2022/03/16 更新

写真a

ウメハラ ノリツグ
梅原 徳次
UMEHARA, Noritsugu
所属
大学院工学研究科 マイクロ・ナノ機械理工学専攻 マイクロ・ナノ機械科学 教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 機械・航空宇宙工学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 3

  1. 工学博士 ( 1988年3月   東北大学 ) 

  2. 修士 ( 1985年3月   東北大学 ) 

  3. 学士 ( 1983年3月   東北大学 ) 

研究キーワード 4

  1. トライボロジー

  2. 機械材料

  3. 特殊加工

  4. 機械要素

研究分野 3

  1. その他 / その他  / 生産工学・加工学

  2. その他 / その他  / 設計工学・機械機能要素・トライボロジー

  3. その他 / その他  / 機械材料・材料力学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. CNx膜の超低摩擦・耐摩耗特性の解明とその応用

  2. 軟質材料の付着及び摩擦制御

  3. 磁場配向性複合体砥石(MAGIC砥石)による加工の基礎と応用

経歴 22

  1. 日本学術振興会   学術システム研究センター   主任研究員

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

    備考:工学系科学班

  2. 名古屋大学   未来社会創造機構 ナノライフシステム研究所 ものづくり研究部門   副所長

    2020年4月 - 現在

  3. 岐阜大学   航空宇宙生産技術開発センター副センター長   特任教授

    2019年8月 - 現在

  4. 名古屋大学   大学院工学研究科   マイクロ・ナノ機械理工学専攻長

    2019年4月 - 2020年3月

  5. 名古屋大学   未来社会創造機構 ナノライフシステム研究所 ものづくり研究部門   部門長

    2018年10月 - 2020年3月

  6. 名古屋大学   役員等   総長補佐

    2017年4月 - 現在

  7. 名古屋大学   全学技術センター   技術部長

    2017年4月 - 現在

  8. 名古屋大学   大学院工学研究科   副研究科長

    2016年4月 - 2018年3月

  9. 名古屋大学   大学院工学研究科 機械理工学専攻   副専攻長

    2015年4月 - 2016年3月

  10. 名古屋大学   大学院工学研究科 機械理工学専攻   専攻長

    2012年4月 - 2013年3月

  11. 名古屋大学   工学部   学科長

    2012年4月 - 2013年3月

  12. 名古屋大学   工学部創造工学センター長

    2008年4月 - 2012年3月

  13. 名古屋大学   学科長

    2008年4月 - 2009年3月

  14. 名古屋大学   専攻長

    2008年4月 - 2009年3月

  15. 名古屋大学大学院 工学研究科 教授

    2004年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  16. 名古屋大学大学院 工学研究科 教授

    2004年4月

  17. 名古屋工業大学 教授(工学部機械工学科)

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  18. 都立科学技術大学 助教授(工学部機械システム工学科)

    2000年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  19. 東北大学 助教授(工学部機械電子工学科)

    1995年12月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  20. 米国オクラホマ州立大学客員 助教授(機械航空工学科)

    1993年10月 - 1994年9月

  21. 東北大学 講師(工学部機械電子工学科)

    1993年2月 - 1995年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  22. 東北大学 助手(工学部機械工学科)

    1988年4月 - 1993年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 東北大学   工学研究科   機械工学専攻

    1986年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東北大学   工学研究科   機械工学専攻

    1983年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東北大学   工学部   機械工学科

    1979年4月 - 1983年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本機械学会

    1985年 - 現在

  2. 日本トライボロジー学会

    1987年 - 現在

  3. American Society for mechanical Engineers

    2020年4月 - 現在

  4. 精密工学会

    1989年 - 現在

  5. 砥粒加工学会

    1988年 - 現在

  6. 設計工学会   正会員

    2003年 - 現在

▼全件表示

委員歴 17

  1. American Society of Mechanical Engineers   Associate editor  

    2020年3月 - 現在   

  2. Friction, Springer   Associate editor  

    2012年5月 - 現在   

  3. IFToMM(International Federation for the Promotion of Mechanism and Machine Science)   Member of Technical Committee for Tribology  

    2011年11月 - 現在   

  4. 日本機械学会   理事  

    2018年5月 - 2020年4月   

  5. 日本トライボロジー学会   副会長  

    2018年4月 - 2019年3月   

  6. 精密工学会東海支部   支部長  

    2019年3月 - 2020年2月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. 精密工学会東海支部   支部長  

    2019年3月 - 2000年2月   

  8. 日本トライボロジー学会   副会長  

    2018年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  9. 精密工学会東海支部   副支部長  

    2018年3月 - 2019年2月   

  10. 日本トライボロジー学会   理事  

    2017年4月 - 2019年3月   

  11. 日本機械学会   代表会員  

    2017年4月 - 2018年3月   

  12. 科学研究費委員会専門委員   審査第1部会工学小委員会  

    2016年1月 - 2016年12月   

  13. 日本機械学会機素潤滑設計部門   部門長  

    2015年5月 - 2016年4月   

  14. 日本機械学会機素潤滑設計部門   部門長  

    2015年5月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  15. 日本機械学会機素潤滑設計部門   副部門長  

    2014年5月 - 2015年5月   

  16. International Journal of Mechanics and Materials in Design, Springer   Associate editor  

    2013年9月 - 2018年12月   

  17. IFToMM(International Federation for the Promotion of Mechanism and Machine Science)   Member of Technical Committee for Tribology  

    2011年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 24

  1. 平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞理解増進部門

    2013年4月   文部科学省  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. F. W. Taylar Medal

    1995年8月   CIRP(International Institution for Production Engineering Research)  

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  3. LaRoux K. Gillespie Outstanding Young Manufacturing Award

    1995年   Society of Manufacturing Engineers  

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:アメリカ合衆国

  4. 日本機械学会賞(論文)

    2010年4月   日本機械学会   油潤滑下のすべり案内における摩擦係数の速度依存性に及ぼすマイクロパターンの影響

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  5. 日本機械学会賞(論文)

    2019年4月   日本機械学会   分離形熱サイフォンを用いた血液凝固付着抑制電気メスの開発

    野老山貴行,大須賀未都,梅原徳次

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  6. 日本機械学会賞(論文)

    2022年4月   日本機械学会   ベース油中ta-CNx膜の摩擦時反射分光分析その場観察による低摩擦メカニズムの解明

    岡本竜也、梅原徳次、野老山貴行,村島基之

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  7. 日本トライボロジー学会論文賞

    2019年4月   日本トライボロジー学会   ベース油中CNx膜の摩擦界面その場分光分析による摩擦メカニズムの解明

    岡本竜也、梅原徳次、村島基之、斉藤浩二、眞鍋和幹、林 圭二

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  8. トライボロジーオンライン論文賞

    2019年5月   日本トライボロジー学会  

    村島基之、梅原徳次、上坂裕之、鄧興瑞

  9. The 15th IFToMM World Congress Best Research Paper Award

    2019年7月   The 15th IFToMM World Congress   Effect of Carbonaceous Hard Coatings Overcoat on Friction and Wear Properties for Al Alloy Sliding Bearing in Oil Lubrication

    N. Umehara

  10. International Tribology Conference Sendai 2019 Best Poster Award

    2019年9月   International Tribology Conference Sendai 2019   Effect of Multiple Damages AI Learning to Realize Stable Friction with Active Morphing Surfcae – Smart Surface

    M. Murashima, N. Umehara

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  11. Best Poster Award

    2019年9月   Steering Committee of International Tribology Conference Sendai 2019   Effect of Multiple Damages AI Learning to Realize Stable Friction with Active Morphing Surface – Smart Surface

    M. Murashima, N. Umehara

  12. Best Research Paper Award, The 15th IFToMM World Congress

    2019年7月   IFToMM(International Federation for the Promotion of Mechanism and Machine Science)   Effect of Carbonaceous Hard Coatings Overcoat on Friction and Wear Properties for Al Alloy Sliding Bearing in Oil Lubrication

    N. Umehara

  13. トライボロジーオンライン論文賞

    2019年5月   日本トライボロジー学会   Effect of Electric Field on Adhesion of Thermoplastic Resin against Steel Plate

    村島基之, 梅原徳次, 上坂裕之, 鄧興瑞

  14. 日本トライボロジー学会論文賞

    2019年5月   日本トライボロジー学会   ベース油中CNx膜の摩擦界面その場分光分析による摩擦メカニズムの解明

    岡本竜也, 梅原徳次, 村島基之, 斉藤浩二, 眞鍋和幹, 林 圭二

  15. 日本機械学会賞(論文)

    2019年4月   日本機械学会   分離形熱サイフォンを用いた血液凝固付着抑制電気メスの開発

    野老山貴行,大須賀未都,梅原徳次

  16. 精密工学会東海支部支部賞

    2018年3月   精密工学会東海支部  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  17. 精密工学会東海支部支部賞

    2018年3月   精密工学会東海支部  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  18. 日本機械学会創立120周年表彰

    2017年11月   日本機械学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  19. 日本機械学会創立120周年表彰

    2017年11月   日本機械学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  20. 日本機械学会機素潤滑設計部門(業績書)

    2014年4月   日本機械学会機素潤滑設計部門  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  21. 日本機械学会機素潤滑設計部門一般表彰(優秀講演)

    2006年   日本機械学会機素潤滑設計部門  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  22. 日本機械学会東北支部技術研究賞

    1997年   日本機械学会東北支部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  23. 機器研究会研究奨励賞

    1993年   機器研究会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  24. 日本機械学会研究奨励賞

    1991年   日本機械学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 270

  1. Effect of fracture properties and surface morphology on wear of DLC coatings at severe contact condition 査読有り 国際共著

    Tribology International   169 巻   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    The present study shows how the fracture properties and surface morphology of diamond-like carbon (DLC) coatings affect their wear properties. Nine types of DLC coatings with different carbonaceous structures and surface roughness were prepared. Fracture toughness was quantitatively evaluated from the crack length on the coatings. Subsequently, wear tests were conducted under boundary lubrication to evaluate the wear properties. The results showed that the wear rate of DLC coatings with rough surfaces decreased with increasing fracture toughness, while that of smooth DLC is independent of fracture toughness. In the DLCs with rough surface, it was found that brittle fracture occurred, and the fracture significantly increased the wear rate. Additionally, the ratio of the stress intensity factor to the fracture toughness value (K/KIC) was presented, showing comprehensive wear behaviors.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2022.107486

    Scopus

  2. Realization of near-less friction of ta-CNx coating under R32 refrigerant environment 査読有り 国際共著

    Lee W., Murashima M., Umehara N., Tokoroyama T., Horaguchi N., Ishimoto T.

      168 巻   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.triboint.2021.107404

    Scopus

  3. Tribological Property of ta-CNx:Ta Deposited via Ion Beam Assisted-Filtered Arc Deposition 査読有り 国際共著

    Tokoroyama T., Tagami Y., Murashima M., Lee W.Y., Umehara N., Kousaka H.

    Tribology International   168 巻   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    Improving the hardness of amorphous carbon nitride with tantalum was realized by using ion beam assisted filtered arc deposition to obtain a low friction coefficient and low specific wear rate in ambient air. The coatings were prepared with different nitrogen flow during coating at different discharge cycles of tantalum. The wear scar and as-deposited surfaces were observed and analyzed by means of FESEM, AES, XPS, and Raman analysis. The lowest friction coefficient (~0.07) was obtained for ta-C:Ta200, which exhibited a low specific wear rate of < 1.0 × 10−7 mm3/Nm. The XPS analysis revealed the existence of amorphous Ta2O5, and the friction coefficient seemed to be positively correlated with oxygen desorption from the coatings.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2022.107450

    Scopus

  4. ESEM内摩擦における凝縮液滴で評価したカーボン系硬質膜の摩擦痕表面エネルギーと摩擦係数の関係 査読有り

    梅原徳次, 中尾太一, 寺田真, 上坂裕之, 村島基之

    トライボロジスト   67 巻 ( 2 )   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Metal matrix nanocomposites in tribology: Manufacturing, performance, and mechanisms 査読有り 国際共著

    Pan Shuaihang, Jin Kaiyuan, Wang Tianlu, Zhang Zhinan, Zheng Long, Umehara Noritsugu

    FRICTION     2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Friction  

    Metal matrix nanocomposites (MMNCs) become irreplaceable in tribology industries, due to their supreme mechanical properties and satisfactory tribological behavior. However, due to the dual complexity of MMNC systems and tribological process, the anti-friction and anti-wear mechanisms are unclear, and the subsequent tribological performance prediction and design of MMNCs are not easily possible: A critical up-to-date review is needed for MMNCs in tribology. This review systematically summarized the fabrication, manufacturing, and processing techniques for high-quality MMNC bulk and surface coating materials in tribology. Then, important factors determining the tribological performance (mainly anti-friction evaluation by the coefficient of friction (CoF) and anti-wear assessment with wear rate) in MMNCs have been investigated thoroughly, and the correlations have been analyzed to reveal their potential coupling/synergetic roles of tuning tribological behavior of MMNCs. Most importantly, this review combined the classical metal/alloy friction and wear theories and adapted them to give a (semi-)quantitative description of the detailed mechanisms of improved anti-friction and anti-wear performance in MMNCs. To guarantee the universal applications of these mechanisms, their links with the analyzed influencing factors (e.g., loading forces) and characteristic features like tribo-film have been clarified. This approach forms a solid basis for understanding, predicting, and engineering MMNCs’ tribological behavior, instead of pure phenomenology and experimental observation. Later, the pathway to achieve a broader application for MMNCs in tribo-related fields like smart materials, biomedical devices, energy storage, and electronics has been concisely discussed, with the focus on the potential development of modeling, experimental, and theoretical techniques in MMNCs’ tribological processes. In general, this review tries to elucidate the complex tribo-performances of MMNCs in a fundamentally universal yet straightforward way, and the discussion and summary in this review for the tribological performance in MMNCs could become a useful supplementary to and an insightful guidance for the current MMNC tribology study, research, and engineering innovations. [Figure not available: see fulltext.]

    DOI: 10.1007/s40544-021-0572-7

    Web of Science

    Scopus

  6. In situ observation of the formation of MoDTC-derived tribofilm on a ta-C coating using reflectance spectroscopy and its effects on friction 査読有り 国際共著

    Hashizume Naoya, Murashima Motoyuki, Umehara Noritsugu, Tokoroyama Takayuki, Lee Woo-Young

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   162 巻   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    We clarify the relationships between tribofilm thickness, chemical composition, and friction coefficient by combining in situ and ex situ analyses. An in situ reflectance observation is conducted for MoDTC-derived tribofilm on a ta-C coating during friction tests. The results show that the thicker the tribofilm is, the lower the friction coefficient. In addition, the refractive index increases as friction decreases. XPS analysis shows that the topmost surface of the thick tribofilm contains a higher MoS2 concentration than the deep position. Therefore, the generated MoS2-rich tribofilm is considered to reduce friction. In addition, as the MoS2 tribofilm wears out, friction increases. In conclusion, we have developed a MoDTC-derived tribofilm formation model using a new method of in situ optical measurement.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2021.107128

    Web of Science

    Scopus

  7. New in situ low-friction technology for diamond-like carbon coatings using surface discharge treatment in ambient air 査読有り 国際共著

    M. Murashima, S, Oyama, H. Kousaka, T. Tokoroyama, W-Y. Lee, N. Umehara

    Tribology International     2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Improved wear imbalance with multilayered nanocomposite nanocrystalline Cu and tetrahedral amorphous carbon coating 査読有り 国際共著

    Kim Jae-Il, Kim Jongkuk, Kim Do Hyun, Jang Young-Jun, Umehara Noritsugu

    CERAMICS INTERNATIONAL   47 巻 ( 18 ) 頁: 25664 - 25673   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Ceramics International  

    Tetrahedral amorphous carbon (ta-C) has a relatively high hardness, and it can be used to enhance film properties such as wear resistance. However, the high hardness of ta-C can adversely affect a counterpart and accelerate its wear, and the resulting wear imbalance between the film and its counterpart can cause vibrations. This issue may be resolved by improving the wear of the counterpart. This study aimed to reduce the hardness and improve the fracture toughness of ta-C films to enhance the durability of a tribosystem, which was achieved by toughening a composite and ductile phase. A multilayered nanocrystalline (nc)-Cu/ta-C nanocomposite film was fabricated that allowed for reductions in the wear of the film and its counterpart of more than 88% and 99%, respectively.

    DOI: 10.1016/j.ceramint.2021.05.292

    Web of Science

    Scopus

  9. グリセリンおよびリン酸骨格構造を有する添加剤による水素含有DLC膜の潤滑油中トライボロジー特性 査読有り

    蟹 拓実, 野老山 貴行, 梅原 徳次, 村島 基之, 李 義永, 八木下 和宏

    トライボロジスト   66 巻 ( 7 ) 頁: 570 - 578   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    <p>In general, several mechanical parts are subjected to friction and wear. To prevent wear and high friction coefficient under lubrication, additives can work to reduce friction force, to build up thin film on surfaces which is so-called tribofilm. Recently, Diamond-Like Carbon (DLC) is focused because it has excellent low friction and high wear proof as solid lubricant. However, several researchers already reported that tetrahedral amorphous carbon (ta-C) showed abnormal wear when it rubbed with glycerol mono-oleate (GMO) that is a kind of additive, although it showed very low friction coefficient. To improve tribological properties, new additives were developed that had both phosphate-oxide structure derived from ZnDTP which had high wear resistance and hydroxyl group derived from GMO in one structure. To clarify the effects of the additives, friction tests were performed fixed-roller-on-disk type rotating friction tester. In the friction tests, hydrogenated amorphous carbon (a-C:H) disks, and a-C:H coated rollers were used under boundary lubrication condition at 20-80°C. Friction tests were conducted in Poly-α-olefin (PAO) oil with each GMO and the additives. The results exhibited that a-C:H gave ultra-low friction with the additive. Elemental analysis of the surface showed that tribofilm of phosphorus and oxygen was detected on the a-C:H surface in the additive used condition.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.21-00001

    CiNii Research

  10. Wear acceleration of a-C:H coatings by molybdenum-derived particles: Mixing and temperature effects 査読有り 国際共著

    Kassim K. A. M., Tokoroyama T., Murashima M., Lee W-Y, Umehara N., Mustafa M. M. B.

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   159 巻   頁: 106944 - 106944   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    MoDTC has also been reported to degrade into other Mo-derived compounds. It is essential to analyze the effects of each type of MoDTC-degraded material on DLC. Therefore, we chose powder-type MoDTC, MoS2, Mo, MoO3, and Mo2C additives to be dispersed individually into a base oil and tested on an a-C:H sliding against a steel ball under boundary lubrication conditions at 80 °C. We then obtained surface-enhanced Raman scattering (SERS), which proved that MoS2 has the possibility of extracting hydrogen from the topmost surface as chemical wear (hydrogen content decreased from 30 to 35 at.% to 20 at.% of as-deposited) and that MoO3, MoDTC, and Mo have the possibility of catalytic reactions with carbon atoms. Mo2C exhibited abrasive accelerate of the a-C:H wear.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2021.106944

    Web of Science

    Scopus

  11. 自動変速機油中の摩擦で金属材料表面に形成されたトライボ被膜の機械的特性評価 査読有り

    野老山 貴行, 西本 宇志, 村上 靖宏, 本田 晃之, 光井 秀明, 寺井 勇祐, 村島 基之, 李 義永, 梅原 徳次

    トライボロジスト   66 巻 ( 6 ) 頁: 461 - 469   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    <p>In this study, nano-scratch tests were conducted using atomic force microscope (AFM) to clarify the hardness of a tribofilm derived from an additive (Fluid A or Fluid B in automatic-transmission fluid) formed on an SKS3 cold work tool steel substrate surface. Comparisons between nano-indentation hardness tests and AFM nano-scratch tests were performed for each specimen. Prior to these tests, the tribofilms on the SKS3 substrate were examined with energy-dispersive spectroscopy (EDS). In order to calculate the hardness of the tribofilm from the nano-scratch results, we assumed that the AFM diamond tip acted as an abrasive to plough the tribofilm. The phosphorus-derived tribofilm formed from Fluid A was harder than the sulfur-derived tribofilm from Fluid B, and it was calculated that the phosphorus-derived tribofilm was approximately 2.64 GPa and the sulfur-derived tribofilm was 1.89 GPa. After 10 nano-indentation hardness tests on each tribofilm, the maximum indentation depth into the tribofilm formed from Fluid A was approximately 31 nm, while it was approximately 36 nm for Fluid B. These results are qualitatively consistent with the hardness results obtained by the AFM nano-scratch test method.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.20-00020

    CiNii Research

  12. Development of a new diamond-like carbon surface treatment method with electric discharge for short running-in and friction reduction 査読有り

    Murashima Motoyuki, Maeda Misato, Xingrui Deng, Umehara Noritsugu, Kousaka Hiroyuki

    PROCEEDINGS OF THE INSTITUTION OF MECHANICAL ENGINEERS PART J-JOURNAL OF ENGINEERING TRIBOLOGY     2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers, Part J: Journal of Engineering Tribology  

    The present paper proposes a new treatment method for diamond-like carbon (DLC) coatings using electric discharge. DLC coatings exhibit excellent mechanical and tribological properties due to their unique carbonaceous structure. Several surface treatment methods were presented to achieve short running-in and low friction. However, in-situ surface treatment is needed to extend the life of machines and maintain their performance. Here, we propose an electric discharge treatment with a simple electrical circuit. As a result, the friction coefficient drastically drops from 0.3 to 0.11. Interestingly, the drop starts shortly after the discharge starts. Consequently, the running-in is shortened to about 6-m sliding compared to no discharge condition, which does not show any running-in more than 68-m sliding. Raman analysis reveals that a transfer layer on the ball surface is composed of carbonaceous material and the structure exhibits graphite-like characteristics. However, there is visible damage on the DLC surface. Another friction test shows a very low friction coefficient of 0.04 using a transfer layer-covered ball and a new DLC disk with a smooth surface. In conclusion, the combination of a transfer layer and smooth DLC surface is needed to exhibit excellent tribological performance, indicating the importance of less damage treatment. Next, pulse discharge treatment is demonstrated to achieve less damage to the DLC coating. As a result, the pulse discharge method reduces friction and surface damage. In conclusion, the proposed treatment methods using electric discharge not only show the potential for reducing friction, but also the feasibility of in-situ treatment during machine operation.

    DOI: 10.1177/13506501211013126

    Web of Science

    Scopus

  13. Active friction control in lubrication condition using novel metal morphing surface 査読有り

    Murashima Motoyuki, Imaizumi Yusuke, Murase Ryo, Umehara Noritsugu, Tokoroyama Takayuki, Saito Toshiyuki, Takeshima Masayuki

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   156 巻   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    We propose a new active friction control method with a morphing surface using a unique diaphragm structure consisting of 60-μm thin metal film. In poor lubrication, the friction coefficient dropped significantly from 0.19 to 0.03 when the surface changed from concave to convex. Optical in situ observations revealed that the oil collected at the convexity due to capillary force and meniscus. In addition, results of electric characteristic measurements revealed that the solid contact area decreased with the convexity. In conclusion, the reduction of solid contact due to improvement of lubrication condition was likely the friction reduction mechanism of the convex shape. Because active friction control realizes minimal friction loss and multifunctionality, the morphing surface can contribute to future machine development.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2020.106827

    Web of Science

    Scopus

  14. Nanotextured Mold Surface with DLC Coating for Reduction in Residual Ceramic Particles 査読有り

    Murashima Motoyuki, Hojo Koki, Ito Shigehiro, Umehara Noritsugu, Tokoroyama Takayuki, Takahashi Tomonori, Imaeda Minoru

    LANGMUIR   37 巻 ( 12 ) 頁: 3563 - 3574   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Langmuir  

    In the ceramic industry, ceramic particles remain on a mold surface due to which the mold requires frequent cleaning during press molding, reducing productivity. Surface texturing and tetrahedral amorphous carbon (ta-C) coatings are well-known surface-energy controllable treatments developed for low adhesion, low friction, and high wear resistance. In the present paper, we demonstrate the effect of reducing ceramic residues using nanotexturing, ta-C coatings, and their combination. We compare two surface morphologies (i.e., 770 nm pitch nanotexturing and flat) and five materials (i.e., nonhardened steel, hardened steel, ta-C, and two types of nitrogen-doped ta-C (ta-CNx). Molding test results show that the ta-C coating on flat surfaces with the highest hardness of 30 GPa shows the lowest residual amount of 5.9 μg for Al2O3 ceramic particles. The amount is 82% less than that of the nonhardened steel. The ta-CNx20, made with a nitrogen flow rate of 20 sccm, shows the lowest residual amount of 234 μg for SiO2 ceramic particles, which is 81% less than that of the nontextured ta-CNx20. In conclusion, we provide design guidelines for nanotextured mold surfaces including the texturing pitch should be small enough for ceramic particles; the mold surface should be sufficiently hard; the lower the surface energy per unit area, the less residues of ceramic particles.

    DOI: 10.1021/acs.langmuir.0c03435

    Web of Science

    Scopus

  15. Realization of a Novel Morphing Surface Using Additive Manufacturing and Its Active Control in Friction 査読有り

    Motoyuki Murashima, Yusuke Imaizumi, Masato Kawauchi, Noritsugu Umehara, Takayuki Tokoroyama, Toshiyuki Saito, Masayuki Takeshima, Yosuke Tsukiyama, Isami Nitta

    ASME, Journal of Tribology   143 巻 ( 5 ) 頁: 051104   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1115/1.4050269

  16. Wear acceleration of a-C:H coatings by Molybdenum-derived particles: Mixing and temperature effects 査読有り 国際共著

    K.A.M. Kassim, T. Tokoroyama, M. Murashima, W.-Y. Lee, N. Umehara, M.M.B. Mustafa

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   159 巻   頁: 106944   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.triboint.2021.106944

  17. The Clarification of Friction Mechanism in Oil Lubrication for CNx Coating by In-Situ Observation of Friction Area with Reflectance Spectroscopy 査読有り

    Okamoto Tatsuya, Umehara Noritsugu, Murashima Motoyuki, Saito Koji, Manabe Kazuyoshi, Hayashi Keiji

    TRIBOLOGY ONLINE   16 巻 ( 1 ) 頁: 49 - 58   2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    To clarify the low friction mechanism of CNx coating in PAO oil lubrication, we measured reflectance spectrum at friction area in-situ by reflectance spectroscopy during friction test against a sapphire hemisphere pin in PAO oil. We observed and estimated the thickness of PAO oil film, the surface roughness of CNx coating, thicknesses, and polarizability of the transformed layer formed on bulk CNx coating during friction test by analyzing reflectance spectrum. We proposed that the decreasing of load ratio of boundary lubrication mode to total load is the one of governing factor to reduce friction on the basis of the increasing of Λ value. Also we proposed the increasing of adsorption of PAO oil to the CNx transformed layer is the second governing factor on the basis of the increasing of polarizability of PAO oil and transformed layer, that leads to the increasing of van der Waals force between transformed layer and PAO oil as low friction mechanism of CNx in PAO oil lubrication.

    DOI: 10.2474/trol.16.49

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  18. New study on tribological performance of AA7075-TiB2 nanocomposites 査読有り 国際共著

    Pan Shuaihang, Saso Tomohiro, Yu Ning, Sokoluk Maximilian, Yao Gongcheng, Umehara Noritsugu, Li Xiaochun

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   152 巻   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    AA7075 (Al-Mg-Zn-Cu) nanocomposite is important in tribo-related applications. In this paper, we applied a new method to investigate the coefficient of friction (CoF) of AA7075 (T6)-TiB2 nanocomposite. This method is able to minimize the wear and obtain the CoF values of the nanocomposite. A distinct trend of the CoF is discovered in this study. A novel friction theory with the consideration of surface characteristics, such as hardness difference and atom transfer between friction pairs, has been developed to understand this CoF trend. The new insight from this study offers a great potential for a rational design of AA7075 nanocomposite parts to achieve reliable tribological performance.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2020.106565

    Web of Science

    Scopus

  19. ベース油中CN<i><sub>x</sub></i>の摩擦界面その場反射分光分析観察による摩擦メカニズムの解明 査読有り

    梅原 徳次

    トライボロジスト   65 巻 ( 11 ) 頁: 684 - 687   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    DOI: 10.18914/tribologist.65.11_684

    CiNii Research

  20. ポリ塩化ビニル溶媒への交流電場援用マイクロプラスチック突起の創製 査読有り

    山田雄聖,野老山貴行,村島基之,梅原徳次

    日本機械学会論文集   86 巻 ( 892 ) 頁: 20-00228   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1299/transjsme.20-00228

  21. 名古屋大学における全学技術支援の一元的組織化 招待有り

    梅原 徳次, 古賀 和司, 藤原 冨未治, 澤木 弘二, 山本 浩治, 立花 一志, 水口 幾久代

    精密工学会誌   86 巻 ( 9 ) 頁: 662 - 665   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 精密工学会  

    DOI: 10.2493/jjspe.86.662

    CiNii Research

  22. その場摩擦界面反射分光法によるカーボン系硬質膜の摩擦メカニズム 招待有り

    梅原 徳次

    表面技術   71 巻 ( 9 ) 頁: 547 - 550   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 表面技術協会  

    DOI: 10.4139/sfj.71.547

    CiNii Research

  23. コーティング電気メス先端の炭化物付着抑制手法の開発 査読有り

    野老山貴行,小林将大,村島基之,梅原徳次,小川航生,萬隆行,内田淳一

    日本機械学会論文集   86 巻   頁: 20-00273   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. 2種混合砥粒研磨法を用いたガラス基板研磨加工による表面粗さ改善速度の向上 査読有り

    嶽野 広明, 野老山 貴行, 村島 基之, 梅原 徳次, 千葉 翔悟

    砥粒加工学会誌   64 巻 ( 8 ) 頁: 428 - 435   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:社団法人 砥粒加工学会  

    <p>本研究は,ガラス基板研磨における高コストなダイヤモンド砥粒の消費量を削減し,コスト低減と表面粗さの早期改善を目的として低硬度な砥粒とダイヤモンド砥粒を混合した,2種混合砥粒による研磨手法の開発を行った.低硬度砥粒としてGC砥粒の大きさの影響(約127 μm, 75 μmおよび13 μm),砥粒濃度の影響,砥粒種類の影響(WAおよびB<sub>4</sub>C)を明らかにした.また,砥粒の研磨面内の挙動をその場観察するため,砥粒をロ-ダミンにより蛍光染色して観察を行った.その結果,2種混合砥粒によって表面粗さの低減速度の向上に成功した.また,粒径の大きなGC砥粒は研磨に用いた天然シルク研磨パッドの繊維のすき間に移動あるいは挟みこまれる様子が観察された.一方,平均粒径1.0 μmのダイヤモンド砥粒は天然シルク研磨パッドとガラス基板間を繊維の向きとは無関係に移動している様子が観察された.</p>

    DOI: 10.11420/jsat.64.428

    CiNii Research

  25. 金ナノ粒子法を用いた表面増強ラマン分析による炭素系薄膜の極表面分析 査読有り

    野老山貴行,梅原徳次,村島基之

    トライボロジスト   65 巻 ( 8 ) 頁: 517 - 525   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. The wear classification of MoDTC-derived particles on silicon and hydrogenated diamond-like carbon at room temperature 査読有り 国際共著

    Kassim K. A. M., Tokoroyama T., Murashima M., Umehara N.

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   147 巻   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    Molybdenum dithiocarbamate (MoDTC) is well-known as a friction-modifier in engine oil but has wear accelerating effects on DLC/steel sliding contact. Since MoDTC was reported degradable to other materials, the effect of each material on wear acceleration has not been clarified yet. Therefore, it is necessary to divide which Mo-derived compound has a major role to enhance wear. Thus, powder-type MoDTC, MoO3, Mo2C, MoS2, and Mo were dispersed into Poly-alpha-olefin (PAO), and tested on a-C:H and Si-DLC against steel ball at room temperature. For Mo2C, MoDTC, and MoO3, the specific wear rate of a-C:H was approximately 3.4 × 10−5, 3.2 × 10−6 and 1.5 × 10−6 mm3/Nm, respectively. MoDTC indicated higher affection than MoO3 regardless of the particles’ hardness. Si-DLC showed better wear prevention compared to a-C:H.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2020.106176

    Web of Science

    Scopus

  27. Effect of mesh structure of tetrahedral amorphous carbon (ta-C) coating on friction and wear properties under base-oil lubrication condition 査読有り 国際共著

    Bin Mustafa Mohd Muhyiddin, Umehara Noritsugu, Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki, Shibata Akinori, Utsumi Yoshiharu, Moriguchi Hideki

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   147 巻   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    This study examined the tribological properties of novel mesh tetrahedral amorphous carbon (Mesh ta-C). Subsequently, comparison was made with conventional ta-C and a-C:H coatings under base-oil lubrication via cylindrical-pin-on-disk tribo-tester. Analysis of wear track was conducted using field-emission-scanning-electron-microscope (FE-SEM), atomic-force-microscopy (AFM), and Raman-spectroscopy. The friction coefficient for Mesh ta-C and conventional ta-C revealed a similar pattern with regard to loads. The Mesh ta-C had excellent wear resistance, where the wear rates at loads of 20 N was five and 20 times lower than conventional a-C:H and ta-C, respectively. High wear resistance of Mesh ta-C characterized by inhibition of brittle micro-fracture propagation, less in abrasive particle created during friction test, and suppressing the effect of graphitization-induced wear on the contact surface.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2019.01.016

    Web of Science

    Scopus

  28. 全学技術センターに求められる名古屋大学の教育・研究支援 招待有り

    古賀 和司, 梅原 徳次

    研究 技術 計画   35 巻 ( 1 ) 頁: 32 - 40   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:研究・イノベーション学会  

    DOI: 10.20801/jsrpim.35.1_32

    CiNii Research

  29. Effect of defects on wear behavior in ta-C coating prepared by filtered cathodic vacuum arc deposition 査読有り 国際共著

    Lee Woo-Young, Jang Young-Jun, Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki, Umehara Noritsugu

    DIAMOND AND RELATED MATERIALS   105 巻   頁: 107789 - 107789   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Diamond and Related Materials  

    This study examined the tribological behavior of a ta-C coating fabricated at a substrate bias of −100 V via filtered cathodic vacuum arc (FCVA) deposition. Defects in the ta-C coating were categorized as droplets, pores, and spikes, considering the morphological, structural, and mechanical properties of the ta-C surface. A friction test was conducted at 170 °C in ambient air using a ball-on-disk tribometer. The friction coefficient was 0.08 during the steady state and the wear rate was 4.3 × 10−6 mm3/Nm. To explain the friction and wear behavior, the morphological and structural properties of the defects in the designated area were compared among different sliding cycles.

    DOI: 10.1016/j.diamond.2020.107789

    Web of Science

    Scopus

  30. シェーバーのトライボロジー

    野老山 貴行, 梅原 徳次

    トライボロジスト   65 巻 ( 4 ) 頁: 236 - 241   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    <p>From time immemorial, shaving one’s beard has been continued. Using razor or electric shaver is common for all male adult to show their cleanliness recently. The custom for shaving my beard by myself was harbingered by World War I and II. Tremendous safety razors were provided by US government to frontline infantry, then they acquired a custom of “shaving by myself”. An electric shaver was invented early of the 20<sup>th </sup>century, and it is divided two shaving motion, a rotation or a reciprocation. In this article, investigating the relation between inner blade’s edge radiuses and pulling force, clarifying differences of shaving mechanism of a rotation or a reciprocation type shaver by a high speed camera with measuring pulling force simultaneously are explained.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.65.04_236

    CiNii Research

  31. New Droplet Removal Polishing Method for Diamond-Like Carbon with Carbon Fiber Brush 査読有り

    Murashima Motoyuki, Imaizumi Yusuke, Umehara Noritsugu, Tokoroyama Takayuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF AUTOMATION TECHNOLOGY   14 巻 ( 2 ) 頁: 190-199   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  32. Development of Surface Roughness Generation Model for CFRTP Manufactured by LFT-D 査読有り

    Murashima Motoyuki, Murooka Takaharu, Umehara Noritsugu, Tokoroyama Takayuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF AUTOMATION TECHNOLOGY   14 巻 ( 2 ) 頁: 208-216   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  33. 二液分離油の反射分光摩擦面その場観察装置を用いたしゅう動部油膜その場分析 査読有り

    山田高澄, 梅原徳次, 野老山貴行, 村島基之, 佐藤卓, 大原健司, 羽生田清志

    日本機械学会論文集     2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1299/transjsme.19-00315

  34. ディーゼルエンジンオイル中ナノメートルサイズPMの交流電場による凝集を用いたろ過手法の開発 査読有り

    野老山 貴行, 柴沢 穂高, 梅原 徳次

    日本機械学会論文集     2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1299/transjsme.20-00016

  35. Effect of Mating Material and Graphitization on Wear of a-C:H Coating in Boundary Base Oil Lubrication 査読有り

    Aboua Kouami Auxence Melardot, Umehara Noritsugu, Kousaka Hiroyuki, Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki, Bin Mustafa Mohd Muhyiddin Bin, Mabuchi Yutaka, Higuchi Tsuyoshi, Kawaguchi Masahiro

    TRIBOLOGY LETTERS   68 巻 ( 1 )   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology Letters  

    Hydrogenated amorphous carbon (a-C:H) coating exhibits different wear behaviors depending on its counterpart material in boundary lubricated sliding contact. In previous works, tribological behaviors of a-C:H coating were investigated against steel, chromium, and germanium counterpart materials. The specific wear rate of a-C:H coating was found to decrease with the ability of its counterpart material to react with or dissolve carbon. The present study investigated how graphitization of a-C:H coating's top layers and interactions of the counterpart material with carbon influence wear behaviors of a-C:H coating in boundary lubrication. Results show that a-C:H coating shows graphitization of its top layers regardless the counterpart material. Correlation with differences in wear behaviors of the a-C:H coating leads to the conclusion that graphitization will induce high wear of a-C:H coating only when there are also atomic interactions between the DLC coating and its counterpart material.

    DOI: 10.1007/s11249-019-1248-6

    Web of Science

    Scopus

  36. EFFECTS OF DANGLING BONDS AND SURFACE ENERGY ON THE TRIBOLOGICAL PROPERTIES OF ta-CNx COATING IN UNLUBRICATED CONDITION

    Miyachi Takaaki, Nakashima Yuuya, Lee Wooyoung, Umehara Noritsugu, Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki

    7TH INTERNATIONAL CONFERENCE INTEGRITY-RELIABILITY-FAILURE (IRF2020)     頁: 1051 - 1052   2020年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  37. ta-CNx膜のベース油中摩擦における潤滑油温度の摩擦係数, 油膜厚さ及び構造変化層の分極率に及ぼす影響

    村瀬 良, 梅原 徳次, 野老山 貴行, 村島 基之, 李 義永

    年次大会   2020 巻 ( 0 ) 頁: S11517   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.s11517

    CiNii Research

  38. PVC含有有機溶媒への交流電場援用マイクロ突起の創製

    山田 雄聖, 野老山 貴行, 梅原 徳次, 村島 基之

    年次大会   2020 巻 ( 0 ) 頁: S11532   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.s11532

    CiNii Research

  39. MODIFICATION OF TRIBOLOGICAL BEHAVIORS AT THE INTERFACE BETWEEN Si3N4 AND ta-C THROUGH O-2 PLASMA POST-IRRADIATION

    Kim Jae-il, Jang Young-jun, Umehara Noritsugu

    7TH INTERNATIONAL CONFERENCE INTEGRITY-RELIABILITY-FAILURE (IRF2020)     頁: 1049 - 1050   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  40. ENHANCED TRIBOLOGICAL PERFORMANCE OF TA-C COATINGS BY CONTROLLING DUCT BIAS

    Lee Woo Young, Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki, Jang Young Jun, Umehara Noritsugu

    7TH INTERNATIONAL CONFERENCE INTEGRITY-RELIABILITY-FAILURE (IRF2020)     頁: 1053 - 1054   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  41. ELUCIDATION OF THE EFFECT OF MoDTC ADDITIVES IN OIL ON LOW FRICTION BY IN-SITU REFLECTANCE OBSERVATION

    Hashizume Naoya, Umehara Noritsugu, Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki

    7TH INTERNATIONAL CONFERENCE INTEGRITY-RELIABILITY-FAILURE (IRF2020)     頁: 1047 - 1048   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  42. EFFECTS OF LUBRICATION CONDITION ON FRICTION AND WEAR IN OIL LUBRICATION FOR ALUMINIUM ALLOY BEARINGS WITH VARIOUS CARBONACEOUS HARD COATINGS

    Umehara Noritsugu, Kitamura Tomoki, Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki

    7TH INTERNATIONAL CONFERENCE INTEGRITY-RELIABILITY-FAILURE (IRF2020)     頁: 1045 - 1046   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  43. "FRICTIONLESS" DIAMOND-LIKE COATINGS AND IN-SITU OBSERVATION USING REFLECTANCE SPECTROSCOPY

    Umehara Noritsugu

    7TH INTERNATIONAL CONFERENCE INTEGRITY-RELIABILITY-FAILURE (IRF2020)     頁: 7 - 8   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  44. ゴムと金属の油中すべり出し摩擦特性に及ぼす金属側表面粗さの影響

    佐宗 朋洋, 村島 基之, 梅原 徳次, 野老山 貴行, 淵 尚一郎, 兼崎 亮太, 沖舘 亮

    年次大会   2020 巻 ( 0 ) 頁: S11331   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.s11331

    CiNii Research

  45. グリセリン及びリン酸骨格構造を有する添加剤によるa-C:H膜の潤滑油中トライボロジー特性

    蟹 拓実, 野老山 貴行, 梅原 徳次, 村島 基之, 八木下 和宏

    年次大会   2020 巻 ( 0 ) 頁: S11311   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.s11311

    CiNii Research

  46. 反射分光摩擦面その場観察装置によるMoDTC含有潤滑下におけるトライボフィルムの分析と摩擦に及ぼす影響の解明

    橋詰 直弥, 梅原 徳次, 野老山 貴行, 村島 基之

    年次大会   2020 巻 ( 0 ) 頁: S11504   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.s11504

    CiNii Research

  47. 反射分光摩擦面その場観察装置を用いた二液分離油のしゅう動部油膜内濃度分布その場分析

    前田 悠太, 梅原 徳次, 野老山 貴行, 村島 基之, 佐藤 卓, 永田 良子, 羽生田 清志

    年次大会   2020 巻 ( 0 ) 頁: S11326   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.s11326

    CiNii Research

  48. 塩化ビニル溶媒への交流電場援用マイクロ突起の創製

    野老山 貴行, 山田 雄聖, 梅原 徳次, 村島 基之

    IIP情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集   2020 巻 ( 0 ) 頁: 2C07   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmeiip.2020.2c07

    CiNii Research

  49. 模擬摩耗粒子を用いた蛍光染色法による転がり摩擦しゅう動部その場観察

    渡邉 智康, 野老山 貴行, 梅原 徳次, 村島 基之

    年次大会   2020 巻 ( 0 ) 頁: J13118   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.j13118

    CiNii Research

  50. 材料の異なる蛍光発光粒子を用いた転がり摩擦しゅう動部その場観察

    布施谷 尚也, 野老山 貴行, 梅原 徳次, 村島 基之

    年次大会   2020 巻 ( 0 ) 頁: J13119   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.j13119

    CiNii Research

  51. 油潤滑下における高粘度微小油滴の誘電泳動による低摩擦潤滑技術の開発

    青野 和馬, 村島 基之, 梅原 徳次, 野老山 貴行

    年次大会   2020 巻 ( 0 ) 頁: S11320   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.s11320

    CiNii Research

  52. 無潤滑下及びベース油中におけるta-CNxコーティングのトライボロジー特性に及ぼすダングリングボンドと表面エネルギーの影響

    宮地 孝明, 中島 悠也, 石川 健治, Wooyoung Lee, 梅原 徳次, 野老山 貴行, 村島 基之

    年次大会   2020 巻 ( 0 ) 頁: S11314   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.s11314

    CiNii Research

  53. 熱可塑性CFRP成形条件が表面光学特性に及ぼす影響の解明

    村島 基之, 川崎 貴之, 室岡 貴晴, 上坂 裕之

    東海支部総会講演会講演論文集   2020.69 巻 ( 0 ) 頁: 422   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmetokai.2020.69.422

    CiNii Research

  54. 窒素イオンビームFCVA法によるta-CN<sub>x</sub>膜の膜質と耐摩耗性に及ぼす照射角度の影響

    平田 航大, 梅原 徳次, 野老山 貴行, 村島 基之, 李 義永

    年次大会   2020 巻 ( 0 ) 頁: S11513   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.s11513

    CiNii Research

  55. 高温高圧水中下におけるta-C膜の摩擦特性に及ぼす相手材の影響

    鈴木 健矢, 梅原 徳次, 野老山 貴行, 村島 基之, 吉田 和仁, 細川 征嗣, 本田 崇, 犬飼 恭司

    年次大会   2020 巻 ( 0 ) 頁: S11313   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.s11313

    CiNii Research

  56. 高真空環境下におけるta-CNxの摩擦特性に及ぼす窒素含有の影響

    松田 陽司, 村島 基之, 梅原 徳次, 野老山 貴行, Wooyoung Lee

    年次大会   2020 巻 ( 0 ) 頁: S11318   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2020.s11318

    CiNii Research

  57. The Surface Enhanced Raman Scattering Analysis for Carbonaceous Coating by Using Au Nano-Particles 査読有り

    Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki, Umehara Noritsugu

    TRIBOLOGY ONLINE   15 巻 ( 5 ) 頁: 300 - 308   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    In general, Raman analysis is one of the useful candidates to obtain structure of carbonaceous coatings. To improve the depth resolution of Raman analysis, surface-enhanced Raman Scattering (SERS) using gold nanoparticles (Au nanoparticles: AuNPs) and Au sputtered particles were investigated. The analysis was conducted to approximately 1.7, 2.4, 4.7, and 10.0 nm thickness of carbon coatings on silicon substrate with a 532 nm incident wavelength laser. The results indicated that the underlying silicon substrate was detected in the results of the Au sputtering method. Contrastingly, the underlying silicon substrate was not detected by the AuNPs method. This result clarified that using the AuNPs method, the detection depth of the carbon film was approximately 1.7 nm or less. The a-C:H coating was processed using a calotester, and SERS measurements at different depths were performed for the 633 and 532 nm wavelengths using the AuNPs method. As a result, the IG peak position tended to increase from the vicinity of the inter face between the a-C:H coating and the substrate to the surface. In addition, the ID/IG ratio was as low as 0.28 near the substrate and 0.72 at 3800 nm.

    DOI: 10.2474/trol.15.300

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  58. ta-CNx膜の摩擦摩耗特性に及ぼす膜中又は摩擦相手材タンタルの影響 査読有り

    北條 孝樹, 梅原 徳次, 野老山 貴行, 村島 基之

    日本機械学会論文集   86 巻 ( 888 ) 頁: 20-00018 - 20-00018   2020年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/transjsme.20-00018

    CiNii Research

  59. Application of oil palm fiber in organic brake friction composite material

    Bin Abdollah Mohd Fadzli, Amiruddin Hilmi, Nordin Mohamad Jabbar, Tokoroyama Takayuki, Umehara Noritsugu

    PROCEEDINGS OF MECHANICAL ENGINEERING RESEARCH DAY 2020 (MERD'20)     頁: 22 - 23   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  60. Intelligent tribological surfaces: from concept to realization using additive manufacturing 査読有り

    Murashima Motoyuki, Yoshino Shouta, Kawaguchi Masato, Umehara Noritsugu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MECHANICS AND MATERIALS IN DESIGN   15 巻 ( 4 ) 頁: 757 - 766   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Mechanics and Materials in Design  

    In this paper, we provide a detailed account of our efforts in the design, development and prototyping of a novel intelligent surface by adapting initially curved diaphragms. Unlike the shortcomings that characterize current designs of functional surfaces, our adaptive surface design is characterised by simplicity, multifunctionality, adaptability, high flexibility and robustness as well as controlled autonomy. Four aspects of the work are accordingly examined. The first is concerned with the conceptual design of the new functional surface. The second with the development of functional prototypes of intelligent surfaces, showing its characteristics and ease of manufacturing using 3D additive manufacturing. The third with demonstrating the multi-frictional ability of the newly designed surface. Our friction test results show wide range friction control ability from the friction coefficient value 0.3 (same value of material itself) to 3 times higher value 1.1. Finally, we address the challenges that are faced in our new design and the efforts that are currently being adopted to overcome them.

    DOI: 10.1007/s10999-018-9435-4

    Web of Science

    Scopus

  61. Investigating running-in behavior to understand wear behavior of ta-C coating with filtered cathodic vacuum arc deposition 査読有り 国際共著

    Lee Woo-Young, Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki, Umehara Noritsugu

    JURNAL TRIBOLOGI   23 巻   頁: 38-47   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  62. Effect of Carbon Diffusion on Friction and Wear Behaviors of Diamond-Like Carbon Coating Against Germanium in Boundary Base Oil Lubrication 査読有り 国際共著

    Aboua Kouami Auxence Melardot, Umehara Noritsugu, Kousaka Hiroyuki, Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki, Mabuchi Yutaka, Higuchi Tsuyoshi, Kawaguchi Masahiro

    TRIBOLOGY LETTERS   67 巻 ( 2 )   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology Letters  

    Diamond-like carbon (DLC) coatings are designed to work under severe lubrication conditions. Depending on working environment, lubrication condition, and counterpart material, DLC coatings can exhibit crucial variations in their tribological behaviors. In the search of a counterpart material to improve tribological performances of DLC coatings in desired environment, we found out in previous work that carbon diffusion is an important parameter that influences the tribological behaviors of amorphous hydrogenated (a-C:H) coating in boundary lubrication. a-C:H coating exhibits high wear against steel counterpart material that has a high carbon affinity/solubility, while its exhibits lower wear against chromium counterpart material that has lower carbon affinity/solubility than steel. These recent findings imply that consideration of the carbon affinity/solubility when choosing a counterpart material for a-C:H coating in boundary lubrication might be of significant importance to improve tribological performances of a-C:H coating. This research investigates tribological behaviors of a-C:H coating against germanium counterpart material that has extremely low carbon affinity/solubility. Results show that there is no atomic interaction between a-C:H coating and germanium during friction and wear test, followed with a very low wear of a-C:H coating.

    DOI: 10.1007/s11249-019-1179-2

    Web of Science

    Scopus

  63. The tribological potential of graphene growth from solid waste 査読有り 国際共著

    Noor Ayuma Mat Tahir, Fakulti Kejuruteraan Mekanikal, Mohd Fadzli Bin Abdollah*, Noreffendy Tamaldin, Hilmi Amiruddin, Mohd Rody Bin Mohamad Zin, Takayuki Tokoroyama and Noritsugu Umehara

    Progress in Industrial Ecology – An International Journal   13 巻 ( 4 ) 頁: 401 - 413   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Effect of oxygen on degradation of defects on ta-C coatings deposited by filtered arc deposition 査読有り

    Murashima Motoyuki, Deng Xingrui, Izuoka Hiroto, Umehara Noritsugu, Kousaka Hiroyuki

    SURFACE & COATINGS TECHNOLOGY   362 巻   頁: 200 - 207   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surface and Coatings Technology  

    Among diamond-like carbon (DLC) coatings, tetrahedral amorphous carbon (ta-C) coatings show particularly high thermal stability and oxidation resistance due to their high sp 3 content and hydrogen-free structure. On the other hand, it is well known that high-temperature annealing leads to degradation of the ta-C structure, resulting in a release of stress, decrease of hardness, increase in surface roughness, and transformation of the coating nature. Although optical observation is a powerful candidate for imaging the surface conditions of ta-C coatings, strong light emission due to high temperature prevents the acquisition of clear images. In this paper, we establish a novel in situ observation method using environment scanning electron microscopy (ESEM), which allows us to view ta-C surface defects and droplets at 650 °C. A heater embedded in the ESEM increased the temperature on ta-C coatings to 650 °C at gas pressure of 120 Pa. Using a variety of gas conditions including ambient air, dry nitrogen, or dry oxygen, we clarified the effect of the gases on the degradation of the defects. In a dry oxygen atmosphere, defects grew dramatically with annealing time, whereas nitrogen caused no significant transformation to ta-C surfaces. Raman spectroscopy analysis revealed significant structural change in one type of defect, while no noticeable Raman shift was detected in the other type. A focused ion beam created a cross-section of an annealed defect on the ta-C coating. Subsequently, energy dispersive X-ray spectroscopy (EDS) revealed the characteristics of defect growth; one type of defect was associated with a droplet on the interlayer, and the other with graphitization due to oxidization of ta-C on the droplets.

    DOI: 10.1016/j.surfcoat.2019.01.115

    Web of Science

    Scopus

  65. Tribological properties of ta-CNx coating sliding against steel and sapphire in unlubricated condition 査読有り

    Liu Xiaoxu, Umehara Noritsugu, Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   131 巻   頁: 102 - 111   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    Tribo-behavior of tetrahedral amorphous carbon nitride (ta-CNx) coating in unlubricated condition was investigated in this study. Sliding against steel, low nitrogen content ta-CNx exhibits much lower friction and wear as temperature increases, with less adhesion wear than ta-C and remained relatively higher hardness (45.01 GPa). Nevertheless, against sapphire ta-C outperforms ta-CNx greatly, and graphitization could be found at 120 °C. With atmosphere humidity increasing, ta-CNx shows significantly decreased friction, implying the tribo-character of high sp3 bonding structure. Meanwhile, dry air seems to be the harshest condition for ta-CNx, since O2 in the atmosphere might lead to oxidized wear of ta-CNx even under room temperature. Furthermore, in humid N2, as an inert gas with high humidity, ta-CNx shows the lowest friction and wear.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2018.10.022

    Web of Science

    Scopus

  66. Processing thin (<10 mu m), dense, flexible alpha-Al2O3 films from nanopowders 国際共著

    Takeuchi Makoto, Niedermaier Matthias, Jansohn Monika, Umehara Noritsugu, Laine Richard M.

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   127 巻 ( 2 ) 頁: 81 - 89   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本セラミックス協会  

    Normally, it is very difficult to process thin ceramic films (<10 ¯m) except by vapor deposition methods. This is because in traditional ceramics processing, initial powder particle sizes (typical average particle sizes, APSs >200 nm) make it difficult to realize mechanically robust thin films after sintering to full density due to excessive grain growth. One solution to this problem is to start with nanopowders (APSs <100 nm). Here we present efforts to use simple, easily available nano ¤-Al 2 O 3 (transition or t-Al 2 O 3 ) nanopowders (NPs) to process the subject films. Thus t-Al 2 O 3 NPs when properly dispersed, doped with 0.55 wt.% MgO and ball milled with a polymeric binder provide castable systems. Wire wound roller drawing/tape casting provides access to thin green films (1030 ¯m) with µ75 wt.% ceramic loadings. Following binder burnout and careful sintering to temperatures of up to 1500°C/7 h/air but preferably slightly lesser conditions leads to dense ¯10 ¯m films with average ¡-Al 2 O 3 grain sizes of 500800 nm. At higher MgO concentrations, spinel phase separates during sintering likely inhibiting grain growth. These relatively dense films are flexible and translucent. Such films, because of their flexibility, may offer utility as catalyst supports, electronic substrates or as hard facings for other materials.

    DOI: 10.2109/jcersj2.18099

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  67. LFM/AFMを用いたアルミナ圧縮粉体の金型への付着メカニズムの解明

    北條 孝樹, 伊藤 茂裕, 梅原 徳次, 村島 基之, 野老山 貴行, 杉浦 慧, 高橋 知典

    年次大会   2019 巻 ( 0 ) 頁: J16418P   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2019.j16418p

    CiNii Research

  68. コーティング電気メス電極の炭化物付着抑制手法の開発

    小林 将大, 梅原 徳次, 野老山 貴行, 村島 基之

    年次大会   2019 巻 ( 0 ) 頁: J16414P   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2019.j16414p

    CiNii Research

  69. グリセリン及びリン酸骨格構造を有するGDOP添加剤によるa-C:H膜の潤滑油中トライボロジー特性

    野老山 貴行, 呉 時駿, 梅原 徳次, 八木下 和宏

    年次大会   2019 巻 ( 0 ) 頁: J16413   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2019.j16413

    CiNii Research

  70. ベース油中CNxの摩擦界面その場反射分光分析による 摩擦メカニズムの解明 査読有り

    梅原 徳次, 村島 基之

    トライボロジスト   63 巻   頁: 755 - 767   2019年

     詳細を見る

  71. 塩化ビニルマイクロメートルサイズ突起創製と霜成長方向の制御

    野老山 貴行, 小林 将大, 寺田 真, 澤田 航, 竹内 裕也, 梅原 徳次

    IIP情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集   2019 巻 ( 0 ) 頁: 1C07   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmeiip.2019.1c07

    CiNii Research

  72. 硬さの異なる2種類の砥粒を用いた粗加工・仕上げ加工同時研磨方法の提案

    嶽野 広明, 野老山 貴行, 梅原 徳次, 村島 基之, 千葉 翔悟

    年次大会   2019 巻 ( 0 ) 頁: S13207P   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2019.s13207p

    CiNii Research

  73. ベース油中ta-CNx膜の摩擦時反射分光分析その場観察による低摩擦メカニズムの解明

    岡本 竜也, 梅原 徳次, 野老山 貴行, 村島 基之

    日本機械学会論文集   85 巻 ( 875 ) 頁: 19-00071 - 19-00071   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/transjsme.19-00071

    CiNii Research

  74. Effect of Pillar and Mesh Structure of Tetrahedral Amorphous Carbon (ta-C) Coatings on the Wear Properties and Fracture Toughness of the Coating 国際共著

    Bin Mustafa Mohd Muhyiddin, Umehara Noritsugu, Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki, Shibata Akinori, Utsumi Yoshiharu, Moriguchi Hideki

    TRIBOLOGY ONLINE   14 巻 ( 5 ) 頁: 388 - 397   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    Wear by fracture is among the factors associated with the DLC coating failures in the tribological application. The current study investigated the link between the wear and the fracture-toughness on the novel Pillar and Mesh structure ta-C coatings, in addition to conventional ta-C coatings. The tribological properties of these coatings were examined under base-oil lubrication via ball-on-disk tribo-tester and micro indentation technique was used to characterize the fracture toughness. The wear track and the indentation mark were analyzed using the optical microscope, 3D laser microscope and FE-SEM. The friction coefficient for ta-C, Pillar ta-C and Mesh ta-C are within the range of 0.071 to 0.106. Mesh ta-C indicated the highest wear resistance, followed by the Pillar ta-C and conventional ta-C. Also, Mesh ta-C demonstrated the highest fractute‐toughtness value with 16.6 Mpa.m1/2, followed by pillar ta-c with 13.4 MPa.m1/2 in contrast to ta-C. Greater resistance to wear for ta-C with Pillar and Mesh structure was detected with an increased fracture-toughness and improvement in crack propagation inhibition. Moreover, the Pillar and Mesh ta-C provides superior rate of crack-energy dissipation as compared to the ta-C.

    DOI: 10.2474/trol.14.388

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  75. Effect of Carbon Diffusion on Friction and Wear Properties of DLC coating against Cr-plating in Boundary Base Oil Lubrication 査読有り 国際共著

    K. A. M. Aboua, N. Umehara, H. Kousaka, T. Tokoroyama, M. Murashima, Y. Mabuchi, T. Higuchi, M. Kawaguchi

    Tribology Online   13 巻 ( 5 ) 頁: 290-300   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. ベース油中CN<i>x</i>の摩擦界面その場反射分光分析による摩擦メカニズムの解明

    岡本 竜也, 梅原 徳次, 村島 基之, 斉藤 浩二, 眞鍋 和幹, 林 圭二

    トライボロジスト   63 巻 ( 11 ) 頁: 755 - 767   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    <p>To clarify the low friction mechanism of CN<i>x </i>coating in PAO oil lubrication, we measured reflectance spectrum at friction area <i>in-situ </i>by reflectance spectroscopy during friction test against a sapphire hemi-sphere pin in PAO oil. We observed and estimated thickness of PAO oil film, surface roughness of CN<i>x </i>coating, thicknesses and polarizability of transformed layer formed on bulk CN<i>x </i>coating during friction test by analyzing reflectance spectrum. We proposed that the decreasing of load ratio of boundary lubrication mode to total load is the one of governing factor to reduce friction on the basis of the increasing of Λ value. Also we proposed the increasing of adsorption of PAO oil to the CN<i>x </i>transformed layer is the second governing factor on the basis of the increasing of polarizability of PAO oil and transformed layer, that leads to the increasing of van der Waals force between transformed layer and PAO oil as low friction mechanism of CN<i>x </i>in PAO oil lubrication.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.17-00023

    CiNii Research

  77. Effect of ZnDTP Triboflim's Morphology on Friction Behaviors of DLC Coatings: Tribofilm Characterization by 3D Scanning Electron Microscope Observation 査読有り 国際共著

    K. A. M. Aboua, N. Umehara, H. Kousaka, T. Tokoroyama, M. Murashima, H. Abdullah Tasdemir, Y. Mabuchi, T. Higuchi

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing   12 巻 ( 7 )   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Effect of ZnDTP Triboflim's Morphology on Friction Behaviors of DLC Coatings: Tribofilm Characterization by 3D Scanning Electron Microscope Observation 査読有り 国際共著

    K. A. M. Aboua, N. Umehara, H. Kousaka, T. Tokoroyama, M. Murashima, H. Abdullah Tasdemir, Y. Mabuchi, T. Higuchi

    ournal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing   12 巻 ( 7 ) 頁: JAMDSM0129 - JAMDSM0129   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    ZnDTP antiwear additive for lubricating oil is known to absorb strongly on sliding surfaces in boundary lubricated tribosystems, forming a tribofilm, which is able to reduce the wear of involved surfaces. It is also known to increase the friction coefficient in most DLC/DLC contacts, with the exception of ta-C DLC / ta-C DLC contact, for which the difference in friction behaviors between a base oil + ZnDTP additive lubricated tribosystem and a base oil lubricated tribosystem is not very significant. In this study we investigate a characterization method of the shape of the tribofilm formed on different types of DLC coatings and on the relation between the shape of the tribofilm and the friction behavior of the related DLC coating. Results show that compared to other investigated DLC types, the tribofilm formed on ta-C DLC has some unique characteristic topography features that promote lower friction coefficient.

    DOI: 10.1299/jamdsm.2018jamdsm0129

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  79. ベース油中CNx膜の摩擦界面その場分光分析による摩擦メカニズムの解明 査読有り

    岡本竜也、梅原徳次、村島基之、斉藤浩二、眞鍋和幹、林 圭二

    トライボロジスト   63 巻 ( 11 ) 頁: 755-767   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Effect of Substrate Bias and Temperature on Friction and Wear Properties of ta-C Coating Prepared under Different Substrate Bias Voltages with Filtered Cathodic Arc Depositon 査読有り

    W.Y. Lee, T. Tokoroyama, Y.J.Jang, N. Umehara

    Tribology Online   13 巻 ( 5 ) 頁: 241-247   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. FCVA法によるホウ素含有炭素ターゲットを用いたta-C:B膜の成膜および300℃までのトライボロジー特性

    根本 公紀, 梅原 徳次, 野老山 貴行, 村島 基之, 瀧本 裕治, 中道 健司

    トライボロジスト   63 巻 ( 10 ) 頁: 699 - 705   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    <p>Boron doped tetrahedral amorphous carbon (ta-C:B) coatings were deposited with Filtered Cathodic Vacuum Arc (FCVA) method using boron doped graphite target (B=0, 5 and 10 at. %). The material properties and tribological properties of ta-C:B coatings were obtained at 23~300℃. The amount of boron contents in ta-C:B coatings are from 0 to 5.1 at. %, and the hardness of coatings ware more than 30 GPa. The friction coefficient of ta-C:B3.1 at 300℃ is about 0.02 in air. The specific wear rate of ta-C:B coating were lower than normal ta-C coating by 34% and 46% for ta-C:B<sub>3.1</sub> and ta-C:B<sub>5.1</sub>, respectively. The sp<sup>2</sup>/(sp<sup>2</sup>+ sp<sup>3</sup>) ratio measured by XPS and O/C ratio measured by AES increased through the friction at 300℃ for ta-C, on the other hand both values did not change for ta-C:B. Friction coefficients of ta-C:B<sub>3.1</sub> were shown as 0.055 at 23℃ and about 0.02 at 100~300℃. The specific wear rate of ta-C:B<sub>3.1</sub> at 23~300℃ in air was about 2.0 × 10<sup>−6 </sup>mm<sup>3</sup>/Nm. From these results, we confirmed that ta-C:B shows lower friction and higher specific wear resistance at 23~300℃ in air than ta-C.</p>

    DOI: 10.18914/tribologist.18-00003

    CiNii Research

  82. FCVA法によるホウ素含有炭素ターゲットを用いたta-C:B膜の成膜及び300℃までのト ライボロジー特性 査読有り

    根本公紀、梅原徳次、野老山貴行、村島基之、瀧本祐治、中道健司

    トライボロジスト   63 巻 ( 10 ) 頁: 699-705   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. The effects of oil additives and mating materials to the friction, wear and seizure characteristics of a-C:H coating 査読有り 国際共著

    bin Taib Mohd Taufik, Umehara Noritsugu, Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki

    JURNAL TRIBOLOGI   18 巻   頁: 1-19   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  84. The Effect of UV irradiation to a-C:H on friction and wear properties under PAO oil lubrication including MoDTC and ZnDTP 査読有り

    M. T. bin Taib, N. Umehara, T. Tokoroyama, M. Murashima

    Tribology Online   13 巻   頁: 119-130   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Chemical modification at and within nanopowders: Synthesis of core-shell Al2O3@TiON nanopowders via nitriding nano-(TiO2)(0.43)(Al2O3)(0.57) powders in NH3 査読有り 国際共著

    You Fei, Sun Kai, Yi Eongyu, Nakatani Eitaro, Umehara Noritsugu, Laine Richard M.

    JOURNAL OF THE AMERICAN CERAMIC SOCIETY   101 巻 ( 4 ) 頁: 1441 - 1452   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Ceramic Society  

    Here, we demonstrate the potential utility of using chemical modification to reorganize metastable nanoparticles into nanostructured nanoparticles without coincidentally inducing extensive necking/sintering. The motivation for this effort derives from the concept that chemical reduction in a single component in a mixed-metal nanoparticle will create segregated islands of a second immiscible phase. Given the very high chemical energies inherent in nanoparticles, the formation of even smaller islands of a second phase can be anticipated to lead to extremely high interfacial energies that may drive these islands to diffuse to cores or surfaces to form core-shell structures that minimize such interfacial energies. Thus, ammonolysis of (TiO2)0.43(Al2O3)0.57 composition nanopowders where both elements are approximately uniformly mixed at atomic length scales, under selected conditions (1000°C) for various periods of time at constant NH3 flow rates leads primarily to the reduction in the Ti species to form TiN or TiON which then appears to diffuse to the surface of the particles. The final products consist of Al2O3@TiON core-shell nanopowders that remain mostly unaggregated pointing to a new mechanism for modifying nanopowder chemistries and physical properties.

    DOI: 10.1111/jace.15303

    Web of Science

    Scopus

  86. Effect of nanoparticles as lubricant additives on friction and wear behavior of tetrahedral amorphous carbon (ta-C) coating 査読有り

    Li Xiang, Murashima Motoyuki, Umehara Noritsugu

    JURNAL TRIBOLOGI   16 巻   頁: 15-29   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  87. ESEM その場観察による CNx 膜摩擦痕の表面エネルギー変化に及ぼす雰囲気ガスの影響の解明

    寺田 真, 梅原 徳次, 村島 基之, 野老山 貴行

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2018.18 巻 ( 0 ) 頁: 2C2-1   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemdt.2018.18.2c2-1

    CiNii Research

  88. Tribological properties of 3D-printed pin with internal structure formation under dry sliding conditions

    Tahir Noor, Ayuma Mat, Azmi Muhamad Syafwan, Bin Abdollah Mohd Fadzli, Ramli Faiz Redza, Amiruddin Hilmi, Tokoroyama Takayuki, Umehara Noritsugu

    PROCEEDINGS OF MECHANICAL ENGINEERING RESEARCH DAY 2018 (MERD)     頁: 260-261   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. THE WEAR OF DIAMOND-LIKE CARBON BY MOLYBDENUM BASED PARTICLES UNDER BOUNDARY LUBRICATION

    Tokoroyama T, Nishino T, Yamaguchi M, Kassim K. A. M, Umehara N

    IRF2018: PROCEEDINGS OF THE 6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTEGRITY-RELIABILITY-FAILURE     頁: 943-944   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. PROPOSAL OF DEVELOPMENT GUIDLINE FOR LOW FRICTIONAL MATERIAL IN OIL LUBRICATION WITH HIGH PERMITTIVITY MATERIAL

    Murashima Motoyuki, Oh See-Jun, Miyachi Takaaki, Umehara Noritsugu, Tokoroyama Takayuki, Konishi Kota, Okamoto Tatsuya

    IRF2018: PROCEEDINGS OF THE 6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTEGRITY-RELIABILITY-FAILURE     頁: 941-942   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. EFFECT OF SURFACE ENERGY ON FRICTION COEFFICIENT OF CARBONACEOUS HARD COATINGS BY IN-SITU MEASUREMENT IN ESEM

    Nakao Taichi, Terada Makoto, Umehara Noritsugu, Murashima Motoyuki

    IRF2018: PROCEEDINGS OF THE 6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTEGRITY-RELIABILITY-FAILURE     頁: 925-926   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. カーボン系硬質膜における ESEM 内その場評価法による摩擦特性に及ぼす表面エネルギーの影響の解明

    中尾 太一, 梅原 徳次, 村島 基之, 寺田 真

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2018.18 巻 ( 0 ) 頁: 2C2-2   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemdt.2018.18.2c2-2

    CiNii Research

  93. カーボンファイバーブラシを用いたDLC膜研磨手法の開発に向けた基礎検討

    今泉 友佑, 村島 基之, 野老山 貴行, 梅原 徳次

    年次大会   2018 巻 ( 0 ) 頁: S1110102   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2018.s1110102

    CiNii Research

  94. ベース油中 B-DLC 膜の摩擦部その場観察による超低摩擦メカニズムの解明

    岡本 竜也, 西村 英典, 梅原 徳次, 村島 基之, 野老山 貴行

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2018.18 巻 ( 0 ) 頁: 1C1-3   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemdt.2018.18.1c1-3

    CiNii Research

  95. ループ型カーボンファイバーブラシの水潤滑における摩擦特性の解明

    竹内 惇, 村島 基之, 梅原 徳次, 野老山 貴行

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2018.18 巻 ( 0 ) 頁: 2C3-2   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemdt.2018.18.2c3-2

    CiNii Research

  96. 圧縮成形における成形条件が金型表面のアルミナ粒子の残留に及ぼす影響

    伊藤 茂裕, 梅原 徳次, 高橋 知典

    年次大会   2018 巻 ( 0 ) 頁: S1110303   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2018.s1110303

    CiNii Research

  97. 形状変形表面(スマートサーフェス)を用いた摩擦の多段階能動的制御

    村島 基之, 川口 眞人, 梅原 徳次, 野老山 貴行

    機素潤滑設計部門講演会講演論文集   2018.18 巻 ( 0 ) 頁: 2C1-4   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemdt.2018.18.2c1-4

    CiNii Research

  98. 繰り返し押し込み荷重による ta-C 膜の変形挙動解析

    DE LA TORRE OSCAR, 梅原 徳次, 野老山 貴行准, 村島 基之

    東海支部総会講演会講演論文集   2018.67 巻 ( 0 ) 頁: 720   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmetokai.2018.67.720

    CiNii Research

  99. 霜成長方向制御のための表面テクスチャリング

    野老山 貴行, 大田 梨仁, 沼野 翔太, 佐宗 朋洋, 梅原 徳次

    IIP情報・知能・精密機器部門講演会講演論文集   2018 巻 ( 0 ) 頁: 1C08_1   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmeiip.2018.1c08_1

    CiNii Research

  100. Effect of Substrate Bias and Temperature on Friction and Wear Properties for ta-C Coating Prepared under Different Substrate Bias Voltages with Filtered Cathodic Vacuum Arc Deposition 国際共著

    Lee Woo-Young, Tokoroyama Takayuki, Jang Young-Jun, Umehara Noritsugu

    TRIBOLOGY ONLINE   13 巻 ( 5 ) 頁: 241 - 247   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    In this paper, the tribological behaviors of 1 μm of tetrahedral amorphous carbon (ta-C) coatings deposited with a different substrate bias of -0 V, -100 V and -300 V are examined under elevated temperature up to 600°C. It is found that wear behavior could be divided into two distinct regions according to testing temperature. The variation trend of the specific wear rate of ta-C coatings in region I at 23, 100 and 200°C are affected by abrasive particles which coincide with sp3 content of ta-C coatings. In region II at 300, 400 and 500°C, the transfer layer play a major role in reduction of wear rate as a function of substrate bias.

    DOI: 10.2474/trol.13.241

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  101. The clarification of friction mechanism in oil lubrication for CN <inf>x</inf> coating by in-situ observation of friction area with reflectance spectroscopy

    Okamoto T., Umehara N., Murashima M., Saito K., Manabe K., Hayashi K.

    Toraibarojisuto/Journal of Japanese Society of Tribologists   63 巻 ( 11 ) 頁: 755 - 767   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Toraibarojisuto/Journal of Japanese Society of Tribologists  

    To clarify the low friction mechanism of CN x coating in PAO oil lubrication, we measured reflectance spectrum at friction area in-situ by reflectance spectroscopy during friction test against a sapphire hemi-sphere pin in PAO oil. We observed and estimated thickness of PAO oil film, surface roughness of CN x coating, thicknesses and polarizability of transformed layer formed on bulk CN x coating during friction test by analyzing reflectance spectrum. We proposed that the decreasing of load ratio of boundary lubrication mode to total load is the one of governing factor to reduce friction on the basis of the increasing of A value. Also we proposed the increasing of adsorption of PAO oil to the CN x transformed layer is the second governing factor on the basis of the increasing of polarizability of PAO oil and transformed layer, that leads to the increasing of van der Waals force between transformed layer and PAO oil as low friction mechanism of CN x in PAO oil lubrication.

    Scopus

  102. Deposition of ta-C: B coating by FCVA using boron doped target and its tribological behaviors at elevated temperature up to 300°C

    Nemoto K., Umehara N., Tokoroyama T., Murashima M., Takimoto Y., Nakamichi K.

    Toraibarojisuto/Journal of Japanese Society of Tribologists   63 巻 ( 10 ) 頁: 699 - 705   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Toraibarojisuto/Journal of Japanese Society of Tribologists  

    Boron doped tetrahedral amorphous carbon (ta-C: B) coatings were deposited with Filtered Cathodic Vacuum Arc (FCVA) method using boron doped graphite target (B=0, 5 and 10 at %). The material properties and tribological properties of ta-C: B coatings were obtained at 23∼300°C. The amount of boron contents in ta-C: B coatings are from 0 to 5.1 at. %, and the hardness of coatings ware more than 30 GPa. The friction coefficient of ta-C: B 3.1 at 300°C is about 0.02 in air. The specific wear rate of ta-C: B coating were lower than normal ta-C coating by 34% and 46% for ta-C: B 3.1 and ta-C: B 5.1 , respectively. The sp 2 /(sp 2 + sp 3 ) ratio measured by XPS and O/C ratio measured by AES increased through the friction at 300°C for ta-C, on the other hand both values did not change for ta-C: B. Friction coefficients of ta-C: B 3.1 were shown as 0.055 at 23°C and about 0.02 at 100∼300°C. The specific wear rate of ta-C: B 3.1 at 23∼300°C in air was about 2.0 × 10 -6 mm 3 /Nm. From these results, we confirmed that ta-C: B shows lower friction and higher specific wear resistance at 23∼300°C in air than ta-C.

    Scopus

  103. Collecting micrometer-sized wear particles generated between DLC/DLC surfaces under boundary lubrication with an electric field

    TOKOROYAMA Takayuki, KAMIYA Toru, AFMAD Nazeef Afifi Bin Hafiz, UMEHARA Noritsugu

    Mechanical Engineering Letters   4 巻 ( 0 ) 頁: 18-00089 - 18-00089   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    <p>Carbonaceous coatings such as Diamond-Like Carbon (DLC) are attractive candidates for reducing friction under boundary lubrication. However, the wear particles generated from the DLC are believed to form hard slurries that scratch surfaces like an abrasive, and they can shorten the lifetime of the DLC itself. Generally, in conventional automobiles, these wear particles are collected by oil filters. Modern engine bearings are required to reduce the friction coefficient to low levels so that low-viscosity lubricants are used to reduce resistance to flow. However, using a low-viscosity lubricant result in direct solid contact between surfaces, which disrupts the hydrodynamic lubrication and generates numerous wear particles. In this study, we carried out friction tests between DLC/DLC surfaces with kerosene as a boundary lubricant at room temperature. The friction tests were conducted over 12,000 cycles, and we replaced the lubricant after every 2000 cycles without changing the contact pair. Wear particles were collected from the lubricant using an electric field with the electrophoresis effect. The wear particles gathered near the positive electrode and fell onto a glass plate. Finally, after the kerosene evaporated, scanning electron microscope and laser optical microscope observations showed the relations between particle size and shape, the number of wear particles, and the friction coefficient.</p>

    DOI: 10.1299/mel.18-00089

    CiNii Research

  104. Comparative study on effects of load and sliding distance on amorphous hydrogenated carbon (a-C:H) coating and tetrahedral amorphous carbon (ta-C) coating under base-oil lubrication condition 査読有り

    Li Xiang, Deng Xingrui, Kousaka Hiroyuki, Umehara Noritsugu

    WEAR   392 巻   頁: 84 - 92   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wear  

    In this study, the lubricated friction and wear associated with diamond-like coatings (DLCs) of amorphous hydrogenated carbon (a-C:H) and hydrogen-free tetrahedral amorphous carbon (ta-C) were comparatively analyzed. The effects of load and sliding distance on the wear and friction behaviors of the coatings were studied under a boundary-lubrication condition using a poly-alpha-olefin base oil. The DLC-coated cylindrical specimens were slid with their central axes perpendicular to the sliding direction against a rotating steel counterface. The results show that the friction coefficient of the ta-C coating was lower than that of the a-C:H coating, though a graphitized layer was detected both inside and outside the wear scar of the a-C:H coating. Under a relatively low applied load (5 N), the specific wear rate of the ta-C coating was considerably lower than that of the a-C:H coating. When the load was increased to a critical value of 10 N, the specific wear rate of the ta-C coating increased rapidly to 3–5 times that of the a-C:H coating. However, the specific wear rate of the a-C:H coating decreased significantly when the load exceeded 10 N, which was consistently maintained thereafter. With the increase in the sliding distance, the specific wear rate of the ta-C coating increased rapidly. In comparison to the ta-C coating, the specific wear rate of the a-C:H coating decreased only slightly with the increase in the sliding distance; moreover, when the sliding distance exceeded 125 m, the specific wear rate of the a-C:H coating became much lower than that of the ta-C coating. The results of Raman spectroscopy, atomic force microscopy, and scanning electron microscopy show that the coatings were influenced by different types of wear mechanisms when slid under pure base-oil boundary-lubrication conditions.

    DOI: 10.1016/j.wear.2017.09.009

    Web of Science

    Scopus

  105. Effect of mating materials on wear properties of amorphous hydrogenated carbon (a-C:H) coating and tetrahedral amorphous carbon (ta-C) coating in base oil boundary lubrication condition 査読有り

    Li Xiang, Sawaki Toshiya, Kousaka Hiroyuki, Murashima Motoyuki, Umehara Noritsugu

    JURNAL TRIBOLOGI   15 巻   頁: 1-20   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  106. Effect of oil temperature and counterpart material on the wear mechanism of ta-CNx coating under base oil lubrication 査読有り

    Liu Xiaoxu, Yamaguchi Ryo, Umehara Noritsugu, Murashima Motoyuki, Tokoroyama Takayuki

    WEAR   390-391 巻   頁: 312 - 321   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wear  

    Tetrahedral amorphous carbon nitride (ta-CNx), as an emerging and promising diamond-like carbon (DLC), has better mechanical properties than amorphous carbon nitride (a-CNx) to ensure the sufficient durability, and overcomes the limit of high internal stress of tetrahedral amorphous carbon (ta-C), which makes ta-CNx coatings of great worth of research for the tribological and mechanical applications. In this study, we present the effects of oil temperature and counterpart material on the wear behavior of ta-CNx coatings under base-oil lubrication, and further clarify the wear mechanism. ta-C and ta-CNx coatings with N/C atomic ratio of 2.2% and 11.0% were deposited by an ion beam assisted filtered arc deposition (IBA-FAD) system, and the tribological tests were performed using a ball-on-disk tribo-tester with ta-C and ta-CNx coated steel ball sliding against uncoated disk under base-oil lubrication. The results show that nitrogen doping tends to decrease the hardness and Young's modulus by reducing the sp3 structure. Sliding against steel disk, with increase of sliding distance ta-CNx shows obviously distinct wear behavior compared to ta-C, much more slowly increasing wear volume, exhibiting excellent wear resistance. Increasing oil temperature from room temperature to 120 °C results in rising wear rates of all the three coatings, with totally worn out ta-C and much lower wear rate of ta-CNx, which decreases by more than half than ta-C for high nitrogen content ta-CNx. However, as the counterpart material changed from steel to alumina, the wear rate presents oppositely increasing tendency with N/C ratio, probably caused by the change of deciding factor to hardness in this mechanical wear. It is found that the wear performance of ta-CNx coating has a clear dependence on the oil temperature and counterpart material. Based on the results, the better wear resistance of softer ta-CNx against steel could be attributed to the less tribo-chemical wear between carbon and iron, due to the nitrogen doping partial passivation effect.

    DOI: 10.1016/j.wear.2017.08.012

    Web of Science

    Scopus

  107. Clarification of effect of transformed layer and oil film on low friction coefficient of CNx coating in PAO oil lubrication by in-situ observation of friction area with reflectance spectroscopy 査読有り

    Nishimura Hidenori, Umehara Noritsugu, Kousaka Hiroyuki, Murashima Motoyuki

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   113 巻   頁: 383 - 388   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    In order to clarify a low friction mechanism of CNx (Carbon Nitride) coating in PAO (Poly Alpha Olefin) oil lubrication, we measured reflectance spectrum at friction area in-situ by reflectance spectroscopy. And we obtained thicknesses and polarizabilities of oil film and transformed layer formed on bulk CNx coating during friction test by analyzing reflectance spectrum. From results, we concluded that the increments of polarizabilities of transformed layer and oil film had an effect on increasing thickness of oil film, and then the lubricated condition changed from boundary to mixed lubrication. Finally CNx coating showed low friction coefficient in PAO oil lubrication.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2016.10.029

    Web of Science

    Scopus

  108. Effect of carbon diffusion on friction and wear properties of diamond-like carbon in boundary base oil lubrication 査読有り

    Aboua Kouami Auxence Melardot, Umehara Noritsugu, Kousaka Hiroyuki, Deng Xingrui, Tasdemir Haci Abdullah, Mabuchi Yutaka, Higuchi Tsuyoshi, Kawaguchi Masahiro

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   113 巻   頁: 389 - 398   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    In order to control wear and friction in industry, Diamond like carbon (DLC) hard coatings are widely applied in recent years due to their well appreciated mechanical and tribological properties. However, those properties are not yet well understood, as well as behavior of DLC hard coatings when rubbed against other materials. Other researchers reported that DLC hard coatings film show high wear when rubbed against steel counterpart and their durability decrease with the increase of the temperature. In this research, we investigated on friction and wear properties of DLC coatings and the results reveal that carbon diffusion has a key role in the wear and friction behavior of DLC coatings when rubbed against steel.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2016.10.047

    Web of Science

    Scopus

  109. The effects of temperature, pressure and dissolved oxygen concentration (DO) in water on the wear of the hydrogenated diamond-like carbon (HDLC) at high temperature and pressurized water 査読有り

    Zin Mohd Rody Bin Mohamad, Yagi Yuji, Sasaki Keiji, Inayoshi Naruhiko, Tokoroyama Takayuki, Umehara Noritsugu, Kousaka Hiroyuki, Kawara Shingo

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   109 巻   頁: 48 - 57   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    The aim of this study is to clarify the wear mechanism of hydrogenated diamond-like carbon (HDLC) coating in high temperature and pressurized water. A new reciprocating autoclave wear tester was developed to conduct the wear test between DLC coated pins against SUS316 plate in high temperature and pressurized water. The results showed that the wear of HDLC in water was greatly influenced by water temperature from 23 °C to 300 °C and dissolved oxygen concentration (DO) from 0.73 mg O/L to 47.5 mg O/L (mg O/L:milligrams oxygen per liter) in water. On the other hand, water pressure in the chamber did not have significant effect on the wear of HDLC when pressure was increased from 10 MPa to 30 MPa at 300 °C. Based on surface analysis by XPS, AFM nano scratch, Raman spectroscopy, and AES on the top most surface of the wear scar of HDLC, softening and oxidation of top layer of wear scar of HDLC was found to be the mechanisms of high wear of HDLC in high temperature and pressurized water. The transformation of sp3 to sp2 at higher water temperature is believed to be responsible for the reduced hardness of the top most surface of HDLC. Oxidation also provided softening of top layer of HDLC at higher DO in water.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2016.12.010

    Web of Science

    Scopus

  110. Microscopic origin of ultra-low friction coefficient between the wear track formed on carbon nitride coating and transfer layer on sliding ball in friction tests under dry N-2

    Inoue Hiroshi, Muto Shunsuke, Arai Shigeo, Wasada Hiroaki, Umehara Noritsugu

    SURFACE & COATINGS TECHNOLOGY   313 巻   頁: 31 - 39   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Surface and Coatings Technology  

    Carbon nitride (CNx) coatings have been found to exhibit an ultra-low friction coefficient (less than 0.01) after repeated sliding against a silicon nitride (Si3N4) ball in a dry nitrogen gas (N2) atmosphere. However, the mechanism for this has not yet been fully elucidated with respect to analyzing changes in the space structure of CNx. In the present study, we examined the microscopic structural changes in the near-surface structural transition layers of the wear track in the CNx coating and the transfer layer of the Si3N4 ball, using scanning transmission electron microscopy and electron energy-loss spectroscopy. We investigated the nitrogen concentration, density, and curvature of fragmented graphitic planes in the structural transition layers of both the CNx coating and the transfer layer of the Si3N4 ball by analyzing the plasmon peak and carbon K-edge. In addition, we theoretically examined the chemical bonding states of nitrogen doping in various model clusters using an ab initio molecular orbital method to clarify the role of nitrogen in the ultra-low friction behavior. The mechanism behind the ultra-low friction behavior is explained by nano-graphitization of the fragmented carbon structure with optimal nitrogen concentration passivating the contacting counter surfaces of the coating and ball formed during sliding.

    DOI: 10.1016/j.surfcoat.2017.01.048

    Web of Science

    Scopus

  111. The effects of temperature, pressure and dissolved oxygen concentration (DO) in water on the wear of the hydrogenated diamond-like carbon (HDLC) at high temperature and pressurized water 査読有り

    Mohd Rody Bin Mohamad Zin, Yuji Yagi, Keiji Sasaki, Naruhiko Inayoshi,Takayuki Tokoroyama, Noritsugu Umehara, Hiroyuki Kousaka, Shingo Kawara

    Tribology International   109 巻   頁: 48-57   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Effect of Electric Field on Adhesion of Thermoplastic Resin against Steel Plate, 査読有り

    M. Murashima, N. Umehara, H. Kousaka, X. Deng

    Tribology Online   12 巻 ( 2 ) 頁: 42-48   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Microscopic origin of ultra-low friction coefficient between the wear track formed on carbon nitride coating and transfer layer on sliding ball in friction tests under dry N2. 査読有り

    H. Inoue, S. Muto, S. Arai, H. Wasada, and N. Umehara

    Surface Coatings & Technology   313 巻   頁: 31-39   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. 種々の温度下におけるa-C:H膜の摩耗特性に及ぼすセラミックス相手材の影響 査読有り

    山之内卓弥、鄧 興瑞、田中幸雄、梅原徳次、上坂裕之

    トライボロジスト   62 巻 ( 1 ) 頁: 52-58   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. Tribological properties of ta-CNx coatings with different nitrogen content under oil lubrication conditions 査読有り

    X. Deng, T. Hattori, N. Umehara, H. Kousaka, K. Manabe, K. Hayashi

    Thin Solid Films   616 巻   頁: 134-140   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  116. Clarification of effect of transformed layer and oil film on low friction coefficient of CNx coating in PAO oil lubrication by in-situ observation of friction area with reflectance spectroscopy 査読有り

    H. Nishimura, N. Umehara, H. Kousaka, M. Murashima

    Tribology International   113 巻   頁: 383-388   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  117. Clarification of high wear resistance mechanism of ta-CNx coating in poly alpha-olefin (PAO) lubrication 査読有り

    X. Liu, R. Yamaguchi, N. Umehara, H.Kousaka, M. Murashima

    Tribology International   105 巻   頁: 193-200   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  118. Depth Profile of Oxygen of Diamond-Like Carbon Sliding Under Pressurized Hot Water 査読有り

    M. R. B. Mohamad Zin, K. Okuno, N. Umehara, N. Inayoshi, K. Sasaki, S. Kawara,H. Kousaka

    Tribology Online   12 巻 ( 1 ) 頁: 8-17   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  119. Tribological properties of ta-CNx coatings with different nitrogen content under oil lubrication conditions

    Deng Xingrui, Hattori Takafumi, Umehara Noritsugu, Kousaka Hiroyuki, Manabe Kazuyoshi, Hayashi Keiji

    THIN SOLID FILMS   621 巻   頁: 12 - 18   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Thin Solid Films  

    Carbon nitride (CNx) coatings exhibit a wide range of attractive properties that make them suitable for demanding mechanical and tribological applications. In this study, an ion beam assisted filtered arc deposition (IBA-FAD) method has been developed for the deposition of tetrahedral amorphous carbon nitride (ta-CNx) coatings. The ta-CNx coatings with various nitrogen contents were deposited by controlling the nitrogen flow to investigate the effects of nitrogen content on their tribological behavior. The composition and structure of the ta-CNx coatings were evaluated using X-ray photoelectron spectroscopy (XPS) and Raman spectroscopy. The tribological properties were examined using a ball-on-disk tribo-tester under oil lubrication condition. The results showed that nitrogen contents of ta-CNx coatings were restricted to the range of 0–11 at.% by nitrogen ion density. The hardness decreased with an increase in the nitrogen content as nitrogen decreased the fraction of sp3 carbon in the coatings. The ta-CNx coatings exhibit low friction under oil lubrication and the maximum value was obtained for samples containing 8 at.% of nitrogen. ta-CNx with 8–11 at.% of nitrogen exhibited markedly low wear rate.

    DOI: 10.1016/j.tsf.2016.11.025

    Web of Science

    Scopus

  120. Clarification of high wear resistance mechanism of ta-CNx coating under poly alpha-olefin (PAO) lubrication 査読有り

    Liu Xiaoxu, Yamaguchi Ryo, Umehara Noritsugu, Deng Xingrui, Kousaka Hiroyuki, Murashima Motoyuki

    TRIBOLOGY INTERNATIONAL   105 巻   頁: 193 - 200   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tribology International  

    Tetrahedral amorphous carbon nitride (ta-CNx) is suitable for tribological application due to its excellent mechanical and adhesion properties. In this study, ta-CNx coatings with N/C ratios (0–11%) are deposited by ion beam assisted filtered arc deposition (IBA-FAD), and the tribological properties are investigated with a ball-on-disk tribo-tester. The results show that nitrogen doping decreases the fraction of sp3 bonding, hardness, Young's modulus and roughness. In oil ta-CNx presents slightly decreasing friction coefficient and improving wear resistance with the N/C ratio, indicating softer ta-CNx with better wear resistance. The lower surface roughness after friction of high nitrogen content ta-CNx makes it more likely to transit to mixed lubrication, resulting in lower contact load that can explain the better wear resistance.

    DOI: 10.1016/j.triboint.2016.10.016

    Web of Science

    Scopus

  121. Effect of temperature and counterpart material on the wear behavior of ta-CNx coating in base-oil 査読有り

    Liu Xiaoxu, Umehara Noritsugu, Tokoroyama Takayuki, Murashima Motoyuki

    PROCEEDINGS OF SAKURA SYMPOSIUM ON MECHANICAL SCIENCE AND ENGINEERING 2017     頁: 22-25   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  122. THE EFFECT OF FIBER MATERIAL ON FRICTIONAL BEHAVIOR OF LOOPED FIBER BRUSH

    Murashima Motoyuki, Kohno Eishun, Umehara Noritsugu, Kitamura Tomoki, Nakao Taichi

    PROCEEDINGS OF THE 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MECHANICS AND MATERIALS IN DESIGN (M2D2017)     頁: 1379-1380   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  123. EFFECTS OF CERAMIC COUNTERPART MATERIALON FRICTION AND WEAR PROPERTIES OF a-C:H COATING AT HIGH TEMPERATURE

    Umehara Noritsugu, Yamanouchi Takuya

    PROCEEDINGS OF THE 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MECHANICS AND MATERIALS IN DESIGN (M2D2017)     頁: 1357-1358   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  124. WEAR REDUCTION WITH INNER STRUCTURE MADE BY 3D PRINTER

    Murashima Motoyuki, Kawaguchi Masato, Tanaka Masaya, Umehara Noritsugu, Nemoto Kouki, Okuno Kiichi

    PROCEEDINGS OF THE 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MECHANICS AND MATERIALS IN DESIGN (M2D2017)     頁: 1381-1384   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  125. プラズマ・イオンプロセスによる薄膜の製造とトライボロジー

    上坂 裕之, 梅原 徳次

    精密工学会誌   83 巻 ( 4 ) 頁: 319 - 324   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 精密工学会  

    DOI: 10.2493/jjspe.83.319

    CiNii Research

  126. トライボロジーの未来と工学教育

    梅原 徳次

    トライボロジスト   62 巻 ( 10 ) 頁: 609 - 609   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    DOI: 10.18914/tribologist.62.10_609

    CiNii Research

  127. ADJUSTING THE LEVEL OF ENGINEERING EDUCATION IN JAPAN THROUGH INTERNATIONAL CONNECTIONS

    Umehara Noritsugu

    PROCEEDINGS OF THE 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MECHANICS AND MATERIALS IN DESIGN (M2D2017)     頁: 15-16   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  128. ループ型カーボンファイバーブラシによる低起動トルク軸受の高負荷容量化

    後藤 康明, 梅原 徳次, 村島 基之, 上坂 裕之

    年次大会   2017 巻 ( 0 ) 頁: S1110103   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/jsmemecj.2017.s1110103

    CiNii Research

  129. 名古屋大学 先端材料・創製工学講座 梅原研究室

    梅原 徳次

    トライボロジスト   60 巻 ( 7 ) 頁: 433 - 434   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    DOI: 10.18914/tribologist.60.07_433

    CiNii Research

  130. 固体潤滑シートを用いたチタン合金の穴あけ加工におけるバリ高さに及ぼすドリル表面テクスチャリングの影響

    大山 慎太郎, 梅原 徳次, 上坂 裕之, 鄧 興瑞, 村島 基之, 堀江 茂, 松山 洋介

    日本機械学会論文集   83 巻 ( 849 ) 頁: 16-00378 - 16-00378   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/transjsme.16-00378

    CiNii Research

  131. Analysis of Wear Track on DLC Coatings after Sliding with MoDTC-Containing Lubricants 査読有り

    Ohara Kenji, Hanyuda Kiyoshi, Kawamura Yasushi, Omura Kentaro, Kameda Imari, Umehara Noritsugu, Kousaka Hiroyuki

    TRIBOLOGY ONLINE   12 巻 ( 3 ) 頁: 110 - 116   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2474/trol.12.110

    Web of Science

  132. Friction and Wear Properties of Tetrahedral Si-Containing Hydrogenated Diamond-Like Carbon Coating under Lubricated Condition with Engine-Oil Containing ZnDTP and MoDTC

    Komori Kentaro, Umehara Noritsugu

    TRIBOLOGY ONLINE   12 巻 ( 3 ) 頁: 123 - 134   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    In this study, we investigated tribological properties of “tetrahedral” Si-containing hydrogenated DLC coating (TMS coating) during sliding against steel or cast-iron lubricated with engine-oil containing MoDTC and ZnDTP additives. TMS coatings derived from only tetramethylsilane were prepared using PACVD with high-bias process. TMS coating had the highly carbon sp3 bonded structure induced by Si (over 20 at.%) with high hydrogen content (30 at.%). TOF-SIMS analysis showed that TMS coating could form the additive-derived tribofilm on both of the non-ferrous coating surface and the ferrous counter surface to promote Mo-sulfide formation effectively, leading a low friction coefficient. The tribo-chemical reactions were related not only to Mo-sulfides formation, but also reduction of Mo-oxides. Mo-oxides could react with DLC material and induce hydrogen evolution and transformation into further weak carbon structure, causing an increasing wear of hydrogenated DLCs. TMS coating showed no significant wear in spite of plenty hydrogen content. Si induced sp3 bond and could act so as not to induce clustering of the sp2 phase. This could inhibit increasing wear of the DLC in the presence of MoDTC. The effectiveness of TMS coating in friction and wear behavior was shown to depend on tribo-chemical reactions and transformation of carbon bond structure.

    DOI: 10.2474/trol.12.123

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  133. ループ型カーボンファイバーブラシによる軽量・低起動トルクすべり軸受の提案

    志鷹 拓哉, 村島 基之, 梅原 徳次, 月山 陽介, 新田 勇, 上坂 裕之, 鄧 興瑞

    日本機械学会論文集   83 巻 ( 854 ) 頁: 17-00252 - 17-00252   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    DOI: 10.1299/transjsme.17-00252

    CiNii Research

  134. Depth Profile of Oxygen of Diamond-Like Carbon Sliding under Pressurized Hot Water

    Zin Mohd Rody Bin Mohamad, Okuno Kiichi, Sasaki Keiji, Inayoshi Naruhiko, Umehara Noritsugu, Kousaka Hiroyuki, Kawara Shingo

    TRIBOLOGY ONLINE   12 巻 ( 1 ) 頁: 8 - 17   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    The wear mechanism of diamond-like carbon (DLC) in hot, pressurized water has been studied by the oxygen depth profile of DLC films pre and post a sliding test. The sliding test between DLC films coated on chromium molybdenum steel (JIS SCM420) pins and austenitic stainless steel (JIS SUS316) plates was conducted in a water environment by using high temperatures of 100, 200, 250 and 300°C and a high-pressured (10 MPa) autoclave friction tester. The dissolved oxygen concentration (DO) was 0.52 mg/L for oxygen-poor water and 40 mg/L for oxygen-rich water. The experimental results showed that the specific wear rate of DLC was strongly related to the water temperature and the DO concentration. The specific wear rate in both cases of oxygen-poor and oxygen-rich water showed a temperature dependency. When the temperature was below 200°C, the specific wear rate of DLC did not depend on the DO concentration. On the other hand, when the water temperature was more than 200°C, the specific wear rate drastically increased with the DO concentration. In order to prove the effect of oxidation on the wear rate of DLC, the depth profile of the oxygen concentration was compared to that of the carbon concentration on the inside and outside of the wear scar of DLC after sliding tests in hot, pressurized water. When the concentration of DO in the water was low at 0.52 mg/L, the O/C ratio was not affected by the water temperature. On the other hand, when the concentration of DO in water was high at 40 mg/L, the O/C ratio of the top surface increased from 0.05 to 0.18 with an increase in the water temperature on the inside of the wear scar of DLC, where the O/C ratio on the inside of the wear scar was higher than that on the outside of the scar. On the basis of the estimated rate of reaction between DLC and oxygen, determined from a linear relationship between ln (Oxidation wear volume) and the inverse temperature, it was concluded that the oxidation of DLC governed the wear of DLC in hot, pressurized water. Friction was found to enhance the oxidation wear of DLC from the estimated activation energy.

    DOI: 10.2474/trol.12.8

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  135. Effect of Electric Field on Adhesion of Thermoplastic Resin against Steel Plate

    Murashima Motoyuki, Umehara Noritsugu, Kousaka Hiroyuki, Deng Xingrui

    TRIBOLOGY ONLINE   12 巻 ( 2 ) 頁: 42 - 48   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    This work shows new method which controls adhesion strength between acrylic resin and metal mold with electric field. Usage of electric field is considered as a new solution to control adhesion of thermoplastic resin in Carbon-Fiber-Reinforced ThermoPlastic (thermoplastic CFRP) stamping process because this method can prevent CFRP from its degradation. In this work, we establish new adhesion tester which can apply Direct Current (DC) or Alternating Current (AC) field on metal specimens. In the results, when DC -12 V/mm is imposed on metal specimens, adhesion strength increases to 0.81 MPa which is 57% higher than that of no field condition. Negative component of surface energy after imposing DC -12 V/mm on metal specimens is 7.6 mJ/m2. This value is 56% smaller than that of no field condition. When AC electric fields is imposed, adhesion strength decreases from no electric field condition. The most effective AC field condition is AC 10 V/mm with 1 MHz, in which case adhesion strength is 0.29 MPa. This value is 44% lower than that of no field condition.

    DOI: 10.2474/trol.12.42

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  136. 分離形熱サイフォンを用いた血液凝固付着抑制電気メスの開発

    野老山 貴行, 大須賀 未都, 梅原 徳次

    日本機械学会論文集   83 巻 ( 845 ) 頁: 16-00123 - 16-00123   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    <p>Radio knives are common tools in surgery. The adhesion of the tip of a radio knife to the human body through the coagulation of blood is a severe problem. A solution to this problem, suggested by other authors, is to cool the tip of the radio knife. However, introducing a cooling system, such as circulating water inside the tip with a pump, requires additional wires and pipes and may also distract the surgeons. To overcome these issues, we consider the possibility of embedding a separate type thermosyphon to cool the radio knife tip without any additional wires and pipes. The important parameters are the tip length, tip diameter, inner tip diameter, enclosure ratio of the working fluid, and grip length. First, to clarify the heat-transport possibilities, the top of the tip of a separate type thermosyphon radio knife was heated by a ceramic heater; this was done to measure the temperature difference between the radio knife tip surface and a heat release part. Second, suitable values for the tip length, diameter and other important parameters were considered. It was concluded that the highest cooling efficiency is obtained when the heating area is limited between 200 and 250 mm<sup>2</sup> of the knife tip surface area. The inner pipe was indispensable to transport generated heat from the tip to the radio knife end. Consequently, it was revealed that the effective diameter of inner pipe was 0.48 mm in this research. To simulate the conventional surgery situations, the radio knife tip was immersed to blood and applied voltage to generate heat at the tip. It demonstrated 45.9 degree C at the maximum temperature while it was activated. Furthermore, the coagulation at the peripheral of the tip was observed, accordingly, the separate type thermosyphon radio knife exhibited a stop bleeding ability.</p>

    DOI: 10.1299/transjsme.16-00123

    CiNii Research

  137. 反射分光法によるカーボン系硬質膜の摩擦面構造変化層のその場評価装置

    西村 英典, 上坂 裕之, 梅原 徳次

    トライボロジスト   62 巻 ( 7 ) 頁: 461 - 464   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本トライボロジー学会  

    DOI: 10.18914/tribologist.62.07_461

    CiNii Research

  138. Effect of Carbon Diffusion on Friction and Wear Properties of Diamond-Like Carbon in Boundary Oil Lubrication 査読有り

    K. A. M. ABOUA, N. UMEHARA, H. KOUSAKA, X. Deng, H. A. TASDEMIR, Y. MABUCHI, T. HIGUCHI, M. KAWAGUCHI

    Tribology International   103 巻   頁: 388-393   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  139. 往復式及び回転式シェーバーによる人工毛切断挙動観察 査読有り

    野老山貴行,中西直哉,梅原徳次

    日本機械学会論文集   82 巻 ( 844 )   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.16-00187

  140. Tribological Properties of High Hardness ta-CNx Coatings Deposited by Filtered Arc Deposition with Block-on-Ring Tribotester

    T. Hattori, N. Umehara, H. Kousaka, X. Deng, K. Manabe, K. Hayashi

    Procedia Manufacturing   5 巻   頁: 1224-1233   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  141. Structure analysis of topmost layer of CNx after repeated sliding using scanning transmission electron microscopy electron energy-loss spectroscopy 査読有り

    H. Inoue, S. Muto, X. Deng, S. Arai, N. Umehara

    Thin Solid Films   616 巻   頁: 134-140   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Mechanical and electrical properties of micron-thick nitrogendoped tetrahedral amorphous carbon coatings 査読有り

    Y.-J. Jang, Y.-J. Kang, K. Kitazume, N. Umehara, J.-K. Kim

    Diamond and Related Materials     2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diamond

  143. Ultra-low friction properties of carbon nitride tantalum coatings in the atmosphere 査読有り

    T.Tokoroyama, T. Hattori, N. Umehara, H. Kousaka, K. Manabe, M. Kishi, Y. Fuwa

    Tribology International   103 巻   頁: 388-393   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  144. Effect of Nano-Texturing on Adhesion of Thermoplastic Resin against Textured Steel Plate 査読有り

    M. Murashima, N. Umehara, H. Kousaka

    Tribology Online   11 巻 ( 3 ) 頁: 159-167   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  145. The Clarification of Low Friction Mechanism for Hydrogenated Amorphous Carbon by In-situ Observation of Frictional Area 査読有り

    H. Nishimura, N. Umehara, H. Kousaka, X. Deng

    Tribology Online   11 巻 ( 2 ) 頁: 341-347   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  146. Clarification of relationship between friction coefficient and transformed layer of CNx coating by in-situ spectroscopic analysis 査読有り

    H. Nishimura, N. Umehara, H. Kousaka, T. Tokoroyama

    Tribology International   93 巻   頁: 102-112   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  147. 固体潤滑シートによるチタン合金板の穴あけ加工におけるバリ発生の抑制 査読有り

    川崎 貴之, 梅原 徳次, 上坂 裕之, 野老山 貴行, 堀江 茂, 松山 洋介

    日本機械学会論文集   81 巻 ( 831 ) 頁: 15-00247   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. 熱可塑性樹脂の金属に対する付着に及ぼす金属表面温度の影響 査読有り

    村島基之、梅原 徳次、上坂裕之、野老山貴行

    日本機械学会論文集   81 巻 ( 822 ) 頁: 14-00098   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. Effect of surface morphology of diamond-likecarbon coating on friction, wear behavior and tribo-chemical reactions under engine-oil lubricated condition 査読有り

    Kentaro Komori and Noritsugu Umehara

    Tribology International   84 巻   頁: 100-109   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  150. The effect of oil temperature and additive concentration on the wear of non-hydrogenated DLC coating 査読有り

    H. Abdullah Tasdemir, Masaharu Wakayama, TakayukiTokoroyama, Hiroyuki Kousaka , Noritsugu Umehara, Yutaka Mabuchi, Tsuyoshi Higuchi

    TribologyInternational   77 巻   頁: 65-71   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. Deposition and tribological behaviors of ternary BCN coatings at elevated temperatures 査読有り

    Xingrui Deng, Hiroyuki Kousaka, Takayuki Tokoroyama, Noritsugu Umehara

    Surface Coatings & Technology   259 巻   頁: 2-6   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. プラズマCVD 法により作製したSi-CNxHy 膜の油中摩擦特性 査読有り

    北爪一孝、上坂裕之、野老山貴行、梅原徳次、不破良雄、眞鍋和幹

    日本機械学会論文集   80 巻 ( 820 ) 頁: 14-00346   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  153. PTFEの親水化とブラシ化処理の水潤滑下耐焼付き性に及ぼす影響 査読有り

    河原 真吾, 梅原 徳次, 野老山 貴行, 鈴木 雅裕, 齊藤 利幸, 新井 大和

    日本機械学会論文集   80 巻 ( 816 ) 頁: 14-00048   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  154. 潤滑油中におけるDLC 膜同士の摩擦により発生した摩耗粒子の分析手法 査読有り

    大原 健司,野老山 貴行,上坂 裕之,梅原 徳次

    トライボロジスト   59 巻 ( 7 ) 頁: 429-436   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  155. 高摩擦・低相手攻撃性アブレシブ形状及びディスク材の提案(アブレシブ摩耗における摩耗度に及ぼすアブレシブの開き角及びディスク材の単位体積当たりの破断エネルギの影響) 査読有り

    炭竈 美穂,梅原 徳次,野老山 貴行,上坂 裕之

    日本機械学会論文集   80 巻 ( 815 ) 頁: SMM0182   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.2014smm0182

  156. Influence of zinc dialkyldithiophosphate tribofilm formation on thetribologicalperformance of self-mated diamond-like carbon contacts under boundary lubrication 査読有り

    H. Abdullah Tasdemir, Takayuki Tokoroyama, Hiroyuki Kousaka, Noritsugu Umehara, Yutaka Mabuchi

    Thin Solid Films   562 巻   頁: 389-397   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 20140601

  157. Effect of tetramethylsilane flow on the deposition and tribological behaviors of silicon doped Diamond-like carbon rubbed against polyoxymethylene 査読有り

    Xingrui Deng, Yankuang Lim, Hiroyuki Kousaka, Takayuki Tokoroyama and Noritsugu Umehara

    Jpn. J. Appl. Phys.   52 巻   頁: 11NA01   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. 高摩擦・低相手攻撃性アブレシブ形状及びディスク材の提案(アブレシブ摩耗における摩擦係数と相手材の摩耗度に及ぼすアブレシブの開き角の影響) 査読有り

    炭竈 美穂,梅原 徳次,野老山 貴行,上坂 裕之

    日本機械学会論文集   80 巻 ( 811 ) 頁: SMM0038   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1299/transjsme.2014smm0038

  159. Tribological behaviors of tetrahedral amorphous carbon (ta-C) coatings at elevated temperature 査読有り

    Xingrui Deng, Hiroyuki Kousaka, Takayuki Tokoroyama, Noritsugu Umehara

    Tribology International   75 巻   頁: 98-103   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  160. Study on effects of Ph12SQ on the thermal stability and mechanical properties of high temperature vulcanized (HTV) silicone rubber 査読有り

    Mitra Khiabani Moghadam, Jalil Morshedian, Morteza Ehsani, Richard Laine, Lim Yan Kuang, Noritsugu Umehara

    IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation   21 巻 ( 1 ) 頁: 244-252   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  161. Influence of carbon black in engine oil on wea rof H-free diamond-like carbon coatings 査読有り

    Y.Mabuchi, T.Higuchi, D.Yoshimura, M.Murashima, H.Kousaka, N.Umehara

    Tribology International   73 巻   頁: 138-147   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  162. Axial uniformity of diamond-like carbon film deposited on metal rod by using microwave sheath voltage combination plasma 査読有り

    Xingrui Deng, Yasuyuki Takaoka, Hiroyuki Kousaka, Noritsugu Umehara

    Surface and Coatings Technology   238 巻 ( 15 ) 頁: 80-86   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  163. Effect of Plasma-On Time on the Axial Distribution of Film Thickness in Internal Diamond-Like Carbon Coating with Microwave-Excited High-Density Plasma 査読有り

    Ryosuke Matsui, Hiroyuki Kousaka, and Noritsugu Umehara

    Jpn. J. Appl. Phys.   52 巻   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 11NA01

  164. Wear behavior of tetrahedral amorphous diamond-like carbon (ta-C DLC) in additive containing lubricants 査読有り

    H. Abdullah Tasdemir, Masaharu Wakayama, Takayuki Tokoroyama,Hiroyuki Kousaka, Noritsugu Umehara, Yutaka Mabuchi, Tsuyoshi Higuchi

    Wear   307 巻   頁: 1-9   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  165. 模擬摩耗粒子混入油潤滑下におけるCNx 膜の摩擦に及ぼすテクスチャリングの影響 査読有り

    野老山 貴行,金子 知世,月山 陽介, 梅原 徳次,佐藤 徹也,鈴木 正

    日本機械学会論文集(C編)   79 巻 ( 806 ) 頁: 3895-3903   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. Hardness effect of DLC on tribological properties for sliding bearing under boundary lubrication condition in additive-free mineral base oil 査読有り

    Nor Azmmi Bin Masripan, Kenji Ohara, Noritsugu Umehara, Hiroyuki Kousaka, Takayuki Tokoroyama, Shigeru Inami, Koji Zushi, Masahito Fujita

    Tribology International   65 巻   頁: 2265-2269   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  167. Ultra-low friction of tetrahedral amorphous diamond-like carbon (ta-C DLC) under boundary lubrication in poly alpha-olefin (PAO) with additives 査読有り

    H. Abdullah Tasdemir, Masaharu Wakayama, Takayuki Tokoroyama,Hiroyuki Kousaka, Noritsugu Umehara, Yutaka Mabuchi, Tsuyoshi Higuchi

    Tribology International   65 巻   頁: 286-294   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  168. Evaluation of the transformed layer of DLC coatings after sliding in oil using spectroscopic reflectometry 査読有り

    Kenji Ohara, Nor Azmmi Bin Masripan, Noritsugu Umehara, Hiroyuki Kousaka , Takayuki Tokoroyama, Shigeru Inami, Koji Zushi, Masahito Fujita

    Tribology International   65 巻   頁: 2265-2269   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. Wear analysis of hydrogen-free diamond-like carbon coatings under a lubricated condition 査読有り

    Y. Mabuchi, T.Higuchi, Y.Inagaki, H.Kousaka, N.Umehara

    Wear   298-299 巻   頁: 48-56.   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  170. Internal DLC coating of narrow metal tubes using high-density near plasma sustained by microwaves propagating along plasma-sheath interfaces 査読有り

    H. Kousaka, K. Mori, N. Umehara, N. Tamura, and T. Shindo

      229 巻 ( 25 ) 頁: 65-70   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  171. 加熱冷却過程におけるDLC膜のはく離発生メカニズムの解明 査読有り

    三宮大輝,上坂裕之,梅原徳次,野老山貴行

    日本機械学会論文集(C編)   79 巻 ( 799 ) 頁: 858-865   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  172. シリコーンオイルフリー注射器実現のための光化学フッ素化処理ガスケットの最適化 査読有り

    小椋東吾,宇佐美恵祐,上坂裕之,梅原徳次,野老山貴行

    日本機械学会論文集(C編)   79 巻 ( 803 ) 頁: 2506-2516   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. カーボンナノチューブの押込みにおけるヒステリシス発生メカニズムの解明 査読有り

    若山 幹晴,月山陽介,野老山貴行,上坂裕之,梅原徳次

    日本機械学会論文集(C編)   79 巻 ( 801 ) 頁: 日本機械学会論文集(C編)   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  174. カーボンファイバーの摩擦特性に及ぼすプラズマ照射の影響 査読有り

    三宮 大輝,梅原徳次,野老山貴行,上坂裕之

    カーボンファイバーの摩擦特性に及ぼすプラズマ照射の影響   79 巻 ( 801 ) 頁: 1827-1836   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  175. Wear analysis of hydrogen-free diamond-like carbon coatings under a lubricated condition 査読有り

    Y. Mabuchi, T.Higuchi, Y.Inagaki, H.Kousaka, N.Umehara

      298-299 巻   頁: 48-56   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  176. 炭化ケイ素基板研磨のための電界砥粒分布制御研磨法に関する研究 –電界による研磨率向上メカニズムの検討- 査読有り

    久住孝幸,佐藤安弘,池田 洋,赤上陽一,梅原徳次

    精密工学会誌   79 巻 ( 1 ) 頁: 87-92   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  177. Surface Modification of Surface Wave-Excited Plasma Treated Chloride-Isobutene Rubber for Adhesion Reduction 査読有り

    J-H. Kim, H. Kousaka, N. Umehara, M. Shimada, and M. Hasegawa

    Journal of Materials and Manufacturing Processes   27 巻 ( 11 ) 頁: 1257-1261   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  178. Observation of Source Gas Depletion in Narrow Metal Tube During Internal Diamond-Like Carbon Coating with Microwaves 査読有り

    R. Matsui, K. Mori, H. Kousaka, and N. Umehara

    Diamond and Related Materials   31 巻   頁: 72-82   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. Investigation of Affecting factors on the Hardness of Fluorine-Containing Amorphous Carbon Film Coated by Pulsed-Plasma Ablation 査読有り

    Shingo Kawara, Eri Hamajima, Hiroyuki Koizumi, Hiroyuki Kousaka, Kazuhiko Yamada, Noritsugu Umehara and Yoshihiko Arakawa

      40 巻 ( 7 ) 頁: 1820-1828   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  180. Tribological Characteristics on the Helical Gear in Cold Forging Mold 査読有り

    Won Sik Choi, Jea Hwan Son, Inh Lee, Eun Young Jin, Ju Ri Kwon, Young Moon Lee, Noritsugu Umehara

    Materials Science Forum Vols. 704-705 (2012) pp 277-283   704-705 巻   頁: 277-283   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. Influence of UV irradiation in low frictional performance of CNx coatings 査読有り

    LUBRICATION SCIENCE, Vol.24, No.3, (2012-4), pp.129-139.   24 巻 ( 3 ) 頁: 129-139   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  182. 加振式及び冷却式血液凝固付着抑制電気メスの開発 査読有り

    中島悠也,野老山貴行,梅原徳次,赤上陽一

    日本機械学会論文集(C編),78, 786(2012-2),pp.605-614.   78 巻 ( 786 ) 頁: 605-614   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  183. Deformation and wear map of DLC coating under cyclic impacts 査読有り

    Mohd Fadzli Bin Abdollah, Yuto Yamaguchi, Tsuyoshi Akao, Naruhiko Inayoshi, Nobuyuki MIYAMOTO, Takayuki Tokoroyama,Noritsugu Umehara

    Wear,Vol.274-275,No.27, (2012-2), pp.435-441.   274-275 巻 ( 27 ) 頁: 435-441   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  184. イオンビームミキシング法によるCNx膜の摩擦特性と密着性に及ぼす中間層の影響 査読有り

    若山幹晴,月山陽介,野老山貴行,梅原徳次,Wang Mei,戸井原正臣

    日本機械学会論文集(C編),77, 781(2011-9),pp.3502-3510.   77 巻 ( 781 ) 頁: 3502-3510   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  185. 材料充填した微小溝の付与による電気メスチップの焦げ付き抑制 査読有り

    中島悠也,野老山貴行,梅原徳次,赤上陽一

    日本機械学会論文集(C編),77, 779(2011-7),pp.2916-2921.   77 巻 ( 779 ) 頁: 2916-2921   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  186. CNx膜の摩擦面その場観察手法を用いたトライボマイクロプラズマの観察と移着膜形成が摩擦係数に及ぼす影響 査読有り

    宮平裕生,野老山貴行,梅原徳次,不破良雄

    トライボロジスト,56,6(2011-6)pp.378-384.   56 巻 ( 6 ) 頁: 378-384   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  187. The Effect of Maximum Normal Impact Load, Absorbed Energy, and Contact Impulse, on the Impact Crater Volume/Depth of DLC Coating 査読有り

    Mohd Fadzli Bin Abdollah, Yuto Yamaguchi, Tsuyoshi Akao, Naruhiko Inayoshi, Takayuki Tokoroyama, Noritsugu Umehara

    Tribology Online, Vol.6, 6(2011), pp.257-264.   6 巻 ( 6 ) 頁: 257-264   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  188. ダイヤモンドライクカーボン膜の潤滑中摩擦係数に及ぼす紫外線照射の影響 査読有り

    野老山貴行,羽田野拓也,梅原徳次,不破良雄

    トライボロジスト,56,4(2011-4)pp.256-263.   56 巻 ( 4 ) 頁: 256-263   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. CNx膜の硬さに及ぼす成膜時基板温度・窒素イオンビーム加速電圧・成膜速度の影響 査読有り

    野老山貴行,齋藤諒介,梅原徳次,不破良雄

    日本機械学会論文集(C編),77, 775(2011-3),pp.624-631.   77 巻 ( 775 ) 頁: 624-631   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. 窒素中で超低摩擦を発現する極表面層の機械的特性の評価 査読有り

    木村徳博,月山陽介,野老山貴行,梅原徳次

    日本機械学会論文集(C編),76, 772(2010-12),3794-3799.   76 巻 ( 772 ) 頁: 3794-3799   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  191. ダイヤモンドライクカーボン膜の大気中摩擦係数に及ぼす紫外線照射の影響 査読有り

    野老山貴行,羽田野拓也,梅原徳次,不破良雄

    日本機械学会論文集(C編),76, 771(2010-11),3166-3171.   76 巻 ( 771 ) 頁: 3166-3171   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  192. Phase transformation studies on the a-C coating under repetitive impacts 査読有り

    Mohd Fadzli Bin Abdollah, Yuto Yamaguchi, Tsuyoshi Akao, Naruhiko Inayoshi, Noritsugu Umehara,Takayuki Tokoroyama

    Surface & Coatings Technology   205 巻   頁: 625-631   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  193. 窒化炭素膜のトライボロジー特性に及ぼす紫外線照射の影響 査読有り

    野老山貴行,梅原徳次,神谷真人,不破良雄

    トライボロジスト,55,9(2010)659-665.   55 巻 ( 9 ) 頁: 659-665   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  194. 二酸化チタン含有ポリカーボネート基板へのイオンビーム照射によるDNA付着強度向上 査読有り

    出水康仁,梅原徳次,村岡幹夫,今井 潤,赤上陽一,神田慎吾

    日本機械学会論文集(C編)   76 巻 ( 768 )   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  195. Micro Texturing of Polycarbonate Plate with Ion Beam Irradiation and its Friction Properties in Water 査読有り

    Noritsugu Umehara, Yasuhito Demizu, Junichi Nishio and Takayuki Tokoroyama

    Key Engineering Materials   447-448 巻   頁: 576-678   2010年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  196. 繰り返し転動下におけるレール鋼円筒と平板の摩擦に及ぼす酸化物の影響の解明 査読有り

    棚垣貴光,梅原徳次,外山和弘,石田誠,金 鷹,神谷庄司

    日本機械学会論文集(C編)   76 巻 ( 764 ) 頁: 968-973   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  197. Nanoscale Friction Behaviors of Hierarchical Superhydrophobic Structute of Diamond Like Carbon Films with Various Humidity Conditions 査読有り

    Young-Jun JANG, Hiroyuki KOUSAKA, Noritsugu UMEHARA

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing   4 巻 ( 1 ) 頁: 336-343   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  198. 英語による留学生ものづくり実習プログラムの構築・実践・評価 査読有り

    千田進幸,山本浩治,立花一志,白木尚康,中木村雅史,梅原徳次

    工業教育   58 巻 ( 3 ) 頁: 38-43   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  199. The evaluation of fracture energy at the interface between grilled fish protein and metal 査読有り

    Naoko HONDA, Noritsugu UMEHARA, Takayuki TOKOROYAMA, Ryusei OHASHI and Akira HANAFUSA

    Tribology Online   5 巻 ( 1 ) 頁: 46-51   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. Reduction of adhesion between steel and grilled fish protein with Ultra-Hydrophobic DLC 査読有り

    Naoko HONDA, Makoto KAJIYA, Young-Jun JANG, Hiroyuki KOUSAKA, and Noritsugu UMEHARA

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing   4 巻 ( 1 ) 頁: 356-364   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. Effect of micro-scale Young's modulus and surface roughness on adhesion property to plasma-treated rubber surface 査読有り

    Jong-Hyoung Kim, Noritsugu Umehara, Hiroyuki Kousaka, Mamoru Shimada and Mitsuru Hasegawa

    Journal of Mechanical Science and Technology   24 巻   頁: 119-122   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. Reduction of adhesion force between chloride-isobutene rubber and stainless steel ball after oxygen plasma treatment 査読有り

    Jong-Hyoung Kim, Hiroyuki Kousaka, Noritsugu Umehara, Mamoru Shimada, Mitsuru Hasegawa

    Journal of Materials and Manufacturing Processes   4 巻 ( 1 ) 頁: 336-343   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  203. Nanowear characteristics of carbon nanotube film made by surface decomposition of SiC 査読有り

    Yosuke Tsukiyama, Noritsugu Umehara, Michiko Kusunoki

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing   4 巻 ( 1 ) 頁: 373-382   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  204. Development of functional surface by nano-plastic forming 査読有り

    Masahiko Yoshino, Noritsugu Umehara and Sivanandam Aravindan

    Wear   266 巻   頁: 581-584   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  205. Experimental and Numerical Simulation Study on Low-Surface Energy Slider with Thermal Flying-Height Control Function 査読有り

    Y. Shimizu, K. Ono, N. Umehara, and X. Junguo

    IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS, 45 (2009), 10, 2620-3623.   45 巻 ( 10 ) 頁: 2620-2623   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  206. *磁性流体を研磨液として用いた平面ラッピング 査読有り

    梅原徳次,青柳英樹,下村 彰

    日本機械学会論文集(C編)   75 巻 ( 757 ) 頁: 2423-2428   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    砥粒を含む磁性流体と垂直磁場を印加したガラスの平面ラッピング法を提案した。砥粒が均一に分散することで、磁場による平面度と表面あらさの著しい向上が見られた。

  207. *油潤滑下のすべり案内における摩擦係数の速度依存性に及ぼすマイクロパターンの影響 査読有り

    小津翔太郎,野老山貴行,是永 敦,佐々木信也,梅原徳次

    日本機械学会論文集(C編),75, 754(2009),1866-1871   75 巻 ( 754 ) 頁: 1866-1871   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    油潤滑下のすべり案内において、摩擦係数の速度依存性を減少させるために種々のマイクロパターンニングを付与し比較し、進行方向に対し45°傾いた溝が有効であることを理論と実験により実証した。

  208. *CNx膜の摩擦摩耗特性に及ぼすカーボンオーバーコートの影響 査読有り

    王 懐鵬,野老山貴行,梅原徳次,不破良雄

    日本機械学会論文集(C編)   75 巻 ( 754 ) 頁: 1859-1865   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CNx膜に数nmのカーボンオーバーコートをする事で摩擦の初期から低摩擦が実現可能であることを明らかにした。

  209. 炭素数18不飽和脂肪酸潤滑下における窒化炭素膜の超低摩擦発現 査読有り

    野老山貴行,梅原徳次,小川雄一郎,不破良雄

    トライボロジスト   54 巻 ( 6 ) 頁: 406-411   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  210. 潤滑油中におけるCNx膜の超低摩擦現象の発現 査読有り

    小河雄一郎,野老山貴行,梅原徳次,不破良雄

    日本機械学会論文集(C編)   75 巻 ( 752 ) 頁: 1088-1093   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  211. Tribological Characteristics in 40 um Dimple Pattern for Hexagonal Array 査読有り

    Won Sik Choi, Toung Hoon Chae and Noritsugu Umehara

    Journal of the KSTLE   25 巻 ( 1 ) 頁: 25-30   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  212. 大気中におけるCNx膜の摩擦摩耗特性の基板温度による制御 査読有り

    吉川雄也,野老山貴行,梅原徳次

    日本機械学会論文集(C編)   747 巻 ( 74 ) 頁: 2791-2796   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  213. 表面マイクロパターニングによるトライボロジー特性の改良 査読有り

    梅原徳次

    機械の研究,60,8(2008), 843-849   60 巻 ( 8 ) 頁: 843-849   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  214. *ゴムと鋼の付着特性の影響因子の解明と制御手法の提案 査読有り

    神谷友康,梅原徳次,中村研八

    日本機械学会論文集(C編   74 巻 ( 737 ) 頁: 192-197   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ゴムと鋼の付着に両面の表面エネルギーの極性基が重要であることを示し付着力減少のための鋼の表面処理の指針を明らかにした。更に、電圧印加による付着力の新低減方法を提案した。

  215. Relationship between Real Contact Area and Adhesion Force of Plasma-Treated Rubber Sheets Against Stainless-Steel Ball 査読有り

    Jong-Hyoung Kim, Isami Nitta, Noritsugu Umehara, Hiroyuki Kousaka, Mamoru Shimada and Mitsuru Hasegawa

    Tribology Online   3 巻 ( 7 ) 頁: 361-365   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  216. Wetting and Adhesion Behaviors of a-C:H Film Deposited on Nano-Scale Copper Dotted Surfaces 査読有り

    Young-Jun Jang and Norisugu Umehara

    Tribology Online   3 巻 ( 5 ) 頁: 294-297   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  217. Friction and Wear Characteristics of Composite Materials for Architectural Membrane 査読有り

    Friction and Wear Characteristics of Composite Materials for Architectural Membrane

    Tribology Online   3 巻 ( 7 ) 頁: 376-380   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  218. Strength at the Interface of CNT Films Made by Surface Decomposition of SiC 査読有り

    Yosuke Tsukiyama, Noritsugu Umehara and Michiko Kusunoki

    Tribology Online   3 巻 ( 7 ) 頁: 352-355   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  219. In Situ Analysis of the Tribochemical Reaction of CNx by FTIR 査読有り

    Shingo Kanda, Takayuki Tokoroyama, Noritsugu Umehara and Yoshio Fuwa

    Tribology Online   3 巻 ( 2 ) 頁: 100-104   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  220. Evaluating Shaver Sharpness by Measuring the Pulling Force on Artificial Hair 査読有り

    T. Tokoroyama, Norhaswira MOHD, Noritsugu UMEHARA

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, JSME   1 巻 ( 5 ) 頁: 661-668   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  221. MAGIC砥石製作過程の数値解析(球形粒子体積分率の粒子分布への応用) 査読有り

    井門康司,稲垣貴文,梅原徳次

    日本AEM学会誌   15 巻 ( 3 ) 頁: 341-347   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  222. 超微細塑性加工による単結晶純銅の結晶方位の変化 査読有り

    吉野雅彦,南 那由多,木村英彦,松村 隆,梅原徳次

    日本機械学会論文集(A編   73 巻 ( 733 ) 頁: 1052-1057   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  223. Tribology Properties Densely Packed Vertically Aligned Carbon Nanotube film on SiC Formed by Surface Decomposition 査読有り

    Koji Miyake, Michiko Kusunoki, Hatsuhiko Usami, Noritsugu Umehara and Shinya Sasaki

    Nano Letters   7 巻 ( 11 ) 頁: 3285-3289   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  224. ナノ構造を制御したカーボン系材料としてのフラーレン及びナノチューブのトライボロジー 招待有り 査読有り

    梅原徳次

    真空   50 巻 ( 2 ) 頁: 76-81   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  225. Growth and properties of hydrogen-free DLC films deposited by surface-wave-sustained plasma 査読有り

    Junqi Xu, Huiqing Fan, Hiroyuki Kousaka, Noritsugu Umehara, Dongfeng Diao and Weiguo Liu

    Diamond and Related Materials   16 巻 ( 1 ) 頁: 161-166   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  226. Hydrogen-free carbon thin films prepared by new type surface-wave-sustained plasma (SWP) 査読有り

    Junqi Xu, Huiqing Fan, Hiroyuki Kousaka, Noritsugu Umehara and Weiguo Liu

    Surface and Coatings Technology   201 巻 ( 15 ) 頁: 6631-6634   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  227. CNx膜とステンレス鋼の摩擦摩耗特性に及ぼす印加電圧の影響 査読有り

    山本崇寛、梅原徳次、不破良雄

    トライボロジスト   51 巻 ( 12 ) 頁: 900-905   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  228. Proposal for Die Polishing Using a New Bonding Abrasive Type Grinding Stone: Development of MAGIC Grinding Stone 査読有り

    S. Hagiwara, N. Kawashima, N. Umehara and I. Shibata

    Machining Science and Technology   4 巻   頁: 267-279   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  229. *A new apparatus for finishing large size/large batch silicon nitride (Si3N4) balls for hybrid bearing applications by magnetic float polishing (MFP) 査読有り

    N. Umehara, T. Kirtane, R. Gerlich, V.K. Jain and R. Komanduri

    International Journal of Machine Tools & Manufacture   46 巻   頁: 151-169   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  230. Air-bearing surface chemical modification for low-friction head–disk interface 査読有り

    Yuki Shimizu, Junguo Xu, Shozo Saegusa and Noritsugu Umehara

    Microsystem Technologies   1 巻   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  231. Development of electrically controlled polishing with dispersion type ER fluid under AC electric field 査読有り

    Yoichi Akagami and Noritsugu Umehara

    Wear   260 巻 ( 3 ) 頁: 345-350   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  232. Engineering surface and development of a new DNA micro array chip 査読有り

    Masahiko Yoshino, Takashi Matsumura, Noritsugu Umehara, Yoichi Akagami, Sivanandam Aravindan and Takenori Ohno

    Wear   260 巻 ( 3 ) 頁: 274-286   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  233. Extension of surface-wave-excited high-density plasma column sustained along graphite rod target 査読有り

    Hiroyuki Kousaka and Noritsugu Umehar

    Vacuum   80 巻 ( 7 ) 頁: 806-809   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  234. Computer simulation of structures and distributions of particles in MAGIC fluid 査読有り

    Yongsheng Zhu, Noritsugu Umehara, Yasushi Ido and Atsushi Sato

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials   302 巻 ( 1 ) 頁: 96-104   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  235. Pressure dependence of surface wave-excited plasma column sustained along metal rod antenna 査読有り

    Hiroyuki Kousaka, Junqi Xu and Noritsugu Umehara

    Vacuum   80 巻 ( 11-12 ) 頁: 1154-1160   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  236. Plasma properties of a new surface-wave-sustained plasma source under the conditions of depositing DLC films 査読有り

    Junqi Xu, Hiroyuki Kousaka, Noritsugu Umehara and Dongfeng Diao

    Surface and Coatings Technology   201 巻 ( 1-2 ) 頁: 408-412   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  237. 磁場・電場を用いた研磨の制御 招待有り 査読有り

    梅原徳次、赤上陽一

    トライボロジスト   51 巻 ( 7 ) 頁: 506-511   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  238. Microwave-Excited High-Density Plasma Column Sustained along Metal Rod at Negative Voltage 査読有り

    . Kousaka, K. Ono, N. Umehara and J. Xu

    Japanese Journal of Applied Physics   44 巻 ( 36 ) 頁: L1154-1157   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  239. CNx膜の摩擦特性に及ぼす雰囲気ガスの影響と超低摩擦実現のための酸素濃度限界 査読有り

    野老山貴行、中村隆、梅原徳次、冨田博嗣、竹之下雪徳

    トライボロジスト   50 巻 ( 9 ) 頁: 683-689   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  240. Generation of Long and High-Density Plasma Column Using Metal-Antenna Surface Wave-Excited Plasma Sourc 査読有り

    H. Kousaka, J. Xu and N. Umehara

    Japanese Journal of Applied Physics   44 巻 ( 33 ) 頁: L1052-1055   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  241. CNx膜(窒化炭素膜)軸受実用化のため応用研究 招待有り

    梅原徳次、野老山貴行、冨田博嗣

    潤滑経済   4 巻   頁: 16-20   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  242. 機能性表面創製技術とトライボロジー 招待有り 査読有り

    梅原徳次

    トライボロジスト   50 巻 ( 8 ) 頁: 572-577   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  243. CNx膜によるすべり軸受の低摩擦化 招待有り

    梅原徳次、野老山貴行、冨田博嗣

    月刊トライボロジー   8 巻   頁: 19-21   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  244. 摩耗研究から磁場援用研磨加工のビジネス化に向けて 招待有り 査読有り

    梅原徳次、芝田 勲

    トライボロジスト   49 巻 ( 2 ) 頁: 213-219   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  245. Friction, wear and N2-lubrication of carbon nitride coatings : a review 招待有り 査読有り

    K. Kato, N. Umehara, K. Adachi

    Wear   254 巻   頁: 1062-1069   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  246. 窒化炭素膜の極低摩擦現象に及ぼす相手面表面粗さと移着膜の影響 査読有り

    野老山貴行,梅原徳次,冨田博嗣,竹之下雪徳

    日本機械学会論文集(C編   69 巻 ( 686 ) 頁: 2824-2829   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  247. CNx(窒化炭素)による潤滑技術 招待有り

    梅原徳次

    潤滑経済   4 巻   頁: 11-16   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  248. CNx硬質皮膜の微視的損傷メカニズム 招待有り 査読有り

    梅原徳次

    トライボロジスト   48 巻 ( 10 )   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  249. MAGIC Polishing 査読有り

    N. Umehara

    Journal of Magnetisms and Magnetic Materials   252 巻   頁: 341-343   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  250. MAGIC砥石の特徴と可能性

    梅原徳次,萩原親作,芝田勲,川嶋徳道

    機械と工具   10 巻   頁: 2-10   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  251. 摩耗低減のためのコーティング膜の設計指針 招待有り

    梅原徳次

    NOK技術技報   10 巻   頁: 2-10   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  252. 金型研磨の進展とトライボロジー 招待有り

    清水友治,岩渕明,梅原徳次

    トライボロジスト   47 巻 ( 6 ) 頁: 436-442   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  253. Failure Modes of Carbon Nitride Coated Steel During Rolling Contact 査読有り

    Byung Young Choi, Koji Kato and Noritsugu Umehara

    J. of Kor. Instn. Met. and Mater.   39 巻 ( 9 ) 頁: 1016-1019   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  254. 均一に配列させたマイクロ多刃工具による仕上げ加工の可能性  -異方性エッチングによるマイクロ多刃工具からMAGIC砥石へ- 招待有り

    梅原徳次

    砥粒加工学会誌   45 巻 ( 6 ) 頁: 283-287   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  255. 磁場による砥粒制御と磁気配向性複合体によるエコ加工 招待有り

    梅原徳次

    フルイドパワーシステム   32 巻 ( 3 ) 頁: 414-418   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  256. イオンビームミキシング成膜法によるa-CNx膜のトライボロジー特性 招待有り

    梅原徳次

    月刊トライボロジー   8 巻   頁: 20-22   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  257. MAGIC 砥石の開発とその応用(第1報)   -磁場配列を利用した新しい砥石による研磨の原理と基本特性ー 査読有り

    梅原徳次,萩原親作,芝田勲,枝村一弥

    砥粒加工学会誌   45 巻 ( 9 ) 頁: 431-436   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  258. Effect of Coating Thickness on Rolling Contact Fatigue of CNx coated Steel 査読有り

    Byung Young Choi and Noritsugu Umehara

    J. of the Korean Society for Heat Treatment   13 巻 ( 5 ) 頁: 355-359   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  259. 原子間力顕微鏡(AFM)によるナノメータスケールの摩耗機構の研究 招待有り

    梅原徳次

    機械の研究   52 巻 ( 4 ) 頁: 430-438   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  260. Micro-Wear Properties of Carbon Nitride Coatings 査読有り

    K. Kato, H. Koide and N. Umehara

    Wear   238 巻   頁: 40-44   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  261. 粒子分散型機能性流体を用いた精密研磨方法の開発 査読有り

    赤上陽一,浅利孝一,藤田豊久,B.ジャヤデワン,梅原徳次

    日本機械学会論文集(C編)   66 巻 ( 649 ) 頁: 3168-3173   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  262. Nanoindentation and FEM study of the effect of internal stress on micro/nano mechanical property of thin CNx films 査読有り

    M. Bai, K. Kato, N. Umehara, Y. Miyake, J. Xu, H. Tokisue

    Thin Solid Films   376 巻 ( 1-2 )   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  263. Friction and wear properties of hard coating materials on textured hard disk sliders 査読有り

    L. Zhou, K. Kato, N. Umehara, Y. Miyake

    Wear   243 巻   頁: 133-139   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  264. Mechanical characterization and tribological evaluation of ion-beam-assisted sputter coatings of carbon with nitrogen incorporation 査読有り

    Dong F. Wang, Koji Kato and Noritsugu Umehara

    Surface and Coatings Technology   123 巻 ( 2-3 ) 頁: 177-184   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  265. The effects of texture height and thickness of amorphous carbon nitride coating of a hard disk slider on the friction and wear of the slider against a disk 査読有り

    Lin Zhou, Koji Kato, Noritsugu Umehara and Yoshihiko Miyake

    Tribology International   33 巻 ( 9 ) 頁: 665-672   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  266. トライボロジーと研磨技術 招待有り

    梅原徳次

    表面技術協会誌   49 巻 ( 9 ) 頁: 922-927   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  267. トライボロジーのかくれた主役:接触面間のミクロ粒子 招待有り

    梅原徳次

    日本機械学会誌   101 巻 ( 952 ) 頁: 160-161   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  268. 磁性流体研磨 招待有り

    梅原徳次

    トライボロジスト   41 巻 ( 6 ) 頁: 476-481   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  269. 浮子を用いた磁性流体研磨 招待有り

    梅原徳次,加藤康司

    トライボロジスト   36 巻 ( 6 ) 頁: 434-439   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  270. 従来より100倍早いセラミック球研磨法 招待有り

    加藤康司,梅原徳次

    Trigger(別冊)     頁: 134-135   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

▼全件表示

書籍等出版物 15

  1. Handbook of manufacturing 査読有り 国際共著

    N. Umehara( 担当: 共著 ,  範囲: Chapter 3 , P.162-175.)

    World Scientific Publishing Co. Pte. Ltd. Singapore  2020年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:13   担当ページ:P.162-175   記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. 炭素繊維およびその繊維複合材料における分析試験,評価解析に関する最新事例集

    梅原徳次他71名( 担当: 分担執筆)

    (株)技術情報協会  2019年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:987   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 数値解析と表面分析によるトライボロジーの解明と制御

    佐々木信也、梅原徳次、他83名( 担当: 共著 ,  範囲: 第1節摩耗の基礎)

    (株)テクノシステムズ  2018年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  4. DLCの基礎と応用展開

    梅原徳次他共著( 担当: 単著)

    株)シーエムシー出版  2016年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  5. CFRPの繊維/樹脂界面制御の成形加工技術

    梅原徳次、他53名( 担当: 共著)

    (株)技術情報協会  2015年5月  ( ISBN:978-4-86104-587-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. MICRO-NANO MECHATRONICS

    Toshio Fukuda, Tomohide Niimi and Goro Obinata, Noritsugu Umehara and so on( 担当: 共著)

    INTECH  2013年3月  ( ISBN:978-953-51-1104-7

     詳細を見る

    記述言語:英語

  7. 機械屋のための分析装置ガイドブック 日本塑性加工学会編

    梅原徳次,吉野雅彦,他29名( 担当: 共著)

    コロナ社  2012年8月  ( ISBN:978-4-339-04626-7

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 微細構造から考える表面機能

    諸貫信行,菊田久雄,梅原徳次,太田稔,枡田正美( 担当: 共著)

    工業調査会  2010年4月  ( ISBN:978-4-7693-1292-5

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 固体潤滑ハンドブック

    梅原徳次,他57名( 担当: 共著)

    養賢堂  2009年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. エレクトロニクス用途におけるガラスの超精密加工 技術全集

    梅原徳次他49名( 担当: 共著)

    技術情報協会  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. トライボロジーの新展開と応用

    梅原徳次他共著( 担当: 共著)

    (株)シーエムシー出版  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 微細加工と表面機能

    梅原徳次他共著( 担当: 共著)

    リアライズ社  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  13. セラミックスのトライボロジー -基礎と応用-

    梅原徳次他共著( 担当: 共著)

    養賢堂,日本トライボロジー学会編  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  14. 薄膜の機械的特性と評価・制御技術

    梅原徳次他共著( 担当: 共著)

    技術情報協会  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  15. Magnetic Fluid and Application Handbook.

    B. Berkovski, V Bashtovoy, K.Kato, N. Umehara et al.( 担当: 共著)

    UNESCO, Begell House Publishers, New York  1996年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

▼全件表示

講演・口頭発表等 4

  1. Improvement of surface quality with solid lubricating sheet for drilling aircraft materials 招待有り 国際会議

    Noritsugu Umehara

    K-TRIB2020 2nd Korea-Tribology International Symposium  2020年11月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:大韓民国  

  2. In-situ observation of friction surface with reflectance spectroscopy 招待有り 国際会議

    Noritsugu Umehara

    MERD 20  2020年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:マレーシア  

  3. ベース油中CNx の摩擦界面その場反射分光分析観察による 摩擦メカニズムの解明 招待有り

    梅原徳次

    トライボロジー会議2020秋 別府  2020年11月2日  日本トライボロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. カーボン系材料薄膜の超低摩擦現象

    梅原徳次

    2008年秋季第69回応用物理学会学術講演会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

共同研究・競争的資金等の研究課題 15

  1. ナノ構造を制御したカーボン系硬質膜の超低摩擦

    2020年4月 - 現在

    二国間交流事業(中国(NSFC)との共同研究) 

  2. 地熱発電技術研究開発/地熱エネルギーの高度利用化に係る技術開発/酸性熱水を利用した地熱発電システム実現に向けた耐酸性・低付着技術の研究開発

    2018年11月 - 現在

    NEDO 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. エンジン軸受における境界潤滑領域での低摩擦を持続するスマートトライボ表面の開発

    2018年4月 - 2019年3月

    国内共同研究 

  4. カーボン系硬質膜の超低摩擦及び耐焼付性向上の指針の提案と実証

    2014年10月 - 2019年3月

    戦略的イノベーション創造プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. カーボン系硬質膜の超低摩擦及び耐焼付性向上の指針の提案と実証

    2014年4月 - 2019年3月

    受託研究 

  6. (財)JKA 小型自動車等機械工学振興事業補助金

    2011年4月 - 2012年3月

    (財)JKA 小型自動車等機械工学振興事業補助金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 血液の凝固付着を抑制する冷却電気メスチップの最適設計・加工法の探索

    2011年4月 - 2012年3月

    平成23年度第1回「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. 内燃機関軸受へのダイヤモンドライクカーボン材料適用の研究開発

    2010年10月 - 2013年3月

    NEDO 省エネルギー革新技術開発事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. マイクロポリマーブラシによる低速・高面圧下水潤滑の実現

    2010年4月 - 2011年3月

    メカトロニク技術高度化財団 研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. ベースオイル中で超低摩擦・耐摩耗のための厚膜CNx膜の最適化

    2010年4月 - 2011年3月

    国内共同研究 

  11. 血液の凝固付着を抑制する複合材電気メスチップの開発

    2009年7月 - 2010年3月

    (独)科学技術振興機構シーズ発掘 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. ベースオイル中で超低摩擦・耐摩耗のいための厚膜CNx膜の最適化

    2009年4月 - 2010年3月

    国内共同研究 

  13. DLCの油中における摩耗特性とそれに及ぼす構造変化の影響

    2008年4月 - 2009年3月

    国内共同研究 

  14. 負電圧印加による電子パッケージ材料の金型への付着抑制

    2008年4月

    (独)科学技術振興機構シーズ発掘 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  15. CNx膜の超低摩擦現象の工作機械摺道面への適用

    2007年

    (独)科学技術振興機構シーズ発掘 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 21

  1. カーボン系硬質膜摩擦時ナノ構造層・潤滑油層誘電率その場評価での超低摩擦指針の提案

    研究課題/研究課題番号:18H03751  2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    梅原 徳次, 野老山 貴行, 徳田 祐樹, 川口 雅弘, 村島 基之, 久保 百司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:43550000円 ( 直接経費:33500000円 、 間接経費:10050000円 )

    本研究では,「カーボン系硬質膜摩擦時ナノ構造層・潤滑油層誘電率その場評価での超低摩擦指針の提案」を目的とする.このために、本年度は以下の4つの項目を行った。 (1)「潤滑油中超低摩擦発現ナノ構造変化層と境界潤滑層の誘電率のその場評価装置の開発」(研究分担者:梅原、野老山、村島 ) 本研究で試作した「反射分光法を用いた潤滑油中超低摩擦発現ナノ構造変化層と境界潤滑層の誘電率のその場評価装置」において、硬質なta-Cでありながら、窒素を含有することで油性が向上するといわれているta-CNxカーボン系硬質膜において,異なる温度条件下で,摩擦力,ナノ構造変化層と潤滑膜の厚さと光学特性(屈折率nと消衰係数k)を同時に計測し、合わせて摩擦前後の表面粗さを明らかにした。その結果、それらの要素が摩擦に大きな影響を及ぼすことが明らかとなった。(2) 「カーボン系硬質膜の摩擦後のナノ構造層のXPS分析」(研究分担者:野老山、川口、徳田)ディスク上のカーボン系硬質膜の摩擦後のナノ構造層をXPS分析し、結合種の割合から誘電率の変化の可能性を明らかにした.具体的に、温度増加と共に、C-Cのsp2結合は相対的に増加するが、一方、C-Nのsp2結合の割合が減少するという新しい知見が得られた。(3)「量子化学分子動力学法シミュレーションによる摩擦による カーボン系硬質膜と境界潤滑膜の誘電率と分極率の変化の可能 性の実証」(研究分担者:村島、久保)カーボン系硬質膜の摩擦面のカーボン構造の量子化学分子動力学シミュレーションを行い、摩擦によるカーボン系硬質膜の原子配列の変化を明らかにした。
    摩擦面その場観察装置の試作は終了し、初年度CNx膜、次年度ta-C膜、そして3年目にはta-CNx膜と異なるカーボン系硬質膜において、対照実験が無事行われ、nmスケールの構造変化層と吸着層の誘電率の光学特性からの推定、油膜厚さと摩擦係数のその場測定が行われ、従来取得されていないnmスケールの厚さの潤滑層の摩擦時その場分析が行われている。多くのパラメータが取得され、最終年度においては、これらのパラメーターの油膜厚さと摩擦に及ぼす影響が、個々のパラメータだけでなく、組合せパラメータの影響として明らかになり、超低摩擦実現のための方針が示される。この予想される成果は、当初の目的である。そのため、順調に進展しているとみなせる。
    最終年度の目標は、上述した研究成果を統合し、研究代表者が提案した無潤滑中での超低摩擦モデルを潤滑油中に吸着層の項を導入拡張し、カーボン系硬質膜潤滑油下での超低摩擦指針を提案することである。3種類の異なるカーボン系硬質膜CNx,ta-C及びta-CNxの個々において、構造変化層の厚さと誘電率、吸着潤滑油層の厚さと誘電率の全体の油膜厚さと摩擦係数に及ぼす影響が明らかになっているが、3種類のカーボン系硬質膜において統一して説明うできるモデルではない。最終年度は、この統一モデルとして完成するため、さらに詳細なXPSによる各層の物理モデルの修正を行い検討することで本研究を推進する予定である。

  2. 超微細金属素子の効率的製造技術の確立とその光機能デバイス開発への応用

    研究課題/研究課題番号:17H01240  2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    吉野 雅彦, 松村 隆, 長尾 忠昭, 山中 晃徳, 梅原 徳次, 寺野 元規

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究では、機械的加工法である微細塑性加工および微細切削加工によりサブμmサイズの微細構造を有する金型を加工し、その金型からホットプレスによりプラスチックモールドを効率的に作製する手法を確立した。さらにトランスファープリンティング法によりそのプラスチックモールドから超微細金属素子を低コストで効率的に製造できることを示した。次いで、微細塑性加工で作製した微細菱形金薄膜構造に生じる光学的機能を明らかにするため、数値解析および実験によりSERS効果を検討した。これにより機械的微細加工技術による光機能デバイス開発の可能性を示した。
    多様な素材に適用できる機械的加工法による超微細加工特性を明らかにし、加工学に関わる多くの学術的、実用的知見を得た。特に硬脆材料の延性モード切削加工や微細金属接合に関する様々な知見は精密加工技術の発展に寄与すると期待される。またガラスや金属に機械的微細加工を施すことにより光学機能性を創出出来ることを実証した。これらの微細加工技術は一般的な精密加工技術の延長にあるため、比較的少ない投資で導入可能と考えられる。また低コストで安定的に供給される汎用素材から高機能材料や高機能デバイスなど付加価値の高い製品を製造できるため、新たなビジネスモデルの開発や異業種交流に繋がることが期待される。

  3. ループ型カーボン繊維マイクロブラシによる軽量・低起動トルクすべり軸受の提案

    2014年5月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究,課題番号:23630040

    梅原 徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. 超微細機械加工と自己組織化を併用したナノ加工技術の確立と光学機能創出への適用

    研究課題/研究課題番号:26249007  2014年4月 - 2018年3月

    吉野 雅彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、石英ガラス基板上にサブμmサイズの微細金属素子を製造するための低コストで効率的な加工技術の開発を目指した。このためにまず微細切削加工実験と微細塑性加工が行える微細複合機械加工装置を開発し、また単結晶ダイヤモンド製微細型工具を開発し、その加工特性を明らかにした。さらに微細機械加工と焼鈍による自己組織化により、金属ナノドットアレイや二重ナノロッドアレイなど特異な光学特性を有する微細金属素子を作製出来ることを示した。さらに母型に加工した微細構造を熱ナノインプリント法でプラスチック膜に転写し、それを用いたケミカルスタンプ法を提案し、金属微細素子の効率的製造法の可能性を示した。

  5. 摩擦誘導超低摩擦ナノ構造層によるスマートトライボシステムの開発

    2013年5月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

    梅原徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    油潤滑が困難な過酷な摩擦条件下の耐摩耗・超低摩擦の摺道材としてカーボン系硬質膜の応用が進められている.申請者らは,カーボン系硬質膜CNx膜表面の数10nmの厚さのナノ構造変化層が摩擦係数0.01以下の超低摩擦を発現することを初めて明らかにした.本研究では申請者らが提案,実証した「反射光スペクトルによるカーボン系硬質膜のナノ構造変化層厚さの評価方法」と「ESEM内での数mの液滴の接触角から表面エネルギーマッピング方法」を発展させ,「カーボン系硬質膜の超低摩擦発現ナノ構造変化層のその場評価法」及び「超低摩擦摩擦面の表面エネルギーのESEM内その場評価法」を開発する.その結果より,カーボン系硬質膜による自己潤滑スマートトライボシステムの材料と摩擦条件の設計指針を確立する.

  6. 摩擦誘導超低摩擦ナノ構造層によるスマートトライボシステムの開発

    研究課題/研究課題番号:25220902  2013年5月 - 2018年3月

    梅原 徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:151450000円 ( 直接経費:116500000円 、 間接経費:34950000円 )

    摩擦誘導ナノ構造層による超低摩擦の安定指針を得るため2つの装置を試作し、超低摩擦発現モデルを提案した。「超低摩擦発現ナノ構造変化層の摩擦時その場計測装置」により、カーボン系硬質膜の無潤滑時の超低摩擦は摩擦で形成するナノ構造変化層の厚さ、硬さ及び表面粗さが重要で、それらのパラメータを用いた「薄膜固体潤滑理論」が超低摩擦モデルとして妥当であることを定量的に明らかにした。また、「超低摩擦摩擦面の表面エネルギーのESEM内その場評価装置」により、摩耗痕の表面エネルギーの低減が摩擦低減に有効であることを定量的に明らかにし、超低摩擦が発現した際はナノ構造層の内部で摩擦する超低摩擦メカニズムを提案した。

  7. カーボン系硬質膜の超低摩擦発現ナノ構造変化層のその場評価法の開発とその応用

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    梅原徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. カーボンマイクロブラシ膜の電場印加による高摩擦・耐摩耗機能発現

    2011年5月 - 2013年4月

    科学研究費補助金  萌芽研究,課題番号:23656120

    梅原 徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 無潤滑超低摩擦・耐摩耗カーボン系硬質膜の静摩擦係数減少のための設計指針の確立

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:22360069

    梅原 徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 硬質膜のなじみ過程制御による超低摩擦と超耐摩耗を両立した硬質膜設計指針の確立

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)(一般),課題番号:19206020

    梅原 徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 高配向カーボンナノチューブ膜の電場印加による高摩擦・耐摩耗機能発現

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究,課題番号:17656060

    梅原 徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. MEMSのための機能性表面の創成法の開発と評価

    2004年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:16360066

    梅原 徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. CNx膜の窒素中超低摩擦現象(u<0.001)の解明と超低摩擦スライダーの設計 (環境制御型SEM内その場観察に基づく超低摩擦発現のための最適なじみ過程の解明)

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤(B)

    梅原徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. マイクロ凝集液滴の接触角を測定することによる表面エネルギー分布評価手法の提案(MEMSトライボロジーのためのマイクロ接触面における表面エネルギー分布の評価)

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  萌芽

    梅原徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  15. イオンビームミキシング法による窒化炭素膜に発現する超低摩擦現象の解明(Low friction mechanism map による低摩擦現象の体系的研究)

    1999年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  基盤(C)2

    梅原徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  16. 磁性流体中の非磁性粒子の3次元配列を利用した磁性流体凍結砥石の研究

    1997年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  奨励研究A

    梅原徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  17. 磁性流体を用いたハードディスク基板の新テクスチャリング法に関する研究

    1996年4月 - 1997年3月

    科学研究費補助金  奨励研究A

    梅原徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  18. イオンビ−ムミキシング法における摩擦を利用したその場鏡面研磨に関する研究

    1995年4月 - 1996年3月

    科学研究費補助金  奨励研究A

    梅原徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  19. イオンビ−ムミキシング法における摩擦を利用したその場鏡面研磨

    1994年4月 - 1995年5月

    科学研究費補助金  奨励研究A

    梅原徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  20. イオンビ−ムミキシング法における摩擦を利用したその場鏡面研磨に関する基礎研究

    1993年4月 - 1994年3月

    科学研究費補助金  奨励研究A

    梅原徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  21. 砥粒の長軸方向及び密度分布を磁場により制御する磁性流体研磨法の基礎研究

    1992年4月 - 1993年3月

    科学研究費補助金  奨励研究A

    梅原徳次

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

産業財産権 60

  1. ドリルビット及び孔形成方法

    松山洋介、小柏尊明、梅原徳次、大山慎太郎

     詳細を見る

    出願人:三菱瓦斯化学株式会社

    出願番号:特願2018-158766  出願日:2019年8月

    出願国:国内  

  2. 摺動部材およびその製造方法

    眞鍋 和幹、梅原徳次、上坂裕之、市村和之

     詳細を見る

    出願人:トヨタ自動車、名古屋大学

    出願番号:特願2016-190212  出願日:2018年9月

    出願国:国内  

  3. 摺動部材およびその製造方法

    眞鍋 和幹, 梅原徳次, 上坂裕之, 市村和之

     詳細を見る

    出願人:トヨタ自動車、名古屋大学

    出願番号:特願2016-190212  出願日:2018年9月

  4. 切削加工用エントリーシート及び切削加工方法

    梅原徳次、松山洋介、堀江茂

     詳細を見る

    出願人:三菱瓦斯化学株式会社

    出願番号:特願2017-168779  出願日:2018年9月

    出願国:国内  

  5. 切削加工用エントリーシート及び切削加工方法

    梅原徳次, 松山洋介, 堀江茂

     詳細を見る

    出願人:三菱瓦斯化学株式会社

    出願番号:特願2017-168779  出願日:2018年9月

  6. ドリルビット及び孔形成方法

    松山洋介、小柏尊明、梅原徳次、大山慎太郎

     詳細を見る

    出願人:三菱瓦斯化学株式会社

    出願番号:特願2018-157926  出願日:2018年8月

    出願国:国内  

  7. 表面形状可変方法

    村島基之、梅原徳次、吉野笙太

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2017-104600  出願日:2018年5月

    出願国:国内  

  8. 表面形状可変方法

    村島基之, 梅原徳次, 吉野笙太

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2017-104600  出願日:2018年5月

  9. ドリルビット及び孔形成方法

    松山洋介、小柏尊明、梅原徳次、大山慎太郎

     詳細を見る

    出願人:三菱瓦斯化学株式会社

    出願番号:特願2017-558758  出願日:2018年5月

    出願国:国内  

  10. ドリルビット及び孔形成方法

    松山洋介、小柏尊明、梅原徳次、大山慎太郎

     詳細を見る

    出願人:三菱瓦斯化学株式会社

    出願番号:特願2017-558556  出願日:2018年5月

    出願国:国内  

  11. 繊維強化複合材又は金属の切削加工用エントリーシート及び該切削加工方法

    梅原徳次、野老山貴之行、松山洋介、堀江 茂、羽崎拓哉

     詳細を見る

    出願人:三菱瓦斯化学株式会社

    出願番号:特願2017-80500  出願日:2018年4月

    出願国:国内  

  12. 繊維強化複合材又は金属の切削加工用エントリーシート及び該切削加工方法

    梅原徳次, 野老山貴之行, 松山洋介, 堀江 茂, 羽崎拓哉

     詳細を見る

    出願人:三菱瓦斯化学株式会社

    出願番号:特願2017-80500  出願日:2018年4月

  13. 摺動部品

    上坂裕之、梅原徳次、中谷英太郎

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学

    出願番号:特願2016-041592  出願日:2018年3月

    公開番号:特開2017-155896 

    出願国:国内  

  14. 摺動部品

    上坂裕之, 梅原徳次, 中谷英太郎

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学

    出願番号:特願2016-041592  出願日:2018年3月

    公開番号:特開2017-155896 

  15. 耐摩耗部材およびこれを用いたメカニカルシール

    田中幸雄、梅原徳次、山之内卓弥

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-123373  出願日:2016年4月

    出願国:国内  

  16. 摺動部材およびその製造方法

    眞鍋和幹、梅原徳次、上坂裕之、服部貴文

     詳細を見る

    出願人:トヨタ自動車株式会社、名古屋大学

    出願番号:特願2015-148058(P2015-148058)   出願日:2015年7月

    公開番号:特開2017-25396(P2017-25396A) 

    出願国:国内  

  17. 金属の切削加工方法

    松山洋介、小柏尊明、梅原徳次、川﨑貴之

     詳細を見る

    出願人:三菱瓦斯化学株式会社

    出願番号:特願2015-122165(P2015-122165)  出願日:2015年6月

    公開番号:特開2017-6996(P2017-6996A) 

    出願国:国内  

  18. 摺動部材

    岸 美里、不破良雄、梅原徳次、野老山貴行、上坂裕之、北爪一孝

     詳細を見る

    出願人:トヨタ自動車株式会社、名古屋大学

    出願番号:特願2015-26019(P2015-26019)  出願日:2015年2月

    公開番号:特開2016-148088(P2016-148088A) 

    出願国:国内  

  19. 摺動部材および摺動構造

    眞鍋和幹、新吉隆利、不破良雄、梅原徳次、野老山貴行、服部貴文

     詳細を見る

    出願人:トヨタ自動車株式会社、名古屋大学

    出願番号:特願2013-215303(P2013-215303)  出願日:2013年10月

    公開番号:特開2015-78406(P2015-78406A) 

    出願国:国内  

  20. 摺動部材

    不破良雄、梅原徳次、野老山貴行、神谷真人、羽田野拓也、上坂裕之

     詳細を見る

    出願人:トヨタ自動車株式会社、名古屋大学

    出願番号:特願2013-155677(P2013-155677)   出願日:2013年7月

    公開番号:特開2013-256716(P2013-256716A) 

    出願国:国内  

  21. 摺動部材とその製造方法

    鈴木雅裕、齊藤利幸、梅原徳次、河原真吾、野老山貴行、上坂裕之

     詳細を見る

    出願人:株式会社ジェイテクト、名古屋大学

    出願番号:特願2013-56991(P2013-56991)  出願日:2013年3月

    公開番号:特開2014-181762(P2014-181762A) 

    出願国:国内  

  22. 摺動部材とその製造方法

    鈴木雅裕、齊藤利幸、梅原徳次、河原真吾、野老山貴行、上坂裕之

     詳細を見る

    出願人:株式会社ジェイテクト、名古屋大学

    出願番号:特願2013-56992(P2013-56992)  出願日:2013年3月

    公開番号:2014-181291(P2014-181291A) 

    出願国:国内  

  23. 摺動部材とその製造方法

    鈴木雅裕、齊藤利幸、梅原徳次、河原真吾、野老山貴行、上坂裕之

     詳細を見る

    出願人:株式会社ジェイテクト、名古屋大学

    出願番号:特願2013-56993(P2013-56993)  出願日:2013年3月

    公開番号:特開2014-181292(P2014-181292A) 

    出願国:国内  

  24. 成膜装置および成膜方法

    篠田健太郎、金田英樹、滝和也、梅原徳次、上坂裕之、高岡泰之

     詳細を見る

    出願人:ブラザー工業株式会社、名古屋大学

    出願番号:特願2012-16960(P2012-16960)  出願日:2012年1月

    公開番号:特開2013-155409(P2013-155409A) 

    出願国:国内  

  25. 摺道部材,その製造方法及び摺道構造

    不破良雄,梅原徳次,上坂裕之,野老山貴行,榊原啓功

     詳細を見る

    出願番号:2011-14054  出願日:2011年1月

    出願国:国内  

  26. 焼き網

    梅原徳次,野老山貴行,上坂裕之,本田直子,張英俊,加治屋誠

     詳細を見る

    出願番号:20090904  出願日:2009年9月

    出願国:国内  

  27. 摺道部材,その製造方法,及び摺道方法

    不破良雄,梅原徳次,野老山貴行,神谷真人,羽田野拓也

     詳細を見る

    出願番号:2009-62601  出願日:2009年3月

    公開番号:2010-215952 

    出願国:国内  

  28. 摺道部材及びその製造方法

    不破良雄,梅原徳次,野老山貴行,神谷真人,羽田野拓也,上坂裕之

     詳細を見る

    出願番号:2009-62384  出願日:2009年3月

    公開番号:2010-215950 

    出願国:国内  

  29. バイアル用ゴム栓

    梅原徳次,上坂裕之,金鐘亨,長谷川満,島田衛

     詳細を見る

    出願番号:2008-119030  出願日:2008年4月

    公開番号:2009-269613 

    出願国:国内  

  30. 炭素質膜の製造方法および製造装置

    上坂裕之,小泉宏之,濱島絵里,梅原徳次,荒川義博

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学,国立大学法人東京大学

    出願番号:特願2008-548353  出願日:2007年12月

    特許番号/登録番号:5232980  登録日:2013年4月 

    出願国:国内  

    備考
    PCT/JP2007/073685
    WO2008/069311

  31. 摺道構造

    不破良雄,梅原徳次,野老山貴行,小河雄一郎

     詳細を見る

    出願番号:2007-179798  出願日:2007年7月

    公開番号:2009-13371 

    出願国:国内  

  32. 摺道構造

    不破良雄,梅原徳次,野老山貴行,小河雄一郎

     詳細を見る

    出願番号:2007-179794  出願日:2007年7月

    出願国:国内  

  33. 複合硬質炭素膜及びその製造方法並びに摺道部材

    不破良雄,梅原徳次,野老山貴行,王懐鵬

     詳細を見る

    出願番号:2007-173168  出願日:2007年6月

    出願国:国内  

  34. 樹脂製ナット,及び,すべりねじ装置

    石井卓哉,林 工,上坂裕之,平井大輔,梅原徳次

     詳細を見る

    出願番号:2007-97728  出願日:2007年4月

    出願国:国内  

  35. すべりねじ装置用のナット,及び,すべりねじ装置

    石井卓哉,林 工,梅原徳次,上坂裕之,平井大輔,玉置友晴

     詳細を見る

    出願番号:2007-97675  出願日:2007年4月

    出願国:国内  

  36. 樹脂製ナット,及び,すべりねじ装置

    石井卓哉,林 工,梅原徳次,上坂裕之,平井大輔,玉置友晴

     詳細を見る

    出願番号:2007-97691  出願日:2007年4月

    出願国:国内  

  37. 樹脂製ナット,及び,すべりねじ装置

    石井卓哉,林 工,梅原徳次,上坂裕之,平井大輔,玉置友晴

     詳細を見る

    出願番号:2007-97708  出願日:2007年4月

    出願国:国内  

  38. 摺道ユニット及び摺道方法

    不破良雄,梅原徳次

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学,トヨタ自動車

    出願番号:特許出願2005-261998  出願日:2005年9月

    公開番号:特許公開2007-70565 

    出願国:国内  

  39. SiC/カーボンナノチューブ複合材料およびその利用

    宇佐美初彦,楠美智子,三宅晃司,梅原徳次

     詳細を見る

    出願人:名城大学,日本ファインセラミックスセンター,産総研,名古屋大学

    出願番号:特許出願2005-193923  出願日:2005年7月

    公開番号:特許公開2007-7814 

    出願国:国内  

  40. 疎水性高分子基板表面の親水性維持方法

    梅原徳次,赤上陽一,加藤勝,今井潤,吉田博,草場宣延

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学,秋田県,岩手大学,ニプロ株式会社

    出願番号:特許出願2005-105027  出願日:2005年3月

    公開番号:特許公開2006-282871 

    出願国:国内  

  41. 核酸マイクロアレイおよびその製造方法

    梅原徳次,赤上陽一,加藤勝,今井潤,吉田博,草場宣延

     詳細を見る

    出願人:名古屋大学,秋田県,岩手大学,ニプロ株式会社

    出願番号:特許出願2005-105437  出願日:2005年3月

    公開番号:特許公開2006-284395 

    出願国:国内  

  42. 砥石及びその製造方法

    佐藤敦,二上伸太郎,梅原徳次

     詳細を見る

    出願人:ソニー

    出願番号:特許出願2004-30360  出願日:2004年2月

    公開番号:特許公開2005-219169 

    出願国:国内  

  43. 磁性砥粒を利用する研磨方法、及び研磨装置

    下村彰,梅原徳次

     詳細を見る

    出願人:日の本研磨材

    出願番号:特許出願2003-432964  出願日:2003年12月

    公開番号:特許公開2005-186239 

    出願国:国内  

  44. 電界により砥粒の分布及び配列を制御可能な砥石,その製造方法,表面仕上げ工法

    赤上陽一,梅原徳次

     詳細を見る

    出願日:2003年3月

    特許番号/登録番号:3686652 

    出願国:国内  

  45. 研磨材、その製造方法及びそれを使用した研磨工具の製造方法

    川島徳道,萩原新作,梅原徳次,柴田勲,文柄俊

     詳細を見る

    出願人:桐蔭学園,萩原新作,梅原徳次,プラムス有限会社

    出願番号:特許出願2002-236138  出願日:2002年8月

    公開番号:特許公開2004-74332 

    出願国:国内  

  46. DNAチップ用基板、DNAチップ、及びそれらの製造方法、並びに解析システム

    岩渕明,赤上陽一,梅原徳次,松村隆,吉野雅彦,小西智一

     詳細を見る

    出願人:秋田県

    出願番号:特許出願2002-133818  出願日:2002年5月

    公開番号:特許公開2003-329679 

    出願国:国内  

  47. 自力真空水洗トイレ

    平野 芳久,小原 弘道, 梅原徳次,田代伸一,小西 奎二,登阪 繁行,本田 智

     詳細を見る

    出願人:弘久写真工業株式会社

    出願番号:特許出願2001-403115  出願日:2001年12月

    公開番号:特許公開2002-320650 

    出願国:国内  

  48. 磁場配列を利用した研削用砥粒体の再生方法及び再生装置

    梅原徳次,枝村一弥,芝田勲

     詳細を見る

    出願人:梅原徳次,新技術マネイジメント,ニスカ

    出願番号:特許出願2001-298187  出願日:2001年9月

    公開番号:特許公開2003-103465 

    出願国:国内  

  49. 研磨装置

    梅原徳次,萩原新作,芝田勲,文柄俊

     詳細を見る

    出願人:梅原徳次,萩原新作,芝田勲

    出願番号:特許出願2001-281072  出願日:2001年9月

    公開番号:特許公開2003-89052 

    出願国:国内  

  50. 摺動装置

    梅原徳次,加藤康司

     詳細を見る

    出願人:オイレス工業株式会社, 梅原徳次

    出願番号:特許出願2001-256094  出願日:2001年8月

    公開番号:特許公開2002-339056 

    出願国:国内  

  51. 砥石の製造方法、砥石、及び研磨方法

    梅原徳次,萩原新作,芝田勲

     詳細を見る

    出願人:梅原徳次,萩原新作,芝田勲

    出願番号:特許出願2001-195010  出願日:2001年6月

    公開番号:特許公開2003-11064 

    出願国:国内  

  52. 研削用砥粒体

    梅原徳次,枝村一弥,芝田勲

     詳細を見る

    出願人:ニスか株式会社,新技術マネイジメント,梅原徳次

    出願番号:特許出願平11-164369  出願日:1999年6月

    公開番号:特許公開2000-351960 

    出願国:国内  

  53. 研磨材、研磨材の製造方法及び研磨若しくは研削方法

    梅原徳次,芝田勲

     詳細を見る

    出願人:ニスか株式会社,梅原徳次

    出願番号:特許出願平9-334243  出願日:1997年12月

    公開番号:特許公開平11-165252 

    出願国:国内  

  54. 研磨装置

    梅原徳次,芝田勲

     詳細を見る

    出願人:ニスか株式会社,梅原徳次

    出願番号:特許出願平9-334242  出願日:1997年12月

    公開番号:特許公開平11-165268 

    出願国:国内  

  55. 中心に穴を有する浮子と砥粒を含む磁性流体の循環装 置のある球体の研磨方法及びその装置

    西山博,梅原徳次

     詳細を見る

    出願人:西山博

    出願番号:特許出願平7-94552  出願日:1995年3月

    公開番号:特許公開平8-257897 

    出願国:国内  

  56. 磁性流体を用いた帯状物の研磨装置

    加藤康司,梅原徳次,安藤克巳

     詳細を見る

    出願人:新日本製鐵株式会社

    出願番号:特許出願平5-69507  出願日:1993年3月

    公開番号:特許公開平6-278012 

    出願国:国内  

  57. 磁性流体を用いる球体の研磨方法及び研磨装置

    加藤康司,梅原徳次

     詳細を見る

    出願日:1991年

    特許番号/登録番号:1835317  登録日:1993年 

    出願国:国内  

  58. 磁性流体を用いる研磨方法

    Mizuguchi,S., S.Ueda, Kato, K. and N.Umehara

     詳細を見る

    出願日:1991年

    特許番号/登録番号:5076026  登録日:1991年12月 

    出願国:外国  

  59. Microscopic Grinding Method and Microscopic Grinding Device

    加藤康司,梅原徳次

     詳細を見る

    出願日:1991年

    特許番号/登録番号:1831357  登録日:1993年 

    出願国:国内  

  60. Method for Grinding Using a Magnetic Fluid an Apparatus Thereof

     詳細を見る

    出願日:1988年

    特許番号/登録番号:4821466  登録日:1988年4月 

    出願国:外国  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. 電磁気学Ⅱ

    2020

  2. 材料加工学

    2020

  3. 加工学第1及び演習

    2020

  4. 生産プロセス工学特論

    2020

  5. 電磁気学Ⅱ

    2011

  6. 機能性表面工学特論

    2010

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. マイクロマシン工学

    2008年4月 - 2009年3月 岐阜大学)