2022/10/27 更新

写真a

マツモト ショウゴ
松本 省吾
MATSUMOTO, Shogo
所属
大学院生命農学研究科 植物生産科学専攻 植物生産科学 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
教授

学位 1

  1. 理学博士 ( 1990年2月   名古屋大学 ) 

研究分野 2

  1. 環境・農学 / 園芸科学

  2. 環境・農学 / 遺伝育種科学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 遺伝子情報に基づくバラ科植物の新規育種・栽培システム

  2. ゲノム編集による胡蝶蘭育種

所属学協会 7

  1. 園芸学会   評議員

    2014年4月 - 2016年3月

  2. 園芸学会東海支部   評議員

    2009年4月 - 現在

  3. 国際園芸学会

  4. 日本農芸化学会

  5. 日本分子生物学会

  6. 日本植物学会

  7. 園芸学会

▼全件表示

受賞 2

  1. 第11回農芸化学研究企画賞

    2014年3月   日本農芸化学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 日本生物環境工学会 論文賞

    2008年9月   日本生物環境工学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 68

  1. Plant Hormone and Inorganic Ion Concentrations in the Xylem Exudate of Grafted Plants Depend on the Scion-Rootstock Combination.

    Kawaguchi K, Nakaune M, Ma JF, Kojima M, Takebayashi Y, Sakakibara H, Otagaki S, Matsumoto S, Shiratake K

    Plants (Basel, Switzerland)   11 巻 ( 19 )   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/plants11192594

    PubMed

  2. Establishment of CRISPR/Cas9 genome editing system in Indonesian orchid Dendrobium lineale Rolfe. 査読有り

    L. Zubaidah, Y. Setiawati, S. Nopitasari, M.D. Lawrie, A.B. Sasongko, A. Purwantoro, J. Widada, K Ninomiya, Y. Asano, S. Matsumoto, Y. Yoshioka, E. Semiarti

    Acta Hortic.   1334 巻   頁: 205 - 213   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Agrobacterium-mediated transformation by using immeerse and agroinfiltration method for genome editing of orchids with CRISPR/Cas9. 査読有り

    Acta Hortic.   1334 巻   頁: 263 - 271   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17660/ActaHortic.2022.1334.32

    Web of Science

  4. The identification of the <i>Rosa S</i>-locus provides new insights into the breeding and wild origins of continuous-flowering roses.

    Kawamura K, Ueda Y, Matsumoto S, Horibe T, Otagaki S, Wang L, Wang G, Hibrand-Saint Oyant L, Foucher F, Linde M, Debener T

    Horticulture research   9 巻   頁: uhac155   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/hr/uhac155

    PubMed

  5. Functional disruption of cell wall invertase inhibitor by genome editing increases sugar content of tomato fruit without decrease fruit weight.

    Kawaguchi K, Takei-Hoshi R, Yoshikawa I, Nishida K, Kobayashi M, Kusano M, Lu Y, Ariizumi T, Ezura H, Otagaki S, Matsumoto S, Shiratake K

    Scientific reports   11 巻 ( 1 ) 頁: 21534   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/s41598-021-00966-4

    PubMed

  6. Gene expression profiling of leaves in conjunction with a floral bud differentiation process in cultivated strawberry 'Akihime' 査読有り

    Otagaki S., Koembuoy K., Takahashi H., Isobe S., Matsumoto S.

    Acta Hortic.   1309 巻   頁: 19 - 24   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17660/ActaHortic.2021.1309.4

    Web of Science

  7. Improvement of yield and grain quality by periodic cold plasma treatment with rice plants in a paddy field 査読有り

    Hashizume Hiroshi, Kitano Hidemi, Mizuno Hiroko, Abe Akiko, Yuasa Genki, Tohno Satoe, Tanaka Hiromasa, Ishikawa Kenji, Matsumoto Shogo, Sakakibara Hitoshi, Nikawa Susumu, Maeshima Masayoshi, Mizuno Masaaki, Hori Masaru

    PLASMA PROCESSES AND POLYMERS   18 巻 ( 1 ) 頁: e200018 - e200018   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ppap.202000181

    Web of Science

  8. RNA-seq Analysis of Meristem Cells Identifies the FaFT3 Gene as a Common Floral Inducer in Japanese Cultivated Strawberry

    Koembuoy Khoem, Hasegawa Shiori, Otagaki Shungo, Takahashi Hirokazu, Nagano Soichiro, Isobe Sachiko, Shiratake Katsuhiro, Matsumoto Shogo

    HORTICULTURE JOURNAL   89 巻 ( 2 ) 頁: 138 - 146   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.2503/hortj.UTD-126

    Web of Science

  9. Development of an Agrobacterium-delivered CRISPR/Cas9 for Phalaenopsis amabilis (L.) Blume Genome Editing System

    Nopitasari Sri, Setiawati Yuli, Lawrie Muhammad Dylan, Purwantoro Aziz, Widada Jaka, Sasongko Aries Bagus, Yoshioka Yasushi, Matsumoto Shogo, Ninomiya Kana, Asano Yukii, Semiarti Endang

    6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIOLOGICAL SCIENCE (ICBS 2019) - BIODIVERSITY AS A CORNERSTONE FOR EMBRACING FUTURE HUMANITY   2260 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1063/5.0015868

    Web of Science

  10. Agrobacterium-mediated Transformation Facillitates the CRISPR/Cas9 Genome Editing System in Dendrobium macrophyllum A. Rich Orchid

    Setiawati Yuli, Nopitasari Sri, Lawrie Muhammad Dylan, Purwantoro Aziz, Widada Jaka, Sasongko Aries Bagus, Ninomiya Kana, Asano Yuuki, Matsumoto Shogo, Yoshioka Yasushi, Semiarti Endang

    6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIOLOGICAL SCIENCE (ICBS 2019) - BIODIVERSITY AS A CORNERSTONE FOR EMBRACING FUTURE HUMANITY   2260 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  11. Upregulation of MdMYB110a is responsible for ABA-mediated colouration of type 2 red-fleshed apples

    Sato H., Otagaki S., Ono Y., Shiratake K., Matsumoto S.

    JOURNAL OF HORTICULTURAL SCIENCE & BIOTECHNOLOGY   94 巻 ( 1 ) 頁: 33-40   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14620316.2018.1452638

    Web of Science

  12. Identification of the genes that regulate ornamental characters using the Rosa multiflora genome database (http://rosa.kazusa.or.jp/)

    Nakamura N., Hirakawa H., Sato S., Otagaki S., Matsumoto S., Tabata S., Tanaka Y.

    VII INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ROSE RESEARCH AND CULTIVATION   1232 巻   頁: 111 - 118   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.17660/ActaHortic.2019.1232.18

    Web of Science

  13. Dissecting promoter of <i>InMYB1</i> gene showing petal-specific expression.

    Azuma M, Oshima Y, Sakamoto S, Mitsuda N, Ohme-Takagi M, Otagaki S, Matsumoto S, Shiratake K

    Plant biotechnology (Tokyo, Japan)   35 巻 ( 3 ) 頁: 243 - 248   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5511/plantbiotechnology.18.0529a

    Web of Science

    PubMed

  14. Tomato ATP-Binding Cassette Transporter SlABCB4 Is Involved in Auxin Transport in the Developing Fruit

    Ofori Peter Amoako, Geisler Markus, di Donato Martin, Pengchao Hao, Otagaki Shungo, Matsumoto Shogo, Shiratake Katsuhiro

    PLANTS-BASEL   7 巻 ( 3 )   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/plants7030065

    Web of Science

    PubMed

  15. Genome-wide analysis of ATP binding cassette (ABC) transporters in tomato

    Ofori Peter Amoako, Mizuno Ayaka, Suzuki Mami, Martinoia Enrico, Reuscher Stefan, Aoki Koh, Shibata Daisuke, Otagaki Shungo, Matsumoto Shogo, Shiratake Katsuhiro

    PLOS ONE   13 巻 ( 7 ) 頁: e0200854   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0200854

    Web of Science

    PubMed

  16. 生食用赤果肉リンゴ原因遺伝子の機能解析と育種の効率化 招待有り

    松本省吾

    化学と生物   56 巻 ( 7 ) 頁: 475-482   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  17. Genome structure of Rosa multiflora, a wild ancestor of cultivated roses

    Nakamura Noriko, Hirakawa Hideki, Sato Shusei, Otagaki Shungo, Matsumoto Shogo, Tabata Satoshi, Tanaka Yoshikazu

    DNA RESEARCH   25 巻 ( 2 ) 頁: 113-121   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/dnares/dsx042

    Web of Science

    PubMed

  18. Varietal differences in phenolic compounds metabolism of type 2 red-fleshed apples

    Sato Hideto, Otagaki Shungo, Saelai Parichat, Kondo Satoru, Shiratake Katsuhiro, Matsumoto Shogo

    SCIENTIA HORTICULTURAE   219 巻   頁: 1-9   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scienta.2017.02.041

    Web of Science

  19. Elucidating Cultivar Differences in Plant Regeneration Ability in an Apple Anther Culture

    Zhang Chunfen, Sato Sota, Tsukuni Tatsuro, Sato Mamoru, Okada Hatsuhiko, Yamamoto Toshiya, Wada Masato, Matsumoto Shogo, Yoshikawa Nobuyuki, Mimida Naozumi, Takagishi Kaori, Watanabe Manabu, Cao Qiufen, Komori Sadao

    HORTICULTURE JOURNAL   86 巻 ( 1 ) 頁: 1-10   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2503/hortj.MI-094

    Web of Science

  20. Functional analyses of cultivated strawberry FT and TFL1 homologs

    Koembuoy K., Nakajima R., Otagaki S., Kurokura T., Takahashi H., Nakazono M., Shiratake K., Matsumoto S.

    VIII INTERNATIONAL STRAWBERRY SYMPOSIUM   1156 巻   頁: 95-102   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.17660/ActaHortic.2017.1156.13

    Web of Science

  21. The soybean mycorrhiza-inducible phosphate transporter gene, GmPT7, also shows localized expression at the tips of vein endings of senescent leaves 査読有り

    Y. Inoue, Y. Kobae, E. Omoto, A. Tanaka, M. Banba, S. Takai, Y. Tamura, A. Hirose, K. Komatsu, S. Otagaki, T. Fujiwara, S. Matsumoto, M. Taniguchi, C. Masuta, M. Ishimoto and S. Hata

    Plant and Cell Physiol.     2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1093/pcp/pcu138

  22. Apple pollination biology for stable and novel fruit production: search system for apple cultivar combination showing incompatibility, semi-compatibility and full-compatibility based on the S-RNase allele database 査読有り

    S. Matsumoto

    International Journal of Agronomy     頁: Article ID 138271, 9 pages   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Molecular cloning and expression analysis of FaFT, FaTFL and FaAP1 genes in cultivated strawberry: their correlation to flower bud formation 査読有り

    R. Nakajima, S. Otagaki, K. Yamada, K. Shiratake and S. Matsumoto

    Biologia plantarum   58 巻 ( 4 ) 頁: 641-648   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: DOI 10.1007/s10535-014-0452-3

  24. Expression of mRNAs and proteins associated with cell-wall-loosening during Eustoma flower opening 査読有り

    M. Ochiai, S. Matsumoto, M. Maesaka and K. Yamada

    J. Japan Soc. Hort. Sci.   82 巻 ( 2 ) 頁: 154-160   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. Expression and functional analysis of a novel MYB gene, MdMYB110a_JP, responsible for red flesh, not skin color in apple fruit 査読有り

    H. Umemura, S. Otagaki, M. Wada, S. Kondo and S. Matsumoto

    Planta   238 巻   頁: 65-76   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00425-013-1875-3

  26. Microarray analysis of gene expression patterns during fruit development in European pear (Pyrus communis) 査読有り

    K. Nashima, T. Shimizu, C. Nishitani, T. Yamamoto, H. Takahashi, M. Nakazono, A. Itai, K. Isuzugawa, T. Hanada, T. Takashina, S. Matsumoto, S. Otagaki, A. Oikawa and K. Shiratake

    Scientia Horticulturae   164 巻   頁: 466-473   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Transcriptome analysis of giant pear fruit with fruit-specific DNA reduplication on a mutant branch 査読有り

    K. Nashima, H. Takahashi, M. Nakazono, T. Shimizu, C. Nishitani, T. Yamamoto, A. Itai, K. Isuzugawa, T. Handa, T. Takashina, M. Kato, S. Matsumoto, A. Oikawa and K. Shiratake

    J. Japan Soc. Hort. Sci.   82 巻 ( 4 ) 頁: 301-311   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Effects of the microspore development stage and cold pre-treatment of flower buds on embryo induction in apple (Malus × domestica Borkh.) anther culture 査読有り

    C. Zhang, T. Tsukuni, M. Ikeda, M. Sato, H. Okada, Y. Ohashi, H. Matsuno, T. Yamamoto, M. Wada, N. Yoshikawa, S. Matsumoto, J. Li, N. Mimida, M. Watanabe, A. Suzuki and S. Komori

    J. Japan Soc. Hort. Sci   82 巻 ( 2 ) 頁: 114-124   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  29. Methyl jasmonate treatment promotes flower opening of cut Eustoma by inducting cell wall loosening proteins in petals 査読有り

    M. Ochiai, S. Matsumoto and K. Yamada

    Postharvest Biology and Technology   82 巻   頁: 1-5   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Structural characteristics of SLF/SFB-genes in apple cultivars with similar S-RNase sequences. 査読有り

    Y. Hayashi, K. Yamada, K. Shiratake and S. Matsumoto

    Acta Hort.   929 巻   頁: 267-273   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Rose phytoene desaturase gene silencing by Apple latent spherical virus vectors. 査読有り

    H. Ito, M. Ochiai, H. Kato, K. Shiratake, D. Takemoto, S. Otagaki and S. Matsumoto

    HortScience   47 巻   頁: 1278-1282   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Influence of repeated pollination on seed number and fruit shape of `Fuji' apples 査読有り

    S. Matsumoto, J. Soejima and T. Maejima

    Scientia Horticulturae   137 巻   頁: 131-137   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Practical breeding of red-fleshed apple: cultivar combination for efficient red-fleshed progeny production. 査読有り

    H. Umemura, T. Maejima, H. Komatsu, K. Shiratake and S. Matsumoto

    HortScience   46 巻   頁: 1098-1101   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. S-RNase genotypes of apple including new cultivars, lineage and triploid progenies. 査読有り

    S. Matsumoto, K. Okada, A. Kojima, K. Shiratake, and K. Abe

    J. Hort. Science Biotechnol.   86 巻   頁: 654-660   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. Pre-culture before Agrobacterium infection to leaf segments and meropenem improves the transformation efficiency of apple (Malus x domestica Borkh.) 査読有り

    J. Li, S. Komori, K. Sasaki, N. Mimida, S. Matsumoto, M. Wada, J. Soejima, Y. Ito, T. Masuda, N. Tanaka, N. Shigeta, M. Watanabe and A. Suzuki

      80 巻   頁: 244-254   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. セイタカアワダチソウ群落の遷移とニッコウキスゲ紫外線写真のデジタル教材

    松本省吾, 川上紳一

    岐阜大学教育学部研究報告 自然科学   34 巻   頁: 43-48   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  37. Gene flow via pollen spread from cultivated roses as hosts of a transgenic rose to wild roses 査読有り

    S. Matsumoto, K. Yamada, K. Shiratake, T. Koketsu, H. Negishi, A. Taneda, H. Fukui and Y. Ueda

    Acta Hort.   870 巻   頁: 175-182   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Several new aspects of the foraging behavior of Osmia cornifrons in an apple orchard 査読有り

    S. Matsumoto, T. Maejima

    Psyche: A Journal of Entomology   Article ID 384371 巻   頁: Article ID 384371   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. MdMYB alleles responsible for apple skin and flesh color 査読有り

    K. Sekido, K. Yamada, K. Shiratake, H. Fukui and S. Matsumoto

    Current Topics in Plant Biology   11 巻   頁: 17-21   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Efficient breeding system for red-fleshed apple based on linkage with S3-RNase in 'Pink Pearl' 査読有り

    K. Sekido, Y. Hayashi, K. Yamada K. Shiratake, S. Matsumoto, T. Maejima and H. Komatsu

    HortScience   45 巻   頁: 534-537   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. Structural and functional analyses of two new S-RNase alleles, Ssi5 and Sad5, in apple 査読有り

    S. Matsumoto, K. Yamada, K. Shiratake, K. Okada and K. Abe

    J. Hort. Science Biotechnol.   85 巻   頁: 131-136   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. *Foraging behavior of Osmia cornifrons in an apple orchard 査読有り

    S. Matsumoto, A. Abe, T. Maejima

    Sci. Hortic.   121 巻   頁: 73-79   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. リンゴの形質転換におけるAgrobacterium除菌用抗生物質の検討 査読有り

    小森貞男, 渡邉麻紗乃, 渡邉 学, 田中紀充, 壽松木 章, 和田雅人, 副島淳一, 松本省吾, 安達義輝, 李 積軍

    園芸学研究   8 巻   頁: 419-426   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. *S-RNase genotypes of apple cultivars grown in Japan and development of a PCR-RFLP method to identify the S6- and S21-RNase alleles 査読有り

    J. Morita, K. Abe, S. Matsumoto

    J. Hort. Science Biotechnol.   84 巻   頁: 29-34   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. *Plantlet regeneration via organogenesis from immature seeds of Rosa rugosa Thunb. ex. Murray. 査読有り

    S. Matsumoto

    Floriculture and Ornamental Biotechnology   3 巻   頁: 86-88   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Rosa rugosa Thunb. ex. Murray possesses unique and value traits including: large, fragrant flowers, a long flowering period, disease resistance, and winter hardiness. An improved regeneration system is essential to exploit the potential of this species utilizing transgenic applications. The development of an efficient plantlet regeneration system was explored using different combinations and rates of 2,4-dichlorophenoxy acetic acid (2,4-D) and trans-zeatin (ZT) during the shoot induction stage. Immature seeds (14-28 days after pollination) were cut transversely in half and placed onto a medium containing Murashige and Skoog (MS) basal salts plus vitamins, 0.25% (w/v) Gellan gum, and varying concentrations and combinations of 2,4-D and ZT for 33 to 49 days. The treatment producing the highest frequency of explants with calli containing shoot primordia (14.4%) contained 2.0 mg/l 2,4-D and 1.5 mg/l ZT. Explants were transferred to the same medium without phytohormones for 56 to 67 days, each differentiating ~12 adventitious shoots. The shoots were easily separated and rooted after 28 days on medium without phytohormones or medium with 0.1 mg/l 1-naphthaleneacetic acid (NAA).

  46. S-RNase genotypes of wild apples necessary for utilization as pollinizers 査読有り

    S. Matsumoto, J. Morita, K. Abe, H. Bessho, K. Yamada, K. Shiratake and H. Fukui

    Horticulture, Environment, and Biotechnology   50 巻   頁: 213-216   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated S-RNase genotypes of 21 wild apples with Neville Corpman, and King of Tompkins 1, 2 and 3 by the PCR-digestion method. M. sylvestris 392390 (T1-2-66) did not contain any known S-RNase allele, and seemed to be useful as a pollinizer. Thirteen individuals (M. baccata (S1-7-15), M. fusca, M. fusca F 50 (T1-16-51), M. orientalis (W1-11-13), M. pumila Mill, M. pumila Pendula var. elise rathka, M. prunifolia USSR 18, M. prunifolia USSR 24, M. prunifolia USSR P, M. sieversii, M. sieversii (W1-10-49), M. sieversii sdl.2250 and M. sylvestris) contained an unidentified S-RNase allele with a known allele. Although M. baccata 4433 (79091) contained two known alleles, the S16a does not frequently occur in domestic Japanese cultivars. These wild apples also could be useful as pollinizers of cultivars in Japan, except for cultivars having an identical S-RNase allele. We have selected M. baccata 4433 (79091) as a pollinizer for the cultivar `Fuji'.

  47. Observation of attachment of Agrobacterium tumefaciens to rose cell surface using TEM in relation to resistance responses to crown gall disease 査読有り

    L. Li, B. Tan, W. Yu, Y. Ishiguro, H. Fukui, K. Kageyama, S. Matsumoto

    Acta Hort.   767 巻   頁: 451-456   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. S-RNase allele nomenclature and designation in apple

    S. Matsumoto

    Sci. Rep. Fac. Educ., Gifu Univ. (Nat. Sci.)   32 巻   頁: 13-18   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  49. *Effect of distance from early flowering pollinizers `Maypole' and `Dolgo' on `Fuji' fruit set 査読有り

    S. Matsumoto, T. Eguchi, T. Maejima, H. Komatsu

    Sci. Hortic.   117 巻   頁: 151-159   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An apple orchard consisting of a single cultivar under the condition of natural pollination must have suitable pollinizers such as Crab apples to ensure stable fruit production. We selected `Maypole' and `Dolgo' as pollinizers for the cultivar `Fuji', and investigated the rate of fruit and seeds in `Fuji' fruits produced by pollen of the pollinizers. We developed a method for tracing pollen flow based on the leaf color of progeny and S-RNase allele of `Maypole', and on Simple Sequence Repeat (SSR) analyses of `Maypole' and `Dolgo'. These were powerful tools for determining the distance insects (mainly Osmia cornifrons) carry pollen from the pollinizers to `Fuji'. Although the fruit set of `Fuji' apples was not reduced with increasing distance between `Fuji' apple trees and pollinizers, (probably due to pollen flow from other commercial cultivars planted outside the area), the rate of `Fuji' apple fruit produced by the pollen of the pollinizers decreased with increasing distance. The rate of fruit produced by the pollinizers was 84% and 77% when `Fuji' was 2.5 m from `Maypole' and `Dolgo', respectively, and 71% and 64% when `Fuji' was 5 m from `Maypole' and `Dolgo', respectively, but was reduced to 47% and 39% when `Fuji' was 10 m from `Maypole' and `Dolgo', respectively. However, the spacing could cause reduced fruit size, and require extra fruit thinning for producing large fruits. It could also cause reduction of the yield for increasing the planting area of pollinizers. We recommend that pollinizers should be planted no more than 10 m from `Fuji'.

  50. LAMP法による性別判定の教材化

    伊左治錦司, 松本省吾

    岐阜大学教育学部研究報告 自然科学   31 巻   頁: 23-32   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  51. トレニア属の種間交雑親和性と系統分類の関係 査読有り

    宮崎 潔, 桑山智重子, 景山幸二, 松本省吾, 福井博一

    植物環境工学   19 巻   頁: 66-73   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Parent-offspring relationships of apple cultivars `Shinano Piccoro' and `Komitsu' by S-RNase and SSR markers 査読有り

    S. Matsumoto, K. Kitahara, T. Maejima, H. Komatsu

    Acta Hort.   763 巻   頁: 303-307   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Determination and confirmation of S-RNase genotypes of apple pollinators and cultivars 査読有り

    S. Matsumoto, T. Eguchi, H. Bessho, K. Abe

    J. Hort. Science Biotechnol.   82 巻   頁: 323-329   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. *ABCDE model for wild rose (Rosa rugosa Thunb. ex Murray) floral development 査読有り

    S. Matsumoto, H. Fukui

    Acta Hort.   751 巻   頁: 369-373   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Cross-compatibility of apple cultivars possessing S-RNase alleles of similar sequence 査読有り

    S. Matsumoto, K. Kitahara, H. Komatsu, K. Abe

    J. Hort. Science Biotechnol.   81 巻   頁: 934-936   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. 遺伝子診断の教材化.-ALDH2(アルデヒド脱水素酵素2)遺伝子におけるSNP(一塩基多型)タイピング-

    伊左治錦司, 松本省吾

    岐阜大学教育学部研究報告 自然科学   30 巻   頁: 21-33   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  57. Structural and functional analysis of rose class B MADS-box genes 'MASAKO BP, euB3, and B3': paleo-type AP3 homologue 'MASAKO B3' association with petal development 査読有り

    Y. Hibino, K. Kitahara, S. Hirai, S. Matsumoto

    Plant Sci.   170 巻   頁: 778-785   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Molecular characterization of apple cultivars in Japan by S-RNase analysis and SSR markers 査読有り

    K. Kitahara, S. Matsumoto, T. Yamamoto, J. Soejima, T. Kimura, H. Komatsu, K. Abe

    J. Amer. Soc. Hort. Sci.   130 巻   頁: 885-892   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. 花の紫外線写真の教材化

    松本省吾

    岐阜大学教育学部研究報告 自然科学   29 巻   頁: 1-6   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  60. Genomic DNA sequence of S16c(=16)-RNase in apple: re-numbering of S16(=27a)- and S22(=27b)-allele to S16a and S16b

    S. Matsumoto, Y. Furusawa

    Sci. Rep. Fac. Educ., Gifu Univ. (Nat. Sci.)   29 巻   頁: 7-12   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  61. 高等学校におけるDNA簡易抽出実験に関する教材開発

    伊左治錦司, 松本省吾

    岐阜大学教育学部研究報告 教育実践研究   7 巻   頁: 69-78   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  62. Parent identification of eight apple cultivars by S-RNase analysis and simple sequence repeat markers 査読有り

    K. Kitahara, S. Matsumoto, T. Yamamoto, J. Soejima, T. Kimura, H. Komatsu, K. Abe

    HortScience   40 巻   頁: 314-317   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  63. Blocking of attachment to cell wall as a resistance response to crown gall bacteria Agrobacterium tumefaciens by roses 査読有り

    B. S. Tan, Y. Ishiguro, K. Kageyama, S. Matsumoto, H. Fukui

    J. Japan Soc. Hort. Sci.   74 巻   頁: 324-329   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. MADS-box genes in rose: expression analyses of AGAMOUS, PISTILLATA, APETALA3 and SEPALLATA homologue genes in the green rose 査読有り

    S. Matsumoto, K. Kitahara

    Acta Hort.   690 巻   頁: 203-210   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Resistance of roses to crown gall disease are related to the quantity of acetosyringone derivatives exudates. 査読有り

    B. S. Tan, K. Hasuo, S. Kawai, K. Kageyama, S. Matsumoto, H. Fukui.

    Acta Hort.   630 巻   頁: 207-212   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. 理科教材としての遺伝子導入系. -3.学校教育現場で作出可能なトランスジェニック植物-.

    松本省吾, 田中洋輔, 福井博一

    岐阜大学教育学部研究報告 自然科学   28 巻   頁: 93-98   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Cloning and characterization of apple class B MADS-box genes including a novel AP3 homologue MdTM6. 査読有り

    K. Kitahara, T. Ohtsubo, J. Soejima, S. Matsumoto.

    J. Japan Soc. Hort. Sci.   73 巻   頁: 208-215   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. Ectopic expression of the rose AGAMOUS-like MADS-box genes 'MASAKO C1 and D1' causes similar homeotic transformation of sepal and petal in Arabidopsis and sepal in Torenia. 査読有り

    K. Kitahara, Y. Hibino, R. Aida, S. Matsumoto.

    Plant Sci.   166 巻   頁: 1245-1252   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. Horticulture in 21st Century・Development of safe new cultivation system for apples based on S-RNase and SSR information

    S. Matsumoto( 担当: 単著)

    NOVA Science Publishers, Inc.  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. 最新農業技術 果樹Vol.3・りんご=授粉樹の選択と配置・マメコバチの活用 ―マメコバチの行動と花粉の伝播距離―

    松本省吾( 担当: 共著)

    農山漁村文化協会  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

講演・口頭発表等 2

  1. 遺伝子情報に基づく新しいリンゴ栽培システムの確立

    松本省吾

    園芸学会東海支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  2. Development of new breeding and cultivation system for apple based on S-RNase and SSR information 国際会議

    International Workshop on Molecular Biology of Fruit Tree 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 植物の形・色・香を司る分子機構と分子育種の基盤的研究

    2005年4月 - 2009年3月

    文部科学省「学術フロンティア推進事業」 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. リンゴ品種の単植化に向けた新しい結実安定技術の開発

    2004年4月 - 2008年3月

    農林水産省高度化事業委託事業費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. カンアオイ属の細胞育種によるギフチョウの大量繁殖

    1995年

    東海学術奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 21

  1. ゲノム編集技術を基盤としたコチョウラン育種方法の確立

    研究課題/研究課題番号:22K05629  2022年4月 - 2026年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    吉岡 泰, 松本 省吾

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は外来遺伝子のランゲノムへの組込みを伴わないゲノム編集技術の開発とそれを利用したランの育種を目指す。コチョウラン原種を材料として用い、低温プラズマ照射等を用いたラン細胞へのタンパク質核酸直接導入法、植物細胞内で遺伝子を一過的に高発現可能なベクターシステムを利用する。さらに、花や葉の形態、色などを司る遺伝子を標的としたゲノム編集を行い、新たな形質をもつコチョウランの育種を試みる。

  2. リンゴ自家不和合性機構の解明と栽培育種への展開

    研究課題/研究課題番号:22K05612  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    松本 省吾, 太田垣 駿吾

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究は、リンゴ自家不和合性分子機構を解明し、その成立過程の一端に迫ることを目的としている。具体的には、栽培種毎のゲノム解析を行うことによりゲノム上のS遺伝子群の構成の詳細を明らかにするとともに組織特異的発現解析により機能遺伝子を特定する。また、自家不和合性に関わるS遺伝子群の多様性に基づいて同定したS遺伝子型情報のデータベースを作成し、ホームページ上に和合・半和合・不和合の交配品種組み合わせ検索システムを公開してリンゴ栽培育種に貢献する応用研究の展開も行う。

  3. AS2と核小体タンパク質による発現抑制を介した葉の分化制御機構の解析

    研究課題/研究課題番号:19K06730  2021年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    小島晶子, 松本省吾

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. プラズマ誘起生体活性物質による超バイオ機能の展開

    研究課題/研究課題番号:19H05462  2019年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  特別推進研究

    堀 勝, 梶山 広明, 伊藤 昌文, 片岡 洋祐, 松本 省吾, 豊國 伸哉, 古閑 一憲, 榊原 均, 吉川 史隆

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    プラズマによって誘起された生体活性物質の分子構造と物性を突き止め、各物質と生体との相互作用を解明することによって、超バイオ機能発現の本質を明らかにする。また、活性物質による細胞死、増殖、分化などの真核生物に普遍的な現象の分子機構を解明する。その成果を基盤にして、プラズマ医療、農業という未来産業を拓く羅針盤となる、学術基盤『プラズマ生命科学』を切り拓き、地球規模の課題である、難病治療や食糧不足などを解決するイノベーションを産み出す。
    プラズマ照射した乳酸リンゲル(プラズマ活性乳酸リンゲル:PAL)が抗腫瘍効果や植物の成長などの超バイオ現象を引き起こす機構を解明するために、以下に取組み、その核心に迫る成果を得た。
    1)プラズマ活性酢酸リンゲル液(PAA)は、抗腫瘍効果を示すことが分かった。PAAについてNMRを用いて成分解析を行った結果、プラズマ活性乳酸リンゲル液(PAL)と共通の未同定のピークが存在することも発見した。すなわち、抗腫瘍効果を示す異なる構造のプラズマ活性リンゲル液の成分を同定し、それらの共通因子を解明することで、抗腫瘍効果に作用している生体活性物質の手がかりを得た。
    2)装置メーカーと共同で、気相・液相計測が可能な臨床応用向けのプラズマ活性溶液作製装置を設置した。この装置によって、プラズマを生成するガスの組成(Ar、O_2、N_2)を精密に制御でき、高信頼性のプラズマ活性溶液を合成することが可能になった。
    3)分担研究者の豊國らは、新規装置を用いることで、PALを投与した悪性中皮腫細胞がフェロトーシスとよばれる2価鉄に依存した特異的なネクローシスを起こすことを発見し、本成果をまとめた論文がRedox Biology(IF=~10)に受理された。
    4)分担研究者の梶山らは、卵巣癌腹膜播種のPAM/PALを用いたウォッシングセラピーを提案し、卵巣癌の腹膜播種モデルマウス実験において、PAM投与した腹腔内の組織染色からがん関連マクロファージの浸潤を誘導することを発見し、本成果をまとめた論文が Cancersに公表された。
    5)イネの種にプラズマの直接照射およびPALを施し、イネの成長促進のみならすその収穫量が向上することを見出し、Plasma Processes and Polymerに公表した。これらの成果によって、生体活性物質が植物の成長に機序する分子機構を解明するための、基盤を構築することができた。
    プラズマ活性乳酸リンゲル(PAL)が生体に作用する機序の解明において、1)PALが悪性中皮腫細胞にフェロトーシスをもたらす細胞内分子機構を解明した。これによって、悪性中皮種に関しては、本計画の中核の一つであるPALによる作用機序の解明を達成するこができた。この論文が、インパクトファクターが10近くの雑誌であるRedox Biologyに受理されるに至った。2)また、PALの卵巣がんに対する効果において、動物実験にて検証でき、新しい医療としてウォッシングセラピーを提案した成果は、ハイインパクトファクター雑誌であるCancersに公表された。
    すなわち、学術および医療への展開の両面において、予定していた計画以上に進展した成果が得られた。
    これらの成果の背景には、プラズマ活性溶液による細胞内分子機構をメタボローム解析などの網羅的な解析を通じて、様々な専門的な視点からプラズマ活性溶液の性質を徹底的に究明したことにより、新しい機構の発見が、当初計画した以上に早く発見されたことによると考えている。また、申請書当初に予定していた通り、初年度にLC-MS/MS、2年目に企業との共同研究による気相・液相計測用臨床応用向けプラズマ活性溶液作製装置等、大型装置の設置も完了し、プラズマ誘起活性物質の本質を突き止める研究が順調に進められている。以上の状況を鑑みて、現在までの進捗状況を当初の計画以上に進展していると自己評価した。
    本特別推進研究の予算で初年度に設置したLC-MS/MSの装置を用いたプラズマ活性溶液の測定が軌道に乗ったため、プラズマ活性乳酸リンゲル液やプラズマ活性酢酸リンゲル液中の様々な成分解析が進んでいる。また、分担研究者伊藤らと研究を進めている、ラジカル処理したトリプトファンが、大腸菌の強い滅菌効果を示す機序を解明するための化学成分解析も順調に進んでいる。また、分担研究者片岡らとの研究において、プラズマ照射による脳神経細胞への効果についても、分子機構の解明が進んでいる。PALが与えるイネの成長促進において、種子への照射による根の成長に関する再現性の高い成果が得らえており、今後の植物ホルモンの挙動の解析によって、機序解明が実現できる目途がついている。今後、主要なプラズマ誘起活性物質の成分の同定とその生理学的機能が次々と明らかになると期待される。
    また、今年度本特別推進研究の予算で行ったRNA-seqなどの各種網羅的な遺伝子発現解析やプロテオーム解析などの結果について、フォローアップ実験を進めることにより、プラズマ誘起活性物質が誘導する新たなシグナル伝達経路の発見などを目指し、細胞内分子機構の解明を進める。更に、プラズマ誘起活性物質による免疫系の活性化や植物における種子プラズマ照射による成長促進や機能性成分の増強などの時空間遠隔作用について機構解明を進めることにより、プラズマ誘起活性物質により引き起こされる効果の統一的な機構解明を目指す。更には、今年度、装置メーカーと共同で設置した臨床応用向けのプラズマ活性溶液作製装置の気相・液相解析を進め、特定臨床研究やPMDAに対するRS戦略相談に必要な規格を決定する。

  5. 栽培イチゴの栄養・生殖成長転換分子機構の解明と応用

    研究課題/研究課題番号:19K06031  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    松本 省吾, 太田垣 駿吾

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    栽培イチゴの苗増殖に関わる栄養成長期と果実生産に関わる生殖成長期の転換機構を分子レベルで解き明かし、超促成栽培に応用することを目的とする。具体的には、栽培イチゴの生殖成長すなわち花芽分化に関連する遺伝子群、栄養成長に関わる遺伝子群を特定して構造・機能解析を行なう。また、花芽分化時に発現変動する遺伝子群を指標とした超促成栽培技術を確立する。さらに、プラズマ照射による栄養・生殖成長転換系を実現し、新たな周年栽培の確立を目指す。
    栽培イチゴに普遍的な花芽分化誘導(促進)遺伝子FaFT3の機能解析を行うため、‘とちおとめ’から単離したFaFT3、FaFT1と野生種イチゴの花芽分化誘導遺伝子FvFT1をカリフラワーモザイクウイルス35Sプロモーター制御下でシロイヌナズナに導入し、過剰発現体を作出した。35S::FvFT1が短日条件下でのみ早期開花したのに対し、35S::FaFT3は短日・長日両条件下で早期開花した。一方、FvFT1と1アミノ酸のみ異なるFaFT1 (FaFT3ホモログ)を導入した35S::FaFT1では短日条件下で開花遅延が認められたことから、機能分化に関する知見を得るためにタンパク質モデリング解析を行った。花芽未分化状態と花芽分化初期状態の‘とちおとめ’クラウン茎頂部をレーザーキャプチャーマイクロダイセクション法にて取り出し、これを用いて実施したRNA-seq解析結果について再解析した。花芽分化時に発現上昇する702遺伝子についてGOエンリッチメント解析を行ったところ、生物学的プロセスでは、“非生物的、刺激、内生刺激への応答”、“花器官分化”、“生殖器官発生”に関わるGOアノテーションを持つ遺伝子が優先的に含まれており、具体的には、FaFT3に加えて花器官分化に関わるFaAP1、LEAFY、GID1などが見出されたが、Histone H4は見出されなかった。これに対し、花芽分化時に発現低下する449遺伝子からは、FaTFL1、FaAP2などの花芽分化抑制に関わる遺伝子が見出された。栽培イチゴ‘紅ほっぺ’クラウン部位に低温プラズマを直接照射したところ、プラズマ処理区において無処理区には見られない、既存の花芽分化誘導方法である間欠冷蔵処理区と同等の早い段階での収穫ピークが確認された。また、プラズマ処理区では、花芽分化初期にあたるクラウン頂部でのFaFT3発現レベルの上昇も確認された。
    今年度は、FvFT1とFaFT1についてタンパク質モデリング解析により立体構造を比較したところ、1アミノ酸置換部位においてFvFT1のH80の水素結合が2本であったのに対してFaFT1のN80では3本となっていた。これまでに、シロイヌナズナFTの1アミノ酸変異(Y84H)による花芽分化促進から抑制への機能変換が知られているが、この場合も水素結合の数が1本から2本と増加しており、タンパク質構造の安定性などが機能に重要であるのかもしれない。RNA-seq解析により、昨年度までに見出した栽培イチゴに普遍的な花芽分化誘導(促進)遺伝子FaFT3、抑制遺伝子FaTFL1に加えて、シロイヌナズナなどで見出されている遺伝子ホモログを確認することができ、シロイヌナズナと同様のカスケードにより栽培イチゴ花芽分化促進・抑制が制御されている可能性が示された。また、これまでの促成栽培のための低温短日処理、間欠冷蔵処理による花芽分化誘導に対し、今回、新たに低温プラズマ処理により花芽分化時期、収穫期を制御(前倒し)できる可能性が示された。これまでの方法では、冷蔵に関わるコストや多大な労働力の問題が指摘されているが、今後、プラズマ処理条件、方法の検討や改良などにより、より安価で効率的な促成栽培技術確立に繋がる可能性がある。さらに、クラウン茎頂部位から花芽未分化状態と花芽分化初期状態を確認した苗の葉を用いたRNA-seq.によるトランスクリプトーム解析を実施した。以上、前年度に引き続きいくつかの興味深い知見が得られており、おおむね順調に進展している。
    実施した葉組織のRNA-seqによるトランスクリプトーム解析結果から、葉で栄養・生殖成長転換期に発現変動する遺伝子群の同定を行い、葉組織に花芽分化誘導に関わる遺伝子群の発現変動が見られるかを検証して、葉組織の花芽分化への関わりを明らかにする。また、花芽分化時に特異的に発現上昇する遺伝子をバイオマーカーとして用いる超促成栽培法を確立する。さらに、プラズマ直接照射に対してプラズマ処理液を施用する方法による花芽分化誘導についての知見を得る。基礎研究としての栽培イチゴ花芽分化の分子機構の一端に関するこれまでのクラウン茎頂部、葉組織を用いた研究成果を取りまとめるとともに、応用研究としての発現変動遺伝子を指標とした超促成栽培や間欠冷蔵、プラズマ処理による新規促成栽培法についてもまとめる。

  6. ウイルス非感染甲州ブドウ樹の作出と和食に合う日本産ワインの醸造の技術基盤の確立

    研究課題/研究課題番号:18KT0047  2018年7月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    町田 千代子, 堤内 要, 金政 真, 吉崎 隆之, 塚本 義則, 小島 晶子, 松本 省吾

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    甲州種は、2010年にブドウ・ワインの国際振興機関「OIV」に正式登録され、ワインをEUへ輸出できるようになっている。甲州種は、DNA解析から、3/4がヨーロッパ種であるVitis veniferaであることが報告され、優れたワインができると期待されており、甲州種の白ワインは最も和食に合うワインとして、世界的にも着目されている。また、ワイン法が2018年10月から施行され、日本国内で栽培されたブドウを100%使用して醸造された日本ワインへの期待が高まっている。一方、甲州種のブドウ樹はブドウの成熟を妨げるブドウ葉巻病随伴ウイルスに感染しているため糖度が上がらない。ヨーロッパや米国では、「成長点培養法」によって得られたウイルス非感染ブドウ苗を公的機関が供給する体制が確立しているが、日本においては、このような公的機関はないこと、甲州種の「成長点培養」頻度が極めて低い事(数%)から、甲州ブドウを用いた成長点培養頻度の効率化をはかる事は喫緊の課題である。第一に、シュート形成に必要なサイトカイニン濃度と発根に必要なオーキシン濃度を検討し(論文投稿準備中)、さらに、新規なホルモンを用いて濃度条件を検討し、発根率を50%まで上げる事ができた(Dosho et al., 論文投稿中)。第二に、糖度が上がらない原因として、収穫期に葉が下向きカールする事が一つの要因と言われており、葉がカールする分子機構と核小体の役割及びウイルス感染との関わりについて考察した(Iwakawa et al., 2020)。第三に、ワインに深みを与える天然酵母についても研究を進めた(Takahashi et al., 2020, 3報)。第四に、ウイルスフリーのブドウ樹から収穫した糖度の高いブドウを用いて醸造したワインの化学分析を行った(論文投稿準備中)。第五に、ウイルス非感染ブドウ苗の新たな圃場での栽培を開始した。圃場での収穫が今後の課題である。
    甲州ブドウを用いた成長点培養頻度の効率化をはかる事は喫緊の課題である。我々は、昨年度に引き続きシュート形成に必要なサイトカイニン濃度を検討した結果、ヨーロッパ種に比較して、低い濃度において、シュート形成頻度が高い事がわかった。また、発根に必要なオーキシン濃度を検討し、新規なホルモンを用いて発根率を50%まで上げる事ができた。新規なホルモンの効果について再現性を確認する事ができ、成長点培養条件については、ほぼ、確立できた。また、糖度が上がらない原因として、収穫期に葉が下向きカールする事が一つの要因と言われている。葉がカールする分子機構の解析も進めている。また、ウイルス非感染ブドウ苗の新たな圃場での栽培を開始した。圃場栽培においてブドウの開花、熟成は順調であったが、長雨と猛暑による病害が現れた地点もある。落下を逃れたブドウについては、糖度18のブドウが得られた。ウイルス感染甲州ブドウ樹から収穫したブドウは、糖度16であった。天候が恵まれなくても、ウイルス非感染ブドウの方が、より高いブドウが得られる事を示している。しかしながら、ワイン醸造に十分なブドウが得られなかったため,化学分析に供す予定である。圃場での収穫は気候に左右されるため、対策が必要であり、今後の課題である。ワイン醸造ができなかったこと、また、成果の公表が予定よりも遅れている事から、研究段階としては、やや、遅れている状況である。
    第一に、ウイルス非感染ブドウ苗の新たな圃場での栽培を複数の県でスタートしたので、収穫を期待する。第二に、糖度が上がらない原因として、葉巻病随伴ウイルスが感染すると収穫期に葉が下向きカールする事が一つの要因と言われている。葉がカールする原因についても、分子的解析を進める。第三に、収穫ができればワイン醸造を試みて、その評価をし、化学分析を行う。これまでの成果についてまとめ、論文を公表する。

  7. 栽培バラの四季咲き性の野生起源解明と有用遺伝資源の大規模スクリーニング

    研究課題/研究課題番号:17H04616  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    河村 耕史, 太田垣 駿吾, 松本 省吾

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    世界中で栽培されている園芸バラの大半は四季咲き性をもつ。四季咲き性は中国古来の栽培品種コウシンバラに由来している。本研究はこのコウシンバラの野生起源を明らかにするため、中国四川省を中心に野生種の調査を行い、遺伝子の塩基配列情報をもとに、コウシンバラの起源について科学的な解析を行った。同時に、栽培品種や野生種の遺伝子情報をもとに、コウシンバラとは起源の異なる四季咲き性をもつ新しいバラを発見した。
    栽培バラは交配育種によって数万品種まで多様化してきたが、その元となった原種はわずか7-8種とされており、遺伝的多様性が低い。栽培バラの遺伝的多様性が低いことは、病原菌耐性や稔性を低下させる要因になっていると考えられるため、新たな遺伝資源を発掘し、今後の品種改良に活かす必要がある。本研究が調べた、中国の野生バラや、新しい四季咲き性の原因変異を持つ栽培品種は、これまで育成されたバラ品種の遺伝的多様性を高めたり、耐病性や新しい形質を付与したりするうえで貴重な遺伝資源となることが期待される。中国の野生バラの多くは絶滅の危機にひんしており、早急な保全対策が必要であり、その社会的意義を科学的に示した。

  8. 栽培イチゴ花芽分化誘導ならびにランナー発生機構解明と超促成栽培法の確立

    研究課題/研究課題番号:16K07594  2016年4月 - 2020年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    松本 省吾, 太田垣 駿吾

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    一季なり栽培イチゴでは、晩秋から冬季の高需要期に果実収穫を行うために促成栽培が行われている。促成栽培では正確な花芽分化時期の特定が必須である。本研究では、栽培イチゴの花芽分化促進と抑制に関わる遺伝子群を特定し、これら遺伝子群の発現変動を指標とした超促成栽培への実用化に繋がるデータを得た。また、生殖成長すなわち花芽分化期と拮抗する栄養成長すなわちランナー発生期に高発現する遺伝子を特定した。
    野生種ではなく食用栽培イチゴの経済品種から、花芽分化促進と抑制に関わる遺伝子群の単離に成功した。遺伝子群の構造、発現、機能解析により、栽培イチゴの花芽分化誘導分子機構の一端を明らかにした。分子レベルでの花芽分化時期の特定法は、今後のイチゴ栽培への適用により、効率的な促成栽培に繋がることが期待される。また、ランナー形成に関わる可能性のある遺伝子の特定にも成功した。

  9. バラ棘形成に関わる遺伝子群の構造・機能解析と新奇バラ創製

    2011年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金 

    松本省吾

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. ゲノム解析に基づくバラ科植物(リンゴ、バラ)の遺伝的多様度と育種

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. 果樹における単為結実性に関与する機構の解析

    2003年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    和田雅人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. バラ科植物(リンゴ、バラ)の生殖・栄養器官特異的遺伝子の構造及び機能と分子育種

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. 中学・高校における遺伝子組換え実験のカリキュラム立案と指導体制の確立に関する研究

    2002年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  14. バラの根頭がんしゅ病抵抗性機構の解明

    2001年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  15. アリ類の2倍体オスに関する研究

    2000年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  16. リンゴのS遺伝子型と自家不和合性成立過程

    1999年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  17. アリ類の二型雄に関する進化生態学的研究

    1997年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  18. 細胞質内遺伝子群およびS-遺伝子型の多様性から見たバラ科植物の分子系統

    1997年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  19. 自家不和合性関連および細胞質内遺伝子群の多様性から見たバラ科植物の分子系統

    1995年4月 - 1997年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  20. 生物進化の解読:古細菌を用いた原核生物から真核生物に至る進化系統

    1995年4月 - 1996年3月

    科学研究費補助金  重点領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  21. リンゴ自家不和合性関連遺伝子群の単離と系統分類への適用

    1994年4月 - 1995年3月

    科学研究費補助金  奨励研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 応用植物科学特論

    2010年4月 - 2011年3月 岐阜大学)