2021/10/20 更新

写真a

アゲタイシハラ ナツミ
上田(石原) 奈津実
AGETA-ISHIHARA Natsumi
所属
大学院理学研究科 生命理学専攻 情報機構学 講師
大学院担当
大学院理学研究科
学部担当
理学部 生命理学科
職名
講師
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2009年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 11

  1. 記憶

  2. 神経可塑性

  3. 神経活動

  4. 細胞骨格

  5. セプチン

  6. シグナル伝達

  7. カルシウム

  8. スパイン

  9. 樹状突起

  10. 軸索

  11. グリア

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 神経科学一般

  2. ライフサイエンス / 細胞生物学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 記憶保持の分子基盤

経歴 3

  1. 名古屋大学   大学院理学研究科 生命理学専攻 情報機構学   講師

    2015年10月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院理学研究科 生命理学専攻 情報機構学   助教

    2009年5月 - 2015年9月

  3. 東京大学   大学院医学系研究科 脳神経医学専攻 神経生化学   研究員

    2009年4月

学歴 3

  1. 東京大学   大学院医学研究科   脳神経医学専攻

    2005年4月 - 2009年3月

  2. 東京大学   大学院医学研究科   脳神経医学専攻

    2003年4月 - 2005年3月

  3. 静岡大学   理学部   生物地球環境科学科

    1999年4月 - 2003年3月

所属学協会 5

  1. Society for Neuroscience

    2004年6月 - 現在

  2. 日本神経科学学会

    2006年2月 - 現在

  3. 日本生化学会

    2009年6月 - 現在

  4. 日本神経化学会

    2014年6月 - 現在

  5. 成体脳ニューロン新生懇談会

    2020年1月 - 現在

委員歴 2

  1. 日本神経化学会   評議員  

    2020年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本神経科学学会   第44回日本神経科学会大会のトラベルアワード選考委員  

    2021年1月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 10

  1. 文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2020年4月   文部科学省  

  2. 日本神経科学学会 奨励賞

    2019年7月   日本神経科学学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 女性研究者サイエンスグラント賞

    2017年7月   資生堂  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  4. The 15 th International Membrane Research Forum 2015 ポスター賞

    2015年3月   International Membrane Research Forum  

  5. 若手優秀発表賞

    2014年12月   包括型脳科学研究推進支援ネットワーク  

  6. 「グリアワールドから見た脳」 優秀賞

    2010年10月   内藤コンファレンス  

  7. 優秀プレゼンテーション賞

    2009年10月   日本生化学会  

  8. 「疾患のケミカルバイオロジー教育研究拠点」 優秀ポスター賞

    2009年3月   東京大学GCOE  

  9. 「シナプス成熟と可塑性のダイナミクス」最優秀ポスター賞

    2008年12月   シナプス研究会  

  10. The Center for Integrated Brain Medical Science Retreat and International Symposium 最優秀ポスター賞

    2006年7月   東京大学21st Century COE Program  

▼全件表示

 

論文 22

  1. Developmental and postdevelopmental roles of septins in the brain*

    Ageta-Ishihara Natsumi, Kinoshita Makoto

    NEUROSCIENCE RESEARCH   170 巻   頁: 6 - 12   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1016/j.neures.2020.08.006

    Web of Science

  2. Mice with cleavage-resistant N-cadherin exhibit synapse anomaly in the hippocampus and outperformance in spatial learning tasks 査読有り

    Asada-Utsugi M, Uemura K, Kubota M, Noda Y, Tashiro Y, Uemura TM, Yamakado H, Urushitani M, Takahashi R, Hattori S, Miyakawa T, Ageta-Ishihara N, Kobayashi K, Kinoshita M, Kinoshita A.

    Molecular Brain   14 巻 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13041-021-00738-1

    Web of Science

  3. Effects of scent on cognitive ability 招待有り 査読有り

    Cosmetology     2021年

  4. Developmental and postdevelopmental roles of septins in the brain 招待有り 査読有り

    Ageta-Ishihara N and Kinoshita M

      S0168-0102 巻 ( 20 ) 頁: 30440 - 30445   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. CDC42EP4, a perisynaptic scaffold protein in Bergmann glia, is required for glutamatergic tripartite synapse configuration 査読有り

    Ageta-Ishihara N, Konno K, Yamazaki M, Abe M, Sakimura K, Watanabe M, Kinoshita M

    Neurochemistry International   119 巻   頁: 190 - 198   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuint.2018.01.003

    Web of Science

  6. UBL3 modification influences protein sorting to small extracellular vesicles 査読有り 国際共著

    Ageta H, Ageta-Ishihara N, Hitachi K, Karayel O, Onouchi T, Yamaguchi H, Kahyo T, Hatanaka K, Ikegami K, Yoshioka Y, Nakamura K, Kosaka N, Nakatani M, Uezumi A, Ide T, Tsutsumi Y, Sugimura H, Kinoshita M, Ochiya T, Mann M, Setou M, Tsuchida K

    Nature Communications   9 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-018-06197-y

    Web of Science

  7. 神経突起発達におけるセプチン細胞骨格の役割 招待有り 査読有り

    上田(石原)奈津実

    ブレインサイエンス・レビュー     頁: 31 - 48   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語  

  8. Facilitation of axon outgrowth via a Wnt5a-CaMKK-CaMKIα pathway during neuronal polarization 査読有り

    Horigane S*, Ageta-Ishihara N*, Kamijo S, Fujii H, Okamura M, Kinoshita M, Takemoto-Kimura S, Bito H.

    Molecular brain   9 巻 ( 1 ) 頁: 8   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Methods for Immunoblot Detection and High-resolution Subcellular Mapping of Septin Subunits in Mammalian Nervous Systems. 招待有り 査読有り

    Parajuli L, Ageta-Ishihara N, Ageta H, Fukazawa Y, Kinoshita M.

      136 巻   頁: 285-94   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. A CDC42EP4/septin-based perisynaptic glial scaffold facilitates glutamate clearance 査読有り

    Ageta-Ishihara N, Yamazaki M, Konno K, Nakayama H, Abe M, Hashimoto K, Nishioka T, Kaibuchi K, Hattori S, Miyakawa T, Tanaka K, Huda F, Hirai H, Hashimoto K, Watanabe M, Sakimura K, Kinoshita M.

    Nature Communications   6 巻   頁: 10090   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Transgenic supplementation of SIRT1 fails to alleviate acute loss of nigrostriatal dopamine neurons and gliosis in a mouse model of MPTP-induced parkinsonism 査読有り

    Kitao Y, Ageta-Ishihara N, Takahashi R, Kinoshita M, Hori O.

    F1000Research   4 巻   頁: 130   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. SIRT1 overexpression ameliorates a mouse model of SOD1-linked amyotrophic lateral sclerosis via HSF1/HSP70i chaperone system. 査読有り

    Watanabe S*, Ageta-Ishihara N*(*equal contribution), Nagatsu S*, Takao K, Komine O, Endo F, Miyakawa T, Misawa H, Takahashi R, Kinoshita M, Yamanaka K.

    Molecular brain   7 巻 ( 1 ) 頁: 62   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Mechanisms for the brain activation via physical exercise. 招待有り 査読有り

    Ageta-Ishihara N, Morita T, Yamauchi Y, Kinoshita M.

      28 巻   頁: 44-51   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. セプチンによるドーパミン神経伝達機構の制御 招待有り

    木下専, 上田(石原)奈津実

    脳21   16 巻 ( 3 ) 頁: 40-45   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  15. Septins promote dendrite and axon development by negatively regulating microtubule stability via HDAC6-mediated deacetylation 査読有り 国際共著

    Ageta-Ishihara N, Miyata T, Ohshima C, Watanabe M, Sato Y, Hamamura Y, Higashiyama T, Mazitschek R, Bito H, Kinoshita M.

    Nature Communications   4 巻   頁: 2532   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Chronic overload of SEPT4, a parkin substrate that aggregates in Parkinson's disease, causes behavioral alterations but not neurodegeneration in mice. 査読有り

    Ageta-Ishihara N, Yamakado H, Morita T, Hattori S, Takao K, Miyakawa T, Takahashi R, Kinoshita M.

    Molecular brain   6 巻 ( 1 ) 頁: 35   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. セプチン 招待有り 査読有り

    上田(石原)奈津実, 木下専

    脳科学辞典     2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14931/bsd.484

  18. Differential roles for CaM kinases in mediating excitation-morphogenesis coupling during formation and maturation of neuronal circuits 査読有り

    Takemoto-Kimura S, Suzuki K*, Kamijo S*, Ageta-Ishihara N* (*equal contribution), Fujii H*, Okuno H, Bito H.

    European Journal of Neuroscience   32 巻   頁: 224-230   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. 神経疾患と細胞骨格

    竹本-木村さやか, 上田(石原)奈津実, 布施俊光, 上條諭志, 尾藤晴彦

    分子細胞治療   8 巻 ( 4 ) 頁: 243-248   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  20. Control of cortical axon elongation by a GABA-driven Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase cascade 査読有り 国際共著

    Ageta-Ishihara N, Takemoto-Kimura S, Nonaka M, Adachi-Morishima A, Suzuki K, Kamijo S, Fujii H, Mano T, Blaeser F, Chatila TA, Mizuno H, Hirano T, Tagawa Y, Okuno H, Bito H.

    Journal of Neuroscience   29 巻   頁: 13720-13729   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Regulation of dendritogenesis via a lipid raft-associated Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase CLICK-III/CaMKIgamma 査読有り

    Takemoto-Kimura S*, Ageta-Ishihara N* (*equal contribution), Nonaka M, Adachi-Morishima A, Mano T, Okamura M, Fujii H, Fuse T, Hoshino M, Suzuki S, Kojima M, Mishina M, Okuno H, Bito H.

    Neuron   54 巻   頁: 755-770   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. シナプス活動による遺伝子発現

    奥野浩行, 竹本-木村さやか, 大前彰吾, 岡村理子, 石原奈津実, 尾藤晴彦

    蛋白質核酸酵素   49 巻   頁: 411-418   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

講演・口頭発表等 7

  1. 個性の階層的理解を目指した記憶維持における分子・細胞・個体レベルでの評価系の確立

    上田(石原)奈津実, 木下専

    「個性」創発脳第五回領域会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  2. Activity- and septin-dependent extension of smooth ER into dendritic spines as a synaptic basis of memory consolidation

    Kinoshita M, Ageta-Ishihara N, Fukazawa Y, Kengaku M, Takao K, Inokuchi K, Miyakawa T, Bito H.

    第43回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  3. 長期記憶保持に必要な分子・細胞基盤の解明

    上田(石原)奈津実, 木下専

    2019 GTR Seeds Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  4. 環境要因により影響を受ける認知機能に対するアプローチ 招待有り

    上田(石原)奈津実, 木下専

    資生堂女性研究者サイエンスグラント受賞者 特別講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  5. 空間弁別の個性を形成する環境的要因と遺伝的要因の複合解析

    上田(石原)奈津実, 木下専

    「個性」創発脳第四回領域会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

  6. A novel UBL3 modification influences protein sorting to small extracellular vesicles 招待有り 国際会議

    Ageta H, Ageta-Ishihara N, Hitachi K, Onouchi T, Yamaguchi H, Yoshioka Y, Kosaka N, Ide T, Kinoshita M, Ochiya T, Setou M, Tsuchida K.

    ISEV2019, Symposium session: EV Biogenesis II 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  7. Septin-dependent entry of smooth endoplasmic reticulum into dendritic spines as a synaptic basis of persistent memory 招待有り

    Ageta-Ishihara N, Takao K, Miyakawa T, Hioki H, Bito H, Inokuchi K, Kinoshita M.

    OIST, Mini-Symposium: The 16th International Membrane Research Forum  2019年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 35

  1. 長期記憶維持における細胞小器官の局在変化と分子基盤の解明

    2021年3月 - 2022年3月

    公益財団法人 日立財団  2020年度(第52回)倉田奨励金  2020年度(第52回)倉田奨励金

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  2. 軽度認知障害に効果を示す生理活性物質の探索

    2021年1月 - 2022年3月

    公益財団法人 テルモ生命科学振興財団  2020年度研究助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  3. 軽度認知障害に対する創薬候補分子の探索

    2020年12月 - 2021年12月

    公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団  2020年度 持田記念研究助成金 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円

  4. 記憶固定化における活動依存的な細胞小器官の構造変化と分子基盤の解明

    2020年11月 - 現在

    公益財団法人 武田科学振興財団  2020年度 医学系研究助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  5. カロリー摂取法が初期認知症様症状に与える影響の検証

    2020年10月 - 2021年9月

    公益財団法人 ロッテ財団  第8回奨励研究助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円

  6. 空間文脈課題の長期記憶障害に対する運動の効果

    2020年10月 - 2021年9月

    公益財団法人 戸部眞紀財団  2019年度研究助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  7. 認知症の早期診断を実現する細胞・個体レベルでの計測技術の開発

    2020年4月 - 2022年3月

    公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団  令和元年度奨励研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  8. 長期記憶維持に対する刺激依存的な細胞小器官の移動機構の解明

    2019年11月 - 2022年11月

    公益財団法人 住友財団  2019年度基礎科学研究助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  9. 記憶形成における、刺激に対する細胞小器官移動の生理的意義の解析

    2019年10月 - 2022年

    公益財団法人 サントリー生命科学財団  2019年度 SUNBOR GRANT 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円

  10. 新規認知症治療薬開発を目指した空間弁別機能障害の回復を促す生理活性物質の探索

    2019年4月 - 2021年3月

    公益財団法人 旭硝子財団  2019年度研究奨励 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  11. 新規認知症治療薬開発を目指した空間弁別機能亢進を促す物質の探索

    2019年4月 - 2021年3月

    公益財団法人 野口研究所  野口遵研究助成金 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2200000円

  12. 香りが認知能力に与える影響

    2018年12月 - 2021年3月

    公益財団法人 コスメトロジー研究振興財団  第29回(2018年度)研究助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

  13. 空間弁別学習の基盤となる細胞骨格セプチンの役割

    2018年4月 - 2020年3月

    公益財団法人 中島記念国際交流財団  平成30年度日本人若手研究者研究助成金 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5000000円

  14. 空間認知能力の基盤となるメカニズムの探索

    2017年6月 - 2018年5月

    資生堂  第10回資生堂女性研究者サイエンスグラント 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  15. 空間弁別学習を制御する情報伝達機構の解明

    2017年4月 - 2019年3月

    平成28年研究助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1400000円

  16. 空間パターンセパレーションにおけるセプチン細胞骨格の役割

    2017年4月 - 2019年3月

    2017年度研究助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  17. 空間弁別障害の基盤となる分子メカニズムの解明

    2017年4月 - 2018年3月

    公益財団法人 上原記念生命科学財団  平成28年度研究奨励金 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  18. 空間認知障害の基盤となる分子メカニズムの解明

    2017年4月 - 2018年3月

    公益財団法人 パブリックヘルスリサーチセンター  2017年度研究助成金 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  19. 空間弁別学習を制御する分子機構の解明

    2016年12月 - 現在

    第48回内藤記念科学奨励金・研究助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円

  20. 新奇空間の形状弁別メカニズムの解明

    2016年4月 - 現在

    公益財団法人 武田科学振興財団   2016年度医学系研究奨励 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  21. セプチン変異マウスを用いた未知の空間学習・記憶メカニズムの探索

    2015年12月 - 2017年3月

    公益財団法人 加藤記念バイオサイエンス振興財団  第26回加藤バイオサイエンス財団助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  22. 遺伝性神経痛性筋萎縮症の治療標的分子の解析

    2014年11月 - 2015年12月

    公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団  平成26年度持田記念研究助成金 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円

  23. 成体脳におけるセプチン細胞骨格の機能解析

    2014年4月 - 2015年3月

    公益財団法人 ブレインサイエンス振興財団  第28回研究助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  24. 遺伝性神経痛性筋萎縮症の創薬に対する基礎研究

    2014年4月 - 2015年3月

    公益財団法人 堀科学芸術振興財団  研究助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  25. 遺伝性神経痛性筋萎縮症原因遺伝子セプチンの生理機能解析

    2012年10月 - 現在

    公益財団法人 武田科学振興財団  2012年度医学系研究奨励 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円

  26. 神経突起伸展におけるセプチン依存的アセチル化修飾による微小管制御機構

    2012年4月 - 2013年3月

    公益財団法人 倉田記念日立科学技術財団  平成23年度(第44回)倉田奨励金 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  27. 遊びによる脳の活性化のしくみ

    2012年4月 - 2013年3月

    公益財団法人 中山隼雄科学技術文化財団  研究開発助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  28. 神経突起伸展におけるセプチンと微小管翻訳後修飾

    2012年4月 - 2013年3月

    平成23年度公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団調査研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  29. 神経突起伸展におけるセプチンと微小管翻訳後修飾

    2012年4月 - 2012年12月

    公益財団法人 アステラス病態代謝研究会  平成23年度公益財団法人アステラス病態代謝研究会研究助成金 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  30. 運動による脳の活性化のしくみ

    2012年1月 - 2012年11月

    公益財団法人 明治安田厚生事業団  第28回(平成23年度)(財)明治安田厚生事業団健康医学研究助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  31. 小脳におけるセプチン細胞骨格の機能解析

    2011年4月 - 2012年9月

    公益財団法人 内藤記念科学振興財団  2010年度内藤記念特定研究助成金 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

  32. 発生過程の神経突起形成における細胞骨格系の相互作用の解析

    2011年4月 - 2012年3月

    財団法人 理工学振興会  平成23年度研究助成 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:200000円

  33. 神経突起伸展におけるセプチンによる微小管翻訳後修飾制御機構

    2011年4月 - 2012年3月

    公益信託 成茂神経科学研究助成基金  平成23年度成茂神経科学研究助成基金 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:300000円

  34. 運動による脳神経回路再編成メカニズムの解析

    2011年3月 - 2012年2月

    公益財団法人 中冨健康科学振興財団  平成22年度(第23回)研究助成金 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  35. 経験が脳に刻み込まれるメカニズムへの新規アプローチ

    2010年4月 - 2011年3月

    名古屋大学  平成22年度(第1回)名古屋大学学術振興基金 

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:444000円

▼全件表示

科研費 9

  1. 長期記憶保持に必要な細胞小器官の空間的構造変化と分子基盤の解明

    研究課題/研究課題番号:20K06852  2020年4月 - 2023年3月

    基盤研究(C)

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    学習や記憶の細胞レベルの基盤は神経活動に応じてシナプス伝達効率が変化し、維持されるシナプス可塑性である。強い興奮性入力は樹状突起スパイン容積増加とAMPA受容体のシナプス後肥厚へのリクルートを伴うシナプス伝達の長期的な亢進(LTP)を惹起する。さらに、スパインの可塑的変化は数時間以上継続し、後期LTPをもたらす。スパインの体積増加はアクチン重合によることが支持されている一方で、数時間以上続くスパイン体積の可塑的変化に対しては、何からのメカニズムの存在が示唆されており、記憶維持に関わると考えられているが、その実体はほとんど明らかになっていない。本研究では長期記憶維持の分子基盤を解明する。

  2. 空間弁別の個性を形成する環境的要因と遺伝的要因の複合解析

    研究課題/研究課題番号:19H04901  2019年4月 - 2021年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    我々の個性は遺伝的要因と環境的要因が複合した結果である。しかしながら、生物の複雑さから環境的要因と遺伝的要因の複合解析による個性研究はほとんど行われていない。前回の公募研究では個性を理解するため遺伝的要因と環境的要因両者の影響が示唆されている空間弁別能力(既知の空間と未知の空間を見分ける力)に焦点をあて、遺伝的要因としてセプチン細胞骨格を中心に神経基盤を明らかにした。本研究では、空間弁別に与える環境的要因を行動解析と数理モデルで決定する。最終的には、遺伝的要因と環境的要因双方の介入・改変による空間弁別能力形成の因果関係の検証を行うことで個性形成の神経基盤を明らかにすることを目的とする。

  3. 興奮性シナプス伝達を修飾するスパイン内小胞体制御機構の探索

    研究課題/研究課題番号:17K07108  2017年4月 - 2020年3月

    基盤研究(C)

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    海馬歯状回は類似した記憶を分離する役割を担う可能性が示唆されていが、分子基盤は不明である。我々は、セプチン細胞骨格欠損マウスが異なる形状の空間分離課題で長期記憶異常を示すこと、歯状回で小胞体含有スパインが少ないことを見出した。本研究では欠損マウスの行動異常の領域特異性を決定し、スパインに小胞体が局在する機構を精査し、長期記憶におけるセプチンの役割を明らかにすることを目指した。その結果、歯状回にセプチンが発現することが空間弁別タスクの長期記憶保持に必要であることが検証できた。さらに、歯状回顆粒細胞スパイン内への小胞体の侵入イベントにセプチンが関与することが示唆できた。
    本研究成果は、学術的には細胞小器官の移動が記憶保持に影響を及ぼすことを示す初めての概念となる。社会的には、認知症患者と診断される数年前の時点でも空間pattern separation機能が低下することが報告されていることから、空間弁別課題の長期記憶保持の基盤となる分子メカニズムの解明は薬剤探索や記憶保持機能低下を抑制する食品の開発に繋がることが期待できる。

  4. 他個体認知・社会性および空間認知の基盤となるシナプス分子SEPT3の解析

    研究課題/研究課題番号:17H05945  2017年4月 - 2019年3月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

    本研究課題では、空間認知の遺伝的要因に焦点をあて個性形成の分子脳科学基盤を解明することを目指した。セプチン欠損マウスで見出した空間弁別記憶保持障害について責任領域の確定を行うとともに、セプチンを手がかりに個性の階層的理解を目指し、空間弁別の組織・細胞レベルの基盤を明らかにした。
    <BR>
    【行動・組織レベル】空間認知の責任領域は海馬歯状回である(McHugh et al., Science 2007)。セプチン欠損マウスの空間弁別記憶保持障害が歯状回でのセプチン欠損に起因するかの検証を目的として、セプチン欠損/野生型マウスの歯状回における局所的セプチン補填/枯渇が空間弁別記憶保持障害を救済/再現するかを精査した。実験の結果、顆粒細胞が大多数を占める歯状回においてセプチンが発現することが空間弁別記憶保持に必要であることと、セプチン欠損マウスの空間弁別記憶保持障害の正常化には歯状回に限局したセプチンの発現で十分であることが検証できた。併せて、セプチン欠損マウスの空間弁別記憶保持障害が神経系発生・発達過程に起こる不可逆的な後遺障害ではなく、成熟後のセプチン補填で矯正可能であることも示された。
    <BR>
    【細胞レベル】電子顕微鏡を用いた連続切片3次元再構築法による形態解析を進め、セプチン欠損マウスでは海馬歯状回でのみ特定の細胞小器官を持つスパインが少ないもののCA領域では正常であること、スパイン形態(シナプス密度、スパイン体積、PSD面積)は海馬全領域で正常であるという結果を得た。さらにライブイメージングを行い、学習・記憶の細胞レベルの素過程であるシナプス伝達の長期増強現象(L-LTP)が誘導された特定のスパインにセプチンを介して細胞小器官が侵入することを見出した。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。

  5. 小脳グルタミン酸作動性tripartiteシナプス膜の分子ネットワークと生理機能

    研究課題/研究課題番号:15H04274  2015年4月 - 2018年3月

    木下 専

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    重合性GTPaseセプチンは脳で高発現し、細胞骨格や足場としてシナプス前・後・周囲(グリア)膜直下に集積し、多様なシナプス関連分子と相互作用する多機能蛋白質ファミリーであるが、シナプス伝達や精神・神経病態における役割には不明な点が多い。応募者らは、ユニークな構造と細胞内局在を示すセプチン・サブユニットを欠損するマウスが報告例のない空間認知・弁別障害を呈することを見出し、その責任領域である嗅内皮質-海馬歯状回顆粒細胞間シナプスを詳細に解析した。

  6. 神経回路再編成の構造的基盤としてのセプチンの役割

    研究課題/研究課題番号:26440095  2014年4月 - 2017年3月

    基盤研究(C)

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

  7. 遺伝子改変マウスを用いた発達期および成体の脳におけるセプチン細胞骨格の機能解析

    研究課題/研究課題番号:24770184  2012年4月 - 2014年3月

    若手研究(B)

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

  8. 神経突起形成とリモデリングにおけるセプチン細胞骨格の解析

    研究課題/研究課題番号:22770192  2010年4月 - 2012年3月

    若手研究(B)

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  9. 活動依存的神経回路形成におけるCaMキナーゼIファミリーの機能解析

    2007年4月 - 2009年3月

    特別研究員奨励費

    上田(石原) 奈津実

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 9

  1. 情報機構学講究1

    2020

  2. 情報機構学特論2

    2020

  3. 情報機構学特論1

    2020

  4. 3年生実習

    2020

  5. 生物学基礎II

    2020

  6. 卒業実験

    2020

  7. 情報機構学講究2

    2020

  8. 基礎生化学Ⅰb

    2020

  9. 基礎生化学Ⅰ

    2020

▼全件表示

 

メディア報道 4

  1. 公募研究代表者の上田(石原) 奈津実さんと佐々木 拓哉さんが令和2年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しました 会誌・広報誌

    「個性」創発脳領域ニュースレター第8号  2020年9月

  2. 令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を10名が受賞 会誌・広報誌

    名大トピックス  2020年7月

  3. 公募研究代表者の上田(石原) 奈津実さんと佐々木 拓哉さんが令和2年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しました インターネットメディア

    「個性創発脳」webページ  2020年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  4. 本専攻の上田(石原)奈津実講師が令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰「若手科学者賞」を受賞されました インターネットメディア

    名古屋大学生命理学トピックス  2020年4月