2024/02/08 更新

写真a

タナカ トモユキ
田中 智之
TANAKA, Tomoyuki
所属
大学院人文学研究科 人文学専攻 英語文化 教授
大学院担当
大学院文学研究科
大学院人文学研究科
学部担当
文学部
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 文学修士 ( 1991年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 2

  1. その他 / その他  / 言語学

  2. その他 / その他  / 英語学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 小節と叙述の認可に関する共時的・通時的研究

  2. 英語不定詞の歴史的発達に関する研究

  3. 主語と節構造に関する共時的・通時的研究

学歴 2

  1. 名古屋大学   文学研究科

    1991年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   文学研究科

    1989年4月 - 1991年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 14

  1. 日本英語学会   編集委員

    2017年7月 - 2021年9月

  2. 日本英語学会   評議員

    2009年4月 - 現在

  3. 日本英語学会   編集委員

    2009年7月 - 2013年9月

  4. 日本英語学会   事務局長

    2007年4月 - 2009年3月

  5. 日本英語学会   大会運営委員

    2001年4月 - 2005年3月

  6. 近代英語協会   理事

    2018年4月 - 2022年3月

  7. 日本英文学会   大会準備委員

    2012年6月 - 2015年5月

  8. 日本英文学会   編集委員

    2006年4月 - 2009年3月

  9. 近代英語協会   理事

    2011年4月 - 2014年3月

  10. 近代英語協会   編集委員

    2005年4月 - 2009年3月

  11. 日本英文学会中部支部   理事

    2008年4月 - 2011年3月

  12. 日本英文学会中部支部   編集委員

    2001年4月 - 2005年3月

  13. 日本英文学会中部支部   事務局長補佐

    2014年4月 - 2015年3月

  14. 日本英文学会中部支部   理事

    2013年4月 - 現在

▼全件表示

受賞 1

  1. 加藤龍太郎賞

    1992年4月   名古屋大学英文学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 60

  1. On the Development of Passive Expletive Constructions in the History of English 査読有り

    Shoko Honda, Tomoyuki Tanaka

      ( 164 ) 頁: 93 - 109   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. 英語史における多重主語構文の出現と消失 査読有り

    田中智之

    コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論3     頁: 274 - 286   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  3. 多重主語構文タイプの受動虚辞構文の歴史的発達 査読有り

    田中智之

    言語の本質を共時的・通時的に探る:大室剛志教授退職記念論文集     頁: 223 - 234   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  4. 英語史における動詞移動と分詞構文の構造変化 招待有り 査読有り

    田中智之

    ことばの様相:現在と未来をつなぐ     頁: 52 - 65   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  5. 英語史における機能範疇Pred(ication)の出現 招待有り 査読有り

    田中智之

    英文學研究 支部統合号   XIV 巻   頁: 91 - 97   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. 非定形節における動詞移動の歴史的発達

    田中智之

    名古屋大学人文学研究論集   4 巻   頁: 51 - 64   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  7. 多重話題化と英語史における機能範疇の消失 査読有り

    田中智之

    コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論2     頁: 38 - 50   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  8. The Loss of Verb Movement in Participial Constructions

    Tomoyuki Tanaka

    Linguistics and Philology   ( 38 ) 頁: 1-18   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. The Origin and Development of Negation in Infinitival Clauses

      1 巻   頁: 17-29   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Object Movement and Left Periphery in the History of English 査読有り

    Tomoyuki Tanaka

    JELS (Papers from the Thirty-Fourth Conference of The English Linguistic Society of Japan)   34 巻   頁: 193-199   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. 英語史におけるOV語順の消失―不定詞節を中心にー

    田中智之

    文法変化と言語理論     頁: 119-133   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 英語史におけるコントロール不定詞の発達について

    田中智之

    名古屋大学文学部研究論集(文学)   62 巻   頁: 107-123   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. 古英語における目的語移動と左周縁部

    田中智之

    名古屋大学文学部研究論集(文学)   61 巻   頁: 71-88   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. A Note on Modal Passives in Early English 査読有り

    Tomoyuki Tanaka

    Studies in Modern English   ( 30 ) 頁: 71-77   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. The Distribution of Verb-Object Order in the History of English: A Cyclic Linearization Approach 査読有り

    Tomoyuki Tanaka

    Studies in Modern English: The Thirtieth Anniversary Publication of the Modern English Association     頁: 251-266   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Cyclic Linearization and the Loss of OV Order in the History of English 招待有り

    Tomoyuki Tanaka

    English Linguistics: Present, Past, and Future (Proceedings of the 2013 International Conference in English Linguistics)     頁: 393-397   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. 不定詞標識toの(脱)文法化について

    田中智之

    言語変化―動機とメカニズム     頁: 371-384   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. 統語と音韻のインターフェイス―動詞と目的語の語順をめぐって

    田中智之

    日本英文学会中部支部第63回大会Proceedings     頁: 191-192   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. 再構成と非定形節における機能範疇の出現

    田中智之

    名古屋大学文学部研究論集 文学   58 巻   頁: 69-88   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. 非定形節における動詞移動の歴史的発達

    田中智之

    人文学論集   ( 4 ) 頁: 51 - 64   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  21. 非定形節における動詞移動の歴史的発達

    田中智之

    名古屋大学人文学研究論集   ( 4 ) 頁: 51 - 64   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  22. The Rise of a Fuctional Category in Small Clauses 査読有り

    Tomoyuki Tanaka, Azusa Yokogoshi

    Studia Linguistica   64 巻 ( 3 ) 頁: 239-270   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Agreement, Predication, and the Rise of Functional Categories in Small Clauses 査読有り

    Tomoyuki Tanaka

    English Linguistics   27 巻 ( 2 ) 頁: 374-398   2010年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. On the Structural Change of Bare Infinitive Complements in the History of English

    Tomoyuki Tanaka

    Synchronic and Diachronic Approaches to the Study of Language: A Collection of Papers Dedicated to Professor Masachiyo Amano     頁: 371-384   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. EPP再考:英語史における主語の分布を証拠として

    田中智之

    名古屋大学文学部研究論集   56 巻   頁: 83-98   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. 一致、叙述、小節における機能範疇の出現

    日本英文学会第82回大会Proceedings     頁: 188-190   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Scrambling from Infinitival Clauses: A Case Study of Restructuring in the History of English

    Ivy Never Sere: The Fiftieth Anniversary Publication of The Society of English Literature and Linguistics, Nagoya University     頁: 475-492   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. The Rise of Lexical Subjects in English Infinitives 査読有り

    Tomoyuki Tanaka

    Journal of Comparative Germanic Linguistics   10 巻 ( 1 ) 頁: 25-67   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Inversion in Small Clauses in the History of English

    Exploring the Universe of Language: A Festschrift for Dr. Hirozo Nakano on the Occasion of His Seventieth Birthday     頁: 373-387   2007年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. On Case Licensing of Infinitival Subjects in Middle and Modern English 査読有り

      22 巻   頁: 47-69   2006年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Phases, Restructuring, and Transparency of Control Infinitives

      25 巻   頁: 1-28   2006年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. C, T, and Case/Agreement: A Unified Analysis of Finite and Nonfinite Clauses

    Journal of the School of Letters   1 巻   頁: 91-105   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Restructuring in the History of English: A Preliminary Study

    Linguistics and Philology   24 巻   頁: 1-16   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. C as a Locus of Case/Agreement

    Harvard Working Papers in Linguistics   8 巻   頁: 83-108   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Expletives, Functional Categories, and Small Clauses in the History of English 査読有り

    Studies in Modern English: The Twentieth Anniversary Publication of the Modern English Association     頁: 295-308   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. 英語史における主語位置と他動詞虚辞構文

    名古屋大学文学部論集:文学編   48 巻   頁: 115-133   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Synchronic and Diachronic Aspects of Overt Subject Raising in English 査読有り

    Tomoyuki Tanaka

    Lingua   112 巻   頁: 619-646   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. A Diachronic Survey of the Distribution of Expletive Subjects in Small Clauses

    Linguistics and Philology   20 巻   頁: 1-20   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. To不定詞における語彙的主語の出現について

    英語青年   ( 7 ) 頁: 23-25   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Overt Subject Raising in the History of English 査読有り

      16 巻   頁: 47-69   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Overt Subject Raising and the Notion 'Subject of Predication'

    Synchronic and Diachronic Studies on Language: A Festschrift for Dr. Hirozo Nakano (Linguistics and Philology 19)     頁: 445-461   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. On the Development of Transitive Expletive Constructions in the History of English 査読有り

    Tomoyuki Tanaka

    Lingua   110 巻   頁: 473-495   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. The Position of Subjects in Passive Expletive Constructions : An Overview of Some Historical Data

    English Studies   30 巻   頁: 87-111   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. A Note on For To Infinitives in Belfast English and Middle English 査読有り

    Tomoyuki Tanaka, Harumasa Miyashita

    English Linguistics   16 巻 ( 2 ) 頁: 501-507   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. ミニマリスト・プログラムにおけるPROの認可について

    東京学芸大学紀要(第2部門人文科学)   49 巻   頁: 61-76   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Minimalism and Language Change : The Historical Development of To-infinitives in English 査読有り

    Tomoyuki Tanaka

    English Linguistics   14 巻   頁: 320-341   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Two Types of Morphemes and the Development of Passive Infinitives in English

    English Studies   28 巻   頁: 29-45   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. Synchronic and Diachronic Aspects of English Auxiliaries(Review Article of English Auxiliaries : Structure and History by A. Warner) 査読有り

    Tomoyuki Tanaka

    English Linguistics   13 巻   頁: 338-366   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Inplicit Arguments in Nominals : A Minimalist Approach

    Inguiries into the Depth of Language     頁: 118-136   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. On the Categorial Status of the Infinitive Marker To in the History of English 査読有り

    Studies in Modern English   11 巻   頁: 79-86   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. 使役動詞の小節補部について

    茨城大学人文学部紀要(人文学科論集)   27 巻   頁: 121-136   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. On the Realization of External Arguments in Infinifives 査読有り

    English Linguistics   11 巻   頁: 76-99   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. 虚辞のitと完全解釈

    近代英語の諸相(英潮社)     頁: 393-405   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. The Structure of Periphrastic Causatives in English

    Hirozo Nakano, Tomoyuki Tanaka

    Theoretical and Descriptive Studies of the English Language     頁: 3-19   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. 使役動詞の補文構造について 査読有り

    中部英文学     頁: 11   1992年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. On the Relevance of Head Government to Quantifier Scope 査読有り

    English Linguistics   9 巻   頁: 223-243   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. 小節と数量詞の作用域 査読有り

    中部英文学     頁: 10   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. On the Categorial Status of Small Clauses

    Linguistics and Philology     頁: 11   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Subjects, Small Clauses, and the Structure of IP

    Linguistics and Philology     頁: 10   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. Secondary Predicates and the θ-criterion

    Linguistics and Philology     頁: 9   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 8

  1. 言語の本質を共時的・通時的に探る:大室剛志教授退職記念論文集

    田中智之・茨木正志郎・松元洋介・杉浦克哉・玉田貴裕・近藤亮一( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 編集)

    開拓社  2022年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:426   担当ページ:426   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 文法変化と言語理論

    田中智之,中川直志,久米祐介,山村崇斗( 担当: 共編者(共編著者))

    開拓社  2016年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 言語変化―動機とメカニズム

    中野弘三,田中智之( 担当: 単著)

    開拓社  2013年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. 統語論

    田中智之,縄田裕幸,寺田寛,中川直志,樗木勇作( 担当: 編集)

    朝倉書店  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. Synchronic and Diachronic Approaches to the Study of Language: A Collection of Papers Dedicated to the Memory of Professor Masachiyo Amano

    Hirozo Nakano, Masayuki Ohkado, Tomoyuki Tanaka, Tomohiro Yanagi, Azusa Yokogoshi( 担当: 共編者(共編著者))

    Eichosha Phoenix  2010年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  6. Ivy Never Sere: The Fiftieth Anniversary Publication of The Society of English Literature and Linguistics, Nagoya University

    Mutsumu Takikawa, Masae Kawatsu, Tomoyuki Tanaka( 担当: 共編者(共編著者))

    Otowa-Shobo Tsurumi-Shoten  2009年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  7. Exploring the Universe of Language: A Festchrift for Dr. Hirozo Nakano on the Occasion of His Seventieth Birthday

    Masachiyo Amano, Kozo Kato, Makiyo Niwa, Ko-ichiro Hamasaki, Tomoyuki Tanaka, Yusaku Oteki, Kay Nakago, Eiko Mizuno( 担当: 共編者(共編著者))

    2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  8. 英語の構文

    田中智之,寺田寛( 担当: 共著)

    英潮社  2004年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 27

  1. 受動文における主語位置の変化

    田中智之

    日本英文学会第95回大会シンポジア  日本英文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:関東学院大学   国名:日本国  

  2. 英語史における小節の構造変化と受動虚辞構文の歴史的発達 招待有り

    田中智之

    第8回IRI言語・文化コロキアム  2023年1月28日  関西外国語大学国際文化研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:関西外国語大学  

  3. 非定形節における動詞移動の出現と消失 招待有り

    田中智之

    日本英語学会第40回大会  2022年11月6日  日本英語学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  4. Get受動文の歴史的発達再考:Early English Books Online Corpusのデータからの新たな証拠

    森敏郎・東條有希・田中智之・田中祐太

    東北大学大学院情報科学研究科「言語変化・変異研究ユニット」主催第9回ワークショップ  2022年9月18日  東北大学大学院情報科学研究科「言語変化・変異研究ユニット」

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  5. 英語史における多重主語構文の出現と消失 招待有り

    田中智之

    東北大学大学院情報科学研究科「言語変化・変異研究ユニット」第7回ワークショップ  2021年9月5日  東北大学大学院情報科学研究科「言語変化・変異研究ユニット」

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン  

  6. 受動虚辞構文における主語位置の変化 招待有り

    田中智之

    東北大学大学院情報科学研究科「言語変化・変異研究ユニット」第6回ワークショップ  2020年8月16日  東北大学大学院情報科学研究科「言語変化・変異研究ユニット」

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. 英語史における機能範疇の消失

    田中智之

    日本英文学会第89回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:静岡大学   国名:日本国  

  8. 英語史における不定詞節の構造と否定辞の分布

    田中智之

    「言語変化・変異研究ユニット」第3回ワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  9. 目的語移動と左周縁部に関する通時的考察

    田中智之

    名古屋大学英文学会第54回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  10. Cyclic Linearization and the Loss of OV Order in the History of English 招待有り 国際会議

    Tomoyuki Tanaka

    The 2013 International Conference in English Linguistics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Korea University / Korea Military Academy   国名:大韓民国  

  11. 統語と音韻のインターフェイス―動詞と目的語の語順をめぐって―

    田中智之

    日本英文学会中部支部第63回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  12. 不定詞標識toの(脱)文法化について

    田中智之

    名古屋大学英文学会第50回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  13. 不定詞節における目的語の分布について

    田中智之

    日本英語学会第28回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  14. 一致、叙述、小節における機能範疇の出現

    田中智之

    日本英文学会第81回大会シンポジア 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  15. 非定形節における機能範疇の出現

    田中智之

    日本英語学会第24回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  16. 再構成と不定詞節の構造

    田中智之

    日本英文学会中部支部第57回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:愛知大学   国名:日本国  

  17. EPP再考:古英語と中英語における主語の分布を証拠として

    田中智之

    日本英語学会第19回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  18. 不定詞節における語彙的主語の出現について:使役動詞補文を中心に

    田中智之

    近代英語協会第18回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:青山学院大学   国名:日本国  

  19. 英語史における主語位置と他動詞虚辞構文

    田中智之

    日本英語学会第18回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:甲南大学   国名:日本国  

  20. Diachronic and Comparative Perspectives on Overt Subject Raising 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  21. 小節におけるEPP効果の出現について

    田中智之

    日本英語学会第16回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東北大学   国名:日本国  

  22. 英語史における節構造とEPP素性の変化:他動虚辞構文の分析を通じて

    田中智之

    日本英文学会中部支部第50回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  23. 不定詞の構造変化と照合理論

    田中智之

    近代英語協会第13回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:成蹊大学   国名:日本国  

  24. Implicit Arguments in Nominals and the Null Case Hypothesis

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  25. 不定詞における外項の具現化について

    田中智之

    日本英語学会第11回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  26. 数量詞の作用域と主要部統率

    田中智之

    日本英文学会第63回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:明治大学   国名:日本国  

  27. 述語のwh移動について

    田中智之

    日本英文学会中部支部第41回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1989年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡県立大学   国名:日本国  

▼全件表示

Works(作品等) 9

  1. 中野弘三・服部義弘・小野隆啓・西原哲雄(監修)『最新 英語学・言語学用語辞典』(編集)

    2015年11月

     詳細を見る

    発表場所:開拓社  

  2. Bettelou Los: The Rise of the To-Infinitive

    2007年

     詳細を見る

    発表場所:The Journal of Comparative Germanic Linguistics 10  

  3. David E. Johnson and Shalom Lappin: Local Constraints vs. Economy

    2001年

     詳細を見る

    発表場所:Studies in English Literature: English Number 42 (2001)  

  4. 荒木一雄・天野政千代(編)『ワードパル和英辞典』(項目執筆)

    2000年

     詳細を見る

    発表場所:小学館  

  5. 荒木一雄(編)『英語学用語辞典』(項目執筆)

    1999年

     詳細を見る

    発表場所:三省堂  

  6. Cynthia L. Allen: Case Marking and Reanalysis: Grammatical Relations from Old to Early Modern English

    1998年

     詳細を見る

    発表場所:Studies in English Literature: English Number 1998  

  7. 荒木一雄(編)『現代英語正誤辞典』(項目執筆)

    1996年

     詳細を見る

    発表場所:研究社  

  8. Luigi Rizzi: Relativized Minimality

    1992年

     詳細を見る

    発表場所:Linguistics and Philology 12  

  9. 荒木一雄・安井稔(編)『現代英文法辞典』(項目執筆)

    1992年

     詳細を見る

    発表場所:三省堂  

▼全件表示

科研費 2

  1. 再構成と機能範疇の出現に関する共時的・通時的研究

    2007年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)(一般),課題番号:19520419

    田中 智之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 主語の格と一致に関する共時的・通時的研究

    2004年

    科学研究費補助金  若手研究(B),課題番号:16720114

    田中 智之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. ことばの不思議

    2011