2021/04/06 更新

写真a

スズキ タカユキ
鈴木 孝幸
SUZUKI Takayuki
所属
大学院生命農学研究科 附属鳥類バイオサイエンス研究センター 准教授
職名
准教授

学位 3

  1. 博士(バイオサイエンス) ( 2004年3月   奈良先端科学技術大学院大学 ) 

  2. 修士(理工学) ( 2001年3月   慶應義塾大学 ) 

  3. 学士(応用化学) ( 1999年3月   慶應義塾大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 発生生物学

  2. 進化発生学

研究分野 4

  1. ライフサイエンス / 遺伝学  / 遺伝学

  2. ライフサイエンス / 進化生物学  / 進化発生学

  3. ライフサイエンス / 細胞生物学  / 生化学

  4. ライフサイエンス / 発生生物学  / 発生生物学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 骨格パターンの形成メカニズム

経歴 9

  1. 名古屋大学   大学院生命農学研究科 附属鳥類バイオサイエンス研究センター   准教授

    2018年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院理学研究科 生命理学専攻 生体調節論   講師

    2016年4月 - 2018年3月

  3. 名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻 助教   大学院理学研究科 生命理学専攻   助教

    2010年10月 - 2016年3月

  4. 独立行政法人科学技術振興機構 さきがけ研究者

    2008年10月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 東北大学加齢医学研究所 助教

    2007年4月 - 2010年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 日本学術振興会海外特別研究員

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 米国ウィスコンシン大学解剖学分野ポスドク

    2004年6月 - 2007年3月

  8. 日本学術振興会特別研究員(PD)

    2004年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 日本学術振興会特別研究員(DC2)

    2003年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 奈良先端科学技術大学院大学   バイオサイエンス研究科   細胞生物学専攻

    - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 慶應義塾大学   理工学研究科   生体医工学専攻

    - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 慶應義塾大学   理工学部   応用化学科

    - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 発生生物学会

  2. 国際ニワトリ学術集会

受賞 1

  1. 日本遺伝学会奨励賞

    2019年9月   日本遺伝学会  

    鈴木 孝幸

 

論文 44

  1. The dynamic spatial and temporal relationships between the phalanx‐forming region and the interdigits determine digit identity in the chick limb autopod 招待有り 査読有り 国際誌

    Developmental Dynamics     2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dvdy.323

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/dvdy.323

  2. Thalidomide and its metabolite 5‐hydroxythalidomide induce teratogenicity via the cereblon neosubstrate PLZF 査読有り 国際誌

    Yamanaka Satoshi, Murai Hidetaka, Saito Daisuke, Abe Gembu, Tokunaga Etsuko, Iwasaki Takahiro, Takahashi Hirotaka, Takeda Hiroyuki, Suzuki Takayuki, Shibata Norio, Tamura Koji, Sawasaki Tatsuya

    The EMBO Journal   40 巻 ( 4 )   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/embj.2020105375

    Web of Science

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.15252/embj.2020105375

  3. Origin and evolutionary history of domestic chickens inferred from a large population study of Thai red junglefowl and indigenous chickens 招待有り 査読有り 国際誌

    Scientific Reports   11 巻 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-81589-7

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-021-81589-7

  4. DNA methylation analysis of multiple imprinted DMRs in Sotos syndrome reveals IGF2-DMR0 as a DNA methylation-dependent, P0 promoter-specific enhancer

    Watanabe H., Higashimoto K., Miyake N., Morita S., Horii T., Kimura M., Suzuki T., Maeda T., Hidaka H., Aoki S., Yatsuki H., Okamoto N., Uemura T., Hatada I., Matsumoto N., Soejima H.

    EUROPEAN JOURNAL OF HUMAN GENETICS   28 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: 759 - 760   2020年12月

     詳細を見る

  5. The formation of multiple pituitary pouches from the oral ectoderm causes ectopic lens development in hedgehog signaling‐defective avian embryos 招待有り 査読有り 国際誌

    Developmental Dynamics   249 巻 ( 12 ) 頁: 1425 - 1439   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dvdy.222

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/dvdy.222

  6. Geographic Origin and Genetic Characteristics of Japanese Indigenous Chickens Inferred from Mitochondrial D-Loop Region and Microsatellite DNA Markers 招待有り 査読有り 国際誌

    Animals   10 巻 ( 11 ) 頁: 2074 - 2074   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ani10112074

  7. Transcriptome analysis revealed misregulated gene expression in blastoderms of interspecific chicken and Japanese quail F1 hybrids 招待有り 査読有り 国際誌

    PLOS ONE   15 巻 ( 10 ) 頁: e0240183 - e0240183   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0240183

  8. Primordial germ cell‐specific expression of eGFP in transgenic chickens 招待有り 査読有り 国際誌

    Hagihara Yota, Okuzaki Yuya, Matsubayashi Kazuma, Kaneoka Hidenori, Suzuki Takayuki, Iijima Shinji, Nishijima Ken-ichi

    genesis   58 巻 ( 8 )   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dvg.23388

    Web of Science

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/dvg.23388

  9. Enhancer functions underlying morphological diversity

    Suzuki Takayuki, Koshikawa Shigeyuki

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   62 巻 ( 5 ) 頁: 263 - 264   2020年6月

     詳細を見る

  10. How do signaling and transcription factors regulate both axis elongation and Hox gene expression along the anteroposterior axis? 招待有り 査読有り 国際誌

    Saito Seiji, Suzuki Takayuki

    How do signaling and transcription factors regulate both axis elongation and Hox gene expression along the anteroposterior axis?   62 巻 ( 5 ) 頁: 363 - 375   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/dgd.12682

    Web of Science

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/dgd.12682

  11. Combined deletions of IHH and NHEJ1 cause chondrodystrophy and embryonic lethality in the Creeper chicken 招待有り 査読有り 国際誌

    Kinoshita Keiji, Suzuki Takayuki, Koike Manabu, Nishida Chizuko, Koike Aki, Nunome Mitsuo, Uemura Takeo, Ichiyanagi Kenji, Matsuda Yoichi

    Communications Biology   3 巻 ( 1 )   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s42003-020-0870-z

    Web of Science

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s42003-020-0870-z

  12. DNA methylation analysis of multiple imprinted DMRs in Sotos syndrome reveals IGF2 ‐DMR0 as a DNA methylation‐dependent, P0 promoter‐specific enhancer 招待有り 査読有り 国際誌

    The FASEB Journal   34 巻 ( 1 ) 頁: 960 - 973   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fj.201901757r

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1096/fj.201901757R

  13. PRDM14 and BLIMP1 control the development of chicken primordial germ cells

    Okuzaki Yuya, Kaneoka Hidenori, Suzuki Takayuki, Hagihara Yota, Nakayama Yuki, Murakami Seitaro, Murase Yusuke, Kuroiwa Atsushi, Iijima Shinji, Nishijima Ken-ichi

    DEVELOPMENTAL BIOLOGY   455 巻 ( 1 ) 頁: 32 - 41   2019年11月

  14. Identification of transgene integration site and anatomical properties of fluorescence intensity in a EGFP transgenic chicken line. 査読有り 国際誌

    Tsujino K, Okuzaki Y, Hibino N, Kawamura K, Ozaki Y, Ishishita S, Kuroiwa A, Iijima S, Matsuda Y, Nishijima K, Suzuki T

    Development, growth & differentiation     2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Recommendation of Brilliant Blue instead of Fast Green as a dye at in ovo electroporation. 査読有り 国際誌

    Saito S, Kawamura K, Matsuda Y, Suzuki T

    Development, growth & differentiation     2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Brilliant Blue as an alternative dye to Fast Green for in ovo electroporation

    Saito Seiji, Kawamura Kazuki, Matsuda Yoichi, Suzuki Takayuki

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   61 巻 ( 7-8 ) 頁: 402 - 409   2019年9月

     詳細を見る

  17. Identification of transgene integration site and anatomical properties of fluorescence intensity in a EGFP transgenic chicken line

    Tsujino Kaori, Okuzaki Yuya, Hibino Nobuyuki, Kawamura Kazuki, Saito Seiji, Ozaki Yumi, Ishishita Satoshi, Kuroiwa Atsushi, Iijima Shinji, Matsuda Yoichi, Nishijima Kenichi, Suzuki Takayuki

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   61 巻 ( 7-8 ) 頁: 393 - 401   2019年9月

     詳細を見る

  18. Self-organized formation of developing appendages from murine pluripotent stem cells

    Mori Shunsuke, Sakakura Eriko, Tsunekawa Yuji, Hagiwara Masaya, Suzuki Takayuki, Eiraku Mototsugu

    NATURE COMMUNICATIONS   10 巻   2019年8月

  19. PRDM14 and BLIMP1 control the development of chicken primordial germ cells. 査読有り 国際誌

    Okuzaki Y, Kaneoka H, Suzuki T, Hagihara Y, Nakayama Y, Murakami S, Murase Y, Kuroiwa A, Iijima S, Nishijima KI

    Developmental biology   455 巻 ( 1 ) 頁: 32 - 41   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Anatomical integration of the sacral-hindlimb unit coordinated by GDF11 underlies variation in hindlimb positioning in tetrapods. 査読有り

    Matsubara Y., Hirasawa T., Egawa S., Hattori A., Suganuma T., Kohara Y., Nagai T., Tamura K., Kuratani S., Kuroiwa A., Suzuki T.

    Nature Ecol. Evol.   1 巻   頁: 1392-1399   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Anatomical integration of the sacral-hindlimb unit coordinated by GDF11 underlies variation in hindlimb positioning in tetrapods 査読有り 国際誌

    Matsubara Yoshiyuki, Hirasawa Tatsuya, Egawa Shiro, Hattori Ayumi, Suganuma Takaya, Kohara Yuhei, Nagai Tatsuya, Tamura Koji, Kuratani Shigeru, Kuroiwa Atsushi, Suzuki Takayuki

    NATURE ECOLOGY & EVOLUTION   1 巻 ( 9 ) 頁: 1392 - 1399   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41559-017-0247-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  22. A quantitative approach to understanding vertebrate limb morphogenesis at the macroscopic tissue level 査読有り 国際誌

    Suzuki Takayuki, Morishita Yoshihiro

    CURRENT OPINION IN GENETICS & DEVELOPMENT   45 巻   頁: 108 - 114   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gde.2017.04.005

    Web of Science

    PubMed

  23. Quantitative and comparative analysis of tissue deformation dynamics for chick and Xenopus limb morphogenesis 査読有り 国際誌

    Morishita Yoshihiro, Suzuki Takayuki, Yokoyama Hitoshi, Kamei Yasuhiro, Tamura Koji, Kawasumi Aiko

    MECHANISMS OF DEVELOPMENT   145 巻   頁: S40 - S40   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mod.2017.04.060

    Web of Science

  24. Upstream regulation for initiation of restricted Shh expression in the chick limb bud 査読有り 国際誌

    Matsubara Haruka, Saito Daisuke, Abe Gembu, Yokoyama Hitoshi, Suzuki Takayuki, Tamura Koji

    DEVELOPMENTAL DYNAMICS   246 巻 ( 5 ) 頁: 417 - 430   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/dvdy.24493

    Web of Science

    PubMed

  25. Transgene Introduction into the Chick Limb Bud by Electroporation 査読有り 国際誌

    Ueda Shogo, Suzuki Takayuki, Tanaka Mikiko

    AVIAN AND REPTILIAN DEVELOPMENTAL BIOLOGY: METHODS AND PROTOCOLS   1650 巻   頁: 203 - 208   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-7216-6_13

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  26. Efficient harvesting methods for early-stage snake and turtle embryos 査読有り 国際誌

    Yoshiyuki Matsubara, Atsushi Kuroiwa, Takayuki Suzuki

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   58 巻 ( 3 ) 頁: 241 - 249   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Reptile development is an intriguing research target for understating the unique morphogenesis of reptiles as well as the evolution of vertebrates. However, there are numerous difficulties associated with studying development in reptiles. The number of available reptile eggs is usually quite limited. In addition, the reptile embryo is tightly adhered to the eggshell, making it a challenge to isolate reptile embryos intact. Furthermore, there have been few reports describing efficient procedures for isolating intact embryos especially prior to pharyngula stage. Thus, the aim of this review is to present efficient procedures for obtaining early-stage reptilian embryos intact. We first describe the method for isolating early-stage embryos of the Japanese striped snake. This is the first detailed method for obtaining embryos prior to oviposition in oviparous snake species. Second, we describe an efficient strategy for isolating early-stage embryos of the soft-shelled turtle.

    DOI: 10.1111/dgd.12278

    Web of Science

    PubMed

  27. Inactivation of Sonic Hedgehog Signaling and Polydactyly in Limbs of Hereditary Multiple Malformation, a Novel Type of Talpid Mutant. 査読有り 国際誌

    Yoshiyuki Matsubara, Mikiharu Nakano, Kazuki Kawamura, Masaoki Tsudzuki, Jun-Ichi Funahashi, Kiyokazu Agata, Yoichi Matsuda, Atsushi Kuroiwa, Takayuki Suzuki

    Frontiers in cell and developmental biology   4 巻   頁: 149 - 149   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Hereditary Multiple Malformation (HMM) is a naturally occurring, autosomal recessive, homozygous lethal mutation found in Japanese quail. Homozygote embryos (hmm-/-) show polydactyly similar to talpid2 and talpid3 mutants. Here we characterize the molecular profile of the hmm-/- limb bud and identify the cellular mechanisms that cause its polydactyly. The hmm-/- limb bud shows a severe lack of sonic hedgehog (SHH) signaling, and the autopod has 4 to 11 unidentifiable digits with syn-, poly-, and brachydactyly. The Zone of Polarizing Activity (ZPA) of the hmm-/- limb bud does not show polarizing activity regardless of the presence of SHH protein, indicating that either the secretion pathway of SHH is defective or the SHH protein is dysfunctional. Furthermore, mesenchymal cells in the hmm-/- limb bud do not respond to ZPA transplanted from the normal limb bud, suggesting that signal transduction downstream of SHH is also defective. Since primary cilia are present in the hmm-/- limb bud, the causal gene must be different from talpid2 and talpid3. In the hmm-/- limb bud, a high amount of GLI3A protein is expressed and GLI3 protein is localized to the nucleus. Our results suggest that the regulatory mechanism of GLI3 is disorganized in the hmm-/- limb bud.

    DOI: 10.3389/fcell.2016.00149

    PubMed

  28. AP-2β is a transcriptional regulator for determination of digit length in tetrapods. 査読有り 国際誌

    Seki R, Kitajima K, Matsubara H, Suzuki T, Saito D, Yokoyama H, Tamura K

    Developmental biology   407 巻 ( 1 ) 頁: 75 - 89   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2015.08.006

    Web of Science

    PubMed

  29. Quantitative analysis of tissue deformation dynamics reveals three characteristic growth modes and globally aligned anisotropic tissue deformation during chick limb development. 査読有り

    Morishita Y, Kuroiwa A, Suzuki T.

    Development   142 巻 ( 9 ) 頁: 1672-1683   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242

  30. An efficient embryonic culture method for the Japanese striped snake, Elaphe quadrivirgata, and its early developmental stages. 査読有り

    Matsubara Y., Sakai A., Kuroiwa A., Suzuki T.

    Dev. Growth Differ.   56 巻   頁: 573-582   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Efficient embryonic culture method for the Japanese striped snake, Elaphe quadrivirgata, and its early developmental stages 査読有り 国際誌

    Yoshiyuki Matsubara, Atsushi Sakai, Atsushi Kuroiwa, Takayuki Suzuki

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   56 巻 ( 8 ) 頁: 573 - 582   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    The morphogenesis of snake embryos is an elusive yet fascinating research target for developmental biologists. However, few data exist on development of early snake embryo due to limited availability of pregnant snakes, and the need to harvest early stage embryos directly from pregnant snakes before oviposition without knowing the date of fertilization. We established an ex vivo culture method for early snake embryos using the Japanese striped snake, Elaphe quadrivirgata. This method, which we named sausage-style (SS) culture, allows us to harvest snake embryos at specific stages for each experiment. Using this SS culture system, we calculated somite formation rate at early stages before oviposition. The average somite formation rate between 6/7 and 12/13 somite stages was 145.9min, between 60/70 and 80/91 somite stages 42.4min, and between 113-115 and 126/127 somite stages 71min. Thus, somite formation rate that we observed during early snake embryogenesis was changed over time. We also describe a developmental staging series for E.quadrivirgata. This is the first report of a developmental series of early snake embryogenesis prior to oviposition by full-color images with high-resolution. We propose that the SS culture system is an easy method for treating early snake embryos ex vivo.

    DOI: 10.1111/dgd.12157

    Web of Science

    PubMed

  32. Bayesian inference of whole-organ deformation dynamics from limited space-time point data 査読有り 国際誌

    Yoshihiro Morishita, Takayuki Suzuki

    JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY   357 巻   頁: 74 - 85   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD  

    To understand the morphogenetic mechanisms of organ development and regeneration, it is essential to clarify the inter-hierarchical relationship between microscopic, molecular/cellular activities and organ-level tissue deformation dynamics. While the former have been studied for several decades, the latter macroscopic geometrical information about physical tissue deformation - is often missing, especially for many vertebrates. This is mainly because live recording of detailed cell behaviors in whole tissues during vertebrate organogenesis is technically difficult. In this study, we have developed a novel method that combines snapshot lineage tracing with Bayesian statistical estimation to construct whole-organ deformation maps from landmark data on limited numbers of space-time points. Following the validation of the method using artificially generated data sets, we applied it to the analysis of tissue deformation dynamics in chick limb development. A quantitative tissue deformation map for St.23-St.24 has been constructed, and its precision has been proven by evaluating its predictive performance. Geometrical analyses of the map have revealed a spatially heterogeneous volume growth pattern that is consistent with the expression pattern of a major morphogen and anisotropic tissue deformation along an axis. Thus, our method enables deformation dynamics analysis in organogenesis using practical lineage marking techniques. (C) 2014 The Authors. Published by Elsevier Ltd. This is an open access article under the CC BY-NC-ND license

    DOI: 10.1016/j.jtbi.2014.04.027

    Web of Science

  33. Reconstruction and in vivo analysis of the extinct tbx5 gene from ancient wingless moa (Aves: Dinornithiformes) 査読有り 国際誌

    Leon Huynen, Takayuki Suzuki, Toshihiko Ogura, Yusuke Watanabe, Craig D. Millar, Michael Hofreiter, Craig Smith, Sara Mirmoeini, David M. Lambert

    BMC EVOLUTIONARY BIOLOGY   14 巻   頁: 75   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BIOMED CENTRAL LTD  

    Background: The forelimb-specific gene tbx5 is highly conserved and essential for the development of forelimbs in zebrafish, mice, and humans. Amongst birds, a single order, Dinornithiformes, comprising the extinct wingless moa of New Zealand, are unique in having no skeletal evidence of forelimb-like structures.
    Results: To determine the sequence of tbx5 in moa, we used a range of PCR-based techniques on ancient DNA to retrieve all nine tbx5 exons and splice sites from the giant moa, Dinornis. Moa Tbx5 is identical to chicken Tbx5 in being able to activate the downstream promotors of fgf10 and ANF. In addition we show that missexpression of moa tbx5 in the hindlimb of chicken embryos results in the formation of forelimb features, suggesting that Tbx5 was fully functional in wingless moa. An alternatively spliced exon 1 for tbx5 that is expressed specifically in the forelimb region was shown to be almost identical between moa and ostrich, suggesting that, as well as being fully functional, tbx5 is likely to have been expressed normally in moa since divergence from their flighted ancestors, approximately 60 mya.
    Conclusions: The results suggests that, as in mice, moa tbx5 is necessary for the induction of forelimbs, but is not sufficient for their outgrowth. Moa Tbx5 may have played an important role in the development of moa's remnant forelimb girdle, and may be required for the formation of this structure. Our results further show that genetic changes affecting genes other than tbx5 must be responsible for the complete loss of forelimbs in moa.

    DOI: 10.1186/1471-2148-14-75

    Web of Science

    PubMed

  34. How is digit identity determined during limb development? 査読有り 国際誌

    Takayuki Suzuki

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   55 巻 ( 1 ) 頁: 130 - 138   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    Digit identity has been studied using the chick embryo as a model system for more than 40 years. Using this model system, several milestone findings have been reported, such as the apical ectodermal ridge (AER), the zone of polarizing activity (ZPA), the Shh gene, and the theory of morphogen and positional information. These experimental results and models provided context for understanding pattern formation in developmental biology. The focus of this review is on the determination of digit identity during limb development. First, the history of studies on digit identity determination is described, followed by descriptions of the molecular mechanisms and current models for determination of digit identity. Finally, future questions and remarkable points will be discussed.

    DOI: 10.1111/dgd.12022

    Web of Science

    PubMed

  35. Identification of Spontaneous Mutations Within the Long-Range Limb-Specific Sonic Hedgehog Enhancer (ZRS) That Alter Sonic Hedgehog Expression in the Chicken Limb Mutants oligozeugodactyly and Silkie Breed 査読有り 国際誌

    Sarah A. Maas, Takayuki Suzuki, John F. Fallon

    DEVELOPMENTAL DYNAMICS   240 巻 ( 5 ) 頁: 1212 - 1222   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-BLACKWELL  

    The evolutionarily conserved, non-coding similar to 800-base-pair (bp) zone of polarizing activity (ZPA) regulatory sequence (ZRS) controls Shh expression in the posterior limb. We report that the chicken mutant oligozeugodactyly (ozd), which lacks limb Shh expression, has a large deletion within the ZRS. Furthermore, the preaxial polydactylous, Silkie Breed chicken, which develops ectopic anterior limb Shh expression, has a single bp change within the ZRS. Using an in vivo reporter assay to examine enhancer function in the chick limb, we demonstrate that the wild-type ZRS drives beta-galactosidase reporter expression in the ZPA of both wild-type and ozd limbs. The Silkie ZRS drives beta-galactosidase in both posterior and anterior Shh domains in wild-type limb buds. These results support the hypothesis that the ZRS integrates positive and negative prepatterned regulatory inputs in the chicken model system and demonstrate the utility of the chicken limb as an efficient genetic system for gene regulatory studies. Developmental Dynamics 240: 1212-1222, 2011. (C) 2011 Wiley-Liss, Inc.

    DOI: 10.1002/dvdy.22634

    Web of Science

    PubMed

  36. Identification of a Primary Target of Thalidomide Teratogenicity 査読有り 国際誌

    Takumi Ito, Hideki Ando, Takayuki Suzuki, Toshihiko Ogura, Kentaro Hotta, Yoshimasa Imamura, Yuki Yamaguchi, Hiroshi Handa

    SCIENCE   327 巻 ( 5971 ) 頁: 1345 - 1350   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC ADVANCEMENT SCIENCE  

    Half a century ago, thalidomide was widely prescribed to pregnant women as a sedative but was found to be teratogenic, causing multiple birth defects. Today, thalidomide is still used in the treatment of leprosy and multiple myeloma, although how it causes limb malformation and other developmental defects is unknown. Here, we identified cereblon (CRBN) as a thalidomide-binding protein. CRBN forms an E3 ubiquitin ligase complex with damaged DNA binding protein 1 (DDB1) and Cul4A that is important for limb outgrowth and expression of the fibroblast growth factor Fgf8 in zebrafish and chicks. Thalidomide initiates its teratogenic effects by binding to CRBN and inhibiting the associated ubiquitin ligase activity. This study reveals a basis for thalidomide teratogenicity and may contribute to the development of new thalidomide derivatives without teratogenic activity.

    DOI: 10.1126/science.1177319

    Web of Science

    PubMed

  37. Electroporation into the limb: Beyond misexpression 査読有り 国際誌

    Takayuki Suzuki, Toshihiko Ogura

    Electroporation and Sonoporation in Developmental Biology     頁: 85 - 96   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Springer Japan  

    Limb development has been studied for over 100 years by several generations of developmental biologists. The developing limb is one of the best models with which to study pattern formation in vertebrates. We have used chick limb development to answer a simple but basic question, namely, why heterogeneous tissues are formed at correct positions and times from a homogeneous population of cells (Pearse &amp
    Tabin, 1998). Limb development starts as two pairs of tissue bulges in the lateral plate meso-derm (LPM). These are called the forelimb and hindlimb fields (Fig. 9.1). After limb initiation, one can clearly identify three-dimensional axes in the limb buds: the proximal-distal (PD
    from shoulder to fingers), dorso-ventral (DV
    from back to palm), and antero-posterior (AP
    from thumb to little fingers) axes. Morphological changes and differences along these three axes are determined by pattern formation during limb bud stages. Following establishment of these axes, one can visually recognize condensation of cartilages. Muscles, tendons, and neurons migrate and differentiate after cartilage formation. Because the stages and events are easily recognized morphologically and in detail, it is therefore the limb bud is an excellent model with which to study the molecular mechanisms of embryonic patterning and tissue differentiation in vertebrates. © 2009 Springer Japan.

    DOI: 10.1007/978-4-431-09427-2_9

    Scopus

  38. Congenic method in the chick limb buds by electroporation 査読有り 国際誌

    Takayuki Suzuki, Toshihiko Ogura

    DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION   50 巻 ( 6 ) 頁: 459 - 465   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

    Electroporation is a powerful tool with which to study limb development. Limb development, however, remains an intricate series of events, requiring the precise dissection of developmental processes using relevant transgenes. In this review, we describe the anatomy of the limb field as the basis of targeted electroporation, and specific expression vectors are discussed. We share a useful protocol for electroporation of chick limb buds, and the expression pattern of enhanced green fluorescent protein in the limb buds is used to demonstrate relevant embryonic patterning. Finally, useful trouble-shooting techniques are described.

    DOI: 10.1111/j.1440-169x.2008.01054.x

    Web of Science

    PubMed

  39. Unique SMAD1/5/8 activity at the phalanx-forming region determines digit identity 査読有り 国際誌

    Takayuki Suzuki, Sean M. Hasso, John F. Fallon

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   105 巻 ( 11 ) 頁: 4185 - 4190   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATL ACAD SCIENCES  

    The zone of polarizing activity is the primary signaling center controlling anterior-posterior patterning of the amniote limb bud. The autopodial interdigits (IDs) are secondary signaling centers proposed to determine digit identity by acting on the cells of the digital ray. Here, we focus on events accompanying digital fate determination and define a region of the digital ray that expresses Sox9 and Bmpr1b and is phosphorylated-SMAD1/5/8 (p-SMAD1/5/8) positive. We name this region the phalanx-forming region (PFR), and show that the PFR cells arise from the distal subridge mesenchyme of digital ray. This phalanx-forming cell lineage is subsequently committed to the cartilage lineage; the fate of these cells is initially labile but becomes fixed as they are incorporated into the condensed cartilage of the digit primordium. Using an in vivo reporter assay, we establish that each digital PFR has a unique p-SMAD1/5/8 activity signature. In addition, we show that changes in this activity correlate with the identity of the digit that forms after experimental manipulation, supporting the idea that threshold signaling levels can lead to different developmental outcomes in a morphogenetic field. Our data define the molecular profile of the PFR, and we propose a model for understanding formation and variation of digits during autopodial development.

    DOI: 10.1073/pnas.0707899105

    Web of Science

    PubMed

  40. Chick Dach1 interacts with the Smad complex and Sin3a to control AER formation and limb development along the proximodistal axis 査読有り 国際誌

    Y Kida, Y Maeda, T Shiraishi, T Suzuki, T Ogura

    DEVELOPMENT   131 巻 ( 17 ) 頁: 4179 - 4187   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:COMPANY OF BIOLOGISTS LTD  

    Based on recent data, a new view is emerging that vertebrate Dachshund (Dach) proteins are components of Six1/6 transcription factor-dependent signaling cascades. Although Drosophila data strongly suggest a tight link between Dpp signaling and the Dachshund gene, a functional relationship between vertebrate Dach and BMP signaling remains undemonstrated. We report that chick Dach1 interacts with the Smad complex and the corepressor mouse Sin3a, thereby acting as a repressor of BMP-mediated transcriptional control. In the limb, this antagonistic action regulates the formation of the apical ectodermal ridge (AER) in both the mesenchyme and the AER itself, and also controls pattern formation along the proximodistal axis of the limb. Our data introduce a new paradigm of BMP antagonism during limb development mediated by Dach1, which is now proven to function in different signaling cascades with distinct interacting partners.

    DOI: 10.1242/dev.01252

    Web of Science

    PubMed

  41. Tbx genes specify posterior digit identity through Shh and BMP signaling 査読有り 国際誌

    T Suzuki, J Takeuchi, K Koshiba-Takeuchi, T Ogura

    DEVELOPMENTAL CELL   6 巻 ( 1 ) 頁: 43 - 53   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CELL PRESS  

    Despite extensive studies on the anterior-posterior (AP) axis formation of limb buds, mechanisms that specify digit identities along the AP axis remain obscure. Using the four-digit chick leg as a model, we report here that Tbx2 and Tbx3 specify the digit identities of digits IV and III, respectively. Misexpression of Tbx2 and Tbx3 induced posterior homeotic transformation of digit III to digit IV and digit II to digit III, respectively. Conversely, misexpression of their mutants VP16DeltaTbx2 and VP16DeltaTbx3 induced anterior transformation. In both cases, alterations in the expression of several markers (e.g., BMP2, Shh, and HoxD genes) were observed. In addition, Tbx2 and Tbx3 rescued Noggin-mediated inhibition of interdigital BMP signaling, signaling which is pivotal in establishing digit identities. Hence, we conclude that Tbx3 specifies digit III, and the combination of Tbx2 and Tbx3 specifies digit IV, acting together with the interdigital BMP signaling cascade.

    Web of Science

    PubMed

  42. Tbx5 and Tbx4 trigger limb initiation through activation of the Wnt/Fgf signaling cascade 査読有り 国際誌

    JK Takeuchi, K Koshiba-Takeuchi, T Suzuki, M Kamimura, K Ogura, T Ogura

    DEVELOPMENT   130 巻 ( 12 ) 頁: 2729 - 2739   2003年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:COMPANY OF BIOLOGISTS LTD  

    A tight loop between members of the fibroblast growth factor and the Wnt families plays a key role in the initiation of vertebrate limb development. We show for the first time that Tbx5 and Tbx4 are directly involved in this process. When dominant-negative forms of these Tbx genes were misexpressed in the chick prospective limb fields, a limbless phenotype arose with repression of both Wnt and Fgf genes By contrast, when Tbx5 and Tbx4 were misexpressed in the flank, an additional wing-like and an additional leg-like limbs were induced, respectively. This additional limb formation was accompanied by the induction of both Wnt and Fgf genes These results highlight the pivotal roles of Tbx5 and Tbx4 during limb initiation, specification of forelimb/hindlimb and evolution of tetrapod limbs, placing Tbx genes at the center of a highly conserved genetic program.

    DOI: 10.1242/dev.00474

    Web of Science

    PubMed

  43. Potentiation of insulin-related signal transduction by a novel protein-tyrosine phosphatase inhibitor, Et-3,4-dephostatin, on cultured 3T3-L1 adipocytes 査読有り 国際誌

    T Suzuki, A Hiroki, T Watanabe, T Yamashita, Takei, I, K Umezawa

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   276 巻 ( 29 ) 頁: 27511 - 27518   2001年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER SOC BIOCHEMISTRY MOLECULAR BIOLOGY INC  

    We previously isolated dephostatin from Streptomyces as a novel inhibitor of CD45-associated protein-tyrosine phosphatase. We prepared Et-3,4-dephostatin as a stable analogue and found it to inhibit PTP-1B and SHPTP-1 protein-tyrosine phosphatases selectively but not to inhibit CD45 and leukocyte common antigen-related phosphatase ones effectively. Et-3,4-dephostatin increased the tyrosine phosphorylation of the insulin receptor and insulin receptor substrate-1 with or without insulin in differentiated 3T3-L1 mouse adipocytes. The increase of tyrosine phosphorylation by Et-3,4-dephostatin was more prominent in 6-h than in 30-min incubation. It also increased phosphorylation and activation of Akt with or without insulin. Et-3,4-dephostatin also enhanced translocation of glucose transporter 4 from the cytoplasm to the membrane and 2-deoxy-glucose transport. Et-3,4-dephostatin-induced glucose uptake was inhibited by SB203580, a p38 inhibitor, but not by PD98059, a MEK inhibitor, or by cycloheximide as insulin-induced uptake. Interestingly, although LY294002, a phosphatidylinositol 3-kinase inhibitor, inhibited the insulin-induced glucose uptake completely, it only partially inhibited the Et-3,4-dephostatin-induced uptake. It also blocked insulin-induced glucose transporter 4 translocation but not the Et-3,4-dephostatin-induced one. The increase in c-Cbl tyrosine phosphorylation caused by Et-3,4 dephostatin was stronger than that in insulin receptor phosphorylation, These observations indicate that a phosphatidylinositol 3-kinase-independent pathway involving c-Cbl is more important in Et-3,4-dephostatin-induced glucose uptake than in insulin-induced uptake, Et-3,4-dephostatin showed an in vivo antidiabetic effect in terms of reducing the high blood glucose level in KK-A(y) mice after oral administration. Thus, Et-3,4-dephostatin potentiated insulin-related signal transductions in cultured mouse adipocytes and showed an antidiabetic effect in mice.

    Web of Science

  44. Structure–Activity Relationship and Rational Design of 3,4-Dephostatin Derivatives as Protein Tyrosine Phosphatase Inhibitors 招待有り 査読有り 国際誌

    Tetrahedron   56 巻 ( 5 ) 頁: 741 - 752   2000年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/s0040-4020(99)01058-3

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. Secondary Smad1/5/8-dependent signaling downstream of SHH determines digit identity. 国際共著

    鈴木 孝幸( 担当: 共著 ,  範囲: pp151-160)

    Springer  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. Electroporation into the limb: beyond misexpression. 国際共著

    Suzuki T, Ogura T( 担当: 共著 ,  範囲: pp85-96)

    Springer  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 10

  1. 後肢発生研究で見えてきた、胴の長さの進化 招待有り 国際共著 国際誌

    黒岩 厚, 鈴木 孝幸  

    Natureダイジェスト15 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  2. マヘビ初期胚採取奮闘記 国際共著 国際誌

    松原由幸, 鈴木孝幸  

    実験医学1月号   頁: 102 - 106   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  3. Molecular regulation of the formation of the Phalanx Forming Region (PFR) at autopod stages of limb development 国際共著 国際誌

    Joseph J. Lancman, Takayuki Suzuki, Sean M. Hasso, Yina Li, Chin Chiang, John F. Fallon  

    DEVELOPMENTAL BIOLOGY356 巻 ( 1 ) 頁: 170 - 171   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2011.05.633

    Web of Science

  4. サリドマイド催奇性の原因因子の発見 国際共著 国際誌

    伊藤拓水, 安藤秀樹, 鈴木孝幸, 小椋利彦, 山口雄輝, 半田宏  

    実験医学28 巻   頁: 2115 - 2118   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  5. Only posterior interdigit provides positional information to its anterior PFR to specify each digit identity 国際共著 国際誌

    Takayuki Suzuki, Sean M. Hasso, Toshihiko Ogura, John F. Fallon  

    DEVELOPMENTAL BIOLOGY319 巻 ( 2 ) 頁: 597 - 597   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2008.05.516

    Web of Science

  6. Tbx genes specify posterior digit identity through Shh and BMP signaling (vol 6, pg 43, 2004) 国際共著 国際誌

    T Suzuki, J Takeuchi, K Koshiba-Takeuchi, T Ogura  

    DEVELOPMENTAL CELL8 巻 ( 6 ) 頁: 971 - 972   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:CELL PRESS  

    DOI: 10.1016/j.devcel.2005.05.010

    Web of Science

  7. Tbx genes specify posterior digit identity through Shh and BMP signaling. 国際共著 国際誌

    T Suzuki, J Takeuchi, K Koshiba-Takeuchi, T Ogura  

    DEVELOPMENTAL BIOLOGY259 巻 ( 2 ) 頁: 581 - 581   2003年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Web of Science

  8. BMP gradient and Tbx genes determine the dorsal-ventral polarity of eye. 国際共著 国際誌

    K Koshiba-Takeuchi, J Takeuchi, T Suzuki, T Ogura  

    DEVELOPMENTAL BIOLOGY247 巻 ( 2 ) 頁: 485 - 486   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Web of Science

  9. Tbx genes and the digit identity. 国際共著 国際誌

    T Suzuki, J Takeuchi, K Koshiba-Takeuchi, T Ogura  

    DEVELOPMENTAL BIOLOGY247 巻 ( 2 ) 頁: 493 - 493   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC ELSEVIER SCIENCE  

    Web of Science

  10. チロシンホスファターゼ阻害剤 国際共著 国際誌

    梅沢一夫, 鈴木孝幸  

    蛋白質核酸酵素増刊号45 巻   頁: 852 - 858   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 20

  1. 四肢動物における後ろ足の位置の多様性を生み出した発生メカニズム 招待有り 国際共著 国際会議

    鈴木 孝幸

    鳥取大学特別講義  2019年10月10日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. 四肢動物における仙椎ー後肢ユニットの位置の普遍性と種間における位置の多様性を生み出した発生メカニズム 招待有り 国際共著 国際会議

    鈴木孝幸

    第39回 肉眼解剖学懇話会  2019年3月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  3. 四肢動物における仙椎-後肢ユニットの位置の普遍性と種間における位置の多様性を生み出した発生メカニズム 招待有り 国際共著 国際会議

    鈴木 孝幸

    国立循環器病研究センター研究所 招待講演  2018年12月11日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  4. ヘビの胴体なぜ長い?〜脊椎動物の後ろ足の位置の進化のメカニズム〜 招待有り 国際共著 国際会議

    鈴木 孝幸

    豊橋市自然史博物館 名古屋大学出前事業  2018年12月9日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  5. ニワトリ胚を用いた脊椎動物における後ろ足の位置の多様性が生み出されたメカニズムの解明 招待有り 国際共著 国際会議

    鈴木 孝幸

    愛知県立一宮高校スーパーサイエンスハイスクール特別講義  2018年12月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  6. ニワトリ胚を用いた手足の発生に必要な遺伝子の探索と機能解析 招待有り 国際共著 国際会議

    鈴木孝幸

    愛知県立一宮高校スーパーサイエンスハイスクール特別講義  2020年12月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  7. ニワトリ胚を用いた四肢動物における後肢の位置の多様性を生み出す発生メカニズム 招待有り 国際共著 国際会議

    鈴木 孝幸

    第42回鳥類内分泌学会  2018年12月1日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  8. ニワトリ胚を用いた四肢動物における後肢の位置の多様性を生み出した発生メカニズム 招待有り 国際共著

    鈴木 孝幸

    平成30年度 東海畜産学会 特別講演  2018年12月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  9. Role of GDF11 during hindlimb field determination 招待有り 国際共著 国際会議

    鈴木 孝幸

    アメリカ ウィスコンシン大学マディソン校招待講演 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  10. Quantitative approach to understand whole organ morphogenesis 招待有り 国際共著 国際会議

    鈴木 孝幸

    第46回日本発生生物学会大会  2013年5月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  11. Quantitative approach to understand whole organ deformation dynamics in the chick limb 国際共著 国際会議

    鈴木 孝幸

    Avian Model systems 9  2016年3月29日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  12. Quantification of special and temporal deformation dynamics to understand whole organ development 招待有り 国際共著 国際会議

    鈴木 孝幸

    Biological time and biological space  2014年8月27日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  13. Heterochrony in initiation of Gdf11 expression specifies unique hindlimb positioning through coordination of Hox gene expression in tetrapods 国際共著 国際会議

    鈴木 孝幸

    第51回 日本発生生物学会年会  2018年6月8日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. Anatomical integration of the sacral-hindlimb unit coordinated by secreted factor, GDF11, underlies variation in hindlimb positioning in tetrapods 招待有り 国際共著

    鈴木 孝幸

    2017年度生命科学系学会合同年次大会  2017年11月29日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  15. 四肢動物における後肢の位置の多様性を生み出す発生メカニズム 国際共著

    鈴木 孝幸

    第19回日本進化学会  2017年8月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  16. 遺伝学・発生学を用いた四肢のパターン形成メカニズムの研究 招待有り 国際共著

    鈴木 孝幸

    日本遺伝学会第91回大会  2019年9月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  17. 脊椎動物における後肢の位置の多様性を生み出す分子メカニズム 招待有り 国際共著

    鈴木 孝幸

    第3回萌える生物学  2015年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  18. 脊椎動物における後肢の位置の多様性が生み出される分子メカニズム 国際共著

    鈴木 孝幸

    第9回 Evo-devo青年の会 特別講演  2016年6月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  19. 肢芽全体の形態形成の定量的解析方法と位置の多様性を生み出す分子メカニズム 招待有り 国際共著

    鈴木 孝幸

    第5回 Tokyo Vertebrate Morphology Meeting  2015年8月12日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  20. 発光顕微鏡を用いた肢芽におけるMorphogenシグナルの定量化と形態形成 招待有り 国際共著

    鈴木 孝幸

    第85回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

科研費 11

  1. 仙椎-後肢ユニットの形態の制約と個体間の位置のゆらぎを生み出す分子機構の解明

    研究課題/研究課題番号:20H04867  2020年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)  新学術領域研究(研究領域提案型)

    鈴木 孝幸

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:10270000円 ( 直接経費:7900000円 、 間接経費:2370000円 )

    本研究は、四肢動物間で不可変である仙椎-後肢ユニットを維持するためのGDF11による5’Hox遺伝子群の入れ子状の発現誘導機構と、誘導された5’Hox遺伝子群の発現が個体間でゆらぎ、仙椎-後肢ユニットの位置自体が個体間でゆらぐ分子機構の両方を明らかにする事を目指す。これにより椎式のアルシャラクシス的な進化を誘導しえた発生メカニズムの実体も明らかにしたい。

  2. 四肢動物において後肢の位置の多様性を生み出した進化的な分子基盤の解明

    研究課題/研究課題番号:18H02487  2018年04月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    鈴木 孝幸

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    本年度は、昨年度の研究で明らかとなったマウス胚、ニワトリ胚、スッポン胚、シマヘビ胚におけるGdf11遺伝子の中軸中胚葉におけるエンハンサー候補領域の生物学的特性を調べた。ニワトリ胚に電気穿孔法を用いてエンハンサー候補領域にレポーター遺伝子を連結させたコンストラクトを導入する作業を行っていた時に、胚に注入したDNAを可視化するためこれまで発生生物学者が用いて来たファストグリーンという色素が赤色の自家蛍光を発することを発見した。興味深いことに、ファストグリーンは水溶液の状態では蛍光を発しないが、ニワトリ胚の中にその水溶液を注入すると生体と反応し、赤色の蛍光を発することを検証実験により明らかにした。この発見は、これまでニワトリ胚にファストグリーンを用いて遺伝子を導入し、赤色蛍光タンパク質を用いて細胞を可視化する実験を行っていた研究者に大きな警鐘を与える発見であった。そこでエンハンサー活性を定量的に解析する方法を構築するためにファストグリーンに代替するDNAを可視化するための色素を独自に探索し、最終的にブリリアントブルーという青色の色素を用いると自家蛍光なくレポーター遺伝子の蛍光輝度値を高感度に定量的に評価出来ることが分かった。この実験方法をまとめて論文に報告した(Saito et al., 2019)。また輝度値の計算にはこれまでの発生生物学分野の手法では導入が遅れていた、蛍光のデジタル画像をImageJを用いて反自動システムにより客観的にレポーターの輝度値を算出する手法を構築し報告した。またGdf11が発現する中軸中胚葉の細胞のlinage traceを行うために用いるEGFPを全身に発現するトランスジェニックニワトリの組織ごとの蛍光強度を測定した論文も発表した(Tsujino et al., 2019)。

  3. 特定の体節数で後肢形成が開始される機構の解明

    研究課題/研究課題番号:17H05764  2017年04月 - 2019年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)  新学術領域研究(研究領域提案型)

    鈴木 孝幸

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:9360000円 ( 直接経費:7200000円 、 間接経費:2160000円 )

    平成30年度では平成29年度で得られた知見から、Gdf11の発現が、体軸の伸長などに関係なく、分節という現象によって制御されているのかを次の3点の実験から検証した。Gdf11の発現が、分節数により自立的に決まっているならば、異なるステージの胚にGdf11が発現する予定中軸中胚葉領域を移植しても10体節期相当のタイミングで自立的に発現が起こるはずである。そこで8体節期のドナーの中軸中胚葉を4体節期のホストの中軸中胚葉に移植し、Gdf11の発現がどのタイミングで開始されるのか検討した。その結果、Gdf11の発現は、体軸の後方に発現するWNT, FGFシグナルによって発現が調節されること、また分節に関わるシグナルによらず発現が誘導される事が明らかとなった。このことから、初期胚の中軸領域において、発生のタイミングを認識している機構があることが強く示唆された。
    発生中の組織の中はさまざまな分泌因子が相互作用をしながら遺伝子発現が調節されている。そのためGdf11の発現を介した種に固有の仙椎-後肢ユニットの位置が決定されるのかを調べるためには純粋なPSMを用いて解析する必要がある。そこで平成30年度では予定通りES細胞からPSMの細胞に分化させた細胞に、GDF11タンパク質を作用させた時に、下流で体軸の領域決定に関与するHox遺伝子の発現がどのように変化するのかを調べた。その結果、GDF11タンパク質を作用させると、染色体の5'側に位置するHox9-Hox13の発現が誘導される事が明らかとなった。これらのHox遺伝子の発現は、体の下半身全体の形態形成に必須である。これらの結果から、種固有なタイミングで発現を開始したGdf11はPSMの細胞において5'Hox遺伝子群の時空間的な発現を介して仙椎-後肢ユニットを含む下半身全体の形成タイミングを制御していることが示唆された。

  4. モルフォゲンに依存しない上皮の配向した力学的拘束による肢芽の伸長機構の解明

    2016年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. マクロからミクロへ:トップダウンアプローチによる階層を超える形態形成の理解

    2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  6. チューリングではなく一方向阻害モデルによる指の個性と本数の決定原理の解明

    研究課題/研究課題番号:25291050  2013年04月 - 2016年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    鈴木 孝幸, 森下 喜弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:18200000円 ( 直接経費:14000000円 、 間接経費:4200000円 )

    軟骨細胞の発生は、最初に組織学的に圴一である未分化中胚葉の細胞集団の中から前軟骨凝集塊と呼ばれる一部の細胞集団の接着性が高まる部分が形成されることで形成が始まる。したがって、前軟骨凝集塊の発生する場所の謎を解明することができれば、骨格の構造を解明出来ることになる。本研究では、ニワトリ胚肢芽を用いて、肢芽全体の3次元の形態の中で軟骨パターンがどのように自立的に形成されて行くのか研究を行った。その結果、肢芽の3次元の形態形成を定量的に解析する新規の手法を構築出来た。

  7. 肢芽をモデルとした細胞集団から形態形成をつなぐロジックの解明

    研究課題/研究課題番号:23127504  2011年04月 - 2013年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)  新学術領域研究(研究領域提案型)

    鈴木 孝幸

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:9360000円 ( 直接経費:7200000円 、 間接経費:2160000円 )

    発生生物学の究極の課題の一つは何故私たちの体がこのような形をしているのか、というマクロな形作りのメカニズムを解明することである。
    近年の顕微鏡技術の進展により、1細胞レベルで組織の一部の細胞挙動を長期間追跡することが可能になって来た。しかしながら器官全体の形を理解する方法は未だにない。この原因は多くの脊椎動物の器官がそうであるように細胞数が多い事と、組織に厚みがあるからである。これまでの研究では上皮組織などの細胞が単層構造である組織の一部の形の変化が研究されて来た。今後は本研究領域であるミクロな細胞レベルからどのようにしてマクロな形態が構築されて行くのかを解析する新たな方法論の開発が必要である。
    そこで本研究では、組織レベルから器官全体(数百万細胞からなる巨大な器官)の形を理解するための新しい解析量を提案した。具体的な方法として、まずあえて1細胞レベルの細胞の挙動の計測を無視し、数十個単位の組織を多点でラベルした。その後、単位時間当たりのラベルされた組織間の形の変形と細胞増殖率を計算した。その結果を元に次に、“変形の異方性”という組織がどれだけ単位時間当たりに偏った変形をするのかという量を計算した。この特徴量は、どのようにして器官全体のうちの各組織がバイアスして変形しているのかが分かるので、器官全体の形が出来上がる仕組みを定量的に、さらには視覚的に理解する事ができる。これは例えて言うと、これまでの木を見て森を見ず、という解析から森全体の形を見てから木を見ようというアイディアである。このように本研究の結果から、組織から器官全体の形を議論出来る新しい方法論を構築することが出来た。
    本解析方法は、今後再生医療の現場などで、どのようにして再生臓器を正確に試験管内で構築して行くのかを考える時の基礎データとなることが期待される。

  8. 指の発生におけるPFRの細胞群の動的な作用機序の解明

    研究課題/研究課題番号:23770244  2011年 - 2012年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    鈴木 孝幸, 森下 喜弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    これまでの研究で、指が発生する時には指原器の先端の細胞群が重要であり、この細胞群に指間部からのシグナルが特異的に入る事が分かった。私はこの細胞群をPFRの細胞群と名付けた。指原器の先端に位置するPFRの細胞群は指間部からのシグナルのみ受け取って指の個性を決定する。そこで指間部の細胞がどのような位置情報由来の組織であるかを調べるために、肢芽全体の器官の変形パターンを3次元で解析できる実験系を新たに構築した。この手法を用いてPFRにシグナルを伝える指間部がどの部分に由来するのか逆写像の解析により初めて解明する事が出来た。本研究をまとめて論文に発表した(J. Theol. Biol, 2014)。

  9. 指の発生におけるPFRの極性獲得機構の解析

    研究課題/研究課題番号:21770226  2009年 - 2010年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    鈴木 孝幸

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    これまでの研究で、指が発生する時には指原器の先端の細胞群が重要であり、この細胞群に指間部からのBMP(骨形成成長因子)のシグナルが特異的に入る事が分かりました。そして私はこの細胞群をPFR(phalanx forming region)の細胞群と名付けました。本研究でPFRの細胞群は驚くべき事に後側からのシグナルにしか反応しないと言う特性を持っている事が示されました。そしてその原因として、指間部において後側から前側にかけて液性因子の流れがあることが判明しました。また多指の鶏である烏骨鶏の原因遺伝子座も特定し、論文が受理され現在in pressです。

  10. 指の個性の決定における新しいシグナリングセンターPFRの機能解析

    研究課題/研究課題番号:19870001  2007年 - 2008年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(スタートアップ)  若手研究(スタートアップ)

    鈴木 孝幸

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3125000円 ( 直接経費:2720000円 、 間接経費:405000円 )

    私たちは5本の指を持っており、それぞれの指は親指から小指にかけて異なった特徴ある形態をしています。今回、この形の違いが生み出されるメカニズムをニワトリの受精卵を使って調べました。その結果、発生中に指先の先端に指を造るために重要な細胞群を見いだし、PFR(指骨形成領域)の細胞群を新たに命名しました。さらにこの細胞群は指原器の後側の指間部からBMP(骨形成成長因子)を受け取っており、それぞれの指原器のPFRが受け取るBMPシグナルの量的な違いによって指の個性が決定されていることが分かりました。

  11. 指の個性の決定とTbx遺伝子群

    研究課題/研究課題番号:03J01713  2003年 - 2004年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    鈴木 孝幸

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1800000円 ( 直接経費:1800000円 )

    昨年度に申請者は後側の指の個性を決定する因子を特定し発表した。そこで本年度は残る前側の指の個性を決定する因子を探索、解析した。この解析をするにあたりアメリカ合衆国University of WisconsinのJohn F.Fallon研で2004年6月8日から2005年3月31日までの間研究を行った。
    University of WisconsinのXin Sun博士との共同研究でTbx15、Pax9、Lhx9を含む複数の転写因子が指の前側に特異的に発現していることを発見した。現在スクリーニングの段階が終了し、ニワトリを用いた過剰発現を用いてこれらの転写因子の機能を解析中である。また学生とともにニワトリの肢芽で強力に働くRNAiのベクターを開発した。今後はこれらの機能抑制系の実験やノックアウトマウスの作製も合わせて解析していきたい。
    さらにこれまでの実験で申請者はTbx遺伝子群が指間部でのBMPシグナルを介してその前側の指の個性を特徴づけること示した。そこでさらに申請者はいつどこで指間部でのBMPシグナルが指の個性を決めるのか、そのターゲット組織の探索とメカニズムを解析した。その結果指間部でのBMPシグナルの位置価はそれぞれの指間部の中では等しいが、指の個性の決定に必要な組織はそれぞれの指間部の中の一部の前-遠位部であることが判明した。現在その組織がどのようにして指原器に個性を決定するシグナルを与えているのか解析中である。またこれを解析するにあたり未解明の指原器自身の発生のメカニズムも合わせて解析中である。現在指の個性が決定されるまでにSox9、BMPRIB、TGF-β2、Nogginが順番に発現していることを見いだした。今後はこれらのカスケードと指間部でのBMPシグナルの関わりについて生化学的なアプローチを用いて解析していきたいと考えている。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学以外) 15

  1. 遺伝学 (B2)

    名古屋大学)

  2. 資源生物科学実験実習 (B3)

    名古屋大学)

  3. 細胞生物学 (B2)

    名古屋大学)

  4. 発生学I (B3)

    名古屋大学)

  5. 生物学実習 (B1)

    名古屋大学)

  6. 生命農学序説

    名古屋大学)

  7. 基礎資源生物科学実験実習 (B2)

    名古屋大学)

  8. 基礎発生学I (B1)

    名古屋大学)

  9. 基礎生物学演習 (B2)

    名古屋大学)

  10. 基礎セミナーB (B1)

    名古屋大学)

  11. 基礎セミナーA (B1)

    名古屋大学)

  12. 動物遺伝学特論 (M1)

    名古屋大学)

  13. G30生物学演習 (英語)(B3)

    名古屋大学)

  14. G30生物学実習(英語)(B3)

    名古屋大学)

  15. G30AB Lab (英語)(B3)

    名古屋大学)

▼全件表示

 

メディア報道 10

  1. 朝日新聞掲載

    朝日新聞  2021年3月9日

  2. 日本経済新聞掲載

    日本経済新聞  2020年5月4日

  3. 産経新聞掲載 新聞・雑誌

    産経新聞  2020年5月1日

  4. 日本経済新聞掲載 テレビ・ラジオ番組

    日本経済新聞  日本経済新聞掲載  2017年9月10日

  5. 読売新聞掲載 テレビ・ラジオ番組

    読売新聞  読売新聞掲載  2017年8月31日

  6. 毎日新聞掲載 新聞・雑誌

    毎日新聞  毎日新聞掲載  2017年8月12日

  7. 朝日新聞掲載 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞掲載  2017年8月10日

  8. NHK東海ニュース テレビ・ラジオ番組

    NHK東海  NHK東海ニュース  2017年8月1日

  9. 名古屋テレビ夕方のニュース番組up!にて放送

    名古屋テレビ  名古屋テレビ夕方のニュース番組up!  2017年8月1日

  10. 中日新聞朝刊掲載 新聞・雑誌

    中日新聞  中日新聞朝刊掲載  2017年8月1日

▼全件表示