2022/04/22 更新

写真a

モリ ヒトシ
森 仁志
MORI, Hitoshi
所属
大学院生命農学研究科 応用生命科学専攻 応用生命科学 教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
学部担当
農学部
職名
教授
外部リンク

学位 1

  1. 農学博士 ( 1990年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 6

  1. サイトカイニン

  2. オーキシン

  3. 単為結果

  4. 植物ホルモン

  5. 頂芽優勢

  6. エチレン

研究分野 4

  1. その他 / その他  / 理学@生物学@植物生理

  2. その他 / その他  / 園芸学・造園学

  3. その他 / その他  / 複合領域@生物化学@機能生物化学

  4. その他 / その他  / 農学@農芸化学@応用微生物学・応用生物化学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. エチレン生合成に関する研究

  2. 頂芽優勢に関する研究

  3. 単為結果の分子機構に関する研究

経歴 6

  1. 名古屋大学   付属図書館   館長

    2015年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   教授

    2002年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学 大学院生命農学研究科 助教授   助教授

    1998年4月 - 2002年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学農学部 助教授   助教授

    1993年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所 助手   助手

    1989年3月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 明治乳業ヘルスサイエンス研究所 研究員   研究員

    1987年4月 - 1989年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会 9

  1. 日本植物生理学会   評議員 1996-1998,2002-2004,2007-2008,

  2. 園芸学会

  3. 日本生化学会

  4. 日本農芸化学会

  5. 日本分子生物学会

  6. 植物化学調節学会   評議員

    2014年10月 - 2016年9月

  7. 日本植物生理学会   庶務幹事

    2007年4月 - 2009年3月

  8. 日本植物細胞分子生物

  9. 日本植物バイオテクノロジー学会

▼全件表示

 

論文 120

  1. Extracellular Vesicle-Mediated Secretion of Protochlorophyllide in the Cyanobacterium <i>Leptolyngbya boryana</i>. 査読有り

      11 巻 ( 7 )   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/plants11070910

    PubMed

  2. AP2/ERF Transcription Factor NbERF-IX-33 Is Involved in the Regulation of Phytoalexin Production for the Resistance of Nicotiana benthamiana to Phytophthora infestans 査読有り

    Imano Sayaka, Fushimi Mayuka, Camagna Maurizio, Tsuyama-Koike Akiko, Mori Hitoshi, Ashida Akira, Tanaka Aiko, Sato Ikuo, Chiba Sotaro, Kawakita Kazuhito, Ojika Makoto, Takemoto Daigo

      12 巻   頁: 821574   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2021.821574

    Web of Science

    PubMed

  3. Nicotiana benthamiana RanBP1-1 Is Involved in the Induction of Disease Resistance via Regulation of Nuclear-Cytoplasmic Transport of Small GTPase Ran 査読有り

      10 巻   頁: 222   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2019.00222

    Web of Science

    PubMed

  4. A Ycf2-FtsHi Heteromeric AAA-ATPase Complex Is Required for Chloroplast Protein Import. 査読有り

    Kikuchi S, Asakura Y, Imai M, Nakahira Y, Kotani Y, Hashiguchi Y, Nakai Y, Takafuji K, Bédard J, Hirabayashi-Ishioka Y, Mori H, Shiina T, Nakai M

    The Plant cell   30 巻 ( 11 ) 頁: 2677-2703   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.18.00357

    PubMed

  5. An NADPH Oxidase RBOH Functions in Rice Roots during Lysigenous Aerenchyma Formation under Oxygen-Deficient Conditions 査読有り

    Yamauchi, T., Yoshioka, M., Fukazawa, A., Mori, H., Nishizawa, N.K., Tsutsumi, N., Yoshioka, H. and Nakazono, M.

    The Plant Cell   29 巻   頁: 775-790   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1105/tpc.16.00976

  6. Genome of the pitcher plant Cephalotus reveals genetic changes associated with carnivory 査読有り

    Fukushima, K., Fang, X., Alvarez-Ponce, D., Cai, H., Carretero-Paulet, L., Chen, C., Chang, T.-H., Farr, K.M., Fujita, T., Hiwatashi, Y., Hoshi, Y., Imai, T., Kasahara, M., Librado, P., Mao, L., Mori, H., Nishiyama, T., Nozawa, M., Pálfalvi, G., Pollard, S.T., Rozas, J., Sánchez-Gracia, A., Sankoff, D., Shibata, T.F., Shigenobu, S., Sumikawa, N., Uzawa, T., Xie, M., Zheng, C., Pollock, D.D., Albert, V.A., Li, S., and Hasebe, M.

    Nat. Ecol. Evol.   1 巻   頁: 0059   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41559-016-0059

  7. Loss of function at RAE2, a previously unidentified EPFL, is required for awnlessness in cultivated Asian rice 査読有り

    Bessho-Uehara Kanako, Wang Diane R., Furuta Tomoyuki, Minami Anzu, Nagai Keisuke, Gamuyao Rico, Asano Kenji, Angeles-Shim Rosalyn B., Shimizu Yoshihiro, Ayano Madoka, Komeda Norio, Doi Kazuyuki, Miura Kotaro, Toda Yosuke, Kinoshita Toshinori, Okuda Satohiro, Higashiyama Tetsuya, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Shinohara Hidefumi, Matsubayashi Yoshikatsu, Greenberg Anthony, Wu Jianzhong, Yasui Hideshi, Yoshimura Atsushi, Mori Hitoshi, McCouch Susan R., Ashikari Motoyuki

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   113 巻 ( 32 ) 頁: 8969-8974   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1604849113

    Web of Science

  8. Identification of a xylem sap germin-like protein and its expression under short-day and non-freezing low-temperature conditions in poplar root 査読有り

    Aohara Tsutomu, Mizuno Hiroaki, Kiyomichi Daiki, Abe Yuta, Matsuki Kaoru, Sagawa Keiko, Mori Hitoshi, Iwai Hiroaki, Furukawa Jun, Satoh Shinobu

    PLANT BIOTECHNOLOGY   33 巻 ( 2 ) 頁: 123-127   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5511/plantbiotechnology.16.0411a

    Web of Science

  9. The AMOR arabinogalactan sugar chain induces pollen-tube competency to respond to ovular guidance has now been seen by the referees, whose comments follow at the end of this message. 査読有り

    Mizukami, G. A., Inatsugi, R., Jiao, J., Kotake. T., Kuwata, K., Ootani, K., Okuda, S., Sankaranarayanan, S., Sato, Y., Maruyama, D., Iwai, H., Garénaux, E., Sato, C., Kitajima, K., Tsumuraya, Y., Mori, H., Yamaguchi, J., Itami, K., Sasaki, N. and Higashiyama, T.

    Curr. Biol.   26 巻   頁: 1091-1097   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Rare allele of a previously unidentified histone H4 acetyltransferase enhances grain weight, yield, and plant biomass in rice. 査読有り

    Song, XJ., Kuroha, T., Ayano, M., Furuta, T., Nagoi, K., Komeda, N., Segami, S., Miura, K., Ogawa, D., Kamura, T., Suzuki, T., Higashiyama, T., Yamasaki, M., Mori, H., Inukai, Y., Wu, JZ., Kitano, H., Sakakibara, H., Jacobsen, SE. and Ashikari, M.

    ProNAS   112 巻   頁: 76-81   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Ethylene and reactive oxygen species are involved in root aerenchyma formation and adaptation of wheat seedlings to oxygen-deficient conditions 査読有り

    Yamauchi, T., Watanabe,K., Fukazawa, A., Mori, H. Abe, F., Kawaguchi, K., Oyanagi, A., and Nakazono, M.

    Journal of Experimental Botany   65 巻 ( 1 ) 頁: 261-273   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jxb/ert371

  12. Nucleoporin 75 Is Involved in the Ethylene-Mediated Production of Phytoalexin for the Resistance of Nicotiana benthamiana to Phytophthora infestans. 査読有り

    Ohtsu. M., Shibata, Y., Ojika, M., Tamura, K., Hara-Nishimura, I., Mori, H., Kawakita, K. and Takemoto, D.

    Mol. Plant-Microbe Interact.   27 巻   頁: 1318-1320   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Transcriptome analysis of flower receptacles of the European pear (Pyrus communis L.) 'La France' and its giant fruit sport using next-generation sequencing technology. 査読有り

    Nashima, K., Terakami, S., Nishitani, C., Yamamoto, T., Habu, T., Takahashi, H., Nakazono, M., Isuzugawa, K., Hanada, T., Takashina, T., Matsumoto, S., Otagaki, S., Mori, H., Oikawa, A. and Shiratake, K.

    J. Hortic. Sci. Biotech.   89 巻   頁: 293-300   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Ethylene-responsive AP2/ERF transcription factor MACD1 participates in phytotoxin-triggered programmed cell death. 査読有り

    Mase, K., Ishihama, N., Mori, H., Takahashi, H., Kaminaka, H., Kodama, M. and Yoshioka, H.

    Mol. Plant-Microbe Interact.   26 巻   頁: 868-879   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. The variable domain of a plant calcium-dependent protein kinase (CDPK) confers subcellular localization and substrate recognition for NADPH oxidase. 査読有り

    Asai, S., Ichikawa, T., Nomura, H., Kobayashi, M., Kamiyoshihara, Y., Mori, H., Kadota, Y., Zipfel, C., Jones, J. and Yoshioka, H.

    J. Bio. Chem.   288 巻   頁: 14332-14340   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Acquisition of LURE-Binding Activity at the Pollen Tube Tip of Torenia fournieri 招待有り 査読有り

    Okuda. S., Suzuki, T., Kanaoka, M., Mori, H., Sasaki, N. and Higashiyama, T.

    Molecular Plant     2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mp/sst050

  17. Ethylene signaling pathway and MAPK cascades are required for AAL toxin-induced programmed cell death. 査読有り

    Mase, K., Mizuno, T., Ishihama, N., Fujii, T., Mori, H., Kodama, M. and Yoshioka, H

    Mol. Plant-Microbe Interact.   25 巻   頁: 1015-1025   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. StCDPK5 confers resistance to late blight pathogen but increases susceptibility to early blight pathogen in potato via reactive oxygen species burst. 査読有り

    Kobayashi, M., Yoshioka, M., Asai, S., Nomura, H., Kuchimura, K., Mori, H., Doke, N., Yoshioka, H.

    New Phytol.   196 巻   頁: 223-237   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Chemical visualization of an attractant peptide, LURE. 査読有り

    Goto, H., Okuda, S., Mizukami, A., Mori, H., Sasaki, N., Kurihara, D. and Higashiyama, T.

    Plant Cell Physiol.   52 巻   頁: 49-58   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Isolation of the floral morph-related genes in heterostylous flax (Linum grandiflorum): the genetic polymorphism and the transcriptional and post-transcriptional regulations of the S locus. 査読有り

    Ushijima, K., Nakano, R., Bando, M., Shigezane, Y., Ikeda, K., Namba, Y., Kume, S., Kitabata, T., Mori, H. and Kubo, Y.

    Plant J.   69 巻   頁: 317-331   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-313X.2011.04792.x

  21. Turnover of LeACS2, a wound-inducible 1-aminocyclopropane-1-carboxylic acid synthase in tomato, is regulated by phosphorylation/dephosphorylation. 査読有り

    Kamiyoshihara, Y., Iwata, M., Fukaya, T., Tatsuki, M. and Mori, H.

    Plant J.   64 巻   頁: 140-150   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. *The ethylene response factors SNORKEL1 and SNORKEL2 allow rice to adapt to deep water. 査読有り

    Yoko Hattori, Keisuke Nagai, Shizuka Furukawa, Xian-Jun Song, Ritsuko Kawano, Hitoshi Sakakibara, Jianzhong Wu, Takashi Matsumoto, Atsushi Yoshimura, Hidemi Kitano, Makoto Matsuoka, Hitoshi Mori & Motoyuki Ashikari

    Nature   460 巻 ( 7258 ) 頁: 1026-1030   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. *Auxin-cytokinin interactions in the control of shoot branching 招待有り 査読有り

    Shimizu-Sato, S., Tanaka, M. and Mori, H.

    Plant Molecular Biology   69 巻   頁: 429-435   2009年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Molecular identity of uncoupling proteins in thermogenic skunk cabbage. 査読有り

    Ito-Inaba, Y., Hida, Y., Mori, H. and Inaba, T.

      49 巻   頁: 1911-1916   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  25. PsRBR1 encodes a pea retinoblastoma-related protein that is phosphorylated in axillary buds during dormancy-to-growth transition. 査読有り

    Shimizu-Sato, S., Ike, Y. and Mori, H.

    Plant Molecular Biology   66 巻   頁: 125-135   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Mapping of three QTLs that regulate internode elongation in deepwater rice. 査読有り

    Hattori, Y., Nagai, K., Mori, H., Kitano, H., Matsuoka, M. and Ashikari, M.

    Breeding Science   58 巻   頁: 39-46   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  27. Synergistic effect of kinetin and benzyl adenine plays a vital role in high frequency regeneration from cotyledon explants of Bottle Gourd (Lagenaria siceraria) in relation to ethylene production. 査読有り

    Saha, S., Mori, H. and Hattori, K.

    Breeding Sciences   57 巻   頁: 197-202   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  28. Differential expression of dehydrin in flower buds of two Japanese apricot cultivars requiring different chilling requirements for bud break 査読有り

    Yamane Hisayo, Kashiwa Yukinobu, Kakehi Eiko, Yonemori Keizo, Mori Hitoshi, Hayashi Kyohei, Iwamoto Kazuya, Tao Ryutaro, Kataoka Ikuo

    TREE PHYSIOLOGY   26 巻 ( 12 ) 頁: 1559-1563   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  29. Subcellular localization and membrane topology of melon ethylene receptor CmERS1. 査読有り

    Ma, B., Cui, ML., Sun, HJ., Takada, K., Mori, H., Kamada, H. and Ezura, H.

    Plant Physiol.   141 巻   頁: 587-597   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. *Auxin controls local cytokinin biosynthesis in the nodal stem in apical dominance. 査読有り

    Tanaka, M., Takei, K., Kojima, M., Sakakibara, H. and Mori, H.

    Plant J.   45 巻   頁: 1028-1036   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. An S-like ribonuclease gene is used to generate a trap-leaf enzyme in the carnivorous plant Drosera adelae. 査読有り

    Okabe, T., Iwakiri, Y., Mori, H., Ogawa, T. and Ohyama, T.

    FEBS Letters   579 巻   頁: 5729-5733.   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. Involvement of PPS3 phosphorylated by elicitor-responsive mitogen-activated protein kinases in the regulation of plant cell death. 査読有り

    Katou, S., Yoshioka, H., Kawakita, K., Rowland, O., Jones, J. D.G., Mori, H. and Doke, N.

    Plant Physiol.   139 巻   頁: 1914-1926   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Isolation, characterization and cloning of a-L-arabinofuranosidase expressed during fruit ripening of Japanese pear (Pyrus pyrifolia). 査読有り

    Tateishi, A., Mori, H., Watari, J., Nagashima, K., Yamaki, S. and Inoue, H.

    Plant Physiol.   138 巻   頁: 1653-1664   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  34. Temporal expressing of RNAs after/during fertilization in eggplant (Solamum melongena) and their possible involvement in fruit set. 査読有り

    Nagasawa, M., Sugiyama, A., Mori, H., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    J. Japan. Soc. Hort. Sci.   73 巻   頁: 221-228   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. A newly identified ZP glycoprotein, ZPD, and dimeric ZP1 of chicken egg-envelope are involved in sperm activation on sperm-egg interaction. 査読有り

    Okumura, H., Kohno, Y., Iwata, Y., Mori, H., Aoki, N., Sato, C., Kitajima, K., Nadano, D. and Matsuda, T.

    Biochemical J.   384 巻   頁: 191-199   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. Syndecan-dependent binding of Drosophila hemocytes to laminin &#61537;3/5 chain LG4-5 modules: potential role in sessile hemocyte islets formation. 査読有り

    Narita, R., Yamashita, H., Goto, A., Imai, H., Ichihara, S., Mori, H. and Kitagawa, Y.

    FEBS Letter   576 巻   頁: 127-132   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Purification and characterization of two soluble acid invertase isozymes from Japanese pear fruit. 査読有り

    Hashizume, H., Tanase, K., Shiratake, K., Mori. H. and Yamaki, S.

    Phytochem.   63 巻   頁: 125-129   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  38. Purification and characterization of two soluble acid invertase isozymes from Japanese pear fruit. 査読有り

    Hashizume, H., Tanase, K., Shiratake, K., Mori. H. and Yamaki, S.

    Phytochem.   63 巻   頁: 125-129   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. Changes in the phosphorylation state of sucrose synthase during development of Japanese pear fruit. 査読有り

    Tanase, K., Shiratake, K., Mori, H. and Yamaki, S.

    Physiolog. Plant.   114 巻   頁: 21-26   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. Identification and characterization of a gene encoding drought-inducible protein localizing in the bundle sheath cell of sugarcane. 査読有り

    "Sugiharto, B., Ermawati, N., Mori, H., Aoki, K., Yonekura-Sakakibara, K., Yamaya, T., Sugiyama, T. and Sakakibara, H."

    Plant Cell Physiol.   43 巻   頁: 350-354   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. A novel photoprotein from oceanic squid (Sympletoteuthis oualanienisis) with sequence similarity to mammalian carbon-nitrogen hydrolase domains. 査読有り

    Fujii, T., Ahn, J.-Y., Kuse, M., Mori, H., Matsuda, T. and Isobe, M.

    Biochem. Biophys. Res. Comm.   293 巻   頁: 874-879   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. *Control of outgrowth and dormancy in axillary buds. 招待有り 査読有り

    "Shimizu-Sato, S. and Mori, H."

    Plant Physiol.   127 巻   頁: 1405-1413   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  43. A drosophila haemocyte-specific protein, hemolectin, similar to human von Willebrand factor. 査読有り

    Goto,A., Kumagai, T., Kumagai, C., Hitose, J., Narita, H., Mori, H., Kadowaki, T., Beck, K. and Kitagawa, Y.

    Biochem. J.   359 巻   頁: 99-108   2001年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  44. An isozyme of betaine aldehyde dehydrogenase in barley. 査読有り

    Nakamura, T., Nomura, M., Mori, H., Jagendorf, A. T., Ueda, A. and Takabe, T.

    Plant Cell Physiol.   42 巻   頁: 1088-1092   2001年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. *Phosphorylation of tomato 1-aminocyclopropane-1-carboxylic acid synthase, LE-ACS2, at the C-terminal region. 査読有り

    Tatsuki, M. and Mori, H.

    Journal of Biological Chemistry.   276 巻   頁: 28051-28057   2001年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. A new type of endo-xyloglucan transferase devoted to xyloglucan hydrolysis in the cell wall of Azuki bean epicotyls. 査読有り

    Tabuchi, A., Mori, H., Kamisaka, S. and Hoson, T.

    Plant Cell Physiol.   42 巻   頁: 154-161   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  47. Analysis of genes preferentially expressrd in early stage of pollinated and parthenocarpic fruit in eggplant. 査読有り

    Nagasawa, M., Suyama, A., Mori, H., Shiratake, K. and Yamaki, S.

    J. Plant Physiol.   158 巻   頁: 235-240   2001年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  48. A new class of microtuble-asscoiated proteins in plants. 査読有り

    Smertenko, A., Saleh, N., Igarashi, H., Mori, H., Hauser-Hahn, I., Jiang, C.-J., Sonobe, S., Lloyd, C. W. and Hussey, P. J.

    Nature Cell Biology   2 巻   頁: 750-753   2000年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  49. Isolation of a novel 190 kDa protein from tobacco BY-2 cells: Possible involvement in the interaction between actin filaments and microtubles. 査読有り

    Igarashi, H., Orii, H., Mori, H., Shimmen, T. and Sonobe, S.

    Plant & Cell Physiology   41 巻   頁: 920-931   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  50. Acropetal disappearance of PsAD1 protein in pea axillary buds after the release of apical dominance 査読有り

    Madoka, Y. and Mori, H.

    Plant & Cell Physiology   41 巻   頁: 556-564   2000年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. Two novel transcripts expressed in pea dormant axillary buds 査読有り

    Madoka, Y. and Mori, H.

    Plant & Cell Physiology   41 巻   頁: 274-281   2000年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Male flower-specific expression of genes for polygalacturonase, pectin methylesterase and b-1,3-glucanase in a dioecious willow (Salix gilgiana Seemen) 査読有り

    Futamura, N., Mori, H., Kouchi, H. and Shinohara, K.

    Plant Cell Physiol.   41 巻   頁: 16-26   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  53. Male flower-specific expression of genes for polygalacturonase, pectin methylesterase and b-1,3-glucanase in a dioecious willow (Salix gilgiana Seemen) 査読有り

    Futamura, N., Mori, H., Kouchi, H. and Shinohara, K.

    Plant & Cell Physiology   41 巻   頁: 16-26   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. Cloning of a cDNA encoding 66-kDa Ca2+-dependent protein kinase (CDPK) from Dunaliela tertiolecta (Chlorophyceae). 査読有り

    Pinontoan, R., Yuasa, T., Anderca, M. I., Matsuoka, T., Uozumi, N., Mori, H. and Muto, S.

    Journal Phycology   36 巻   頁: 545-552   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Cloning of cDNAs for genes preferentially expressed during fruits growth in Cucumis sativus L. (共著) 査読有り

    Suyama, T., Yamada, K., Mori, H., Takeno, K. and Yamaki, S.

    J. Amer. Soc. Hort. Sci.   124 巻   頁: 136-139   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  56. Characterization of an auxin-inducible ACC synthase gene, VR-ACS6 in mungbean and expression in transgenic tobacco. (共著) 査読有り

    Yoon, I.S., Park, D.H., Mori, H., Imaseki, H. and Kang, B. G.

    Plant Cell Physiol.   40 巻   頁: 431-438   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  57. Rapid and transient expression of 1-aminocyclopropane-1-carboxylate synthase isogenes by touch and wound stimuli in tomato.

    Tatsuki, M. and Mori, H.

    Plant Cell Physiol.   40 巻   頁: 709-715   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. Gene expression of NAD-dependent sorbitol dehydrogenase during fruit developement of apple (Malus pumila Mill. var.domestica Schneid.). 査読有り

    Yamada, K., Mori, H. and Yamaki, S.

    J. Japan.Soc.Hort.Sci.   68 巻   頁: 1099-1103   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  59. Molecular typing of S-alleles through identification, characterization and cDNA cloning for S-RNase in sweet cherry. (共著) 査読有り

    Tao, R., Yamane, H., Sugiura, A., Murayama, H., Sassa,H. and Mori, H.

    J. Amer. Soc. Hort. Sci.   124 巻   頁: 224-233   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. An increase in apparent affinity for sucrose of mung bean sucrose synthase is caused by in vitro phosphorylation or directed mutagenesis of Ser11.(共著) 査読有り

    Nakai, T., Konishi,T., Zhang, X.-Q., Chollet, R., Tonouchi,N., Tsuchida, T., Yoshinaga, F., Mori, H., Sakai, F. and Hayashi, T.

    Plant Cell Physiol.   39 巻   頁: 1337-1341   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Cloning of NAD-dependent sorbitol dehydrogenase cDNA from apple fruits and gene expression. (共著) 査読有り

    Yamada, K., Oura, Y., Mori, H. and Yamaki, S.

    Plant Cell Physiol.   39 巻   頁: 1375-1379   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. Control of expression by the cellulose synthase(bcsA) promoter region from Acetobacter xylinum BPR 2001. (共著) 査読有り

    Nakai, T., Moriya, A., Tonouchi, N., Tsuchida, T., Yoshinaga, F., Horinouchi, S., Sone, Y., Mori, H., Sakai, F. and Hayashi, T.

    Gene   213 巻   頁: 93-100   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. Expression of the gene for NADP-dependent sorbitol-6-phosphate dehydrogenase in peach leaves of various developmental stages. (共著) 査読有り

    Sakanishi, K., Kanayana, Y., Mori, H., Yamada, K. and Yamaki, S.

    Plant Cell Physiol.   39 巻   頁: 1372-1374   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  64. Analysis of cycles of dormancy and growth in pea axillary buds based on mRNA accumulation patterns of cell cycle-related genes. (共著) 査読有り

    Shimizu, S. and Mori, H.

    Plant Cell Physiol.   39 巻   頁: 255-262   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. Increased expression of 3-hydroxyanthranilate 3,4-dioxygenase gene in brain of epilepsy-prone El mice. 査読有り

    Nakagawa, Y., Asai, H., Miura, T., Kitoh, J., Mori, H. and Nakano, K.

    Molecular Brain Research   58 巻   頁: 132-137   1998年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. Changes in prtein interactions of cell cycle-related genes during the dormancy-to-growth transition in pea axillary buds. (共著) 査読有り

    Shimizu, S. and Mori, H.

    Plant Cell Physiol.   39 巻   頁: 1073-1079   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. Identification of stylar RNase associated with gametophytic self-incompatibility in almond (Prunus dulcis). 査読有り

    Tao, R., Yamane, H., Sassa, H., Mori, H., Gradziel, T. M., Dandeker, A. M. and Sugiura, A.

    Plant Cell Physiol.   38 巻   頁: 304-311   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  68. VR-ACS6 is an auxin-inducible 1-aminocyclopropane-1-carboxylate synthase gene in mung bean(Vigna radiata). 査読有り

    Yoon, I.S., Mori, H., Kim, J.H., Kang, B.G. and Imaseki, H.

    Plant Cell Physiol.   38 巻   頁: 217-224   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Deoxyribonuclease secreted from an insectivorous plant Drosera adelae. (共著) 査読有り

    Okabe, T., Mori, H. and Ohyama, T.

    Nucleic Acids Symposium Series   37 巻   頁: 127-128   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  70. Cloning of a cDNA encoding a putative metal-transporting P-type ATPase from Arabidopsis thaliana. 査読有り

    Tabata, K., Kashiwagi, S., Mori, H., Ueguchi, C. and Mizuno, T.

    Biochim. Biophys. Acta.   1326 巻   頁: 1-6   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Expression a characterization of sucrose synthase from mung bean seedlings in Escherichia coli 査読有り

    "Nakai, T., Tonouchi, N., Tsuchida, T., Mori, H., Sakai, F. and Hayashi, T.,"

    Bioscience Biotechnology a Biochemmistry   61 巻   頁: 1500-1503   1997年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  72. Carboxyl-terminal processing protease for the D1 precursor protein : cloning and sequencing of the spinach cDNA 査読有り

    Inagaki, N., Yamamoto, Y., Mori, H. and Satoh, K.

    Plant Molecular Biology   30 巻   頁: 39-50   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  73. Isolation and characterization of a cDNA encoding mitochondrial chaperonin 10 from Arabidopsis thaliana by functional complementation of an Escherichia coli groES mutant. 査読有り

    Koumoto,Y., Tsugeki,R., Shimada, T., Mori, H., Kondo, M., Hara-Nishimura, I. and Nishimura, M.

    Plant J.   10 巻   頁: 1119-1125   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  74. Pumpkin hydroxypyruvate reductases with and without a putative C-terminal signal for targeting to microbodies may be produced by alternative splicing. (共著) 査読有り

    Hayashi, M., Tsugeki, R., Kondo, M., Mori, H. and Nishimura, M.

    Plant Mol. Biol.   30 巻   頁: 183-189   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  75. A cDNA from Pisum sativum encoding the DIMINUTO homolog. 査読有り

    Shimizu, S. and Mori, H.

    Plant Physiol.   112 巻   頁: 862   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  76. Modification of tomato ripening by transformation with sense or antisense chimeric 1-aminocyclopropane-1-carboxylate synthase genes. 査読有り

    Nagata, M., Mori H., Tabei, Y., Sato, T., Hirai, M. and Imaseki, H.

    Acta Horticulturae   394 巻   頁: 213-218   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  77. Inhibitory effects of auxins and related substances on activity of an Arabidopsis glutathione S-transferase isozyme expressed in Escherichia coli. (共著) 査読有り

    Watahiki, M.K., Mori, H. and Yamamoto, K.T.

    Physiol. Plant.   94 巻   頁: 566-574   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  78. Molecular characterization of a glyoxysomal citrate synthase that is synthesized as a precursor of higher molecular mass in pumpkin. 査読有り

    Kato, A., Hayashi, M., Mori, H. and Nishimura, N.

    Plant Mol. Biol.   27 巻   頁: 377-390   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  79. A novel isozyme of ascorbate peroxidase localized on glyoxysomal and leaf peroxisomal membranes in pumpkin. 査読有り

    Yamaguchi, K., Mori, H. and Nishimura, M.

    Plant Cell Physiol.   36 巻   頁: 1157-1162   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  80. Nuleotide sequence of a cDNA for 1-aminocyclopropane-1-carboxylate synthase from melon fruits. (共著) 査読有り

    Miki, T., Yamamoto, M., Nakagawa, H., Ogura, N., Mori, H., Imaseki, H. and Sato, T.

    Plant Physiol.   107 巻   頁: 297-298   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  81. Increase in the level of mRNA for 3-hydroxyanthranilate 3,4-dioxygenase in brain of epilepsy-prone E1mice. (共著) 査読有り

    Nakagawa, Y., Asai, H., Kitoh, J., Mori, H. and Nakano, K.

    Biosci. Biotech. Biochem.   59 巻   頁: 2191-2195   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  82. Cloning and sequencing of a cDNA for poplar end-1,4-β-glucanase. 査読有り

    Nakamura, S., Mori, H., Sakai, F. and Hayashi, T.

    Plant Cell Physiol.   36 巻   頁: 1229-1235   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Development of microbody membrane proteins during the transformation of glyoxysomes to leaf peroxisomes in pumpkin cotyledons. 査読有り

    Yamaguchi, K., Takeuchi, Y., Mori, H. and Nishimura, M.

    Plant Cell Physiol.   36 巻   頁: 455-464   1995年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  84. The presence of the precursor to the nucleus-encoded 30-kDa protein of photosystem II in Euglena gracilis Zincludes two hydrophobic domains. 査読有り

    Shigemori, Y., Inagaki, J., Mori, H., Nishimura, M., Takahashi, S. and Yamamoto, Y.

    Plant Mol. Biol.   24 巻   頁: 209-215   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  85. Primary structure and in vitro expression of squid retin al-binding protein. A novel species of hydrophobic ligand-binding protein. (共著) 査読有り

    Ozaki, K., Terakita, A., Ozaki, M., Hara, R., Hara, T., Hara-Nishimura, I., Mori, H. and Nishimura, M.

    J. Biol. Chem.   269 巻   頁: 3838-3845   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  86. A cDNA for catalase from etiolated amung bean hypocotyls. (共著) 査読有り

    Mori, H. and Imaseki, H.

    Plant Physiol.   102 巻   頁: 691-692   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  87. Monomeric and dimeric forms and the mechanism based inactivation of 1-amino cyclopropane-1-carboxylate synthase. (共著) 査読有り

    Satoh, S., Mori, H. and Imaseki, H.

    Plant Cell Physiol.   34 巻   頁: 753-760   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. Cloning and sequencing of cDNA for glycolate oxidase from pumpkin cotyledons and Northen blot analysis. (共著) 査読有り

    Tsugeki, R., Hara-Nishimura, I., Mori, H. and Nishimura, M.

    Plant Cell Physiol.   34 巻   頁: 51-57   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  89. Identification of a basic glycoprotein induced by ethylene in primary leaves of azuki bean as a cationic peroxidase. (共著) 査読有り

    Ishige, F., Mori, H., Yamazaki, K. and Imaseki, H.

    Plant Physiol.   101 巻   頁: 193-199   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  90. Intercellular localization of acid invertase in tomato fruit and molecular cloning of a cDNA for the enzyme. 査読有り

    Sato, T., Iwatsubo, T., Takahashi, M., Nakagawa, H., Ogura, N. and Mori, H.

    Plant Cell Physiol.   34 巻   頁: 263-269   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  91. Cloning of complement ary DNA that encods an acidic chitinase which is induced by ethylene and expression of the corresponding genes. 査読有り

    Ishige, F., Mori, H., Yamazaki, K. and Imaseki, H.

    Plant Cell Physiol.   34 巻   頁: 103-111   1993年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. Novel mRNA sequences induced by indole-3-acetic acid in sections of elongating hypocotyls of mung bean(Vigna radiata). 査読有り

    Yamamoto, K.T., Mori, H. and Imaseki, H.

    Plant Cell Physiol.   33 巻   頁: 13-20   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  93. Carboxyl-terminal consensus Ser-Lys-Leu-related tripeptide of peroxisomal proteins functions in vitro as a minimal peroxisome targeting signal(共著) 査読有り

    Miura, S., Kasuya-Arai, I., Mori, H., Miyazawa, S., Osumi, T., Hashimoto, T. and Fujiki, Y.

    J. Biol. Chem.   267 巻   頁: 14405-14411   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  94. cDNA cloning of indole-3-acetic acid-regulated genes : Aux22 and SAUR from mung bean(Vigna radiata)hypocotyl tissue. (共著) 査読有り

    Yamamoto, K.T., Mori, H. and Imaseki, H.

    Plant Cell Physiol.   33 巻   頁: 93-97   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  95. Nucleotide sequence of a cDNA encoding NADP-sorbitol-6-phosphate dehydrogenase from apple. 査読有り

    Kanayama, Y., Mori, H., Imaseki, H. and Yamaki, S.

    Plant Physiol.   100 巻   頁: 1607-1608   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  96. Cloning and sequence of cDNA for an intracellular acid invertase from etiolated hypocotyls of mung bean and expression the gene during growth of seedlings. (共著) 査読有り

    Arai, M., Mori, H. and Imaseki, H.

    Plant Cell Physiol.   33 巻   頁: 245-252   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  97. Purification, cDNA cloning and Northern-blot analysis of mitochondrial chaperonin 60 from pumpkin cotyledons. (共著) 査読有り

    Tsugeki, R., Mori, H. and Nishimura, M.

    Eur. J. Biochem.   209 巻   頁: 453-458   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  98. Expression of the gene for sucrose synthase during growth of mung bean seedling. 査読有り

    Arai, M., Mori, H. and Imaseki, H.

    Plant Cell Physiol.   33 巻   頁: 503-506   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  99. Pumpkin malate synthase : cloning and Sequencing of the cDNA and Northern blot analysis. (共著) 査読有り

    Mori, H., Takeda-Yoshikawa, Y., Hara-Nishimura, I. and Nishimura, M.

    Eur. J. Biochem.   197 巻   頁: 331-336   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  100. Molecular cloning and deduced amino acid sequence of nonspecific lipid transfer protein(sterol carrier protein 2)of rat liver : A higher molecular mass(60kDa)protein contains the primary sequence of nonspecific lipid transfer protein as its C-terminal part. (共著) 査読有り

    Mori, T., Tsukamoto, T., Mori, H., Tashiro, Y. and Fujiki, Y.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   88 巻   頁: 4338-4342   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  101. The effects of ethylene on the coordinate d synthesis of multiple proteins : Accumulation by ethylene in leaves of azuki bean, Vigna angularis. 査読有り

    Ishige, F., Yamazaki, K., Mori, H. and Imaseki, H.

    Plant Cell Physiol.   32 巻   頁: 681-690   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  102. Roles of sucrose-metabolizing enzymes in growth of seedling. Purification of acid invertase from growing hypocotyls of mung bean seedlings. (共著) 査読有り

    Arai, M., Mori, H. and Imaseki, H.

    Plant Cell Physiol.   32 巻   頁: 1291-1298   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  103. Cloning of a complementary DNA for auxin-induced 1-aminocyclopropane-1-carboxylate synthase and differential expression of the genes by auxin and wounding. 査読有り

    Nakagawa, N., Mori, H., Yamazaki, K. and Imaseki, H.

    Plant Cell Physiol.   32 巻   頁: 1153-1163   1991年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  104. Molecular cloning and sequence of a complementary DNA encoding 1-aminocyclopropane-1-Carboxylate synthase induced by tissue wounding. (共著) 査読有り

    Nakajima, N., Mori, H, Yamazaki, K. and Imaseki, H.

    Plant Cell Physiol.   31 巻   頁: 1021-1029   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  105. Cloning and nucleotide sequence of cDNA for retinochrome, retinal photoisomerase from the squid retina. 査読有り

    Hara-Nishimura, I., Matsumoto, T., Mori, H., Nishimura, M., Hara, R. and Hara, T.

    FEBS Lett.   271 巻   頁: 106-110   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  106. Purification of mRNA for malate synthase and glycolate oxidase by immunoadsorption of polysomes. (共著) 査読有り

    Mori, H. and Nishimura, M.

    Plant Physiol. Biochem.   28 巻   頁: 505-508   1990年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  107. Glyoxysomal malate synthase is specifically degraded in microbodies during germinating of pumpkin cotyledons. 査読有り

    Mori, H. and Nishimura, M.

    FEBS Lett.   244 巻   頁: 163-166   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  108. Import of 22KDa peroxisomal integral membrane protein into peroxisomes in vitro. 査読有り

    Fujiki, Y., Kasuya, I. and Mori, H.

    Agric. Biol. Chem.   53 巻   頁: 591-592   1989年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  109. Purification and characterization of glyoxysomal enzymes from germinating pumpkin cotyledons. 査読有り

    Mori, H., Yokota, S., Akazawa, T. and Nishimura, M.

    Plant Cell Physiol.   29 巻   頁: 449-460   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Nucleotide sequence of cloned cDNA coding for pumpkin 11-S globulin β-subunit. (共著) 査読有り

    Hayashi, M., Mori, H., Nishimura, M., Akazawa, T. and Hara-Nishimura, I.

    Eur. J. Biochem.   172 巻   頁: 627-632   1988年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  111. Biosynthesis and intracellular transport of malate dehydrogenase into glyoxysomes in germinating pumpkin cotyledons. (共著) 査読有り

    Yamaguchi, J., Mori, H. and Nishimura, M.

    FEBS Lett.   213 巻   頁: 329-332   1987年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  112. Immunocytochemical analysis shows that glyoxysomes are directly transformed during greening of pumpkin cotyledons. (共著) 査読有り

    Nishimura, M., Yamaguchi, J., Mori, H., Akazawa, T. and Yokota, S.

    Plant Physiol.   81 巻   頁: 313-316   1986年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  113. Loose association of ribulose 1,5-bisphosphate carboxylase with chloroplast thylakoid membranes. (共著) 査読有り

    Mori, H., Takabe, T. and Akazawa, T.

    Photosyn. Res.   5 巻   頁: 17-28   1984年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  114. Kleptoprotein bioluminescence: Parapriacanthus fish obtain luciferase from ostracod prey 査読有り

    Bessho-Uehara Manabu, Yamamoto Naoyuki, Shigenobu Shuji, Mori Hitoshi, Kuwata Keiko, Oba Yuichi

    SCIENCE ADVANCES   6 巻 ( 2 ) 頁: eaax4942   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.aax4942

    Web of Science

    PubMed

  115. Heterologous production of the marine myxobacterial antibiotic haliangicin and its unnatural analogues generated by engineering of the biochemical pathway. 査読有り

    Sun, Y., Feng, Z., Tomura, T., Suzuki, A., Miyano, S., Tsuge, T., Mori, H., Suh, J-W., Iizuka, T., Fudou, R. and Ojika, M.

    Scientific Reports   6 巻   頁: 22091   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  116. Thioredoxin h regulates calcium dependent protein kinases in plasma membranes 査読有り

    Ueoka-Nakanishi Hanayo, Sazuka Takashi, Nakanishi Yoichi, Maeshima Masayoshi, Mori Hitoshi, Hisabori Toru

    FEBS JOURNAL   280 巻 ( 14 ) 頁: 3220-3231   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.12301

    Web of Science

  117. Transthiocarbamoylation of proteins by thiolated isothiocyanates. 査読有り

    Shibata, T., Kimura, Y., Mukai, A., Mori, H., Ito, S., Asaka, Y., Oe, S., Tanaka, H., Takahash, T. and Uchida, K.

    J. Biol. Chem   286 巻   頁: 42150-42161   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.308049

  118. Transglutaminase 2 and Factor XIII catalyze distinct substrates in differentiating osteoblastic cell line: utility of highly reactive substrate peptides. 査読有り

    Watanabe, K., Tsunoda, K., Itoh, M., Fukui, M., Mori, H. and Hitomi, K.

    Amino Acids     2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00726-011-1131-8

  119. N-Formylethylation in Oxidized LDL 査読有り

    Wakita Chika, Honda Kazuya, Shibata Takahiro, Akagawa Mitsugu, Mori Hitoshi, Uchida Koji

    FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE   49 巻   頁: S173-S173   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2010.10.494

    Web of Science

  120. High and low affinity heparin-binding sites in the G domain of the mouse laminin α4 chain 査読有り

    Yamaguchi, H., Yamashita, H., Mori, H., Okazaki,I., Nozumi, M., Beck, K. and Kitagawa, Y.

    Journal of Biological Chemistry   275 巻   頁: 29458-29465   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 27

  1. Ethylene. In “Comprehensive Natural Products Chemistry II"

    Mori, H.( 担当: 単著)

    Elsevier  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. 第9章 成長をつづけるためのしたたかな戦略。朝日選書821 植物の生存戦略「じっとしているという知恵」に学ぶ

    森仁志(「植物の軸と情報」特定領域研究班 編)( 担当: 共著)

    朝日新聞社  2007年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 第7章 成熟、老化の生理 1. 果実の成熟制御機構 1)エチレン生合成と情報伝達系、園芸生理学 分子生物学とバイオテクノロジー.

    森仁志(山木昭平 編)( 担当: 共著)

    文永堂出版  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 第3章 栽培の生理 3. 頂芽優勢、腋芽促進の機構、園芸生理学 分子生物学とバイオテクノロジー.

    森仁志(山木昭平 編)( 担当: 共著)

    文永堂出版  2007年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. Analysis of the protein phosphatase involved in the posttranslational regulatory mechanism of LeACS2. In “Advances in Plant Ethylene Research” edited by Ramina, A. et. al

    Kamiyoshihara, Y. and Mori, H.( 担当: 共著)

    Springer  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  6. The melon ethylene receptor CmERS1 is localized to the endoplasmic reticulum with an Nlum-Ccvt membrane orientation. In Advances in PlantEthylene Research

    Ma, B., Cui, M.L., Sun, H.J., Takada,K., Mori, H. Kamada, H. and Ezura, H.( 担当: 共著)

    2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  7. Analysis of the protein phosphatase involved in the posttranslational regulatory mechanism of LeACS2. In Advances in PlantEthylene Research

    Kamiyoshihara, Y. and Mori, H.( 担当: 共著)

    2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  8. 第2章 植物の生活環と植物ホルモン 2.5 頂芽優勢、植物ホルモンの分子生物学

    森仁志(小柴共一、神谷勇治、勝見允行 編)( 担当: 共著)

    講談社  2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 頂芽優勢の新展開

    ( 担当: 共著)

    植物の生長調節  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. エチレン(翻訳)。テイツ・ザイガー 植物生理学 第3版

    森仁志(島崎研一郎・西谷和彦 監訳)( 担当: 共著)

    培風館  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. エチレンの生合成。植物ホルモンのシグナル伝達,植物細胞工学シリーズ20

    森仁志( 担当: 共著)

    秀潤社  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. Differential regulation of ACC synthase isozymes. In Molecular insight in plant biology edited by Nath, P., Mattoo, A. k., Ranade, S. A. and Weil, J. H.

    ( 担当: 共著)

    Science Publishers  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  13. The regulatory mechanism of the turnover of Le-ACS2 by phosphorylation. In Biology and Biotechnology of the Plant Hormone Ethylene III

    ( 担当: 共著)

    2003年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  14. 新しい植物ホルモンの科学

    森仁志(編:小柴共一,神谷勇治)( 担当: 共著)

    講談社  2002年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    エチレン

  15. 成長と分化 朝倉植物生理学講座

    森仁志(編:福田裕穂)( 担当: 共著)

    朝倉書店  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    エチレン

  16. ACC synthase isozymes of tomato (LE-ACS1B & LE-ACS6) that are inducible only by touch. Biology and biotechnology of the plant hormone ethylene II (Kanellis, A. K., Chang, C., Bleecker, A. B., Pech, J.C. and Grierson, D.)

    Tatsuki, M. and Mori, H.( 担当: 共著)

    Kluwer Academic  1999年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  17. エチレン生合成の制御機構

    森仁志,立木美保( 担当: 共著)

    細胞工学別冊,植物細胞工学シリーズ10,植物のシグナル伝達,福田,町田,神谷,服部監修  1998年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  18. 黄化子葉からのミクロボディタンパク質の精製

    森仁志( 担当: 共著)

    細胞工学別冊,植物細胞工学シリーズ9,植物のタンパク質実験プロトコール,中村,西村,長谷,前島監修  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  19. 正常・異常条件下におけるエチレン生合成の制御

    森仁志、今関英雅( 担当: 共著)

    植物ホルモンと細胞の形(学会出版センター)  1998年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  20. 植物ホルモン生合成遺伝子の単離

    森仁志,今関英雅( 担当: 共著)

    植物化学調節実験マニュアル(吉田茂男・編 植物化学調節学会)  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  21. Deoxyribonuclease secreted from an insectivorous plant Drosera adelae.

    Okabe, T., Mori, H. and Ohyama, T.( 担当: 共著)

    Nucleic Acids Symposium Series  1997年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  22. エチレンの生合成とその調節。(共著)

    森仁志、今関英雅( 担当: 共著)

    植物の化学調節(植物化学調節学会)  1995年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  23. Monomeric and dimeric forms and substrate-dependent inactivation of 1-aminocyclopropane-1-carboxylate synthase. In Cellular and molecular aspects of biosynthesis and action of the plant hormone ethylene.

    Satoh, S., Mori,H. and Imaseki, H.( 担当: 共著)

    Kluwer Academic Publishers  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  24. Structural charateristics of ACC synthase isozymes and differential expression of their genes. In Cellular and molecular aspects of biosynthesys and action of the plant hormone ethylene.

    ( 担当: 共著)

    Kluwer Academic Publishers  1993年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  25. 植物マイクロボディ膜透過実験法.(共著)

    森仁志( 担当: 共著)

    蛋白質・核酸・酵素  1992年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  26. 植物ペルオキシゾームへのタンパク質輸送。(共著)

    森仁志( 担当: 共著)

    新生化学実験講座6、生体膜と膜輸送 下(東京化学同人)  1992年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  27. ポリゾームの免疫沈降法によるmRNAの精製。植物の細胞生物学的研究法(共著)

    森仁志( 担当: 共著)

    蛋白質・核酸・酵素(共立出版)  1987年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 82

  1. 質量分析計を用いたMRM法によるトマトタンパク質の定量法

    森仁志

    園芸学会令和3年度春季大会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  2. 質量分析計を用いたMRM法によるアサガオのFTタンパク質の検出・定量

    森仁志

    第63回日本植物生理学会年会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 質量分析計を用いたアサガオのFTタンパク質の検出・定量

    森仁志

    植物化学調節学会第56回大会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  4. 質量分析計を用いたアサガオのFTタンパク質の検出・定量

    森仁志

    第38回 ⽇本植物バイオテクノロジー学会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば  

  5. モモ葉のホウ素再転流機構解明

    服部桃子、佐藤亜沙子、ロイシャ シュテファン、森仁志、白武勝裕、前島正義、河内美樹

    第58回 日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  6. 感染植物の導管液プロテオーム解析によるメロンつる割病菌の病原性関連遺伝子の同定

    大空岳、安藤佑以、桑田啓子、森仁志、花田耕介、柘植尚志

    平成28年度日本植物病理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  7. ラナンキュラスの球根養成時および催芽時における糖組成変化

    村上恭子、竹内小百合、森仁志、鳴海貴子、深井誠一

    園芸学会平成26年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉   国名:日本国  

  8. Apical dominance is controlled by interaction between cytokinin and auxin biosynthesis/degradation in stem and axillary buds. 国際会議

    Mori, H., Tanaka, M., Sato-Shimizu, S., Sugiura, R., Sakakibara, H.

    Auxins and Cytokinins in Plant Development International Symposium 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Prague, Czech Republic   国名:チェコ共和国  

  9. Regulation of LURE-Reception Ability at the Pollen Tube Tip of Torenia fournieri. 国際会議

    2. Okuda, S., Suzuki, T., Mori, H., Kanaoka, M., Sasaki, N., Higashiyama, T

    23rd International Congress on Sexual Plant Reproduction 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Porto, Portuguese Republic   国名:ポルトガル共和国  

  10. ベンサミアナタバコのMAPKカスケードを介した防御応答誘導における核膜孔複合体タンパク質Nup75の機能解析

    大津美奈、柴田裕介、森仁志、川北一人、竹本大吾

    第55回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山   国名:日本国  

  11. トマト果実追熟にシステム1エチレンは必要か

    森仁志、中北吏耶、永田雅靖

    園芸学会平成26年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば   国名:日本国  

  12. トレニア花粉管先端における誘引物質LUREs の受容能獲得

    奥田哲弘、鈴木孝征、森仁志、金岡雅浩、佐々木成江、東山哲也

    日本植物学会第77回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌   国名:日本国  

  13. 花粉管に誘引物質応答能を与えるAMOR:ついに同定されたその実体。

    水上茜、清水(稲継)理恵、小竹敬久、円谷陽一、奥田哲弘、森仁志、佐々木成江、東山哲也

    第54回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. 核膜孔複合体タンパク質Nup75 は植物の病害抵抗性誘導時のエチレン生成に関与する。

    大津美奈、柴田裕介、田村謙太郎、西村いくこ、小鹿一、森仁志、川北一人、竹本大吾

    第54回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. トレニア花粉管における誘引物質LUREs の受容能獲得。

    奥田哲弘、鈴木孝征、森仁志、金岡雅浩、佐々木成江、東山哲也

    第54回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. Analysis of the protein phosphatase involved in the post-translational regulatory mechanism of ACC synthase. 国際会議

    Mori, H.

    Ethylene 9th 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ニュージーランド  

  17. トマトACC合成酵素LeACS2の安定化には2カ所のリン酸化部位が必要である。

    森仁志、上吉原裕亮

    植物化学調節学会第45回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. Apical dominance is controlled by interaction between cytokinin biosynthesis/degradation and auxin in stem. 国際会議

    Mori, H.

    Hormonal Regulation of Plant Growth and Development 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:チェコ共和国  

  19. Apical dominance is controlled by interaction between cytokinin biosynthesis/degradation and auxin in stem. 国際会議

    Mori, H

    International Symposium on Plant Productivity 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:カナダ  

  20. トマトACC合成酵素LeACS2の安定化には2カ所のリン酸化部位が必要である。

    上吉原裕亮、森仁志

    園芸学会平成23年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分   国名:日本国  

  21. ACC合成酵素の脱リン酸化に関わるプロテインフォスファターゼの同定。

    上吉原裕亮、森仁志

    園芸学会平成23年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分   国名:日本国  

  22. The turnover of LeACS2, wound-inducible 1-aminocyclopropane-1-carboxylic acid synthase in tomato, is regulated by phosphorylation/dephosphorylation. 国際会議

    Kamiyoshihara, Y. and Mori, H.

    20th International Conference on Plant Growth Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スペイン  

  23. 花粉管に誘引物質応答能制御の鍵因子AMORの解析

    水上茜、清水理恵、小竹敬久、円谷陽一、森仁志、金岡雅浩、佐々木成江、東山哲也

    日本植物学会第73回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. Apical Dominance is Controlled by InteractionBetween Cytokinin Biosynthesis/Degradation and Auxin inStem. 国際会議

    Auxins and Cytokinins in Plant Development - International Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  25. The ethylene response factors Snorkel1 and Snorkel2 allow rice to adapt to deep water. 国際会議

    The 8th International Symposium on the Plant Hormone Ethylene 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  26. Analysis of Protein Phosphatase Involved in the Post-translational Regulatory Mechanism ofACC Synthase. 国際会議

    The 8th International Symposium on the Plant Hormone Ethylene 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. カラマツ木部柔細胞の深過冷却能に関与する可溶性蛋白質の解析

    森本和成、森仁志、春日純、藤川清三、荒川圭太

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. ジャガイモ葉におけるS-ニトロソ化タンパク質の探索

    加藤大明、竹本大悟、森仁志、川北一人

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  29. 花粉管に誘引物質応答能を与える母体因子AMORの解析

    水上茜、清水理恵、小竹敬久、円谷陽一、森仁志、金岡雅浩、佐々木成江、東山哲也

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. NuERF4はAAL毒素に誘導される細胞死を促進する

    間瀬圭介、石濱伸明、水野貴仁、森仁志、児玉基一朗、吉岡博文

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. シロイヌナズナのポレンコート構成成分の同定とその生合成機構の解析

    齋藤弘子、森仁志、中村研三、石黒澄衛

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. ゲノムメンテナンスとエピジェネティック制御に関与するシロイヌナズナ核内因子BRUSHY1(BRU1)の機能欠損変異体における遺伝子発現プロファイルの解析

    大野祐介、Narangajavana Jarunya、山本章子、森仁志、服部束穂、Jerzy Paszkowski、Wilhelm Gruissem、Lars Henning、武田真

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. 浮イネ遺伝子Snorkel1およびSnorkel2の解析

    服部洋子、永井啓祐、宋献軍、古川静佳、榊原均、森仁志、松岡信、芦苅基行

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  34. エチレン生合成調節におけるプロテインホスファターゼ2Aの調節サブユニットRCN1の機能解析

    上吉原祐介、森仁志

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. カルシウム依存キナーゼは環境ストレスに応答して細胞内で酸化される。

    中西華代、森仁志、前島正義、久堀徹

    第50回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. ‘ベニバナアマ’における花形特異的な花粉タンパク質の同定

    重實由香利、森仁志、中野龍平、久保康隆、牛島幸一郎

    園芸学会平成21年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  37. LeACS2とLeACS4のRNA interference 形質転換トマト系統のホモ固定と果実遺伝子発現解析

    永田雅靖、神尾尚子、平賀(渡瀬)智子、野口有里紗、今西俊介、森仁志

    園芸学会平成21年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. Functional analysis of BRU1, a nuclear factor involved in genome integrity and epigenetic regulation in Arabidopsis.

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. 植物のカルシウム依存キナーゼは過酸化水素に応答して細胞内で酸化される

    中西華代、森仁志、前島正義、久堀徹

    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. エンドウの腋芽が休眠に至る過程で特異的に発現する遺伝子群の同定

    佐藤(志水)佐江、森仁志

    園芸学会平成20年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. エンドウの腋芽が休眠に至る過程で特異的に発現する遺伝子群の同定

    佐藤(志水)佐江・森仁志

    園芸学会平成20年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. セイヨウナシ果実の軟化に関わるポリガラクツロナーゼの動態に関する研究

    村山秀樹、渡邊麻生、森仁志、豊増知伸、三橋渉

    園芸学会平成20年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. セイヨウナシ果実の軟化に関わるポリガラクツロナーゼの動態に関する研究

    村山秀樹・渡邊麻生・森 仁志・豊増知伸・三橋 渉

    園芸学会平成20年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. 高等植物におけるミトコンドリア核のDNA結合タンパク質の解析

    田草川真理、髙野博嘉、荒木令江、森仁志、酒井敦

    日本植物学会第72回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. 質量分析計を用いた真正粘菌ミトコンドリア核様体タンパク質の網羅的解析の試み

    佐々木成江、由比良子、並木祥子、伊藤善重、前田桂、森仁志、東山哲也

    日本植物学会第72回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. チオレドキシンはカルシウム依存キナーゼをレドックス調節する。

    中西華代、佐塚隆志、森仁志、久堀徹

    日本植物生理学会2008年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. 植物チオレドキシンは細胞膜アンカー型カルシウム依存キナーゼを制御する

    中西華代、佐塚隆志、森仁志、久堀徹

    第30 回日本分子生物学会年会・第80 回日本生化学会大会合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. トマト’ルネッサンス’の単為結果性に関する研究

    佐藤(志水)佐江、倉田淳、前坂昌宏、大薮哲也、矢部和則、菅原眞治、森仁志

    園芸学会平成19年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. トマト果実成熟に関わるACC合成酵素LeACS2およびLeACS4の翻訳後制御機構

    上吉原裕亮、森仁志

    園芸学会平成19年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. The C-terminal region of ACC synthase is involved in its turnover. 国際会議

    19th International Conference on Plant Growth Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  51. Apical dominance is controlled by interaction between cytokinin biosynthesis/degradation and auxin in stem. 国際会議

    19th International Conference on Plant Growth Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  52. トマト‘ルネッサンス’の単為結果性に関する研究

    森仁志、倉田淳志

    平成18年度果樹バイテク研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. トマトACC合成酵素のリン酸化による翻訳後制御機構

    上吉原裕亮、森仁志

    平成18年度果樹バイテク研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. Analysis of the protein phosphatase involved in the post-translational regulatory mechanism of LeACS2. 国際会議

    7th International Symposium on the Plant Hormone ETHYLENE 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  55. The regulatory mechanism of the turnover of LEACS2 by phosphorylation. 国際会議

    7th International Symposium on the Plant Hormone ETHYLENE 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  56. 頂芽優勢におけるオーキシンの役割

    森仁志、田中美名、佐藤(志水)佐江、榊原均

    日本農芸化学会2006年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. トマトACC合成酵素の翻訳後制御に関わるプロテインフォスファターゼの解析

    上吉原裕亮、森仁志

    第47回植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. The regulatory mechanism of the turnover of LeACS2 by phosphorylation 国際会議

    Protein Phosphorylation in Plant Signaling 2005 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. Auxin controls local cytokinin biosynthesis in the nodal stem in apical dominance. 国際会議

    Auxins and cytokinins in plant development 2nd international symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  60. オーキシンで発現が制御されるPsIPT2のプロモーター解析

    田中美名、森仁志

    第46回日本植物生理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. 新奇タンパク質LeEOLによるトマトACC合成酵素(LeACS2)の翻訳後制御機構の解析

    吉野貴晃、森仁志

    植物化学調節学会第39回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  62. ニホンナシ果実からの&#61537;-アラビノフラノシダーゼの精製とその性質

    立石亮、森仁志、山木昭平、井上弘明

    園芸学会平成16年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. Role of auxin in apical dominance: auxin represses the expression of PsIPT. 国際会議

    18th International Conference on Plant Growth Substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  64. アラスカエンドウを用いた頂芽優勢におけるオーキシンの役割に関する解析

    森仁志、田中美名、武井兼太郎、榊原均

    平成16年度園芸学会東海支部 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語  

  65. トマトACC合成酵素(LeACS2)の翻訳後制御に関わる新奇タンパク質LeEOLの解析

    橋爪博司、吉野貴晃、森仁志

    園芸学会平成16年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. antisenseあるいはsense LE-ACS4遺伝子を導入したトマトの果実成熟特性について

    永田雅靖、渡瀬智子、今西俊介、竹内敦子、立木美保、森仁志

    園芸学会平成16年度春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. 頂芽優勢におけるオーキシンの役割に関する解析

    森仁志、田中美名、武井兼太郎、榊原均

    園芸学会平成15年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. 頂芽切除後のエンドウの茎で発現するIPT遺伝子の単離と解析

    田中美名、森仁志

    日本植物学会第67回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. CDPKはACC合成酵素をリン酸化するkinaseか

    森仁志、深谷智子、橋爪博司、立木美保

    日本植物学会第67回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. LE-ACS2遺伝子組換えトマトを用いたトマト果実に含まれる色素の消長に及ぼす植物ホルモンの影響の解析

    永田雅靖、今西俊介、竹内敦子、森仁志

    園芸学会平成15年度秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. Role of auxin in apical dominance: auxin repressed the expression of PsIPT 国際会議

    Plant Biology 2003 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  72. The phosphorylation regulatory mechanism of LeACS2 turnover 国際会議

    Plant Biology 2003 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  73. Role of auxin in apical dominance: auxin repressed the expression of PsIPT. 国際会議

    7th international Congress of Plant Molecular Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  74. The regulatory mechanism of the turnover of Le-ACS2 by phosphorylation 国際会議

    7th international Congress of Plant Molecular Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  75. トマトACC合成酵素(LE-ACS2)のリン酸化に関与するprotein kinaseの解析

    深谷智子、森仁志

    日本植物生理学会2003年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  76. エチレン生合成の基礎研究に基づく遺伝子組換え作物作出の可能性について。

    森仁志

    果樹バイテク・ゲノム研究会-今後の展望を考える- 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  77. トマトACC合成酵素のリン酸化とETO1ホモログによる翻訳後制御機構の解析

    森仁志、安澤元博、立木美保、岩田美根子

    植物化学調節学会第37回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  78. トマトACC合成酵素(ACS)のリン酸化とACS結合タンパク質による翻訳後制御機構

    森仁志、安澤元博、立木美保

    園芸学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. オーキシンによって発現が抑制されるPsIPT5の解析

    田中美名、武井兼太郎、榊原均、森仁志

    植物化学調節学会第37回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  80. エンドウのオーキシン流出担体PsPIN1の茎における発現解析。

    石綿愛子、田中美名、森仁志

    植物化学調節学会第37回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  81. トマトACC合成酵素(LE-ACS2)のリン酸化と、ACC合成酵素結合タンパク質による翻訳後制御機構の解析

    安澤元博、森仁志

    日本農芸化学会中部支部第134回例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  82. The regulatory mechanism of the turnover of LE-ACS2 by phosphorylation 国際会議

    Biology and Biotechnology of the Plant Hormone Ethylene 2002 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年4月

    記述言語:英語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. 大果果実の作出に向けたバラ科果樹枝変わり大果変異の機構解明

    2009年8月 - 2013年3月

    生物系特定産業技術研究支援センター 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. Functional characterization of dormancy-related genes for dormancy control of rice.

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 遺伝子操作技術による有用植物の分子育種

    2000年5月 - 2001年3月

      詳細を見る

    受託研究費

  4. 形態・生理の改変による新農林水産物の創出に関する総合研究

    1998年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    受託研究費

  5. 細胞生理機能の解明による果実の成熟制御技術の開発

    1997年1月 - 2001年3月

      詳細を見る

    受託研究費

  6. ミトコンドリア脂質代謝酵素のクローニング

    1996年9月 - 1999年

      詳細を見る

    委任経理金

  7. 植物の環境応答とバイオテクノロジー

    1996年1月 - 2001年3月

      詳細を見る

    受託研究費

▼全件表示

科研費 28

  1. エチレン生合成ACC合成酵素の寿命を制御するタンパク質ホスファターゼの解析

    研究課題/研究課題番号:21H02185  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    エチレン生合成に関する研究の中で明らかになっていない点は、エチレン生合成経路の鍵となるACC合成酵素のリン酸化状態による翻訳後制御機構である。本研究は、ACC合成酵素のリン酸化状態を制御するProtein Phosphataseを同定し、翻訳後制御機構を解析する。この成果によってエチレン生成調節機構を明らかにし、園芸作物の品質向上に資するための基盤的知見を得る。

  2. ACC合成酵素のリン酸化制御によるエチレン生合成調節機能の解析

    研究課題/研究課題番号:18H02196  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    エチレン生合成の調節はACC合成酵素のリン酸化状態による翻訳後制御機構である。Protein Phosphatase PP2AはサブユニットA, B, Cから構成されており、Bサブユニットが基質となるリン酸化タンパク質を認識する。研究成果としてシロイヌナズナの突然変異体rcn1(Aサブユニットの欠損体)を用いて、候補となるBサブユニットを同定し、ACC合成酵素を認識するかどうかを検証した。さらにシロイヌナズナと類似性のあるトマトPP2AのBサブユニットの候補となるBサブユニットはいくつか同定したが、生化学的な解析により明らかにすることはできなかった。
    リン酸化・脱リン酸化によって酵素活性が活性化・不活性化される機構は、よく知られているが、ACC合成酵素のリン酸化は酵素活性に影響せず、酵素の分解に関与し細胞内の酵素量を制御するという新たな分子機構である。本申請課題で扱ったACC合成酵素のリン酸化を介した制御機構は、これまでに示されたプロテアソーム系とは、標的タンパク質を認識する機構が異なる新しいタンパク質分解系の制御機構である。このような新しい機構が明らかにされることの学術的な意義は高く、生命科学の発展に大きく貢献できると期待できる。

  3. トマトの単為結果性に関わるPAT-2遺伝子の転写機能を制御するタンパク質の解析

    研究課題/研究課題番号:16K14851  2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3640000円 ( 直接経費:2800000円 、 間接経費:840000円 )

    園芸分野では単為結果性を品種に持たせることは、重要である。トマトの単為結果性を持つ品種から原因遺伝子が転写因子PAT2であることが報告され、PAT2が結合する遺伝子がGA3酸化酵素(GA3ox) である可能性が高くなった。定量PCRで解析した結果、PAT2は子房組織生育初期に発現し生育と共に発現量は減少した。PAT2の減少と共にGA3ox1gの発現は増加した。このことはGA3ox1gの発現は初期にPAT2によって抑制されていると推定できる。さらに子房組織をオーキシン処理するとPAT2の発現は減少した。農業の現場ではトマト果実をオーキシン処理するが、このことを操作していることを意味している。

  4. ACC合成酵素のリン酸化状態を通してエチレン生合成を調節するホスファターゼの解析

    研究課題/研究課題番号:15H04450  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:16770000円 ( 直接経費:12900000円 、 間接経費:3870000円 )

    エチレン生合成経路の鍵となるACC合成酵素は、プロテインキナーゼCDPKとMAPKのそれぞれによってリン酸化される。ACC合成酵素のリン酸化・脱リン酸化はACC合成酵素の細胞内の安定化には必要である。PP2A型のprotein phosphataseがACC合成酵素を脱リン酸化することを明らかにした。ACC合成酵素を認識するBサブユニットの同定を行い、トマトのB"タイプを候補として同定した。

  5. 次世代プロテオーム解析によるイネ初期胚パターニングの新規制御レイヤー探索

    研究課題/研究課題番号:15K14625  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    佐藤 豊, 多田 安臣, 森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    従来のプロテオーム解析では、プロテアーゼによりペプチドに分解されやすく、かつイオン化しやすいペプチドを量の多い順番に解析するため、試料中に微量含まれる転写因子等の制御因子に関する情報はほとんど得られない。本研究代表者はイネの胚形成機構の解明に長年分子遺伝学的手法で取り組んできた。この間、転写レベルでの制御ネットワークの重要性を多数明らかにしてきた。一方、転写ネットワークの上流で何が起きているのか全く情報は得られていない。本研究では、イネ初期胚形成過程をモデルにして次世代プロテオームプラットフォームを活用のための情報収集を行った。

  6. ACC合成酵素のリン酸化を介してエチレン生合成を調節するホスファアターゼの解析

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. リン酸化を介したACC合成酵素の翻訳後制御によるエチレン生成調節機構の解析

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    森仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 腋芽を休眠から成長に相転換させる情報制御系に関する研究

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

    森仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  9. 腋芽を休眠から成長に相転換させる情報制御系に関する研究

    2008年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究,課題番号:20061017

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. 腋芽の休眠・成長に関わるプラスチドの機能獲得に関する研究

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究(公募,A01),課題番号:19039015

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  11. ACC合成酵素のリン酸化を介した翻訳後制御によるエチレン生合成調節機構の研究

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(一般),課題番号:19380018

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. トマト・ルネッサンスの単為結果性原因遺伝子の解明

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究,課題番号:18658009

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  13. トマト果実成熱に関わるACC合成酵素のリン酸化による翻訳後制御機構に関する研究

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B),課題番号:17380020

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. 腋芽の休眼解除に関する分子機能の解析

    2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究,課題番号:17027013

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  15. 腋芽の休眼・成長に関わるプラスチドの機能獲得に関する研究

    2005年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究,課題番号:17051014

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  16. 茎のサイトカイニン生合成を制御するオーキシン作用の研究

    2003年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究,課題番号:15031214

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  17. 無側枝性キクの腋芽形成に関わる遺伝子の単離

    2003年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究 15658011

    森仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  18. ACC合成酵素のリン酸化による制御機構の解明

    2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B) 14360020

    森仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  19. オーキシンによって発現が抑制されるIPTの解析

    2002年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究 14036218

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  20. 果菜類の単為結果及び結実に特異的に発現する遺伝子のクローニングと結実の安定化

    2001年7月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)(2)(一般)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  21. 落葉果樹の樹体および果実発育生理の分子生物学的研究

    1999年7月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)(1)(一般)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  22. 落葉果樹の樹体および果実発育生理の分子生物学的研究

    1999年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A) 11306003

    岩堀 修一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  23. 果実品質改良のための品質制御遺伝子の単離と遺伝子導入

    1995年1月 - 1996年12月

    科学研究費補助金  総合研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  24. 植物ホルモンによる細胞形態構築の制御機構

    1995年1月 - 1996年12月

    科学研究費補助金  重点領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    科研費

  25. 植物ホルモン機能の分子機構

    1993年4月 - 1997年3月

    科学研究費補助金  重点領域研究 05276102

    今関英雅

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  26. マイクロボディ蛋白質の膜透過に関わるレセプタ-の検索

    1993年4月 - 1994年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A) 05740489

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  27. 刺激特異的に発現するACC合成酵素アイソザイム一次構造の比較研究

    1992年4月 - 1993年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A) 04740382

    森 仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  28. オーキシン結合タンパク質の構造及び機能解析

    1990年4月 - 1991年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A) 02854088

    森仁志

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 27

  1. 生物学基礎Ⅱ

    2021

  2. 生物学基礎Ⅱ

    2021

  3. 植物研究アプローチ特論

    2021

  4. 分子生物学1

    2021

  5. 分子生物学1

    2021

  6. 生物学基礎Ⅱ

    2020

  7. 分子生物学1

    2020

  8. 分子生物学1

    2020

  9. 生命農学演習1

    2020

  10. 生命農学演習2

    2020

  11. 修士論文研究4

    2020

  12. 修士論文研究3

    2020

  13. 修士論文研究2

    2020

  14. 修士論文研究1

    2020

  15. 生命農学演習4

    2020

  16. 生命農学演習3

    2020

  17. 基礎生物学II

    2018

  18. 基礎セミナーA

    2017

  19. 基礎生物学II

    2017

  20. 分子生物学1

    2013

  21. 基礎セミナーA

    2013

  22. 基礎セミナーA

    2013

  23. 基礎セミナーA

    2011

  24. 生物機能技術科学特論3

    2009

  25. 生物機能技術科学基盤実験

    2009

  26. 生物化学1

    2009

  27. 生物化学1

    2008

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 21

  1. 集中講義

    2018年4月 - 2019年3月 静岡大学)

  2. 園芸生理生化学

    2008年4月 - 2009年3月 神戸大学 大学院自然科学研究科)

  3. 園芸生理生化学

    2007年4月 - 2008年3月 神戸大学 大学院自然科学研究科)

  4. 園芸生理生化学

    2006年4月 - 2007年3月 神戸大学 大学院自然科学研究科)

  5. 園芸生理生化学

    2005年4月 - 2006年3月 神戸大学 大学院自然科学研究科)

  6. 園芸生理生化学

    2004年4月 - 2005年3月 神戸大学 大学院自然科学研究科)

  7. 園芸生理生化学

    2003年4月 - 2004年3月 神戸大学 大学院自然科学研究科)

  8. 園芸生理生化学

    2002年4月 - 2003年3月 神戸大学 大学院自然科学研究科)

  9. 生物学特論V

    2001年4月 - 2002年3月 新潟大学 理学部)

  10. 園芸生理生化学

    2001年4月 - 2002年3月 神戸大学 大学院自然科学研究科)

  11. 草地生産学特別講義

    2001年4月 - 2002年3月 宮崎大学 大学院農学研究科)

  12. 生物化学

    2000年4月 - 2001年3月 名古屋市立大学 教養部)

  13. 生物工学特別講義

    2000年4月 - 2001年3月 佐賀大学)

  14. 園芸生理生化学

    2000年4月 - 2001年3月 神戸大学 大学院自然科学研究科)

  15. 草地生産学特別講義

    2000年4月 - 2001年3月 宮崎大学 大学院農学研究科)

  16. 生物学特論V

    2000年4月 - 2001年3月 新潟大学 理学部)

  17. 生物化学

    1999年4月 - 2000年3月 名古屋市立大学)

  18. 生物工学特別講義

    1999年4月 - 2000年3月 佐賀大学)

  19. 園芸生理生化学

    1999年4月 - 2000年3月 神戸大学 大学院自然科学研究科)

  20. 特別講演

    1999年4月 - 2000年3月 岡山大学 総合農業科学科)

  21. 植物生理学

    1994年4月 - 1995年3月 大阪大学 大学院理学研究科)

▼全件表示