon Suisan Gakkaishi   62 巻   頁: 289-290   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  187. "Identification of 2-keto-3-deoxy-D-glycero-D-galacto-nononic acid (KDN, deaminoneuraminic acid) residues in mammalian tissues a human lung carcinoma cells. Chemical evidence of the occurrence of KDN glycoconjugates in mammals."

    "Inoue, S., Kitajima, K., and Inoue, Y.,"

    Journal of Biological Chemistry   271 巻   頁: 24341-24344   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  188. Substrate specificity of rainbow trout testis CMP-KDN synthetase. Kinetic studies of the CMP-KDN synthetase-catalyzed reaction of natural a synthetic analogues of nonulosonic acid.

    "Terada, T., Kitajima, K., Inoue, S., Koppert, K., Brossmer, R., and Inoue, R.,"

    European Journal of Biochemistry   236 巻   頁: 852-855   1996年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. Identification of 2-keto-3-deoxy-D-glycero-D-galacto-nononic acid(KDN, deaminoneuraminic acid)residues in mammalian tissues and human lung carcinoma cells. (共著)

    The Journal of Biological Chemistry   271 巻 ( 40 ) 頁: 24341-24344   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  190. Induction, localization, and purification of a novel sialidase, deaminoneuraminidase (KDNase), from Sphingobocteriun multivorum.

    The Journal of Biological chemistry   271 巻 ( 6 ) 頁: 2909-2913   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  191. Characterization of the major core structures of the α2→8-linked polysialic acid-containing glycan chains present in neural cell adhesion molecule in embryonic chick brains. (共著)

    The Journal of Biological Chemistry   271 巻 ( 51 ) 頁: 32667-32677   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  192. Isolation and identification of novel sulfated and nonsulfated oligosialyl glycosphingolipids from sea urchin sperm.

    Glycoconjugate Journal   13 巻 ( 3 ) 頁: 401-413   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  193. Substrate specificity of rainbow trout testis CMP-3-deoxy-D-glycero-D-galaeto-noncelosonic acicl (CMP-Kdn) synthe tase. Kinetic studies of the reaction of natural and synthetic analogues of ncnulosonic acid catalyzed by CMP-Kdn syuthefase.(共著)

    European Journal of Biochemistry   236 巻   頁: 852-855   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  194. Occurrence of poly(α2,8-deamino neuraminic acid) in mammalian tissues: widespread and developmentally regulated but highly selective expression on glycoprotoins.(共著)

    Proclaim of National Academy of Science, U.S.A.   93 巻   頁: 2759-2763   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  195. 魚卵に学ぶ:N-グリコシド型糖タンパク質の構造と機能

    日本水産学雑誌   62 巻 ( 2 ) 頁: 289-290   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  196. The occurrence of novel 9-O-Sulfated N-glycolylneuraminic acid-capped α2→5-Oglycolyl-limked oligo/poly Neu5Gc chains in Sea urchin egg cell surface glycoprotein. Identification of a new chain termination signal for polysialyltransferse.(共著)

    The Journal of Biological Chemistry   271 巻 ( 12 ) 頁: 6694-6701   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  197. Occurrence and structural analysis of highly sulfated multiantennary N-lmked glycan chains derived from a fertilization-associated carbohydrate-rich glycoprotein in unfertilized eggs of Tribolodon hakonensis. (共著)

    European Journal of Biochemistry   238 巻   頁: 357-367   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  198. Expression of new KDN-gangliosides in rainbow trout testis during spermatogenesis a their structural identification.

    "Yu, S., Kitajima, K., Inoue, S., Khoo, K.-H., Morris, H. R., Dell, A., and Inoue, Y.,"

    Glycobiology   5 巻   頁: 207-218   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. A precise structural analysis of a fertilization-associated carbohydrate-rich glycopeptide isolated from the fertilized eggs of euryhaline killi fish (Fuulus heteroclitus). Novel pentaantennary N-glycan chains with a bisecting N-acetylglucosaminyl residue.

    "Taguchi, T., Kitajima, K., Muto, T., Inoue, S., Khoo, K.-H., Morris, H. R., Dell, A., Wallace, R. A., Selman, K., and Inoue, Y.,"

    Glycobiology   5 巻   頁: 611-624   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. Complete assignment of carbon-13 NMR resonances to all the carbon atoms of the trimannosido-di-N-acetylchitobiosyl structure in a pentaantennary decasaccharide glycopeptide.

    "Taguchi, T., Kitajima, K., Niimi, T., Muto, Y., Yokoyama, S., Inoue, S., and Inoue, Y.,"

    Carbohydr. Res.   275 巻   頁: 185-191   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. N-Glycosylation/deglycosylation as a mechanism for the post-translational modification/remodification of proteins.

    "Suzuki, T., Kitajima, K., Inoue, S., and Inoue, Y.,"

    Glycoconjugate Journal   12 巻   頁: 183-193   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. Carbohydrate-biing property of peptide: N-glycanase (PNGase) from mouse fibroblast L-929 cells as evaluated by inhibition a biing experiments using various oligosaccharides.

    "Suzuki, T., Kitajima, K., Inoue, S., and Inoue, Y.,"

    Journal of Biological Chemistry   270 巻   頁: 15181-15186   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  203. Identification a distribution of peptide: N-glycanase (PNGase) in mouse organ.

    "Kitajima, K., Suzuki, T., Kouchi, Z., Inoue, S., and Inoue, Y.,"

    Arch. Biochem. Biophys.   319 巻   頁: 393-401   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  204. Proton NMR study of the trimannosyl unit in a pentaantennary N-linked decasaccharide structure. Complete assignment of the proton resonances a conformational characterization.

    "Taguchi, T., Kitajima, K., Muto, Y., Yokoyama, S., Inoue, S., and Inoue, Y.,"

    European Jornal of Biochemistry   288 巻   頁: 822-829   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  205. "Characterization of the antigenic specificity of four different anti-(α2,8-linked polysialic acid) antibodies using lipid-conjugated oligo/polysialic acids."

    "Sato, C., Kitajima, K., Inoue, S., Seki, T., Troy, F. A., II, and Inoue, Y.,"

    Journal of Biological Chemistry   270 巻   頁: 18923-18928   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  206. A precise structural analysis of a fertilization-associated carbohydrate-rich glycopeptide isolated from the fertilized eggs of euryhaline killi fish (Fundulus heteroclitus). Novel qenta-antennary N-glycar chains coith a bisecting N-acetylqlucosampyl residel,

    Glycobiology   5 巻 ( 6 ) 頁: 611-624   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  207. Proton NMR study of the triomannosyl unit in a pentaanternary N-linked decasaccharide structure (共著)

    European Journal of Biochemistry   228 巻   頁: 822-829   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  208. Complete assignments of BC NMR resonance to all the carbon atoms of the trimannosido-di-N-acetylchitobiosyl structure in a pentaantennary decusaccharide glycopepticle.(共著)

    Carbohyclrate Researoh   275 巻   頁: 185-191   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  209. I dentification and distribution of peptide: N-glycanase (PNGose) in mouse organs.

    Archives of Biochemistry and Bioplcysics   319 巻 ( 2 ) 頁: 393-401   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  210. Carbohydrate-binding property of peptide: N-glyecanase from mouse fibroblast L-929 cells as evaluated by inhibition and binding experiments using various oligosaccharides.

    The Journal of Biological Chemistry   270 巻 ( 25 ) 頁: 15181-15186   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  211. Characterization of the antigenic specificity of four different anti(α2→8-linked polysialit acid) antibodies using lipid- conjugated oligo/polysialic acids.(共著)

    The Journal of Biologicol chemistry   270 巻 ( 32 ) 頁: 18923-18928   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  212. Expression of new KDN-gangliosides in rainbow trout testis during spermatogenesis and their structural identification (共著)

    Glycobiology   5 巻 ( 2 ) 頁: 207-218   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  213. N-Glycosylation/deglycosylation as a mechanism for the post-translational modification/remodification of proteins(共著)

    Glycoconjugate Journal   12 巻 ( 1 ) 頁: 183-193   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  214. Discovery of a New type of sialidase, "KDN ase, " which specifically hydrolyzes deamironeuraminyl (3-deoxy-D-glycero-D-galacto-2-nonulosonic acid) but not N-acylneuraminyl linkages

    The Journal of Biological Chemistry   269 巻 ( 34 ) 頁: 21415-21419   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  215. Occurrence and biological roles of 'proximal glycanases' in animal cells (共著)

    Glycobiology   4 巻 ( 6 ) 頁: 777-789   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  216. Calcium ion binding of three different types of oligo/polysialic acids as studied by equilibrium dialysis and circular dichroic methods (共著)

    Biochemistry   33 巻 ( 5 ) 頁: 1202-1208   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  217. Differential reactivity of two types of N-ghycolylneuraminic acid dimers toward enzymatic and nonenzymatic hydrolysis of their interketosidic linkages (共著)

    Biochemical and Biophysical Research Communication   205 巻 ( 1 ) 頁: 893-898   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  218. Identification, characterization, and developmental Expression of a novel α2→8-KDN-transferase which terminates elongation of α2→8-linked oligo-polgsialic acid chain synthesis in trout egg polysialoglycoproteins (共著)

    Glycoconjugate Journal   11 巻   頁: 493-499   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  219. Does an animal peptide : N-glycanase have the dual role as an enzyme and a carbohydrate-binding protein ? (共著)

    Glycoconjugate Journal   11 巻   頁: 469-476   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  220. Purification and enzymatic properties of peptide : N-glycanase from C3H mouse-derived L-929 fibroblast cells. (共著)

    The Journal of Biological Chemistry   269 巻 ( 26 ) 頁: 17611-17618   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  221. Isolation, structural determination, and calcium-binding properties of the major glycoprotein present in Bufo Japouicus japonicus egg jelly (共著)

    European Journal of Biochemistry   223 巻   頁: 223-231   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  222. Identification of polysialic acids in glycoconjugates (共著)

    Methods in Enzymology   230 巻   頁: 460-484   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  223. Identification, developmental expression and tissue distribution of deaminonouraminate hydrolase (KDNase) activity in rainbow trout (共著)

    Glycobiology   4 巻 ( 4 ) 頁: 517-523   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  224. Developmental Expression of trout egg poly sialogly coproteis and the preroquisite α2,6-, and α2,8-sialyl and α2,8-poly-sialyltransferase activities required for their synthesis during oogenesis (共著)

    The Journal of Biological Chemistry   269 巻 ( 14 ) 頁: 10330-10340   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  225. Identification and structural determination of the KDN-containing N-linked glycan chains consisting of bi-and tri-dntennary complex-type units of KDN-glycoprotin previously isolated from rainbow trout vitelline envelopes (共著)

    Biochemistry   33 巻 ( 21 ) 頁: 6495-6502   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  226. Monoclonal antibody speatic for α2→8-linked olrgo dominated neuraminic acid (KDN) sequeuces in glycoproteins. Preparation and characterization of a manoclonal antibody and its application in immunohistochemistry (共著)

    Histochemistry   101 巻 ( 5 ) 頁: 333-340   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  227. Identification of polysialic acid-containing glyroprotein in the jelly coat of sea urchin eggs. (共著)

    The Journal of Biological Chuistry   269 巻 ( 36 ) 頁: 22712-22718   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  228. Structural studies of a novel type of penta artennary large glycan unit in the fertilization-associated carbohydraterich glycopeptide isolated from the fertilized eggs of Oryzias latipes (共著)

    The Journal of Biological Chemistry   269 巻 ( 12 ) 頁: 8762-8771   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  229. CMP-3-Deoxynonulosonate Synthetase which Catalyzes the Transfer of CMP to KDN from CTP : Partial Purification and Characterization of the Enzyme from Rainbow trout testis. (共著)

    Polysiolic Acid, Birkh(]J1103[)user-Verlag Basel, Switzerland     頁: 191-199   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  230. Analytical methods for identifying and quantitating poly (α2→8 Sia) structures containing Neu5Ac, Neu5Gc, and KDN.(共著)

    Polysialic acid, Birkh〓user-Verlag, Basel, 5witzerland     頁: 183-189   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  231. 鰓弁採取法で得た微量血漿試料の免疫化学試験によるサケ科魚種の早期雌雄判別法の開発と利用

    日本水産学雑誌   59 巻 ( 4 ) 頁: 593-600   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  232. Monoclonal Antibody Specific to α-2→3-Linked Deaminated Neuraminyl β-Galactosyl Sequence (共著)

    Glycobiology   3 巻   頁: 31-36   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  233. Synthesis of CMP-Deaminoneuraminic Acid (CMP-KDN) Usig the CTP : CMP-3-Deoxynonulosonate Cytidylyl-transferase from rainbow trout testis. (共著)

    The Journal of Biological Chemistry   268 巻   頁: 2640-2648   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  234. Structural diversity in the α2→8-linked polysiolic acid chains in Solmonid fish egg glycoproteins. (共著)

    The Journal Biological Chemistry   268 巻   頁: 23675-23684   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  235. Structure of novel gangliosides, deaminated neurominic acid (KDN)-containing glycosphingolipids, isolated from rainbow trout ovarian fluid (共著)

    Biochemistry   ( 32 ) 頁: 9221-9229   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  236. Structure studies of a novel type of tetraantennary sialoglycan unit in a carbohydrate-rich glycopeptide isolated from the fertilized eggs of Indian medaka fish, Oryzias melastigma (共著)

    The Journal of Biological Chemistry   268 巻   頁: 2353-2362   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  237. Identification of peptide : N-glycanase activity in mammalian-derived cultured cells (共著)

    Biochemical and Biophysical Research Communication   194 巻 ( 3 ) 頁: 1124-1130   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  238. Analytical Methods for Identifying and Quantitating Deamidated Sialic Acid and α2→8-Linked Poly(Oligo)nonulosonate Residues in Glycoconjugates

    Analytical Biochemistry   205 巻   頁: 244-250   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  239. KDN:新しいシアル酸アナログ

    蛋白質核酸酵素 共立出版   37 巻 ( 11 ) 頁: 1976-1981   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  240. Detection, isolation, and characterization of oligo/poly(sialic acid) and oligo/poly (deamino-niuraminic acid) units in glycoconjugates (共著)

    Analytical Biochemistry   202 巻   頁: 25-34   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  241. Fish egg glycophosphoproteins have species-specific N-linked glycan units previously found in a storage pool of free glycan chains (共著)

    The Journal of Biological Chemistry   267 巻 ( 34 ) 頁: 24287-24296   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  242. Peptide : N-glycanase activity found in the early embryos of Oryzias latipes (Medaka fish) (共著)

    The Journal of Biological Chemistry   266 巻 ( 33 ) 頁: 22110-22114   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  243. Isolation and structural elucidation of a novel type of ganglioside, deaminated neuraminic acid (KDN)-containing glycosphingolipid, from rainbow trout sperm. The first example of the natural occurrence of KDN-ganglioside, (KDN)GM3.(共著)

    The Journal of Biological Chemistry   266 巻 ( 22 ) 頁: 21929-21935   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  244. 性成熟遅延系(3年成熟)雌ニジマスの卵表層胞糖タンパク質による同定

    日本水産学雑誌   57 巻 ( 7 ) 頁: 1355-1364   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  245. Identification of free glycan chain liberated by de-N-glycosylation of the cortical alveolar glycoprotein (hyosophorin) during early embryogenesis of the medaka fish, Oryzias latipes.(共著)

    Biochemical and Biophysical Research Communication   180 巻 ( 3 ) 頁: 1165-1171   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  246. 魚卵表層胞局在主要糖タンパク質(hyosophorin)の構造と機能

    比較生理生化学   7 巻 ( 3 ) 頁: 125-132   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  247. Deaminated neuraminic acid-rich glycoprotein of rainbow trout egg vitelline envelope. Occurrence of a novel α-2,8-linked oligo(deaminated neuraminic acid) structure in O-linked glycan chains.(共著)

    The Journal of Biological chemistry   265 巻 ( 35 ) 頁: 21811-21819   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  248. New tandem-repeating peptide structures in pulysialo-ghycoproteins from the unfertilized eggs of kokanee salmon.(共著)

    Archives of Biochemistry and Biophysics   283 巻 ( 1 ) 頁: 167-172   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  249. Isolation and structures of glycoprotein-derived free sialooligosaccharide from the unfertilized eggs of Tribolodon hakonensis, a dace. Intracellular accumulation of a novel class of biantennary disialooligosaccharides.(共著)

    The Journal of Biological Chemistry   264 巻   頁: 18520-18526   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  250. Mitogenic activity of pine cone extracts against cultured splenocyta from normal and tumor-bearing animals.(共著)

    Anticancer Research   9 巻   頁: 961-966   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  251. Inhibition of herpes simplex virus infection by tannins and related compounds.(共著)

    Antiviral Research   11 巻   頁: 285-298   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  252. Structural Studies of Fertilization-associated Carbohydrate-rich Glycoproteins(Hyosophorin) Isolated from the Fertilized and Unfertilized Eggs of Flounder, Parolichthys olivaceus.

    The Journal of Biological Chemistry   264 巻 ( 27 ) 頁: 15922-15929   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  253. Isolation and Characterization of a Novel Type of Sialoglycoproteins(Hyosophorin)from the Egg of Medaka, Oryzias latipes : Nonapeptide with a Large N-Linked Glycan Chainasa Tandem Repeat Unit

    Developmental Biology   132 巻   頁: 544-553   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  254. Isolation and characterization of cleaminated neuraminic acid-rich glycoprotein (KDN-gp-OF) in the ovarian fluid of rainbow trout.(共著)

    Biochemical and Birophysical Research Communication   164 巻   頁: 1744-1749   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  255. Molecular Cloning and Characterization of cDNAs Coding for Apo-Polysialoglycoprotein of Rainbow trout Eggs.

    The Journal of Biological Chemistry   263 巻 ( 33 ) 頁: 17678-17684   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  256. A Proteinase Associated with Cortices of Rainbow Trout Eggs and Involved in Fertilization-Induced Depolymerlzation of Polysialoglycoproteins

    Developmental Biology   129 巻   頁: 270-274   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  257. Use of a Bacteriophage-derived Endo-N-acetylneuraminidase and an Equine Antipolysialyl Antibody to characterize the Polysialyl Residues in Salmonid Fish Egg Polysialoglycoproteins.

    The Journal of Biological Chemistry   263 巻 ( 34 ) 頁: 18269-18276   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  258. comparative Structures of the Apopolysialoglycoproteins from Unfertilized and Fertilized Eggs of Salmonid Fishes

    Biochemistry   27 巻   頁: 7141-7145   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  259. KDN-glycoprotein: A novel deaminated neuraminic acid-rich glycoprotein isolated from vitelline envelope of rainbow trout eggs.(共著)

    Biochemical and Biophysical Research Communication   153 巻   頁: 172-176   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  260. Localization of polysialoglycoprotein as a major glycoprotein component in cortical alveoli of the unfertilized eggs of Salmo gairclneri.(共著)

    Developmental Biology   123 巻   頁: 442-454   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  261. A naturally occurring deaminated neuraminic aced, 3-deoxy-D-glycero-D-galacto-nonulosonic acid (KDN). Its unique occurrence of the nonredueing encls of oligosialyl chains in polysialoglycoprotein of rainbow trout eggs.(共著)

    The Journal of Biological chemistry   261 巻   頁: 11550-11557   1986年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  262. Polysialoglycoproteins of Salmonidae Fish Eggs. Complete structure of 200-kDa polysialoglycoprotein from the unfertilizaed eggs of rainbow trout.

    The Journal of Biological Chemistry   261 巻 ( 12 ) 頁: 5262-5269   1986年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  263. A mechanistic consideration of the hydrazinolysis of 3-O-substituted, 2-acetgmido-2-deoxy-D-hexopyranosyl and-D-hexitol residues in the absence and presence of hydroziniun sulfate.(共著)

    Carbhyolrate Research   135 巻   頁: 342-347   1985年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  264. Fish Egg Polysialoglycoproteins : Circular Dichroism and Proton Nuclear Magnetic Resonance Studies of Novel Oligosaccharide Units Containing One Sialidase-Resistant N-Glycolylneuraminic Acid Residuein Each Molecule

    Biochemistry   23 巻   頁: 305-309   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  265. Novel oligosaccharide chains on polysialog lycoproteins isolated from rainbow trout eggs.(共著)

    Biochemistry   23 巻   頁: 305-310   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  266. Isolation and structures of the third mceJor type of carbohydrate units in polysialoglycoproteins from rainbow trout eggs.(共著)

    Biochemistry International   8 巻   頁: 573-579   1984年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 33

  1. 糖鎖生物学 査読有り

    北島健、佐藤ちひろ、門松健治、加藤晃一( 担当: 共編者(共編著者))

    名古屋大学出版会  2020年2月  ( ISBN:978-4-8158-0981-2

     詳細を見る

    総ページ数:306   担当ページ:306   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. Glycome: The Hidden Code in Biology 査読有り

    Chihiro Sato, Ken Kitajima( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 5. Polysialic Acid as an Integrative Decoder in Nervous and Reproductive Systems)

    nova science publisher  2021年5月  ( ISBN:978-1-53619-377-0

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. Role of polysialic acid in schizophrenia 査読有り

    Sato C., Hane M, Kitajima, K( 担当: 共著)

    Elsevier  2020年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: doi.org/10.1016/B978-0-12-819475-1.00026-2 1

  4. 未来を創るグライコサイエンス:我が国のロードマップ 査読有り

    北島健( 担当: 共著 ,  範囲: 3-44 遺伝子改変:小型魚類 (3))

    日本糖鎖科学コンソーシアム、エム ディー オー  2018年 

     詳細を見る

    総ページ数:333   担当ページ:227-229   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  5. Hsp70の酸性複合糖質結合活性の発見. 糖の意外な働き

    原田陽一郎、佐藤ちひろ、北島健( 担当: 共著)

    国際文献社  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 第2章糖鎖と生命 第1節 受精

    北島健( 担当: 単著)

    エヌ・ティー・エス  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. Polysialic acid

    Chihiro Sato, Ken Kitajima ( 担当: 共著)

    Springer  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  8. Polysialyltransferase assay

    Masaya Hane, Ken Kitajima, Chihiro Sato( 担当: 共著)

    Springer  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  9. Flagellasialin: A highly glycosylated GPI-anchored protein involved in intracellular Ca2+ regulation in sea urchin sperm.

    Kanazawa T**, Suzuki E*, Miyata S, Sato C, and Kitajima K.( 担当: 共著)

    Springer  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  10. Enzyme assay of polysialyltransferase

    Kitajima K, Sato C. ( 担当: 共著)

    JCGGDB  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  11. Advanced technologies in sialic acid and sialoglycoconjugate analysis

    Ken Kitajima, Nissi Varki, and Chihiro Sato.( 担当: 共著)

    Springer  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  12. N-acetylneuraminic acid 9-phosphatase (NANP)

    Ken Kitajima( 担当: 単著)

    Springer  2013年 

     詳細を見る

    総ページ数:5   記述言語:英語

  13. Biological problems, methods, and applications (The roles of carbohydrate binding in cell adhesion and inflammation.)

    Kitajima, K. and Sato, C.( 担当: 共著)

    John Wiley and Sons  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  14. Analysis of glycan-protein interaction by frontal affinity chromatofraphy and Biacore in Methods in Enzymology (Minoru Fukuda ed. in glycomics)

    Sato C., Kitajima, K. and Sato, C.( 担当: 共著)

    Elsevir science  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  15. 18. Enzyme assay of polysialyltransferase. in Glycoscience Protocol Online

    Ken KItajima( 担当: 共著)

    JCGG-DG  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  16. 生物学辞典

    北島健( 担当: 共著)

    東京化学同人  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  17. Glycoscience Lab Manual (Membrane microdomain as a platform of carbohydrate-mediated interaction during early development of medaka fish.)

    Adachi, T., Sato, C., and Kitajima, K.( 担当: 共著)

    Springer  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  18. Glycoscience Lab Manual (Structural analysis of polysialic acid)

    Sato, C., and Kitajima, K.( 担当: 共著)

    Springer  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  19. 実験医学・受精における糖鎖の役割

    北島健( 担当: 単著)

    羊土社  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. 細胞工学・シアル酸の構造多様性とその生物学的意義

    北島健、郷慎司、藤田明子、佐藤ちひろ( 担当: 共著)

    秀潤社  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  21. 新編精子学・精子表面の糖脂質の役割

    北島健( 担当: 単著)

    東京大学出版会  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  22. 未来を拓く糖鎖科学・メダカ初期胚における糖鎖に富む生体膜マイクロドメインの役割

    北島健( 担当: 単著)

    金芳堂  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  23. 未来を拓く糖鎖科学・ポリシアル酸の構造解析

    北島健( 担当: 共著)

    金芳堂  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  24. 遺伝子医学MOOK 3 糖鎖と病気・4)ポリシアル酸. 5糖鎖と発生

    佐藤ちひろ、北島健( 担当: 共著)

    メディカルドゥ  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  25. KDN:デアミノノイラミン酸

    日本生化学会編 基礎生化学実験法、東京化学同人  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  26. 生化学実験講座

    北島健( 編:日本生化学会編)( 担当: 共著)

    東京化学同人  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    16・11KDN: デアミノノイラミン酸

  27. Occurrence of alpha-2,8-linked oligosialic acid residues in mammalian glycoproteins.

    Sialobiology and Other novel Form of Glycosylation, a monograph (Inoue, Y., Lee, Y. C., and Troy, F. A., eds) Gakushin Syuppan, Osaka, Japan  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  28. 細胞機能と代謝マップ

    "安形高志,北島健,井上康男( 編:日本生化学会)"( 担当: 共著)

    東京化学同人  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    7.4.3.KDN(デアミノノイラミン酸)

  29. 生体物質の化学(共著)

    大日本図書  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  30. 新化学ライブラリー

    北島健、井上康男( 編:日本化学会)( 担当: 共著)

    大日本図書  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    生体物質の化学

  31. KDN-ガングリオシド

    ガングリオシド研究法I 生物化学実験法35学会出版センター  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  32. 生物化学実験法シリーズ:ガングリオシド研究法

    "北島健,井上貞子( 編:鈴木康夫,安藤進)"( 担当: 共著)

    学会出版センター  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    KDN-ガングリオシド

  33. ポリシアル酸 (共著)

    講談社グリコバイオロジーシリーズ  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 125

  1. 糖鎖の流儀:不均一性と場の形成 招待有り

    北島健

    第17回 糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム  2019年10月29日  日本糖鎖科学コンソーシアム

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:株)島津製作所本社ホール, 京都  

  2. Comparative studies of the insect and vertebrate sialate 9-phosphate synthase (SPS) 招待有り 国際会議

    Ken Kitajima

    Sialoglyco 2018  Sialoglyco Organizing Committee

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Banff   国名:カナダ  

  3. 巨大糖脂質:糖鎖に富むGPI-アンカーペプチドの進化と生理機能

    北島 健

    第7回「ナノカーボンバイオセンサーの医療応用研究会」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東北医科薬科大学   国名:日本国  

  4. Elusive Localization of the Insect CMP-sialic Acid Synthetases 招待有り 国際会議

    Ken Kitajima

    Glycoscience Japan- The Netherlands Joint Seminar 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Santa Barbara, USA   国名:アメリカ合衆国  

  5. Why does sialic acid deficiency cause the embryonic lethality in medaka fish, Oryzias latipes? 招待有り 国際会議

    Ken Kitajima

    Glycoscience Japan- The Netherlands Joint Seminar 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Leiden, The Netherlands   国名:オランダ王国  

  6. Glycan-mediated Interactions on Pig Sperm Lipid Rafts during Fertilization. 招待有り 国際会議

    Ken Kitajima

    Proceedings of the APMC11 / MST33 / AAT39 Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Phuket, Thailand   国名:タイ王国  

  7. 曖昧な生体分子:糖鎖の生体機能を探る

    北島 健

    第7回「ナノカーボンバイオセンサーの医療応用研究会」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:科学技術交流財団研究交流センター   国名:日本国  

  8. 精子膜マイクロドメイン局在糖鎖の受精における役割

    北島健

    第13回日本糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知県産業労働センター「ウインクあいち」小ホール   国名:日本国  

  9. Functional significance of glycan-mediated interactions on sperm microdomains during fertilization 国際会議

    Ken Kitajima

    23rd International Symposium on Glycoconjugates (Glyco23) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Hetel Le Méridien Lav, Split, Croatia   国名:クロアチア共和国  

  10. Catabolism of sialic acid residues during pre-hatching development. 国際会議

    Bo Fu, Di Wu, Chihiro Sato, Ken Kitajima

    23rd International Symposium on Glycoconjugates (Glyco23) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hetel Le Méridien Lav, Split, Croatia   国名:クロアチア共和国  

  11. Analysis of a ligand-binding mechanism among sialic-acid binding sites in Siglec-7. 国際会議

    Di Wu, Akiko Fujita, Yuko Yasukawa, Yoshihito Taniguchi, Yasuhiro Kamei, Chihiro Sato, Ken Kitajima.

    23rd International Symposium on Glycoconjugates (Glyco23) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Hetel Le Méridien Lav, Split, Croatia   国名:クロアチア共和国  

  12. Effects of psychiatric disorders-related intronic single nucleotide polymorphisms (iSNPs) of the polysialyltransferase ST8SIA2/STX gene. 国際会議

    Masaya Hane, Ken Kitajima, Chihiro Sato

    23rd International Symposium on Glycoconjugates (Glyco23) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hetel Le Méridien Lav, Split, Croatia   国名:クロアチア共和国  

  13. Comparative characterization of the insect CMP-sialic acid synthetases in the enzyme activity and intracellular localization.

    Di Wu, Akiko Fujita, Anne Harduin-Lepers, Philippe Delannoy, Vladislav M. Panin, Chihiro Sato, and Ken Kitajima.

    4th Austria/Japan seminar on comparative and developmental glycobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hetel Le Méridien Lav, Split, Croatia   国名:クロアチア共和国  

  14. Mining of marine invertebrate glycoconjugates with anti-microbial activity. 招待有り 国際会議

    Ken Kitajima, Yann Guérardel

    Bio-Asia 2015 Annual Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Matrix@Biopolis, Singapore   国名:シンガポール共和国  

  15. A polysialyltransferase SNP in a schizophrenic patient brings about the production of polysialic acids showing impaired binding and signaling of BDNF and FGF2. 国際会議

    8th International Symposium on Glycosyltransferases 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Christian Abrecht University   国名:ドイツ連邦共和国  

  16. New features on biosynthesis and degradation of free sialic acids. 国際会議

    Kiel University Department of Chamistry Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Christian Abrecht University   国名:ドイツ連邦共和国  

  17. Sia usage: How does the cell express particular sialic acid species? 国際会議

    Sialoglyco 2010, August, 21-26, 2010; Potsdam, Germany 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  18. Discovery of a 16-30-kDa, highly glycosylated glycoprotein from pig seminal plasma (WGA16) that regulates sperm fertilizability. 国際会議

    25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010) Makuhari Messe International Convention Complex; Tokyo(Chiba), Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  19. ラット海馬におけるシアル酸分子種含有糖鎖の発現.

    日本薬学会第130年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  20. 細胞外シアル酸およびその前駆体のシアル酸生合成への効果

    日本農芸化学会2010年度大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  21. ブタ精子細胞膜マイクロドメイン局在糖タンパク質の受精における機能

    日本農芸化学会2010年度大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  22. CMP-シアル酸合成酵素のCMP-KDN合成能の構造的基盤.

    日本農芸化学会2010年度大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  23. グリコサミノグリカン鎖と脳由来神経栄養因子の相互作用の解析.

    日本農芸化学会2010年度大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. シグレック-7のオリゴシアル酸結合能および新規シアル酸結合ドメインの存在証明.

    CREST糖鎖最終シンポジウム. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. ポリシアル酸と統合失調症.

    第7回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム-糖鎖研究と他領域との統合[グライコケミカルバイオロジーとグライコテクノロジーへの展開] 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  26. Molecular mechanism for differential recognition of the C-5 substituents of sialic acid by CMP-sialic acid synthetases: Identification of the evolutionally conserved sialic acid recognition region. 国際会議

    20th International Symposium on Glycoconjugate (GlycoXX 2009); Nov 29-Dec 4, 2009; San Juan, Puerto Rico 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  27. A new function of polysialic acid on NCAM as the reservoir for the particular groups of neurotrophins, growth factors, and neurotransmitters that regulate the neural activity. 国際会議

    20th International Symposium on Glycoconjugate (GlycoXX 2009); Nov 29-Dec 4, 2009; San Juan, Puerto Rico 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  28. In silico and in vitro binding studies predict a novel sialic acid binding site on the sialic acid binding Ig-like lectin-7 (Siglec-7). 国際会議

    20th International Symposium on Glycoconjugate (GlycoXX 2009); Nov 29-Dec 4, 2009; San Juan, Puerto Rico 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  29. Membrane Microdomains as a Platform of Carbohydrate-mediated Cell-cell Interactions during Gastrulation. 国際会議

    4th 2009 Annual Meeting of Koren Society of Glycoscience, 2009 KSG International Glycoscience Symposium; Dajeon, Korea 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  30. シアル酸結合免疫グロブリン様レクチン(シグレック)-7によるシアロ糖鎖認識の生化学的および分子ドッキング解析.

    第47回日本生物物理学会年会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. 魚類CMP-シアル酸合成酵素の構造とシアル酸分子種認識.

    第82回日本生化学会大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. CMP-シアル酸合成酵素のシアル酸分子種認識および核局在決定領域の生物種間比較.

    第82回日本生化学会大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  33. ポリシアル酸転移酵素の一塩基多型変異体の酵素活性と統合失調症との関連.

    第82回日本生化学会大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  34. 分子ドッキングおよび生化学的結合解析によるシグレック-7の糖鎖認識の構造学的知見.

    第82回日本生化学会大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. マウス新生仔脳局在A2B5エピトープ含有糖タンパク質のシアロ糖鎖の特徴と生合成

    第82回日本生化学会大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. NCAMを修飾するポリシアル酸鎖とFGF-2の相互作用解析.

    第82回日本生化学会大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  37. Siglec-7のオリゴシアル酸結合能の解析と新規シアル酸結合ドメインの存在検証.

    第82回日本生化学会大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  38. マウス脳発達段階におけるA2B5エピトープ含有糖タンパク質の発現と解析.

    糖鎖科学名古屋拠点[若手の力]フォーラム第7回. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  39. ブタ精子膜マイクロドメインに局在する糖タンパク質の役割解明.

    糖鎖科学名古屋拠点[若手の力]フォーラム第7回. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  40. メダカ初期胚生体膜マイクロドメインに局在する巨大糖タンパク質の発現解析と精製・性質.

    糖鎖科学名古屋拠点[若手の力]フォーラム第7回. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. ウニの受精・発生過程における2E8糖鎖エピトープの発現と機能解析.

    糖鎖科学名古屋拠点[若手の力]フォーラム第7回. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  42. メダカ初期胚生体膜マイクロドメイン局在メガ糖タンパク質の発現解析と精製.

    日本動物学会第80回大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. ウニの受精および初期発生における2E8糖鎖抗原の発現変化.

    日本動物学会第80回大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  44. ブタ精子細胞膜マイクロドメイン局在糖タンパク質の同定と受精能獲得における変化.

    日本動物学会第80回大会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. 分子ドッキングおよび生化学的結合解析によるシグレック-7の糖鎖認識の構造学的知見.

    第29回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  46. 魚類CMP-シアル酸合成酵素の構造とシアル酸分子種認識.

    第29回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  47. ウニの受精・発生過程における2E8糖鎖エピトープの発現と機能解析

    第29回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  48. NCAMを修飾するポリシアル酸鎖とFGF-2の相互作用解析.

    第29回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  49. メダカ初期胚生体膜マイクロドメインに局在する巨大糖タンパク質の発現解析と精製

    第29回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  50. Siglec-7のオリゴシアル酸結合能の解析と新規シアル酸結合ドメインの存在検証.

    第29回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  51. マウス脳発達段階特異的に発現するA2B5エピトープ含有糖タンパク質の糖鎖解析.

    第29回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  52. 統合失調症に関わるポリシアル酸転移酵素変異体の活性解析.

    第29回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  53. CMP-シアル酸合成酵素の基質認識および細胞内局在決定領域の生物種間比較.

    第29回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  54. Glycosaminoglycan-dependent complex formation of 70-kDa heat shock protein.

    第29回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  55. ブタ精子マイクロドメインに局在し多分散性を示す糖タンパク質の同定.

    第29回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  56. CMP-シアル酸合成酵素の進化とシアル酸認識機構の相関.

    FCCAグライコサイエンス若手フォーラム. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  57. ポリシアル酸と線維芽細胞増殖因子との相互作用解析.

    FCCAグライコサイエンス若手フォーラム. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  58. 分子モデリング法による熱ショックタンパク質(Hsp70)の酸性糖脂質結合性の解析.

    名古屋大学若手女性研究者サイエンスフォーラム. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  59. オリゴシアル酸とSiglec-7との相互作用解析.

    第73回日本生化学会中部支部例会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. Novel aspects of substrate specificity and nuclear localization of CMP-sialic acid synthetases as revealed by studies of fish enzymes.

    ORI Seminar; April 27, 2009; Ocean Research Institute, University of Tokyo, Tokyo 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  61. Polysialic acid is not a negative regulator any longer in neurogenesis and neuronal functions: A new finding of its binding to a particular group of neurotransmitters. 国際会議

    Gordon Research Conference on Glycobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  62. Membrane microdomains as a plarform of carbohydrate- and protein-mediated cell-cell interaction in fertilization and early development 国際会議

    Biochemistry and Molecular Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  63. A one-day symposium on Sialyltransferases, Functional Glycomics, and Genomics of Zebrafish 国際会議

    Functional Glycomics, and Genomics of Zebrafish 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  64. Membrane microdomains from early gastrula embryos of medaka are a platform of E-cadherin- and LeX-mediated cell-cell interactions during epiboly 国際会議

    14th Japanese Medaka and Zebrafish Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  65. Occurrence of the Cyclic Sialic Acid in Mammalian Cells and Tissues As Demonstrated by Chemical Methods.

    24th International Carbohydrate Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  66. Significance of the existence of deaminoneuraminic acid (KDN) in mammalian cells in Its metabolic and functional features. 国際会議

    SialoGlyco Conference 2008 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  67. シアロメタボロームから見た生命科学シンポジウム「次世代の糖鎖科学」

    北島 健

    日本農芸化学会2008年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  68. ウニ精子表面シアロ糖鎖の受精における役割

    北島健

    日本動物学会第78回大会 シンポジウム「受精シンポジウム:温故知新による受精研究ネクストステージの幕開け-2部-」(2007年9月20-23日; 弘前大学, 弘前) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  69. De novo synthesis of free deaminoneuraminic acid (Kdn) is regulated by network of metabolisms of sialic acids and mannose 6-phosphate in normal and tumor cells 国際会議

    Ken Kitajima, Shinji Go, Chihiro Sato, Jun Yin, and Reiji Kannagi

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  70. Polysialic acids on O-glycans: Their occurrence, structural diversity, and biosynthesis 国際会議

    Polysialic acid: Chemistry, Biology, Translational Aspects, 3rd International Meeting (Bad Lauterberg, Germany) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  71. A short-term regulation of polysialic acid expression in microglia 国際会議

    Gordon Research Conference on Glycobiology (Ventura, U.S.A.) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  72. ポリシアル酸:普遍的存在、構造多様性および機能

    北島健

    第4回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム~糖鎖機能の解明からシステム糖鎖生物学への統合へ向けて~ (2006年10月23-24日;東京) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  73. Discovery of Polysialic Acid in Microglia. Expression Changes of α2,8-Sialyltransferases During Activation of a Mouse Microglia Cell Line 国際会議

    5th International Symposium on Glycosyltransferases (June 25-28, 2006; Tsukuba, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  74. Development of a chemical method for detecting a unique sialic acid, cyclic neuraminic acid, in naturally-occurring sialyl glycoconjugates 国際会議

    Pacifichem 2005 (2005.12; Hawaii, USA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  75. Significance of membrane microdomains in the carbohydrate-dependent cell-cell interactions during early development of medaka fish 国際会議

    2nd Japan-The Netherlands Glycobiology Symposium (April 18-20, 2005; Utrecht, The Netherlands) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  76. An essential role of carbohydrate-enriched membrane microdomains (rafts) in gastrulation of medaka fish, Oryzias latipes 国際会議

    Gordon Research Conference on Glycobiology (Ventura, U.S.A.) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  77. ポリシアル酸の鎖長多様性と神経系における新機能

    北島健

    第23回シアル酸研究会講演会「シアル酸と記憶」(2005年12月; 東京) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  78. A carbohydrate-mediated binding of sperm gangliosides with the sperm binding protein in vitelline layer as a molecular base for the sea urchin sperm-egg interaction 国際会議

    4th International Symposium on the Molecular and Cell Biology of Egg- and Embryo-Coats (MCBEEC2004) (2004.11; Ise, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  79. Polysialic acid in mammary gland 国際会議

    4th International Symposium on Glycosyltransferases GlycoT2004. (2004.11; Le Touquet, France) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  80. 生体膜マイクロドメインを通して糖鎖認識分子群を探究する

    北島健

    第53回高分子討論会「ここまできた糖鎖工学と化学生物学の展開」(2004.9.; 札幌) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  81. Linkage and chain length diversities of the polysialic acid in animal glycoproteins 国際会議

    Sialobiology 2004. 4th International Conference. (2004.7; St Andrews, UK) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  82. 糖脂質マイクロドメイン:細胞間相互作用を媒介する分子集合体

    北島健

    日本農芸化学会中部支部第140回例会. シンポジウム「ポスト・ポストゲノム:糖と脂質の最前線」(岐阜) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  83. Identification and characterization of a new heat shock protein-like lectin on the egg surface of sea urchin 国際会議

    21st International Lectin Meeting (2004.5; Shonan, Japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  84. Identification of glycosylated alpha-lactoalbumin as endogenous substrate for beta-1,4-galactosyltransferase (GalT) in colostrum 国際会議

    XVIth International Symposium on Glycoconjugates 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Convention Center The Hague Netherlands

  85. Molecular cloning and developmental expression of two alpha-2,8-polysialyltransferases in rainbow trout ovary." 国際会議

    XVIth International Symposium on Glycoconjugates 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Convention Center The Hague Netherlands

  86. Sialic acid-dependent sperm raft-egg raft interactions at fertilization. 国際会議

    XVIth International Symposium on Glycoconjugates (August 19-24, 2001The Hague, The Netherlands) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  87. Biosynthesis of a major, carbohydrate-rich cortical galveolus glycoprotein (hyosophorin) during oogenesis of Oryzias latipes 国際会議

    14th International Congress of Developmental Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    Kyoto International Conference Hall Kyoto Japan

  88. Identification of adipo Q, an adipocyte specific glycoprotein, as a new oligosialic acid-containing glycoprotein and a possible substrate for the alpha2,8-sialyltransferase III (ST8Sia III) 国際会議

    International Symposium on Protein Trafficking, Glycosylation, and human health 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Interlaken Interlaken Switzerland

  89. Di/oligosialic acid in glycoproteins: Differentiation-dependent expression in an adipocyte tissue specific glycoprotein, adipo Q. 国際会議

    Gordon Research Conference on Glycobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Four points Sheraton Ventura Harbortown Hotel Ventura U.S.A.

  90. The chicken Zp-C gene. Gene structure, granulosa-specific expression and promoter activity 国際会議

    3rd International Symposium of the Molecular and Cellular Biology of the Egg and Embryo Extracellular Matrix 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    Lake Tahoe Lake Tahoe U.S.A.

  91. Expression and glycosylation of a major, carbohydrtate-rich, cortical alveolus glycoprotein (hyosophorin) during oogenesis of medaka fish, Oryzias latipes. 国際会議

    3rd International Symposium of the Molecular and Cellular Biology of the Egg and Embryo Extracellular Matrix 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    Lake Tahoe Hotel Lake Tahoe, California U.S.A.

  92. Expression and glycosylation of a major, carbohydrtate-rich, cortical alveolus glycoprotein (hyosophorin) during oogenesis of medaka fish, Oryzias latipes 国際会議

    3rd International Symposium of the Molecular and Cellular Biology of the Egg and Embryo Extracellular Matrix (August 27-September 1, Lake Tahoe, California, U.S.A.) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  93. KDNの生合成に関与する酵素の同定および性質

    北島 健

    第21回日本糖質学会年会(2000年7月27-29日, 名古屋国際会議場, 名古屋) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  94. Di- and oligosialic acids as novel carbohydrate epitopes in leukocytes. 国際会議

    7th Conference on human leukocyte differentiation antigens 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Harrogate Convention Center Harrogate U.K.

  95. Di- and oligosialic acids as novel carbohydrate epitopes in leukocytes 国際会議

    7th Conference on human leukocyte differentiation antigens (Harrogate, UK, June 20-24, 2000) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  96. Cloning and characterization of N-acetylgalactosaminide (2,6-sialyltransferase (ST6GalNAc II) responsible for sialylation of rainbow trout egg polysialoglycoprotein. 国際会議

    2nd International Symposium on Glycosyltransferase: Glycosyltransferases in the New Millenium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    The Hospital for Sick Children Toronto Canada

  97. Spontaneous galactosylation of agalactoglycoproteins in colostrum. A possible role of milk 1,4-galactosylatransferase. 国際会議

    2nd International Symposium on Glycosyltransferase: Glycosyltransferases in the New Millenium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    The Hospital for Sick Children Toronto Canada

  98. Gametic cell rafts-mediated sperm-egg interaction at fertilization 国際会議

    Invited Seminar at Loeb Health Research Institute (University of Ottawa, ON, Canada, May 8, 2000) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  99. Biosynthesis of deaminoneuraminic acid (KDN) in mammalian cells 国際会議

    2nd International Symposium on Glycosyltransferase: Glycosyltransferases in the New Millenium (May 12-14, 2000, The Hospital for Sick Children, Toronto, Canada) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  100. 動物細胞表面のシアロ糖鎖工学:N-アセチルノイラミン酸からデアミノノイラミン酸(KDN)へのin vitro改変

    仲田大輔、松田 幹、北島 健

    日本農芸化学会2000年度大会 ( 東京, 2000年3月31日-4月2日) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    2000年3月31日~4月2日;東京ビッグサイト, 東京

  101. シアル酸は面白い~シアロバイオサイエンスへの招待

    (財)科学技術交流財団「糖鎖材料生命工学研究会」セミナー (名古屋大学VBL; 11月24日 1999) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  102. ニジマス卵巣a2,6-シアル酸転移酵素(ST6GalNAcII)およびa2,8-ポリシアル酸転移酵素(ST8Sia)のcDNAクローニングと卵形成過程における発現

    朝比奈慎二、松野みどり、中瀬昌之、佐藤ちひろ、青木直人、松田幹、北島健

    第72回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  103. 精子細胞膜の糖脂質ミクロドメインの受精における役割

    第72回日本生化学会大会 シンポジウム講演 (横浜, 10月6-9日 1999) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  104. A role of b-1,4-galactosyltransferase in in situ galactosylation of degalactosylated glycoproteins in colostrum. 国際会議

    XVth International Symposium on Glycoconjugates 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    Hotel East 21 Tokyo Japan

  105. Glycosphingolipid-enriched microdomain on gametic cells as functional domain for sperm-egg interaction coupled with signal transduction 国際会議

    Special Seminar at Department of Med: Biological Chemistry, University of California, Davis, U.S.A. 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  106. Egg receptor for sperm binds to gangliosides in the low density detergent-insoluble membrane (LD-DIM) domain of the sperm surface. Possible involvement of the LD-DIM in sperm-egg binding coupled with signal transduction during fertilization 国際会議

    XVth International Symposium on Glycoconjugates (August 22-26, Hotel East 21, Tokyo, Japan 1999) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  107. Glycosphingolipid-enriched microdomain on gametic cells as functional domain for sperm-egg interaction coupled with signal transduction 国際会議

    Gordon Research Conference on Fertilization and Activation of the Development (July 25-30, Holderness School, Plymouth, New Hampshire, U.S.A. 1999) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  108. 新規なシアル酸含有糖タンパク質の生理活性

    連続公開セミナー「糖鎖の新しい生理活性」第5回セミナー (京都大学農学部, 12月12日 1998) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  109. Occurrence of oligosialic acid residues in vertebrate glycoproteins 国際会議

    International Symposium on Sialobiology and Other Novel Forms of Glycosylation (Taipei, Taiwan, November 9-13, 1998) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  110. オリゴシアル酸含有糖タンパク質の新しい化学的および免疫化学的解析法の開発と哺乳動物細胞における普遍的存在の証明

    佐藤ちひろ、本田直輝、太田薫、福岡秀幸、井上貞子、松田幹、北島健

    第71回日本生化学会大会 (名古屋、10.14-10.17 1998) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  111. 動物細胞におけるデアミノノイラミン酸(KDN)の生合成経路およびKDN複合糖質の発現の調節機構の解析

    北島健、安形高志、仲田大輔、松田幹、Frederic A. Troy, II

    第71回日本生化学会大会 シンポジウム「糖鎖生物学の新たな展開と可能性:糖鎖合成・発現の調節機構」 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    名古屋国際会議場、名古屋、10月14-17日, 1998

  112. Expression of alpha2,8-linked oligosialic acid-containing glycoproteins in mammalian cells, depending on development, cell differentiation, and overexpression of polysialyltransferase genes 国際会議

    XIXth International Carbohydrate Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    University of California, San Diego, California, U.S.A., August 9-14, 1998

  113. 糖タンパク質における新しいシアル酸含有糖鎖構造とその機能

    北島 健

    平成10年度日本農芸化学会 シンポジウム「糖鎖の精密構造とその機能:生命現象に関わる糖鎖」(名古屋、名城大学、3月31日~4月3日 1998) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  114. Synthesis of neoglycoconjugates containing deaminated neuraminic acid (KDN) using rat liver α2,6-sialyltransferase. 国際会議

    10th Annual Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Nagoya Japan

  115. Structure and physiological activities of hyosophorin, a cortical alveolus glycoprotein of fish eggs 国際会議

    2nd International Symposium on the Molecular and Cell Biology of Egg- and Embryo-coats 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Hokkaido University, Sapporo, Japan; Oct. 12-17, 1997

  116. Frequent occurrence of oligosialyl units in vertebrate glycoprotiens as evidenced by new chemical and immunochemical methods 国際会議

    XIVth International Symposium on Glycoconjugates 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Zurich, Switzerland, Sep. 7-12, 1997

  117. Oligosialic acid-containing glycoproteins occur in vertebrates more frequently than recognized until now: their distribution, function, and biosynthesis 国際会議

    Gordon Research Conference on Glycobiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Ventura, U.S.A., Feb. 2-7, 1997

  118. 新しい機能性糖鎖を探索する

    北島 健

    第32回糖鎖生命科学セミナー (東京工業大学、1月10日 1997) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  119. 新しい複合糖質の発見と研究展開

    北島 健

    講演会「糖鎖工学:多様な生命現象へのアプローチ」 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    日本化学会7階ホール、東京、11月1日 1996年

  120. Purification, characterization and catalytic mechanism of a novel sialidase, deaminoneuraminidase (KDNase), from Sphingobacterium multivorum 国際会議

    1st. Austrasia Conference on the Chemistry and Biochemistry of Sialic Acid-Recognising Proteins 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    Melbourne, Australia, Sep. 30, 1996

  121. Deaminoneuraminic acid (KDN)-containing glycoconjugates: Biological functions and potential usefulness in glycotechnology 国際会議

    First International Symposium on Glycobiology: 3rd Generation of biotechnology as a new frontier in biological science 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    Seoul, Korea, Sep. 12, 1996

  122. 魚卵に学ぶ. N-グリコシド型糖タンパク質の構造と機能

    北島 健

    平成7年度日本水産学会年会 ミニシンポジウム「海洋生命科学における糖鎖生物学・工学」 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

    京都、9月27日 1995年

  123. A possible polysialylation signal in the core glycan chain of N-CAM 国際会議

    13th International Symposium on Glycoconjugates 

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    Seattle, U.S.A., August 20-26, 1995

  124. Unique structures and structural chains of the cortical alveolar-derived glycopolyproteins in fish eggs upon fertilization and during early development 国際会議

    3rd International Marine Biotechnology Conference (Tromso, Norway, August 7-12, 1994) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  125. Discovery, purification, and properties of KDNase devoid of sialidase activity: Is KDN a sialic acid? 国際会議

    17th International Carbohydrate Symposium (Ottawa, Canada, July 17-22, 1994) 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

その他研究活動 5

  1. 自然科学機構基礎生物学研究所個別共同利用研究

    2020年4月
    -
    2021年3月

     詳細を見る

    「モデル小型魚類利用によるシアル酸代謝とその能解明研究」(大学院生派遣)
    生物機能解析センター・光学解析室(亀井保博准教授)

  2. 基礎生物科学研究所との共同研究

    2020年4月
    -
    2021年3月

     詳細を見る

    「モデル小型魚類利用によるシアル酸代謝とその機能解明研究」

  3. 東京工業大学との共同研究

    2020年4月
    -
    2021年3月

     詳細を見る

    シアロ化合物の生理活性

  4. 自然科学機構基礎生物学研究所個別共同利用研究

    2019年4月
    -
    2020年3月

     詳細を見る

    「モデル小型魚類利用によるシアル酸代謝とその能解明研究」(大学院生派遣):生物機能解析センター・光学解析室(亀井保博准教授)

  5. 自然科学機構基礎生物学研究所個別共同利用研究

    2018年4月
    -
    2019年3月

     詳細を見る

    「モデル小型魚類利用によるシアル酸代謝とその能解明研究」(大学院生派遣):生物機能解析センター・光学解析室(亀井保博准教授)

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. ポリシアル酸認識機構を基盤とする精神疾患と癌の診断・治療の技術革新研究

    研究課題番号:19ae0101069h0004  2018年4月 - 2021年3月

    次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業  糖鎖利用による革新的創薬技術開発事業

    佐藤ちひろ

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  2. 海洋脊索動物の構造と機能グライコミクス

    2009年4月 - 2010年3月

    科学技術振興機構 戦略的国際科学技術協力推進事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    科学技術振興機構 戦略的国際科学技術協力推進事業

  3. 受精および初期発生における糖鎖の役割解明とその応用に関する研究

    2004年4月 - 2007年3月

    ヒューマンサイエンス振興財団 創薬等ヒューマンサイエンス総合研究事業 KH21014 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 21

  1. 脊椎動物におけるシアル酸の新規硫酸化酵素の探索・同定とその生物学的意義の解明

    研究課題/研究課題番号:19K05812  2019年4月 - 2022年3月

    北島 健

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    糖鎖付加はタンパク質の主要な翻訳後修飾のひとつである。その糖鎖の最末端の糖残基は通常シアル酸が占めており、細胞認識や接着を媒介・制御する機能を担っていることが広く知られている。しかし、そのシアル酸が更に硫酸化やアセチル化修飾される場合があることはあまり知られておらず、その修飾シアル酸の存在意義も明らかにされていない。本研究は、硫酸化に着目して、その生物学的意義の解明を目指す。具体的には、シアル酸硫酸転移酵素の遺伝子の同定、酵素の性質の解明、遺伝子ノックアウト動物の作出を行う。
    糖鎖付加はタンパク質の主要な翻訳後修飾のひとつである。その糖鎖の最末端の糖残基は通常シアル酸が占めており、細胞認識や接着を媒介・制御する機能を担っていることが広く知られている。しかし、そのシアル酸が更に硫酸化やアセチル化修飾される場合があることはあまり知られておらず、その修飾シアル酸の存在意義も明らかにされていない。本研究は、硫酸化に着目して、その生物学的意義の解明を目指している。具体的には、(i) シアル酸硫酸転移酵素の遺伝子の同定、(ii) 酵素の性質の解明、(iii) 遺伝子ノックアウト動物の作出を行う。各項目ごと概要を記述する。(i) SulT-Sia 遺伝子の同定: ウニとマウスの硫酸転移酵素の供与体基質結合モチーフをもつ200種類に及ぶ遺伝子から基質未知の酵素遺伝子を選び、順次、クローニングして、哺乳類細胞に遺伝子導入して硫酸化シアル酸を認識する抗体3G9に陽性細胞に変化させる遺伝子として2種類の遺伝子を同定し、目的を達成した。(ii) SulT-Sia酵素の生化学的性質の解明: SulTSiaの酵素反応は「Sia-R (受容体基質) + PAPS (供与体基質) -> 8-O-硫酸-Sia-R + PAP」である。上記2種類のSulT-Sia遺伝子について、酵素タンパク質をCHO細胞に発現させて組換え体タンパク質を調製し、その活性をin vitro反応系で確認した。その結果、糖タンパク質と糖脂質を受容体基質とする酵素であることが判明した。(iii) SulT-Sia遺伝子欠損動物の作出: 魚類メダカにも上記2種類の酵素の発現が確認できた。そこでメダカを用いて、CRISPR-Cas9法よってノックアウト個体を作出し、いずれも幼魚までに致死となることが明らかになった。シアル酸の硫酸化が動物個体の生存に関わる重要な修飾であることを初めて明らかにすることができた。
    本研究は3年間の研究期間で、(i) シアル酸硫酸転移酵素 (SulT-Sia) 遺伝子を同定すること、(ii) SulT-Siaの酵素学的性質を解明すること、(iii) SulT-Sia遺伝子のノックアウト動物を作出すること、を目標に掲げて研究を進めている。一年目において、項目(i)では、2種類のシアル酸残基特異的硫酸化転移酵素(SulT-Sia)遺伝子を哺乳類、ウニにおいて同定することに成功し、目的を達成した。項目(ii)では、2種類のSulT-Siaを哺乳類細胞に発現させ、基質特異性など酵素の性質を明らかにすることができ、ほぼ達成した。項目(iii)では、メダカを用いて2種類のSulT-Sia遺伝子のそれぞれ単独のノックアウト動物の作製に成功することができ、これらのメダカが孵化前胚および幼魚の段階で致死となることを見出し、ほぼ目的を達成した。以上のことから、一年目にして、ほぼ目標の80%は達成できたと評価している。さらに、(i)の硫酸化転移酵素のクローニングと活性の同定実験において、抗生物質G418耐性を指標にしたスクリーニングを行った。その際、細胞をG418処理するだけで細胞表面に硫酸化シアル酸残基の発現が誘導されるという現象を見出した。このG418による誘導酵素の発現はG418に対するネオマイシン耐性遺伝子の発現は不要であったため、細胞がG418刺激に応答して誘導される酵素が存在して、それが細胞表面に硫酸化シアル酸を誘導する新しい現象を発見することができた。予期せず、新しい硫酸化シアル酸の機能探索の端緒となる発見をすることができ、シアル酸の硫酸化酵素が少なくとも3種類存在することまで明らかにすることができた。
    3年間の研究期間で計画している3項目、(i) シアル酸硫酸転移酵素 (SulT-Sia) 遺伝子を同定すること、(ii) SulT-Siaの酵素学的性質を解明すること、(iii) SulT-Sia遺伝子のノックアウト動物を作出すること、において、項目(i)は100%達成することができた。今後は、項目(ii)と(iii)において、より詳細な解析を進めて、論文をまとめ上げてから投稿する予定である。まず、項目(ii)については、2種類のSulT-Siaの組換え体酵素を培養細胞で発現させ、種々の糖脂質および糖タンパク質を基質として基質特異性を決定する。反応生成物の硫酸化糖鎖の構造を質量分析などによって決定する。この研究は、研究協力者のフランス国リール大学およびCNRSのYann Guerardel博士との共同研究によって推進する予定であり、質量分析のための条件検討から開始する予定でアル。次に、項目(iii)については、それぞれのノックアウトメダカの致死となる時期が異なることから、その致死性の原因を探る。具体的には、各臓器の形態観察およびウェスタンブロッティングによる硫酸化シアル酸担体タンパク質の同定に挑戦する。

  2. 先天性糖鎖修飾不全症の創薬医療のためのモデルメダ カの樹立と統合的病態解明法の確立

    2018年4月 - 2021年3月

    公益財団法人小林国際奨学財団  研究助成金 

    北島健

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3500000円 ( 直接経費:3500000円 )

  3. 糖鎖生物学

    研究課題/研究課題番号:060503  2018年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  研究成果公開促進費(学術図書)

    北島健

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2236000円

  4. 先天性糖鎖合成異常症の新しい治療薬開発の基盤確立

    研究課題/研究課題番号:UEHARAZAIDAN-D-18-00087R1  2017年4月 - 2019年3月

    上原記念生命科学財団  研究助成金

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5000000円 ( 直接経費:4500000円 、 間接経費:500000円 )

  5. デアミノシアル酸とポリシアル酸の医用応用に向けた分子基盤の確立

    研究課題/研究課題番号:芝049-No1-04-助成決定-4  2016年4月 - 2018年3月

    公益信託 医用薬物研究奨励富岳基金  研究助成金

    北島健

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  6. 初期胚表面に存在する巨大糖鎖の機能とその分子機構の解明

    2010年 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:22380187

    北島 健

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. T細胞と抗原提示細胞の相互作用における接着分子CADM1とCRTAMの役割

    2009年11月 - 2010年3月

    Grant-in-Aid for Scientific Research 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 細胞外熱ショックタンパク質70-酸性脂質複合体の構造と生理学的役割の解明

    2009年4月 - 2010年3月

    Grant-in-Aid for Scientific Research 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 動物精子表面糖鎖による新しい受精能制御の分子機構の解明

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(一般),課題番号:19380192

    北島 健

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 哺乳類受精における酸性複合糖質の役割

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  日本学術振興会 日本-カナダ保険医学研究協力事業

    北島健

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 細胞接着に関わるシアル酸の構造変化と細胞接着制御の解明

    2002年11月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  科学技術振興機構

    神奈木玲児

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. 細胞表面に見出される新しい酸性糖鎖の機能に関する共同研究

    1998年1月 - 1999年12月

    科学研究費補助金  国際学術研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  13. 糖タンパク質糖鎖におけるオリゴシアル酸鎖の発見とその普遍的存在分布の証明

    1998年1月 - 1999年12月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(2)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  14. 細胞間接着における糖質ー糖質間相互作用の役割と分子機構の解明

    1998年1月 - 1998年12月

    科学研究費補助金  特定領域研究(A)(2)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  15. 細胞表面に見出される新しい酸性糖鎖の機能に関する共同研究

    1997年1月 - 1998年12月

    科学研究費補助金  国際学術研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  16. 細胞間接着における糖質ー糖質間相互作用の役割と分子機構の解明

    1997年1月 - 1997年12月

    科学研究費補助金  重点領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  17. デアミノノイラミン酸残基特異的な新規シアリターゼ(KDNase)

    1996年1月 - 1996年12月

    科学研究費補助金  萌芽的研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  18. 細胞表面に見出された新規ポリシアル酸、KDN、硫酸化糖鎖の機能に関する共同研究

    1996年1月 - 1996年12月

    科学研究費補助金  国際学術研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  19. デアミノノイラミン酸(KDN)残基をもつ新しい生理活性複合糖質の開発と応用

    1995年1月 - 1996年12月

    科学研究費補助金  試験研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  20. デアミノノイラミン酸残基特異的な新規シアリダーゼ(KDNase)

    1995年1月 - 1995年12月

    科学研究費補助金  一般研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

  21. 哺乳動物正常及び腫瘍細胞におけるKDN-複合糖質の分布及び機能に関する共同研究

    1995年1月 - 1995年12月

    科学研究費補助金  国際学術研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    科研費

▼全件表示

産業財産権 2

  1. 新規デアミノノイラミニダーゼとその製造方法

    北島健

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:特許3647873号  登録日:2005年2月 

    出願国:国内  

  2. 新規グリコペプチダーゼとその製造方法

    井上康男、井上貞子、北島健

     詳細を見る

    出願人:生化学工業株式会社

    特許番号/登録番号:特許3795558号  登録日:2006年4月 

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 8

  1. Bioorganic Chemistry (G30)

    2020

  2. 修士論文研究2

    2020

  3. 修士論文研究1

    2020

  4. 生命農学演習2

    2020

  5. 生命農学演習1

    2020

  6. 糖鎖生物学特論I

    2020

  7. 農学セミナー

    2020

  8. 生物化学I

    2020

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 4

  1. Sialobiology: a fascinating area of study to solve the mystery of glycans

    2019年5月

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:オーストリア共和国

  2. 細胞表面情報分子

    1998年4月 - 1999年3月 岐阜薬科大学)

  3. 応用生物科化学特論

    1998年4月 - 1999年3月 静岡大学 農学部)

  4. 生体高分子学

    1997年4月 - 1998年3月 東京大学 大学院理学系研究科)

 

社会貢献活動 4

  1. 長野県飯田高等学校への出前講義

    役割:出演, 講師, 企画

    長野県飯田高等学校  高校1年生進路研修  2019年12月

  2. 中華人民共和国深セン明徳実験学校

    役割:講師, 情報提供

    中華人民共和国深セン明徳実験学校  学内見学とセミナー高校3年生  2019年10月

  3. 長野県飯田高等学校の進路研修

    役割:出演, 企画

    長野県飯田高等学校  高校2年生進路研修  2019年9月

  4. 名古屋大学オープンキャンパス研究紹介

    役割:情報提供, 企画

    名古屋大学  名古屋大学オープンキャンパス  2019年8月

メディア報道 1

  1. 体内のマンノース濃度を保つ仕組みを解明:進化の過程で選択された糖代謝経路 インターネットメディア

    名古屋大学広報および筑波大学広報  共同プレスリリース  https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20210216_agr1.pdf  2021年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

学術貢献活動 11

  1. Associate Editor of Glycobiology 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価

    Socity for Glycobiology  2021年1月 - 2021年3月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  2. Editorial Board of the Journal Biological Chemistry 国際学術貢献

    役割:審査・評価, 査読

    American Society of Biochemistry and Molecular Biology  2020年4月 - 2021年3月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  3. 第38回日本糖質学会年会(日本糖質学会創設40周年記念大会) 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等

    北島健  2019年8月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  4. Editorial Board Member of Glycoconjugate Journal 国際学術貢献

    役割:審査・評価, 査読

    Society for Glycobiology  2020年4月 - 2021年12月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  5. 日本糖質学会理事 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価

    日本糖質学会  2020年4月 - 2021年3月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  6. 糖鎖科学中部拠点事務局 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価

    糖鎖科学名古屋拠点  2020年4月 - 2021年3月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  7. 日本農芸化学会中部支部会評議員 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価

    日本農芸化学会中部支部  2020年4月 - 2021年3月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  8. 日本糖鎖科学コンソーシアム常任幹事 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価

    日本糖鎖科学コンソーシアム  2020年4月 - 2021年3月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  9. 日本生化学会評議員 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価

    日本生化学会  2020年4月 - 2021年3月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  10. 日本糖質学会評議員 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価

    日本糖質学会  2020年4月 - 2021年3月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  11. Editorial Board Member of Glycobiology 国際学術貢献

    役割:審査・評価

    Society for Glycobiology  2020年1月 - 2020年12月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

▼全件表示